だめのん ダメのん ダメノン 【俺ガイル】back

だめのん ダメのん ダメノン 【俺ガイル】


続き・詳細・画像をみる


八幡「うーすっ、うおっ!?」
雪乃「入ってくるなり奇声を発するなんて流石は比企谷くんね」
八幡「いや、しょうがねえだろ。部室に入ったら猫の着ぐるみを着た雪ノ下がいたんだから」
雪乃「そこは普通、私の可愛さに見とれる所なのだけれど……ああ、ごめんなさい。あなたは普通ではなかったわね。可哀想に」
八幡「うるせぇ。ってかお前も普通じゃないからな」
雪乃「当たり前じゃない私を誰だと思っているの?世界で一番可愛い女の子、雪ノ下雪乃よ」
八幡「そうだったなー、で?今度は何をする気だ?」
雪乃「ふふ、気になる?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437467799
2: 以下、
八幡「別に」
雪乃「気になるのよね?」ニコッ
八幡「……私、気になります」
雪乃「なら、最初からそう言えばいいのに、本当に困った人ね比企谷くんは」
八幡「(この女……)」プルプル
雪乃「しょうがないから教えてあげるは」スッ
八幡「……」
雪乃「にゃん♪にゃん♪」
八幡「は?」
3: 以下、
雪乃「どうかしら?あまりの可愛さにひねくれた性格が治ったのではないかしら?」
八幡「……そんなんで治るわけないだろ」
雪乃「そうよね」
八幡「ん?お前にしては物分かりいいじゃねぇか」
雪乃「一回だけのにゃんにゃんで治るほど、比企谷くんのひねくれ度合いは甘くないわよね」
八幡「は?なんでそうなるんだよ」
雪乃「にゃん♪にゃん♪」
八幡「ちょっ」
4: 以下、
雪乃「にゃん♪にゃん♪」
八幡「だからそんなんで治らないっての」
雪乃「にゃん♪にゃん♪」
八幡「くっ」フイッ
雪乃「あら?目をそらしてどうしたの?」
八幡「べ、別になんでもねぇよ」
雪乃「ふふ、隠しても無駄よ。私は全てお見通しなのだから」
八幡「……」
5: 以下、
雪乃「私の可愛さに比企谷くんの腐った心が洗われているのでしょう?」
八幡「腐ってるって……そこまで言わなくてもいいだろ」
雪乃「ごめんなさい。流石に言い過ぎたわ」
八幡「……」ムスッ
雪乃「許してにゃん」
八幡「それで許して貰えると本当に思ってるのか?」
雪乃「許してにゃん♪」
八幡「……」
6: 以下、
雪乃「ゆるし」
八幡「わかった。許すからそれやめろ」
雪乃「では続きをしましょう。にゃん♪にゃん♪」
八幡「それも止めろ、そんなので治ったら苦労しない」
雪乃「……」
八幡「はぁ、まったく」
雪乃「にゃん♪にゃん♪」
八幡「だからやめろ」
雪乃「……」ムスッ
10: 以下、
ガラガラ
結衣「やっはろー、って!なにそれ!ゆきのんかわいすぎだよ!ゆきのーん」ダキッ
雪乃「ふふ、そうでしょう?可愛いでしょ♪見なさい比企谷くん、これが普通の反応なのよ」
八幡「それは雪ノ下LOVEの由比ヶ浜だからだ」
結衣「ヒッキーは可愛いって思わなかったの?」
八幡「いや、まぁ……可愛いは可愛いけどよ」
結衣「ヒッキーは素直じゃないなー」アハハ
雪乃「まったく、困った人だわ。私が可愛いことはこの世界の常識なのだから別に恥ずかしがることなんてないのに」
八幡「どんな常識だよ」
11: 以下、
結衣「着ぐるみゆきのん可愛い、猫の着ぐるみを着てるからねこのんだね!」
雪乃「ねこのん……いい。すごくいいわ、由比ヶ浜さん、最高よ」
結衣「えへへ♪誉められちゃった♪」
八幡「一生やってろ」
12: 以下、
結衣「ゆきのんはなんで着ぐるみなんか着てるの?」
雪乃「知りたい?」
結衣「知りたい!」
雪乃「どうしようかしら」
結衣「えー、意地悪しないで教えてよぉ」ウルウル
雪乃「しょうがないわね。特別に教えてあげるわ。なんって言っても由比ヶ浜さんは私の大切なと、友達なのだから」
結衣「ゆきのん」キュン
13: 以下、
雪乃「この着ぐるみを着ている理由は」
結衣「理由は……ごくり」
雪乃「私の可愛い姿を比企谷くんに見せてひねくれた性格を修正させるためよ。普段の凛として清楚で可愛い私に萌えを組み合わせてみたの」
結衣「なるほど!流石ゆきのん!天才だよ!」
雪乃「そんなことないわ」
結衣「ううん、なかなか思い付くことじゃないよ。ゆきのんだから考え付いたんだよ」
雪乃「ありがとう由比ヶ浜さん」ニコッ
結衣「はにゅぅん」ポワー
18: 以下、
雪乃「大丈夫?」
結衣「ほへ?……う、うん。ゆきのんの笑顔が可愛すぎてちょっと意識を失ってた」
雪乃「可愛い過ぎるのも考えものね」
