「86」と「CR-Z」、なぜ明暗が分かれたのかback

「86」と「CR-Z」、なぜ明暗が分かれたのか


続き・詳細・画像をみる

1:
今の40歳前後以上が青春真っ盛りだった1980?90年代前半ごろといえば、スポーツカー全盛期だった。中でも「ライトウェイトスポーツカー」と呼ばれ、200万?300万円前後の新車価格を付けた小型かつ軽量なモデルは「頑張れば手が届く」クルマとして、若者を中心に新・中古車市場を問わず人気を誇ったものだ。
その後、スポーツカー不遇の時代を経て、現代に復刻した2台のライトウェイトスポーツカーがある。トヨタ自動車がスバル(富士重工業)と共同開発した「86」(スバル名「BRZ」)とホンダ「CR-Z」だ。86はトヨタが1983?1987年に販売していた「カローラ/スプリンター」のスポーツモデル「レビン/トレノ」の車両型式番号「AE86」を車名の由来として2012年に登場。CR-Zはバブル前後に人気を博したコンパクトスポーツ「CR-X」を彷彿とさせる、世界初の量産ハイブリッドスポーツ車として2010年に発売された。
そんな2車種がこの夏、それぞれ重大な局面を迎えた。ホンダは6月中旬、CR-Zを2016年内に生産終了すると表明。一方、トヨタとスバルは7月上旬に86/BRZをビッグマイナーチェンジと銘打ち、車体の基本設計を維持しつつも大胆に部分改良。エンジン出力やボディ剛性、操縦安定性、乗り心地の向上のほか、内外装の見直しなどを実施した。
通常、マイナーチェンジは新車効果が薄れたことによる商品力アップや市場から出たネガを潰すことが主となることが多いのだが、86/BRZに関しては、「FRスポーツの理想形に向けて再セットアップした」といった感じである。現在、自動車専門メディアを中心にインプレッションなどが展開され始めているが、「乗って数百メートルで違いはわかる」「全体のキャパと懐の深さが上がっている」「従来モデルと同じタイヤを履いているとは思えない」「質感が全然違う」と高い評価ばかりだ。
86/BRZは後輪駆動のガソリンエンジン車、CR-Zは前輪駆動でモーターとエンジンを併用するハイブリッド車という違いはあるものの、「等身大のスポーツモデル」と言う意味では共通する部分がある。もともとデビューに2年のタイムラグはあるとはいえ、当面は息長く売られていきそうな86/BRZに対して、ひっそりと消えていくCR-Z。なぜ明暗が分かれてしまったのか。
http://toyokeizai.net/articles/-/128848
次期モデル登場の「86」と生産中止の「CR-Z」、なぜ明暗が分かれたのか 慢心、環境の違い
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470100953/
iframe未対応です
2:
86/BRZ、CR-Zはどちらにもご先祖さまがいる。異なるのはその生い立ちのコンセプトだ。86/BRZは「AE86の21世紀版を作るのではなく、AE86のように長く人々に愛されるスポーツカー」に対し、CR-Zは「ハイブリッドシステムを用いた21世紀のCR-X」だった。つまり、スピリットのみ継承し、すべてを刷新した86/BRZに対して、CR-X後継モデルを目指したCR-Zというわけである。
CR-Zは、「今後はハイブリッドが当たり前の時代になる」と、エコ&スポーツのコンセプトが掲げられていた。つまり、ハイブリッドは燃費がいいのは当たり前、いかにドライビングの楽しさを追求できるか、であった。
コストの面からハイブリッドシステムやボディなどの基本コンポーネントは2代目インサイトを譲り受けたが、スポーツカーは「車体剛性」と「軽さ」が大事と言うことで、骨格はほぼ新設計。サスペンションはフロント・ストラット/リア・トーションビーム式ながらも、剛性アップと軽量化のためにフロントのロアアームはアルミ鍛造製、タイヤはエコタイヤではなくスポーツにふさわしい銘柄が採用された。
エンジンはスポーティハッチの「フィットRS」用の1.5L+ハイブリッドシステム(IMA)の組み合わせで、トランスミッションは6MTを採用。「ドライビングの楽しさには必要不可決」と言うことで、役員を説得して設定したというエピソードもある。
