【画像あり】寒くなると人里に降りてくる野生の獣 最強ランキングback

【画像あり】寒くなると人里に降りてくる野生の獣 最強ランキング


続き・詳細・画像をみる

1:
10位 ニホンリス
ニホンリス(日本栗鼠、Sciurus lis)は、哺乳綱ネズミ目(齧歯目)リス科リス属に分類される齧歯類。
体長16-22センチメートル。尾長13-17センチメートル。
体重0.3キログラム。腹面や尾先端の毛衣は白い。
夏季は背面の毛衣が赤褐色(夏毛)、冬季は耳介先端の体毛が伸長し背面の毛衣が灰褐色(冬毛)。
関連記事
- 【画像】 スバリスト「前を走ってたジープみたいなのを煽ったら、目の前で横転したwww」 ⇒
- 飛 車 の イ ケ メ ン 感 は 異 常
- 【画像あり】字が徐々に書けなくなってきたんだがなんかの病気?
- 水素水の大手会社、ネット上における誹謗中傷・風説の流布に対して法的措置すると発表
- 【画像あり】iQos買って来たったwwwwwwww
     
スポンサードリンク
2:
9位 イタチ
イタチ(鼬、鼬鼠)とは、ネコ目(食肉目) イヌ亜目 クマ下目 イタチ科 イタチ属 Mustela に含まれる哺乳類の総称である。
オコジョ、イイズナ、ミンク、ニホンイタチなどがイタチ属に分類される。
ペットとして人気のあるフェレットもイタチ属である。
イタチ属の動物は、しなやかで細長い胴体に短い四肢をもち、鼻先がとがった顔には丸く小さな耳がある。多くの種が体重2kg以下で、ネコ目(食肉類)の中でも最も小柄なグループである。
中でもイイズナ Mustela nivalis はネコ目中最小の種であり、体重はアメリカイイズナ M.n.rixosa で30-70g、ニホンイイズナ M.n.namiyei で25-250g である。
3:
8位 タヌキ
タヌキ(狸、学名:Nyctereutes procyonoides)は、哺乳綱ネコ目イヌ科タヌキ属(英語版)に分類される動物。
元々極東にのみ生息する世界的に見れば珍しい動物であり、日本、朝鮮半島、中国、ロシア東部などに分布していた。
主に山野に生息しているが、日本に棲むものは都市部でも見られる。
1928年(昭和3年)に毛皮をとる目的でソ連(現 ロシア)に移入されたビンエツタヌキが野生化し、ポーランド、東ドイツ(当時)を経て、現在はフィンランドやドイツにも生息している。
1990年代頃からフランスやイタリアでも目撃例があり、分布を確実に広げている。
4:
おま
5:
7位 ニホンザル
ニホンザル(日本猿、学名:Macaca fuscata)は、哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科マカク属に分類されるサル。
体長47-60センチメートル。
尾長オス7-11センチメートル、メス6-11センチメートル。体重オス6-18キログラム、メス6-14キログラム。
東北地方や中部地方山岳部の個体群は大型。尾が短い。体毛は寒冷地では長く密に被われ、温暖地では短く薄く被われる傾向がある。
背面の毛衣は赤褐色や褐色、腹面の毛衣は灰色。種小名fuscataは「暗色がかった」の意。
顔や尻は裸出し赤い。
幼獣は体毛が密に被われるが、成長に伴い密度は低くなる。
オスは犬歯が発達する。
6:
6位 エゾシカ
エゾシカ(蝦夷鹿、学名:Cervus nippon yesoensis)は、北海道に生息するシカの一種。
シカ科シカ属に分類されるニホンジカの亜種である。
北海道全域に分布する。
日高地方・十勝地方・釧路地方・根室地方・オホーツク地方など雪の少ない道東・道北の一部に限定的に生息していたが、
1990年代以降は空知地方・留萌地方・石狩地方など西部地域への分布拡大が進んでいる。
8:
松尾は野生の獣だった・・・?
9:
5位 ニホンカモシカ
ニホンカモシカ(Capricornis crispus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)ウシ科カモシカ属に分類される偶蹄類。
単にカモシカとも呼ばれる。
日本(京都府以東の本州、四国、九州<大分県・熊本県・宮崎県>)固有種
本州では東北地方から中部地方にかけて分布し、京都府北部、鈴鹿山脈・紀伊半島などに隔離分布する。
「県獣」にカモシカまたはニホンカモシカを定めているのが6県(山形県、栃木県、富山県、山梨県、長野県、三重県)である。
