リンク「トライフォースっちゅうのを手にいれればいいんだな?」back

リンク「トライフォースっちゅうのを手にいれればいいんだな?」


続き・詳細・画像をみる


完全に鳥山絵で再生される
15: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/19(金) 23:24:40.00 ID:mAZtjz4dO
もうちっとだけ続き
First Dungeon  
デクの木サマの中
ホワンホワーン 
ナビィ「い、意外と明るいのね……もっと真っ暗かとおもってたけど」
リンク「……」
ナビィ「どうしたの? リンク。むずかしい顔して」
リンク「ナビィの言う通りだ。なんだかでっけえパワーみたいなもんが下から感じるぞ」
ナビィ「デクの木サマの魔力じゃないの?」
リンク「いや、ちげえ。じっちゃんの魔力はもっとあったけえけど、オラが感じた魔力はもっと冷たくておっかねえもんだ」
リンク「どうやらスゲエバケモンにとりつかれちまってるらしい」
ナビィ「……!」ゴクリ
リンク「それよりナビィ」
ナビィ「な、何!?」
リンク「オラ腹減っちまった!」
ナビィ「あら?!」ズッコケ
16: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/19(金) 23:34:55.97 ID:mAZtjz4dO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
大激突! 甲殻寄生獣ゴーマ!
ナビィ「それじゃ、下に行くの?」
リンク「いや、さっきから探してっけど行く道がねえ」
リンク「あるとしてもほら、こんなんだ」ネバネバ
ナビィ「クモの巣……?」
リンク「下を見てみたらよ、スッゲエんだこれが!」
ナビィ「スゴい! 水道がある!」
リンク「これオラの力でもビクともしねえからさ、上から飛んで破ろうと思うんだけど」
ナビィ「でも、けっこう高い場所から飛ばないと。だいじょうぶ?」
リンク「でえじょうぶだ! オラ体はデクの盾より頑丈だぞ!」
17: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/19(金) 23:41:24.99 ID:mAZtjz4dO
リンク「んじゃ行くか!」
ぴょんぴょん
ひょいひょい
ナビィ「身軽ね! お猿さんみたい!」
リンク「オラよく言われっぞ。猿ヤロウとかしっぽ付きとか」
ナビィ「しっぽ付き……?」
リンク「オラしっぽがあるんだ! ほら!」
フリフリ
ナビィ「そ、それダサいアクセサリーじゃなかったの!?」
リンク「ひでえなあ、オラ物心ついた時からずっとあんだけど、みんなにはねえんだよなあ。何でだ?」
ナビィ「さ、さあ?」
スタルウォール「ギギッ!」
ナビィ「あ、気をつけて! 壁に張り付いてる時そいつは」
リンク「邪魔だぞ、おりゃ!」
ごすっ
スタルウォール「ギャアアアア!?」
ナビィ「……」
18: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/19(金) 23:46:15.22 ID:mAZtjz4dO
リンク「かてえけどオラほどじゃねえな!」
ばこーん!
スタルチュラ「ギャアアアア!?」
リンク「またオメェか! だりゃああああ!」
ばきいいいいん!
デクババ「ピギャアアアア!?」
リンク「オメェ人に物ぶつけちゃダメだぞ」
ぼっこーん!
デクナッツ「ひどいッピー!」
ナビィ「……」
ナビィ「あれ? あたしの存在意義?」
19: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/19(金) 23:50:45.99 ID:mAZtjz4dO
リンク「さっきとっちめた奴から聞いたけど、やっぱり下にワルいヤツがいるみてえだ」
ナビィ「ねえ、このパチンコいらないの? それにマップもコンパスも」
リンク「普通に投げたほうが楽だからいらねえぞ」
ぶんっ!
ひゅーん
ぼかっ!
ギャァアアアアア
ナビィ「……」
リンク「んじゃ行くかぁ! おりゃああああああああ!」
ピョーン!
ナビィ「あ、待ってリンク!」
ひゅーん
ばしゃああああああん
20: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/19(金) 23:58:11.28 ID:mAZtjz4dO
リンク「うーちべてえ……きれいだけどこりゃきついなあ」
ナビィ「ねえねえ! 見て! 金色のスタルチュラがいるわよ!」
リンク「おっ! 珍しいな! 持ってくか!」
モコモコ
ぴしぴしし
リンク「ん?」
バキバキ
幼棲ゴーマ「ぎぎゃあああああ!」
リンク「うわっ! なんだコイツ!」
ばきぃいいいん!
幼ゴーマ「ぎゃっ!?」
ナビィ「こ、こんなモンスター見たこと無いわ」
ナビィ「でも、このイヤな感じ……デクの木サマに取りついて魔物と関係あるのかしら?」
リンク「コイツはさすがに食えねえだろなあ」
ナビィ「ダメよ! 拾い食いなんて!」
21: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 00:03:39.71 ID:lbMnfQRFO
我の可愛い子を害したのはキサマらか?
ナビィ「へ?」
リンク「お?」
カサ
カサカサカサカサカサ
ガササッ!
ズドォオオオオオオオオン!
「キサマらか……? このムシケラどもめが」
GYUIIIIIAAAAAAAAAAAA!!!
甲殻寄生獣 ゴーマ
テレレーン! テレレーン! テーン!
ナビィ「ででででっかいムシ!?」
リンク「かあっ! 気持ちわりい! やだおめえ!」
22: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 00:08:48.50 ID:lbMnfQRFO
ナビィ「こ、コイツがデクの木サマに寄生してたモンスターよ!」
ナビィ「どう見てもあのおっきな目玉が弱点だから慎重に」
リンク「だぁあああああああ!!」
ナビィ「って話をきけぇええええええ!?」
ゴッ!
ガスッ!
バキッ!
リンク「だだだだだだだだだだ……!」
ズガガガッガガガッガガガガガガガ!!
ナビィ「す、スゴい! なんて攻撃」
リンク「だりゃああああ!!」
バキィイイイイン!
リンク「……」
ゴーマ「……」
ナビィ「や、やった!?」
24: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 00:19:24.23 ID:lbMnfQRFO
リンク「いってぇ?! コイツなんて固さだ!?」
ナビィ「だぁああああああ!?」ズッコケ
ゴーマ「痒いぞ小僧。こんな攻撃が効くものか」
リンク「いや?、効くかどうかどうしても確かめたくってな!」
リンク「それにしてもオメェつええな。オラびっくりしたぞ」
ゴーマ「ふん、命乞いをしても今更許さんぞ?」
リンク「んじゃオラも本気出すかあ!!」
ナビィ「え!?」
ゴーマ「なに?」
リンク「だぁりゃああああああああああああ!!」
ナビィ「ただのパンチ!? でもそれじゃ」
ゴーマ「バカめ! 血迷ったか? 返り討ちにしてや」
ゴギャアアアアアアアアアアア!
ゴーマ「ごおっ!? お!?」
リンク「へへ、どうやら効いた見てえだな!」
ゴーマ「お、おのれ小僧!」
ブウンッ!!
ナビィ「あぶない! リンク!」
リンク「でえじょうぶだ!」
ひょいっ!
ナビィ「か、軽々と避けて……!!」
リンク「弱点はここかあ!」
ジャン拳
リンク「チョキ!」
グサッ
ゴーマ「ぎ、ぎぃええええええええええ!?」 
25: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 00:27:31.49 ID:lbMnfQRFO
リンク「んでもってとーどーめーのー!」
ぐるぐる……
ゴーマ「ま、待て! 降参だ! 出てくから殺さないでくれ!」
リンク「……」
ゴーマ「頼む! この通りだ! もう悪さはしないから! 見逃してくれえ!」
リンク「……ホントに悪さしねえって約束すっか?」
ナビィ「リンク!?」
ゴーマ「あ、ああ。約束する」
リンク「じゃ、いっか! 早くじっちゃんから出てったらもう悪さすんじゃねえぞ!」
ゴーマ「ああ、わかってるさ。さっさと出てく」
ゴーマ「わけねえだろうがああああああああ!!」
バッキィイイイイイイイン!!
リンク「ぎゃっ!?」
ナビィ「リンク!? あ、あいつ!」
26: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 00:34:26.67 ID:lbMnfQRFO
ゴーマ「まさか苦し紛れの命乞いにひっかかるとはな……正直唖然としたぞ」
リンク「あ、あぐぐ……!!」
ナビィ「リンク! しっかりして!」
ゴーマ「だがもうここまでだ! ジワジワとなぶり殺しにしてやる!」
バキッ! ゴッ!
リンク「ぎゃあ!」
ナビィ「こ、この卑怯者! やめなさい!」
ゴーマ「バカめ! 殺し合いに余計な情をかけたコイツがマヌケなんだ!」
ゴーマ「そら、止めだ!」
ゴォオオオオオッ!
ナビィ「リンクゥウウウウウウ!!」
27: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 00:45:21.50 ID:lbMnfQRFO
ヒューーーーーーーーン
ごすっ
ゴーマ「あいたっ!?」
ナビィ「へ?」
リンク「う、ああ?」
リンク「なんだあれ……デクの棒があいつの頭に」
リンク
リンクよ、聞こえるか?
リンク「じっちゃん……?」
リンク……敵に情けをかけるお前の心の広さにわしは感動した……
しかしだリンクよ、お前のやさしさは美徳じゃが、同時に一番の弱点でもある。そのやさしさにつけこむ輩はいくらでもいることを忘れるな。
ワシの最後の生命力をその堅木に託した……それを使って魔物を打ち倒すのじゃ。
さあ立て小さな勇者よ、世界を、この星を守るために!
リンク「じっちゃん……!」
がしっ!
『デクの堅棒を手に入れた!』ごーまーだーれー!
とっても硬いデクの棒
絶対折れない曲がらない
でも火には弱いぞ注意しろ!
28: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 00:54:43.99 ID:lbMnfQRFO
ゴーマ「あ、あのオイボレが! よくも……」
リンク「おい、よそ見すんなよ」
ゴーマ「はっ!?」
ガッツン!
ゴーマ「おごぉっ!?」
ナビィ「うわ、痛そうな音」
リンク「オメェはもう謝っても許さねえぞ」
すたすた
ゴーマ「く、来るなバケモノ!」
リンク「オメェが言うな!」
リンク「ホームランだぁああああああ!!」
ガキィイイイイイイイイイイイン!!
ゴーマ「あぎゃあああああああああああ!?」
デーンデーン
デッデッデーン デーン
デーン デーン 
ポゥウウウウウウウ
ナビィ「やったわ! やっつけた!」
リンク「この赤いのはなんだ?」
ナビィ「それはハートのうつわ。戦闘力が上がる優れものよ!」
リンク「ふーん、じゃ、もらっとくか」
デレレレレレレレ
デレレレーン!
ポゥウウウウウウウ?ン……
リンクの体を青い光が包み、上昇していく……
29: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 01:02:30.68 ID:lbMnfQRFO
広間
デク「よくやったリンク……。お前はワシの願いをたくすにふさわしい少年であった」
リンク「へへっ! そう言われるとなんだかくすぐってぇぞ!」
ナビィ「もう、調子に乗らないの!」
デク「ワシに死の呪いをかけた者は黒き砂漠の民じゃ……」
リンク「黒き砂漠のたみ?」
デク「あの者は邪悪な魔力を操り、ハイラルのどこかにあるという聖地を探し求めておった。
なぜなら聖地には、神の力を秘めた伝説の聖三角、トライフォースがあるからじゃ……」
リンク「トライフォース? なんだそりゃ」
デク「トライフォースは、触れた者の心を写す世界を作る力を持っておる。
心正しき者が触れればハイラルは善き世界へと変わり、心悪しき者が触れれば、世界は悪に支配されるのじゃ」
ナビィ「そんなものがハイラルにあったなんて……」
デク「あの黒き砂漠の民をトライフォースに触れさせてはならぬ!
悪しき心を持つあの者を聖地へ行かせてはならぬ!」
リンク「じ、じっちゃん? どうしたんだ? なんだかこええぞ」
30: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 01:20:25.27 ID:lbMnfQRFO
デク「あの者はワシの力を奪い、死の呪いをかけた……。お前はワシの呪いを解いてくれたが命までは戻らぬようじゃ」
リンク「え? え?」
デク「リンクよ……、ハイラルの城に行くがよい。城には神に選ばれし姫がおいでになるはずじゃ」
リンク「じ、じっちゃん……やだよ、死んじゃやだよ!」
デク「その姫にこの石を見せよ……。あの者がワシに呪いをかけてまで欲したこの石を……」
リンク「じっちゃんっ!!!」
デク「……ありがとう、リンクよ。お前と共にあった十年間。楽しかったぞ……」
パァアアアアアアアアアアア!!
デーン
デーンデーンデーン
デレレー
デーンデーンデーン
ナビィ「あれは……!」
――――森の精霊石!!
31: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 01:23:39.52 ID:lbMnfQRFO
デク「ナビィ……リンクの力になってやってくれ……あの子は純粋すぎる。誰かが支えてやらねばならんのだ」
ナビィ「……はい! わかりました!」
デク「たのむぞ、リンク……。お前の勇気を信じておる……」

ゴゴゴゴ ゴ ゴ ゴ ゴ
リンク「じっちゃん」
リンク「じっちゃーーーーーーーーん!!」
32: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 01:28:20.31 ID:lbMnfQRFO
次回予告
オッス! オラ リンク!
じっちゃんの言葉の通りにハイラル城ってとこに行くことになったんだけど、コキリ族は森から出たら死んじまうって言うしどうすりゃいいんだ!?
へ? サリア、オラに話ってなんだ?
次回、トライフォースZ
さらばコキリの森! 別れのオカリナ!
見てくれよな!
33: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 01:31:03.54 ID:lbMnfQRFO
オッス オラ 作者!
今日はとりあえずゴーマを打倒で占めました。
悟空……じゃなくてリンクの戦闘力はおおむね原作通りです。
ただこれから死にかけるような戦闘を繰り返して強くなっていきます。
大猿出るよ!
かめはめ波出るよ!
でわおやすみなさい
34: 以下、

