【ラブライブ】絵里「穂乃果に送ったメールが流出した……」back

【ラブライブ】絵里「穂乃果に送ったメールが流出した……」


続き・詳細・画像をみる


――――
とある日
絵里「フンフンフーン♪」
絵里「さてと宿題も終わったし穂乃果とメールでもしようかしら」
絵里「ふふふっ、やっぱり恋人とのやり取りはメールが一番よね!」
絵里「ラインも便利だけど、ちょっと味気ないのよね
こう、返信を待ってる時のもどかしさがいいのよね」ポチポチ
絵里「さてと、待っててね愛しのほの―――」
Pipipi Pipipi
絵里「ん、着信?……希からね。どうしたのかしら」ハイ
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462419053
2: 以下、
<エリチ!大変や!
絵里「ちょ、ちょっと希!?どうしたのよ!」
<とにかく大変なことになってるんよ!
絵里「ま、待って!とにかく落ち着いてちゃんと説明して!」
<それどころじゃないというか……そうだ!テレビ!テレビ見れる?
絵里「テレビなら見れるけど……」
<なんでもいいからニュースをすぐ見て!今すぐ!
絵里「わ、わかったわ……ちょっと待ってね」
3: 以下、
絵里「えっと……リモコンリモコンっと」
絵里「せっかく穂乃果とメールしようとしてたのに……一体何かしら」ピッ
『続いてのニュースは冒頭で紹介した、人気スクールアイドルの―――』
絵里「あら、スクールアイドル特集なのかしら?これのことなの?」
<いいから続きもちゃんと見て!
『―――熱愛報道ですが、ここで今回の騒動が発覚した
メールをもう一度見て見ましょう』
絵里「ん?」
4: 以下、
愛しい穂○○!おはよー!チュッ(笑)
もう私と○○果は既に運命共同体となっておりますので、どうか最後までお付き合いください(笑)
明日の晩は抱っこして、腕枕して寝てあげるわね?
○乃○!私にもチュッは?(笑)
まだお風呂?そうだ!今度一緒に入りましょうね? だって…もう私と穂乃○は、何でもありでしょ?(笑)
また湯船に浸かって、ちょっと恥ずかしそうな顔のかわいい穂乃果を見せてね! チュッ
絵里「」
5: 以下、
<エリチこれって……あれ?エリチ?
絵里「」
<エリチ?聞いてる?
絵里「」バタンッ
<エリチ!気を確かに!えりち!エリチイイイイイイイ!
6: 以下、
―――――
次の日の朝
絵里「……」
コンコン
絵里「だ、誰!?」ビクッ
亜里沙「あ、お姉ちゃん……私だけど……」
絵里「亜里沙……」
亜里沙「あの、もう学校行かなきゃいけない時間だけど……」
絵里「そう……。ごめんなさい。私はちょっと体調が悪いからお休みするわね」
亜里沙「う、うん。じゃあ私は学校行ってくるから……
その……元気出してね!私はとっても素敵な内容だと思ったよ!」タッタッタ
絵里「」
7: 以下、
絵里(亜里沙まで知ってるのね……まあ当然よね……)
絵里(昨夜のニュースの件は瞬く間に広がった)
絵里(実名は伏せ、いたるところにモザイクを入れての報道だったけど
どう見てもオトノキ坂の校門の映像)
絵里(頻繁に映る金髪と茶髪の女性……近い人が見れば一発でわかる内容だったわ)
絵里(大体あのメールの中途半端な伏字は何よ!
どっちが送ったのかすら一発でわかっちゃうじゃない!)
絵里(穂乃果に連絡を取ろうとしてもつながらないし……
そうよね、きっと私の事なんて……)
8: 以下、
