春香「分かりました・・・AVに出演します・・・」back

春香「分かりました・・・AVに出演します・・・」


続き・詳細・画像をみる


P「ふーやっと休みだ。」
P「大体なんで俺ばっかり仕事しなきゃならんのだ。社長バカなんじゃね。」
P「あーむしゃくしゃする。久々にホテトルでも呼ぶか。」
P「事務所で領収書きったれ。」
プルルル・・・・・・プルルル・・・・・・プッ
33: 以下、
P「ふー、よし嬢が来るまであと10分か。フロ用意しとこ。」
ジャーーー
P「よし。」
コンコン
P「はーい。」
ガチャ
春香「あ、こ・こ・・・こんb」
P「チェンジ」
バタン
春香「はぁ・・・・またダメだった」

38: 以下、
ガチャ
P「は、春香・・・!?」
春香「プ、プロデューサーさん!?ど、どうして・・・」
P「どうしたはこっちの台詞だ!」
的な感じでオナシャス
41: 以下、
P「えっ春香?なんでいんの?」
春香「えぇ?お客様が呼んだんですよ?」
P「…………は?」
春香「だから、お客様が呼んだんですから」
P「…………なんだ………同姓同名の別人か……」
P「んな訳あるか!!なんでお前がデリヘルの変わりに来てんだよ!!」
春香「えぇ??変わりじゃないですよ」
春香「今日は私がお客様を慰めさせていただきます!!」
P「……は?」
66: 以下、
P「…………キャンセルってできる?」
春香「ここまで来ちゃったのに駄目ですよお客様」
P「………なにも見てないことにしてやるから帰れ」ギィー
春香「困りますよ!!せめて時間までここにいないと」
P「…………」
P「………時間までだな?」
春香「はい?」
P「…………時間までここにおらせれば良い訳だろ?」
春香「え?あっ………はい……」
P「分かった………入れ……」
71: 以下、
春香「ど、どうして私がそんな事しなきゃいけないんですか!?」
P「……今度の新番組の話は知ってるだろ?」
春香「えぇ、ゴールデンの番組で765プロのアイドルも沢山使ってくれるってプロデューサーさん喜んでましたよね?」
P「あぁ、その番組のお偉方が裏でAVの会社もやってるんだ」
春香「……AV出演が条件だったんですか?」
春香「私だけ、いまだにアイドルランクが低いから……?」
P「……すまない」
74: 以下、
春香「………」
P「……………」
P「…………お前がどうしてデリヘル何かやってるかは聞かないよ」
春香「え?」
P「お前に限ってんな簡単に体はうらんだろし……それなりの理由があんだろ?」
春香「えーっと……まぁ……」
P「だから………無理に聞くつもりはないよ」
P「だけどさ………俺的にはやめてほしいよ……春香が誰かに汚されるなんて考えたくもない……」
春香「プロデューサーさん」
春香(ドッキリのつもりがどうしてこうなった………)
85: 以下、
春香「わかりました、出演します」
P「そうか…すまない…」
春香「どうしてあやまるんですか?わたしも子供じゃありませんから、
今の事務所と自分の状況位わかってます」
P「春香…」
春香「でもその代わり…プロデューサーさんにお願いがあります…」
86: 以下、
P「何だ?俺に出来る事ならなんだって…」
春香「そ、その、わたし…」
P「ん?」
春香「あの…経験が…」
P「……」
春香「は、初めてはやっぱり、プロデューサーさんと…」
春香「好きな、人と…」ポロポロ
89: 以下、
P「は、春香…」オロオロ
春香「駄目…ですか?」グスッ
P「だっ、駄目じゃない!駄目な訳、ない」
春香「じゃあ…」
P「その、な…俺も初めてっていうか…」
春香「それは知ってます」
P「そ、そうか」ヒクッ
94: 以下、
P(どうする…まさかアイドルに手を出す訳には…)
P(いや、春香はもうアイドルじゃ…それにしても…)
P(しかし、今春香にAVに出てもらわないと、事務所がヤバいのは事実…)
P「……よし、じゃあ俺の部屋に行こう」
春香「はい…」
P(すまん…すまん春香…)
96: 以下、
ガチャ
P「入ってくれ」
春香「ここがプロデューサーさんの部屋…な、何だか緊張します…」ドキドキ
