【ガルパン】みほ「優花里さん、なんでわたしのパンツをかぶってるの?」back

【ガルパン】みほ「優花里さん、なんでわたしのパンツをかぶってるの?」


続き・詳細・画像をみる


優花里「ご、誤解です。西住殿!」
みほ「誤解も何も現行犯だけど??????」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466398013
2: 以下、
優花里「これはですね」
優花里「……」
みほ「……」
優花里「……」
みほ「……風紀委員に」
優花里「待って!待って下さい!!」
みほ「うん、待つけどわたしが帰るより先にわたしの部屋に入ってた理由もおしえてほしいかな」
3: 以下、
優花里「まず、部屋にいた理由ですが鍵が開いてました」
みほ「え?!そういえば、朝慌ててたかも???」
優花里「そう!それで不用心だなと思い、防犯の意味も兼ねてお邪魔させていただきました!!」
みほ「そっか、ごめんね優花里さん。てっきり培った秋山流ピッキング術で不法侵入したとばかり???」
優花里「いえいえ、こちらの方こそ連絡もせずに上がりこんでしまったので」
みほ「ううん、もともとうちに来る約束だったし気にしてないよ」
みほ「それで、パンツをかぶってた理由についてなんだけど」
4: 以下、
優花里「パンツをかぶってた理由」
みほ「うん、パンツをかぶってた理由」
優花里「......」
みほ「......」
優花里「......」
みほ「やっぱり風紀委員に」
優花里「待って!待って下さい!!今言いますから!」
5: 以下、
優花里「実は、尊敬する人のパンツをかぶってその相手を思い浮かべることで戦車道の実力が上がると聞きまして」
優花里「それで、自分も西住殿のような戦車乗りになれればと」
みほ「......」
みほ「そうだったんだ」ニコ
優花里「は、はい//」
みほ「でも、黙って人のパンツをかぶるのはよくないよね?」
優花里「スイマセン。西住流発祥ということで辛い思いをさせてしまうのではと思い口に出せず、このようなことに」
みほ「気を使ってくれるのは嬉しいけど、もうこっそりやったりしないでね。びっくりしちゃうから」
優花里「はい!申し訳ありませんでした!!!」
6: 以下、
みほ「そのあとは優花里さんと戦車道について話し合ったり、他愛のないおしゃべりをしたり、ボコのアニメの鑑賞会をして過ごしました」
華「まぁ、昨日そんなことが」
沙織「それでみぽりんとゆかりん朝から眠そうだったんだね」
優花里「頭の中でずっとボコの歌が......。うう、ボコが......」
麻子「一体どれだけボコのアニメを見てたんだ」
8: 以下、
ーーーーーーーーーーー
みほ「あの、会長。どうしてわたしの食べかけの干し芋プリンを食べてるんですか」
杏「......」
みほ「しかもどうしてわたしの使っていたスプーンを執拗に舐っているんですか?!」
杏「......」チュパチュパ
9: 以下、
みほ「あの......」
杏「......」
みほ「......」
杏「.........」チュパチュパ
みほ「あ、そうだ。風紀委員に」
杏「待って、ちょっと待って西住ちゃん!」
10: 以下、
杏「これには訳があってね」
みほ「はあ、わけ、ですか?」
杏「......」
みほ「......」
杏「..........」チュパ
みほ「風紀委員に」
杏「待って!ちょっと待ってよ西住ちゃん!!」
11: 以下、
杏「これはね、感謝している人の使った食器を使って食事をすると戦車道が上達して恩返しできるっていう噂を聞いてね」
みほ「......」
みほ「そうだったんですか」
杏「ほら、発祥が西住流だって聞いたから言いにくくてさ。本当に西住ちゃんには感謝してるんだよ」
みほ「そんな、わたしこそ会長のお世話になりましたから」
杏「いやいや、あたしのやってあげられたことなんて西住ちゃんのやってくれたことに比べたら全然たいしたことないよ」
みほ「うふふ」
杏「あっはっは」
14: 以下、
みほ「そのあとは、会長さんに食べてしまった干し芋プリンのお詫びに干し芋ヨーグルトをいただいて、戦車道の話をしたり、ちょっとした悩み相談をしたり、ボコの魅力についておしゃべりしたりしました」
華「まぁ、お昼にそんなことが」
沙織「それで会長うわごとのようにボコ、ボコって言ってたんだ」
優花里「会長は干し芋ボコが欲しくなったそうです。わたしはパンツァーボコを買う予定ですが」
麻子「一体どれだけボコの魅力を語ったらそうなるんだ」
16: 以下、
ーーーーーーーーーーー
みほ「さ、澤さん。わたしの体操服に顔を埋めて何してるの?」
梓「た、隊長!これは違うんです!!」ハスハス