絵里(すべてが終わったわ……。もうどうでもいい……今はただ寝てたい―――)
コンコン
絵里「……」
コンコン
絵里「……亜里沙、どうしたの?」
ガチャ
希「えりち……」
絵里「……!」
9: 以下、
希「ごめんね。亜里沙ちゃんに無理言って入れてもらったんよ」
絵里「……何しに来たのよ。悪いけど今日は体調が悪いの」
希「やっぱりあのメールの事気にしてるんやね」
絵里「っ……!当然じゃないあんなメールばら撒かれて……!」
希「えりち……」
絵里「クールで冷静な頼れるお姉さんだった私のイメージはぶち壊しじゃないっ!
もうどんな顔して学校に行けばいいのよっ!」
希「で、でもそんなこと言ったらいつまでも学校いけないよ?」
絵里「今は考えたくないわ。もういいの……。
とにかく休みたいから悪いけど帰って――「穂乃果ちゃん」
絵里「……」ピクッ
10: 以下、
希「穂乃果ちゃんは今日も学校来てるみたいやね」
絵里「穂乃果……」
希「この騒動の当事者はエリチだけやないんよ?穂乃果ちゃんの事ちゃんと考えた?」
絵里「だ、だって昨日から連絡も取れないのよ!
きっと穂乃果は私の事……」
希「連絡が取れない状況なだけかもしれないやん?」
絵里「そんな都合のいいことあるわけないじゃないっ!
愛想つかされたからに決まってるわよ……!」
希「穂乃果ちゃんはそんなような子じゃないのは
エリチが一番知ってることやない?」
11: 以下、
絵里「……でも」
希「でもやないよ!愛しい穂乃果ちゃんやったんやないの!?」
絵里「ちょ、ちょっと待って希。それは―――」
希「メールでおはようのチュッ(笑)するくらいラブラブやったんやないの!」
絵里「」グサッ
希「運命共同体だったんやないの!?最後までお付き合いくださいって言ったのはエリチでしょ!」
絵里「もうやめてえええええええっ!」ジタバタジタバタ
希「なら学校行くって約束!穂乃果ちゃんは一人でエリチの腕枕待ってるんよ!」
絵里「わかった!学校でもなんでも行くからっ!
メールを読み返すのはヤメテッ!」
希「よしっ!じゃあ行くよエリチ!」
12: 以下、
―――――
登校中
絵里(完全に希に乗せられたけど……)
絵里(でも確かに穂乃果が行ってるのに、私だけ逃げるなんて駄目よね……)
絵里(そうよ!きちんと立ち向かわなきゃ!)
絵里(私はもうクールで冷静な頼れるお姉さんじゃないわ
今はただ一人の愛しい人を守るナイトよ!)
ヒソヒソ
<あの腕でいつも高坂さんのこと抱っこしてるんだね ヒソヒソ
<案外力持ちなんだね ヒソヒソ
<チュッ(笑) ヒソヒソ
希「あーあ。やっぱり結構広まってるんやね」
絵里(やっぱりお家帰りたい……)
13: 以下、
真姫「あら、エリーと希じゃない。おはよう」
凛「絵里ちゃんと希ちゃん!おはよう!」
花陽「あっ……二人ともおはよう」
絵里「三人ともおはよう」
希「おはよう♪三人は今日も仲良しやめ」
凛「えへへ、照れるにゃ!」
真姫「……それよりもエリー、昨日の―――」
花陽「だ、ダメだよ真姫ちゃん!」
絵里(三人とも知ってるのね……。ま、当然か……)
14: 以下、
真姫「ここまで広まってたら気を使う必要なんてないでしょ?
それより今後について話しあうべきよ」
花陽「で、でも……」
絵里「……いいのよ花陽。私はそこまで気にしてないしね」
凛「おお!さすが絵里ちゃんだにゃ。凛だったらあんなメールが広がった
翌日に学校なんていけないにゃ!」
絵里「」グサッ
15: 以下、
真姫「そういえば穂乃果も今日は来てるらしいわね?
