女性社員の心を挫く「地雷ワード」言ってませんか?back

女性社員の心を挫く「地雷ワード」言ってませんか?


続き・詳細・画像をみる

1:
● 要約者レビュー
本書は、男性上司が女性の部下を相手にした際に起こりがちなミスコミュニケーションを具体的に紹介し、その解決方法や女性と接するときの心得を解説したものである。
自己評価が低く、思い込みの強い女性に、仕事を任せるにはどうすればいいのか? 責めたわけでもないのに突然涙を流してしまう女性にどう対処すればいいのか?
女性同士の派閥争いを防ぐには? そもそも良い関係を築くためにはどう振る舞えばいいのか?
こうした問題の解決策、女性ならではの考え方の傾向、仕事に関する価値観、コミュニケーションスタイルを丁寧に紹介していく。
「女性は気がきくね」、「うちの女の子は」、「で、結論は? 要するに何? 」など、職場でよく交わされる何気ない一言も、実は女性社員の心を挫いているケースが多いと著者は説明する。
その理由をひとつひとつ検証していくと、女性が職場でどんな気持ちで仕事にのぞんでおり、コミュニケーションにおいて相手にどんな対応を求めているのかが見えてくる。
例えば、「女性が突然泣き出すのは、『わかってほしい』という気持ちが強くなったことで、感情があふれ、一時的に混乱状態になっている」というように、
男性からすると、なかなかつかみにくい女性の思考スタイルを、著者は「ありがちな事例」をまじえて、わかりやすく解説している。
女性の部下を持つ人にとって、今日からすぐにでも実践に活かせる学びに満ちた一冊だ。 (堀田 隆大)
● 著者情報
齋藤 直美(さいとう なおみ)
株式会社ミュゼ 代表取締役
外食チェーン本部人材育成部署にて、約8000人の教育・研修を担当し、新人、管理職、社内講師の育成を行う。
その後、2008年株式会社ミュゼ設立に参画。“月曜日が待ち遠しくなる組織作り”をコンセプトに大手企業や自治体などあらゆる業界のリーダー教育、組織活性化に携わり、全国各地で研修・講演を行っている。
研修、講演の受講者満足度は高く、「現場で使える! 」と定評があり、ほめ方・叱り方などについて新聞、雑誌テレビなどで多数取り上げられている。
著書に、『部下がついてくる人、離れていく人の叱り方』(あさ出版)、『なぜ、あの上司は若手の心を開くのか』(青春出版社)、『「ほめる・しかる」で部下を劇的に伸ばす!
「20代男子」戦力化マニュアル』(日本実業出版社)、『叱り方ハンドブック』(中経出版)、『あたりまえだけどなかなかできない叱り方のルール』(明日香出版社)など多数。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160801-00097262-diamond-bus_all
ダイヤモンド・オンライン 8月1日(月)8時0分配信
4:
● 評点(5点満点)
● 本書の要点
・男性と女性とではコミュニケーションのスタイルが大きく違う。女性の考え方の傾向を知り、その強みを発揮させることが重要である。
・女性との会話においては、「否定しない」、「質問」、「フィードバック」、「サポート」という「4つの聴き方」を意識するとよい。
問題解決を急がず、相手の話をじっくりと聴くことが求められる。
・女性同士のトラブルが起きた際は、公平な態度で解決に向けてサポートする必要がある。
・仕事に不安を抱えている女性には、質問によって、本人の思い込みに気づかせ、不安を取り除くとよい。
● 要約本文
■女性の不安、上司の不満
◇男性上司は女性の何に苦労しているのか?
