ルビィ「ピギィwwwwww」back

ルビィ「ピギィwwwwww」


続き・詳細・画像をみる


ルビィ「あ…お、おはよう…」
ルビィ「えっと…えっと……ぅ…る、ルビィ先に行ってるね!!」タタッ
ルビィ「う、うわ!」
ズコー
ルビィ「い…痛い……ぅぅ…また転んじゃった…」グスッ
ルビィ「お、お姉ちゃ…」
スッ
ルビィ「!?あ…だ、だい…じょうぶです!ひ、1人で立てっ…」
ルビィ「……ありがとう…ございます」
4:
がっこう
ルビィ「ふゅ…間に合った…」
ルビィ「はぁ…」
ルビィ(今朝の人…窓際の席の人…だよね)
ルビィ(すっごく緊張したけど…たぶんもう話すことないんだろうな…)
ルビィ「あ…なに?花丸ちゃん」
ルビィ「日直?あ!ルビィ今日日直だった!」
ルビィ「日誌取ってくる!」
ドンッ
ルビィ「わふっ」
ルビィ「!?」
ルビィ「け、今朝の…あ、あぁすいませ…あ…それ…」
ルビィ「えっ!あなたも日直なんですか?」
ルビィ「う…あ、ありがとうございます…///」
7:
ほうかご
ルビィ「……」
ルビィ「…あ、あのあの!えっと…」
ルビィ「あ、あとはルビィがやっておくから帰っても…」
ルビィ「…!」
ルビィ「う、うん…わ、わかった…一緒に頑張ルビィ…」
ルビィ「へっ!?あ…い、今のは違うの!えっと…か、可愛いってそんな…ぁ…///」
ルビィ(あれ…私…自然に話せてる…)
ルビィ(この人と話すの…一緒にいるの…楽しいな…)
ルビィ「…ぇへへ///」
8:
かえりみち
ルビィ「…///」
ルビィ(ま、まさか一緒に帰るなんて///)
ルビィ「…///」
ルビィ(な、なにも話せない…!)
ルビィ「ぁ…ぁ…///」
ルビィ「あの!」
ルビィ「あ…え、えっと…えっと…///」
ルビィ「なんでもないです…///」
18:
ルビィ「…あの…もうここで大丈夫です」
ルビィ「あ…一緒にいるのが嫌とかじゃなくて…その…うちにはお姉ちゃんがいるから…」
ルビィ「…!」
ルビィ「うん!また明日!」
23:
1日経って完全に懐いたルビィちゃんをデートに誘って
数回遊んでるうちに夕立に降られてしかたなくルビィちゃんの家に行くことになったら家に誰もいなくてルビィちゃんにシャワーを借りて出たら着るものがないことに気づきバスタオルを体に巻いて服が乾くまでルビィちゃんと2人っきりでルビィちゃんの部屋で過ごしてそして
25:
ルビィ「…ま、まだ服乾かないね…///」
ルビィ「…///」ドキドキ?
ドキドキドキドキ?
ドキドキ?
ドキドキドキドキドキドキ?
ルビィ「ぁ……あのね///」
ルビィ「ルビィ…あなたの事…///」
ルビィ「好き……です///」
おわりよ
26:
ルビィ「>>30」
30:
ピギィ……
32:
ルビィ「ピギィ…」
ルビィ「あぁこれ…えへへ」
ルビィ「ここだけの話なんだけどね?これ…ルビィって言おうとして盛大に噛んだのがはじめなんだぁ」
33:
ルビィ「>>36」
36:
バスタオルの巻き方が甘くて落ちちゃう
38:
ルビィ「あ…もう乾いたかも!」
ルビィ「ルビィが取ってきてあげ…」
シュル…
パサ
ルビィ「!!!?」
