モバP「第二の無人島事件」back

モバP「第二の無人島事件」


続き・詳細・画像をみる


傘が刺さるって傘はそんなに頑丈なのか?
26: 以下、
another…
27: 以下、
アバンストラッシュごっこしてて足を滑らせたな…
28: ◆TDuorh6/aM 2016/09/04(日) 22:56:20.16 ID:hQkDypMMO
「…そんな…プロデューサーまで…」
昨日起きた出来事を説明するのに、大分時間を要した。
ありすちゃんに出来る限りショックを受けさせない様に言葉を選びながら。
自分達の気持ちの整理がついていないのに。
それでも、きちんと説明した。
もうこうなってしまっては、隠す事に意味など無いのだから。
むしろ、きちんと全員で考えなければならないのだ。
そうすべき事が、出来てしまったのだから。
「問題は…そうね。果たして、本当に文香の件が自殺かって事よ」
「…そうだよな…幾ら何でも…」
傘で自分を突き刺すなんて無理がある。
そう続けようとした奈緒が、途中で言い難くなって言葉を止めた。
一人で傘を二本持ち、真夜中に海辺へと向かう。
それだけなら、プロデューサーを想っての行動と認識は出来る。
けれども、そのまま自殺してしまう様な人だっただろうか。
「事故でああなるとは思えないわ。自殺の可能性も無くは無い。けれど…」
一息ついて、奏は続けた。
「他殺、と言う可能性が大きい気がするわ」
「だよな…この島に、あたし達以外の奴がいないとも限らないし…」
むしろ、そうとしか思えない。
幾ら何でも自分に傘を突き立てるだなんて無理がある。
誰かにやられたとしか…
そして、そうなってくると。
懸念すべき事がまた出てくる。
「まだそうとは断定出来ないけれど、気を付けなくてはいけないわ。みんな、厳重に注意してスタッフを待ちましょう」
29: ◆TDuorh6/aM 2016/09/04(日) 23:59:43.97 ID:uQievVF50
「だよねー…そんな気はしてけどさ…」
周子達のコテージで一度話を纏める。
文香を近くで見ていただけあって、その考えに直ぐ至った様だ。
「もしかしたら強風に煽られただけかもしれないけれど、気を付けておくに越したことは無いわ」
「私達も、きちんと鍵を掛けないとね。幾ら何でも不用心過ぎたかも」
不安を紛らわすべく、少し戯けてみる。
当然そんな事で緩和されるはずもないが。
コテージを出る時は出来る限り二人以上で。
雨と風も強いし海辺には近付かない。
必ず鍵を掛ける、等。
注意すべき事を出し合って、話をまとめていく。
けれど恐らく、誰も言わないけれど。
心の何処かで一つ。
とある考えが浮かんでいた筈だ。
「さて…そんな気は起きないでしょうけれど、朝食にしましょうか」
「そーだね、何も食べずに体調壊すわけにもいかんし」
キッチンとテーブルのあるコテージへと移動する。
傘が一本足りない為、ありすちゃんは奏と共同で一本だ。
とは言え風が強いせいで、ズボンや靴は濡れてしまっているけれど。
30: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 00:06:28.66 ID:hGjlNt6L0
鍵を開け、電気を付ける。
テーブルの上には食器が重ねられていた。
そう言えば、翌朝やろうと思ってだんだ…
完全に忘れてしまってた。
「トーストとサラダでいいわよね?」
「フレちゃんはコーヒーを御所望するよー」
「わ、私は紅茶で…」
先日事務所のカフェでブラックコーヒーを飛鳥と飲んでいるのを見かけたが、どうやらありすちゃんは無理をしていた様だ。
私は…ミルクティーにしようかな。
そう思って冷蔵庫を開けるも、中は空っぽだった。
「何も無い…牛乳はないの?」
「こういう場所にワザワザ持ってくる奴はいないんじゃないか?」
奈緒にバカにされた。
悔しいからインスタントコーヒーの粉を通常の二倍近くで淹れてあげる。
苦いけど噴き出さないくらいの絶妙な量だ。
未央から教えられて活かす機会なんて無いと思っていたけれど、人生何があるか分からない。
皆食欲はあまり無いけれど、それでもお腹は空いているようだ。
ゆっくりとだけれどトーストを齧る。
会話も少しずつ増えていた。
31: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 00:18:54.01 ID:hGjlNt6L0
「じゃ、今回はあたし達が洗っておくよ」
周子とフレデリカが洗い物を請け負ってくれた。
お言葉に甘え、私と奈緒はコテージへと戻る。
雨は全く衰えていない。
途中強風が吹いたせいで、ズボンがかなり濡れてしまった。
鍵を開けて、エアコンで除湿をつける。
部屋もかなりムシムシしてきていた。
「軽くシャワーでも浴びようかな。奈緒は?」
