【地方移住】50歳から住みたい地方ランキング 人気は北九州市 “木綿のハンカチーフ現象”とは?back

【地方移住】50歳から住みたい地方ランキング 人気は北九州市 “木綿のハンカチーフ現象”とは?


続き・詳細・画像をみる


50歳から住みたい地方ランキング
 50歳から住みたい地方ランキングで興味深い結果が出ている。
 月刊誌「田舎暮らしの本」(8月号)が、「50歳から」とあえて年齢を区切ってアンケートを行ったところ、堂々の1位に人口95万人を超す「北九州市」が選ばれた。意外だったのは、上位に「新潟市」(2位=人口80万人)、「静岡市」(6位=同71万人)など地方の大都市が顔を並べていること。
 ちなみに、同誌は毎年恒例で「住みたい田舎ランキング」も発表しているが、今年の1位は人口3万人の兵庫県朝来市だった。天空の城として名高い竹田城跡がある風光明媚な土地で、シニアがセカンドライフを送るにはぴったりな場所だ。
 違いは何か。同誌の柳順一編集長に聞いた。
「医療や介護の充実度を考えると、必然的に地方都市が上位に来るだろうとは予想していました。いわゆるリタイア前のシニアは、地方でスローライフを送るのではなく、働いたり地域貢献したいという条件を付けて考えるのです。受け入れる自治体にとっても、消費増や税収が増えるというメリットがあります」
 簡単に言うと、田舎でのんびり……というのではなく、娯楽も職場も東京や大阪と遜色ない町を求めているようだ。北九州市なら映画館も数多く、EXILEだってコンサートにやってくる。それでいて、少し車を走らせれば、山や川に行き着く。さらに同市は「移住促進事業」で、住宅取得をする移住者に最大50万円、子育て世帯の転入者には家賃2カ月分など補助金も充実。市立病院は小倉北と八幡東、門司区に3カ所あり、将来的な医療も心配ない。
■若いころに暮らした転勤先へ
 そして、もうひとつ50歳移住の特徴として見逃せないのが、「木綿のハンカチーフ現象」だ。
「三菱総合研究所の松田智生さんの分析ですが、転勤族の恩返し移住というのがあります。生まれ育った故郷にUターンするのではなく、若いころに会社の転勤で赴任していた場所に戻るのです。これならまったく知らない土地に移り住むのではないし、当時の知り合いも待っている。非常に合理的な考え方です」(柳編集長)
 北九州市、新潟市、高知市などの地方都市が選ばれた背景には、転勤先だったという関係が大いにあるのかもしれない。
 太田裕美が歌った「木綿のハンカチーフ」(昭和50年)は、東へと向かう列車(電車ではない)で都会に出た恋人に、女性が「染まらないで帰って」と歌う。だが、恋人は都会の絵の具に染まり、ついには帰ってこない。女性は「涙拭く木綿のハンカチーフ下さい」と言って終わる。
 太田裕美がいるのかは分からないが、地方で自分の帰りを待っている人のために帰るのだ。
日刊ゲンダイ:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/185304/3
4
名曲だと思う、聞いてて涙出る・・・・
15
オチまで歌詞知らなかった‥
19
退屈しなくて良いと思うけどな。
25
修羅の国
52
九州は美人が多い。
熊本行ったとき振り返るレベルの人が多くでびっくりした。
53
なんだかんだ言って、東京が最強
57
50歳から住んではいけないランキングか
58
いいなあ、おれも北九州市に住みたい
70
大分にしとけ
78
博多と違うんけ
97

続き・詳細・画像をみる


曽野綾子「年収120万円は貧困層ではない。貧困とは水や電気を使えない人。日本人は贅沢です」

【悲報】ヤキソバン、闇堕ちする

搭乗型ロボットで一番合理的なコックピットの位置は

バッティングセンターで「こいつ…できるッ!!」って思わせる行動

【悲報】左足壊死ニキ、足をプレゼント包装する

2300万円の車がボッコボコに事故る瞬間、悲しすぎる・・・(動画)

【悲報】警察が表現の自由に挑戦、貸し切ったキャンプ場でAV撮影した53人を書類送検

バルキリーなどマクロスの可変戦闘機全般スレ

【画像あり】最近の若者の言葉がめちゃくちゃすぎるんだがwwwww

北朝鮮がミサイル発射

雪乃「比企谷君、私とデュエルをしなさい」

元カレに旦那との幸せを見せつけて優越感に浸ってたら悔しい思いした!

back 過去ログ 削除依頼&連絡先