「女性の部下は扱いにくい」。
女性部下を抱える職場で男性の上司がそろって口にするのがこの言葉なのだという。
女性に必要以上に気をつかい、職場での活用どころか、はれもののように扱ってしまうこともある。
「仕事を任せたいのにイヤがられる」、「責めていないのに泣かれてしまった」、「何かとしつこい、納得できるまで譲らない」、
など、読者の中にも似た悩みや困った経験を持つ人がいるかもしれない。
こうした不満の根本原因を、著者は「男と女ではコミュニケーションのスタイルが大きく違う」からだと解説する。上司を困らせたいという嫌がらせではないのだ。
著者の分析によると、女性は基本的に感受性が強く、自分に自信のない傾向がある。
そして、女性同士で派閥をつくりたがったり、足を引っ張り合ったりすることもある。
これは、女性が置かれてきた社会構造が少なからず関係している。男性から「選ばれる」立場に長くあったことが、彼女たちのメンタルに影響を与えているのだ。
また、女性が不機嫌になるときには、必ず「わかってほしい」、「伝わってほしい」という思いがある。
女性は男性よりも「察する力」に長けている分、自分と同じように相手にも「こちらのことを察してほしい」という思いがある。
女性をマネジメントする上では、女性の弱みをなくそうとするのではなく、強みにフォーカスして活かすことが重要となる。
■地雷ワードに注意!
◇女性のモチベーションは伝え方で変わる
それでは、具体的に女性は男性上司のどのような言動にイラっときているのか。
タイトルにもなっている「女性は気がきくね」という一言を取り上げてみよう。
著者によると、下手な褒め言葉が、関係性を悪化させるきっかけになるという。
ここで地雷となっているのは「女性」という言葉だ。女性全体を褒めていることになり、個人を認めたことにならない。
女性の承認欲求を満たすためには「○○さんは気がきくね」と名前を添えるなど、個人を意識した伝え方を心がける必要がある。
また、「で、結論は? 要するに何? 」といった答えを急かす言葉も、女性には地雷である。女性は会話において、男性とは違い、
結論や解決よりも、そこに至るまでのプロセスや感情を話すことを重視するからである。
そのため、「早く結果が知りたい」という気持ちをグッと堪えて、共感を示すことが重要なのだ。
さらに、「そんなことあったっけ? 」、「とにかくやってくれればいいから」といった、相手をないがしろにするような発言も、NGである。
女性は記憶力がよく、曖昧にすることを嫌う傾向にある。
彼女たちのマネジメントで必要なのは、正直な対応と、相手の納得を引き出すことである。
用件を忘れた際には素直に謝り、細部までプロセスをきちんと説明することが信頼につながる。
このように、女性部下に対しては、個人を尊重、承認しつつ、相手が納得できるようにきちんと説明することが重要であると、著者は個々の地雷ワードを用いて強調する。
伝え方を工夫するだけで、女性のモチベーションを上げ、ひいてはパフォーマンスを向上させることができるのだ。
6:
そのためには、無意識の「女性軽視」を改善しなければならない。
まずは、何気ない言葉、何気ない行動が、女性部下の意欲に影響を与えているという自覚がカギとなる。
 【必読ポイント! 】
■できる上司はこの「接し方」で、やる気を引き出す
◇仕事を任せたいのに嫌がられたら?
