【前編】会社をクビになり、あるのは時間と貯金30万円と車だけ→俺「そうだ、北海道に行こう」back

【前編】会社をクビになり、あるのは時間と貯金30万円と車だけ→俺「そうだ、北海道に行こう」


続き・詳細・画像をみる


二年前になる。
アレは猛暑の年の7月13日、オレは会社をクビになった。
持ってるものは時間と30万の貯金。そして車「キューブ」。。。
時間はあるし前から憧れていた北海道に行こうと弾丸旅行を決めた。金もそんなにないし、すべてキャンプか車で寝泊まりと考えていた。
ツーリングまっぷるなど買い漁って、積丹のウニ丼ゼッテー食ってやる!!!
とか、函館の夜景見てえ!!!とかウキウキしながらオレは旅立ち前の日を過ごしていた。。
なぜ、オレはそこまで北海道に思っているかと言うと、中学校時代修学旅行が北海道だったが当時の俺はいじめられっ子でクラスで修学旅行の班を決める時オレだけ余った。。
オレは、なんともない顔していたが悔しく、結局修学旅行は体調不良を言い訳に行かなかった。 
24: 以下、
そしてオレは当時ホントは行きたかった北海道に行ける。
行くとなったら早かった。一ヶ月?いや。もうずっと金が尽きるまでそんまま雪に埋まって死んでもいいと思った。
7月20日オレはまず青森の八戸を目指した。
この日の22時苫小牧行きに乗るためだ。 12時間かかって八戸に到着。
そこには、色んな地方からきた車。いや、とにかくバイクが多かった記憶がある。
なにわ、秋田、和歌山、沢山の旅人がおんなじ地に向かおうとしている。
それにオレは少し嬉しかった。
28: 以下、
オレはあるチャリに乗った人に話しかけられた。
内心「おい、話しかけないでくれ!!」と思った。人と話すのが苦手。
・チャリの兄ちゃんは「◯◯からですか!遠かったでしょ?」
・オレ 「ええ!でも車で高のって来ましたから!」
・チャリ兄 「でも、立派ですよ。旅行ですか??」
・オレ「実を言うとクビになって時間持て余してしまい思いつきで旅を」
・チャリ兄 「なるほど。。でも元気そうですねw」
こんな話を乗船時間まで話して、とうとう乗船のため橋がかかった・・。
なんだろう。。このドキドキ??ワクワク?? なんか新天地に向かうように
バイクの音が辺りに響き、この時ばかりはこの音も気持ちよく感じた。
30: 以下、
二年前の7月だと八戸のフェリー埠頭ボロボロだったろ
33: 以下、
>>30
そう!すごくボロボロだったよ。 大部屋のジュウタンもシミだらけだったしw
31: 以下、
おれも仕事やめて関東から四国までバイクで旅したわwwwww
しかも2stオフwwww流石にしびれたがやってよかったと思ってる
33: 以下、
>>31
いいねえ!! 因みにライダーがこの話で度々登場するよ
32: 以下、
ライダーの顔には勿論ヘルメットがしてあるが、なぜか嬉しさが皆から伝わってきた。
 
