比企谷八幡「これ、とうとう来ちゃったかな千葉の時代が」back

比企谷八幡「これ、とうとう来ちゃったかな千葉の時代が」


続き・詳細・画像をみる


比企谷八幡「きちゃったかなこれ。千葉の時代が。大事なことなので2回言いました」
・俺ガイルssです
・付け焼刃の知識、間違っていたら申し訳ない
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465651432
2: 以下、
雪ノ下雪乃「…そうね。言いたいことは色々とあるのだけれども、貴方の、その、現代国語の成績と、あまりにも反比例したコミュニケーション能力の欠如は十分承知していたつもりだったけど」
八幡「雪ノ下、コミュニケーション能力云々について、お前にだけは言われたくないぞ」
由比ヶ浜結衣「え?ちょっと本気で何言ってるのか意味がわからないんですけど」
八幡「由比ヶ浜さん、そのまじな反応やめてくれます?」
3: 以下、
結衣「えっと、なんだっけ?千葉の時代?」
八幡「そうだ。由比ヶ浜くん」
結衣「何そのキャラ?」
八幡「今、世界中の注目が千葉に集まろうとしているのは知っているな?」
結衣「え?知らないけど?」
八幡「な、なんだと!由比ヶ浜!お前はそれでも時代の表層的な流行を象徴するかのようなファッションと話題しか出来ないとされるナウなヤングなのか!」
結衣「前々から思ってたけど、ヒッキーあたしのこと馬鹿にしてるでしょ」
4: 以下、
雪乃「あきらめなさい。これがぼっちをこじらせた結果よ。私も気をつけないと」
八幡「自覚あったのかよ」
結衣「…ヒッキーかわいそうに」
八幡「同情すんなし!」
結衣「ま、まねすんな!ヒッキーなにそのテンション、本当にどうしたの?!」
5: 以下、
雪乃「…で?私にはなんとなく、貴方の、そのうっとうしいノリの理由が想像できるのだけど」
結衣「出来るの?!なうなやんぐがちょべりばなんだよ?」
八幡「ちょべりばって、お前…」
雪乃「これね」カタカタ ッターン
結衣「奉仕部の部室にPCなんてあったかな…えーと何々…千葉時代?チバニアン?なにこれ?」
6: 以下、
八幡「やれやれ、新聞を読まない現代っ子はこれだから困る」
結衣「同い年だよね?」
八幡「ふふふ、そうだ。平成28年(2016年)3月に、約620万千葉県民に衝撃を与えたこの記事」
結衣「前から思ってたんだけど、ヒッキーのその千葉への愛情はどこからきてるの?(頭が)沸いてるの?(脳が)湧いてるの?」
八幡「愚問だな。そこに千葉があるからだ」キリッ
結衣「意味わかんないし!」
雪乃「ジョージ・マロリーね。英国の登山家で『貴方はなぜエベレストに登るのか』と聞かれて『そこにあるから』と答えたという逸話が元で、日本では…」
結衣「元ネタ聞きたかったわけじゃないし!ああ、もう突込み追いつかない!」
八幡「由比ヶ浜、『っし』を忘れているぞ」
結衣「いい加減怒るよ!」
7: 以下、
結衣「で?いったい何なのさ。チバニアンって。妖怪時計の新しいキャラクター?」
八幡「期待通りのお馬鹿回答ありがとう」
結衣「そこのシスコン!ちょっと表でろし!」
雪乃「ちょっと落ち着きなさい由比ヶ浜さん。シスコンきも谷君も煽らないで」
八幡「素直にシスコンきもいといってくれた方がまだましなんだけど」
8: 以下、
八幡「この記事の持つ意味について、俺の千葉愛に裏付けられた付け焼刃の知識で教えてやろう」
雪乃「…自信満々に情けないことを言わないでちょうだい」
八幡「俺は見栄が嫌いなんだ。由比ヶ浜、模式地という言葉を知っているか?」
結衣「もちしき?」
八幡「もしきち?模式地だ。俺も専門じゃないからな。ざっくり言うと…地球が誕生したのは46億年前のことなんだが」
結衣「そこから?!」
9: 以下、
八幡「そう長くはならないから。46億年もあるから地球全体がほとんど海だったり、全部の大陸がひとつだったり、地球全体がマグマ噴出して真っ赤だったりした時代があったわけだ」
雪乃「地質学…岩石や地層を研究する学問ね。層序学や鉱物学などいろんな系統の学問があるんだけれども、それはここでは置いておくわ。そこの目の腐った男の言うとおり、この学問では46億年の地球の歴史を、その時代の特色に応じて、○○時代と名づけているの」
