【企業】月収16万円、「介護」へ転身した42歳の誤算back

【企業】月収16万円、「介護」へ転身した42歳の誤算


続き・詳細・画像をみる

1:
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急に広がっている。
そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。
本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしていく。
3年目、テツヤさん(42歳、仮名)は「ど素人」として介護の世界に飛び込んだ。
今、彼の名刺にはすでに「管理者」「生活相談員」といった肩書が並ぶ。
上司や先輩たちがうつ病になったり、仕事になじめなかったりして次々と辞めていく中、気がつくと、札幌市内のある高齢者施設の責任者になっていたという。
介護保険関係の計算や収支の管理、スタッフのシフト調整といったデスクワークはもちろん、
小さな施設なので、利用者のクルマでの送迎、食事や排せつの介助といった介護業務もこなす。
夜間の呼び出しに備えて自宅などで待機する「オンコール」は、原則、管理者の担当なので、
体調を崩した夜勤スタッフから呼び出されて急きょシフトを代わることもあるし、夜勤明けからそのまま日勤に入ることもある。
■ 残業代も、休日手当も付いたことがない
正社員である。が、毎月の手取り額は約16万円。
残業代も、休日手当も付いたためしがないというから、実際の労働時間を時給に換算したら、ひょっとすると北海道の最低賃金764円を下回っているかもしれない。
介護業界の待遇の悪さや離職率の高さは耳にしていたが、介護福祉士でも、ケアマネジャーでもないテツヤさんにいきなり施設管理を任せる無茶振りに、こう言って苦笑する。
「事務仕事は引き継ぎらしい引き継ぎもなくて、ネットで調べたり、市役所に電話したりして死に物狂いで勉強しました。覚悟はしていましが、給料の安さはやっぱり異常です」
テツヤさんが働いているのは、住宅街にある一戸建てを利用したデイサービス施設だが、同時に入居を希望する高齢者も受け入れる、いわゆる「無届け老人ホーム」も兼ねている。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160816-00130891-toyo-soci
東洋経済オンライン 8月16日(火)5時0分配信
3年前に介護の世界に入ったテツヤさん(42歳、仮名)(筆者撮影)
3:
本来、有料老人ホームは自治体への届け出が必要で、消防設備や職員配置における基準があるほか、介護中の事故や集団感染の報告が義務づけられているのに対し、
無届け老人ホームにはこうした縛りがないため、サービスの質が低下するといった指摘がある。
一方、利用料は一般的な有料老人ホームの半分から3分の1で、特別養護老人ホームの空き待ちをしたり、
高額施設には入れなかったりする高齢者にとっては、なくてはならない受け皿でもあり、こうした無届け老人ホームは全国で急増している。
テツヤさんが働く施設はデイサービスを併設し、そこから得られる介護報酬でホームの運営費をねん出することにより入居料を安く抑えているが、
有料老人ホームで提供するサービスを基準以下の人員と財源で賄うのだから、大規模な社会福祉法人や医療法人による施設と比べても職員たちの負担は重くなるし、
適切とはいえない運営を余儀なくされることもある。
たとえば、このデイサービス施設では、運営母体である株式会社の社長は自らを「生活相談員」として登録しているが、勤務実態はない。
人員不足を補うための、いわゆる名義貸しである。
また、夜勤は複数人の非正規スタッフで回しているが、全員がダブルワークをしているという。
このため、シフトはいつも直前まで調整がつかない綱渡り状態で、テツヤさんの悩みの種のひとつである。
また、くだんの社長は、いくら残業代を支払うよう促しても「もう少し稼働率が上がったら考える」「内部留保がたまったら払う」とかわすばかりだし、
周囲のスタッフの話では、職員の賃金を上げるための「介護職員処遇改善加算」も、かつては別の用途に使ってしまったこともあるようだ。
グレーどころか、完全に違法な運用が横行しているわけだが、この施設や、社長が特別に悪質というわけではない。
介護保険制度の開始により事実上、事業者に利益を上げることを許しながら、その後のチェック体制をおざなりにし、
介護労働者の劣悪な待遇を放置し、揚げ句の果てに、行き場のない高齢者の受け入れをこうした小規模な無届けホームに頼っている、国側の政策のほうが問題なのだ。
■ 20代で年収は550万円ほどあった
「介護の世界に理想を抱いて転職したわけではないという」と言う。
もともとは大型貨物船の船員だった。