そしてオレも乗った。大部屋に雑魚寝。個室?みたいなのもあったが高いし、何より、修学旅行ってこんなとこで皆と寝たのかな??
なんて思って乗ろうと考えていた。
大部屋についたら沢山の旅人?ライダー?がいて輪を作りワイワイやっていた。
友だちときたら楽しいよね・・。いいなあ・・。って思っていた。
そしたらそのグループの兄ちゃん達に
「兄ちゃん!!ほらここに来てよ!ツマミもあるよ!!でも酒は自分で!w」
って言われオレは申し訳ないながらどう話していいかわからなかった。
34: 以下、
>>32
いいなそんな雰囲気
36: 以下、
まず、自己紹介をって言われ、「おいおい、いきなり苦手な・・・」
って思った。
でも、この人達はオレをまだ知らない。だったら全部ホントの事を言ってしまおう。それで嫌われてもいいや。。って思った。
・「◯◯って言います。仕事は最近クビになって、北海道にはただ行ってみたかったってだけで今回来ました!修学旅行で行けなかったから長年の夢が叶うんですよ」
とオレは全てを言った。
そしたらそこにいた兄ちゃん12名は全然聞いていない。。。。
ワイワイ周りのグループの雑踏に消えてオレの自己紹介は愉快な雰囲気にもみ消されてしまった。
でも、一人の兄ちゃんが言った。
「にいちゃん、大丈夫どんな理由があっても北海道に来るってことは〜〜。」
最後が周りのせいで聞こえなかった。
37: 以下、
カナシイハナシダナー
38: 以下、
いいぞ
41: 以下、
>>38
ありがとう。作り話じゃないからつまんなくてもごめんね
39: 以下、
今はもちろんニートなんだよな?
41: 以下、
>>39
勿論!
40: 以下、
いつしかこの雰囲気が根暗なオレを心から変わって行くのがわかった。
何時ぶりだろう。こんなに心?身体?脳みそ?が本気で高ぶっているのは。
嘘みたいにこの人達といると本当の自分になれる。
一人のにいちゃんライダー「40〜50代だったけど兄ちゃんと呼ぶ」がオレに、
「にいちゃん!この船に乗ったらこれ飲まな!!!!」
って言われ、3本冷え冷えのサッポロクラシックってゆう北海道限定のビールを買ってきてくれた。
オレは「ええ!いいんですか!?」
兄ちゃん 「ええで!!気にするなら3本一気に飲んでや!w 俺達は目的は違えど同じ場所を目指す仲間や!」
44: 以下、
良いなー
去年夏にキャンプツーリングしたけどそんな交流なかった
48: 以下、
>>44
多分時期かな??
オレの時は8割ライダーだったし。。。
47: 以下、
オレはこの兄ちゃんがくれたビール。
今まで飲んできたどんなビールより美味しく、オレを高揚させてくれた。
そして、いつしか12人の俺達のグループは大部屋全員が輪っかになって大集合、そしてどんちゃん騒ぎw!!!
そこにいたにいちゃん達「多分50人はいたと思う」全員と飲む事になってその中には沖縄から自転車でクビになったから旅に出てる人もいた。
そんな中ある大柄な、兄ちゃんが
「北海道初めての兄ちゃんいるー??」て皆に聞いた。
そしたら、オレを始め、4人が手をあげた。
大柄兄ちゃん
「おお!いいねえ!じゃあ、この4人に楽しんでもらうために俺たちは旅の途中に見かけたらどんなトラブル有っても助けるようにしような!」
って周りのベテラン兄ちゃんに話した。
周りから、
「おう!」「当然やがな!!」「時給制で良ければw」「ヒグマ退治は勘弁やで!!!!」
など、オレ含め4人はなんだかんだで不安だった。
だけど周りの親切さにオレはその不安がどんなやつかさえもわからなくなった。そんくらい心強かった。あの4人も同じ気持だったと思う。
54: 以下、
>>47
北海道始めてのやつが一人増えてる‥怖い
56: 以下、
>>54
ごめんw
オレ入れて4人!!!間違えた
49: 以下、
会話の括弧「 」と
補足の括弧( )は使い分けて欲しい
53: 以下、
>>49
ごめんきおつける!
50: 以下、
楽しそう
52: 以下、
そんな楽しい時間も終わり、明日の為に眠りについた。