「あたしはいいよ、髪乾かすの面倒だし」
面倒て…確かに奈緒の長さと量だとかなり大変そうだけど。
ぱぱっと身体を洗い、部屋着に着替える。
ドライヤーで髪を乾かしている間、色々と考えていた。
これから、どうすればいいか。
「奈緒ー」
「…んー…」
…寝ていた。
体力的にも精神的にも疲れてしまったんだろう。
部屋着に着替えるだけの元気すら残っていなかったみたいだ。
まったく…
ベッドの真ん中まで運んであげる。
ついでに横に添い寝して、背中をポンポンと叩いてあげるオプションサービス付きだ。
「…歳上とは思えないなぁ…」
本人に聞かれたら怒られそうな事をポツリと呟く。
割と普段から言っているけど。
ざあざあと、雨の音だけが響くコテージ。
少しずつ私の意識も薄れていった。
32: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 00:36:45.67 ID:hGjlNt6L0
ザーッ!と、雨の音であたしは目を覚ます。
気付けば、眠っちゃってた様だ。
色々とあったせいで良い感じに疲れが溜まってたんだろう。
同じコテージの凛にみっともない姿を見られちゃったかもしれない。
はぁ…バカにされるネタを自ら提供しちゃうなんて…
「…奈、緒……な………お…………」
ふと隣を見れば、同じベッドで凛が寝ていた。
もしかしたら、あたしを安心させる為に横に居てくれたのかもしれない。
はぁ…一応歳上だってのにな。
なかなかお姉さんっぽい所を見せてやれてない。
凛も寝てるし、起こしちゃ悪いな。
そう思って、そこで違和感を感じた。
なんで、窓が開いてるんだ?
なんで、凛はあんなに苦しそうにあたしの名前を繰り返してたんだ?
なんで…白かったシーツは、こんなに赤くなってるんだ?
「…うそ…だよな?」
返事は無い。
少しずつ、現実を理解し始めた時。
あたしは奏達のコテージを目指して、走り出していた。
34: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 14:16:20.48 ID:Cp3kkavAO
「奈緒はありすちゃんを連れて周子の方に向かって頂戴。私はフレデリカと凛の方に向かうわ」
奏とありすのコテージに到着すると、本を抱えたフレデリカも居た。
焦りながらも端的に状況を説明。
あたしを落ち着かせながらも話を纏めて指示を飛ばしてくれた奏に感謝し、ありすと共に周子のコテージへと向かう。
「…凛…大丈夫だといいんだけどな……」
「だ、大丈夫ですよ。きっと体調を崩してしまっただけです」
年下のありすに慰められながら、強い雨の中を歩いた。
もし、あたしがしっかりと起きていたら。
もしかしたら、助けられたかもしれないのに。
こんこん、と扉をノックする。
「あたしとありすだ、開けてくれないか?」
「はいはーい」
鍵が開く。
扉の先には、タオルを頭にかけた周子がお煎餅を咥えていた。
「どしたのーん?何かあった?」
のんびりと、お茶を出してくれる。
けれども今は落ち着いている場合ではないのだ。
だって…
「凛が…やられた…」
「…は?」
35: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 14:30:29.70 ID:Cp3kkavAO
「…手遅れ、だったわ…」
「…そうか…」
残りの全員を集め、奏はそう報告した。
なんだかもう、何かを叫ぶ気力すら残っていない。
あたしはただ項垂れていた。
周子が気を利かせて背中をさすってくれている。
きっと普段だったら、その役割は凛のモノだったろうに…
すぐ横に、凛はいたのに。
あたしは何も出来なかった。
無力感が心を埋める。
「貴女が気にする事では無いわ…と言っても気休めにすらならないでしょうけど」
凛の身体は、プロデューサーのコテージへ運んだらしい。
奏は直ぐこのコテージへと来たからフレデリカ一人で運んだのだろう。
見かけに寄らず案外力がある様だ。
「窓は開いていたけれど、破られた形跡は無いわ。つまり、内側から開けたという事ね」
「凛はちゃんと扉の鍵は閉めてた筈だ。だとすると…」
言葉を続けるのが怖い。
恐らく誰もが思い浮かべているであろう事。
けれど、それを口にする訳には…
「…私から言わせて貰うわね」
はぁ…と、一息ついて奏は続けた。
「恐らく、凛は自ら窓を開けた。つまり…彼女の知っている人が…」
全てを行った。
そう言葉にしたとき、コテージは一気に鎮まった。
体感温度がぐっと下がる。
そんな気はしていた、けれど。
言葉にされると、余計にショックが大きかった。
「…貴女達を疑いたい訳じゃないけれど…そうとしか思えないのよ」
「あ、あたしじゃないぞ!あたしが凛を…そんな事!」
「分かってるわ。犯行は誰にでも可能だもの」
違う、そうじゃない!