結衣「…なんか、もうついていくのがきついんですけど」
八幡「ジュラ紀とか三畳紀とかきいたことないか?」
結衣「恐竜映画の?」
八幡「まあ、それの元ネタになったやつだが。あれな、実際にある地名なんだよ」
結衣「え?どういうこと?」
10: 以下、
八幡「地層と化石の特徴から、大体○○億年前から○○億年前の時代はこんな時代だったと仮定する。で、その時代の特徴がよくわかる場所を模式地というんだが…間違ってたら悪い」
雪乃「漢字で書くと想像しやすいんじゃない?摸・式・地。モデル、式-つまり理論、地は場所」
結衣「おー、なるほど。さすがはゆきのん」
八幡「某映画のジュラ紀は、ジュラ山脈というスイス-フランス国境にある実際の山脈の名前から名づけられたんだ」
結衣「えーと、なんとなくわかったような、わからないような」
11: 以下、
八幡「日本史にもあるだろ?江戸時代とか古墳時代とか。江戸に政治の中心があったから江戸時代。古墳時代は古墳がいっぱい作られたから古墳時代」
結衣「えーと、うん」
八幡「それを、もっと大きな単位で時代わけしたってことだな」
結衣「えーとね。じゃあつまり、ジュラ紀とか白亜紀っていうのは、化石とか、地層とかのある場所、発見された場所の名前を、その時代の名前にしたってこと?」
八幡「……」
結衣「え?どうしたのヒッキー。何か間違えてた?」
八幡「…まさかこんなに早く理解してもらえるとは」
結衣「ヒッキー、ちょっと歯くいしばれっし!」
八幡「ぼ、暴力反対!」
雪乃「ちなみに白亜紀はドーバー海峡の…聞いていないわね」
12: 以下、
結衣「つまり、その、新しく千葉時代が出来るってこと?」
雪乃「そういうことね。正確に言うと色々あるんだけれど、単純にいえばジュラ紀とか白亜紀と同じように千葉時代が出来るかもしれないというのが、この記事の要旨ね」
結衣「…すごくない?」
雪乃「凄いのよ」コク
八幡「凄いんだ」ウンウン
13: 以下、
結衣「なるほどねえ。ようやくヒッキーのきもいテンションの理由がわかったよ」
八幡「お前らは俺の心に一々、槍を突き立てないと会話できないの?」
結衣「さっきの私の扱い思い出してみろし!」
八幡「チバニアンは前だけを向いて生きて生きたいとおもう」
結衣「…」スッ
雪乃「結衣さん。パイプ椅子は駄目よ。学校の備品だから」
八幡「そういう問題じゃねえ!ってか止めろ!」
14: 以下、
結衣「それでさっきから何度も出てたけど、そのチバニアンってなに?」
雪乃「ラテン語で千葉時代を意味する言葉ね」
結衣「ラテン語?何それ。何で英語じゃないの?」
雪乃「昔は欧州ではラテン語が公用語だったのよ。英語とかフランス語とか欧州の言語の…正確に言えば違うのだけど、基本的には元になったとされる言語ね。自然科学や化学を初めとした近代のあらゆる学問は欧州が発祥だから。今でもラテン語は学問の世界では使われているのよ」
結衣「さすがゆきのん、物知りー」
八幡「俺の時とずいぶん対応が違わなくないか?」
15: 以下、
結衣「それにしてもチバニアンかあ。なんか可愛いね」
八幡「そうだろう、そうだろう!さすが千葉だよな!ラテン語でも可愛いなんて!」
結衣「別にヒッキー褒めてないんだけど…それで、どんな時代なの?」
八幡「……まさかお前がその話題を覚えているとは。ヒッキー感激…痛い痛い、脛はやめろ」
雪乃「仮にその時代をチバニアン、千葉時代として話をすると、今から約77万年前のことね」
結衣「なんか、ずいぶん最近なんだね」
八幡「ばっか、お前それでも77万年も前の話だぞ」
結衣「だって46億年もあるのに、いきなり77万年ってなるとさ」
16: 以下、
雪乃「その話はおいておきましょう。この時代は更新世とよばれる時代の前期と中期の境目なんだけど、この時に起きたことが重要でね」
結衣「何が起きたの?」
雪乃「地球の磁場のN極とS極が最後に逆転したとされる時代なのよ」
八幡「な、なんだってー!!!」
雪乃「…あなたは調べてきたんじゃないの?」
17: 以下、
結衣「えーと。ごめんね。ちょっとまってね。だいぶ厳しいんだけど…SとNって、あれでしょ。磁石の」
雪乃「そうね。ちなみにS極が、北と南どちらだったかしら?」
結衣「北!」ピシッ!
雪乃「正解ね」ヨクデキマシタ