7月21日 朝
サッポロクラシックが効いたのかオレはドロのように眠っていた。
起きたら昨日の兄ちゃん達は半分になっていた。
あれ?と思っていたら隣の兄ちゃんが
「あ、行くか!兄ちゃんも行くぞ!!」って言われ外の甲板に連れて行かれた。
そこには昨日の兄ちゃんと他の人達も沢山いた。
どうやら朝日を見るためらしい。
そして、オレもソレを見た。
海から太陽が出てきてその光は一本のオレンジの道を作った。。。
太陽が眠っていた苫小牧港を起こすように照らしだす。
この朝日を見ているオレも含め兄ちゃん達はきっとおんなじ事を考えてる。
「旅が始まるぞ」
55: 以下、
時間が経って兄ちゃんたちは各々の相棒の元に向かう。
オレは甲板にいた。
船が港につき、入り口が開く。。。
ソレと同時にバイクのエンジン音が唸りだす。バイクがいっちょ頑張りますか!!
って言ってかのように。
最初のライダーが北海道上陸。
次々に降りていく。左に向かうライダーもいれば右に向かう、真っ直ぐ向かうライダーもいる。
これから一人ひとりの旅が始まっていくんだな。
その中にはきっと色んな想いがあって人には言えないこともあるだろう。
だけど今旅は始まった。
スタートは一緒。どれほど得る物が心に感じる物があるか、それは違う。
けど彼らはソレを見つけるために旅に出たんだと思うと自然に鳥肌が立った。
57: 以下、
オレもとうとう上陸。
なんだろ、もう嬉しくて嬉しくて朝からハイテンションは何時ぶりだろう。
まずオレは、来る前に決めていたプランを完全に無視して昨日飲んだライダー兄ちゃんのここは行けよ!!!
って言われたところを目指した。 どんな情報誌より正確で正しい情報だった。
そしてまずオレは苫小牧からニセコを終点に洞爺湖を目指した。
昭和新山。。。ああ、みんなここに中学の頃来たんだな。。ってネガティブな考えはなぜか芽生えても北海道の大地に摘まれてしまう。
洞爺湖も最高だった。
何より一人でこれたことに感動した。
59: 以下、
そして、ニセコの旭ヶ丘公園キャンプ場ってところを今日の宿に決めた。
テントを貼り、キャンプ道具で火を起こし、飯盒でコメを炊いて昨日兄ちゃん達に手軽でイイオカズはセイコーマートの味付きジンギスカンともやし買えばうまいよ!!
って言っていた。兄ちゃんたちが教えてくれた事は大体はメモった。
ソレを見て早買って来て家から持ってきてフライパンで焼いて食う。
「うめええええええ!!!!!!」
そしてすっかり北海道を満喫するべくサッポロクラシック(サックラって言うらしい)を飲みながら美味しく食事を頂いた。
贅沢な時間とともにラジオを流して天気予報を聞いたらしばらく天気のいい日が続きますと聞き更に心は高揚した。
そして飲んでいたら隣のライダーの兄ちゃんが一緒に飲みませんか?
と言ってきた。
オレは心置きなく了解をした。いや寧ろ昨日の今日だからあの雰囲気を少しでも味わいたかった。
60: 以下、
その兄ちゃんは三重からここまでカブで来ていた。
そして兄ちゃんって呼んでいたライダーに酒を進めると
「飲めないんですよ。未成年なんで」
え?未成年!? 年を聞いたら17歳。びっくりした。
オレは「家出?w」と聞いた。
彼は「いいえ、仕事休みなので来たんですよ。因みに私、中卒なんです」
オレは、彼が素直にかっこいいと思った。
この年でこんなに行動力がある若者はいままで出会ったことがない。
高校に行かなかった理由を聞く必要もないし、オレは犯罪だが、
「兄ちゃん、じゃあオレのこのビール半分飲んでみなよ、きっといい思い出になる。心持ちも良くなるよ」
って進めた。彼はもう大人だ。そう思ったから酒を進めた
彼は喜んで飲んだ。そして
「大人の味は苦いですけど美味しいです!サックラの味忘れません」
と言っいた。そのビールがいい思い出になったのならいいなあ・・と彼と話しながら明日彼と積丹に一緒に向かうことを約束した。
そしてオレはドロのように眠った
62: 以下、
北海道民のオレが来ますたよ
65: 以下、
>>62
おおwありがとう!