そういう事を言いたいんじゃなくて…
空気がピリピリとしてきた。
つい昨日まで仲良く会話していた人が、途端に怖くなってくる。
誰もが、口を閉じたまま。
雨と時計の音だけが、コテージに反響していた。
36: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 14:40:15.57 ID:Cp3kkavAO
結局その後、あたしは自分のコテージへと戻った。
ありすちゃんを不安にさせる訳にはいかないわ、と。
奏もたま、一人でコテージへと戻って行った。
フレデリカ、周子と三人でなら不安も紛れるだろう。
特にこの場合、一人よりも二人の方が怖いのだから。
はぁ………
大きく溜息を吐き、鍵を閉める。
窓から吹き込んだ雨で濡れている床もそのままに、私は再びベッドへと倒れこむ。
シーツは、奏かフレデリカが取り替えてくれた様だ。
…さっきまで、隣には凛が…
「嫌だなぁ…こんな空気」
誰かが誰かを疑っている。
そんな風になる日が来るだなんて、みじんも想像できなかった。
ほんの数日前まで笑いあって、励ましあって。
共に進んできた仲間だったのに。
何となく、部屋に居たくなくなって。
あたしは一度外の空気を吸おうとコテージから外に出た。
相変わらず雨と風が強い。
何時になったら、収まるんだろう。
「…あれ?」
遠くに、誰かの人影が見えた。
目を凝らせば、フレデリカの様だ。
その両腕には何かが積み上げられている。
何かを運んでいる最中みたいだ。
クーラーボックスか?
そんな事を考えている内に、姿は見えなくなった。
くそっ、雨のせいで視界が悪い。
まぁ後で聞けばいいか。
そう結論付け、あたしは再びコテージへと戻った。
少しでも落ち着く為にコーヒーを淹れる。
テーブルに乗った凛の宿題からは出来るだけめを逸らして。
ゆっくりと、一息つく。
…疲れてるなぁ…
再び襲ってきた睡魔に、コーヒーは大して仕事をしてくれなかった。
仕方がない、逆らわずに寝ておこう。
きちんと扉と窓に鍵が掛けられている事をチェックし、あたしは意識を放り投げた。
38: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 15:00:26.20 ID:Cp3kkavAO
こんこん、こんこん
ノックの音で目を覚ます。
「鍵は掛けてな…あ」
いい掛けて、途中で思い出した。
現状、そして鍵を掛けていたと言う事を。
のそのそと歩いて鍵を開けると、傘をさした奏が立っていた。
「そろそろ夕飯にしない?そんな気分じゃないなもしれないけど、倒れても大変よ」
「…そうだな、一応何か口に入れておくか」
「フレちゃんと周子が作ってくれてるわ」
傘を取り、雨の中奏と歩く。
それにしても…同い年の筈なのに奏はよくこんなに落ち着いていられるな。
その冷静さは素直に羨ましい。
「…なんだか、色々あり過ぎて頭が追いつかないよ。奏はよくそんなに落ち着いてられるな」
「私だって参ってるわよ…でも、他の子達を不安にさせる訳にはいかないもの」
頼りになるなぁ。
あたしも、そんな風に振る舞えたら良かったんだけど。
少し歩くと、向こうからありすと周子が歩いて来るのが見えた。
どうやら彼方のコテージには周子が呼びに行ったらしい。
少し二人の間に距離がある様に見えるけれど、それも仕方のない事だろう。
「夕飯はこのしゅーこちゃんが腕をふるってあげたからねー、味の保証はしないけど」
ようやく会話が出来た、と。
笑いながら言葉を掛けてくる。
少し離れた所からは、ありすが無表情で此方を見ていた。
「黒糖饅頭スープって言葉がさっき聞こえたけど、大丈夫なのよね?」
「流石に今はそんな事しないかな」
普段だったらするのだろうか?
他愛の無い会話を交わしながら、キッチンのあるコテージへと到着。
ありがたい事に、雨で服がびちゃびちゃになる事は無かった。
「あれ?ドア開けっ放しやん。奏最後開けっ放しで出てきたん?」
「バカにしないで、そんな事しないわよ」
39: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 15:01:19.81 ID:Cp3kkavAO
一瞬にして空気が固まる。
幾ら何でもフレデリカがこんな状況で扉を開けっ放しにするとは思えない。
だとしたら…
…まさかっ!