脳内再生余裕
よくよく考えたら亀仙人の修行がないから結構苦戦しそう
35: 以下、
確かに初期悟空ってただの硬い野生児だからなあ
しかしなんだろうこのアンソロジー感、すげー懐かしい
応援してるよ乙
36: ◆glcA4RogLg 2016/08/20(土) 16:43:15.52 ID:olSo5G0bO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
さらばコキリの森! 別れのオカリナ!
リンク「ううっ……ぐす、じっちゃあん……」
ナビィ「リンク……もう行こうよ」
リンク「でもよぉ、こんなのってねえよ……」
ナビィ「あたしだって悲しいわよ。でも、デクの木サマの遺言を忘れた訳じゃないでしょ?」
リンク「遺言……」
『リンクよ……、ハイラルの城に行くがよい。城には神に選ばれし姫がおいでになるはずじゃ』
リンク「この精霊石をその姫ってやつにみせりゃいいんか?」
ナビィ「そうそう、悲しいのはわかるけど何時までもくよくよしてちゃダメ! 泣き虫はデクの木サマに笑われるわよ!」
リンク「じっちゃん……」
『頼むぞリンク、お前の勇気を信じておる』
リンク「……そうだな! ナビィの言う通りだ! オラもう泣かねえぞ!」
ナビィ「そうよ! それでこそ男の子よ!」
リンク「よし! そんじゃ行くかぁ! そのハイラルって城によ!」
後にハイラル最強の戦士とうたわれる緑衣の勇者と、その親友、盟友の妖精
その二人の旅立ちの時である。
37: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 16:53:20.28 ID:olSo5G0bO
森の出口
「おい、待て! 森から出ちゃいけないんだぞ!」
リンク「まあそうかてえ事言うなって! ちょっと御使い行ってくるだけだぞ」
「おまえ、知らないのか? コキリ族は森から出たら死んじゃうンだぞ」
リンク「いいっ!? そうなんかナビィ?」
ナビィ「そう言えばデクの木サマが仰ってたわね……」
リンク「参ったな?、オラまだ死にたくねぇぞ」
ナビィ「でも……それでも外へ行けって言われたから、何か理由が……」
ナビィ「……」
リンク「ん? どうしたナビィ?」
『猿ヤロウ』
『しっぽ付き』
『妖精ナシ』
ナビィ(リンクはコキリ族じゃないのかも。デクの木サマもそれを知ってて……だからあんな物凄く強いんじゃないかしら?)
ナビィ「行こう、リンク」
リンク「で、でもよ」
ナビィ「デクの木サマを信じましょ?」
リンク「ん?、ま、じっちゃんの言うことならだいじょうぶだよな!」
「ま、待て! だから勝手に出ちゃいけないって」
リンク「あ、デクの木サマ!」
「何!?」
ごすっ!
リンク「これで静かになったな!」
ナビィ「えげつない……」
38: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 16:54:31.24 ID:olSo5G0bO
リンク「へ?、迷いの森に繋がってたのか! オラぜんぜん気づかなかったぞ!」
ナビィ「この橋、いっつも見上げるだけだったからね」
サリア「行っちゃうんだね……」
リンク「うひゃあ! ……ってなんだ、サリアじゃねえか」
サリア「リンク、森から出るんでしょ?」
リンク「ん? ああ! じっちゃんのおつかいに行くんだだ!」
サリア「おつかい……ううん、ちがうよ、リンクはいつか森を出て、色んな所に行くのかなってなんとなく思ってたの」
サリア「いつかこんな日が来るんじゃないかって……はじめて会った時から」
『こんにちは! あたし、サリア! あなたは?』
『オラ リンクだ! よろしくな!』
『……んん? オメェ……』
『な、なに?』
ぱんぱん
『ひゃああっ!?』
『おお! やっぱオメェ女かぁ! オラはじめて見たぞ!』
サリア「あの日からずっとあたしたち、友だちだったよね」
リンク「そんなこともあったなあ。へへっ!」
ナビィ「乙女になにしとんじゃおのれはああああああ!!」
スパーン
リンク「あだぁ!?」
39: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 16:55:43.56 ID:olSo5G0bO
サリア「このオカリナ、あげるね! リンク、私のオカリナの音が好きだって言ってくれたし」
サリア「これをあたしだと思って大切にしてね……」
リンク「お、サンキュー! オラ笛は苦手だけどがんばって練習すっぞ!」
サリア「うん、ありがとう、リンク……」
『妖精のオカリナを手に入れた!』ごーまーだーれー!
サリアとの思いでの品
試しに吹いてみよう!
ナビィ「これって告白なんじゃ……いや、リンクはまるでわかっちゃいないわよね……」
サリア「オカリナ吹いて、ときどき思い出してね♪」
リンク「おう!」
ハイラル平原
リンク「おお?、だだっ広ぇな! これが外の世界かぁ!」
ナビィ「これが外の世界……」
リンク「んじゃさっそく城に行くか! ナビィ案内頼むぞ!」
ナビィ「え、あたしも知らないけど」
リンク「へ? そうなんか? ……ま、いっか、てきとうに歩いて行こっか!」
???「それには及ばないぞ少年よ」
ナビィ「だ、誰!?」
ケポラゲポラ「ホーウこっちじゃー!」
リンク「フクロウがしゃべった!?」
ゲポラ「フクロウではないぞ、ケポラゲポラじゃ」
ゲポラ「リンクよ、ついに外へ出たのう。宇宙から来たときはどうなるかひやひやしておったが……」
ゲポラ「ワシもびっくりのいいこに成長してくれた!」
リンク「オメェオラのことしってんのか?」
ゲポラ「知っておるとも、お前の望むハイラル城の場所もな」
ゲポラ「この歩道をまっすぐ行けば見える。安心して進むことじゃ」
リンク「そうなんか! サンキューなゲポラのじっちゃん!」
ゲポラ「ホッホッ。ただ、これだけは言っておくぞ、遊び過ぎると夜が来る、生ける者を欲して亡者が噴き出し、お前を襲うだろう。しかし何よりも」
真円を描く月だけは見る出ないぞ
40: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 16:56:54.64 ID:olSo5G0bO
リンク「?」
ナビィ「?」
ゲポラ「ま、お主ならなんとかなるかもな、なんたって勇者じゃからのう!ホッホッホーウ!」
バッサバッサ
リンク「行っちまったなあ」
ナビィ「なんだったのかしら? 真円を描く月? それってもしかして満月のこと?」
リンク「そういや森じゃ満月なんて見たことなかったなあ」
ナビィ「え、そうなの?」
リンク「じっちゃんが言ってたんだ。満月の夜はおっかねえ猿のバケモノが現れるからぜってえ外に出ちゃダメだって」
リンク「オラ結局そんなバケモン見たことねえけどな!」
ナビィ「猿の……バケモノ」
フリフリ
ナビィ「……まさか、ね」
リンク「なあ、それよりなんか暗くなって来たんじゃねえか?」
ナビィ「あら、ほんとね、もう日没かしら」
アオーン
リンク「すっかり暗くなっちまったなあ」
ナビィ「今日はもう野宿かしらね」
リンク「オラ腹へっちまったんだけどな……どっかに四つ足とかいねえかな?」
ボコボコッ!
リンク「! さがれナビィ!」
ナビィ「きゃっ!?」
41: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 16:58:48.76 ID:olSo5G0bO
スタルベビーx3「ぎゃっぎゃっ」
ナビィ「モンスター!」
リンク「亡者ってのはコイツらか! よーしいっくぞー!」
リンク「じっちゃん! オラに力を貸してくれ!」
リンク「デクの棒ーーーーーっ!」
ばっこーん!
ベビー「ぎゃ!」
ナビィ「リンク! そいつらは脆いけど一撃で倒さなきゃ面倒よ!」
リンク「おーしわかった! 一気にやる、ぞ……」
リンク「……」
ナビィ「リンク!? どうしたの急に黙って!?」
ナビィ「リンク……! あっ!?」
満月
ナビィ「し、真円を描く月」
ナビィ「リンク! 月を見ちゃダメ!」
ナビィ「リンk」
リンク「ごぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおああああああああああああああああああああああああああああ!!!」
42: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 16:59:40.66 ID:olSo5G0bO
次回予告
オッス! オラ リンク!
満月の夜にバケモノが出たってよ! なんだかすげえ事になっちまったなあ!
でもオラバケモノなんか見てねえぞ? 一体どこに現れたんだ?
ん? なんだオメェ乳なんか飲むんか?
次回、トライフォースZ
到着! ハイラル城下町! かわいいあの子は牧場娘!
見てくれよな!
43: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/20(土) 17:01:23.67 ID:olSo5G0bO
オッス! オラ 作者!
今日はここまでです
いやあ時オカは面白いですね
水の神殿とか最初は嫌だったのに今じゃお気に入りですよ
それではまた
44: 以下、
期待のしすぎで月を押し返してきた支援
45: 以下、
本当に時のオカリナは名作だよね
当時はあんまり意味がわからなかったけど、サリアのあの告白は今思うと本当に切なくなる・・・
リンク、この色男め!
もしかしたらこれからDBのキャラも少しずつ出てくるのかな?
46: 以下、
サリアがリンクに対して「ずっとトモダチだよね」って言ってるのに
後からミドに話しかけたらサリアの本当の気持ちがわかるのほんと切ない
49: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/21(日) 18:18:36.79 ID:axTyiTENO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
到着! ハイラル城下町! かわいいあの子は牧場娘!
ナビィ「こ、こんなことって……!?」
リンク「アアアアアアアアアアア!!」
メキメキバキバキバキ!
大猿リンク「ゴアアアアアアアアアアアアアア!!」
スタルベビー「ぎゃっ!?」
大猿リンク「グルル……!」ギロリ
大猿リンク「バァアアアアアアアアアアアア!」
プチッ
ナビィ「い、一撃で踏みつぶしちゃった」
ボコボコッ!
ナビィ「こ、今度は何!?」
スタルベビーs「ぎゃーす!」
スタルベビーs「ぎゃあああああ!」
ナビィ「いっぱい沸いてきた!? 知能が低すぎでしょ!?」
スタルベビーs「「「ギャギャアアアアアア!!」」」」
わらわら
大猿リンク「ググ……!」
大猿リンク「ご……ご……!」
キュオオオオオオオオ
ナビィ「な、なに? 口が光って」
カッ!
大猿リンク「ボアアアアアアアア!」
ポーヒー!
ナビィ「なんか光を吐いた!?」
デデーン!
ナビィ「あ、あんなにいたのに……一瞬で……」
50: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/21(日) 18:26:45.81 ID:axTyiTENO
大猿リンク「ゴッホゴッホ!!」
ドドドドドドドド!(ドラミング)
ナビィ「ど、どうしようあれ。このままじゃ……」
大猿リンク「ボアアアアアアアア!」
ポーヒー!
ポーヒー!
ちゅどおおおおおおん!
ナビィ「ハイラルが火の海になっちゃう!」
ボコボコッ!
ナビィ「またスタルベビー? でもいまさら……」
巨大スタルベビー「ぎゃああああああああす!!」
ナビィ「でっかいのが出た!?」
※スタルベビーは一定数倒すとでかいのが出るぞ!まあこいつは規格外だけどな!
大猿リンク「グルァ!?」ギロリ
巨大スタルベビー「ぎゃあ……」ギロリ
「「しぎゃああああああああああ!!」」
二匹の大怪獣が激突する!
ナビィ「わーっ! もうダメだー! おしまいだー!」
51: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/21(日) 18:43:30.07 ID:axTyiTENO
ちなみに大猿リンクはデクの木サマ特製のコキリの服を着ているぞ!
巨大化しても破れない優れものだ!
まるでベジータの戦闘服みてえだな!
大猿リンク「ギャギャアアアアアア!!」
巨大スタルベビー「ブルァアアアアアアア!!」
ズドオオオオオオン!
ドゴォオオオオオン!
ナビィ「ひぃいいいい!! もうむちゃくちゃ!」
ナビィ「な、なんとかしてリンクだけでも元に戻さなきゃ。でもどうやって」
この時、ナビィの脳裏に電流走る
元々ナビィはモンスターの弱点を冷静に見極める才能が備わっている。
その灰色の脳細胞が大猿と化したリンクの弱点を見抜いた
ナビィ「しっぽ……!! あれをなんとかすれば……!!」
ナビィ「ええと、確かこの辺に」キョロキョロ
ピーハット「zzz」
ナビィ「いた!」
ナビィ「こらー! そこのノータリンのウスノロ猿!!」
大猿リンク「グガ?」
ナビィ「よし! ヘーイ! 図体ばっかりおっきいおさるさん! こっこまでおいでーww あんたのかーちゃんでーべーそ!」
大猿リンク「……!!!」ブチブチブチ
大猿リンク「ギシャアアアアアアア!!」
ナビィ「かかった!」
さっ
ズドオオオオオオン!
ピーハット「ピギィイイイイイ!?」
52: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/21(日) 18:47:06.46 ID:axTyiTENO
ピーハット「#」ブゥウウウウン
ナビィ「よし、これをうまく誘導すれば」
空中ピーハット「#」フヨフヨ
ナビィ「はずれだった!? ちがう! あんたじゃないの!」
大猿リンク「ボアアアアアアアア!!」
ポーヒー!
デデーン!
ナビィ「ご、ごめんなさい……」
53: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/21(日) 18:50:50.02 ID:axTyiTENO
ナビィ「こ、今度こそ! ルック! そんなウスノロパンチ当たりっこないわよこのマヌケー!」
大猿リンク「ブルァアアアアアアア!!」
ナビィ「お願い! 今度は当たって!」
ボコオオオン!
ピーハット「ピギィイイイイイ!?」
地上ピーハット「#」クルクルクル
ナビィ「よし、当たり!」
54: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/21(日) 18:54:59.38 ID:axTyiTENO
ちょっと休憩
小 学生の時ピーハットになぶり殺されたあの頃が懐かしい
55: 以下、
てか森から出たてで何もかも珍しい時に、あんな目につく場所にあんな鬼畜を配置とか、悪意しかないよな。
56: 以下、
コキリの服すごいっすね…