ルビィ「ぴ……ピギャァァァア!!!」
ルビィ「お…おっ…お…ち…おち…」フラッ
ドーン
39:
ルビィ「>>43」
43:
こんな百合えっち、マルちゃんには内緒にしてね
44:
ルビィ「ぁっ…?…ん……?」
ルビィ「はぁ…?…だ、だめだよ…?」
ルビィ「これ…?…ルビィおかしくなっちゃう…?」ドキドキ?
ルビィ「…っ?」
ルビィ「…ま、マルちゃんには内緒にして…?」
45:
ルビィ「>>50」
50:
ディルド使って
54:
ルビィ「使わない!!」
ルビィ「そんなの使いません!」
ルビィ「ぃぎっ!??」
ルビィ「ぁ…?…?…ぁ…ぁ…?」
55:
ルビィ「>>65」
59:
ルビィ「お姉ちゃ」
「…っ…ダメですわ…!」
ルビィ「?」
「と、隣の部屋には妹が…ひぅ?」
「も、もう…!我慢しなさっ?…んっ?」
「キスばっかりぃ?…っ?わ、わたくしだってしたいの我慢してたのにぃ?…ぁっ?」
ルビィ「…」
ルビィ「…ルビィ外出て来よう///」
65:
貝殻あわせしよ
71:
ルビィ「貝殻合わせ…?」
ルビィ「でもルビィ貝殻なんて持ってないよ?」
ルビィ「…え?」
ルビィ「どこにあるの?」
ルビィちゃんの手を引いて個室に連れ込んで…
72:
ルビィ「あ、あの…えっちなのは…その…ダメだよ…!」
ルビィ「>>76」
76:
まずは一緒にお昼寝から…
77:
ルビィ「…すー…はぁー…!」
ルビィ「…よし!」
ルビィ「い、今行くね?」
ルビィ「お、お邪魔します…!」
モゾモゾ
ルビィ「…///」ドキドキ
ルビィ(そ、添い寝ってこんなに近いの///)
ルビィ(き、緊張して寝るどころじゃない///)
ギュッ?
ルビィ「ひっ!?…ぁ…///」ゾクゾク?
ルビィ「お、お腹…っ///…ん…///」
ルビィ「…き、急に抱きついたらダメだよぉ///」
78:
ルビィ「>>81」
81:
お菓子の家
82:
ルビィ「うわー!」キラキラ
ルビィ「ここがお菓子の家!!」
ルビィ「すごいすごい!本当にお菓子でできてる!」
ルビィ「夏だからちょっと不安だけど…あ!お姉ちゃんにも持って帰って毒味…食べさせてあげよーっと!」
ルビィ「えへへ?お姉ちゃん喜ぶかな?」
__
___
ルビィ「んゅ…お姉ちゃん…お食べ…えへへ」
83:
ルビィ「>>86」
86:
アイス!
88:
ルビィ「あ!冷蔵庫にアイス入ってる!」
ルビィ「えへへたーべよ」
ルビィ「んー?おいひい?」
ルビィ「んっ…あー…れろ…ん…っ…ゅ…ぁ…んっんっ…ぁ…はぁ…っ…ん」
ダイヤ「……な、何をしてますの?」
ルビィ「ピギッ!?」
ダイヤ「ってそれは!?私が後で食べようと思っていた限定のプリンアイスではありませんか!?か、返しなさい!!」
89:
ルビィ「>>95」
95:
できちゃった婚
97:
ルビィ「……」サスサス
ルビィ「…どうしよう」
__
____
ルビィ「あのね…できたみたいなの」
ルビィ「…」
ルビィ「嬉しい…幸せにしてね?」
__ _
ルビィ「うゅ…むにゃむにゃ…できたー…ぇへへ…zzZ」
98:
ルビィ「>>101」
100:
餌付け
101:

102:
ルビィ「うぅ…ルビィ…動物じゃないよぉ…」
ルビィ「…でも食べるけど」
ルビィ「…おいひい」
103:
ルビィ「>>108」
108:
腕枕
109:
ルビィ「ひ、膝枕!?」
ルビィ「そ、そんなのは、恥ずかしいよぉ…」
ルビィ「…で、でも…せっかくだから…」
ルビィ「き、きていいよ…ルビィのお膝…貸してあげる…?」
110:
ルビィ「>>115」
115:
それなりに幸せな大人になったルビィだけどふと思い出すきらきら輝いてた高校時代
116:
黒澤ルビィ、21歳
職業、家庭教師(そろそろ学校の教師)
好きなもの、アイス、お姉ちゃん、アクアのみんな
普段は寝つきのいい方なんですが
なんだか今日は眠れない…
ルビィ「…」
ルビィ「ふぅ…」
寝返りばっかり
ルビィ「…高校時代か」
夜はちょっぴりセンチになります
でも
ルビィ「うん…違う違う!今が最高なんだもんね!」
答えが出ると眠くなって
眠りに落ちて
また明日も頑張ルビィ!
117:
ルビィ「>>121」
121:
お風呂上がり
128:
ルビィ「ふぅ…」
ルビィ「さっぱりしたぁ」
ルビィ「ふぇ?…あぁ…髪…下ろしてるから…」
ルビィ「お、大人っぽいなんてそんな…!…ルビィなんてまだまだだよぉ///」
129:
ルビィ「>>134」
134:
セックス
136:
ルビィ「っあ!?…んっ?…ぃ?…っ?」
ルビィ「…んん?…ぁっ?…こんなのっ?こんなのルビィ知らなぃ?…あっ?」
ルビィ「後ろから…っ?…つぃちゃらめぇ?…くひっ?…ぁっ?…んっ?」
二時間ほど続いた
137:
ルビィ「朝だからえっちなのは禁止!…です…我慢してくださぃ…ぅゅ」
ルビィ「>>142」
142:
イメチェン
144:
ルビィ「こ、これを着ればいいの?」
ルビィ「…わ、わかった!」
ルビィ「着替えてくる」
_
___
ルビィ「お、おまたせ…」
ルビィ「ぇへへ…どう…かな?」
145:
ルビィ「>>151」
151:
嫉妬
155:
ルビィ「……」
ルビィ(最近花丸ちゃんとばっかり話してる…)
ルビィ「……っ」ズキ
ルビィ「…ルビィ…嫌な子だ…」
ルビィ「…っ」グスッ
ポンッ
ルビィ「!!」
ルビィ「ぁ…な、泣いてないよ?…平気…あ、あれ?…おかしいな…っ…」
ギュッ
ルビィ「……もうどこにもいかないで」
ルビィ「ずっとルビィのそばにいてよぉ…」ギュッ…
ホエルオー「行かないっすわ、ルビィちゃん最高やでほんま」
156:
ルビィ「>>161」
161:
ksk
162:
いつか訪れる姉離れ、妹離れ
163:
ザァァァァ___
ルビィ「……じゃあ…もう行くね」
ダイヤ「……えぇ…身体に気をつけなさい?」
ルビィ「うん…っ…お姉ちゃんも」
ダイヤ「……」
ルビィ「……」
カツーン…
振り返りはしない
前に進むと約束したから
2つの宝石は別々に輝く。
168:
>>163からの再会
164:
ルビィ「>>168」
170:
ルビィ「あっ」
ダイヤ「えっ」
ルビィ「…」
ダイヤ「…」
ルビィ「お姉ちゃん…なんでここに…」
ダイヤ「…それはこっちのセリフですわ」
ルビィ「…あははっ…ただいま!」
ダイヤ「ふっ…おかえりなさい、ルビィ」
ホエルオー「うむ」
171:
ルビィ「>>175」
175:
ホエルオーと海水浴
177:
ルビィ「あはは!きもちいね!」
ホエルオー「オホー!」
ルビィ「ホエルオーもきもちい?」
ホエルオー「夜はもっと気持ちよくさせたろか?」
178:
ルビィ「>>184」
184:
花丸ちゃんと大ゲンカしてからの仲直り
185:
ルビィ「花丸ちゃんがそんな人だとは思わなかった…」
花丸「っ!」
花丸「もういい!ルビィちゃんなんて知らない!」
ルビィ「ふぇっ…る、ルビィだってもう知らないから!!」
花丸「……」
ルビィ「……」
花丸「……」
ルビィ「……」
花丸「……うそ」
ルビィ「!」
186:
ルビィ「>>191」
191:
えっちしよ
193:
ルビィ「……」
ルビィ「……」
ルビィ「はっ」
ルビィ「気絶してた…なんかとんでも無いことを言われた気がする…」
ルビィ「あついから気のせいだよね!」
194:
ルビィ「>>206」
206:
駆け落ち
207:
ルビィ「ど、どうしたの?」
ルビィ「そんなに強く引っ張ったら…い、痛いよ…」
ルビィ「……」
ルビィ「か、駆け落ち!?」
ルビィ「え…でも……」
ルビィ「…わかった…いいよ、ルビィ…あなたなら信じられる…」
208:
ルビィ「>>212」
212:
しいたけに異常なまでに懐かれる
216:
しいたけ「はっはっはっ」
ルビィ「…ぅゅ」
しいたけ「はっはっはっ」ノソノソ
ルビィ「!?」
しいたけ「はっはっはっ」ペロペロ
ルビィ「!?!?!?」
しいたけ「はっはっはっ」ペロペロ
ルビィ「あわあわあわ」
ホエルオー「ルビィちゃんはええ味するやろ?」
217:
ルビィ「>>220」
219:
>>218
そうです
220:
1年組で帰宅中に彼氏とばったり遭遇
まだ彼氏ができたことを皆には秘密にしているのにどうしよう
223:
ルビィ「それでその時ホエルオーったら急に潮吹…あっ」
花丸「ん?ルビィちゃんこの方はお知り合い?」
善子「…まさか契約者(恋人)?」
ルビィ「あ…え、えっと…その…///」
花丸「えっ!?本当にルビィちゃんの彼氏!?」
善子「あ、あんたまさかその歳ですでに祭壇の口づけ(ベットでちゅー)を!?///」
ルビィ「へっ!?え、えっと…///」
花丸「…ルビィちゃん…マルは嬉しいずら!」
ルビィ「ピギッ!?」
善子「だ、だめよ…わ、私達はまだ高校生…///」ブツブツ
花丸「ルビィちゃん!がんばってね!」
ルビィ「う、うん…」
224:
ルビィ「>>230」
230:
果南、ダイヤと天体観測
232:
果南「あれがデネブ、アルタイル、ベガ…夏の大三角形だね」
ルビィ「綺麗…」
ダイヤ「本当に…美しいですわ…」
果南「本当に…ずっと輝いてられるなんてすごいよね…」
ダイヤ「……」
ルビィ「……」
ルビィ「…お…お姉ちゃん達だって!」
果南「!」
ダイヤ「…ルビィ?」
ルビィ「お姉ちゃんも…果南ちゃんも…ずっとずっと…輝けるよ!」
果南「…ルビィちゃん」
サフ、ズット
いつまでも輝き続ける
ルビィ「ねぇ…だからもう一度…もう一度やろよう、スクールアイドルに!!」
233:
ルビィ「>>236」
236:
ルビィの足を舐めたい
238:
ルビィ「ど、どうしたの?」
ルビィ「ルビィの足なんか舐めてもおいしくないよ…?」
ルビィ「る、ルビィよりお姉ちゃんの足の方が…ひゃっ!」
ルビィ「ぁ…っ…だ…だめっ…っ…ぁっ?」
239:
ルビィ「>>241」
241:
ヤンデレルビィ
250:
ルビィ「…ぇへへ///」
ルビィ「あなたが来るの見えたから…待ってた!」
ルビィ「あ…携帯貸してもらえるかな」
ルビィ「……はい」
ルビィ「ふふっ」
ルビィ「ね、手…繋ごっ?」
ルビィ「あ…離しちゃダメだよ…せっかく離れないようにボンド塗ってきたのに…」