64: 以下、
朝、携帯を開いたら6時ちょっと。
すっかり朝からいい天気! そして昨晩の彼はもうテントを片付けていた。
彼「おはよう御座います!最高の天気ですね!」
オレ「おはよう!撤収早いね!!さすが〜。オレも片付けるよ」
そして何も食わず積丹に向かった。
そしてオレの目的であった(雑誌に載っていた)みさきの、うに丼を食って
積丹の積丹ブルーの海を見るべくとうとう目的地についた。
彼はこの後函館方面に向かうそうだ。オレはこのまま小樽に向かう予定だと話した。じゃあここでお別れですね。
と彼とうに丼の店ではなししていた。
彼は安いなんかを頼もうとしていた。察するに中卒だから安い給料なのかな・・・と思ってオレは店の人にウニ丼2つください!!と頼んだ。
66: 以下、
おれも会社辞めそう
少し1人になりたいよ
70: 以下、
>>66
オレは完全に仕事できないで怒られて知らないうちに一人になっていた時にクビになったんだよ。
だからオレは逆に皆と居たかった
69: 以下、
彼は「高いですよ!オレには勿体無い。」
オレ「オレ金持ちなんだぜ?w小銭なんて全部ユニセフ行きよ!それともウニ嫌いだった?」
彼「ウニ大好きです。。w」
こうして目に前に見て明らかに新鮮なウニが惜しげも無く乗っかったうに丼が
二人の目の前に登場した。
彼の目にウニが写っていた。
彼が、「食べていいですか?ほんとに本で見たとおりのウニ丼ですよ!」
オレ「食って食って!劣化するまえに新鮮なうちくっちゃいなよ!」
彼は箸の持ち方が悪かった。いわゆるクロス箸。
でもその箸で一回一回、口にウニを入れる度に「うまい!ありがとうございます」を言ってくる。
そんなに食べたかったんだな〜ww って思うと彼の素直な行動にうに丼の値段以上の何かを貰ったようだった。
彼が持っていた雑誌をオレに見せて「ここのウニ丼そのまんまでしょう?美味しそうに載っていたんでいつか食おうと思っていたんですよ」
彼が持っていた雑誌はオレが北海道に来る前に買ってうに丼食いて!!って思った写真が載っているおんなじ雑誌だった。
彼とオレは北海道に来る前におんなじ写真を見ておんなじキモチを抱いていたと考えると彼との出会いは必然だったのかもしれない
72: 以下、
彼は、端っこに添えてある大葉とツマも完食しコメ一つ残さず食べていた。
ここまで綺麗に食べられるとオレも嫌いな大葉食わないといけなくなってしまった。
ソレを彼が見て「お水頼みますか?」
年齢じゃない。彼はよっぽどオレより大人だった。高学歴時代の大卒の奴よりよっぽど素晴らしいと思う。
オレは、素直に「嫌いなのバレた??w どうしてもこれ系食えないんだよねw」
といった。
満腹になり俺達はお互いキオつけてと言い合って、
彼「私は、あと8日北海道にいるのでまたどっかで!うに丼は絶対忘れません!」
オレ「うん!キオつけてくださいね!オレはニートだからずっといるよ!函館にも行くから!」
彼はぼろいカブにリアボックス2個つけて函館に向かった。
さあ、オレは宗谷岬に向かうべく北上を目指した。
74: 以下、
※長くなるので飛ばしました。
7月26日
オレは網走についた。 キャンプ場はサロマ湖のキャンプ場だった。
オレは知床に行きたかったので今日もワクワクしていた。
斜里の天に続く道?を行ってみた。
まさしくその通り。唖然としてしまった。そうしていると、一人のアメリカンバイクの兄ちゃんがきた。
兄ちゃん「アレ!?」
オレ「ああ!!!!」
まさか広い北海道で行きのフェリーの大部屋で飲んだ最初のグループの一人と斜里で出会った。
にいちゃん「ここまで来たんだね。え、じゃあ知床行ってきた?」
オレ「いいえ、南下してきたから今から行こうと思ってたんですよ。」
にいちゃん「じゃあ、丁度いい!今から一緒に行かない?新鮮でくっそうまい親子丼ある場所あるから飯はそこで食ってさ!」
オレ「おお!!行く!そんなにうまいの!?w」
兄ちゃん「やばいよw」
俺達は知床の観光とその親子丼に向かった。
78: 以下、