ふふっ。さすが運命共同体ね」
絵里「」グサッ
花陽「もう絵里ちゃんと穂乃果ちゃんは何でもありだもんね!
えへへ、なんだか羨ましいなぁ……。メールは別だけど」
絵里「」グサッ
絵里「……」バタンッ
希「エリチイイイイイイイイイイイイ!」
真姫「ちょ、ちょっとエリー!?」
花陽「ド、ドウシタノォ!?」
凛「駄目だよ!こんなところで寝ちゃったら穂乃果ちゃんに腕枕するとき寝れなくなるにゃ!」
絵里「」
16: 以下、
――――
学校
絵里(登校中はひどい目にあったけど何とか着いたわね……)
希「じゃあウチは先に教室行ってるから
えりちは穂乃果ちゃんのとこ行ってあげな?」
絵里「ええ……そうね」
凛「あ!凛も一緒に行きたいにゃ」
花陽「だ、ダメだよ凛ちゃん。絵里ちゃん一人で行かせてあげないと」
絵里「悪いけどここは外してもらえる?まずは穂乃果と二人で話したいの」
絵里(連れてったらまた何言われるか、わかったものじゃないわよ!)
17: 以下、
凛「あっ……そうだよね。ごめんね絵里ちゃん」
絵里「いいのよ。じゃあ私はもう行くわね」
凛「うん!さすが運命共同体だにゃ!頑張ってね!」
絵里「」グサッ
18: 以下、
―――――
廊下
絵里(さてと、穂乃果のクラスはこの階段を登ればすぐね……)
<ねえ、あそこにいるのって ヒソヒソ
<会いに来たんじゃないの? ヒソヒソ
<運命共同体だもんね ヒソヒソ
絵里(……もうここまで来たら気にしないわ)
絵里(そう!私は穂乃果を守るナイトなんだか……)
にこ「ちょっと」
絵里「……ら?」
にこ「何ボーっとしてるのよ?ちょっと話があるからきて」ガシッ
19: 以下、
―――――
部室
絵里(ああ……忘れてたわ。こういうのに一番厳しそうな人を……)
にこ「この辺なら人もいなくてよさそうね」
絵里(恋人……スキャンダル……アイドルにとっては致命的じゃない!)
にこ「さてと……」
絵里(周りに何を言われるのは良いけどメンバーからは……っ!聞きたくな―――)
にこ「よくやったわ絵里!」ガシッ
絵里「……い?」
20: 以下、
にこ「変な声を出してどうしたのよ?」
絵里「よ、予想外すぎて……そ、それよりにこ!貴方、ニュースみてないの!?」
にこ「もちろん見たわよ」
絵里「な、なら!よくやったって何よ!」
絵里(も、もしかして『よくもやった』の聞き間違い!?)
にこ「その通りよ!ナイスプレイよ絵里!」
絵里「へ?こ、恋人がいることが発覚したのよ!?しかもメンバー同士で!」
にこ「? そうね」
絵里「アイドルにとっては致命的じゃないの!?なんで褒めてるのよ!」
にこ「あー……なるほどね。アンタ私に怒られると思ってたのね」
21: 以下、
絵里「と、当然じゃない!せっかく順調に人気も上がってきた中
恋人発覚よ?一体何人のファンが離れるやら……」
にこ「はっはーん。アンタ古いわね。今は百合営業がブームなのよ?」
絵里「……ゆ、ゆりえいぎょう?」
にこ「私だって相手が男だったら怒ってたわよ?でも女性で、しかもグループ内とくれば話は別よ!
完全に百合営業……いえ、ガチ百合営業じゃない!」
絵里「」
22: 以下、
にこ「ふふふふふ。これで大量の女性ファン票も獲得できるかもしれないわね!」
絵里「……はっ!ちょっと待って!まるで意味がわからないわ!」
にこ「え?どこがよ?」
絵里「まるで恋人がいた方が人気が上がるみたいな言い方してるけど普通は逆よ!」
にこ「あーもう。だからそれは男が居た場合の話でしょ?同性の場合は違うのよ」
