『サザエさん』はもはや国民的アニメではない。昭和のパラレルワールドを楽しめない理由back

『サザエさん』はもはや国民的アニメではない。昭和のパラレルワールドを楽しめない理由


続き・詳細・画像をみる


7月3日放送のアニメ番組『サザエさん』(フジテレビ系)の視聴率が9.9%と二桁を割った。翌日にはスポーツ報知をはじめ、いくつかのメディアがこのことを報じている。常に10%以上の視聴率を獲得する『サザエさん』は、低空飛行のフジにとって一番の優良コンテンツ。
今年上半期で同番組の視聴率が二桁を割ったのは、5月22日だけだった。しかしこの日は『笑点』(日本テレビ系)が「歌丸ラスト大喜利スペシャル」として特別番組を放送しており、そちらの視聴率が27.1%と非常に高い数字だったことが影響していると見られている。つまり“理由の分からない” 二桁割れは7月3日放送が初、ということのようだ。ちなみに翌週、7月10日放送の視聴率は11.1%に持ち直し、アニメ部門では1位となっている。だがこの数字はもはや、「優良コンテンツ」とも言い難いものであろう。月9ドラマですら一桁連発のフジなだけに、コンスタントに二桁を獲得してくれるだけでも御の字なのだろうが。
さて、3日放送分の視聴率一桁報道を受け、産業カウンセラーの後藤和也氏がその理由を分析する記事を執筆している。その後視聴率は持ち直しており、依然として人気アニメであることに変わりはなさそうなのだが、改めてテレビアニメの『サザエさん』をmessyでも考察してみたい。
パラレルワールド
『サザエさん』は同名の漫画連載が1946年から1974年まで。アニメ放送は1969年からスタートし、一時期は日曜だけでなく火曜にも放送していた。筆者はアラフォー世代だがもう何年も『サザエさん』を見ていない。最近ではCATVやCS放送も充実しているので日曜の夜にあえて『サザエさん』を見ようとも思わなくなったし、また、その時間帯は出かけていることも多いからだ。なにより、もともとアニメの『サザエさん』はあまり好きではなく、熱心に見ていなかった。
話題となった3日放送を、チェックしてみた。「跳んでるおばさん」は、路地で小学生女児がゴム跳びをしているところにサザエさんが乱入し軽々ゴムを超えるのだが、それを女児が絵にしたことで学校でサザエのことが話題になってしまう……というストーリーだ。しょっぱなからゴム跳びをする女児たちに驚愕である。ゴム跳びという遊びは滅びたと思っていた。
http://dailynewsonline.jp/article/1164472/
2016.07.16 23:00 messy / メッシー
2
都内在住の筆者は、成人してから一度も、小学生がゴム跳びに興じる姿を見たことがない。これはいつの時代の話だろうか? 登場人物らは年を取らないのでアニメの時代設定は1969年から変わっていないのだろうか。だが翌週放送の「ぼくは休日評論家」では、今年から始まる祝日『山の日』(8月11日)について話題にしている。どうも2016年設定のようだ。
それなのにゴム跳び……いや、長寿作品には作品開始当初の時代設定と現代との違いを時折埋めようと無理なストーリー展開があることは百も承知である。1976年から連載が続いている漫画『ガラスの仮面』でも最初はダイヤル式の黒電話だったが最近ではスマホも登場して大いに話題になった。当時の時代設定と現代の混在が生じるのは長寿コンテンツの宿命であり仕方ない。『サザエさん』が生きているのはもはや日本ではなく、どこか別のパラレルワールドなのだ。そのパラレルワールドでは、男女の社会的な立ち位置が未だに“古き良き昭和”のままである。
フネとサザエは専業主婦として家庭を守り、食後の食器洗いもふたりでやる。かたや波平やマスオは外で働き、時折一杯やって帰宅し、それを待ってくれていた妻から出された夜食を食べる……。『サザエさん』世界の登場人物は皆がこれを当たり前だと思っている。ここにはバブルもリーマンショックも男女雇用機会均等法も存在しない。
不況でフネやサザエが働かなければならない事態にはならないし、波平やマスオも減給やリストラなどない(というか彼らが何の仕事をしているのか正直よくわからない)。サザエもフネも含め、一家は「家族第一」の価値観を貫いているように見える。だからこそ日曜の夜に安心感を得られる(人もいる)のかもしれないが、ゴム跳びや山の日よりもこの昭和の家庭のモデルケースのひとつにすぎない家族像をかたくなに守り続けることに一番の違和感を覚えた。いま改めて見ると、あまりにハッキリした男女の性別役割分業にうんざりする。特にサザエの存在だ。