57: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 01:17:03.14 ID:ZKVkqxSHO
ナビィ「あ、後は上手く……そう、こっちよリンク!」
大猿リンク「グァア!」
巨大スタルベビー「ぎゃあああ!」
大猿リンク「」イラ
大猿リンク「バァアアアアアアアアアアアア!!」
ポーヒー!
巨大スタルベビー「ぎゃ……」
デデーン!
ナビィ「ひ、ひえ?、さっきよりすごい」
大猿リンク「グルル……」
くるり
ナビィ「!! 今よ!」
ピーハット「#」クルクルクル!
ザシュッ!
大猿リンク「!!!???」
ナビィ「やった!」
58: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 01:21:24.16 ID:ZKVkqxSHO
大猿リンク「ぎゃ、ぎゃ、ぎゃ?」
しゅうううううぅぅぅぅぅ
ナビィ「やっぱり! しっぽを切ったらどんどん元に戻ってくわ!」
ピーハット「ピギ?」
ひゅうううううううう
ズシーーーーーン!
ピーハット「ピギャ!?」プチッ
ナビィ「あ」
リンク「」スゥ スゥ
ナビィ「………ハァー、な、なんとかなったわ」
ナビィ「リンク……あなた一体何者なの?」
59: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 01:30:36.65 ID:ZKVkqxSHO
翌朝
リンク「う?、んん! ふぁ?よく寝たぞ!」
ナビィ「は、ハロー、リンク」
リンク「んん? どうしたんだナビィそんな遠くにいて」
ナビィ「あ、あなた昨晩の事何も覚えてないの?」
リンク「なんのことだ? オラぜんぜん覚えてねえぞ? ってかやけに尻がヒリヒリするなーって……」
リンク「あーっ!! オラのしっぽがない!」
ナビィ「そ、それね! べ、別に取れても大丈夫じゃない! うん」
リンク「ナビィ、なんでそんなにどもってんだ? 何かしってんのか?」
ナビィ「なななにも知らないわよ!? うん!」
リンク「そっか? ま、いっか! なくなっちまったもんはしょうがねえよな」
ナビィ(ほっ)
リンク「それよりハラ減ったな! なんか食うもんでも……」
リンク「おっ! ちょうどいいとこに果物があるじゃねーか!」
ピーハットの残骸は美味しく食べられました。
60: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 01:35:16.34 ID:ZKVkqxSHO
紆余曲折を経て、ようやく城下町に辿り着きました
ハイラル城下町
リンク「うっひょー! すっげえなあ! こんなに人がいる場所オラはじめてだぞ!」
ナビィ「私もはじめてよ! 見て見てあれ! 大人っていうんじゃないの?」
リンク「のっぽだなあいつ。森じゃ大人っていねえからな」
リンク「おっ、なんかうまそうなもん置いてあっぞ!」
「ぼっちゃんお一ついかが?」
リンク「くれんのか? サンキューおっちゃん!」
ガツガツ……
61: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 01:42:44.12 ID:ZKVkqxSHO
「50ルピーだよ」
リンク「ルピー? ルピーってなんだ?」
「はっはっは、ぼっちゃん大人をからかっちゃいけないよ」
リンク「オラマジメだぞ」
「……もしかしてお金持ってないの?」
リンク「カネ? カネってなんだ? ナビィ知ってっか?」
ナビィ「んー、聞いたような聞かなかったような……?」
「無線飲食たぁいい度胸だなクソガキ!」
リンク「わわっ!? なんで怒ってんだオメェ!?」
「ルピーも知らねえ田舎もんかよ! 衛兵に突き出してやる!」
リンク「わっ! いてえじゃねえか! 離せよ!」
「うるせえ! しこたま食いやがって! こっちに来いっ……てあれは」
62: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 01:56:01.04 ID:ZKVkqxSHO
活気溢れる城下町だが、ここ最近は妙に治安が悪い。
その理由は他でもない砂漠の盗賊王ガノンドロフがハイラル王に忠誠を誓い、騎士の称号を得た為である。
例え大悪党であってもとりたてて貰えるチャンスがある
そう確信したハイラル全土の浪人、悪党等が仕官を求めハイラル王の膝元に集結した。
中でも六月にやって来た八人連れは
人目なくば斬り剥ぎも日常茶飯事という
不逞の輩である
「ハイラル王ってのは身分に拘らない御方でな」
「腕さえありゃわしらみたいなもんでも取り立ててくれるそうな」
「あのガノンドロフだって出来たんだ。わしらの腕も他の凡百とは違うってのを見せてやろう」
「お、いいところにツマミがあるじゃねえか。オヤジ、もらうぞ」ヒョイ
「へ、へえ。あの、お侍さん方、お代の方を……」
「……おお、忘れておった」
リンク(……! あいつ……!!)
64: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 02:08:49.52 ID:ZKVkqxSHO
「受けとれ、お代だ」
ブンッ!
ぱしっ
「!?」
リンク「オメェこんなもん人に向かって振っちゃダメだぞ」
ナビィ「あ、あぶない……鉄扇なんて当たったら死んじゃうわよ」
「な、なんだこのわっぱは」
「いつの間に?」
リンク「よくわかんねえけどそれ食ったらカネってのをやんなきゃダメみてえだぞ」
「オヤジ、貴様のガキか?」
「ちちち違います! おい、チビ! はやく謝れ! 酷い目にあわされるぞ!」
リンク「ん? おっちゃんコイツらの友だちじゃないんか?」
「んなわけあるかっ! こんな浪人者と仲良いわけねえだろっ!」
リンク「ナビィ、浪人者ってなんだ?」
ナビィ「さあ? 知らないわ?」
「お、妖精じゃねえか! こいつは高く売れるぜ!」
「おいガキ、その青妖精置いてきゃ先の無礼は許してやるぜ」
リンク「ナビィ、なんだかオメェが欲しいって言ってっぞ?」
ナビィ「嫌よ! 売られるなんて!」
65: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 02:16:55.73 ID:ZKVkqxSHO
「あのな、ガキ。痛い目にあいたくなかったらそれ置いてけっていってんだよ」
リンク「ナビィはオメェらについてくのはヤダつってっぞ」
「つべこべ言わねえでとっとと従わねえか!」
スラリ
(ひいっ! お、往来で刀抜きやがった! あのチビ殺されるぞ!)
リンク「……なあ、ナビィ、もしかしてコイツら悪い奴らか?」
ナビィ「みたいね」
リンク「んじゃ、やっちゃってもいいか?」
ナビィ「うん。激しくプロレスごっこしてあげなさい!」
リンク「おっしゃ! オラやるぞ?!」
66: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 02:32:48.88 ID:ZKVkqxSHO
「このガキ、なめた口聞きおって」
「よほどしにたいらしがっ!?」
ガツン!
リンク「デクの棒ーーーーっ!」
「やりやがった!」
「構わん! 殺れ!」
ナンダ
ケンカダ ケンカダ!
チビヒトリニ ハチニンガカリダ!
「お、おい! おまえあのチビの連れだろ!? いいのかほっといて!」
ナビィ「んー、ダイジョウブよ、ダイジョウブ」
--
数分後
「「「「「「「「」」」」」」」」
死屍累々である
リンク「なんだ、てんで大したことねえな」
「う、うそ……?」
「うおおー! あのチビやるじゃねーか!」
「カッコいいぞ少年ーーーーっ!」
リンク「ぶいっ!」V
67: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 02:37:56.91 ID:ZKVkqxSHO
リンク「わりいなおっちゃん、オラ カネっての持ってねえんだ」
「あ、ああ、うん。……いいよ、タダにしとくよ」
リンク「許してくれるんか?」
「……おう、また来いよ。今度はカネ持ってこいよ」
リンク「わかったぞ! じゃあな!」
「……ふしぎな子どもだなあ」
「へー! すごいわあの子!」
68: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 02:43:54.93 ID:ZKVkqxSHO
リンク「にしても動いたからまたハラ減ったな」
ナビィ「あなたっていつもお腹空いてるわよね」
リンク「だってよ、見たこともない旨そうな飯がいっぱいあるんだぞ! 見てるだけでヨダレが出てきちまった!」
「ねえねえキミ! さっきはすごかったね!」
69: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 02:52:50.40 ID:ZKVkqxSHO
リンク「うん? 誰だオメェ?」
マロン「あたしマロン! ロンロン牧場のマロンよ!」
マロン「キミ、スッゴク強いんだね! あたしずっと見てたけど感動しちゃった!」
リンク「オラ体力には自信あんだ」グキュー グルル
リンク「は、はは。腹の虫がなっちまった」
マロン「お腹空いたの? だったらはいコレ!」
『ロンロン牛乳を手に入れた!』ごーまーだーれー!
飲むとライフが回復する!
空きビンは記念にもらっておこう!
リンク「ん、なんだこれ、白いぞ」
マロン「牛乳よ! 見たことないの? うちのは絶品だって評判なんだから!」
リンク「うめえならオラ大歓迎だ!」
ごくごく
70: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 03:01:34.98 ID:ZKVkqxSHO
リンク「……っぷは?! うめえなこれ!」
マロン「でしょ! ……ねえ、それで聞きたいんだけど、キミってどこから来たの?」
リンク「オラ森から来たんだ! ナビィと一緒にな!」
マロン「ナビィ?」
ナビィ「ハロー! お嬢さん!」
マロン「うわー! ホンモノの妖精! あたし感動しちゃったわ!」
ナビィ「そ、そう? ま、まあ悪くない気分かも」
リンク「オラここの城にいる姫ってやつに会いに来たんだ」
マロン「ゼルダ姫様の事? そういう人は多いけど……」
リンク「ゼルダ姫?」
71: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 03:10:28.50 ID:ZKVkqxSHO
マロン「あたしのお父さんがちょうどお城に行ったから、もしかしたら会えるかも」
リンク「そうなんか? じゃ、お城の場所教えてくれよ」
マロン「あれよ、ほら、見えるでしょ」
マロンの指差す方向には
城下町を見下ろす様にそびえるハイラル城の姿があった。
リンク「あれが城か? すげえでっけえぞお!」
マロン「キミ、お城に行くんでしょ? お父さんに会ったら早く帰るように言ってね♪」
リンク「ああ! わかった! ……ところでよお、マロン」
マロン「ん? 何かしら?」
ぱんぱん
マロン「はあんっ!?」ビクッ
リンク「おお、やっぱオメェ女だったか! 当たったぞ!」
マロン「」パクパク
リンク「んじゃな! また会おうぜマロン!」
マロン「う、うん」ドキドキ
ナニヤッテンノヨリンク!
アイテッ ナビィナニスンダヨ
マロン「おまた、さわられちゃった///」
72: ◆pkHqiBUzVI 2016/08/22(月) 03:15:08.40 ID:ZKVkqxSHO
次回予告
オッス! オラ リンク!
とうとうハイラル城についたんだけど怪しいやつは入れないって通してくれねえんだ!
でもじっちゃんのお使いしねえといけねえし、オラどうすりゃいいんだ!?
ん? オメェが姫ってやつか? オラ リンクだ! よろしくな!
次回! トライフォースZ
運命の出会い! ハイラルの王女ゼルダ!
見てくれよな!
74: 以下、
あいさつ代わりのパンパンうらやましいぞリンクそこ代われ
75: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/22(月) 11:21:17.63 ID:qeJSRaKXO
ここでちょっと意見を聞きます
カカシのソウルに響かせるならどんな歌がいい?
・静かな歌
・楽しい歌
76: 以下、
俺もサリア・マロン・ゼルダ・ルト姫に挨拶代わりパンパンしたい(リンクの性格上楽しい曲しか吹かなさそうだから、楽しい曲で)
77: 以下、
楽しい歌で
だけど悟空って音痴じゃなかった?
78: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 09:35:00.32 ID:nbi6C5HlO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
運命の出会い! ハイラルの王女ゼルダ!
衛兵「私はマジメな公務員! 怪しいやつは通さない!」
リンク「オッス! オラ リンクだ! おっちゃんここ通してくんねえか? ゼルダ姫ってやつに会わなきゃなんねえんだ」
衛兵「んー、一応聞くが通行許可証とか持ってる?」
リンク「そんなの持ってねえぞ」
衛兵「じゃあダメだ。おとなしくお家に帰んな」
リンク「えーなんだよケチ! ちょっと話するだけだぞ!」
衛兵「私もクビがかかってるからねー。まあそういうことで」
--
リンク「まいったなー、通れなくちゃ姫ってのに会えねえぞ……」
ナビィ「こうなったらこっそり入っちゃいましょ!」
リンク「ん、でもどこから……」
リンク「……!」
ナビィ「どうしたの? リンク」
リンク「こっちから魔力を感じっぞ……!」
ナビィ「え……!?」
リンク「ス、スゲェ……! こんなでけえ魔力はじめて感じた……!」
79: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 09:42:55.04 ID:nbi6C5HlO
ナビィ「……ホントだ。でもなんだろう、この魔力、懐かしいような……」
リンク「こっから感じたぞ。でもでっけえ岩があって通れねえな」
――――ボウヤがここに来るのはまだ早いわ
リンク「ふぁ!? 誰だ!?」
――――もう少し気の扱いができたらいらっしゃい。鍛えてア・ゲ・ル♪
――――さあ、ここを迂回しながら行けば見つからずに入れるわ。
リンク「なんだかよくわかんねえけどサンキューな!」
ナビィ「ウーン、誰だったかしら?」
81: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 09:56:12.17 ID:nbi6C5HlO
ハイラル城 中庭入口
リンク「ほへー、近くで見るとキレイだなあ」
ナビィ「白くてピカピカね!」
ぐおー……ごー……
ナビィ「? リンク、またお腹空いたの?」
リンク「オラ今は別にハラ減ってねえぞ」
ナビィ「じゃあ誰が……ってあれは」
ヒゲのオヤジ「むにゃむにゃ……ぐおー……」
リンク「なんだあのおっちゃん、こんな所で寝てっぞ」
ナビィ「この箱……ミルクが入ってるわ」
リンク「マロンにもらったのと同じだな! ……んん?」クンクン
リンク「なんかこのおっちゃんからマロンと同じにおいがすんな」クンクン
ナビィ「え!? じゃあもしかしたらこの人がマロンのお父さん?」
リンク「かもしんねえな、オーイおっちゃん! ちょっと起きてくんねえか!」
ヒゲのオヤジ「ぐおー……ごああ」
ナビィ「起きないね……」
リンク「しょうがねえなあ……ナビィ、ちっと耳塞いでろ」
ナビィ「?」
リンク「すぅうううううう!………おっきろーーーーーーーーーーーーーーっっっっっっ!!!!」
82: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 10:17:25.39 ID:nbi6C5HlO
ヒゲのオヤジ「ほわあああ!? なんだーよ!? せっかくキモチよく寝てたのに」
リンク「オッス! やっと起きたなおっちゃん!」
ヒゲのオヤジ「んー? ボーヤは誰だ?」
リンク「オラ リンクだ。おっちゃんマロンの父ちゃんか?」
タロン「おお、オラはタロンだ。それよりなんでマロンのこと知ってるだ? 確かにマロンはオラの娘だ」
リンク「マロンおっちゃんのこと心配してたぞ」
タロン「へ? ……ほわあああ!? オラすっかり寝過ごしちまっただ! マロンにどやされるだ?!」
ずどどどど……
リンク「なんかおっちょこちょいだなあ」
ナビィ「リンク! このスキマから入れそうよ!」
リンク「お! みてえだな! んじゃ入っっかあ!」
83: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 10:32:19.09 ID:nbi6C5HlO
城の中庭
「……また、あの男が来ている」
「誰も私の話を聞いてくれない……でも……このままじゃハイラルはあの男に……」
リンク「よっ! オメェがゼルダ姫か?」
ゼルダ「え? あっ……」
リンク「やっと会えたな! いや?ここまで来んの大変だったぞ!」
ゼルダ「あ、あなた、どうやってここに?」
ナビィ「うわー、かわいい子ね!」
ゼルダ「え、妖精……? それにその緑の服……」
ゼルダ「もしかしてあなた、森から来たのですか?」
リンク「ん? おう、オラコキリの森から来たんだ」
ゼルダ「! で、ではあれを持ってますか? 翡翠……森の精霊石を!」
リンク「ん? オメェなんでじっちゃんの形見のことしってんだ? ほら」
ゼルダ「やっぱり!」
ナビィ「こ、この子、笑うとさらにかわいいわね……」
ゼルダ「あ……失礼しました。私はゼルダ、ハイラルの王女です」
リンク「オッス! オラ リンクだ!」
ゼルダ「リンク……? ふしぎ……なんだか懐かしい響き……」
84: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 10:44:45.88 ID:nbi6C5HlO
リンク「オメェオラのこと知ってんのか?」
ゼルダ「あなたが来ることは前からわかってました……夢のお告げで」
ナビィ「お告げ?」
ゼルダ「ハイラルがまっ黒な雲におおわれてどんどん暗くなっていきますが、ひとすじの光が森からあらわれました」
ゼルダ「光は雲を切りさいて大地をてらし、妖精をつれて緑に光る石をかかげた人の姿に変わったのです」
リンク「そいつがオラなんか?」
ゼルダ「はい……あ、あの、私の話を信じてくれるんですか?」
リンク「信じるもなにもこうして会ってんだからオラ信じっぞ」
ゼルダ「本当ですか? ありがとう!」
リンク「あ、オラも一つ聞きてえことがあったんだ」
ゼルダ「なんですか? 私に答えられることでしたら」
ぱんぱん
ゼルダ「ひあっ!?」
リンク「おーオメェも女か! オラだんだん男と女の区別がついてきたぞ!」
ゼルダ「あ、あの、その」
リンク「オラぱんぱんしねえといまいち男と女の区別がつかなくてな!」
ナビィ「一国の姫様になにしてんじゃおのれはあああああああ!!」
バシバシ!!
リンク「い、いて! いたた!? ナビィやめろって!?」
85: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 10:49:20.59 ID:nbi6C5HlO
ちょっと休憩
よいこのみんなはぱんぱんしちゃダメだぞ
86: 以下、
パンパンしたいです(直球)
87: ◆glcA4RogLg 2016/08/23(火) 13:05:05.51 ID:nbi6C5HlO
ナビィ「ごめんなさい! ごめんなさい! この子ちょっと世間知らずなだけなんです!」ヘコヘコ
リンク「いちち……」ぼろっ
ゼルダ「い、いえ、いいのです。悪気はなかったみたいですし」
ゼルダ「それより、あなたがその石を持っていることを誰にも言ってはいけませんよ?」
リンク「え? 何でだ?」
ゼルダ「その理由は……ちょっとこちらへ来てください。この窓から……」
リンク「んん……? わ、なんだアイツ、すっげえ悪い顔してんな」
ゼルダ「あれが西の砂漠から来た盗賊王、ガノンドロフです」
リンク「西の砂漠? それってじっちゃんの言ってた」
ナビィ「黒き砂漠の民よ!」
ゼルダ「お告げに出たハイラルを覆う黒い雲、私はあの男がそうだと思っています」
ゼルダ「今はお父様に忠誠を誓っていますが……きっと嘘でしょうね」
リンク「なあ、オメェの父ちゃんはオメェの話は聞いてねえのか?」
ゼルダ「お父様は……私の話は聞いてくれませんでした……子どもが口を挟むことではないと……」
88: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 13:18:33.58 ID:nbi6C5HlO
ゼルダ「ガノンドロフの狙いは恐らく……トライフォースでしょう」
リンク「トライフォースっちゅうのはじっちゃんが言ってた何でも願いが叶う三角形だっけか」
ゼルダ「知ってましたか、そう……聖地におさめられたトライフォース。それを手に入れるために、ハイラルにやって来たのでしょう。そしてハイラルを ……いえ、この世界そのものを我が物にしよと……」
ゼルダ「私は怖いのです、あの男がハイラルを滅ぼしてしまう……そんな気がして」
リンク「そんじゃ先にそのトライフォースっちゅうのを手にいれればいいんだな? どこにあんだ?」
ゼルダ「あ、あなたは……怖くないのですか? それどころか頼んでもいないのに私に手をさしのべるのですか?」
リンク「んなこと言ってもオメェさっきから泣きそうな顔してるし、アイツがトライフォースを手に入れたらまずいんだろ? オラ別にやることねえから探してやっぞ!」
ゼルダ「リンク……! ありがとう……!」
ナビィ「こ、こいつ……無自覚に女を落としやがった……! な、なんてやつだ……!」
89: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 13:34:24.57 ID:nbi6C5HlO
ゼルダ「さて、トライフォースのある場所ですが……リンク、三人の女神様の伝説はご存知?」
リンク「んーと、そいやじっちゃんが歌にして教えてくれたような。確か力と知恵と勇気の三人が世界を作った話だっけか」
ゼルダ「そうです、そして、女神様はハイラルを創造した後にあるものを残されました」
――――神々の去りし地に 黄金の聖三角残し置く  
 この後 その聖三角を 世の理の礎とするものなり  
 また この地を聖地とするものなり
ゼルダ「三人の女神様は、ハイラルのどこかに、神の力を持つトライフォースを隠されました。その力とは、  
トライフォースを手にした者の願いをかなえるものでした」
ゼルダ「心正しき者が願えば、ハイラルは  
善き世界に変わり、心悪しき者が願えば、世界は悪に支配される。そう伝えられてきました」
ゼルダ「そこで、いにしえの賢者達は、心悪しき者からトライフォースを守るため、時の神殿を造られ ました」
ゼルダ「そう……時の神殿とは、この地上から聖地へ入るための入口なのです。でもその入口は、  
『時の扉』と呼ばれる石の壁で閉ざされています。そしてその扉を開くためには、三つの精霊石を  
集め、神殿に納めよ、と伝えられているのです」
リンク「みっつの精霊石っちゅうとオラの持ってるこれもその一つなんか?」
ゼルダ「ええ、その通りです。しかし、精霊石を集めただけでは時の扉は開きません。さらにもう一つ……王家が守ってきた宝物……それが」
ゼルダ「時のオカリナです」
リンク「オメェもオカリナもってんのか? オラもだ!」
ゼルダ「そうなんですか? ふふ、それじゃ今度吹いてみせて下さいね♪」
リンク「へへ、まだあんまし上手くねえけどな!」
90: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 13:44:30.62 ID:nbi6C5HlO
リンク「そんじゃさっそく他の精霊石を探しに行くぞ!」
ナビィ「まってよリンク、精霊石がどこにあるかわからないでしょ?」
リンク「あ、そうだな。まいったぞオラ外に出たばっかでなんも知らねえ……」
ゼルダ「大丈夫です。精霊石の在処はわかっています。……恐らくガノンドロフも知ってるでしょうね」
リンク「……! それじゃじっちゃんに呪いをかけたのはアイツか!」
ナビィ「ゆ、ゆるせないわ……! よくも……! よくも……!」
ゼルダ「お、落ち着いて下さい。それに、もう日も傾いています。今日はここに泊まっていって」
リンク「そういやオラ腹減っちまったぞ!」
ゼルダ「ふふ、おいしいものならたくさんありますよ♪」
91: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 14:00:20.43 ID:nbi6C5HlO
ゼルダ「インパ、彼を部屋にお連れして」
インパ「わかりました、ゼルダ様」
リンク「わわっ! 誰だオメェ!」
ゼルダ「彼女はインパ、私の乳母と護衛を兼ねている武術の達人よ」
ゼルダ「インパ、このリンクがコキリの森からの使者です。ほら、前からお話してた……」
インパ「なるほど……未熟ながら清廉とした魔力を持っていますね……」
リンク「あ! オラ今度はぱんぱんしなくてもわかったぞ!」
インパ「?」
リンク「オメェ男だrナビィ「天誅!!」
パッコーン!
リンク「いってえ?! ナビィ何すんだよ!」
ナビィ「それはこっちのセリフよ!」
ゼルダ「ふふ、仲が良いですね」
ゼルダ「インパ、今晩はリンクを晩餐にご招待するわ。たくさんおいしいものを用意して」
インパ「承知しました。……ところで少年」
リンク「なんだ?」
インパ「晩餐まで時間があるからな、少し揉んでやろう」
92: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 14:06:09.48 ID:nbi6C5HlO
修練場
衛兵「ふーっ! 今日の鍛練終了っと……」
衛兵「まったくこう毎日基礎ばっかで参るよなあ」
衛兵「まあそうぼやくな、シーカー流は一にも二にも体力がなきゃやってられんからな」
インパ「みんな、よくやってるな」
衛兵「インパ様! 今日の公務は終了ですか?」
インパ「うむ、それと面白いものを拾った」
衛兵「はい?」
リンク「おー、なんか面白いことやってんなあ」
衛兵「その子どもは?」
インパ「ゼルダ様のご友人だ、失礼の無いようにな」
衛兵「はっ!!」
93: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 14:16:59.79 ID:nbi6C5HlO
リンク「オラここで何すんだ?」
インパ「お前は未熟ながら魔力を感じることができるらしいな。それに体術もけっこうやる方だろう?」
リンク「ああ! じっちゃんに鍛えられたからな!」
インパ「だがそれだけに惜しい。魔力の扱いはそれこそ基礎の基礎だ、開放もコントロールもできないみたいだ」
リンク「魔力の開放とコントロール?」
インパ「本来なら強靭な肉体と併せて始めてできる技術だ。こんな風にな」
ババッ!
衛兵「! おい! インパ様がアレをやるぞ!」
衛兵「マジか!? おい見ようぜ!」
リンク「な、なんだあ皆? 一体……」
リンク「!?」
ナビィ「リ、リンク……あの人」
リンク「ああ……! 魔力がどんどん上がってるぞ……!」
インパ「魔力を開放し、爆発させればこんなこともできる!」
インパ「ハァアアアアアアアア!!!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!
インパ「ハイラルフラァアアアアアッシュ!!!」
ズァオッ!!
ズドオオオオオオオオオン!
リンク「ス、スッゲェ????!」
ナビィ「巨岩どころか壁まで吹っ飛んだ……!!」
95: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 14:24:06.13 ID:nbi6C5HlO
インパ「これがシーカー流奥義、ハイラルフラッシュだ」
ナビィ「すごいけど、なんかネーミングがいまいちね」
インパ「おい今なんと言った青妖精」
リンク「なあなあ! そのハイラルなんとかってオラにもできるんか!?」
インパ「ハイラルフラッシュだ! これは今のお前では出来ん。厳しい修行を積んで始めてできる奥義で……」
リンク「ハァアアア……イィイイイイ……」
インパ「聞いてないな……だから魔力の扱いがなってなければこれは」
インパ「……!?」
ギュイィイイイイイイイン……!
インパ(な、なんだこの小僧!? どんどん魔力が上昇して……まさか!?)
リンク「ラァアアアア……ルゥウウウウ……!!」
96: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 14:29:12.37 ID:nbi6C5HlO
リンク「ぐぎぎ……なあ! インパのばっちゃん!」
インパ「ば……!?」
リンク「ハイラルなんだっけ!?」
インパ「そ、それは……」
ナビィ「覚えられないなら"波"でいいんじゃない?」
インパ「は」
リンク「おし! オラそれなら覚えられっぞ!」
リンク「波ーーーーーーーーーーーーーッッッッッ!!!」
ブワァアアアアオオオオオオオオオッッッッッッ!!!
98: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 14:34:19.27 ID:nbi6C5HlO
ちゅどぉおおおおおん!
衛兵「う、嘘だろあの小僧」
衛兵「ハイラルフラッシュを撃ちやがった」
インパ(ま、まさかこれ程とは……! もしかするとこの少年、とんでもない逸材なのでは……!)
リンク「ふひぃ?! つ、疲れた……! これメチャクチャ腹が減っぞ」
『奥義、ハイラル波を覚えた!』ごーまーだーれー!
魔力を開放し、爆発させて放出する!
敵は木っ端微塵だぞ!
ただし魔力の消費には気をつけろ!
99: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 14:45:10.82 ID:nbi6C5HlO
リンク「ばっちゃん! オラなんとなくだけど魔力の開放ってやつがわかったぞ!」
インパ「う、うむ、そうか。それと私はばっちゃんなんて歳ではないぞ、インパと呼びなさい」
ナビィ「すごいすごーい! リンクカッコいいわよ!」
リンク「へへ……! ぶいっ!」
インパ(緑の服……ま、まさか数百年に一度ハイラルに現れる伝説の……)
インパ(い、いや、アレは確か金色の髪だったはず……やはりおとぎ話だ……しかしこの少年の力は必ずやゼルダ様の力になる)
インパ「少年、確かリンクと言ったか」
リンク「おう!」
インパ「お前にシーカー流を教えてやる。勇者に相応しい力をつけろ!」
リンク「へ!?」
100: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 15:02:32.10 ID:nbi6C5HlO
晩餐会
リンク「がつがつがつがつがつむしゃむしゃむしゃむしゃ!! ん?うめえぞ!」
ゼルダ「よく食べますね……」
インパ「ありえん……とっくに胃袋の許容範囲を越えているぞ……!?」
リンク「ふーっ!」
ゼルダ「お、終わりましたか?」
リンク「すんませーん! これおかわりお願いしまーす」
ゼルダ「」ガクッ
インパ「大概にしとけ、城中の食料を食い尽くす気か?」
リンク「ん? ま、いっか! 腹八分目って言うしな」
ナビィ「」ガクッ
ゼルダ「それよりインパ、リンクに修行をつけるって本当なの?」
インパ「はい、リンクはもっと強くなる。それこそこの私よりも遥かに」
ゼルダ「まあ、すごい! リンク、インパがお弟子をとるなんて滅多にないのよ!」
リンク「そうなんか? オラ強くなれるんなら何でもやっぞ!」
インパ「とはいえ教えてやる時間は残念ながら無い。よってシーカー流に伝わる修行方法を授ける」
リンク「その修行ってなんだ?」
インパ「明日になればわかる……それとお前に伝える物もな」
101: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 15:12:23.71 ID:nbi6C5HlO
翌日
ゼルダ「これは私のサインが入った手紙です。これがあれば大抵の門は通してくれるでしょう」
リンク「わかった! オラ頑張って精霊石を集めてくる!」
ゼルダ「あなたの行く道が光に照らされることを祈っています……お元気で」
リンク「じゃあな! ゼルダ!」
城門
インパ「私がお前に伝えるのは二つ、一つは王家に伝わる曲、子守歌だ」
リンク「子守歌?」
インパ「これはいわば王家の証……聖なる三角……つまり王家の紋章の前でこれを奏でれば身の証になる。覚えておけ」
リンク「わかったぞ!」
♪?♪♪? ♪?♪♪?
『ゼルダの子守歌を覚えた!』
インパ「それとシーカー流の修行方法を……」
リンク「お! 待ってました!」
インパ「こっちはオマケなんだがな、まあいい」
インパ「今日からこれを着けて生活しろ」
『特注ハイリアの盾を手に入れた!』ごーまーだーれー!
重い! 重すぎる!
通常の二十倍の重さを持つハイリアの盾
体を鍛えるにはもってこいだ!
102: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 15:22:35.11 ID:nbi6C5HlO
リンク「いいっ!? これを背負って生活すんのか!?」
インパ「魔力を高めるにはそれに平行して体も鍛えねばならん。お前にはそれくらいがちょうどいいだろう」
インパ「戦闘中も出来るだけ着けていろ、むろん食事中もだ」
ナビィ「す、すごいスパルタ……! 大丈夫リンク?」
リンク「だ、大丈夫だ! オラもっと強くなりてえからな!」
ズシッ!
インパ「城下町を出て西へ向かえばカカリコという村に着く、そこのさらに上に聳えるのが霊峰、デスマウンテンだ。そこに精霊石がある……」
リンク「わかった! デスマウンテンだな!」
インパ「……一つ聞きたいが、何故強さを欲する? 敵を……殺すためか?」
リンク「ん? 何でそんな事しなけりゃなんねぇんだ? オラ誰にも負けたくねえだけだぞ!」
インパ「……ふっ! そうか、ならば頑張るがいい! 応援してるぞ!」
ナビィ「いきましょ! リンク!」
リンク「ああ! バイバイ インパ!」
インパ(伝説の勇者か……まさかな)
103: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 15:26:20.50 ID:nbi6C5HlO
次回予告
オッス! オラ リンク!
デスマウンテンにある精霊石を探しに城を出たんだけど、つええ魔力をたどったら大妖精様ってのに会ったぞ!
これがメチャクチャつええんだ! ただのケバいばっちゃんじゃねえみてえだな!
次回! トライフォースZ
華麗!? 美しき大妖精様!!
見てくれよな!
104: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/23(火) 15:28:47.52 ID:nbi6C5HlO
オッス! オラ 作者!
ついにかめはめ波を会得しました
そして亀仙流の亀甲も
ハイリアの盾背負ったリンクはなんか見たことあるな?って思ってたけどなるほど、亀仙流の亀甲にそっくりだったんですよね
それではまた今度
105: 以下、

