善子「リトルデーモンになってみない?」ルビィ(カッコいい……)back

善子「リトルデーモンになってみない?」ルビィ(カッコいい……)


続き・詳細・画像をみる


担任「今日の欠席は津島さん一人ですね」
ルビィ「津島さん、今日も休みだね」ヒソヒソ
花丸「うん、先生は善子ちゃんが休んでる理由を教えてくれないけど原因はやっぱり」ヒソヒソ
ルビィ「あの自己紹介、だよね?」ヒソヒソ
ルビィ(あの時の津島さん、凄くカッコよかったけどなぁ、ルビィも真似してみたいと思ったくらい)
3:
花丸「それじゃあマルは善子ちゃんにプリントを渡しに行くずら」
ルビィ「……ルビィも一緒に行ったらマズイかな? 津島さんとお話ししてみたいんだ」
花丸「うーん……多分大丈夫かな? 行ってみようか」
コンコン
花丸「善子ちゃーん、プリント持ってきたよ」
善子「入っていいわよ」
花丸「お邪魔します」ガチャ
善子「全く、いいって言ってるのにホントお節介焼……き?」
ルビィ「……」モジモジ
善子「えっと……どちら様?」
4:
花丸「この娘は黒澤ルビィちゃん、マルの友達ずら」
ルビィ「あの、黒澤ルビィっていいます、津島さんとお話がしたくて無理言ってついてきちゃいました」
善子「そ、そうだったのね、黒澤さんと会うのは入学式の日以来ね」
ルビィ「そうです、ルビィのこと覚えていてくれたんですね」
善子「ええ、あのいきなりの叫び声は簡単には忘れられないわ」
ルビィ「ピギィ!? で、できればそれは早く忘れてほしいかな……」
善子「フフ、善処するわ」
花丸(心配する必要はないみたい、うまく打ち解けられそうずら)
5:
花丸「それで今日も2年の先輩が誘ってきてね」
ルビィ「何度も断ってるんだけど全然諦めてくれないんだ」
善子「そこまで誘ってくれるならやってみたらいいんじゃない?」
花丸「でもマルには……っ! ごめん善子ちゃん、ちょっとお手洗いに」
善子「どうぞ、場所はわかる?」
花丸「うん、大丈夫、行ってきます」
6:
善子「……」
ルビィ「……」
善子(二人だけになると流石に少し気まずいわね)
ルビィ「……あのね津島さん、答えたくなかったら答えなくても構わないんだけど聞いていい?」
善子「え、ええ……何かしら?」
ルビィ「学校に来ないのって……あの自己紹介が原因なの?」
善子「……そうよ、ああいうのはもう止めなくちゃって思っていたの、でも気付いた時には……」
善子「それでどうしていいのかわからなくなって、つい逃げ出しちゃったのよ」
善子「そうしたら今度はどんな顔して学校に行けばいいのかわからずにこの有様よ」
7:
ルビィ「……そうだったんだね、あのね、ルビィはあの津島さんのことカッコいいって思ったよ」
善子「……無理に慰めなんてしなくてもいいのよ」
ルビィ「ううん、慰めてるんじゃなくて本当にそう思ったんだよ」
善子「……ありがとね黒澤さん」
ルビィ「うん」
花丸「ふ?、スッキリしたずら!」ガチャ
善子「……ずら丸、女の子がその発言はどうかと思うわよ」
ルビィ「ルビィもそう思う」
花丸「ずらっ!?」
8:
花丸「もういい時間だし、そろそろ帰ろっか?」
ルビィ「そうだね、門限も近付いてきてるし」
善子「門限? 今時にしては珍しいわね」
花丸「実はルビィちゃんは良いところのお嬢様ずら、だから結構厳しくて」
ルビィ「そ、そんなお嬢様だなんて」テレテレ
善子「お嬢様ね?、そんなお嬢様の暮らしぶりが気になるところではあるけど」
善子「門限が近付いているなら早く帰ったほうがいいわ、バスを乗り過ごしでもしたら大変よ」
花丸「そうだね、それじゃ善子ちゃんまたね、さあルビィちゃん急ごう?」
ルビィ「ま、待ってよ?、津島さんまた来てもいいかな?」
善子「ええ、いつでも歓迎するわ……またね、ルビィ」
ルビィ「……うんっ! 善子ちゃんまたね!」
9:
ルビィ「お邪魔しま?す、今日はルビィがプリント持ってきたよ」ガチャ
善子「よく来たわねルビィ、今日は練習には出なくてよかったの?」
ルビィ「連絡はしておいたから大丈夫だよ、はいこれ、今日の分」
善子「悪いわね、いつもいつも」
ルビィ「気にしなくていいよ、ルビィが善子ちゃんに会いたくてやってることだから」