あたしが走るよりも先に、周子はコテージへと駆け込んだ。
少し遅れて奏とあたしも追い掛ける。
「フレデリカ!大丈夫?!」
「…3人とも…あんま、近付かん方がいいかもよ」
周子がそう忠告してくる。
ありすをコテージの外で待たせ、あたしと奏は近付いた。
何かが倒れているのが見える。
それは、人の形をしていて。
床は赤いペンキをブチまけた様に染まっている。
「…うそ、だろ?」
両腕で身体を抱き締める様にして。
口に大量のフォーク・ナイフ・スプーンが突き刺さったフレデリカが倒れていた。
40: 以下、
こわいわ
41: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 20:37:42.09 ID:Cp3kkavAO
もう言葉も涙も、何も出てこなかった。
心が麻痺してしまったのかもしれない。
目の間で起きている現象を、認識したくないからかもしれない。
フレデリカの身体は、周子が背負ってプロデューサーのコテージへと運んでいった。
その間あたし達は、椅子に座ってただぼーっとしている。
誰も口を開かない。
あまりにもショッキング過ぎて言葉が出てこないのだ。
テーブルの上には美味しそうなスープが五つ。
けれどうち一つは、決して手をつけられる事は無い。
「…早く、晴れると良いわね」
そんなありふれた世間話に対しても、返事は無い。
ありすはずっとテーブルを見つめていた。
「…ただいまー」
「ごめんなさいね、辛い事をお願いしちゃって」
コテージに戻った周子も、椅子についてまた黙ってしまう。
雨音はまだ、強いままだ。
「食欲なんて無いでしょうけれど、一応食べておきましょうか」
そう言って奏は、ゆっくりとスプーンを動かした。
ありすは、何かを警戒している様で食事に口をつけない。
当然あたしも、食事なんてなかった。
けれど、食べなければ。
せっかくフレデリカと周子が用意してくれたのだから。
そうは思っても、なかなか腕は動かない。
「いよし、あたしも食べよーかなー」
周子も、一息ついて腕を動かし始めた。
フレデリカの件について、なんとなく考えている事はある。
高確率で、可能性的には。
周子か奏が、犯人と言う事だろう。
ありすはコテージにいたらしいし、あたしが犯人でない事はあたしが一番分かっている。
となると、二人しか犯行可能な人物はいないのだ。
けれどそんな事、口に出したく無い。
これ以上嫌な雰囲気の中、晴れるまで待つなんて嫌だから。
「おいしいね、このスープ」
「ふふっ、貴方達が作ったのでしょう?」
「味見なんてしてないよ。大体目分量だったし」
既に二人は、何時もの雰囲気に戻っている。
怪しいと言えば何方も怪しい。
「にしても、何時になったらこの雨は止むのかしら」
42: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 20:47:12.17 ID:Cp3kkavAO
「あ、それなら…」
ふと、周子が腕を止めた。
「さっき西の方の空を見たんだけどさ、雲が少しずつ薄くなってたよ。だから…」
お!もしかして!
「もう直ぐ……?っ!?」
…え?
バタン、と。
言葉の途中で、周子がいきなり倒れた。
「…周子?……周子!!」
「ちょっと、こんな時に悪ふざけなんてよして頂戴…周子?」
隣に座っていた奏が周子の元へ駆けつける。
「…大丈夫…ですか?」
「…ありすちゃん、その食事に口をつけないでね」
冷静に、奏がありすへと注意を飛ばす。
少しずつ足元に、何かが広がってか。
あぁ、さっきも同じモノを見たな。
随分と、あたしは冷静だった。
床が血で染まっているだなんて、本来ならトラウマものなのに。
既に心は疲れ切っていた。
44: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 22:45:23.13 ID:Cp3kkavAO
「…一旦、自分のコテージに戻るわ。貴女達も、鍵を掛けて気を付けて」
食器もそのままに、奏はそそくさと出て行ってしまった。
流石に堪えたのだろうか、と。
そう、昨日までのあたしならそう判断していただろう。
けれど。
「…奏さん、ですよね。この件の犯人は……」
ありすの一言で、あたしは改めて認識した。
二択から周子が外れた今、もう奏しかありえないのだ。
それ以外の人がこのキッチンのあるコテージには居なかったのだから。
「…もう直ぐ、晴れるって。周子はそう言おうとしてたよな」
「はい…だとしたら……」
スタッフは、もう直ぐこの島に来る。
それは奏も分かっている事。
ならば。
それよりも前に、何か行動を起こしてくる筈だ。
ありすの方へ行くかあたしの方へ来るかは分からない。
けれど、確実に。
何かしらのアクションがある筈だ。
「奏さんも、自分が疑われていると気付いてる筈です」
「だから自分のコテージに戻って準備を整えてる。そう考えるのが自然だな…」
45: ◆TDuorh6/aM 2016/09/05(月) 22:45:50.92 ID:Cp3kkavAO
結局周子が何故倒れたのかはっきりとはしていない。
けれど恐らく、毒的なモノだろう。
そして食事に毒を盛るチャンスがあったのは、奏しかいないのだ。
「…きちんと、作戦を立てましょう。これを奈緒さんに渡しておきます」
「これは…コテージの鍵じゃないか!」
「ここへ来る時、閉めずに出てきました。ですから私は鍵が無くても入れます」
でももしあたしが犯人だった場合、ありすに逃げ道はなくなる。
それをあたしに渡すと言う事は…
「信頼してはいます。けれども奈緒さんが私を信頼してくれているかは分かりません。ですから、その証として…」
「安心しろ、あたしは絶対に違うから」
「…一旦それぞれのコテージへ戻りましょう。一時間後に、私のコテージに来て下さい」
