花陽「絵里せんぱ……じゃなかった…絵里…ちゃん」back

花陽「絵里せんぱ……じゃなかった…絵里…ちゃん」


続き・詳細・画像をみる


凛「も??かよちん!!」
花陽「で…でもぉ」
凛「アルパカ小屋の修理の申請しに絵里ちゃんのところ行くんでしょ!!」
花陽「だ…だってぇ…」
凛「じゃあ、凛が代わりに行くよ!」
2:
花陽「そ…それはダメ!!」
花陽「飼育委員だし、私が行かないといけないから…」
凛「かよちんは変なところで頑固なんだから…」
凛「なんで絵里ちゃんのところ行くの嫌なの?」
花陽「そ…それは…」
3:
花陽「絵里せんぱ…絵里ちゃんちょっと怖いし…」
花陽「もしも申請通らなかったらどうしようって思って…」
凛「かよちん…」
凛「でも絵里ちゃんって意外と優しいところもあるんだよ」
凛「この前、部室で宿題やってたら優しく教えてくれたし」
凛「凛のオススメのラーメン屋さん教えたら、行ってきてくれたみたいで」
凛「今度一緒に行こうって約束したんだよ」
4:
凛「確かに生徒会長の絵里ちゃんは怖かったけど」
凛「μ’sのメンバーの絵里ちゃんはそんなに怖くないよ!!」
凛「だから、一緒に行こう?」
花陽「凛ちゃん…」
花陽「うん…行く」
凛「それじゃあレッツゴー!!」
5:
凛「あれ?電話来てる」
凛「もしもし……って」
凛「かよちんゴメンね!!」
凛「凛、家族でお出かけなの忘れてた!!」
凛「一人で生徒会室行けるよね?」
花陽「ええっ!?」
凛「じゃあね???!!」
花陽「い…行っちゃった…」
花陽「で…でも一人でも行かないと…」
6:
――生徒会室前――
花陽「一人で来たけど…やっぱり緊張するよぉ…」
花陽「でも一人だと緊張するし…」オロオロ
???「こんなところでなにしてるのよ、花陽」
花陽「真姫ちゃん!」
真姫「生徒会室に用があるならさっさと行けばいいじゃない」
真姫「教室の前でうろうろして不審者にしか見えないわよ」
花陽「ごめんね…」
8:
真姫「そうやってすぐ謝らなくていいの」
真姫「一人で入りにくいなら一緒に行ってあげるから」
花陽「真姫ちゃん……ありがとう」エヘヘ
真姫「?っ///」
真姫「いいから行くわよ!」
花陽「ま…待ってよ???」
9:
花陽「し…失礼しま?す」
絵里「花陽に真姫じゃない?どうしたの?」
真姫「花陽が生徒会に用事があるんだって」
絵里「そうなの?」
花陽「は…はい」
10:
花陽「そ…その…絵里…先輩にお願いがあって」
絵里「先輩じゃないでしょ」
花陽「ううっ…」
真姫「こういう時の…絵里…はめんどくさいからちゃんと呼んであげないと」
絵里「めんどくさいって何よ…真姫」
真姫「別に」
絵里「……まあいいわ」
絵里「で、何の用かしら?花陽」
11:
花陽「絵里…せんぱ…」
絵里「先輩禁止」
花陽「うう???」
花陽「ダレカタスケテェ????」ダッ
真姫「あっ!?」
絵里「行っちゃった…」
12:
絵里「真姫も中々手ごわかったけど」
真姫「なんのことよ…」
絵里「花陽も手ごわそうね」
真姫「まあ…花陽の引っ込み思案なところは凛も手を焼いてるみたいだし」
絵里「そうね…」
13:
花陽(どどどどうしよう!???)
花陽(絵里…ちゃんの前から逃げちゃった…)
花陽(絶対怒ってるよね…)
花陽(これからどんな顔して会えばいいんだろ…)
花陽(今度会った時謝らないと…)
14:
――次の日――
絵里「おはよう、花陽」
花陽「え…絵里………ちゃん」
絵里「あら?」
絵里「もう一回呼んでくれてもいいのよ?」
花陽「ご…」
絵里「ご?」
花陽「ごめんなさああああああい!!!」
絵里「また行っちゃった…」
15:
――廊下――
絵里「次は体育かしら?」
花陽「う…うん」
絵里「それで昨日の事なんだけど…」
花陽「え…」
絵里「え?」
花陽「絵里ちゃんは何も悪くないのおおおおおおお!!」
絵里「また…」
16:
絵里「こんなことが何回もあると…流石にへこむわ」
希「まあ昔のえりちがそれだけおっかないって事やんな」
絵里「怒るわよ…」
希「だって?あの時のえりち、ウチも怖いって思ってたし?」
絵里「悪かったわよ…」
希「それは冗談なんだけど」
絵里「……」イラッ
希「この状況はなんとかしないとね」
絵里「そうね……希、ちょっと手伝ってもらってもいいかしら」
17:
花陽「希ちゃんからメール?」
花陽「一人で部室に来てほしいってなんだろう?」
ガララ
花陽「希ちゃんいる?」
花陽「あれ…誰もいない…」
花陽「少し待ってよっと」
18:
絵里「待たせたわね、花陽」
花陽「なんで…絵里せんぱ……じゃなかった…絵里ちゃんが?」
絵里「希にね、お願いしたの」
絵里「花陽ったら私の顔見るたびに逃げちゃうんだもの」
花陽「ごめんなさい……」
絵里「ちょっとへこんじゃうわ」
花陽(やっぱり…絵里ちゃん怒ってるよね……)
19:
絵里「花陽」
花陽(きっと怒られる…よね)
絵里「一つお話をしましょう」
花陽「え?」
20:
絵里「昔ね、ある組織のリーダーがいたの」
絵里「そのリーダーはね、何でも一人でやって周りの意見なんて無視してたのね」
絵里「そんな事してたから周りの人はどんどん離れていって」
絵里「最終的には一人になって」
絵里「大きな目的を果たせないまま」
絵里「何も出来ないまま終わっちゃったの」
花陽「それって……」
21:
絵里「でも、そんな時に」
絵里「私の事を見捨てないで私の事を助けに来てくれた人達がいたの」
絵里「私と彼女達は同じ目的を持っていたのにも関わらず、私の方から見捨ててしまったのにね」
絵里「でも、その人達のおかげで今私が勝手に一人で抱えてた大きな目的も果たせそうなの」
絵里「今では、なんでこんな簡単な事も出来なかったのかなって思うわ」
絵里「そして、今はかけがえのない仲間になったと思う…私はね」
花陽「絵里ちゃん……」
22:
絵里「だから、花陽に逃げられると寂しいなって…思うの」
絵里「まだ、私の事、怖いって思ってるかもしれないけど…」
絵里「絵里ちゃんって呼んでくれるとうれしいかな?」
花陽「…………」
絵里「花陽?」
23:
花陽「絵里ちゃんごめんねえええええええええ」ギュー
絵里「ちょ…花陽…」
花陽「花陽も絵里ちゃんともっと仲良くしたかったのに」
花陽「逃げたりしてごめんなさああああい!!」
絵里「いいわよ…」
24:
花陽「こんな泣き虫で引っ込み思案な花陽とも仲良くしてくれますか…?」
絵里「当たり前じゃない」
絵里「あなたは、私の事を救ってくれた仲間の一人なんだから」
絵里「これからよろしくね」
花陽「こちらこそよろしくお願いします!」
25:
ガララ
ことり「あ!かよちゃん!!」
花陽「ことりちゃん?」
ことり「アルパカさんが脱走しちゃって…」
ことり「小屋の壊れてたところ突き破って出て行っちゃったみたい」
花陽「あっ!」
絵里「今、二匹はどこにいるの?」
ことり「先生達が校門閉めてくれたからグラウンドにいるけどなかなか捕まえられなくて」
ことり「かよちゃんなら捕まえてくれると思って探しに来たの」
26:
花陽「そ…そのごめんなさい」
絵里「どうしたの?」
花陽「昨日…生徒会室に来たのはアルパカ小屋の修理を依頼するためで……」
絵里「そうだったのね……」
27:

続き・詳細・画像をみる


広島巨人12・5ゲーム差wwwwwwwwww

ライザップ「チーズと肉は食べてOKです」俺「よっしゃチーズハンバーグ!」

職場のパート女性が雨の日に毎回「今日もバイクなの?」と嫌味言ってくる。そんなに四輪乗りは偉いのか

産経記者「蓮舫さんは台湾籍はないということでいいのか」 蓮舫「質問の意味が分かりません」

日本からパチンコが消える!? 衰退の一途を辿るパチンコ業界の「悲しい現実」と、目減りする店舗数

彼女が忙しくて会う時間少ない

back 削除依頼&連絡先