女性の特性や地雷ワードを理解したところで、いよいよ女性との接し方について解説する。
男性と違い、女性には女性ならではのやる気が高まるポイントがある。それを考慮しなければ逆に反感や不満が噴出するため、接し方にも注意が必要だ。
例えば、先述した「仕事を任せたいのに嫌がられる」という場合は、相手の思い込みに気づかせるような質問を投げかけることが必要となる。
具体的には、相手が誤った思い込みを抱いていないか、思いつめるあまり視野が狭くなっていないか、
任される仕事のメリット・デメリットをきちんと理解しているかという、3つのポイントについて質問するとよい。
「相手ができない」と答えた際にも、頭ごなしに否定せず、「どんな点でそう思うの? 」、「新しい方法でやるとしたらどんな方法があるかな? 」
などと、相手を客観的な判断に導くことが望ましい。
その上で、相手が熟考する時間を十分に与えることを著者は推奨する。
また、女性部下の能力や成果だけでなく、日頃の仕事ぶりやプロセスを褒めることが安心感につながる。
小さな仕事から任せ、フォローするという態度を示しながら、徐々に成功体験を積ませてあげることも、女性部下の背中を押すことになる。
人が行動を起こすきっかけは、「外発的動機付け(評価、報酬、指示命令など)」と「内発的動機付け(やりがい、充実感、達成感など)」に分けられる。
女性の場合は、「内発的動機付け」を心がけることが必要だと述べる。昇進や昇給よりも、やりがいが感じられることが大事と考える女性が多いためである。
そのため、成長できる場をつくる、成長できた実感を味わわせる、役に立っていると思わせる、という3つの点を意識しながら声をかけていくことが効果的なのだ。
 ◇不安や悩みを抱える女性への声のかけ方
不安や悩みを抱えている女性の場合には、男性の強みである論理的思考でサポートすることが必要である。
その場合、次の「4つの聴き方」を意識することが望ましい。
・否定しない:どんな話でも、まずはいったん相手の考えを理解したことを言葉と態度で示すこと。
これは相手に同調するということではない。「あなたはそう思うんだね」と客観的に受け止めながらも、安心感を与えるのがポイントだ。
・質問:女性の中でゴチャゴチャとなっている部分を質問で整理していくことが大事である。
尋問口調になることなく、「具体的に教えてくれる? 」、「それは本当なのかな? 」などと、あくまでもやわらかい口調と雰囲気を心がけるとよい。
・フィードバック:話を聞いて、上司自身が感じたことを伝えていく。
指示や命令ではなく、「僕は◯だと思うな」、「僕は◯したほうがいいと思うんだけど、キミはどう思う? 」と自分の考えを伝え、女性の決断を促すようにする。
・サポート:上司が女性部下のためにできることを表明することで、相手に安心感を与え、解決に向かわせることが可能となる。
こうした「4つの聴き方」が、女性が行動を起こす上での後押しになる。
11:
また、女性部下を上手に活用している男性上司は、話を聴く力に長けている。
聴き方を変えるだけで、部下の言動に変化が見られるはずだ。彼女たちには自力で問題を解決できると信じることが不可欠なのである。
■女性同士のトラブルはどうすれば解決できるのか?
◇女性同士のもめごとの原因
男性上司向けの研修で必ず話題に上がるのが、女性同士のもめごとであるという。
女性同士で仲が悪い、派閥争いが起こってしまう、誰かひとりの女性がバッシングの対象になってしまうなど、もめごとにも様々なパターンがある。
著者によれば、多くの上司は見て見ぬふりで、ほとんど何も手を打とうとしないのだそうだ。
そこには、面倒なことに巻き込まれたくないという本音が潜んでいる。
そもそも女性のもめごとはなぜ起こるのか。それは、自己承認欲求を満たすために自分の居場所を確保しようとする意識が大きく関わっているのだ。
今まで、女性の社会的地位が男性によって決定される時代が長かった。
そのため女性は、「選ばれる」かどうかに非常に敏感であり、「選ばれない」ことに対する嫉妬が生まれやすいのだ。
具体的には、既婚・独身といったライフスタイルの差異、職場内での自分の立ち位置・扱いへの不満などが、もめごとの引き金になる。
◇もめごとを解決するには?
こうした同性間のもめごとに対処するコツは、ひとりひとりの成長をしっかりと認めることだ。
まずは、個々人に意見を聞き出し、現状を客観的に判断する。
それから、それぞれの個性を活かした役割やポジションを与え、職場内のバランスを整えていくことが必要になってくる。
その際、注意すべき点は、公平さを保つことである。
一方にのみ肩入れをしたり、疎外感を与えるような扱いをしたり、情報の共有を偏らせたりすると、その不公平さが争いの火種となる。
かといって、平等に接しようとしすぎて、個々の評価を疎かにすることもまた問題となる。
あくまで相手の存在に対し承認をきちんと与えた上で、冷静な判断を下すことが重要になってくる。
いずれにせよ、女性同士のもめごとに対しては、相手の態度、雰囲気、言い方に振り回されず、あくまで仕事をする上で何が問題か、
どういう影響があるのかにフォーカスし、問題点を解決していくことが肝心だ。
■信頼される上司になるための心得
◇女性はどんな上司についていきたくなるのか?