47: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 01:55:57.86 ID:P1rpTf9G0
「…はぁー…」
一人でコテージへと戻り、大きく息を吐く。
緊張で胃が痛い。
色々な考えが頭を埋める。
なんで、こんな事をしたんだろう。
動機もなしにこんな事をするとは思えない。
何かしらの理由があるはずだ。
けれど、いくら考えても分かるはずがなかった。
取り敢えず、これからどう動くかだけ考えないと…
こんこん、こんこん。
立ち上がった時、扉がノックされた。
一瞬にしてあたしは身構える。
ありすは一時間後に自分のコテージに来てと言っていた。
つまり。
今ノックしているのは、高確率で奏だ。
「…奈緒…開けて」
怖くなって、居留守を使おうか迷う。
今開けてバッサリなんてまったくごめんだ。
よし、寝ている事にしよう。
それなら一番難なく流せる。
「……奈緒……」
ふと、何やら奏の声がおかしい事に気付いた。
何時もより覇気が無いと言うか、元気が無いと言うか。
そう、まるで。
今にも息絶えそうな、必死な声…
「どうした!奏?!」
いてもたっても居られず、あたしは扉を勢いよく開けた。
これでやられたらそれはその時だ。
それでも、やっぱり。
あたしは仲間を見捨てるなんて出来ない。
扉の先には、やはり奏が居た。
その手には大きな斧が握られている。
真っ赤に染まった、腕や足くらいなら両断出来そうな斧。
頭をやられたら、一瞬であの世へご招待されるだろう。
けれど、あたしがそれを恐れる事は無かった。
何故なら…
奏は既に、赤に染まって地に伏していたから。
49: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:02:00.37 ID:ccfnEh8tO
「…は?」
思わず、間の抜けた声を出してしまう。
奏がやられた?何故だ?
そんな筈はない。
だって、おかしいじゃないか。
奏が犯人じゃないとしたら、一体誰が…
「奈…緒……これ…を、見て………」
息も絶え絶えに、奏はあたしに何かを渡そうとした。
何とかして両手を伸ばす奏から、あたしは何かを受け取る。
それは、さっきから存在感を主張している大きな斧。
そして一冊の本だった。
「おい!奏!!何があったんだ!」
返事は無い。
それ以降、奏の口が開く事はなかった。
「おいおい嘘だろ!だとしたら誰が!」
そこであたしは、一つの考えに辿り着いた。
序盤にその考えは放棄してしまっていたけれど。
この島には、まだ誰かが潜んでいるという事に。
よくよく考えれば、そうとしか思えなかった。
現時点で動けるのはあたしのありす。
そしてその両者に、犯行は不可能だ。
ならば、他にも誰ががいるに決まっている。
凛の件も顔見知りしか成しえないと思っていたけれど。
犯人が凛を脅し、あたしを助ける為に自分一人が犠牲になったと考えれば…
凛が冷蔵庫を開けた時中は空っぽと言っていたけれど、あたし達は前日文香のスープを冷やしておいたのだ。
誰かが勝手に飲んでしまったのだとしたら…
まずいっ!ありすが!
「…え?奈緒さん………え……?
50: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:02:52.92 ID:ccfnEh8tO
「よかった、ありす…………?」
心配になったのか、ありすはあたしのコテージの近くまで来ていた。
けれど様子がおかしい。
まったく此方へ近付く気配が無い。
なぜだ?
ありすの表情は恐怖にそまっていた。
一体、なんでだ…?
と、そこであたしは思い出した。
あたしは今、奏から受け取った大きな斧を持っているという事を。
そして足元には赤く染まった奏の身体。
客観的に見てどう判断されるかだなんて、考えるまでも無い。
「ち、ちがっ!」
「いやぁぁあ!!いやぁぁぁぁぁぁぁあ!!!」
走って自分のコテージへと戻って行くありすを、あたしは全力で追いかけた。
51: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:24:07.73 ID:ccfnEh8tO
雨は、既に上がっている。
あと少しすればスタッフが来る筈なんだ。
それまで、ほんとにあと少しでいい。
なんとかしてありすを守らないと。
見失ってしまったありすを探し、あたしは島を駆け回った。
コテージの鍵はあたしが持っているから、コテージに逃げ込んだとは考えづらい。
キッチンの鍵もあたしが持っている。
プロデューサーのコテージと奏のコテージの鍵は奏が持っていた筈だ。
一体何処に…
何処かに潜んでいるかもしれない犯人の事すら忘れ、あたしは一人で走り回った。
なんとかしてありすが襲われる前に見つけて誤解を解かないと。
皆んなでお互いを信頼して協力していれば避けられた事件なんだ。
絶対に見つけてみせる。
また再び、ポツポツと雨が降り始めた。
けれど空に雲は少ない。
この程度なら船を出すのに問題は無い筈。
「ふふっ…まったく、文香さんは…」
52: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:26:52.04 ID:ccfnEh8tO
見れば、崖に向かってありすが歩いていた。
「おーい!ありす!!」
けれど何やら様子がおかしい。
まるで見えない誰かと手を繋いで歩いているように、不自然に片手が伸ばされていた。
そして、見えない誰かと会話をしている。
「あ、見て下さい!空に虹が架かってますよ!」
「おい!ありす!」
大きな声で名前を呼んでも、反応は無い。
そのまま、見えない誰かと共に歩き続けていた。
まずい!このままじゃ崖から!!
