八幡「雪ノ下さんの質問コーナー?」back

八幡「雪ノ下さんの質問コーナー?」


続き・詳細・画像をみる


八幡「は?質問?」
雪乃「ええ」
八幡「誰に?」
雪乃「色々な人によ」
八幡「どんな質問するんだよ…?」
雪乃「あなたは直接知る必要はないわ」
八幡「じゃあ、俺に何しろっての?」
雪乃「私が言う人を呼んで来てもらいたいのよ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434051599
2: 以下、
八幡「奉仕部私物化しちゃうとか、いいですかね」
雪乃「私物化ではないわ、すぐに終わるし」
雪乃「それに私達が3年生になってから、事実上奉仕部は廃部という形なのよ」
八幡「そうだったな…で、誰だよ呼ぶ相手は?」
雪乃「そうね、まずは…」
戸塚「えっと…雪ノ下さん…僕に用なんてめずらしいよね」
雪乃「ごめんなさい、急に呼び出したりして」
戸塚「いいんだけど…どうしたの?」
雪乃「あなたには単刀直入に聞くわ、比企谷くんをどう思ってるかしら?」
3: 以下、
戸塚「八幡を…?」
雪乃「そうよ」
戸塚「そうだな?、尊敬してるよ?」
雪乃「どういうところを?」
戸塚「あんまり人に頼らないじゃない?それに、優しいから」
戸塚「だから、僕とか他の人の悩みを解決してくれた時は頼もしいって思ったんだ」
雪乃「あれは奉仕部の仕事の一環よ?」
4: 以下、
戸塚「それでも…八幡の優しさが出てたと思う」
雪乃「あれを優しさと言えるなんて…あなたも変わりものね」
戸塚「そうだね」
雪乃「ふふ、もういいわ。ごめんなさい、時間をとらせてしまって」
戸塚「もういいの?」
雪乃「ええ、大体わかったから」
戸塚「?」ガラガラ
雪乃「…彼にそっちの気はないようね」
5: 以下、
------------------
八幡「戸塚なんか言ってたのか?」
雪乃「あなたのこと尊敬してるらしいわ」
八幡「ま、マジか…?」
雪乃「ええ、よかったわね」
雪乃「さて、次の人物だけど…」
八幡「また呼ぶの?」
雪乃「そうね…あーしさん…じゃなくて、三浦さんでいいわ」
八幡「なんか、悪意感じるんですけど」
雪乃「気のせいよ」
7: 以下、
三浦「なに?用事って」
雪乃「まず、敵対心を剥きだしにしないでもらえないかしら?」
三浦「は?だって、雪ノ下さんが呼ぶとか?ありえないし」
雪乃「聞きたいことがあるのよ」
三浦「隼人のこと?」
雪乃「いいえ、違うわ」
三浦「じゃ、なに?」
雪乃「不本意な質問なのかもいれないけど…」
8: 以下、
三浦「…」
雪乃「比企谷くんをどう思っているの?」
三浦「はい?」
雪乃「そんなに素っ頓狂な声を出さなくてもいいでしょう」
三浦「なんでヒキオ…?あーしがどう思ってるかって?」
三浦「なんとも思ってないけど?」
雪乃「そんなことはわかっているわ」
三浦「じゃあ、なに?この質問」
雪乃「なにか思っていることは、本当になにもないの?全く興味なしということでいいかしら?」
三浦「…」
9: 以下、
三浦「ヒキオには…いつか借りを返したいとは考えてるかな」
雪乃「借り…それは例えばなにかしら?」
三浦「修学旅行の時とか?マラソン大会の時もかな?」
雪乃「どういう風に返そうと考えているの?」
三浦「別にそこまで考えてないけど…ヒキオがマジで困ってたりした時に返してやろうかなとは思ってるよ」
雪乃「なるほど…」
三浦「あいつにそんなことが訪れるとも思えないけどさ」
雪乃「あなたのことはわかったわ、ありがとう。時間をとっていただいて」
三浦「もういいの?」
雪乃「ええ」ガラガラ
雪乃「…彼女は感謝している」
雪乃「表裏一体とは言わないけれど…少し注意が必要かしら」
10: 以下、
雪乃「比企谷くん、次の相手だけれど…川崎さんね」
八幡「へいへい」
ガラガラ
川崎「で、なに?」
雪乃「単刀直入に言うわ。比企谷くんをどう思っているの?」
川崎「なっ!?」
雪乃「その反応だけで十分ね」
川崎「どういう意味…?」
雪乃「比企谷くんのことが好きなの?」
川崎「べ、別に…そこまでは…」
雪乃「バレタインデーで、チョコを渡していたわね」
川崎「あ、あれは…スカラシップのお礼で…深い意味は…」
雪乃「あるようね…」
川崎「…だったら、なんだい?」
雪乃「いいえ、時間を取ってくれて感謝するわ」
ガラガラ
雪乃「彼女は気がありそうね…」
25: 以下、
静「どうしたんだ雪ノ下?わざわざ呼び出して」
雪乃「すみません、質問に答えてもらってもいいでしょうか?」
静「なんだ?」
雪乃「比企谷くんをどう思っていますか?」