マスオを婿養子として迎え、専業主婦として過ごすサザエは嫁姑の諍いにも無縁であり、年の離れた弟と妹たちに未だ口うるさく説教したり怒ったりする。家事は実母のフネと一緒にやっているので負担も軽い。もしサザエが嫁に出ていてマスオの家族と同居しているのであればこう奔放には振る舞えないだろう。
3
むしろ嫁に出ていれば、嫁いびりや、嫁と夫の家族間のぎくしゃくした関係なども発生してきたり、サザエが夫家族を息苦しく感じ、外に働きに出ようと考えたりもするかもしれない。フネがサザエと一緒に家事をやるのはサザエが実の娘だからだ。もしサザエが嫁に行っておりその家族と暮らす話であれば、『サザエさん』に波乱が生まれてリアルになったのかもしれないが、何十年も放送が続く作品には決してならなかっただろう。『サザエさん』一家は“婿養子”スタイルをとることで、大家族における問題が起こらないような設定になっているのである。フネも波平も人間離れした人の良さであり、婿養子イジメも存在しない。
ここのところ憲法改正が話題になっているが、自民党が2012年に公表した憲法改正法案では24条に「家族は、互いに助け合わなければならない」という義務が加わった。安倍政権は、3世代同居可能な住宅を建てた人に補助金を出すという政策を打ち出し、“家族同居推し”が国を挙げてすすめられようとしている。まさに『サザエさん』で描かれるような大家族にいまいちど日本も立ち返ってみようというものだ。だが『サザエさん』をモデルケースに3世代の家族同居を推進するならば、婿養子スタイルが大前提だ。現実にはサザエのように婿養子を取るのは稀で、サザエはひとりで遠く関西のマスオ実家に嫁ぎ、家事・育児に奔走することになるだろう。もはや気楽なお嬢さんでいられない。次第に老親の介護も必要となり、介護要員として夫家族から期待、いや要請を受けるかもしれない。仕事をしていても、義理親の介護のためにそれを辞めなければならないのは嫁かもしれない。こうなれば女性の社会進出もないようなものだ。3世代家族同居の最大の問題「嫁」の苦労が全く描かれない『サザエさん』を、古き良き昭和大家族の“お手本”とすることは出来ない。
男たちに安定した仕事と稼ぎがあり、浮気や不倫の心配もなく、女が夕食を支度して待っていれば夕方には男たちが帰宅する。介護が必要な老人はおらず、貧困問題も存在せず、子供らはいじめ問題に直面せず、花沢さんを「ブス枠」でいじっても誰も何も言わない『サザエさん』ワールドは、まるで楽園のような世界観だ。おそらく、高度経済成長期の「いつまでも続いてほしかった輝く日本」そのものなのだろう。
今はそのパラレルワールドで起こるドタバタを、子供たちだけでなく大人まで(テレビのメイン視聴者層は子供ではなく成人?高齢者のはずである)ただ楽しく視聴できる時代でないということだけは確かだ。『サザエさん』を国民的アニメと称える時期はもう過ぎ去ったのかもしれない。
8
磯野家のテレビ、地デジ対応化したのか?
21
サザエさんは24歳だからね
28
花沢さん、かわいいよ。
29
骨格や目の大きさも進化した。
33
サザエなくなるとフジで見るもの無くなる
42
原作が昭和なんだからそりゃそうだ
44
アニメと現実は分けた方がいいと思うけどな
47
サザエはフネの実の娘では無いのだか
50
都内に広い家が建つ!
65
磯野サザエじゃないからな
フグ田サザエだ、婿養子じゃないぞ
あと原作ではサザエが働きに出たこともあるぞ
72
サザエさんやるくらいならかりあげクンを代わりにやれよ
94
もうこんな突っ込みは聞きあきたな。
103
黄金期が70年代のコンテンツだから無理あるよw
117
実写は昭和に徹してて良かった
そういや西田敏行のすっから母さんは神だった
157
サザエさんを面白いと思ったことないけど
不思議と何年も見てたな
170
もうワカメさんにして平成舞台にしてやれよ
199
まあ確かに古き良き時代アニメだな
207
そもそも漫画を実在の世界と一緒に考えるなよ。
213
時代だなあ。今子供が見ても意味合い違うんだろうな
227
視聴率も落ちてきたし、そろそろ一年ごとに年をとらせたら?
287
なんだかんだ言っておまえらサザエさん終了したら悲しいだろ?
298

続き・詳細・画像をみる


恋バナをしないけど、私には彼氏がいたので友人もそれなりにやってるんだろうなと思ってた。

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『換気扇からおかあさんだよ』

私「このあたり、変質者が出るんだって」

『サザエさん』はもはや国民的アニメではない。昭和のパラレルワールドを楽しめない理由

自分の考え方が普通の人とずれているのか、友人達と同じポイントで共感できません。

ゆとり社員「飲み会やだ!カラオケやだ!キャバクラやだ!」

back 削除依頼&連絡先