善子「でも気にしないわけにはいかないわ、今日だってこの為に練習を休んでもらってるわけだし」
ルビィ(切り出すのだとしたらここなのかも……)
ルビィ「……それなら善子ちゃん、学校来てみる? プリントを渡す必要がなければ気にすることもなくなるよ?」
10:
善子「そ、それは……」
ルビィ「まだ学校に行くのは怖い?」
善子「……ええ、クラスのみんなにどう思われているかわからないのもあるけど」
善子「また同じことをやってしまうんじゃないかって」
ルビィ「クラスのみんなは善子ちゃんが来ないことを心配してるだけだからそこは安心していいよ」
ルビィ「だけどヨハネちゃんのほうは……これは善子ちゃん自身に抑えるのを頑張ってもらうしかないのかも」
善子「よかった、悪く思われてはいないのね、とりあえずは一安心、だけどヨハネは無意識でやっちゃうから……」
ルビィ「そうなるとヨハネちゃんが出そうになったらすぐ誰かに止めてもらうってやり方しかないかなぁ」
善子「少し考えさせてもらっていい? 前向きに検討してみるから」
ルビィ「そう思ってくれるだけで十分だよ」
13:
善子「さてと、それじゃあ話はこのくらいにして今日も続きを見ましょうか」
ルビィ「待ってました!」
善子「えーっと、前に見たのはここまでだったかな?」カタカタ
ルビィ「そうだね、この先からはまだ見てないよ」
善子「じゃあここから、再生っ!」ッターン
善子「今宵もこのヨハネのカンパニーに集いしリトルデーモンのみんな、ヨハネの福音を授ける時の到来よ」
善子(やっぱりこの自分を画面越しに見るのは凄く恥ずかしいわね、でも)チラ
ルビィ「えへへ」ニコニコ
善子(まぁ、いっか)
15:
ルビィ「お邪魔しました?」
善子「またね」
善子(やっぱりいつまでも休んでいられないよね、誰かに止めてもらう、か……ずら丸に頼んでみよう)
善子「どうして止めてくれなかったのよ?っ!?」
花丸「まさかあんなもの持ってきてるとは思わなかったずら」
ルビィ(作戦失敗……)
16:
ルビィ「フンフーン」ニコニコ
善子「随分とご機嫌ね」
ルビィ「宣伝用の動画とはいえヨハネちゃんと共演できるからね、嬉しいんだ」
善子「まったくなんていい娘なのかしら」ナデナデ
ルビィ「一番小さい悪魔……可愛がってね!」ビシッ
ダイヤ「こういうのは破廉恥というのですわ!」
17:
ルビィ(お姉ちゃん怒ってる、けどこのまま好きに言わせてたら善子ちゃんが可哀想だよ)
ルビィ(早くお姉ちゃんを止めないと)
ルビィ「ごめんなさい、お姉ちゃん」
ダイヤ「っ……とにかく、キャラがたってないとか云々」クドクド
ルビィ(どうにか矛先を反らすことはできたけど)チラ
善子「……」シュン
ルビィ(善子ちゃん、悲しそうな顔してる)
18:
千歌「こんなことでμ'sになりたいなんて失礼だよね」
ルビィ(千歌さん!? そんな言い方しなくても! お姉ちゃんに言われたことを気にしてるかもしれないのに!)
善子「やっぱり、高校生にもなって通じないよ」
ルビィ(善子ちゃん……)
善子「少しの間だけど堕天使に付き合ってくれてありがとね、楽しかったよ」
19:
ルビィ「……今のは酷いと思います」
花丸「ルビィちゃん?」
ルビィ「善子ちゃん、さっきお姉ちゃんに言われたことを気にしてたと思うんです」
ルビィ「そんな時に堕天使としての善子ちゃんを勧誘した千歌さんまで否定してるように聞こえる言い方するなんて」
千歌「そっ、そんなつもりじゃ……」
ルビィ「けど、善子ちゃんはそう受け取ってしまいました」
一同「……」
ルビィ(今の善子ちゃんをほうっておいてはいけない気がする……)
ルビィ「……明日、改めて善子ちゃんを誘いに行きませんか? 」
20:
善子「いいの? 変なこと言うわよ?」
曜「いいよ」
善子「時々、儀式とかするかもよ?」
梨子「そのくらい我慢する」
善子「リトルデーモンになれって言うかも!」
千歌「嫌だったら嫌っていう!」
ルビィ(ルビィはなってもいいって思ってるからね、善子ちゃんのリトルデーモンに)
42:
>>21を見たときはヨハネを好意的に見てたルビィが善子の不登校を救うのに一役買うと思っていたけど何も関係なかったね