静「そうだな…色々やらかしてくれるが、かわいい生徒かな」
雪乃「そういうことではなくて…男の人として」
静「雪ノ下…?」
静「なぜ知りたいんだ?」
雪乃「…」
26: 以下、
静「まあいいだろう」
雪乃「ありがとうございます」
静「知っての通り、私は婚活に失敗したりしているが…」
静「生徒に手をだす程愚かじゃないさ」
雪乃「そうですか、安心しました」
静「ただ、もっと早くあいつと会っていたら…変わってたっかもな」
雪乃「それは…」
静「比企谷は魅力的ということさ」
雪乃「ありがとうございました。参考にいたします」
ガラガラガラ
雪乃「…」
27: 以下、
雪乃「次は一色さんをお願い」
八幡「あんま呼びに行きたくないんだけど」
雪乃「いいから行ってきてちょうだい」
八幡「下級生の前だってのに、あいつ声大きいんだよ。なんか勘違いされてる気がしてな」
雪乃「いいから」
八幡「へいへい」
雪乃「一色さんね」
28: 以下、
いろは「なんですか?聞きたいことって?」
雪乃「比企谷くんのことよ」
いろは「先輩ですか?なんですか?」
雪乃「どう思ってるのかしら?」
いろは「どうっていうのは、あれですよね。好きか嫌いかっていう」
雪乃「ええ、もちろん」
いろは「…」
いろは「好きですよ」
雪乃「葉山くんよりも?」
29: 以下、
いろは「…はい」
雪乃「そう、どういうところが?」
いろは「わかりません」
雪乃「わからない?わからないのに好きなの?」
いろは「ええ、理屈じゃないって思いました。だから、どういう部分がどれくらい好きなのかはこれから考えます」
雪乃「そういうこと」
いろは「ええ、先輩の魅力探しは楽しいですね!」
雪乃「ありがとう、もういいわ」
ガラガラガラガラ
雪乃「大体わかってきたけれど…今のところの注意人物は」
30: 以下、
雪乃「最後は葉山くんね」
結衣「隼人くんも呼ぶの?」
雪乃「そうね、彼は大丈夫だと思うけど」
結衣「ヒッキーとそういう関係にはならないと思うんだけど…」
雪乃「わからないわ、彼は比企谷くんを認めているでしょう?」
結衣「確かに…」
雪乃「それはとても危険な感情よ」
結衣「そ、そうだね…」
31: 以下、
雪乃「葉山くん、単刀直入に言うわ」
葉山「なにかな?」
雪乃「本当はあなたと話すことも嫌だから、言うわね」
葉山「…」
雪乃「比企谷くんを追いかけないこと」
葉山「ど、どういうことだい…?」
雪乃「以上よ、時間をとらせたわね」
葉山「え…俺の扱いは…」
ガラガラガラ
雪乃「これでいいわね」
結衣「質問ですらなかったよ…」
32: 以下、
八幡「もういいのか?俺先に帰るぞ?」
結衣「うん、またねー!」
雪乃「さようなら」
ガラガラガラ
雪乃「さて、まとめだけれど」
結衣「うん」
雪乃「戸塚くんは問題ないわ、彼のは純粋な尊敬だし。そっちの気はないわ」
結衣「よかった?」
33: 以下、
雪乃「彼が相手だと厳しい戦いになってたわね」
結衣「だよね?」
雪乃「三浦さんは…彼女は注意が必要よ」
結衣「え?」
雪乃「表裏一体という言葉があるように、少しのきっかけで彼を意識するかもしれないわ」
雪乃「そうなると、まずいわね」
結衣「優美子が…」
雪乃「川崎さんも少し注意が必要だけど、彼女の場合は想いはそこまで大きくなさそうね」
34: 以下、
雪乃「しばらく放っておきましょう」
結衣「うん」
雪乃「平塚先生は、危険だけれど…おそらく教師の枠を越えることはないわ」
雪乃「それをすると、比企谷くんにまで被害がくるから」
結衣「じゃあ、大丈夫だね!」
雪乃「そうね」
雪乃「要注意は、一色さんね」
結衣「いろはちゃん…」
雪乃「生徒会関連で関係が深い上に、既にある程度の仲だわ」
結衣「うん…」
雪乃「幸い、奉仕部との関係もあるから、最悪ここに呼び出して手籠めにしましょう」
結衣「ゆきのん…なにするの…?」
雪乃「私達のことしか考えられなくするのよ、身体に教え込むの」
結衣「……怖いよ、ゆきのん」
35: 以下、

続き・詳細・画像をみる


「押せば1億円もらえる、が知らない誰かが死ぬボタン」← 押す?wwwwwwww

【悲報】三ヶ月ぶりに車のエンジン回そうとした結果wwwwwwww

【埼玉】コンビニで入れ墨を見せ脅迫、ビールなど飲食 「金を取れなかったので品物を食べた」 容疑の男逮捕/加須署

ロシアに出稼ぎにきていたミニーの仕事っぷりがシュールだった

SEALDsって本当に何だったの?w

【悲報】元女優の自民議員の三原「神武天皇は存在する!」←100万票超えのトップ当選

back 削除依頼&連絡先