P「あ、ああ、まあくつろいでてくれ、風呂入れてくる
(やべぇ、俺の部屋に女がいるなんて母ちゃんが来た時以来だ…)」ドキドキ
春香「ふう…」ポスッ
春香「あれ?これなんだろう?」
108: 以下、
P「ちょっといいから部屋に入れ!!」
ガシッ!
P「おまえ、自分やってることわかってるのか?」
P「最高アイドルになるんだろ!」
春香「ふ・・・そんなこともう・・・・・」
春香「良いから早く済ませて」
P「クッ・・・・いいんだな」
ベッドへと連れて行き押し倒す
ドシッ!
P「お前はこれを望んでるんだろ!やってやるよ!」
春香の頬を伝う涙
116: 以下、
P「………すまないな……勝手な事をいっちまってよ……」
春香「プロデューサーさん……」
P「…………」
春香「…………泣いてるんですか?」
P「…泣いてる?……俺がか?…………本当だ……」
P「最高に…………情けねぇよ」
春香「…………」
春香(………なんかドッキリっていいずらいよ?)
119: 以下、
P「…………今更になって気づいたんだ」
春香「へ?」
P「俺はずっと怖かった……春香のアプローチに反応してしまう自分が…………」
P「俺はプロデューサーで春香はアイドル………その関係をぶち壊すんじゃないかって……」
P「…………俺はずっと春香の気持ちに気付いてたから…余計に思った」
春香「!!?」
春香(なにこれ!!私の気持ちに気付いてたの!?なにこの超展開!!)
120: 以下、
P「だけど違うんだよな……俺が恐れてたのはそこじゃない………」
P「………自分の気持ちに気付くことだよ…」
春香「自分の……気持ち?」
P「俺は……天海春香…………お前が好きだった…………」
春香「!!?」
春香(?????えっえっえっえっ、なんて今なんて♂#◇〒※●??)
123: 以下、
P「ふっ、だけどさ………今はアイドルとプロデューサーの関係じゃないな」
春香「ふぇ!?」
P「………………デリヘルとお客様だろ?」
春香「えっ?」
P「………俺を満足させてくれるんだよな?」
春香「ちょっ!!?」
P「悪いが……………今夜は寝かせないぜ?」
春香「ひぃ!?」ビクッ
126: 悪いけど眠くてエロかけん 2012/05/18(金) 01:12:13.31 ID:Jv2r1j6gO
―――次の日―――
小鳥「ふふっ、春香ちゃんどうなったかしら?」
小鳥「まさか発情したプロデューサーさんにおkっ痛!!」スパーン
P「な?に馬鹿な事いってんすか、つうかやっぱり貴方でしたかあのドッキリ考えたの……」
小鳥「ぷっプロデューサーさん!?ごめんなさい!!」
P「……まぁ、いいですよ怒ってないし」
小鳥「んで、どうだったんですか?春香ちゃんと」
P「反省してねぇなこいつ………」
P「…………春香なら何故かヤンデレに目覚めました……」
小鳥「へっ?」
130: 以下、
春香「…………待って下さいプロデューサーさん?ずっと側にいてくれるっていったじゃないですか」フラフラ
小鳥「…………何があったんですか?」
P「…………抑圧されてた感情が昨日の一件で爆発したんですよ」
春香「プロデューサーさん………他の女の人と話さないで下さい」
小鳥「…………だから昨日に何があったんですか」
P「聞かないでください………お恥ずかしい」
春香「プロデューサーさんだ?い好き」フフッ
貴音(…………でりへるに成り切る……ですか、これは使えますね)
終わり
135: 以下、

続き・詳細・画像をみる


彡(゚)(゚)「なんか今日は全然眠れへん…どうしたらいいんや…せや!」

初妊娠の時に嫁に「生まれたらDNA鑑定しよう!」と言われた。これって普通旦那が嫁に言う台詞なんじゃないの?

【画像】 紅葉と猫はビシッと決まる

【エロ注意】少しずつ女を脱がしていく画像きわめてエッチすぎるだろwwwww

電車内で飲食していいもの、ボーダーラインはどこ? 3位ペットボトル飲料のみ

家事分担で喧嘩が絶えません。パートが休みの日だけでも妻が料理をしてくれるとありがたいのですが。

back 削除依頼&連絡先