男性上司の多くは、「仕事ができること」が女性からの信頼を得る近道だと勘違いしているという。
しかし、いくら組織からの評価が高くとも、人としての魅力がなければ、女性社員との信頼関係を築けないのだ。
具体的には、約束を守る、人によって態度を使い分けない、部下の意見にしっかりと耳を傾けるといった点を心がけるとよい。
また、自分の間違いを正直に認め、無理に強がらないこと、時にはいつもとは違うキャラを見せて、ギャップをアピールすることも、人間的な魅力をアピールするのに効果的である。
上司が女性部下ひとりひとりに関心を向け、「気づいてほしい」というサインを見逃さないようにする。
その上で、関係性を築こうと歩み寄れば、彼女たちの中に、「上司のため、職場のために力になりたい」という気持ちが必ず芽生えるはずだ。
● 一読のすすめ
要約した内容以外にも、女性部下の叱り方や、女性との会話を増やす方法など、女性部下とうまくつきあっていくためのコツが数多く紹介されている。
女性部下に関して困ったことがあれば、辞書のように、個々の事例に応じて対処策を調べられる構成となっているのも実にありがたい。
コミュニケーションやマネジメントにおけるトラブル対策の指南書として、本棚にしのばせておきたい一冊だ。
【生活】女性社員の心を挫く「地雷ワード」言ってませんか?
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470009881
12:
何このモロマスレ
13:
未だにいるいきなり心的距離感が近い&レッテル針するやつなんなの?きみは嫁にいけないタイプだねとか。ハラスメント以前に気持ち悪い
16:
そこまでして女使わなくてもいいだろ?
別に気を使わなくていい男の社員いるしw
18:
>>1
最初から最後まで気持ちいいぐらい宣伝だけだった
ステマの方がまだ良かったわ
19:
聞き手に回って大人しく聞いてたらオチが無いのは良くあること
20:
うるせーブス、てめーは羊水腐ってっから臭いんだよ
って言えばスムーズに仕事できるようになるから
21:
長げえ
まさに「なにがいいたいの」だな
43:
>>21
こういう男性上司を持つと苦労する
そして当の本人は「女性は扱いにくい」と相手にレッテルを貼り、自分が無能であることを認めない
56:
>>43
要点だけをまとめて伝えるってのが出来ないのは男女共に邪魔なんだよ
22:
求めた対応が帰ってくるとか甘えんな
23:
「あーごめん、頼んだ俺が悪かった」
24:
女性は多いよな。楽しく飲んでるのにいちいち歳のことで固まるなや。おれは自分のこと言ってるのに。
25:
あなたが言うなら絶対そうですねーうふふとか本気で言う女性ばっかり相手してきてんのかな
26:
女のまず認めてほしい 否定するなってところがすでに苦手
それ逆にお前は意見すんな 認めろってことだろ?
ひでえよな
自由闊達な意見すら許さないのかよ
言論統制でしかないわ
27:
女は察するのが得意とか笑わせてくれる。
男より空気読まないだろあいつら。
29:
>>「女性が突然泣き出すのは、『わかってほしい』という気持ちが強くなったことで、
だから女性特有の時効は全て禁止
男女平等の意味わかってる?
子宮の全摘出ですら必要なんだよ本来は
30:
女の派閥は深入りしなきゃそのあたりのことで男が多少ミスっても
男より敵対する女のグループに非難がいくからなんとかなるべ
敵がいた方がまとまりやすいし
31:
なんで女は常に気を使ってあげないとならないの?
やはり女は邪魔ってなるだけだよ
男女平等がいいなら女だからというのを主張するな
32:
厚化粧?