ハイラルフラッシュでクソワロタ
そう来るか
107: 以下、
どうかんがえてもファイナルフラッシュです本当に
おつ
108: 以下、
語感が意外と良い

116: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 10:33:00.51 ID:GofbR5SwO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
ハイラル城に着いたリンクとナビィは、ハイラルの王女、ゼルダに出会う。
ゼルダから三つの精霊石を集め、トライフォースをガノンドロフの手から守ることを約束したリンクは精霊石の在処の一つ、デスマウンテンに向かう事となった……
華麗!? 美しき大妖精様!
ナビィ「デスマウンテンかあ、ここからでも見えるけどスッゴい大きいわね」
リンク「なあナビィ、そいやオラ気になってたんだけどよ、ここに来る前にでけえ魔力を感じたよな? ちょっと行ってみねえか?」
ナビィ「え、いいけど……でもおっきな岩があったんじゃないの?」
リンク「大丈夫だ! ハイラル波もあるしオラ自信あるぞ!」
ナビィ「うーん、ハイラル波はエネルギー消費が激しいからあまり使っちゃダメよ?」
117: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 10:36:23.56 ID:GofbR5SwO
リンク「ハ?、イ?……!」
ナビィ「リンク?! ムチャしちゃダメよ?!」
リンク「わかってる! ラ?! ル?……!」
リンク「波ーーーーーーーーーーーーーッッッ!!」
ブワァアアアアオオオオオオオオオッッッ!!
ズドオオオオオオオオオン!!
リンク「ふーっ! やったぞ!」
ナビィ「入り口があるわ。入ってみましょ!」
118: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 10:45:24.47 ID:GofbR5SwO
大妖精の泉
ナビィ「……やっぱり! 妖精の気配がするわ。それも強い魔力を持った……」
リンク「ああ、じっちゃんと同じかそれ以上の魔力だ!」
ナビィ「でも、気配はあるけどどこにもいないわ」
リンク「ん? この足下の三角、トライフォースじゃねえか?」
ナビィ「あ、これってインパさんが言ってた王家の紋章じゃないの?」
リンク「これのあるとこで子守歌を吹けばいいんだな? よーし」
♪?♪♪? ♪?♪♪?
ゼルダの子守歌を吹いた!
ピロリロリロリリン♪
※注意!※
トラウマのある人は紙袋を用意しろよ!オラどうなっても知らねえぞ!
???「ウッフッフッフ……」
122: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 12:25:19.83 ID:GofbR5SwO
ケバいばっちゃん「オーーーーッホッホッホ!!」
ナビィ「あ、あの方は……!」
ナビィ「大妖精さmリンク「出やがったな妖怪変化!!」
ナビィ「は?」
妖怪変化?「よく来たわねリンク……私は魔法の大妖精」
リンク「うそつけ! おめぇみてえなバケモノがナビィと同じ妖精なわけねえだろ!」
大妖精「ボーヤ? ちょっと話を聞きましょうか」
リンク「問答無用! オラが退治してy」
大妖精「ディンの炎?♪」
ゴォアアアアアアアア!!
リンク「うぎゃっ!? あちちちち!」
123: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 12:37:56.58 ID:GofbR5SwO
ナビィ「リンク! 頭が高いわよ! この方は正真正銘の大妖精様なの!」
リンク「いいっ!? このケバいばっちゃんが」
大妖精「誰が何ですって?♪」
キュオオオオオオオオオ
ナビィ「謝らんかこのバカ猿!?」
バシバシ
リンク「あいたたた!? わかった! わかったからいてえぞナビィ!」
--
大妖精「想像以上に魔力の扱い方を覚えたみたいね♪ これならディンの炎を授けられるわ」
リンク「ディンの炎ってのはあの炎のことか?」
大妖精「正確には魔力の放出よ、広範囲を攻撃できる必殺技……」
大妖精「俗にいう"ズアッ!"ね♪」
ナビィ「ズアッ?」
大妖精「ついでにあなたの潜在能力を少し引き出してあげるわ」
フォオオオオオオオオン……
『ディンの炎を覚えた!』
『潜在能力を少し引き出してもらった!』
リンク「おー、なんか力がみなぎってくっぞ!」
大妖精「このハイラルには私の仲間があちこちにいるわ。探してみたらいいことがあるかもね♪」
リンク「うぇえ……ばっちゃんみてえなのがいっぱいいんのか……」
ナビィ「大妖精様でしょーが!」
リンク「あだだだだ!? わ、わりい! 大妖精様!」
大妖精「ウフフ……いいわ、元気な子は好きよ♪」
大妖精「戦いに疲れたらいつでもいらっしゃい」
大妖精「オーーーーッホッホッホ!!」
シュウウウウウウウウウン
124: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 13:20:39.98 ID:GofbR5SwO
リンク「な、なんか色々すげえやつだったぞ」
ナビィ「あたしはリンクの失礼っぷりに肝が冷えたわよ……」
リンク「じゃ、もうそろそろ行こっか! デスマウンテンってとこによ!」
ナビィ「うん!」
--
ハイラル平原
リンク「えーっと門から西へっつってたから……右か」
ナビィ「左よ左! もう、道に迷っちゃうわよ」
リンク「あーそうだった! わりいなナビィ」
???「そこの少年……その亀のような盾は野生の証かな?」
リンク「んん? 誰だおめぇ」
マラソンマン「私はマラソンマン……ケモノの心を求め、ハイラルを走破する求道者」
マラソンマン「そして兎仙流(うさせんりゅう)免許皆伝の持ち主」
ナビィ「兎仙流?」
マラソンマン「君を一目見た時からなにやら因縁めいたものを感じたよ」
マラソンマン「一つ、デスマウンテンまで私と競争してみないか?」
リンク「おもしれえな! オラ走りにはじしんがあるぞ!」
125: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 13:37:22.25 ID:GofbR5SwO
マラソンマン「では君からお先にどうぞ」
リンク「いいのか? オラはええぞ」
マラソンマン「ふふ、これくらいのハンデは必要さ」
リンク「むっ、後でいいわけすんなよな!」
ばひゅーん!
マラソンマン「おお、なかなかのさだ……」
マラソンマン「これは久しぶりに楽しめそうだ!」
--
ナビィ「ねえリンク、あの人来ないね」
リンク「もう大分はなしちまったかな?」
くるり
マラソンマン「やあお久し振り」
リンク「げえっ!? お、おめぇいつの間に!?」
マラソンマン「じゃあね、先に行ってるよ」
ばひゅーん!
リンク「ま、まけるか!」
ばひゅーん!
126: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 13:54:38.47 ID:GofbR5SwO
ナビィ「リ、リンク! だんだん離されてるよ!」
リンク「しょ、しょうがねえ! 本気出すぞ!」
リンク「よーい!」
リンク「どん!」
ずおっ!
どどどどどどどどど
マラソンマン「むお! まさかついてこられるとはな!」
マラソンマン「ならば私も野生の力を引き出そう」
うさぎずきん装☆着
マラソンマン「フォオオオオオオオウ!!」
ずどどどどどど!
127: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 14:02:24.03 ID:GofbR5SwO
一日後
マラソンマン「フゥ フゥ フゥ き、きみ、なかなかやるじゃないか」
リンク「は、はええなおっちゃん、とてもかなわねえ。オラもう走れねえぞ」
ナビィ「あ、あなたたちに追いついたあたしがイチバンスゴいわよ」ゼェゼェ
ナビィ「でもリンク、何で盾をおろさなかったの?」
リンク「だってこれ外したら修行になんねえぞ」
マラソンマン「はい?」
ズシン!
リンク「ふーっ! 軽い軽い?♪」
マラソンマン「き、君、それどんだけ重いの?」
リンク「よくわかんねえけど通常の二十倍だってよ」
マラソンマン「にじゅっ!?」
リンク「じゃあなおっちゃん! 楽しかったぞ!」
マラソンマン「う、うむ! 更に精進したまえ」
カカリコッテトコデナニスルノ?
トリアエズメシダ メシ!
マラソンマン「……ひさしぶりに鍛え直すか」
128: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 14:57:01.67 ID:wwnSqcLQO
カカリコ村
リンク「ここがデスマウンテンの麓のカカリコ村か」
ナビィ「城下町に比べるとひなびた感じだけどいいとこね」
リンク「よし! 今日はここで一泊したらデスマウンテンに登るぞ!」
ナビィ「それはそうとリンク、ルピー持ってるの?」
リンク「あ……いけねえ、オラカネ持ってねえや」
「どうしよう、コッコが全部にげちゃった……」
129: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 15:05:22.22 ID:wwnSqcLQO
リンク「どうしたんだおめぇそんなに慌てて」
コッコ姉さん「コッコが逃げ出しちゃって……でもあたしアレルギーだからさわれないのよ」
リンク「コッコってあれか、フライドチキンにするとうめえトリだよな」
姉さん「た、食べちゃダメよ!?」
リンク「ならオラが探してやるよ」
ナビィ「人がいいわねえ」
姉さん「ほんと? ありがとうボーヤ!」
--
リンク「えーと、後一匹……お、いたいた」
ナビィ「ずいぶん高いとこにいるね」
リンク「しょうがねえな……よっと」
この時、バランスを崩した際にハイリアの盾の重さに耐えきれず、思わずぐらついてしまった。
ぐらっ
リンク「お、お!?」
コッコ「コケ?」
プチ
ナビィ「あ」
コッコ「」ピクピク
リンク「わ、わりい、オラついうっかりこけちまった」
コッコ「……#」
リンク「ん?」
コッコ「コケコッコー!」
リンク「いい!?」
130: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 15:09:45.18 ID:wwnSqcLQO
コケー!
コココ!
コケー!コココ!
コケコッコー!
バサバサ バサバサ
バサバサ バサバサ
ナビィ「ぎゃあああああ!? いっぱい出てきた!?」
リンク「あだ!? あだだだだ! まてちょっと落ち着けって」
バキィイイイイイイイン!
リンク「ふぉおおっ!?」
キーン
ドーン
ナビィ「な、何でコッコがあんな戦闘力を持ってるのよ!?」
リンク「」ピクピク
※コッコは怒らせっと大変なことになッぞ! いじめるならエポナで踏むのが安全だぞ!
132: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 15:23:38.11 ID:wwnSqcLQO
姉さん「全部集めてくれてありがとう! でも大丈夫? なんかぼろぼろだけど」
リンク「は、はは……結構いい修行になったから平気だぞ」
ナビィ「ま、まさかこっちの攻撃がかすりもしないなんて……」
リンク「疲れたけどしょうがねえか、このままデスマウンテンに行くぞ!」
姉さん「え! アンタそんななりであの難所に行くの? 自殺行為よ?」
リンク「んなこと言ってもオラカネ持ってねえから宿に泊まれねえぞ」
姉さん「んー……じゃあアタシの家に泊まりなさい」
ナビィ「いいんですか?」
姉さん「恩人をほっとく程薄情じゃないよ♪」
リンク「ほんとか! サンキュー!」
133: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 15:29:17.66 ID:wwnSqcLQO
親方の家
親方「おめぇいい食いッぷりだな! 気に入ったぞ!」
リンク「がつがつがつがつ! おばちゃんこれおかわり!」
おばちゃん「あらあらこれで10杯目だよ」
リンク「ここのメシすげえうめえな! いくらでも食えっぞ!」
姉さん「すごいわねーアンタ」
ナビィ「もう私はなれちゃったけどね」
リンク「おっちゃんも泊めてくれてありがとうな!」
親方「おう! しっかし元気な小僧ッ子だなあ! ウチのぼんくらやロクデナシどもとは大違いだぜ……くぅう……おめぇが俺のムスコだったら老後も心配ねえのにな」
134: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 16:18:11.17 ID:GofbR5SwO
イチロー「ひっどーい! 親方ったらアタシたちだって頑張ってるじゃな?い!」
ジロー「そーよ! ヒーキよヒーキ!」
サブロー「見てよこの指! 白魚みたいだったのにささくれ立ってて台無しよ?!」
親方「うるせえこのオカマども! ったく何だって俺の弟子は揃いも揃ってこんなんばっか……」
姉さん「ねえ、やっぱりアニキは……」
おばちゃん「今日も帰ってないよ。まったくあのドラムスコは」
おばちゃん「近頃は墓地で幽霊が出るから夜はあまりうろつくなって言ってるのに」
リンク「ん? ユウレイってなんだ? つええのか?」
ナビィ「強いかどうかはわからないけど、普通じゃないのは確かね」
リンク「つええならオラ戦いてえぞ!」
姉さん「あら、アンタ勇気あるじゃない。でも子どもはそろそろオネムの時間だよ」
姉さん「ほら、そろそろオフロに入りな。アタシも一緒に入ってあげるから」
リンク「オラ別に行水くらい一人でやれっぞ」
姉さん「遠慮しないの! どうせよく洗ってないんでしょ?」
ナビィ「子どもの特権よね、それにリンクには邪心が全く無いから……」
135: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 16:29:48.90 ID:GofbR5SwO
オフロ♪
姉さん「はい、ばんざーいしなさい」
リンク「ばんざーい!」
姉さん「はいゴシゴシ……ん、やっぱりちゃんと洗えてないわよ」
リンク「じー」
姉さん「ん? どしたの?」プルルン
リンク「女って変だな! ムネにでかいタマぶら下げてんだもんな!」
姉さん「」ガクッ
姉さん「これはタマじゃなくておっぱい! アンタおっぱいも知らないの? お母さんのは知らない?」
リンク「お母さんってなんだ? オラじっちゃんとかサリアは知ってっけどそんなの知らねえぞ」
姉さん「……アンタ、もしかして……」
リンク「でもみんながいるからオラお母さんっちゅうのがなくても平気だぞ!」
姉さん「」キュン
この時、リンクの純粋さがコッコ姉さんの母性本能をくすぐった。
姉さん「……もうちょい寄りなさい」
リンク「なんだ? むぎゅ!?」ぱふ
姉さん「気持ちいいでしょ? これがお母さんよ」
ぱふ ぱふ
リンク「なんかふわふわしてんな」
ナビィ「リンク……」ホロリ
138: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 18:15:50.21 ID:GofbR5SwO
深夜00:00
ナビィ「ね、ねえリンク、やっぱり帰ろうよ……」
リンク「オラどうしてもそのユウレイっちゅうのに会いてえんだ!」
ナビィ「触らぬなんとかにって言うけど」
リンク「怖ええならここにいてもいいぞ?」
ナビィ「わ、分かったわよ、アタシも一緒に行く!」
--
墓地
リンク「なんだ、なにもねえなあ」
ナビィ「ねえ、何だか嫌な雲が出てきたよ? もう帰ろうよ」
リンク「ああ、もうちょっと奥へ行ってみっか……ん?」
139: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 18:23:59.24 ID:GofbR5SwO
王家の紋章が刻まれている……
リンク「これ、大妖精様のとこのと同じじゃねえか?」
ナビィ「そうみたいね、子守唄を吹いてみれば?」
リンク「よし!」
♪?♪♪? ♪?♪♪?
ゼルダの子守唄を吹いた!
ピカッ!
ゴロゴロ……
ピシャァアアアアアアン!
リンク「わっ!?」
ナビィ「きゃあ!?」
リンク「な、なんだあ? 穴が空いたぞぉ!?」
ナビィ「こ、これってもしかしなくても……でも罠の可能性も……」
リンク「だりゃああああ!」
ピョーン!
ナビィ「って待ちなさいリンク?!?」
140: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 18:29:50.11 ID:GofbR5SwO
王家の墓穴
ナビィ「こ、これは……ハイラル王家のお墓!?」
リンク「ひゃ?! ぞっとするほど涼しいな!」
ヴォォォォォォン……
ナビィ「ひぃっ!?」
ナビィ「何!? なんなの今の音!?」
リンク「なんかの声みてえだな、人でも住んでんのか?」
ナビィ「お、お墓に人が住んでるわけないでしょ!? ここここれってもしかして」
リンク「なんか奥に誰かいんな?!」
ナビィ「少しは危機感を持ってお願いだから!?」
ナビィ「……!!??」
リーデッド「ヴォォォォォン」
ナビィ「ぎゃあああああ!?」
141: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 18:43:22.93 ID:GofbR5SwO
※みんな大好きリーデッドだ!オラここで一回詰みかけたぞ!
リーデッド「ヴォー」
リーデッド「ヴォォォォォン」
リンク「なんか顔色わりいなあいつら。メシ食ってんのか?」
ナビィ「どうみてもモンスターよ! オバケ! ユウレイ!」
リンク「あれがユウレイっちゅうのか! でもなんか弱そうだぞ」
リーデッド「ヴォー」
ふらふら
リンク「お! オラと戦うんか!? よーしオラ負けねえぞ!」
リーデッド「キャァアアアアアアアア!!」
リンク「ういっ!?」ピタッ
ナビィ「リンク!?」
リンク「か、体が動かねえ……!?」
ナビィ「声か眼力で動きを止めた!? リンク! しっかりして!」
リーデッド「ヴォー」ガジガジ
リンク「イタタタタタ! こいつ噛んでくる!」
ナビィ「リ、リンクの体が硬いからなんとかダメージはないけど……」
リーデッド2「ヴォー」
リーデッド3「ヴォー」
ナビィ「い、いっぱい寄ってきた! このままじゃ……」
ナビィ「リンク! 魔力で動きを止められてるならこっちも魔力で対抗して!」
ナビィ「開放して爆発させるの!」
リンク「わ、わかった! オラやってみる!」
リンク「ハァァァアアアアアア……!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
143: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 18:53:43.07 ID:GofbR5SwO
リンク「さっそく使うぞ! 大妖精様!」
リンク「ずあっ!」
どぉおおおおおおん!
爆炎が周囲を吹き飛ばす!
リーデッド「ボァアアアア」メラメラ
リーデッド「ウボァー」メラメラ
ナビィ「今のうちよ!」
リンク「よし!」
--
墓穴の最奥
ナビィ「ここがイチバン奥ね……でもどうしよう、帰りもアイツらがいるし……」
リンク「魔力にも色々使い方があんだなあ」
ナビィ「気楽よねリンクは……うん? なにかしらコレ」
この詩を 王の一族に 捧ぐ
のぼる太陽 やがて 沈み
生まれし命 いつか 消えゆく
太陽は 月に… 月は 太陽に…
生ける 死者には、安らかな 眠りを
ナビィ「なかなかいい詩ね……」
リンク「これがその歌みてえだな」
ナビィ「ちょっと吹いてみる?」
♪♪♪! ♪♪♪?!
『太陽の歌を覚え……』
リンク「……!?」
ナビィ「どうしたの? リンク」
144: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 19:00:07.18 ID:GofbR5SwO
リンク「あ、アチい! 体が燃えるようにアチいぞ!?」
ナビィ「何!? なんなの一体!?」
リンク「お、音符が体ん中に入ってくみてえだ!」
ゴォオオオオオオオオオ!
ナビィ「こ、これはまるで……」
――――太陽!!
リーデッド「ヴォォォォォン」
ナビィ「き、きた! リンク! その熱さを一気にアイツらに向かって放って!」
リンク「は、放つったってオラわかんねえぞ!」
ナビィ「それはきっと歌に込められた魔力がリンクに吸収されたのよ! もうその歌は完全にリンクのモノよ! 自分を信じて!」
リンク「く、くっそぉおおお! 破れかぶれだ!」
145: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 19:06:28.87 ID:GofbR5SwO
リンク「太陽拳!!!」
カアアアアアアアアッ!!!
リーデッド「ギャァアアアアア!?」
ナビィ「スゴい……! この輝き、太陽の光そのものよ!」
『奥義・太陽拳を覚えた!』ごーまーだーれー!
輝く閃光が相手の目を眩ます!
不意討ちに絶大な効果を発揮するぞ!
ナビィ「今よリンク!」
リンク「おう! デクの棒ーーーーーッ!」
バッコーン!
リーデッド「ウボァー!」
リンク「だりゃりゃりゃりゃりゃりゃりゃ!」
ガガガガガガガガガガガガガガ!!!
リンク「だぁりゃああああああ!」
バキィイイイイイイイン!
リーデッド「ギャァアアアアア!!」
ナビィ「やった!」
146: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 19:19:06.13 ID:GofbR5SwO
翌朝
姉さん「リンク! アンタどこ行ってたのよ!」
リンク「へへ……ごめんな、ユウレイと戦ってたぞ」
姉さん「バカ! 心配かけてもう……!」
ぎゅっ
コッコ姉さんにぎゅっしてもらった!
リンク「はは、なんかあったけえなあ」
ナビィ「……これ完全に落ちたわ」
--
姉さん「もう行っちゃうの?」
リンク「ああ! オラやんなきゃいけねえことがあるからな!」
親方「男の使命ってやつか! それでこそ俺の見込んだ小僧だ!」
姉さん「気が向いたらまた来なよ、ぱふぱふしてあげるからね♪」
親方「お、おめぇ!?」
姉さん「あら口が滑った」
リンク「じゃあな姉ちゃん!」
姉さん「気をつけなよー!」
ナビィ「……なんだろ、コレからもっといろんな女の人とお近づきになる気がする……」
カカリコ村での小さな冒険を終えたリンクはついにデスマウンテンに足を踏み入れる。
しかし、そこでは更なる厳しい戦いが待ち受けていた!
147: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 19:23:26.12 ID:GofbR5SwO
次回予告
オッス! オラ リンク!
デスマウンテンのゴロンの里ってとこに着いたんだけど、岩ばっかしかなくってオラ腹減っちまったぞ!
それにダルニアってのはなんだか怒ってるし……
あれ? 何だか聞いたことある歌が聞こえっぞ!?
次回、トライフォースZ!
ゴロンの里滅亡の危機!? 再会のサリア!
見てくれよな!
148: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/28(日) 19:26:40.08 ID:GofbR5SwO
オッス! オラ 作者!
規制食らって一時はどうなるかと焦ったけどなんとか投下出来ました。
コッコ姉さんの本名はアンジュです
でもタルミナとは違うので姉さんで通します。
太陽の歌は太陽拳にパワーアップしました。
使い方は似てるから大丈夫なはず。
それではまた
149: 以下、
太陽拳ワロタ
151: 以下、
超乙
いつも楽しみに待ってる
152: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/29(月) 10:03:27.49 ID:0B6oEjofO
ゴロンの里じゃなくてゴロンシティだった
それはタルミナの方だったちくしょう!
153: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 22:08:09.58 ID:51yxogDRO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
カカリコ村で助けたコッコ姉さんの家に泊まったリンクたちは楽しい食事やぱふぱふの後、こっそり入った王家の墓で新技、太陽拳を覚えた!
そしてついにデスマウンテンに登る!
ゴロンシティ滅亡の危機!? 再会のサリア!
デスマウンテン登山道
リンク「ひゃー! こんな険しい坂道登るんか!」
ナビィ「リンク、その盾を背負ったままで平気なの?」
リンク「いや、修業にはちょうどいいよ! これなら充分鍛えられッからな!」
154: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 22:14:51.44 ID:51yxogDRO
三十分後
リンク「はあ! はひ! ふぃ?! ま、まだ半分も行ってねえよな!?」
ナビィ「リンク、がんばって!」
リンク「だ、だけどこれじゃ日が暮れちまうなあ……ん!?」
赤テクタイト「きー!」びょん びょん
ナビィ「テクタイトよ! 体当たりに気を付けて!」
リンク「へえ! 陸にカニがいるなんてな! ちょうどいいや腹減ってたとこだ!」
赤テクタイト「ぴ?」
リンク「おりゃっ!」
ばっこーん!
赤テクタイト「ぴー!?」
ばらばら
リンク「よし、晩めしはカニだな!」
ナビィ「たくましいわねえ」
156: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 22:24:50.98 ID:51yxogDRO