雪乃「地球の北極がS極、南極がN極をもっている、これは地磁気とよばれる地球の生み出す磁場によってもたらされているんだけど。そのあたりの詳しいことは専門家の先生におまかせしましょう」
雪乃「一番身近なものでいえば、小学校に理科の時間で方位磁石を水に浮かべて、方角を調べたりしたでしょ?あれが地磁気によるものなのよ。地球上どこに行っても同じことがおきる」
結衣「…え?ちょっとまって」ウーントネ
18: 以下、
八幡「ちょっとまて雪ノ下、何がよく出来ましただ。逆だ逆。北がNで南がSで」
雪乃「…ちょっと間違えただけじゃない!ば○ボンネタやろうとして忘れててそのまま書き込んだだけじゃない!」
八幡「逆切れするな!」
結衣「…」カオマッカ
19: 以下、
結衣「それ、じゃあ、そのSとNが、その千葉時代に入れ替わったてこと?」
八幡「さらっと自分のミス無視しやがったな」
雪乃「そういうことらしいわね。最後の逆転らしいから、千葉時代より前はSとNが反対だったということになるわね」
八幡「おいこら」
結衣「そんなことありえるの?何でそんなことが起こったの?」
雪乃「…百科事典の限界が私の限界なのよ」トオイメ
結衣「あ、なんかごめん…」
雪乃「どうせ私は北と南すら間違える女だから」
結衣(根に持ってるし…)
雪乃「…わたしもこれ以上のことは少し厳しいのだけれども、地球の歴史上、磁場の逆転というのは何回かあったことらしいの」
結衣「へー。よくあることだったんだ」
雪乃「よくある、とまで言えるほど何回もあったわけじゃないみたいだけどね」
20: 以下、
雪乃「磁場の逆転といっても、急に次の日からSとN反対!となったわけじゃなくて、何年、何十年か、とにかくゆっくりと不安定になりながら逆転したりしたらしいの」
雪乃「最後の逆転であるこの時代のあと、今の人類のご先祖様が生まれたらしいから、千葉時代がなかったら、ひょっとしたら今の私たちも存在しなかったかもしれない…これでどうかしら?」
八幡「合格だ。パーフェクトだ雪ノ下」
結衣「なんでヒッキーがそんなに偉そうなの?」
雪乃「千葉県民として当然ね」
結衣「あ、ゆきのんもそのノリなんだね」
21: 以下、
結衣「でも、思ったよりもすごい時代なんだね千葉時代。千葉時代がなかったら今の私たちもいなかったかもしれないなんてさ」
八幡「つまり人は千葉より産まれた、千葉こそ約束の土地でありエデンだということだな」
結衣「それで、その千葉時代のもちしき?が、千葉にあるの?」
雪乃「模式地(もしきち)ね」
八幡「無視いくない」
雪乃「千葉の養老渓谷ね」
結衣「え?あそこなら私、家族旅行で行ったことあるよ?へー、あそこにそんなすごい場所があったんだー」
八幡「まだ正式決定じゃないんだけどな」
22: 以下、
結衣「え?でも、そのもしきしき?は、養老渓谷なんでしょ?」
八幡「模式地(もしきち)だ。残念だが、現状ではあくまで候補の一つというだけにすぎないんだ。
南イタリアに2箇所、ライバルがあってな。今年(2016)の夏に南アフリカのケープタウンで、それを決める会議(万国地質学会議選定会議)があるんだが」
雪乃「そこで養老渓谷が模式地模国際地質科学連合(IUGS)から、模式地に認定されれば、千葉時代?チバニアンと正式な名前として登録されるというわけ…らしいわ」ジー
八幡(PC画面と睨めっこしてる雪ノ下可愛い)
23: 以下、
結衣「いやー、おもったよりスケールの大きな話でびっくりしたよ」
八幡「そうだろう!そうだろう!」
雪乃「千葉原理主義君のテンションはともかく、最初聞いたときは私も驚いたわね」
八幡「すっげーよな千葉!まさに千葉は77万年も前から人類の最先端だったってわけだ!」
結衣「あれ、でも……」
24: 以下、
八幡「埼玉なんぞお呼びでない!…どうした由比ヶ浜?驚きすぎて声も出ないか?」
結衣「いや、あのね」
25: 以下、
結衣「…ちょっと考えたんだけどさ」
八幡「おう?」
結衣「千葉時代が77万年前でしょ?」
八幡「そうだな!」
26: 以下、
結衣「千葉が時代の最先端じゃなくて、77万年前に千葉の時代は終わったってことじゃないの?」
27: 以下、
雪乃「……………」
八幡「……………」
結衣「……………」
結衣「…いや、あの?もしもーし?」