33:
仕事なんてな、精神肉体ボロボロになんのは
当たり前、何女だけ甘えてんの?馬鹿なの?w
34:
>>1
女性たちが自分の能力で解決してくれれば話がおわる。
35:
長い
箇条書きにしろ
37:
そもそもお前らはそんな地位にいないだろ
38:
女と付き合ってもたいがい
決めつけるな 認めろ 受け入れろ ぜんぜんあたしのことをわかってくれない
ってとこで怒られる
男同士だと親友も多いし成り立ってる会話方式が女相手だとNGになる
39:
知らんがな…
40:
暴言ぶつけてるわけじゃねえのに
41:
家にこもっとれ
めんどくさすぎ
42:
最近太っただろ
44:
男子校生活12年だから、女の考えかたが致命的に苦手だわ
そのやり取りに慣れてしまって、表面上の関係なら適当に受けてごまかせるけど
付き合うと向こうがキレてることが多い
45:
くだらねー。
また矮小なことに着目して煽り立てる啓発本ビジネスかよ。
同じ日本人なんだから男と女でコミュニケーションに差なんざねーっての。
男でも意思疎通困難な奴は腐るほどいるし、当然女にも何言ってんだかさっぱりな奴もいる。
そんなん個人の資質だろ。
62:
>>45
単純にイメージでしかないよね
何が言いたいんだよこの馬鹿みたいな男
掃いて捨てるほどいる。
77:
>>45
同意
>「そんなことあったっけ? 」、「とにかくやってくれればいいから」といった、相手をないがしろにするような発言も、NGである。
仕事に疑問が残るようなことがあって質問してるのにこういう対応ってどうかな?と思う
この記事だと女性に対してはNGみたいな感じで書いてるけど男性も嫌なんじゃないの?
理不尽なことでも黙って受け入れるんだろうか
48:
>>45
変わるに決まってんだろ
付き合ったことがない童貞かよ
65:
>>48
付き合ったこと無いってw
学生か?
とっくに結婚して2児の父だってのw
71:
>>65
だとしたらお前は女性脳かバイセクシャルかどっちかだ
46:
男の方が回りくどくね?
51:
>>46
くわしく
47:
めんどくせぇー
49:
女ってめんどくせえ!
52:
女性中心の職場は大変だね
女は女同士やってもらって
会社潰れりゃいいんじゃね
53:
地雷ワードを言い訳にできるから楽だよな
54:
前に職場のおばちゃんが年下のパートの文句言ってたからやんわりとそれはあんたが悪いよと言ってやったら逆に怒られた
自分は男兄弟の真ん中女のせいかいまいち女の思考は分からない
55:
えっと・・・中高生の話じゃなくて? いくらなんでも幼稚すぎませんかね?
仕事をなめてるとしか思わない。辞めてしまえ
57:
女性社員、女性社員ってうるせーな
そんなに気を使って欲しければ男並みに働けよ
てか男並みに働く優秀な女はいちいち相手の言葉で
傷ついたりせんよ、
百合子見てみろよw
59:
女うぜーよ
ビジネスはプロセスじゃない
結果がすべて
60:
うわひたすらめんどくせえええええ
61:
男は作るのが好きで女は壊すのが好き
63:
要するにとか要はとか言うやつはたいがい馬鹿
プロセス無視で結果ありきな奴は同じ過ちを何度も繰り返す
64:
女の基本は察してちゃんだからなぁ
66:
女の私を理解してって体でくるのが最大に苦手
それを理屈や論理で同意してもらうのが方法論だろ
いきなりそれすっ飛ばして認めろっていっても、
男は内容で判断するんだよ
67:
ちょっと話しただけで誰と誰がデキてるとか言い出す馬鹿女しね
お前と話して妊娠させたろか
68:
「で?結論は何?」って女の上司もいうじゃん
76:
>>68
むしろ女性の方が多いと思う…
仕事ができる女性は特に。
69:
生物的性差より時代的背景のが強い
男は無神経、理不尽に扱われることが当たり前という認識があるから尊厳が保たれていたというだけで今はここで言ってる女みたいな男多いよ
70:
出来る女性って、基本(男女同じ部分)+女性らしさ(特有の気配りとか繊細さ優しさ)
を追加してくるんでさすが女性だなって言えるんだよな
男性らしさって当たり前で表現しにくかったり評価されにくいので
特に若いうちは女性の方が有利なのでは?