ルビィのマルに対する呼称で悩んだから名前を呼ばなくても不自然じゃないよう出番を減らすことになってしまった
アニメでも他媒体と1話で使ってたマルちゃん呼びに戻してほしい
22:
ルビィ「善子ちゃん! ようこそAqoursへ!」
ルビィ(本当によかった、いつも通りの善子ちゃんが帰ってきたんだ)ウルッ
善子「ええ! これから私の魅力を振り撒いて民衆を次々にリトルデーモンへと堕天させて」
善子「このヨハネのカンパニーを……ってなによルビィ、泣きそうな顔なんかして」
ルビィ「ううん、何でもないよ」ゴシゴシ
善子「何でもないわけないでしょ? 一体どうしたのよ」
24:
花丸「善子ちゃん、ルビィちゃんのそれは嬉し涙ずら」
花丸「昨日善子ちゃんが帰った後にもう一度善子ちゃんを誘おうって提案したのはルビィちゃんなんだよ」
善子「……そうなの?」
ルビィ「……うん、善子ちゃんはああ言ったけど通じないなんてこと絶対にない」グスッ
ルビィ「善子ちゃんはそのままの善子ちゃんでいいんだってわかってほしくて」
ルビィ「だってルビィには通じてるよ? ルビィは善子ちゃんのこと大好きだもん」
善子「ルビィ……ホントあなたはいい娘すぎるわ、このヨハネでも堕天させることができないくらいにね」グスッ
25:
千歌「今日の練習はこれでおしまいっ!」
一同「おつかれさまでしたーっ!」
ルビィ「ねえねえ善子ちゃん、明日善子ちゃんの家に遊びに行ってもいい?」
善子「別にいいけど、都会の沼津には遊びに行かなくてもいいの?」
ルビィ「実は善子ちゃんに相談したいことがあって」
善子「二人だけで話したいことがあるわけね、わかったわ」
花丸「二人とも最近仲が良すぎるずら、二人の大切な親友と幼馴染のこと忘れていないずらか?」
26:
ルビィ「お邪魔しま?す」ガチャ
善子「いらっしゃい、来て早々だけど相談したいことを聞かせてもらえる?」
ルビィ「うん、善子ちゃんAqoursに入ってからも時々ヨハネちゃんの動画を配信してるよね?」
善子「自宅にパソコンがないのによく気付いたわね、そうよ、前のような頻度ではないけど続けているわ」
ルビィ「部室のパソコン使わせてもらってるから、その時に善子ちゃんの動画が増えてることに気付いたの」
27:
ルビィ「それで相談っていうのはね、ルビィも善子ちゃんのリトルデーモンとして動画に出られないかなって」
善子「え゛っ!?」
ルビィ「ダメかな?」
善子「ダメっていうか……う?ん、前のこともあるし生徒会長に怒られない?」
ルビィ「バレないように気を付けるし、例えバレてもルビィが無理を言って入れてもらったって言うから!」
善子「そうねぇ、そこまで言うならやってみる?」
ルビィ「やってみる!」
28:
善子「そうと決まれば準備をしていかないとね、衣装は……前のでいいよね」
ルビィ「それと名前! リトルデーモンとしてのルビィの名前も決めないと!」
善子「そうね、本名のままというわけにもいかないし、ルビィは名前の候補を事前に考えてたりするの?」
ルビィ「実は一つ考えたのがあって、善子ちゃんは善子からヨハネで名前が漢字から片仮名に変わってるから」
ルビィ「ルビィはその逆で片仮名から漢字に変えて紅玉なんてどうかなって」
善子「紅玉、ルビーのことね、悪くないと思う、それでいきましょう」
ルビィ「動画を配信できる日が今から楽しみだよ?」
29:
一同「おつかれさまでしたーっ!」
善子「さあルビィ、今日も作戦会議するわよ」
ルビィ「うんっ! それじゃ善子ちゃんバス停まで競争だよ、負けた方はジュース奢り! よ?いドンッ!」ダッ
善子「なっ! いきなりなんてズルいじゃない! ちょっと待ち、待ちなさいよーっ!」ダッ
花丸「……」
30:
花丸「全く最近の二人ときたらマルのことをほったらかしにしてばっかり」
花丸「もういいずら! こうなったらマルは一人寂しくのっぽパンをやけ食いするずら!」
ダイヤ「あら、花丸さん? 大声なんか上げてどうかしたのですか?」
花丸「ずらっ!? ダイヤさん、こんにちは」
ダイヤ「こんにちは、そういえばルビィの姿が見えませんわね、今日は花丸さんお一人?」