みほ「ち、違うって何が違うの?あとあんまり匂い嗅がないで...恥ずかしいよ......」
梓「こ、これは、その......」
みほ「これは?」
17: 以下、
梓「これは......」
みほ「......」
梓「......」
みほ「.......とりあえず風紀委員を」
梓「待って!待って下さい西住隊長!!」
20: 以下、
梓「これは目標とする人の運動後の服の匂いを嗅ぐことでその人に近づけるというおまじないを聞いて、つい」ハスハス
みほ「......」
みほ「そうだったんだ」
梓「ごめんなさい。西住流が産み出したおまじないを西住流から離れるために大洗に来た隊長にするだなんて!」
みほ「ううん。澤さんは一生懸命戦車道に取り組んでるし、うさぎさんチームを引っ張って頑張ってくれてるもんね」
梓「西住隊長っ!」ウルッハスハス
みほ「でも、わたしが目標だなんてちょっぴり照れちゃうな///」
梓「そんなっ!隊長はみんなの憧れですよ!!」
22: 以下、
みほ「そのあとは澤さんと戦車道について教えたり、好きな音楽バンドのお話しをしたり、ボコの新しいグッズについて情報交換をしたりしました」
華「まぁ、放課後にそんなことが」
沙織「それでボコのぬいぐるみに顔を埋めては匂いを嗅いでたんだね」
優花里「ボコの新しい歌をうさぎさんチームで歌うと張り切ってましたね。負けていられませんよ!」
麻子「ボコの新しいグッズ情報ってどこから仕入れてくるんだ」
23: 以下、
?????????
ダージリン「ねえ西住さん、こんな言葉を
みほ「もしもし、警察ですか?」
ダージリン「待ちなさい!いや、待って西住さん」
ダージリン「何故私の時だけ即警察なのかしら」
ダージリン「あとまだ何もしていないのに」
みほ「まず、グロリアーナの学生が大洗の学園艦にいるのがおかしいですし、まだってことはこれから何かするつもりということですよね?」
ダージリン「ふふふ、おかしなことを言うわね」
24: 以下、
みほ「じゃあどうして大洗に?」
ダージリン「......」
みほ「......」
ダージリン「.........」
みほ「あの、おまわりさん」
ダージリン「お待ちなさい!いや、待ってちょうだい西住さん」
25: 以下、
ダージリン「大洗にいるのはここの生徒会長に用があったからよ、大学進学のことで。それから隊長であるあなたにもお話をと思って。あと私の時だけ何故警察なのかしら」
みほ「それはダージリンさんがわたしの部屋でパンツをかぶってわたしのマグカップで紅茶を飲みながら洗濯カゴに入れていた服の匂いを嗅いでいるからです」
ダージリン「あなたも西住流なら噂やおまじないはご存知だと思うけれど、あなたはあなたの戦車道のために大洗に来たんだったわね」
26: 以下、
みほ「とにかく警察に」
ダージリン「落ち着いてちょうだい。ジャスミンティーを淹れてあるわ。まずはこれを飲んで欲しいの」
みほ「え?はい......」
ダージリン「ささ、グイッと」
みほ「......」
ダージリン「.......」ゴクリ
27: 以下、
みほ「......まずダージリンさんが飲んでください」
ダージリン「え?」
みほ「ダージリンさんが飲んだらわたしも飲みます」
ダージリン「私は、ほら、もうこちらを飲んでいますもの」
みほ「飲めないんですか」
ダージリン「......」
28: 以下、
ダージリン「.......ねぇ、こんな
みほ「飲めないんですか?」
ダージリン「........飲めますわよ、もちろん」
ダージリン「でもこの紅茶はあなたのために淹れた特別なもの。是非あなたに飲んでもらいたいの」
みほ「......」
みほ「そう、なんですね」
29: 以下、
みほ「わたしのために特別に淹れてくださったんなら飲まないわけにはいきませんね」
ダージリン「ありがとう、西住さん。さぁ、召し上がれ」
みほ「はい、ではどうぞダージリンさん」
ダージリン「......え?」
みほ「わたしはダージリンさんが飲んでいた紅茶をいただきましたからそれはダージリンさんが飲んでください」
ダージリン「」
30: 以下、
ダージリン「......(ゴクゴク」
ダージリン「西住さん。こんな(バタリ」
みほ「......やっぱり」
ピンポーン
オレンジペコ「ダージリン様を引き取りに来ました」
みほ「あ、はーい。お願いします」
33: 以下、
みほ「そのあとは、部屋の紅茶を片付けて、戦車道のことを考えたり、ボコのことを考えたり、ボコのぬいぐるみを抱きしめてボコの夢を見れたらいいなと思いながら眠ることにしました」
華「まぁ、昨晩はそんなことが」
沙織「ダージリンさん何しにきたんだろう」
優花里「西住殿!ティガーIIをボコ仕様に塗装してみたんです!」
麻子「......西住さんも大変だな」