リンク「もぐもぐムシャムシャ、しっかし山ってのは岩ばっかだな、オラ野菜も食いてえんだけど」
ナビィ「デスマウンテンは活火山だから植物が育ちにくい環境なのよ」
リンク「そういえば何て言うか殺風景だな……ってあれ! 花があるぞ!」
ナビィ「あれ、ホントだ。でもなんか変な花ね」
リンク「まるっこくて旨そうだな! 食べられるかな?」
すぽっ
プシューーーーー!
リンク「ありゃ? なんか火が着いたぞ!」
ナビィ「なんかイヤな予感が」
ゴロン「お、おめえはやくそれを捨てるゴロ!」
リンク「なんだおめぇ、これ食いたいんか?」
ゴロン「バカ!? あ、あぶねえからさっさと捨てるゴロ!」
リンク「そうなの? ほい」
ぽい
ゴロン「お、おばか! もっと遠くになげなきゃだm」
ドカァアアアアアアン!
リンク「」ぷすぷす
ナビィ「」ぷすぷす
ゴロン「」ヤムチャシヤガッテ
157: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 22:36:47.61 ID:51yxogDRO
ゴロン「観光客はバクダン花にさわっちゃダメゴロ! これは天然記念物ゴロ!」プンスカ
リンク「けほっ! いや?、まさかあんな花があるなんて思わなかった!」
ナビィ「ごめんなさい、リンクは好奇心が強いから……」
ゴロン「まあ分かればいいゴロ! にしてもこんな不景気に観光なんて珍しいゴロ」
ナビィ「不景気?」
ゴロン「オラたちが住んでるゴロンシティは良質なバクダンとゴロン刀を売って暮らしてるゴロ、ハイラル王家の御墨付きゴロ」
ゴロン「だけど最近はすかんぴんゴロ、それどころか食いものにも困ってるゴロ……」
リンク「食いもんがねえなら町に降りればいいんじゃねえか?」
ゴロン「オラたちゴロン族は岩しか食べれないゴロ、それもしっかりした鉱物が入った岩石限定ゴロ!」
リンク「へえ! 岩を食うんか! 変わってるなお前!」
ゴロン「オラから見りゃアンタも結構変わってるゴロ」
ナビィ「それは……言い返せないよね……」
158: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 22:48:37.67 ID:51yxogDRO
ゴロン「だから悪いけどお客さんには何ももてなし出来ないゴロ」
リンク「いや、オラ岩なんか出されても食えねえし別にいいよ」
ナビィ「ねえリンク、鉱物を取り扱ってるなら精霊石のことも何かわかるんじゃない?」
リンク「あ、そっか。なあおめぇこんな感じの石ころってそのゴロンシティにないか?」
ゴロン「お、旨そうな石ころゴロ……あら、そいやこーんな感じの石ころどっかで見たような……?」
ナビィ「知ってるの?」
ゴロン「……ああ! アニキが持ってたゴロ! ……それに最近来たアイツも欲しがってたゴロ」
ナビィ「アイツ?」
ゴロン「めちゃくちゃ悪い顔したイヤな感じのヤツゴロ」
ナビィ「それって……やっぱり」
リンク「ガノンドロフか! やっぱアイツも来てたんだな!」
160: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 22:59:31.50 ID:51yxogDRO
ゴロン「アニキは義理と人情にアツい男だゴロ、どんなにイヤなヤツでも筋を通して接するゴロ」
ゴロン「だからできるだけ丁重にお断りしたのに……あんな事になるなんて」
ナビィ「あんな事って?」
ゴロン「まあ着いてくるゴロ、詳しい話はアニキから聞くゴロ」
--
ゴロンシティ
リンク「なんかみんな元気ないな」
リンク「血走った目で壁を睨んでるわ……ちょっとコワイ」
ゴロン「もう何週間もマトモなメシ食ってないから気が立ってるゴロ! 中ゴロンなんて余りの飢えから暴走してるゴロ!」
ゴロン「ほら、ここがアニキの部屋ゴロ! ……だけどまずは身分を証明するゴロ」
リンク「身分? なんだそりゃ」
ゴロン「アニキは素性の怪しいヤツには会わないって決めたゴロ、ガノンドロフの件もあったから尚更ゴロ」
ナビィ「リンク、ほら、王家の証って言えばあの歌よ」
リンク「子守唄か! それにしても良く使うなあ」
159: 以下、
このリンクは見た目がリンクで中身だけが悟空なのか
それとも顔も悟空なのか
161: 以下、
インパが黒髪って言ってたし、見た目も悟空じゃね?
162: 以下、
あ、ほんとだ金髪じゃない
163: 以下、
あのイケメンショタがこんな腹ペコキャラだったら違和感半端ないしね
164: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 23:15:24.59 ID:51yxogDRO
♪?♪♪? ♪?♪♪?
ゼルダの子守唄を吹いた!
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
リンク「お、開いた! おもしれえな!」
ゴロン「じゃあオラはここでサヨナラゴロ。……今のアニキおっかないし」
ナビィ「?」
--
ダルニアの部屋
ダルニア「王家から使者が漸く来たと思えば……なんだこのドチビは! バカにしてるんか!?」
リンク「オッス! オラ リンク! おめぇがゴロン族のエライヤツか?」
ダルニア「如何にも俺がゴロンの長のダルニアだ。おめぇはなんなんだチビ」
リンク「チビじゃなくてリンクだって。ゼルダから精霊石集めてって頼まれたんだよ」
ダルニア「ジョーダンはその跳ねまくった黒髪だけにしな! 今はそれどころじゃねえんだ!」
ダルニア「おめぇとほぼ同じことを抜かしたガノンドロフの野郎を追い返したら」
ダルニア「あの野郎採掘場に使ってた洞窟をドドンゴだらけにしやがった!」
ダルニア「今のゴロンシティは食料不足で干上がる寸前! おめぇの相手をしてる暇はねえゴロ!」
ナビィ「……リンク、行こう」
リンク「しょうがねえな」
165: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 23:26:12.04 ID:51yxogDRO
リンク「参ったな、話をぜんぜん聞いてくれねえぞ」
ナビィ「結構深刻だからね、本当にそれどころじゃないのよ」
ゴロン「あー、やっぱりダメだったか」
ゴロン「アニキ、一度ヘソを曲げたら当分話を聞かないゴロ」
ナビィ「なんとか機嫌を直してもらえないかしら」
ゴロン「ん?、森から聞こえるあの歌を聞かせればもしかしたら」
リンク「森の歌? なんだそりゃ」
ゴロン「ゴロンシティは迷いの森に繋がってるゴロ、そこから聞こえる歌はアニキのお気にゴロ」
ナビィ「意外と繊細な趣味ね」
リンク「森の歌かあ、そいやサリアが迷いの森でよくオカリナ吹いてたな」
ナビィ「ホント? どんな歌か思い出せる?」
リンク「えっと確か……?」
166: ◆S0pw.EDnyA 2016/08/31(水) 23:33:45.59 ID:51yxogDRO
♪♪♪?……?
リンク「はは、わりいな、これしか覚えてないや」
ゴロン「あー確かそんな感じゴロ! ちょっとこっち来るゴロ!」
--
ゲート前
ナビィ「ホントだ! 森の懐かしい感じがする!」
リンク「迷いの森に繋がってるのはホントみてえだな!」
ゴロン「おねがいだからそのサリアって子から歌を聞いてきて欲しいゴロ、アニキの機嫌を直さないとオラ達まで困るゴロ」
リンク「わかった! ちょっくら行ってくる!」
シュィイイイイイイイン!
--
迷いの森
ナビィ「わあ、何だか久しぶりね!」
リンク「ナビィ、あんまり離れんなよ。まよっちまうからな」
ナビィ「リンクは平気なの?」
リンク「オラは大丈夫だ! すんすん……よし! こっちだな!」
167: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 00:08:42.59 ID:tXGRKDj6O
森の聖域
リンク「ここに来んのもひさしぶりだなー」
ナビィ「聖域に迷わず来れるなんてリンク位よね!」
ナビィ「よく神殿に遊びに……」
ナビィ「あれ?」
ナビィ(なんだろ? 奥の奥、もっと奥から何か感じる。あたしもパワーアップしたから感じ取れたのかな?)
ナビィ(何て言うか……森にあっちゃいけないような……作り物みたいな何かイヤな気を感じる)
リンク「ナビィ、どうしたんだ黙って」
ナビィ「へ、あ、ううんナンでもないよ」
ナビィ(……なんだろ、このイヤな気、どこかリンクの気と似てる……?)
ナビィ(そういえばデクの木サマが言ってた……聖域の奥のさらに奥、神殿の最奥に隠したモノには近づいちゃダメだって)
デク『ナビィ、もしもお前がそれを見つけても触ってはいけない』
デク『あれは天からの災厄……ともすればこの世界を滅ぼす切っ掛けになりかねん』
ナビィ(黙っておいたほうがいいよね、リンクが知ったら面白がって近づきそうだし)
リンク「行くぞナビィ!」
ナビィ「うん」
168: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 00:14:35.00 ID:tXGRKDj6O
ウルフォス「アオーン!」
リンク「くそっ! うまく動けないからやりづれえ!」
ウルフォス「アオッ!」ローガフーフーケーン!
ドババババババババ!
リンク「うわっ! コイツやるなあ!」
ナビィ「落ち着いてリンク! 足下がお留守よ!」
リンク「あ、ホントだ! よく見たら隙だらけだな!」
ウルフォス「アオッ!?」
リンク「ていっ!」
ぶぉんっ!
ばこーん!
ウルフォス「きゃいん!?」
170: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 00:27:02.27 ID:tXGRKDj6O
リンク「ふうっ! なんとか倒した!」
ナビィ「リンク、だんだん動きが良くなってきたね!」
リンク「おう! 登山道でだいぶ鍛えられたからな! もう少しで慣れると思うぞ!」
「ふふ、ひさしぶりだけど元気そうだね、リンク」
リンク「あ!」
サリア「やっほー、リンク♪」
--
サリア「へえ、外の世界ってそんな風なんだ、あたしも行ってみたいな……」
リンク「うめえ飯がたくさんあってよ! 特にゼルダんとこの城の飯はいくらでも食べれたんだ!」
サリア「ゼルダ? 誰?」
リンク「城のお姫様だ! それにマロンからもらった牛乳ってのも旨かったぞ!」
ナビィ「おいバカそれ以上」
サリア「マロン?」
リンク「カカリコ村ってとこの姉ちゃんちの飯も旨かったぞ! 帰りにまた行こっかな?」
サリア「へえ、リンクったらずいぶん楽しそうね」
ナビィ「だ、大丈夫……まだ大丈夫」
171: 以下、
さらっと気が出てきて草
172: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 00:34:41.26 ID:tXGRKDj6O
サリア「やっぱりリンクは森の中じゃ収まらなかったんだね、今のリンク、とっても楽しそう」
リンク「……ああ! オラ外に出て良かったって思ってる」
サリア「だけど、時々でいいから森のこと……あたしのことも思い出してね?」
リンク「ん? オラ自分んちのこともサリアのこともずーっと覚えてるぞ?」
サリア「ホント? あたしのこと……その、忘れないでいてくれる?」
リンク「ああ! だってオラたち友だちだもんな!」
サリア「……………うん、そうだね♪」
ナビィ(せ、切ない……)
173: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 00:49:52.21 ID:tXGRKDj6O
サリア「この歌……あたしの一番好きな歌。リンクに教えてアゲル」
サリア「ずっと友だちだからね、リンク♪」
リンク「おう! オラも少しはオカリナ上手くなったからな、一緒に吹こっか!」
サリア「うん♪」
♪♪♪? ♪♪♪?
『サリアの歌を覚えた!』
サリア「この歌を吹けばいつでもあたしと話ができるから……」
サリア「行き詰まったらあたしに聞いてみて、何か力になれるかもしれないから」
リンク「わかった! そんときは頼むぜ!」
リンク「じゃ、オラそろそろ行くよ」
サリア「また来てね、リンク」
リンク「またな! サリア!」
ナビィ「じゃあね、サリア」
だだだだだだ……
サリア「……行っちゃった。ホント、変わらないなあ、リンクは……」
サリア「……………」
サリア「やだよ……リンク……さみしいよ……」
サリア「ひとりにしないでよ……リンク……」
リンクとサリアが再び出会うにはこれより更なる年月を要する事になるとは、この時誰も思わなかった……。
174: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 01:02:07.37 ID:tXGRKDj6O
リンク「あとはダルニアのおっちゃんに歌を聞かせりゃ機嫌直してくれるかな?」
ナビィ「とてもそんなにノリがいいとは思えないけどね……」
「ホーウ! 森の子から歌を覚えたようじゃの」
リンク「あ、ゲポラのじっちゃん!」
ゲポラ「久しぶりじゃなリンク。ずいぶん逞しくなyたのう」
ナビィ「ちょっと! しっぽの事を言うのが遅すぎよ!?」
リンク「しっぽが何だって?」
ゲポラ「ナンでもないぞよ。……お前はまだまだ強くなる……そしていずれは己が生い立ちに向き合う時も来よう」
リンク「おいたち?」
ゲポラ「聖域は……神殿はそのカギとなろう。お前
が真の勇者ならば宿命をはね除けられるはずじゃ」
ゲポラ「さらばじゃリンク、お前の勇気を信じておる……」
バッサ バッサ
175: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 01:35:07.82 ID:tXGRKDj6O
ゴロンシティ
ダルニア「まーたおめぇか! 何度来てもムダだとわからねえか!」
リンク「ま、そう固いこと言うなって♪ ほら!」
♪♪♪? ♪♪♪?
『サリアの歌を吹いた!』
ダルニア「……!!!」
176: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 01:55:20.13 ID:tXGRKDj6O
※ダルニアのダンスは実際にプレイして見てみような! オラ最初見たときフリーズしたぞ!
ダルニア「いやー最高の歌ゴロ! やっぱりやな気分の時はこれに限るな!」
ナビィ「スゴいノリノリだったね」
リンク「おっちゃん機嫌直してくれたか?」
ダルニア「おう! しっかしすまなかったな! 俺もちょっと大人げなかったゴロ」
ダルニア「……でもおめぇに精霊石をやるかと言ったらそれは出来ねえ」
リンク「え!? なんでだ!?」
ダルニア「これは王家との誓いの証だ、そう簡単に手放しちゃ仁義が廃るってもんだ」
ダルニア「どうしても欲しかったらおめぇも俺にそれなりの仁義……まあ誠意を見せねえとな」
リンク「ジンギスカン? オラ羊ってあんま食ったことねえけどおっちゃんはあんのか?」
ダルニア「」ガクッ
ダルニア「あー、なんだ……つまり男を見せろって事だ」
リンク「なんだそうならそうと早く言ってくれよ」
ごそごそ
ぺろん
リンク「ほれ、オラ男だぞ」フルチン
ナビィ「ちがうわぁあああああっ!?」
ダルニア「誰がチンとタマを出せといったゴロ!?」
177: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 02:02:43.74 ID:tXGRKDj6O
ダルニア「お、おめぇはなかなか肝が座ってるゴロ……それを見込んで洞窟のドドンゴ退治を頼みてえ」
リンク「ドドンゴってなんだ? 食えんのか?」
ナビィ「聞いたことあるわ、確かおっきなトカゲだったかしら」
リンク「トカゲかあ! ちょっとクセがあるけど焼くとうめえんだよな!」
ダルニア「は、はは……おめぇ面白いジョーダン言うゴロ」
リンク「んじゃその洞窟に行けばいいのか?」
ダルニア「ああ、見事ボスを退治すれば精霊石をやるゴロ!」
リンク「わかった! オラ行ってくる!」
ダルニアからドドンゴ退治を引き受けたリンクとナビィ……果たして洞窟に住むボスとは……?
178: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 02:07:23.15 ID:tXGRKDj6O
次回予告
オッス! オラ リンク!
ドドンゴの洞窟ってとこはあっちもこっちも暑くてかなわねえな!
それに火を吹くトカゲや剣を持ったトカゲとか変なやつらがいっぱいいるぞ!
こりゃそろそろ盾を降ろす時が来たみたいだな!
次回、トライフォースZ!
熱戦! 猛炎古代竜キングドドンゴ!!
見てくれよな!
181: 以下、
毎回クオリティが高くて素晴らしい
頑張ってくれ
182: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 09:57:53.05 ID:e116fqkKO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
ゴロンシティに到着したリンクたちは食料危機に陥ったゴロン族を救うため、ドドンゴののさばる洞窟に向かった……
熱戦! 猛炎古代竜キングドドンゴ!!
--
ドドンゴの洞窟
リンク「あっち?……なんかじりじりしててやだな」
ナビィ「リンク、マグマに落ちたらダメージがあるから気を付けてね」
リンク「ああ、それにしてもなんかやけにイヤな魔力が満ちてんな」
ナビィ「きっとガノンドロフの魔力が洞窟をおかしくしてるのよ、早く元にもどさなきゃ!」
リンク「そうだな!」
183: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 10:04:41.91 ID:e116fqkKO
ベビードドンゴ「キー!」
ベビードドンゴ「キキー!」
リンク「わあっ! なんだコイツら!?」
ナビィ「これはドドンゴの幼生よ! 叩くと爆発するから気を付けて!」
リンク「こんにゃろ! こっちくんな!」
バキィイイイイイン!
ベビードドンゴ「ぴぎっ!?」
リンク「おめぇは向こうだ!」
ぽいっ!
ドカァアアアアアアン!
ベビードドンゴ「ぴぎゃ!?」
ベビードドンゴ「ぴっ!?」
ドガガァアアアン!
ナビィ「やった! 連鎖で倒した!」
ファイアキース「キシャアア!」
ナビィ「わっ! 危ないじゃない!」
バキッ!!
ファイアキース「キー!?」
リンク「お、やるじゃんかナビィ!」
ナビィ「リンクに付き合ってたら強くなるわよ!」
--
「ギギ……騒がしいな、また命知らずのゴロンが飢えに耐えきれずにやって来たか?」
184: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 10:15:20.12 ID:e116fqkKO
洞窟中部
ナビィ「あれがドドンゴよ」
ドドンゴ「……」
リンク「なんかとぼけた顔してんなあ」
ナビィ「あれでも獰猛だから油断しないで」
ドドンゴ「」かぱっ
きぃいいいいいん……
ナビィ「来るわ!」
リンク「おし!」
ゴォオオオオオオオ!
ドドンゴ「グル……」シュウウウウ
リンク「上だーーーーーっ!」
ドドンゴ「!!?」
リンク「デクの棒を食らえっ!」
バキィイン!
ドドンゴ「ギャッ!?」
ドカァアアアアアアン!
ナビィ「リンク、その盾を背負っててあんなに跳べるなんてね」
リンク「なんかよくわからねえけどオラ元気が有り余ってるんだ!」
リンク「まるで毎日パワーアップしてるみてえだ!」
ナビィ(確かにお城を出てからのリンクのパワーアップはスゴい……)
ナビィ(まるで戦えば戦うほど強くなってるみたい。人間ってみんなそうなのかな?)
「ギギ! なんだ、ゴロンじゃなくてチビじゃねえか」
リンク「!! 誰だ!」
リザルフォス「チビ、運が無かったな。俺の剣の錆になりな!」
185: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 10:22:35.11 ID:e116fqkKO
リザルフォス「俺の動きについてこれるか!?」
ババババッババ!
ナビィ「は、い!」
リンク「……そうかなぁ?」
ナビィ「え?」
リザルフォス「死にな!」
ぶぉんっ!
がきっ!
リザルフォス「は!?」
リンク「あんた大したことなさそうだね」
リザルフォス「お、俺の剣を受け止めた……ぼうっ切れも使わずに!?」
リンク「せいっ!」
ドコォッ!
リザルフォス「おうっ!?」
ナビィ(い! 一瞬のうちに五発……いや六発!!)
リザルフォス「こ、か……か……」
リンク「オラ弱いものいじめは好きじゃねえから早く降参しろよ」
リザルフォス「こ、降参!? ふ、ふざけやがって……!」
リザルフォス「だったらこっちも本気をだしてやるぅうあああああああ!」
186: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 10:31:39.96 ID:e116fqkKO
リザルフォス「ぬぅううううおおおおおおお!!!」
バババババッバババババババ!
ナビィ(さっきよりい……でも)
リンク「お! ちょっとましになったな!」
ズガガガガガガガガガガガ!
ナビィ(ぜ、全部の攻撃を紙一重で受け流して……ありえないわ、だってリンクは重い盾も背負ってるのに)
リンク「ほいっ!」
バキィイン!
リザルフォス「おごっ!? ば、ば、バカな……!! こんな事が……!!」ワナワナ
リザルフォス「お、俺はガノンドロフ様にここを任されたエリート戦士だぞ……!? その俺がこんなガ……ガキに……!」
リザルフォス「負けるはずがなーーーーーーーい!!!!!」
ぐわっ!
リンク「む!」
ナビィ「気が膨れ上がった!?」
ズシン!
ナビィ「え!? 何……あれ? ハイリアの盾」
リンク「おりゃああああああ!!!!!」
ぶぉっ!
リザルフォス「ばっ……!!!?」
ナビィ「み、見えな」
ズガンッ!
187: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 10:47:03.44 ID:DIqKtdkUO