「エンジン場」といわれる発電機やボイラーを管理する部署の担当で、一度出港すると3カ月は乗船したまま。
当時の年収は550万円ほどあった。20代後半になり、なんとなく「陸で働きたい」と思い立ち、名古屋に住まいを移し、鉄鋼業や福祉器具メーカーなど複数の仕事に就いた。
社交的で、どんな仕事もある程度要領よくこなせるからなのか、どこで働いても待遇や人間関係は悪くなく、
年収はおおむね450万?500万円をキープすることができた。結婚したのもこの頃である。
ただ、最後に勤めた会社だけが、仕事そのものはやりがいがあったのだが、長時間労働と残業代の未払いがひどかった。
当時、なかなか子どもができなかったこともあり、夫婦で話し合った末、いったん会社勤めと子づくりのプレッシャーから解放されようと、
テツヤさんの生まれ故郷の札幌に戻り、「収入は減ってもいいから、2人でゆったり過ごす」ことを決めたという。
4:
このとき、介護の仕事を選んだのは「40歳からのスタートでも、社会福祉士やケアマネジャーの資格を取って行けば、
ある程度キャリアアップができる業界」だと思ったからだ。
子どもができたことがわかったのは、まさに引っ越し先と転職先を決めた矢先。このときの驚きを、
テツヤさんは「すごくうれしかった。でも同時に、うわあ、計画とずいぶん違っちゃったなとも思いました」と振り返る。
やっと授かった子どもは少し体が弱く、妻はまだ働きに出ることができずにいる。
テツヤさんの手取り16万円で家族3人を養うことは難しい。
節約生活で何がいちばんつらいかと尋ねると、テツヤさんは「晩酌のビールを発泡酒に変えたことです」と冗談めかして笑う。
船員時代に日本酒なら2升はいけたという左党にとって、発泡酒は焼酎の味しかしないという。
同じく船員時代、1日で70万円勝ったこともあるパチンコも子どもができてからはぴたりとやめたと、なぜか胸を張る。
「毎日の生活のいたるところで我慢をしています。つねに“自動ブレーキシステム”を作動させているような感じです」
■ ペットボトルのアイスコーヒーを水増し
本当はとりのもも肉が好きだが、妻が食卓に上げるのはもっぱら価格の安い胸肉だし、昼食は家から持参するおにぎりと袋めんで済ませ、
飲み物は1リットル入りのペットボトルのアイスコーヒーを2日間に分けて飲む。
ときどき、ペットボトルに水道水を足して水増ししていると、同僚たちの視線を感じるが、気にしない。
ずいぶん前に奥歯の詰め物が取れたが、治療費を浮かせるために放置していたところ、最近、傷んだ歯の周囲が欠け始めたが、これも気にしない。
本州にある妻の実家への里帰りも交通費のことを考えると、年に1度、妻と子どもだけを帰すのが精いっぱいだ。
どんなに自動ブレーキシステムを利かせても、家計は赤字である。
介護の仕事に就いて以来、毎年150万円ほどの貯金を切り崩すことでなんとか生活しているが、
「この業界にいるかぎり、僕の年収が船員時代の550万を超えることはないと思いますから、仕方ないです」と屈託がない。
自らの「貧乏話」をしているのに、テツヤさんにはどこか余裕がある。
その理由を、彼は「若い頃に人並みに稼いで、やりたいことはひととおりやってきた、というのがあるからじゃないでしょうか」という。
もちろん、家族がいることや、資格を取るという目標、今はまだある程度の蓄えがあることも、彼が余裕を持てる理由だろう。
6:
何を聞いても朗らかで、打てば響く受け答えだったテツヤさんが、ただ一度だけ、表情をこわばらせた瞬間がある。
それは、話題が2人目の子どもに及んだときのことだ。
テツヤさんは、子どもは1人を育てるのが限界だと考えているのに対し、妻はもう1人、望んでいるという。
互いに歩み寄って決めた落としどころは「出生前診断を受けて子どもに障害があるとわかった場合は中絶する」ということだった。
夫婦ともに40歳前後であることを考えると、2人目の子どもに障害がある可能性は、また決して低くはない。
その場合、共働きは難しくなるだろう。恋愛時代も含めると長い付き合いになる妻が、
障害を持った子どもも普通に産み育てたいと考えていることはわかっていた。
そんな彼女に、障害があるとわかった時点での中絶を約束させることほど、酷なことはなかった。
「こんな話を妻と詰めたくはありませんでした。おカネがないばかりに、こんな我慢を強いられるとは思ってもみなかった」
■ テツヤさんにとっての誤算とは……
話を聞いたのは、テツヤさんの非番の日だったが、彼は私に失礼にならない程度に時間を気にしているように見えた。
聞けば、この日は利用者が近くの公園に出掛けるレクリエーションの予定があり、それが滞りなく行われているかが気掛かりなのだという。
テツヤさんにとっての「うれしい誤算」は、子どもができたことと、もうひとつ、介護の仕事が思いのほかやりがいがあるとわかったことだ。