「とまれ!ありす!!」
「もっと、近付いてみましょうか。まるで空に橋が架かったみたいですね」
あたしの声は虚しく空へと消える。
歩き続けたありすは、そのまま崖から踏み出し。
あたしの視界から姿を消した。
53: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:37:46.07 ID:ccfnEh8tO
「…ははっ…あたし一人になっちまったな……」
なんだかもう、悲しむ気力も無い。
兎に角疲れた。
いっそこのまま、雨に打たれて眠ってしまおうか。
どうして…こんなことに、なったんだ…
今更あたし一人が事務所へと戻れたところで…
もう、一緒に活動していた仲間はいないんだ。
せっかく、頑張ってきたのに。
ふと思い出したのは、あたしのデビュー曲。
あたしの為に必死に走り回ってプロデューサーが用意してくれた、あたしだけの歌。
もう、歌う機会も無いんだろうな…
なんとなく、口ずさんでみる。
雨の中、虹のかかった空を背景に。
ちくしょく、現状にぴったりじゃないか。
…あれ?
口ずさんでいて、何かがひっかかった。
止まっていた時が動き出した様に、一瞬にして思考が冴える。
54: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:42:13.49 ID:ccfnEh8tO
最初に、プロデューサーが。
左半身が雨に打たれ、凛が近付こうとしたら波に攫われた。
二番目に、文香が。
一本傘を手に持ち、二本目の傘で貫かれ。
三番目、凛が。
あたしのすぐ隣で、あたしの名前を呼んで途絶えた。
四番目、フレデリカが。
自分を抱きしめる様にして。
口にスプーン・フォーク・ナイフ、つまり箸以外を刺されていた。
次に、周子が。
もう直ぐ晴れる、と。
言えずに倒れ。
その次に、奏が。
あたしの知らない本と斧を渡し、見せて。
最後に、ありすが。
雨の中手を繋ぐ様に、虹の橋へと向かって行った。
…なんだ、そういう事だったのか。
最初から犯人の狙いはあたし一人だった様だ。
その為に、他のみんなは…
だとしたら、そろそろあたしも狙われる頃だ。
けれど、最後まで思い通りになんてさせない。
最後に失敗させてやる。
それが、あたしに出来る唯一の事だ。
56: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:51:20.92 ID:ccfnEh8tO
「…ようやく、気付いたみたいだよ」
木々に隠れている私はそう報告した。
背後では、わいわいがやがやと皆が騒いでいる。
…隠れてるんだから、もう少し静かにしてくれないかな。
「…奈緒さんには、申し訳ない事をしてしまいましたね」
「でもありすちゃんノリノリだったよねー」
「それは…どんな演技でも、全力で挑まないといけませんから。あと橘です」
「電子書籍…素晴らしいですね。雨の中でも、外で読めるなんて…」
「はっくしゅん!…あー、寒い」
「プロデューサーだいじょぶ?ずっと海に浸かってて風邪ひいたん?」
「間抜けよね、一時間も半身海に浸して待機してたんだから」
…まぁ、見ての通り。
全員何事も無く普通に生きている。
プロデューサーは風邪ひいてるみたいだけど。
57: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 12:59:25.10 ID:ccfnEh8tO
ネタバラシしてしまえば、ドッキリだった。
一人ずつ減っていくクローズドサークルもの。
無人島にコテージと言うこれ以上ないシチュエーション。
けれど普通に減っていくだけではつまらない。
そうだ、折角だし奈緒の持ち歌になぞらえて消えよう。
そう提案したアホなプロデューサーによって、それぞれ割と無理のある死に方をしていった。
プロデューサー、文香、私まではまだいい。
問題はそのあとからだ。
口に箸以外、つまり口に箸無いとか。
本と斧渡し見せる、とか。
幾ら何でも無理がある気がする。
ジト目を向けたところ、だって思いつかなかったんだからと逆ギレされたけれど。
奏もフレデリカも大笑いしていた。
そのくらいアホな死に方の方が面白いとか。
面白い死に方って何なんだろう。
そんなこんなでクライマックス。
そろそろ本人にネタバラシしないと。
そう思い、奈緒の方を見た。
…あれ?居ない。
「ねぇ、プロデューサー!奈緒が居ない!」
「は?凛が見張ってたのにか?」
「皆んなが五月蝿くて突っ込みに忙しかったんだよ!早く探さないと!」
58: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:06:54.33 ID:ccfnEh8tO
まずい!まずい、まずい!!
