【文化】猫だらけ、浮世絵や彫刻233点…山口で展示back

【文化】猫だらけ、浮世絵や彫刻233点…山口で展示


続き・詳細・画像をみる

1:
2016年07月03日 18時37分
猫をテーマにした国内外の美術作品を紹介する「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」(読売新聞社、KRY山口放送など主催)が1日、山口県周南市美術博物館で始まった。
浮世絵や版画、彫刻など233点が並び、様々な姿の猫を楽しめる。8月28日まで。
同市文化振興財団の設立35周年と、KRY山口放送開局60周年を記念した企画。
「招き猫亭」を自称する猫好きのコレクターが約40年かけて集めた作品の中から230点と、同館所蔵の3点を展示している。
猫好きで知られた江戸時代後期の浮世絵師、歌川国芳の「猫の百面相」や、竹久夢二の「黒猫を抱く女」(やなぎ屋版)、
明治から昭和にかけて活躍した浮世絵師で版画家の高橋弘明の「ジャパニーズ・ボブテイル」など、幅広いジャンルの作品が並ぶ。
同館の学芸員は「夏休みに家族などで来ていただき、好きな猫の作品を見つけてほしい」と来場を呼びかけている。
午前9時半?午後5時。月曜休館(7月18日は開館し、翌日休館)。
観覧料は一般1000円、大学生800円で、18歳以下は無料。
受付で猫の写真(プリント、スマートフォンなどのデジタルデータのいずれも可)を提示すると、当日料金から100円引きになる。
問い合わせ先はリンク元です
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160701-OYT1T50175.html
6:
浮世絵とかの猫ってかわいくないよな
7:
化け猫っぽいよね
9:
>>6-7
あのキモ可愛さがわからないとは
鬼太郎の猫娘(五代目除く)の可愛さもわからないのか?
11:
歌川国芳の擬人化絵は、猫にかぎらず漫画チックでかわいいよ
てか擬人化以外のものも多分に漫画的
14:
1

続き・詳細・画像をみる


数学者と統計学者と会計士が同じ仕事に応募した。

安倍首相の経済政策「見直すべき」55%、無党派層の比例投票先で民進が自民を初めて上回る

料理をしない皆さんに分かって欲しいこと

【話題】「対馬ルート」、「北海道ルート」、「沖縄ルート」…日本人の祖先、いつどこから来た? 定説の3ルートとは

【驚愕】田舎者と都会人の休日の過ごし方の差が酷すぎると話題にwwwwwwwwwww

俺、35歳でお尻の拭き方覚える

back 削除依頼&連絡先