花丸「うぅ?、聞いてくださいダイヤさ?ん」ガシッ
ダイヤ「なっ、なんでしょう」オロオロ
31:
花丸「最近ルビィちゃんが善子ちゃんとばかりで遊んで全然マルに構ってくれないずら」
ダイヤ「そうなんですの?」
花丸「はい、今日も練習が終わったら二人だけでどこかに行っちゃって」
ダイヤ「……困った娘達ね、花丸さんをこんなにも悲しませて」ナデナデ
ダイヤ(妹の不始末をフォローするのも姉の役目、ここはお姉ちゃんが一肌脱がないとね)
ダイヤ「わたくし、これから家に帰ってお茶にしようと思っていたの、花丸さんも一緒にどうかしら?」
花丸「マルも一緒でいいんですか?」
33:
ダイヤ「ええ、構いませんわ、本当はルビィにあげようと思って買っておいた少しお高いアイスがあるのだけれど」
ダイヤ「花丸さんを悲しませた罰ね、あの娘が気付く前に二人で食べてしまいましょう」
花丸「えっ……ルビィちゃんのアイス、食べちゃっていいのかな?」
ダイヤ「姉であるわたくしがいいと言ったらいいのです、大体あの娘がこれまでに何個わたくしのアイスを勝手に食べたことか」
ダイヤ「数え切れないと言っても決して大袈裟ではないの、だから一つくらい貰っても文句は言わせないわ」
花丸「そういうことなら、ご馳走になります」
ダイヤ「では、参りましょうか」
花丸「はいっ!」
34:
ダイヤ(しかし善子さんと言ったわね、彼女は確かAqoursの自己紹介メッセージで)
善子「はぁいみんな、伊豆のビーチから登場したトゥインクルスター、みんな待望のニューカマーはこのヨハネよ」
善子「ヨハネはこう見えて元は天使だったの、でも、なにも悪いことなんてしていないのにいつの間にか堕天使にされて」
善子「今ではすっかりカラフルな魅力を振りまくアクマになってしまったわ」
ダイヤ(……ダメですわ、何やら嫌な予感しかしません)
ダイヤ(それにヨハネとやらは堕天使と悪魔、一体どちらですの? そこもスッキリしませんわ)
35:
善子「さて、準備に準備を重ねてきたけど今日が本番、いよいよ動画を配信するわよ」
ルビィ「うぅ……いざとなると緊張してきた……」
善子「ここまできたら腹を括りなさい、大丈夫よルビィならやれるわ」
ルビィ「善子ちゃん……うん、善子ちゃんがそう言ってくれるなら頑張ルビィ!」
善子「フフ、その意気よ」
善子「今宵もこのヨハネのカンパニー集いしリトルデーモンのみんな、今日は最初に伝えたいことがあるわ」
善子「ヨハネの元に馳せ参じたリトルデーモン、ニューカマーの登場よ!」
ルビィ「ヨ、ヨハネ様のリトルデーモン紅玉、まだまだ未熟で小さな悪魔だけど」モジモジ
ルビィ「可愛がってね!」ビシッ
36:
ダイヤ(こういうことでしたのね)
ダイヤ(良からぬことをしていたら止めようかと思っていたけれど)カタカタ
ダイヤ(今のところは過激な内容ではありませんし、ここは大目に見ることにしますわ)カタカタ
ダイヤ(それに……ルビィも楽しそうにしているものね)タンッ
紅玉ちゃん可愛い
紅玉ちゃん最高
紅玉ちゃんと一緒に堕天する
紅玉ちゃんのミニスカートがとってもいいです
紅玉ちゃんの活躍応援します
37:
一同「おつかれさまでしたーっ!」
善子「さあルビィ! 今日もこれからアレをやりに行くわよ!」
ルビィ「わかってるよ! 早く善子ちゃんの家に行こう!」
花丸(……マルは思うずら、どこにいっても誰といても、しょせん人間は一人なんだなぁって……)
花丸(……またダイヤさんに愚痴に付き合ってもらうことにするずら)
39:

続き・詳細・画像をみる


【大爆死】元akb大島優子の真田十勇士が初週興行収入2.2億、観客17万人で絶望的な爆死! 【死神】

【悲報】浜崎あゆみさん、チケットが売れない

ゲンダイ「いずれ、全国民が北朝鮮のように安倍首相、マンセーと言わされる日が来るのでは」・・・所信表明 “総立ち拍手”

「女」ってみんな「チンポ入れられる」ための「専用の穴」があるんだよな

Yシャツの腕まくりをしてる社会人、ガチでヤバイぞwww

AbemaTVがスタッフ募集してるんだがギャラが実質タダでワロタ

back 削除依頼&連絡先