アレだけ思い詰めた表示をしていた奈緒だ。
何か変な気を起こしてしまう可能性がある。
急いで見つけてネタバラシしないと!
全員で島中を走り回る。
コテージには居ない、砂浜にも居ない。
「こっちには居なかった!そっちは?」
「…キッチンにも…いませんでした…」
このタイミングでキッチンにいる筈が無いよ。
随分と余裕そうだね。
そう突っ込む事すらせず、私は走った。
何と無く、一つ心当たりはある。
けれどそれは最悪の結末だ。
急いで島中の崖を探す。
はやく、早く!!
そしてついに、私は奈緒を見つけた。
「みんな!早く来て!」
急いで全員を呼ぶ。
続々と集まっている間、奈緒は。
少しずつ、崖の先端へと近付いて行った。
59: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:08:32.66 ID:ccfnEh8tO
「奈緒!止まって!!」
「奈緒!止まれ!!」
声は届いている筈なのに。
奈緒の足は止まらない。
「ははっ…凛の声が聞こえるや……うん、あたしも直ぐ逝くから」
「ちがっ!」
涙を流し、それでも笑いながら。
奈緒は、その身を海へと投げ出した
60: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:17:31.81 ID:ccfnEh8tO
「奈緒……なおぉおおおお!!!」
プロデューサーが全力で崖へと駆け寄る。
私達は、足が動かなかった。
うそ…そんな……
ショック過ぎて、意識が飛びそう。
まさか、そんな…
私達の悪ふざけで、奈緒が…
「…奈緒……嘘だよね………」
「…凛さん、落ち着いて下さい……」
私まで後を追うと思ったのか、文香が私の身体を抑える。
フレデリカと周子も、呆然としていた。
ありすちゃんは座り込んでしまっている。
「嘘…そんな…私達のせいで……」
今にも泣き出しそうなありすちゃん。
プロデューサーは崖から下を覗き込み、未だに奈緒の名前を叫んでいる。
…どうして?
「どうして…?どうして文香はそんなに落ち着いていられるの?!私達のせいで、奈緒は!」
「凛、文香を責めても仕方ないわ…悪いのは、私達全員なのだから…」
奏に諌められ、けれど私は落ち着いていられなかった。
私の大切な友達が、私達のせいで…
こんな事になるだなんて、想像も出来なかった。
61: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:22:43.86 ID:ccfnEh8tO
「奈緒………奈緒!!ねぇ!」
私は叫ぶ。
現実を受け入れたくないから。
いやだ!こんな結末なんて!
奈緒を失うなんて。
絶対に認めない!
「ごめん!奈緒!!謝るから!!お願いだからっ!!」
ひたすらに、叫ぶ。
「嘘って言ってよ!ねぇ!奈緒!!!」
62: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:23:16.65 ID:ccfnEh8tO
「あぁ、嘘だぞ」
「……………は?え??」
つい、と崖の方へ視線を上げれば。
プロデューサーに引き上げられた奈緒が、笑って立っていた。
63: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:30:38.44 ID:ccfnEh8tO
「……ふーん………」
「あははっ、ごめんって」
笑いながら、プロデューサーと奈緒が近付いてきた。
頭では分かってはいる。
けれど、色々と追いついていなかった。
「…つまり、騙していたと思ったら騙されていたと言う事ね」
「逆ドッキリってやつかー、フレちゃんだいたい騙されちゃったよー」
…恥ずかしい。
ちょっと色々叫び好きだ。
「ドッキリ仕掛けてたんだからあたしの事責め辛いだろ、ふふーん」
「はははっ、みんな見事に騙されてたな。普段俺と奈緒を弄ってる仕返しさ」
プロデューサーを睨む。
ついでに奈緒も。
はぁ…確かに、騙そうとしていた手前強くは怒れない。
上手いやり方だね。
でもならこの感情をどこへぶつけようか。
「あっはははははははは」
「加蓮に面白い話を聞かせれやれるな!」
…よし。
取り敢えず、この二人にぶつけよう。
すーっと大きく息を吸い込み。
「ーーーーーこんのっ!!」
馬鹿!という言葉が。
島中に、反響した。
64: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:41:11.48 ID:ccfnEh8tO
「はっくしょんっ!!」
「プロデューサー、はしたないよ」
「あー…完全に風邪ひいてるなこれ…」
結局、全て茶番だったという事だ。
まんまとはめられてしまった訳だけど。
あー…悔しい。
と言うか、恥ずかしい。
「あら、凛。謝るんじゃなかったの?」
「…奏、さっき涙目になったせいでメイク崩れてるよ」
ちょっとした仕返し。
しばらくは、このネタで弄られそうだ。
…はぁ…
既に空は、完全に晴れている。
水温は少々低いけど、問題無いとフレデリカと周子は泳ぎに行った。
相変わらず文香はパラソルの下、ありすちゃんに引っ付かれていて。
私の正面には、正座しているプロデューサーと奈緒が居た。
「…凛さん、そろそろ足が痺れて…」
「何か言った?」
「何でも無いです」
文香は、途中で気付いていたらしい。
一番最初に退場してプロデューサーの部屋で本を読んでいる最中に、奈緒とプロデューサーとの手紙でのやり取りを目にしたとか。
だからあれ程落ち着いていたのだ。
「はぁ………」
ため息が止まらない。