ただ、後継モデルにはご先祖さまと比べられてしまう運命があり、ハードルも上がる。CR-ZはCR-Xの「ハンドリングの良さ」、「軽快な身のこなし」を再現できた部分があったが、エンジンとモーターを併用するパワートレインはスポーツカー好きには物足りなさが残ったはずだ。特に「VTEC」と呼ばれる、気持ち良く回りつつ、高回転で一段の出力が盛り上がるエンジンが好きなホンダ党にとってはなおさらだと想像する。
※続きは下記URLへ!
http://toyokeizai.net/articles/-/128848
4:
そら価格帯やろ
7:
最近若いくせに86乗ってるやつ増えたよな
気持ち悪い男が二人のりしてるのをよくみる
57:
>>7
若者が乗ってくれてるならいいことじゃないか
8:
FFスポーツが無理
9:
CR-Zは途中で価格安くしてHV降ろせば巻き返せた
12:
>>9
これなんだよね。
楽に200万以下で発売できたと思う。
後席も頑張れたかもしれないし。
10:
CR-Zはスポーツモデルだってのに馬力無さすぎでしょ
ハイブリッドだから特別軽い訳じゃ無いし
11:
やっぱ、FRでなきゃ駄目なのか
13:
CR-Zと86を同じ土俵で評価するのは無理がある
CR-Zはスポーツカー風エコカー
フイットハイブリッドの2ドアハッチバックバージョンと言ってもいい
14:
電池とモーターおろして出直さないとダメだろ
15:
CR-Xの初代か二代目か再販しろよん・・・
96:
>>15
二代目、よかったなぁ…
17:
ローンで買うとき価格が年収の三分の一越えると相当苦しいぞ。
21:
たしかインサイトの亜種みたいな設計だったような
22:
むしろ、インサイトとして売ればよかったような車じゃねの。
23:
改良するならCR-Zにターボを載せるか、排気量を1800に上げるべきだった。
ただ掛ける開発費とコストを考えれば、あの時代にそういう判断は経営的にはできない。
生まれた時代と世界的な不況、バッテリー単価を下げれなかった、
ミニバンSUVブーム、不運が重なった故の販売台数。
24:
こうすれば買ったとか、また後出しジャンケンかよ
86もBRZもCR-Zもちゃんと乗った人間が評価すれば良い
つーか86のマイチェンスレでは、高くて買えないみたいなのばっかりだったよな
29:
プレーンなデザインで出してほしい
キャラクターラインとかAピラー根元のギャップとか、無駄にくどい
31:
販売力だろ
32:
バラードスポーツCR-Xで出せばよかったのにね。
33:
ハイブリッドスポーツの主流は大パワー高級スポーツだからね
ライトウェイトなら割り切るべきだった
37:
テンゴターボでも搭載すりゃあ良かったのに
40:
F1やWECみたいなハイブリッドならスポーツカーでもありなのかな?
46:
CR-Z TYPE-Rを出さないから
49:
パワーはないけどFRだから面白い
51:
BRZ
0ー100km/h加は7.6秒か
60:
この2車種比べるのなんて初めてみたわ
あまりに違いすぎるだろ
つか86も販売的には大失敗だろ?
何が200万で若者にも買えるクルマだよ
結局1.4倍くらいの値段で出しやがって
68:
>>60
ホンダは分からないけど86は世界的にそこそこ売れたよ。初年で5-10万台くらいは出た。そもそも市場が小さいスポーツクーペってジャンルとすればバカ売れレベルよ
69:
CR-Zと86ではキャラ違うだろ。比較対象にならない。
70:
比較対象になるだろ
CR-Zはスポーツモデル作らないからダメになった
74:
オープン出せよ
81:
86は価格とスペックが絶妙なバランスだよな
カスタムパーツも多いし
82:
直4FF1.5リッターなら150万円までだな
88:
なんとか4人乗れる86と
実質2人乗りのCR-Zの違いだな
90:
日本は高齢化していて保守的だからな(若者も含め)
CR-Zみたいな今までにないコンセプトの車を受け入れようとしない
1

続き・詳細・画像をみる


【DQN返し】旅行中毎日義実家の掃除、洗車しろと言われたので片道一時間かけて通った。石女嫁は暇なんでね

仮面ライダーのショッカーの正体が日本政府だったという設定 怖すぎる

【俺ガイル】八幡「一夜を過ごした」

カルビーが成型ポテチ業界に殴り込み!北海道で先行発売されていた、ポテトチップスクリスプがうますぎる

瑞樹「あの子、今何してるかしら…」

雷「無理しなくて良いのよ(ナデナデ」

back 削除依頼&連絡先