絵里「は、はい?」
にこ「いい?大半のファンってのはね、同性同士で付き合って欲しいと思ってるのよ!」
絵里「」
23: 以下、
にこ「それも同じメンバー同士でなら最高なのよ!
私がファンだったら今頃お祭り騒ぎよ!」
絵里「ごめんなさい……ちょっと何言ってるかよくわからないわ……」
にこ「とりあえずそこまでマイナスに取られる出来事じゃないてことよ
もちろん派閥とかで色々あるだろうけど……」
絵里「は、派閥?」
にこ「それは今後の絵里と穂乃果のパフォーマンスで解決させればいいわね……
それよりこの知名度のうちに次のライブをして……」ブツブツ
絵里(な、何だかよくわからないけど責められてないならいいのかしら……)
24: 以下、
にこ「あ!ただし一つだけ注意があるわよ」
絵里「な、何よ?」
にこ「周りにバレた以上は今後絶対に穂乃果と別れるのだけは禁止よ
ファンの印象は最悪になるし……私個人としてもね」
絵里「……当然よ。何があっても穂乃果と別れることはないわ」
にこ「……ふふっ。私が言うことでもなかったわね」
絵里「にこ……」
にこ「最後までお付き合いくださいってメールで言ってたものね」
絵里「」グサッ
にこ「話はもういいから後は穂乃果に会いに行ってあげなさい!運命共同なんでしょ?」
絵里「」グサッ
絵里「……」フラフラ
バタンッ
にこ「行ったわね……。頑張りなさいよ運命共同体!」
25: 以下、
―――――
2年教室前
絵里「……」フラフラ
絵里(穂乃果に会いたい……穂乃果に……)フラフラ
絵里(あれ……そういえば私、穂乃果に嫌われてたんだっけ?)フラフラ
絵里(連絡もつかなかったのよね……でもそれでもいいわ……)
絵里(穂乃果に会えるなら……)
絵里(ほの……ほの……)フラフラ
ガラララッ 
26: 以下、
絵里「ほの、か……」
ことり「あれ?絵里ちゃん?」
フミコ「はい。みんな!静かにっ!」
ヒデコ「一旦穂乃果に尋問タイムは終わり!」
ミカ「おーい穂乃果っ!愛しい人のご登場だぞー!」
穂乃果「ふぇ?……あっ!ぅえりちゃぁぁぁぁんっ!」ダッ
絵里「穂乃果ぁぁぁぁぁっ!」ダキッ
穂乃果「えりちゃーん!」モギューッ
絵里(よかった!嫌わたわけじゃないのね!)
<さすが運命共同体……こんな朝っぱらから
<このまま熱い接吻するのかな?
<勢いでしそうだよね。メールみたいにチュッ(笑)ってね
絵里(そ、そうだった!ニュース!ニュースよ!)
27: 以下、
絵里「穂乃果っ!大変よ私達のことがニュー「絵里ちゃん!ニュースみてくれた?」
絵里「……ニ。え?」
穂乃果「ニュースだよニュース!穂乃果と絵里ちゃんの特集があったでしょ?」
絵里「特集っての熱愛スキャンダル……?」
穂乃果「それそれ!見てくれたんだねっ!」
絵里「え?え?」
穂乃果「よかったぁ。記者さんにスマホ預けた後に
連絡の取りようがないって気づいちゃんだよね」エヘヘ
絵里「……ちょ、ちょっと待って穂乃果?ど、どういうことなの?」
28: 以下、
穂乃果「ふぇ?だから盛大にしたいって絵里ちゃんが!」
海未「はぁ……やっぱりですか。良いですよ穂乃果。私が説明しますから」
絵里「う、海未……ど、どういうことなの?何が起きたっていうの?」
海未「きっかけは貴方と穂乃果のお風呂のトークだったんですよ」
ことり「うんうん。メールでもあったやつね♪」
絵里「」グサッ
29: 以下、
――――
一週間前 お風呂
穂乃果「ねえ、絵里ちゃん」