251:
ルビィ「>>256」
256:
31でアイスたべる
259:
ルビィ「31?」
ルビィ「へ?そんなアイス屋さん内浦にあったんだ!」
ルビィ「行く!行きたい!」
__
____
31
ルビィ「ん…おいしい!」
ルビィ「今度お姉ちゃんとも来てみるね!」
260:
ルビィ「>>264」
264:
私たちのたたかいはまだまだこれからだ(完)
284:
ルビィ「>>290」
266:
ルビィ「ついにここまできたね…!」
ルビィ「ラブライブ…絶対優勝!!」
私達の戦いはこれからだ!
おわりよ
271:
ルビィ「>>275」
275:
プロポーズ
277:
ルビィ「えっ…」
ルビィ「け…結婚なんて…そんな……」
ルビィ「……っ」
ルビィ「…ごめんなさい!!」
ルビィ「ルビィ…まだそういうのよくわからないから…」
ルビィ「だから!ちゃんと…ルビィに教えて…ください…///」
278:
ルビィ「>>281」
279:
ksk
281:
↑で
283:
ルビィ「くひっ?…っ?…ぁ?」
ルビィ「はぁ…?…はぁ…?」ビクビク?
ルビィ「…ぇへへ?…もぅ?…いきならシちゃだめだよ?」
292:
ルビィ「あ…?」
ルビィ「起きたぁ…?」
ルビィ「ふふふ…おはよー?」
ルビィ「えー?」
ルビィ「ここ?ここはねールビィのお部屋!」
ルビィ「だって縛っとかないと色んな女の子があなたの所に寄ってくるでしょ?」
ルビィ「だからずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずーっと」
ルビィ「ルビィと一緒にいようね!」
293:
ルビィ「>>301」
301:
しいたけVSルビィ
302:
しいたけ「はっはっはっ」
ルビィ「……」ジトー
しいたけ「はっはっはっ」
ルビィ「お…お手…」
しいたけ「はっ」ポンッ
ルビィ「!!!」パァァ
303:
ルビィ「>>310」
310:
俺くんに手料理
320:
ルビィ「あ、あの…!」
ルビィ「あ…えっと…」
ルビィ「こ、これ…ルビィが作ったんだけどね?よかったら…食べて…あっ!味は平気だよ!ルビィもさっきお姉ちゃんに毒…味見してもらったから!」
ルビィ「…どうかな?」
ルビィ「おいしい!ほんとに!やった…やったー!えへへ!あのねあのね!料理の本とかたくさん見て作ったんだ!」
ルビィ「えへへ…おいしいかぁ…ふふっ」
321:
ルビィ「>>326」
325:
お姉ちゃんに冷たくする
326:

327:
ルビィ「…」モグモグ
ダイヤ「ルビィ、それ私のアイスではなくて?」
ルビィ「…」チラ
ルビィ「…」モグモグ
ダイヤ「…せめて食べるなら一言何かあるのではありませんこと?」
ルビィ「…うるさいなぁ」
ダイヤ「っこの!何ですかその態度は!」
ルビィ「…ルビィお姉ちゃんの事嫌いだもん」
ダイヤ「え…」
328:
ルビィ「>>331」
331:
うえ
334:

続き・詳細・画像をみる


漫画家の性別を見分ける一番簡単な方法wwwwwwwwwwwww

高橋尚子(44)さん、恋人も無視してパチンコ11時間打ちっぱなし。依存症か

【映画】庵野秀明『シン・ゴジラ』が1位!ハリウッド版を上回る快進撃【映画週末興行成績】

ついにオーディオ新時代! 米国でBluetoothヘッドフォンの売上が有線を上回る

【画像】7歳娘に「ふつうのお弁当飽きた」と言われた母親、とんでもない弁当をこしらえる

半年前に旅だった嫁の話しをしてみようと思う

back 削除依頼&連絡先