「僕らの計画や対応次第で、利用者さんのその後の人生の質が変わってくるんです」。
彼らの人生の最終ステージを豊かにできるかどうかが、自分たちの頑張りにかかっている――。
この3年間で、とびきり幸せな経験もしたし、忘れたくても忘れられない苦い経験もした。
取材を終えたテツヤさんはこれから施設に顔を出すという。
どうしても、スタッフからレクリエーションの報告を受け、入居者の様子を直接確認したいというのだ。言うまでもなく、休日手当も残業代もつかない。
介護労働の劣悪ぶりが社会問題になって久しいが、事態が改善される気配はいまだにない。
この先、テツヤさんが予定どおり資格を取ったとしても、期待どおりに給与がアップするとはかぎらない。それでも、彼はこう言うのだ。
「今は修行中だと思うことにしています。(妻と子どもには)もう少し待っていてほしい」
本連載「ボクらは「貧困強制社会」を生きている」では生活苦でお悩みの男性の方からの情報・相談をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。
こちらのフォームにご記入ください。
11:
ちゃんと契約確認しろよ
自分を安売りし過ぎ
147:
>>11
経営側が契約違反してるだけだろ
残業休出手当なしなんて契約があるわけないんだから
152:
>>147
介護報酬には残業や休日出勤手当という概念はないよ
決められた時間と人数と報酬で、残業しても国からは一円ももらえないから
18:
パチンコって70万も勝てるもんかね
225:
>>18
等価交換で1回2000発出たとして高橋尚子みたいに55回当たっても110000発。
44万円。
88:
>>18
パチスロ4号機の時代の話だろ
1日で100万買った負けたの世界だったそうだ
さすがに警察がキレて規制かかって全然爆裂しない5号機になって客もかなり減った
99:
>>88
4号機時代は、1日数時間可動で数万固く勝てるって世界だったよ
手取り月40万くらいは楽勝だった
数店舗マークできる地域に住んでる奴で月100万ってとこ
1日で100万勝った負けたは4号機時代はうまかったって話の前の時代
22:
おかしいよなぁ
安部自民の調査では介護は月収28万らしいのになぁ
え?ボケ官僚の言った事をそのまま安倍は妄信してんの?
43:
40代で貯金150万とか終わってんだろw
121:
歯は治療した方がいいぞ。
136:
介護はこんなもんだよな…
先月の給料額面207792手取り159313だった
フルタイム資格なし
ちなみに基本給は102600なのでボーナス安いw
151:
なぜ、処遇改善手当を個人に振り込まないのか?
事業者に渡して、使い方は自由って、、どこが、処遇改善なんだ?
156:
>>151
暴力団の資金源みたいな悪徳業者が架空請求して
バレそうになったらドロンみたいなのが増えそうだな
188:
介護士より薬剤師の方がきっついぞ
200:
>>188
なぜ?
238:
>>188
腰抜かすくらい重いクスリとかあるんだ?
252:
>>238
薬学生の時点で普通の学生の休みの0.4倍?半分、よくて0.7倍程度しかない
4年制が6年制になったがその6年間は勉強や高頻度にわたる実習でほとんど遊べないし夏休みや冬休みは少ない し旅行なんかできない
苦しい勉強や実習を乗り越えて卒業したって国試に受かっても待っているのは介護士顔負けのブラック労働
患者からも誰からも感謝はされない
世間体は最悪
職務内容は介護士よりもきつい
脳みそはボケていく一方なのに新薬を覚えさせられる
上司や同僚は介護士の陰湿さを濃縮した上に無駄な高学歴意識が高い奴が多い
215:
いますぐ松屋あたりのバイトになった方がいいぞ
元介護員なら大喜びで採用してくれるはず
228:
そもそも金持ち以外が他人の介護を受けられるほど甘くないんだよ。誰でも他人の介護を受けれるようにする為には人為的に奴隷階級を作るしか無いんだよ。
258:
だからあ?
飲食来いよ?
掛け持ちすればバイトでも月30ぐらい軽いよ?
食事もでるよ?
俺なんか電気代2ヶ月に一回しか請求こないよ?
金たまるよ?
263:
早く介護用AIロボット開発されないかね
とりあえず力仕事全部できる感じで
265:
>>263
無理。介護はファジーな仕事が多すぎる
介護用ロボット作るよりも、医者や弁護士のロボットを作る方が簡単だよ
26

続き・詳細・画像をみる


【朗報】まいんさん(18)、育成成功wwwwww(※画像あり)

【悲報】ロシアの飛び込み選手チャンピオンが、リオオリンピックでまさかの0点を叩きだした演技

格闘家「世界最強格闘トーナメント開幕……ッ!」

これは剛さんが病んだのもわかるわ

出川「マイヒューマン!…ユアヒューマン?」 黒人「」ビキビキ

彡(゚)(゚)「えっ!? ワイが英単語帳に出演?」(※画像あり)

back 削除依頼&連絡先