リザルフォス「おごあっ……!」
リンク「おーっ! 軽い軽い! 体が羽みたいだ!」ピョンピョン
ナビィ(強すぎる! 出会った頃とは比べ物にならない! 成長がすぎる……!!!)
リザルフォス(あ、ありえん……!! この強さ、ガキにしては不自然過ぎる……!!)
リザルフォス(はっ!? ま、まさか……!!)
リザルフォス「き、貴様が伝説の勇者なのか!?」
リンク「は? 伝説の勇者? なんだそれ」
リザルフォス「す、数百年に一度……ハイラルに現れると言われる伝説の超戦士……! その拳は大地を割り! 剣は空を裂き! 輝く光は夜闇すら黄金に染めると言われる……!」
リザルフォス「く、くだらないおとぎ話だと思っていたが……まさか…!?」
リンク「オラそうなんか? ナビィ?」
ナビィ「うーん、なんか嘘くさいわね」
188: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 10:54:26.57 ID:DIqKtdkUO
リザルフォス(み、認めたくはないがここは逃げて……い、いや、ダメだ! ガノンドロフ様に殺される!)
リザルフォス(あ、あれを使うしかあるまい! この洞窟の最終兵器を……!!)
ばっ!!
ナビィ「あ! 逃げた!」
リンク「このっ! まてーーーー!」
リザルフォス「いい気になるのもここまでだ小僧! キングドドンゴで消し炭にしてやる!」
リンク「何!?」
--
最奥部
リザルフォス「く、くそったれ……! まさかこいつを使う破目になるとはな……!」
ドクン
ドクンドクン……!
リザルフォス「き、聞こえるぞ! 悪魔の鼓動が!」
リザルフォス「さあ目覚めろドドンゴの王よ!」つバクダン花
ドカァアアアアアアン!
???「グォオオオオオオ……」
189: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 11:05:57.82 ID:DIqKtdkUO
リンク「……!!!」
ナビィ「ね、ねえ、リンク、この魔力って……」
リンク「ああ、とんでもねえでかさだ! これがダルニアのおっちゃんの言ってたボスか!」
ズシン
ズシン ズシン
ズシン! ズシンッ!!
「グォオオオオオオ……!!」
リザルフォス「さあやれ!! キングドドンゴ!」
キングドドンゴ「ギシャァアアアアアアア!!!!!」
猛炎古代竜 キングドドンゴ
デレレテーッテン! デレレテーテーテーテーン!
デレレレ デンデンデンデンデンデンデンデン
デンデンデンデンデンデンデンデン
190: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 11:07:44.35 ID:DIqKtdkUO
ちょっと休憩
ドラゴンボールっぽい台詞回しってなんか楽しい
192: 以下、
情景が目に浮かぶわw
198: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 21:26:01.94 ID:EMiZj7MjO
続きます
デーンデーンデデデ デデデデーン!
デーンデーンデデデ デデデデーン!
キングドドンゴ「ブォオオオオオオ!」
リンク「来るぞおおおおお!」
ナビィ「きゃーーー!?」
ゴロンッ!
ゴロゴロゴロゴロ……!!
リンク「ういい!?」
ナビィ「はやっ……!?」
ドゴオオオオオオ!
リンク「あ、あっぶね?! もう少しでぺちゃんこだった」
ナビィ「サイズが違いすぎるわよ、どうやって戦おっか?」
リンク「うーん」
リザルフォス「ふはははは! いいぞ! その圧倒的パワーで踏み潰してしまえーーーーーっ!」
キングドドンゴ「グォオオオオオオ!」
リザルフォス「へ、ま、待て! こっちに来るんじゃない!」
キングドドンゴ「ごおおおおお!」
リザルフォス「やめ………!」
ドウッ!
ズシンッ!
ぷち
リンク「な、なあ、あいつ仲間踏んづけちまったぞ!?」
ナビィ「どうやらオツムは宜しくないみたいね!」
199: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 21:37:27.23 ID:EMiZj7MjO
キングドドンゴ「」キュィイイイイイイン
ナビィ「! 魔力が充実していくよ!」
リンク「わかった!」
キングドドンゴ「ゴアアアアアア!」
ポーヒー!
ゴウウウウウウ!
キングドドンゴの火炎放射は洞窟の壁を吹っ飛ばした!
ゴゴゴゴゴゴゴゴ……
リンク「あ、あぶねえなあ……!」
ナビィ「あんなの食らったらチリも残らないわよ」
リンク「でも大体動きは読めたぞ!」
ナビィ「えっ!?」
リンク「あいつ、パワーはスゴいけどノロマだ!」
バシューーーン!
ナビィ「リンク!? 後ろに回って……」
がし
リンク「へへっ……! おめぇつええからな! 本気を出しちゃうもんね!」
ナビィ「しっぽを……まさか!」
リンク「ぐぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ!!」
キングドドンゴ「グオ……?」
ナビィ「無茶よ! 持ち上がるわけ……」
でも、なんでだろう、心のどこかでリンクなら出来てしまう。
あたしはそう思っていた。
リンク「ごああああ!!!」
ごっ!
ナビィ(大猿!?)
グワッ!
キングドドンゴ「グオ!?」
200: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 21:48:36.04 ID:EMiZj7MjO
リンク「ぬあああああ……!」
ぶおんっ!
キングドドンゴ「オオオオオオ!?」
リンク「だりゃあああっっ!!」
しっぽを掴んでぶんまわし、壁に激突する!
どっがああああん!
ナビィ「すご……!」
リンク「ふーっ! どうだ!」
キングドドンゴ「」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ……
ナビィ「動かないわね、死んじゃったかな」
リンク「んん? おっかしいな、まだかなりの魔力が残って」
ビュオンッ!
リンク「へっ!? ぶほっ!!」
ナビィ「リンク!?」
バシンッ!
ヒューーーーーーーン
ドゴオオオオオン!!
しなるしっぽがリンクを吹っ飛ばし、岩盤に叩きつけた!
ナビィ「リンク! 大丈夫!?」
リンク「あ、あがが……! ゆ、油断しちまった……! あいつ、まだこんなパワーを残してたんか」
ナビィ「……! リンク、足の骨が……!」
リンク「いちち……! だ、大丈夫だ! デクの棒で……!」
デクの棒を使ってなんとか立ち上がるが、気がつくと目の前には
キングドドンゴ「……」
リンク「あ、あはは……」
ナビィ「逃げてーーーーーーっ!!」
キングドドンゴ「ゴアアアアアア!!」
201: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 21:56:14.87 ID:EMiZj7MjO
リンク「太陽拳!!!!!」
カッ!!!!!
キングドドンゴ「ギャアアアアアア!!?」
ナビィ「きゃっ!?」
閃光が洞窟内を埋め尽くす!
リンク「い、今のうちだ! ナビィ!」
ナビィ「う、うん!」
リンク「ずあっ!!!」
ドーーーーーーン!!
キングドドンゴ「ゴアッ!?」
ディンの炎で吹き飛ばし、なんとか距離を開く!
ナビィ「リンク!」
リンク「も、もうちょっとだ……よし!」
索でデクの棒を足に縛り付け、なんとか立ち上がった!
リンク「じっちゃん……もうちょっと無茶するけど耐えてくれよ」
ナビィ「リンク! 来るよ!」
リンク「!! よし! 行くぞ!」
リンク「フルパワーだ!!!!!」
202: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 22:06:46.88 ID:EMiZj7MjO
リンク「ハ……! イ……!!」
ナビィ「全力のハイラル波……!!」
リンク「ラ……!! ル……!!!」
ギュイイイイイイン……!!!!
キングドドンゴ「オオオオオオ!!!」
キュィイイイイイイン……!
ナビィ「ま、また火炎放射が来るわ!」
リンク「……へへっ、あいつも本気を出したってことだな!」
ナビィ「リンク……?」
リンク「な、なんでだろうな……? これからおっちんじまうかも知れねえってのに……」
リンク「オラ ワクワクしてきたぞ!!!!!」
ナビィ「リンク……」
ナビィ(この子、戦いを楽しんでいる)
ナビィ(心の底から……!!!!)
キングドドンゴ「ゴォオオオオオオオ!!!」
ゴアアアアアアアアアアア!!!
リンク「波ーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!」
ブワアアアアアアオオオオオオオオオオオオ!!!!!
203: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 22:26:55.28 ID:EMiZj7MjO
ズドォオオオオオオオオオオオオ!!!
2つの超エネルギーが激突した!
リンク「ぐ、ぎ、ぎぎぎぎぎぎぎぎぎ!!」
キングドドンゴ「オオオオオオ!!」
ナビィ「だ、ダメ! リンクが押されてる……!!」
ナビィ(足を折ったせいで踏ん張りがきかないんだ……このままじゃ……!!)
リンク「ふぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ!!!!!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!
ナビィ「ど、洞窟が……!! 洞窟そのものが!!!」
『ナビィ……聞こえますか、ナビィ……』
ナビィ「こ、この声は、大妖精様!?」
『私はデスマウンテンの大妖精……。リンクを助けてあげられるのはあなたしかいないわ。大丈夫、あなたの潜在パワーは上がっている……自分を信じて』
ナビィ「わ、わかりました……!! やってみます!」
204: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 22:43:00.50 ID:EMiZj7MjO
バシューーーン!!
ナビィ(そうよ! いくら強くってもリンクはまだこども……! 誰かが支えてあげなきゃつぶれちゃう!)
ナビィ(心のどこかで思ってた! リンクにあたしは必要ないんじゃないかって……だけど違った。そうですよね? デクの木サマ!)
デク『ナビィ、リンクの力になってやってくれ……』
ナビィ「あたしはナビィ! 勇者リンクの無二の相棒よーーーーーーーーーーーーっっっ!!!」
キングドドンゴ「グオ!!!?」
ナビィ「ずあっ!!!!!」
ドーーーーーーン!
キングドドンゴ「オオオオ……!!!」
ぐらっ
リンク(パワーが下がった!?)
ナビィ「今だーーーーーーーーーーーーっっっ!!」
リンク「だああーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」
ド ウ ッ !!!!!
キングドドンゴ「!!!!!?????」
ズワオオオオオオオオオオオオ!!!
キングドドンゴ「ギ、エ、エエエエエ……!!!!!」
デーンデーン
デッデッデーン デーン
デーン デーン 
ポゥウウウウウウウ
リンク「オラたちのパワーが勝ったーーーーーーーーーーーーっっっ!!!」
205: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 22:49:20.93 ID:EMiZj7MjO
次回予告
オッス! オラ リンク!
ついにドドンゴをやっつけたぞ! 精霊石も手に入れたしあと一つだな! そいやダルニアが言ってたんだけど、デスマウンテンの頂上には大妖精様がいるんだってよ! うひゃー、今度は崖登りか! でもオラがんばるぞ!
次回、トライフォースZ!
登れリンク! デスマウンテン制覇!
見てくれよな!
206: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/01(木) 22:53:03.88 ID:EMiZj7MjO
オッス! オラ 作者!
ドラゴンボールの劇場版を見直してるけど『この世で一番強いヤツ』と『百億パワーの戦士たち』が面白い!
戦闘シーンが熱くて物足りなさを感じる位の尺の長さがちょうどいいのがドラゴンボールの映画のいいところだと思います。
210: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 21:01:36.13 ID:SKrScO8gO
テニイレロ! トライフォース!
セカイデ イットー テゴワイチャンス
オイカケロ! トライフォース!
セカイデ イットー イカシタドラマ
ハイラルハ デッカイ タカラジマ
ソウサ イマコソ アドベンチャー♪
洞窟のボス、キングドドンゴを撃破したリンクとナビィ、デスマウンテン最強の戦士が決まった!
これで精霊石をもらえるぞ!
登れリンク! デスマウンテン制覇!
ナビィ「やった……! キングドドンゴを倒した!」
リンク「…………」
ナビィ「リンク! あたしも役にたったよね?」
リンク「……んん」
ナビィ「リンク?」
どさっ
リンク「パ、パワーを全部使いきっちまった……動けないや」
ナビィ「ええっ!?」
リンク「ま、まいったな?……ここままじゃオラドドンゴの餌になっちまう」
ナビィ「ま、待って! 確かハートのうつわが……」
ポゥウウウウウ
ナビィ「あった!!」
211: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 21:08:27.57 ID:SKrScO8gO
ナビィ「ふぎぎぎぎ!!! 重いぃいい……!!!」
リンク「む、無理すんなよナビィ。おめぇの体じゃオラを動かせねえよ」
ナビィ「あ、あたしがハートにさわったら意味ないでしょ……!! あたしだってパワーアップしてるからこのくらい……!!」
リンク「……ダメだ、指一本動かねえや」
「おいおい、この山の勇者が情けねえ事言うなゴロ」
リンク「あ! おめぇは!」
ダルニア「おめぇの勇姿はしっかり見ていたゴロ! おめぇこそ男の中の男ゴロ!」
がしっ
ぽいっ!
ナビィ「わわっ」
リンク「うわっ!?」
ハートのうつわを手に入れた!
リンク「…………うひゃあ! 力がみなぎってきたぞ!」
212: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 21:19:54.42 ID:SKrScO8gO
デスマウンテン登山道
ナビィ「ありがとうダルニアさん、お陰でリンクが元気になったわ!」
ダルニア「何、こっちも無茶言ったってのにきっちり筋を通してくれたんだ、これでも感謝したりねえよ!」
ダルニア「まさかドドンゴを倒すどころか吹っ飛ばしちまうとはな! すげえヤツゴロ!」
リンク「へへっ! サンキューなおっちゃん!!」
ダルニア「おめぇにならこの石を託せるゴロ! さあ、受け取りな!」
パァアアアアアアア!
デーン
デーンデーンデーン
デレレー
デーンデーンデーン
炎の精霊石……ゴロンのルビーを手に入れた!
ダルニアから託された精霊石、これであと一つだ!!
ダルニア「おめぇならデスマウンテンの頂上の大妖精様にも会えるかもな」
ナビィ「やっぱりあの時の声は大妖精様だったのね」
リンク「頂上かあ、オラ登ってみてえな」
ダルニア「大妖精様に認められれば更なる力を授けられるらしいゴロ、頑張れよ兄弟!」
ゴロン「キョーダイ!」
ゴロン「キョーダイ!」
わらわら
ナビィ「あ、あはは、それじゃ頂上目指そっか?」
リンク「そうだな! バイバイみんな!」
リンク「おっと、これ忘れてたぞ」
特注ハイリアの盾を装備した!!
213: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 21:31:46.29 ID:SKrScO8gO
ドーン!
ズドーン!
リンク「ひえーーーーっ! 山が爆発してら!」
ナビィ「火山弾に気をつけて!」
リンク「よし! 行くぞ!」
リンク「うりゃああああ!!」
バコン!
ドゴン!
ナビィ「弾いた!? また無茶を……」
リンク「これもいい修業だ!」
--
リンク「ひい! ひい! ナ、ナビィ! まだ崖は終わらねえか!?」
ナビィ「まだ半分よ! 下見ちゃダメだからね!」
リンク「お、重てぇ……!! やっぱ盾降ろせばよかったかな……?」
リンク「それにだんだん暗くなってきた……! 早く登んねえと!」
リンクはその日一晩中崖を登り続けた……
--
頂上
ナビィ「もう少しよリンク!」
リンク「ぐ、ぐぎ、ぎ! あと、ちょっと……」
赤テクタイト「キー!!」
リンク「邪魔だぞ!」
がん!
赤テクタイト「ぎゃ!?」
リンク「…………やった! 頂上だ!」
ナビィ「お疲れリンク!」
214: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 21:50:53.13 ID:SKrScO8gO
リンク「やっぱりここにも大妖精様の魔力を感じるな」
ナビィ「んと、この色の変な壁とか怪しくない?」
リンク「おし、ちょっと離れてろ!」
リンク「だりゃあああああ!!」
バゴン!
ナビィ「やっぱり、ここが入り口ね」
--
大妖精の泉
大妖精「いらっしゃい、リンク。待ってたわよ」
リンク「ありゃ、この前みたいに子守唄吹かなくてもいいの?」
大妖精「ウフフ……今回はあなたに修業をつけるつもりだったからね♪」
リンク「修業を? ほんとか!」
大妖精「あなた、お山で一番強くなったんでしょ? ちょっと私と試合しましょ♪」
ナビィ「大妖精様!?」
リンク「よーし、なら最初っから全力で行くかんな!」
215: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 21:56:21.63 ID:SKrScO8gO
ナビィ「い、いくら大妖精様でもキングドドンゴを倒したリンクのパワー相手じゃ……」
リンク「行くぞ!」
ブォッ!
大妖精「あら、消えた。どこいったのかしら?」
大妖精「ここかしら♪」
バ キ ッ !
リンク「ぶげっ!?」
ナビィ「え?」
大妖精「あら?当たったわ♪ まぐれかしら♪」
リンク「いぢぢ……! そ、そっか! マグレか!」
リンク「今度はマグレは通用しねえぞ!」
大妖精「はいはいかかってらっしゃい♪」
リンク「だりゃっ!」
大妖精「えい♪」
ばこーん!
リンク「おぶっ!?」
ナビィ「うわ、顔面にカウンター……」
217: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 22:05:28.74 ID:SKrScO8gO
リンク「おうっ!? おうっ!?」ジタバタ
大妖精「ん?……あまり強くないわねあなた」
リンク「オ、オラが弱い!?」
大妖精「ええ♪」
リンク「んも?、ちっちっち……まいったな?なめてもらっちゃこまるよ……」
リンク「ガァーーーーーーーっ!!!」
ナビィ「あ、あの力……大猿!」
大妖精「」ブォン
すか!
リンク「いいっ!?」
ナビィ「残像!?」
大妖精「う、し、ろ♪」
バキィイイイイン!
リンク「ぎゃっ!?」
ナビィ「ま、全く相手にならない……実力が違い過ぎる……」
218: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 22:26:47.98 ID:SKrScO8gO
大妖精「あなた、凄いパワーを持ってるけどまるで使いこなせてないわね。動きに無駄が多すぎるわ」
リンク「」ガーン
大妖精「そもそも読みやすいのよあなた。落ち着きが無いから動きが丸わかり♪」
大妖精「もっと心を無にしなきゃ」
すーーーー………
リンク「す、すげえ……ほんとに静かだ……全く気配を感じない」
ナビィ「か、勝てなくて当たり前よ……次元が違う……」
大妖精「空のように静かにかまえ、雷よりもく動きなさい。それが出来てやっと半人前よ」
シュン!!
ナビィ「いつの間に後ろに……!!」
リンク「つ、つええんだな大妖精様……オラびっくりした」
大妖精「こんな事もできるわよ♪ あなた今右手で顔触ったでしょ♪」
リンク「え!? 何で見ないでわかったんだ!?」
大妖精「目で動きを読むんじゃ無いの♪ 空気のわずかな動きや相手の力の動きを感じるのよ」
リンク「すっげー! なあ! オラもそういうのできるか!?」
大妖精「修業しだいね?♪ ま、ここなら好きなだけ修業してもいいわよ♪」
リンク「おっしゃ! オラ修業するぞ!」
219: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 22:36:40.11 ID:SKrScO8gO
10分後
リンク「ハーッ!? ハーッ!? お、おかしいな……? オラそんな動いて無いのに……」
ナビィ「あのタフなリンクが息切れ……?」
大妖精「ここはハイラルで一番高い山の頂上よ? 空気が薄いから考えて動かないとすぐに息切れを起こすわよ」
大妖精「まだまだ動きに無駄がある証拠♪」
リンク「そっか……オラってまだまだだったんだな」
大妖精「キングドドンゴを倒して天狗になっちゃったみたいね、自分が一番強いと過信し、自分より強い存在がいることを忘れた……若い子にはありがちな事よ」
大妖精「ま、あなたって前向きそうだし、もうワクワクしてるんでしょ?」
リンク「おうっ! オラ今スッゴクうれしいんだ! オラよりつええヤツがいっぱいいるってわかったからな! オラもっと強くなりてえぞ!」
ナビィ「前向きね?。……でも、そこがリンクのいいところね♪」
大妖精「そういうこと♪」
精霊石探しは一事休み、リンクは己を鍛えるべくデスマウンテンに留まる事となった……
220: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/02(金) 22:40:04.47 ID:SKrScO8gO
休憩
実は神様の所の修業がベジータとの決定的な差なんじゃないかと思っている。
221: 以下、