11:
野獣やな
14:
4位 ニホンイノシシ
ニホンイノシシ(日本猪、S. scrofa leucomystax /英語: Japanese wild boar)は、本州・四国・九州・淡路島・小豆島に分布する。
足が短く雪が苦手なため、豪雪地帯には分布しないとされてきたが、日本海側では平年値の積雪が2mを超える福井県の山間部にも出没するようになった。
長野市、須坂市など長野県北部の市街地でも目撃され、人的な被害も報告されている。
また、太平洋側では宮城県南部が分布域の北限とされていたが、近年は北上傾向にあり、仙台市の西部にある奥羽山系・泉ヶ岳の裾野での生息や仙台七夕用の竹の被害などが報告されている。
九州の離島では本土や他の島から泳いで渡ったとみられるイノシシによる農作物への被害が相次いでいる。
16:
熊には勝てねえ
17:
3位 ツキノワグマ
ツキノワグマ (Ursus thibetanus) は、食肉目クマ科クマ属に分類される食肉類。別名アジアクロクマ、ヒマラヤグマ。
体長120 - 180センチメートル。
尾長6 - 10.5センチメートル。体重オス50 - 120キログラム、メス40 - 70キログラム。
最大体重173キログラム。肩が隆起せず、背の方が高い。全身の毛衣は黒いが、赤褐色の個体もいる。
胸部に三日月形やアルファベットの「V」字状の白い斑紋が入り(無い個体もいる)、和名の由来になっている。
旧属名Selenarctosは「月のクマ」の意で、これも前胸部の斑紋に由来する。
眼や耳介は小型。乳頭の数は3対。
25:
>>17
へーツキノワグマって模様のことやったんか
月の出てる夜にしかでないとおもってたわ
18:
冬になるとカードあさりに来るあいつ
19:
2位 ヒグマ
ヒグマ(羆、緋熊、樋熊、学名:Ursus arctos)はクマ科に属する哺乳類である。
ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。
また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。
学名はUrsus arctos(ウルスス・アルクトス)。
Ursusはラテン語でクマ、arctosはギリシャ語でクマを意味するἄρκτοςをラテン化したものである。
ヨーロッパからアジアにかけてのユーラシア大陸と北アメリカ大陸に幅広く生息している。
その生息地は温帯からツンドラ気候の地域(北極海沿岸など)にまで及ぶ。
現存するクマ属の中では最も広く分布する。
21:
これはおもしろい
26:
はやく
27:
1位 マツオノボル
マツオノボル(松尾昇)はキョカス科に属する哺乳類である。オス160cm60kg
愛知県東部から静岡県西部に分布する
2013年4月浜松市のショッピングセンターで世界で初めて捕獲され生息が確認された。
近年ポテチへの被害が深刻化している
おまけの中身が知りたくて――。
浜松市東区内のショッピングセンターで、ポテトチップスのおまけのプロ野球選手カードの入った袋25個に、
はさみで切り込みを入れたとして、浜松東署は6日、愛知県豊川市中条町宮坪、無職松尾昇容疑者(51)を器物損壊容疑で逮捕したと発表した。
「巨人軍のカードが欲しかった」と容疑を認めているという。
同署によると、松尾容疑者は5日午後1時55分ごろから約20分間、同センターで、
おまけのカード付きのポテトチップス25袋(1袋90円、計2250円)のおまけの袋をはさみで切った疑いがある。
同容疑者は、計35袋のおまけの袋を切り、中身のカードを確認して気に入った10袋を購入した。
それ以外の25袋を商品棚に返してセンターを出たところを警備員に呼び止められたという。



28:
は?
29:
やったぜ
30:
やったぜ。
31:
実家のような安心感
42:
はさみがデカすぎる
5

続き・詳細・画像をみる


土性沙羅さんに腕相撲で勝ったら10万円(負けたら無理矢理犯される)

一回もセックスしてないのに彼女が妊娠した

西川史子「男の部屋にみりんが有ったら他に女居る」←みりんぐらい持ってるだろ。

【国際】フランス人らしく暮らせ、移民に要求 = サルコジ前大統領 「機能しない統合ではなく、同化が必要」

株式会社ポケモン、NX向けにゲームを開発へ

【秋】どんぐり画像を置いておきます

back 削除依頼&連絡先