絵里「なぁに?愛しの穂乃果♪」ちゅっ
穂乃果「うぅ/// もう恥ずかしいよぉ!」
絵里「ふふっ♪」
穂乃果「もう!それより私たちの事いつみんなに言うの?」
絵里「確かにいつかは言わないとダメよね」
30: 以下、
穂乃果「このまま隠れて付き合うのも大変だし……
それにみんな(ファン)に悪い気がするの」
絵里「確かにみんな(メンバー)には言わないとダメよね……」
穂乃果「だよねだよね!うーん。ならライブとかで盛大に言いたいなぁ……絵里ちゃんは?」
絵里(盛大……?ライブの充足感を利用して言うのかしら。確かにそれなら
みんな(メンバー)もサラっと流しそうね)
絵里「そうね……私も盛大にってのは賛成ね」
穂乃果「本当!じゃあいつ頃話そうか?」
31: 以下、
絵里「うーん。その辺は穂乃果に任せようかしら?」
穂乃果「ふぇ?穂乃果に」
絵里「ええ。どのタイミングでも穂乃果の決めたことなら納得できそうなの」
穂乃果「で、でも……」
絵里「大丈夫よ穂乃果。だって私と穂乃果は運命共同体なんだからね?」
穂乃果「絵里ちゃん……///」
絵里「最後までお付き合いくださいね♪」
穂乃果「えへへ/// うん!よーし!穂乃果達の愛の大きさを
盛大にみんな(ファン)に伝えるね!」
絵里「?」
32: 以下、
―――――
――――
―――
――
― 
絵里「あっ……ああっ!あああああ!あああああああ?????!」
海未「その結果穂乃果は密かにテレビ局に話を持ちかけ……」
絵里「」
ことり「そして昨日のニュースになったんだよ。いいなぁ……素敵だなぁ……」
絵里「」
穂乃果「えへへ!これで穂乃果達の愛は盛大に伝わったよね!」
絵里「」
33: 以下、
絵里「」
海未「私はもっと違う方法を取ったほうがいいと何度も説得したんですが……」
ことり「でもでも!ニュースを使って宣言するなんて中々できないよね?
さすが穂乃果ちゃん!」
穂乃果「どう絵里ちゃん!喜んでくれた?……あれ?絵里ちゃん?」
絵里「」
海未「え、絵里?ものすごい顔色をしていますが……」
絵里「」
ことり「だ、大丈夫?体調が悪いなら保健室に行く?」
34: 以下、
穂乃果「あ!だめだよことりちゃん!
絵里ちゃんを保健室に連れていくのは穂乃果のお仕事だよっ」
ことり「あ!ごめんね穂乃果ちゃん。二人は運命共同体だもんね♪」
絵里「」
海未「二人ともそんなこと言ってる場合では!って絵里!?」
ことり「絵里ちゃん!?」
絵里「」バタンッ
穂乃果「絵里ちゃああああああああああああんっ!?」
その後……μ'sはなぜか急にファンを増やし続け
伝説とまで呼ばれるスクールアイドルになった
その陰には、毎回のライブで行われる
濃厚な穂乃果と絵里の絡みの影響があったと言われているが
真実は行方知れずである……
また、絵里のあだ名がエリーチュッカとなったのはまた別のお話
おわり
35: 以下、
※この物語はフィクションです
登場する人物・団体・名称等は架空であり
実在のものとは関係ありません。
45: 以下、

続き・詳細・画像をみる


今年の甲子園で印象に残った高校球児wwwwwwwwwwww

「Android 7.0 Nougat」、8月22日に正式リリースか

すごく猫背。ポルトガルで全身枯草色の二足歩行生物が発見される。チュパカブラ疑惑も。

【悲報】ミッツ・マングローブさん、再炎上wwwwwwwwww

VF-1バルキリースレ

日本に実在した恐ろしい風習とかしきたり

back 削除依頼&連絡先