確かにベジータは精神修行とは無縁っぽい
223: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 10:05:25.29 ID:nAAaXRmPO
それからの修業はリンクにとって初めてのものばかりだった。
大妖精「あたしと鬼ごっこよ♪ 捕まえてご覧なさい」
リンク「わかった!」
--
大妖精「ナビィ、あなたもついでに鍛えてあげるわ♪ あなたのパワーもだいぶ通常の妖精とは一線を画してるみたいだしね」
ナビィ「は、はい! お願いします!」
--
リンク「な、なあ、こんなじーっとしてるだけでいいんか?」
大妖精「パワーだけじゃダメなの。勇者は心もつよくなくっちゃ。まずは落ち着くことを覚えなさい」
リンク「オカリナ吹いてる時ってそういえば落ち着いてる気がすんな」♪?♪?
--
大妖精「せめて国語と算数くらいできるようになりなさい! これは生きていく上で必要な事よ♪ 頭も鍛えて文武両道よ」
ナビィ「16×55は?」
リンク「え?と、ろくごさんじゅうだから……」
28
ナビィ「……なにこれ」
リンク「へへへ? 当たってる?」
このあとの出来事は言うまでもなし
アギャアアアアア!
コノ ドテイノウガーッ!
一ヶ月後(?)
リンク「だっ! りゃっ! はっ!」
バババババババババババ!
大妖精「へえ! 随分やるようになったわね!」
224: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 10:15:03.15 ID:nAAaXRmPO
ナビィ「あの、大妖精様、あたしたちもう一ヶ月位ここにいる気がするのですが」
リンク「はー、そういやもうそんなに経ったのか」
大妖精「大丈夫よ♪ この泉は外界とは時の流れが少ーし違うの」
大妖精「多分外じゃまだ1日位しか経ってないわよ」
リンク「へーっ! ふしぎだな!」
大妖精「でももうそろそろいいかもね……基礎の基礎は叩き込んだつもりよ、後は実戦で鍛えなさい!」
リンク「オッス! わかりました!」
ナビィ「今までありがとうございました!」
大妖精「謙虚な心と向上心を忘れないようにね♪ 武術と言うものは突き詰めれば自分との戦いよ、己に負けないように精進しなさい」
「「はい!」」
『大妖精様の修業をクリアした!』ごーまーだーれー!
大幅にパワーアップしたぞ!
『残像拳を覚えた!』
『頭が良くなった!』
『ハートの最大値が増えた!』
225: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 10:26:13.02 ID:nAAaXRmPO
デスマウンテン山頂
リンク「へ?! ほんとだ! 入ったときとあんまし変わってねえや」
ナビィ「じゃあ私達ほんとにたった1日でパワーアップしちゃったのね」
リンク「これならちょっとやそっとじゃ堪えないぞ!」
ゲポラ「ホッホッホ! 大妖精の修業をクリアしたようじゃの」
ナビィ「あ!」
リンク「ゲポラのじっちゃん!」
ゲポラ「そのパワーはこの世界でも有数のもの……使い方を誤るでないぞ」
リンク「うん! オラ悪いことには使わねえぞ!」
ナビィ「悪さしたらあたしがしばいてあげるわ!」
ゲポラ「ホホッ! 逞しいのう、それでこそ勇者じゃ」
ゲポラ「わしはこれからカカリコに戻るが、送ってやろうか?」
リンク「うーん……いいや! オラ自分の力で下山するよ」
ゲポラ「ほう、なかなか言うのう、それではお前にヒントをやるとするかの」
ナビィ「ヒント?」
ゲポラ「最後の精霊石は水に関連する。以上!」
リンク「へ? それだけ?」
ゲポラ「考えるのも冒険じゃよ、それに今のお前ならハイラル中を動き回っても疲れんじゃろうからな!」
ゲポラ「ではさらばじゃ!」
バサッ バサッ
226: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 10:37:43.90 ID:nAAaXRmPO
リンク「水か?、つってもイマイチピンとこねえな」
ナビィ「うーん、水……川とか湖かな? とにかく一旦カカリコに戻って情報をあつめましょ!」
リンク「よし! そんじゃ戻るか!」
ぴょん!
なんの躊躇いもなく崖から飛び降りた!
リンク「次はどんなつええヤツがいるんかな!? ワクワクしてきた!」
パワーアップを遂げたリンクとナビィ
精霊石探しもいよいよ大詰めとなった……!
227: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 10:43:22.71 ID:nAAaXRmPO
次回予告
オッス! オラ リンク!
最後の精霊石を探しにハイラル中をはしってんだけどなかなか見つかんねえなー!
ちょっと寄り道したロンロン牧場ってとこにはマロンがいたぞ!
そしてハイリア湖畔に着いたらゾーラってのに会って……え? 人を探してる?
次回、トライフォースZ!
人探し! ゾーラのお姫様!
見てくれよな!
230: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 16:22:13.08 ID:wQuJ2QmzO
デスマウンテンの大妖精の修業を終え、リンクとナビィは大幅なパワーアップを遂げた……いよいよ最後の精霊石を探しに下界へと降りる!
人探し! ゾーラのお姫様!
カカリコ村
姉さん「」ぽーっ……
シロー「親方、あの子今日も……」
親方「お、おう、リンクが山に行ってからずっとああだ」
親方「よっぽど気に入ったんだなあ……男っ気の無いアイツがなあ」
ジロー「でもロマンチックよね?! 歳の離れた姉弟みたいな二人のロマンス!」
イチロー「キャー! ステキ!」
親方「こういう話には食いつきがいいなおめぇら……」
「おーい!」
姉さん「!」
親方「お?」
リンク「帰ったぞ?!」
姉さん「リンク!」
231: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 16:29:55.74 ID:wQuJ2QmzO
親方の家
親方「へえ! 大妖精様の所で修業を! おめぇ大したヤツだな!」
リンク「ガツガツ……んん、ああ! すっげえ強かったよ! パワーだけじゃダメだって教えてくれた!」
姉さん「美味しい? もっと食べな♪」
リンク「おう!」
おばちゃん「作るのはあたしだけどね……あんたいつまで経っても料理上手くならないんだから」
姉さん「う、うるさいわね! あたしだってたまには」
おばちゃん「スープ作るのに何故かチャーハンが出来上がるへっぽこの言う台詞じゃないね」
姉さん「うぐっ!?」
リンク「オラチャーハン好きだぞ!」
姉さん「リンク……!! いい子ねアンタ……!」
だきっ
リンク「わわっ、ムネおしつけんなって!」
姉さん「今日も一緒にオフロ入ろっか♪」
232: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 16:37:49.59 ID:wQuJ2QmzO
オフロ♪
姉さん「はい、ばんざーい♪」
リンク「ばんざーい!」
姉さん「はい、ごしごし……やっぱり火山灰だらけよアンタ、よく洗わなくっちゃね♪」
リンク「あはは! くすぐってえぞ!」
姉さん(それにしても不思議ね、たった数日見ないだけなのに随分逞しくなったような……)
姉さん(あの幼いけど男らしい手で触られたら……)
姉さん「」ゾクゾク
姉さん「ね、ねえ、リンク……」
リンク「ん?」
姉さん「あたしも洗ってくれない? その……前を♪」
233: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 16:44:29.99 ID:wQuJ2QmzO
リンク「ここか? いいぞ! ごしごし?!」
姉さん「んっ! んんっ! あっ! そ、そう……そこよ♪」
姉さん「もっとほら……おっぱいの先、膨らんできたでしょ? そこも……」ポー
リンク「変なヤツだなぁ、顔赤いぞ?」
姉さん「リンクの手が気持ちいいから……もっと、ね? おねがい……」
リンク「よーし、ならもっと頑張っちゃうぞ! それごしごし?!」
姉さん「ああああああああんっ!」
ナビィ「大人の階段は……早いわよリンク……」
※二人はやましいことはしてません、あくまでスキンシップです、OK?
236: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/03(土) 17:27:17.52 ID:wQuJ2QmzO
翌日
親方「水に関係ある場所? そったらおめぇ、ハイリア湖畔かゾーラ川だな」
姉さん「あたし、ハイリア湖畔のみずうみ博士の所にコッコの研究しに行ってるから聞きたいなら博士に聞いてみれば?」
ナビィ「みずうみ博士?」
姉さん「ハイラル一の博士よ、ちょっと変わり者だけどね」
リンク「そいつなら何か知ってるかもな……よし! ハイリア湖畔に行くぞ!」
親方「……なあおめぇ、その御使いってのが終わったらウチに住まねえか?」
リンク「へ?」
親方「おめぇさえ良ければその、なんだ、コイツもおめぇの事気に入ってるし」
姉さん「おとうさん! いいのそう言うことは!」
姉さん「ごめんねリンク、さっきのは忘れて?」
リンク「お、おお?」
親方「でもよ、おめぇの気持ちは」
姉さん「リンクはこんな田舎で燻っていい子じゃないの! ……だけど、たまには遊びに来なよ♪」
ちゅっ♪
『姉さんにちゅっしてもらった!』
リンク「おお? なんだ今の」
ナビィ「リンク、とりあえずありがとう言いなさい」
リンク「へ? 何でだ?」
ナビィ「いいから」ゴゴゴゴゴゴゴ
リンク「わ、わかった……!? サンキューな、姉ちゃん!」
姉さん「また来てねリンク、今度はもっとイイコトしようね♪」
完全に年下趣味に目覚めたコッコ姉さん
その日の夜のアレは最高に燃え上がったと言う……
239: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 07:17:20.10 ID:ywW56SIBO
ハイラル平原
ナビィ「ハイリア湖畔はここからだとかなり遠いね!」
リンク「修業してなかったらもっと時間かかってたけど今のオラたちならすぐに着くな!」
ナビィ「じゃあ少しゆっくり行こうかしら? ……あら?」
リンク「ん? なんかでっけえなあ? なんだありゃ」
ナビィ「えーと……タロンとマロンのロンロン牧場……はて? どっかで……」
リンク「ああ、マロン! 牛乳くれた! いや?一ヶ月も修業してたからすっかり忘れてた!」
ナビィ「寄ってく? お礼したいしちょっと面白そうだし」
リンク「そうだな! うめえもんあるといいな!」
240: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 07:28:53.46 ID:ywW56SIBO
ロンロン牧場
ハイラル王お墨付きの牧場
畜産による経営の外観光地としても有名。
栄養満点のロンロン牛乳の販売、優秀な騎馬の調教など王家にとっても重要な施設である。
その半ば国営の牧場を一手に担うのが……
インゴー「このハイラル随一の雇われ人インゴー様だ!」どーん
リンク「オッス! オラ リンク! おっちゃんちょっと見学するよ!」
ナビィ「お邪魔しまーす」
インゴー「ふん! 子どもは気楽でいいな! こっちは毎日忙しいってのによ!」
インゴー「まあ邪魔しねえなら好きに見ていきな! ほら、あっちが放牧場だ!」シッシッ
ナビィ「ぶっきらぼうだけどいい人ね」
リンク「オラ ステーキや馬刺しが生きてる所見るの初めてだ!」
ナビィ「あらら」ズッコケ
241: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 07:41:10.69 ID:ywW56SIBO
マロン「♪♪♪? ♪♪♪?」
ナビィ「いた、マロンよ」
リンク「オッス! 久しぶりだな!」
マロン「……? キミ、誰?」
リンク「へ? オラ リンクだぞ?」
マロン「リンク……? 知らない」
ナビィ「忘れられちゃったかしら?」
リンク「うーん困ったな…?」
マロン「……ぷっ、あはは! 冗談よ! 冗談!」
リンク「へ、冗談?」
マロン「このまえのおかえし! びっくりしたんだから!」
ナビィ「おかえし?」
マロン「あたしのおまた、ぱんぱんしたでしょ? 妖精クンのえっち!」
リンク「あー、そいやオラおめぇにぱんぱんしたっけか」
マロン「でもおとうさんを呼んでくれたから許してあげる! ようこそロンロン牧場へ!」
242: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 07:54:35.01 ID:ywW56SIBO
タロン「おーい、マロン、そろそろ飯だぞ」
マロン「あ、おとうさん! リンクが遊びに来たわ!」
タロン「リンク……ああ、この前城で会ったボーヤか、よく来たな?!」
リンク「おっちゃん久しぶりだな!」
タロン「礼と言っちゃなんだけど飯でも一緒に食べるか?」
リンク「いいのか? サンキュー!」
マロン「あ! あたしリンクと一緒に食べる! お外で!」
タロン「そうか? んじゃふくろで持っていきなさい」
マロン「はーい!」
ナビィ「なんだか随分楽しそうね」
インゴー「お嬢さんはいつも牧場で一人だからな、同い年の子どもなんて滅多に来ねえから浮かれちまってんだろ」
インゴー「……できるだけ仲良くしてやってくれねえかな? あんなに楽しそうなお嬢さんは久しぶりに見たんだ」
ナビィ「リンクならその点は大丈夫よ! 誰とでも仲良くなれるからね」
243: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 08:07:57.77 ID:ywW56SIBO
リンク「モグモグばくばく……! うめえな! これ全部マロンが作ったのか?」
マロン「そうよ、ここの炊事はぜーんぶあたしがやってるの! はい、これも!」
リンク「お、これロンロン牛乳じゃねえか、これ飲むと元気がでんだよな」
マロン「でしょ?でしょ? みんな美味しいって言ってくれるのよ! リンクにもわかってもらえて嬉しいわ」
パカポコ……
リンク「ん? なんだコイツ」
マロン「あ、あれはエポナって言うの、あたしの友達よ! リンクにも紹介したげる」
エポナ「ブルル」
リンク「オッス!」
エポナ「ヒヒン!?」
ナビィ「あら?」
マロン「だめだわ。リンクのこと、恐がってるみたい。あたしにはよくなついてるのに……いい子  
なんだけど……」  
リンク「うーん、三日前くらいにサクラ食ったのがまずかったかな?」
※サクラとは馬肉のこと。脂身が少なくて食べやすい。馬刺しにすると旨い。
エポナ「」ガタガタ
ナビィ「余計怖がっちゃったわね」
マロン「そうだわ!」
245: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 08:23:54.73 ID:ywW56SIBO
マロン「エポナの好きな歌があるの。これならエポナも安心するわ。他の人には教えないけど、リンクにだけは教えてあげる」
♪♪♪? ♪♪♪?
リンク「なんか優しい歌だな! よし!」
『エポナの歌を覚えた!』
マロン「これ、お母さんが作った歌なの。お母さん、あたしが小さい頃に死んじゃったけど、この歌は ずっと覚えてるんだ。エポナもこの歌が好きだから、『エポナの歌』って題にしたのよ」
エポナ「ヒヒン♪」
リンク「お! おめぇオラが怖くねえんか?」
エポナ「♪」スリスリ
リンク「あははくすぐってえって!」
マロン「エポナもリンクの事気に入ったみたいね! 良かった♪」
--
マロン「ねえ、リンクっていままで何やってたの?」
リンク「んーとそうだなあ、カカリコ村行ってデスマウンテン登ってドドンゴ倒して……大妖精様の所で修業してた!」
マロン「へ?、リンクって色んなところに行ってたのね、あたしなんて牧場と城下町位しか知らないわ」
リンク「オラもつい最近まで森しか知らなかったけど、外に出て良かったぞ! うめえ飯やつええヤツがいっぱいいるからな!」
マロン「……なんか、いいなあ。あたしもそんな冒険してみたいなあ」
マロン「ねえ! 今夜は泊まっていってよ、あたしリンクのお話もっと聞きたいわ」
リンク「別にいいぞ!」
マロン「やった♪ それじゃあたし晩ご飯の用意してくるね♪ いっぱい美味しいの作ったげる♪」
リンク「サンキュー! マロン!」
246: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 08:32:53.43 ID:ywW56SIBO
夜 アオーン
リンク「ひゃー食った食った! マロンの飯ならオラ毎日でもいいな!」
ナビィ「その台詞は本人の前で言ってあげなさい」
リンク「どういう意味だ?」
コンコン
ナビィ「ほら、来たわよ」
マロン「リンク、寝ちゃった?」
リンク「オラならまだ起きてっぞ?」
マロン「ちょっとだけいい? 見せたいものがあるの」
リンク「?」
247: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 08:40:01.26 ID:ywW56SIBO
馬小屋
リンク「狭いなあ、どうしたんだこんな所で」
マロン「しっ! インゴーさんに気付かれちゃうわ。……ほら、来た」
インゴー「ほら、こっちだ」
馬「ブルルッ……!」
リンク「なんかあのウマ様子が変だな」
マロン「今日は滅多に見れないからね……スゴいんだから、アレ」
ナビィ「アレ?」
マロン「お薬の入ったエサを食べさせて興奮させてるの。この先にいるのは……牝馬よ」
ナビィ「そ、それって……! もしかして」
マロン「うん♪」
248: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 08:42:28.07 ID:ywW56SIBO
マロン「ウマのた・ね・つ・け♪」
249: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 08:47:09.49 ID:ywW56SIBO
ナビィ「ブーーーーーーーッ!?」
リンク「たねつけ?」
マロン「うん♪ いっしょに見よ♪」
リンク「おもしれえんかそれ?」
マロン「うん、見てると体があつくなって、おまたがもじもじしてくるの」
ナビィ(こ、この子……!!)
――――ませてやがる!!!
ナビィ「だ、ダメよ! 子どもはもう寝る時間よ!」
リンク「ナビィ、ちょっと声おっきいぞ?」
マロン「そうよ、バレちゃったら怒られるわよ」
ナビィ「あ、あなたたち……!!」
250: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 08:58:15.93 ID:ywW56SIBO
種牡馬「ブルル!」
牝馬「ブルッ」
リンク「へーっ! ウマのちんちんってあんななんだ、でっけえなあ」
マロン「あ、ほら、のしかかって……あ」ドキドキ
ナビィ「す、スゴい迫力」ドキドキ
--
リンク「アレどこに入れてんだ?」
マロン「……それは……んっ! リンクのえっち……んんっ!」ゴソゴソ
リンク「マロン、何で向こう側向いてんだ?」
--
マロン「――――んんんっ! ……ふぅ」ビクビクッ
ナビィ「……」
マロン「すごかったあ……それに、いつもより興奮しちゃった」
マロン「リンク、どうだった?」
リンク「ぐがああああZZZ……」
マロン「……むう……」
251: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 09:06:12.02 ID:ywW56SIBO