72:
いままで仕事をしてきて思うけど
本当に頭の良い女性は男性脳でテキパキ判断をして仕事をそつなくこなすね
結論から話すし、できるできないで話すよ
73:
女UZEEEEEEEEヾ(゚Д゚)ノEEEEEEEEE!!!!
74:
別にプライベートならどんな話し方しても構わないけどさ
仕事で一々聞き返さないと要点が分からないような話し方するなよ
75:
めんどくせえなー
ブスはしね
78:
あからさまな本の宣伝。ステマ乙
79:
劣ってるねぇ
80:
今オレの上司女だけど優秀だよ
ダメなヤツは男女関係なくダメなんだよ
81:
「結論から先に言ってくれ」
83:
病院とか、コールセンターとか、女が無駄に多い職場は大変そうw
84:
男は
女は
これ大嫌い
性格や考え方の違いは二つだけじゃない
100:
>>84
嫌いと言ってもどうしても男女で違うことがあるから一概には言えないな。
でも何かにつけて男の人ってみんなそうだよとか女の人はって口癖のように
言う人はちょっと。何も考えてないのか?と思ったり。
同性兄弟しかいない人に多い。
逆に頑なに男女で分けた言い方を拒否するのもどうかと思う。
85:
これ逆の立場の記事だったらと考えてみろよ
男性の部下は、『男らしさを褒めてあげて』『ミスしてもプライドが傷つくからさりげなく気づかせてあげて』
なんて記事あったら糞気持ち悪いしぶん殴りたいだろ
フェミニズムまじでうぜーんだよ
86:
女なんて役に立たないんだから
徹底的に心折ってやればいいんだよ
87:
なんかめんどくさいな
男でいいや
88:
話が合う女性はだいたい男性脳的で明晰なタイプだね
ちゃんと理由や理屈を説明してくれる
92:
要するに男性的とされるものは必要だからそうなっただけ
理屈で考えるとか、そういうのは仕事で必要とされるからそうなっていく
女性は感情の生き物だから?って、それ仕事を適当にするけど許してって言ってるだけ
93:
いかにも女ですってタイプは、いきなり感情や出来事が投げっぱなしでぶつけられて
反応に困る会話が多いわ
できる女性は、起承転結がある
94:
地雷ワードなら圧倒的に女から男への数が多いだろ
95:
ファビョった無能な男の地雷を踏んだスレかね
96:
あー分かったから、で、何がいいたい?
そこだけ言って?
これで女キュン死待ったなし
98:
こんなめんどくさいなら採用しない
101:
>>1
女は仕事ができない、を再確認せざるを得ないな
102:
>>1
ちょっと何言ってるかわからない
104:
普段から差別だなんだと言いながら自分で女を特別扱いしろとぬかしやがる
いつまでもこんな甘えたこと言ってるから日本の女は組織で上に登っていけない
105:
要するに女は使えないってことだろ
10

続き・詳細・画像をみる


【悲報】パヨク「出来レースの不正選挙お疲れ様でした。何もかも完全に腐りきった日本社会!(怒)」

今更やけどポケモンマスターってなんやねん?

モバP「続・雪美食堂」

ニュースでは決して報じない! 戦後最悪の殺人鬼・植松容疑者があぶり出した日本の最暗部

スポーツ史上最高の名場面は1997年春の天皇賞だよな

【驚愕】山本復帰「めちゃイケ」の視聴率wwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先