まだまだ怒り足りない。
けれど、奈緒が無事でよかった。
そんな考えのせいで、妙に本気で怒る気にはなれず。
流完全燃焼の怒りを少しずつ消費すべく、二人を正座させ続けた。
65: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:46:45.91 ID:ccfnEh8tO
…そろそろ、許してあげようかな。
とは言えそう伝えてあげるのも恥ずかしい。
まるで私が子供みたいではないか。
…しょうがないな
「…そろそろ、折角だし泳いでこようかな」
わざとらし過ぎたかな。
もう怒ってない、とは口にしない。
けれど多分気付いているだろう。
「…凛」
「何、奈緒」
「謝ってくれないのか?」
「っ!!」
私が海を満喫するのは、もう少し後になりそうだった。
66: ◆TDuorh6/aM 2016/09/06(火) 13:48:10.69 ID:ccfnEh8tO
おわり
長々とお付き合いくださり有難うございました
元ネタはとあるドラマCDから
このスレを開いた方なら100%知っている筈のアニメ・ゲームのドラマCDです
68: 以下、
メイドカフェ編もあるのかな?なんてな
67: 以下、
アケマス時代のドラマCDとかクソ懐かしいわ
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472795837/
アイドルマスター10thメモリアルフィギュア
アニプレックス アニプレックス 2099-01-01
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 裕子「サイキック子作りです!」
- 芳乃「みなの初夢を覗いてみるのでして―」
- モバP「雪美食堂」
- 佐藤心、安部菜々「「心が叫びたがってるんだ」」
- 美嘉「みりあちゃんになんて、絶対に負けたりしない!」キリッ★
- 幸子「ち、注射なんて怖くないに決まってるじゃないですか!」
- 友紀「ねぇ?、いいでしょ?」
- 二宮飛鳥「みんなのきもちいい」
- 渋谷凛「朝起きたモバPに添い寝した状態で『昨日は凄かったよ』って言うドッキリ」
- 城島「おっ、ここが765プロか?」
- 真「しゃんしゃんプリティー菊地真ちゃんナリよー!」
- 輿水幸子「もう、本当に不用心ですね!」
- P「誕生日」皆「おめでとう!」美希「・・・・・・」
- P「やよいは濃いカルピス飲んだ事ないのか?」
- P「小鳥さんの胸が揉みたくなった」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 宇佐美みずき「この美術部には問題がない!」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
アイドルマスター10thメモリアルフィギュア
テイルズ オブ ベルセリア 【初回封入特典】
最新記事
- モバP「第二の無人島事件」
- 宇佐美みずき「この美術部には問題がない!」
- リンク「トライフォースっちゅうのを手にいれればいいんだな?」
- 阿笠「できたぞ新一、スイッチ1000個じゃ」
- 藤居朋「捕まった」
- 美食家「吐きたくなるほどうまいカツ丼……?」
- ゴジラ「いやーハリウッドから帰国したけどダイエット失敗したわ」
- 鷹富士茄子「暑いですねー♪」ギュー
- 【ガルパン】桃「西住!お前がどこかに転校しろー!」
- モバP「威勢がいいと異性にモテるらしい?」
- 遊矢「ここは一体……?」ジャック「誰だ貴様は」
- 城島「“下地作り”をはじめた少女たち」
- 伊織「社内アンケート?」
- 提督「んんwww役割を持たない艦娘はありえないwww」
- モバP「デレステ1周年ですね、ちひろさん」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
NEW GAME! Lv.1( イベントチケット優先販売申込券付 ) [Blu-ray]
Fate/EXTELLA VELBER BOX 【初回限定特典付】
Re:ゼロから始める異世界生活 3 [Blu-ray]
figma 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ ブラック・マジシャン・ガール
ペルソナ5
ビーチガールセルフィ 玖渚美帆 1/5.5スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
装甲悪鬼村正 Windows 10対応版
figma Fate/EXTRA キャスター
ハートキャッチプリキュア! Blu-ray BOX Vol.1(完全初回生産限定)
スクールカースト -School Caste- (GOT COMICS)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
ななし:提督「んんwww役割を持たない艦娘はありえないwww」
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


8/14以降の広島カープ23勝4敗wwwwwwwwwwww

畜ペン、柴犬に怖がられる

宅浪だけど土日の勉強場所に困っている

一人娘が私の所のものを勝手になんでも漁ってほしいものがあったら勝手に使ってしまう。誘惑に弱すぎる

こち亀両津氏の総借金額wwwwwwwww

今まで集めてきた怖い話を貼っていく

back 削除依頼&連絡先