マロン「途中で寝ちゃうなんてひどいんだから」
リンク「わりいな! ちょっとオラには退屈だった」
ナビィ「んん、まあリンクならこうなるわね」
マロン「あたしね、将来は白馬に乗った王子さまが迎えに来て、その腕に抱かれるのが夢なの」
マロン「いつかその時のためにって……アッチの知識はいっぱいあるの」
ナビィ(ませてるなあ)
リンク「アッチ?」
ナビィ「リンクにまだ早いわよ!」
マロン「……でもね、一人じゃ練習できない事もあるの」
リンク「なんだそれ?」
マロン「……ねえ、リンク」
マロン「あたしとチューの修業しない?」
252: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 09:11:41.30 ID:ywW56SIBO
ナビィ「な……な!?」ガタガタ
リンク「修業? どんな修業なんだ!? オラ興味あるぞ!」
マロン「とっても気持ちよくて……ふわふわして……イイコトよ……♪」
リンク「その修業で強くなれるんか?」
マロン「強くなれるよ……。いっぱいね♪」
リンク「よし! オラそのチューって修業やるぞ!」
ナビィ「ま、待ってリンク! チューは修業でもなんでもな」
マロン「あなたは黙っててね♪」
ナビィ「むぎゅ!?」
253: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 09:19:28.91 ID:ywW56SIBO
マロン「目を瞑って……あたしの肩を抱いて……そう、そうよ」
リンク「こうか?」
マロン「うん♪ そのままゆっくり……口を近づけて……」
リンク「ん????」
マロン「……!」ドキドキ
リンク「……!!! マロン! 離れろ!」
ドンッ
マロン「きゃ! なにするのよ!」
びゅおっ!
マロン「ひっ、な、何?」
ナビィ「リンク!」
リンク「ああ! 気が複数……、取り囲まれてる……!」
マロン「え、え?」
リンク「来るぞ! 今度はオラから離れるなよ!」
グエー「ギャア! ギャア!」リアジュウ
グエー「ギャース!」シスベシ
グエー「ギャアアアア!」ジヒハナイ
254: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 09:28:22.18 ID:ywW56SIBO
グエー「ギャース!」SINE!
マロン「リンク! 危ない!」
リンク「遅い!」
バシッ
グエー「ぎゃ!?」
マロン「え、は、い……?」
グエー「ガガ?」
グエー「ギャ……?」
リンク「おめえらじゃ相手にならねえ、とっとと帰れ!」
グエー「ギャアアアア!」ホザケー
グエー「ギャギャ!」シネー
リンク「オラ帰れって言ったぞ! だりゃっ!」
バキィイイイン!
グエー「ぎゃっ!?」
リンク「だだだだだだだ!」
ズバババババババババ……!
リンク「ハァアアアアッ!」
ド ゥ ン ッ!
グエー「ギャーーーーッ!?」
255: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 09:43:50.37 ID:ywW56SIBO
マロン「あ……何十羽もいたのに……やっつけちゃった」
ナビィ「リンク、またくなったね」
リンク「マロン、ケガはねえか?」
マロン「え、あ……う、うん、ないわよ」ドキドキ
マロン(リンク…あたしを助けてくれた?)ドキドキ
マロン(それに、さっきの顔……いままでと違ってすごく真剣でかっこよかった……)ドキドキ
リンク「そっか! よかったな!」
マロン「!!!!!」ドキンッ!
256: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 09:53:08.31 ID:ywW56SIBO
ナビィ「リンク、このグエーやっぱり変な魔力を感じるよ」
リンク「ガノンドロフか……ちぃっとばかしゆっくりしすぎたかな」
リンク「マロン、わりいな! オラもう行く!」
マロン「え?」
リンク「おっちゃんたちによろしくな! また来るから!」
マロン「ま、待って! リンク!」
マロン「ぜったい……ぜったいまた来てね! そしたら……」
マロン「あたしをお嫁にもらってね!」
リンク「なんだ!? くれるんならもらうぞ!」
マロン「約束だからね!」
リンク「おう!」
ナビィ「ちょ、ま……はあ、しょうがないなもう……」
ガノンドロフの悪を感じたリンクは急いでロンロン牧場を後にした……
次の目的地、ハイリア湖畔を目指して……
マロン「行っちゃった……」
マロン「……ぜったいだからね……」
マロン「……んっ! あああっ!」クチュクチュ
熱い、体が熱い
こんな気持ちいいの初めて……
マロン「リンク……! ああんっ!」
おませな少女、マロン
その日のアレは普段の何倍も燃えたと言う……
257: ◆S0pw.EDnyA 2016/09/04(日) 09:54:00.27 ID:ywW56SIBO
お早うございます
そして休憩
マロンの扱いが良いのは作者のお気に入りだからです
259: 以下、
そら大人になったらでかくなりますわ
261: 以下、
リンクの野生度が高くなると、こんなことになるのか・・・
262: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【ハンターハンター】芭蕉とセンリツはなんでまだ組員やってんのwwwwwww

「下僕、悪いがちょっと手を貸してくれ…」 ちょっぴり困った状況に陥ってしまった猫さん達の画像集

EUの1.5兆円に続き、日本もApple子会社に120億円そっと追徴課税

【朗報】民進党、解党加速 党首選「正当性」めぐり亀裂 蓮舫氏「二重国籍」問題

伝説的ゲーム凄い! シリーズ化される事も無く第一作のみで伝説となり語り継がれるゲーム!

深夜徘徊してたら東方キャラが描かれた自治会ポスター見つけたんだがwww

【朗報】民進党、解党加速 党首選「正当性」めぐり亀裂 蓮舫氏「二重国籍」問題

【画像】 観光客の自撮りにうんざりする奈良公園の鹿の写真が話題に

【衝撃事件】ヤフオクでフェラーリを出品→現車確認時に強奪される

【VIP】歴史の授業でSUGEEEEEEと思った事書いてけ

アニメ「ポケモンジェネレーションズ」1話、2話がYoutubeで公開!

【悲報】フジテレビさん、視聴者に4ヶ月の我慢を強要する

back 過去ログ 削除依頼&連絡先