麻子「っていうか、西住流の一連のおまじないって一体何なんだ」
みほ「あー、それは......」
みほ「おねえちゃんモテるから」
全員「あー、なるほど」
終わる?
35: 以下、
おまけ
まほ「勝手にわたしの部屋に入っていたことについては何も言うまい。ベットで寝ていたことも追求しない」
まほ「しかし、さすがにわたしの下着をかぶっていたことについては見なかったことにはできない」
まほ「あと、何故中学の頃使っていたたて笛が転がっているのか」
まほ「あと寝るときに抱きしめていた制服もわたしのだな。いや、今朝妙に綺麗になってるし胸元がきついしカレーの匂いがしないと思ってはいたんだ」
まほ「説明してくれるな、みほ」
みほ「......」
36: 以下、
みほ「......」
まほ「......」
みほ「......」
まほ「......お母様に」
みほ「待って。待っておねえちゃん」
37: 以下、
みほ「これには事情が」
まほ「聞こう」
みほ「あの、これはね」
まほ「これは?」
みほ「.......」
まほ「......」
みほ「.......」
まほ「.......お母様」
みほ「待って!待っておねえちゃん!!お母さん呼ぶのやめて」
38: 以下、
みほ「これはね、おまじないなの」
まほ「おまじない」
みほ「そう。目標とする人や憧れの人のものを身につけることでその人に近づけるっていうおまじない」
まほ「......」
まほ「そうか、おまじないか」
39: 以下、
みほ「そう!だからやましいこととかないの!!」
まほ「やましくない」
みほ「おねえちゃんはわたしの憧れだから!目標だから」
まほ「でも、身につけるだけならパンツをかぶる必要はないな」
みほ「.......」
40: 以下、
みほ「......西住流」
みほ「これっ!西住流のやり方だから!!」
まほ「西住流」
みほ「そう!西住流!!」
まほ「......」
みほ「........」
まほ「.......」
みほ「........」
まほ「ないよな、そんなおまじない」
みほ「ありません。ごめんなさい」
41: 以下、
まほ「お母
みほ「待って!待っておねえちゃん!!本当に待って!!!」
みほ「尊敬してるし憧れてるし目標にしてるのは本当だから!」
みほ「ちょっと行き過ぎたけどこれもおねえちゃんを慕う気持ちが暴走した結果だから!」
まほ「......」
まほ「そうだったのか」
42: 以下、
まほ「みほの気持ちはよく分かった。そんなに思ってくれていたんだな」
みほ「おねえちゃん.......っ!」ダキッ
まほ「ははは、みほは甘えん坊だな。もうこんなことしちゃダメだぞ」
みほ「うん!おねえちゃん大好き///」
44: 以下、
まほ「そのあとはみほと一緒に戦車道について語り合ったり、学校での出来事を聞いたり、ボコの可愛いところを聞いたりして過ごした」
小梅「へぇ、中学生の頃にそんなことが」
エリカ「あの子、昔は隊長にべったりでしたからね」
まほ「あぁ、それが今では大洗の隊長として堂々としている」
エリカ「そうですか?未だにおどおどして頼りなく見えますけど」
45: 以下、
まほ「いや、決勝で戦った時も、大学選抜のチームを相手にした時もしっかりと成長を見せてくれた」
まほ「それが嬉しくもあり、寂しくもある」
小梅「ところで、さっきの西住流のおまじない。わたしも聞いたことあるので本当にあるものだと思ってたんですけど」
エリカ「わたしも噂程度ですが耳にしています」
まほ「あぁ、そのことか」
まほ「どうもこの話を聞いていたものがいたようで、門下生の間で流行ってしまってな」
エリ小梅「「あー、そうなんですか......」」
END
46: 以下、
イイハナシカナー?
お粗末さまでした。春先にガルパンにハマり、最近SSを読むようになって我慢できず自分でも書いてみました。
SSVIPでの投稿が初めてな上、携帯からだったので読みづらいところ多々あったと思います。それでも読んでいただいた方ありがとうございます。
澤ちゃんには西住隊長好きを拗らせて欲しいと思います
52: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【画像】後藤真希最新の着物姿が圧倒的色気と話題wwwwwwwwww

【ハンターハンター】なぜヒソカは死んでたのに近くにシャルトピがいること知ってるんだwww

お前らもやってない? 周りのドライバーをイラつかせる運転がこれ

55インチでわずか5万円台、シャオミが破格の4Kテレビ「Mi TV 3S」発表

かわいいいと思う犬の画像を貼っていくスレ

【福岡】大型犬ボルゾイ脱走、最後の1匹を捕獲 地元住民によれば別の犬に襲い掛かり2匹が死んでしまったという

back 削除依頼&連絡先