知床のオシンコシンの滝を見てマイナスイオンをもらい、その兄ちゃんと俺は腹が減ってるのでその場を後にして街?
ホテルなどが密集している場所についた。
そして俺達は道の駅うとろ・シリエトクってところに車を置き、確か、一休屋?って店の親子丼を食うべくのれんをくぐった。
にいちゃん「いや〜ホントはビール!!って言いたいんだけどねww」
オレ「ほんとだよねw オレはクーラー付いてるからいいけどバイクはモロだから暑いでしょう」
にいちゃん「うん。けどバイクじゃないとホントの北海道感じる事はできないぜ?まあ、北海道ってのは人との出会いが一番魅力だと俺は思うけどね!」
そうこう話してるうちに中から「お待たせしました〜」
目の前に置かれたのはイクラ!?!?!?!? 鮭の刺身!?
親子丼じゃないじゃんと思った。
にいちゃん「にいちゃん鳥の親子丼思ったでしょ?w ここは鮭の刺身とイクラで親子丼なんだよ。騙されたwww」
オレ「なるほどね!!一瞬え?って思ったよw最初からそう言ってくれないところが◯◯さんひどいですよーw」
にいちゃん「実はオレも初北海道で出会ったライダーの人に美味しい親子丼食わせてやるって騙されたんだよw だからいつかおんなじ方法で出会った人を騙してやろうと思って!でも味は抜群だから!」
80: 以下、
まさかの親子丼はその通りくっそうまい!!!
イクラってこんなに美味いんだと感心した。かっぱ寿司のイクラなんてイクラって言えない。そのぐらい衝撃的だった。
うに丼以上に舌を唸らせた。鮭も油がもうトロっとしていてなんて言えばいいのか。。。
俺達は親子丼が届いてカラは一言も話をせず無心にほうばっていた。
にいちゃん「どう?おいしいでしょ?」
オレ「ごめん最強に美味かったw北海道来て一番美味かったよ!」
にいちゃん「よし!次は絶景やね。絶景ポイントに兄ちゃん連れて行きたいから、今日と明日一緒に移動しない?」
オレ「内心オレもそれ望んでたよ。逆にお願いします!」
俺達は知床峠?知床5湖、兄ちゃんはいいよめんどい!!って言ったがむりくりオレは知床トレッキングに連れて行った。
そしてこんや兄ちゃんとおれは知床のキャンプ場を宿にした。
テントを貼ろうとしたら
にいちゃん「おい!その前に行くところがあるんだよ!!」
オレ「え?はい。」
にいちゃん「車だし、案内するから乗せてよ!」
どこにいつと思ったら温泉だった。そこには2人のライダーがいた。
82: 以下、
旅ってもんは自分が思ってる以上に疲れがたまってるんだ。
だから温泉に入ればリセット!!!だよ
そして兄ちゃんと2人のライダーと温泉に浸かる。
「あ〜。気持ちいいっ。」
塩分のある温泉は最高に気持ちよかった。 何より兄ちゃんと2人のライダーとの会話がより一層疲れを癒してくれた。
そしてキャンプ場に戻り、温泉にいたライダー2人も加わり4人で火を囲い一晩熊もびっくりするぐらいのどんちゃん騒ぎをし俺達は泥のように眠った。
83: 以下、
人と話すのが苦手なはずなのに何このコミュ能力
85: 以下、
>>83
苦手だけど、この人達は過去のオレ、仕事できないダメなオレを知らないし、船の中でニセの自分を作ったんだよ。
でも、話聞いてるだけでじぶんから話題出さなかったし聞かれたら頷くだけw
86: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【画像】40代おまんこさん「誰か、誰か私を彼女にしてクレメンス・・・」

【沖縄問題/琉球新報】陸自ヘリ高江投入「これまでとはレベルが違う。自国の正規軍隊が、県民の人権を蹂躙(じゅうりん)する構造。まるで戦前だ」

【超絶メシウマ速報】障害者の王様こと乙武さん、離婚 聖人のような妻に無事見限られたもよう

サムスン、最新スマホGalaxyNote7をフル充電できなくすると発表…60%に制限へ、出火問題で

【社会】カルビー、シニア向けに塩分を50%カットした「かっぱえびせん」発売

「しゃぶしゃぶ温野菜」のブラックバイト実態まとめ

back 削除依頼&連絡先