雪乃「…その発想はなかったわ」
結衣「なんでゆきのんもダメージ受けてるの?」
28: 以下、
八幡「……………」
結衣「ヒッキー?おーい、もしもーし」
八幡「……………」
結衣「…えーと」
雪乃「比企谷君?」
29: 以下、
八幡「……………ふ」
雪乃「麩?」
結衣「腐?」
八幡「ふざけるなあああああ!!!!!!!!!!!」ドンガラガッシャーン!
雪乃「ひゃあああ!!!」
結衣「ひええええええ!!!!!!」
30: 以下、
八幡「ち、千葉の時代が77万年前に終わっただと!ふざけるな!千葉県民は浦安の駐車場に生えた草でも食ってろといいたいのか!」
雪乃「い、意味がわからないわ!」
八幡「ち、ちくしょう!ちくしょう!ちくしょおお!!!!!!」
雪乃「お、落ち着きなさい!今の文明社会は千葉時代の延長にあるとも言えるわけだし、何も千葉の時代が終わったわけじゃ…」
八幡「これが落ち着いていられるか!」
雪乃「私だって悔しいのよ!」
結衣(え?何この小芝居)
31: 以下、
八幡「教えてくれ!由比ヶ浜結衣!俺はどうしたらいいんだ!」
結衣「え?」(そこでなんで私に振るの!?)
雪乃「由比ヶ浜さん…」
結衣「え?」(え?)
32: 以下、
結衣「え、っと。えっと、えっと……」(どうしようどうしようどうしよう…)
33: 以下、
結衣(……まあどうでもいいか)
34: 以下、
結衣「じゃあ、これからヒッキーが頑張れば、もう一度千葉の時代が繰るんじゃないかなって。あははは…」
雪乃「……………」
八幡「……………」
結衣「……………」(さすがに適当すぎた?)
35: 以下、
結衣「…あの、ヒッキー?」
雪乃「…比企谷くん?」
八幡「……由比ヶ浜」ユラリ
結衣「は、っはい!」
ガシッ!
結衣「ひ、ヒッキー?」
雪乃「比企谷くん?!」
36: 以下、
八幡「俺は今、本物を見つけたぜ」ニコッ
結衣「………」
結衣「………え?」
37: 以下、
(約20年後)
『?ニュースの時間です。任期満了により、本日投票が行われた千葉県知事選挙で、無所属の、○○党が推薦する新人・比企谷八幡さんが初当選を決めました』
『比企谷八幡さんは35歳。千葉県政における最年少の知事となります。比企谷さんは各党支持層の8割、また無党派層からも幅広い支持を集めました』
『政治部の材木座さん、比企谷候補の勝利の要因は一体なんだったんでしょうか?』
『さすがは我がソウルフレンド!見事である!!』
『は?』
『あ、失礼しました。候補は千葉愛をスローガンに・・・」
結衣「・・・本当に当選しちゃったよ」
38: 以下、
結衣(あれからヒッキーは変わった)
結衣(それまでの死んだような学生生活に終止符を打ち、勉強に励み、学校行事にも積極的に参加)
結衣(身だしなみに気をつけるようになり、さながら漫画の熱血スポーツ少年のようになった)
結衣(平塚先生は頭がおかしくなったのかと心配していたが、あの時に出来たヒッキーの決意は揺るがなかった)
39: 以下、
結衣(ヒッキーの見つけた本物とは、千葉に対する愛だったらしい)
結衣(地元の大学から、議員さんの秘書になってユッキーと結婚。県会議員から、ついに今日・・・)
戸塚「あ、八幡当選したんだ。すごいねー」
結衣「さいちゃん、もう風呂出たの?ちゃんと体洗った?」
戸塚「もう!結衣ったら!子供扱いしないでよ!」プンプン
結衣(良くも悪くも変わってしまったヒッキーと親しくなった人もいたし、離れていった人もいた)
結衣(…私はヒッキーの本物についていけなかった)
41: 以下、
>>40
間違えたんですよ!18で誤ったから許してください(土下座)
42: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【51枚】ワイ、やっぱり笑えるgifが怖すぎる part1

PS4/Vita『Fate/EXTELLA』「カルナ」「呂布奉先」「ガウェイン」の3騎が参戦決定!もう一つの聖杯戦争「SERVANT FESTA夏」開催!

絶望感半端なかったシーン

何打っても勝てる状態と何打っても負ける状態ってあるよな

お前らが仕事中、「一番無駄だ」と感じる時間

嫌いな親からこんな手紙が来たわけだけど

back 削除依頼&連絡先