結衣「ね、ねぇ、ゆきのん」
雪乃「なに?」
結衣「あたしもヒッキーを修正するお手伝いしてもいい?」
雪乃「もちろんよ」
結衣「やったー」
八幡「(おいおい、もうあの馬鹿げた行為は止めたんじゃないのかよ)」
19: 以下、
雪乃「はい、これが由比ヶ浜さんの着ぐるみよ」
結衣「ありがとう、早着替えるね」
雪乃「制服の上から着るのよ」
結衣「はーい、んしょっ」
雪乃「こ、これは……」
結衣「ゆきのーん!なんかすっごい鳥!」バサバサ
※イメージ絵
Pixivのバチョウさんの作品「ガハマさんのすっごい鳥」参照
20: 以下、
雪乃「すごく可愛い」
結衣「ホント?」
雪乃「ええ、私の次に可愛いわ」
八幡「そこは譲らないのか」
雪乃「当たり前よ。私が世界で一番可愛いのはもう決定事項なのだから」
八幡「そうですか」
雪乃「それに私の次ということは由比ヶ浜さんは世界で二番目に可愛いいことになるのよ」
結衣「あたしなんかが世界で二番目に可愛い子でいいのかな?」
21: 以下、
雪乃「いいのよ。この私が認めたのだから異論は認めないわ」
結衣「ゆきのーん」
雪乃「まったく甘えん坊さんね」
結衣「えへへ♪」
雪乃「よしよし」
八幡「こいつらはすきあらばゆるゆりするな」
結衣「そういえば、これなんて鳥なの?」
雪乃「秘密よ」
22: 以下、
結衣「えー」
雪乃「ただ、とても貴重な鳥とだけ言っておくわ」
結衣「貴重な鳥かー、えへへ♪なんかいいね」
八幡「おいその鳥って……」
雪乃「なに?」
八幡「いや、なんでもない」
結衣「ヒッキー」
八幡「なんだ?」
23: 以下、
結衣「その……に、似合うかな?」
八幡「ああ、すげぇ似合ってるぞ。その鳥は由比ヶ浜にピッタリだ」
結衣「そっか……にへへ、よーし!これでヒッキーを修正だ!」
雪乃「頑張りましょう」
八幡「しなくていいから、てかマジで止めてください」
結衣「遠慮しなくしてもいいんだよ」
八幡「してないから、これぽっちもしてないから」
雪乃「きっと恥ずかしいのよ。美少女二人と着ぐるみを着てにゃんにゃんするのだから」
29: 以下、
八幡「おい、その言い方だと誤解を招くからやめろ」
雪乃「誤解とはどういう誤解かしら?」
八幡「えっ……それは……その……」
結衣「どうせ、えっちなこと考えてたんでしょ?」
八幡「ばっ、違うての」
雪乃「エロ谷くん、いくらなんでもえっちなことはしてあげられないのよ。ごめんなさいね」
八幡「普通に謝るなよ。いつもみたいに罵ってもらった方がまだいい」
結衣「この、どえむやろー」バシッ
30: 以下、
八幡「いてっ!何すんだ!」
結衣「だ、だって罵って欲しいっていいからぁ……」
八幡「本当に罵ってほしい訳じゃねぇよ。しかも叩いてきやがったし」
結衣「それはあたしからのサービスだよ」
八幡「そんなサービスはいらねぇよ」
雪乃「変態、これでいいのかしら?変態」
八幡「ねぇ、さっきの俺らのやり取り聞いてなかったの?」
雪乃「変態のことは置いておいて先に進みましょう」
八幡「この女……」プルプル
32: 以下、
八幡「おい、その言い方だと誤解を招くからやめろ」
雪乃「誤解とはどういう誤解かしら?」
八幡「えっ……それは……その……」
結衣「どうせ、えっちなこと考えてたんでしょ?」
八幡「ばっ、違うての」
雪乃「比企谷くん、いくらなんでもえっちなことはしてあげられないのよ。ごめんなさいね」
八幡「普通に謝るなよ。いつもみたいに罵ってもらった方がまだいい」
結衣「この、どえむやろー」バシッ
33: 以下、
八幡「いてっ!何すんだ!」
結衣「だ、だって罵って欲しいって言うからぁ……」
八幡「本当に罵ってほしい訳じゃねぇよ。しかも叩いてきやがったし」
結衣「それはあたしからのサービスだよ」
八幡「そんなサービスはいらねぇよ」
雪乃「変態、これでいいのかしら?変態」
八幡「ねぇ、さっきの俺らのやり取り聞いてなかったの?」
雪乃「変態のことは置いておいて先に進みましょう」
八幡「この女……」プルプル
34: 以下、
結衣「ねぇ、ねぇ。ゆきのん」
雪乃「どうしたのん?」
結衣「あっ!なに今の凄く可愛いんだけど」
雪乃「語尾に特徴をつけると萌え効果がアップするのん」
結衣「ふわぁ……可愛い。あたしも!あたしも可愛くなりたい!萌え萌えきゅんになりたい!」
雪乃「いいわ。それなら私が考えてあげるのん」
結衣「可愛いのをお願いします」
雪乃「そうね……がはまなんてどうかしら?」
八幡「(どうかしら?じゃ、ねぇよ。それのどこが萌え萌えきゅんな語尾なんだよ。むしろ着けることで可愛さダウンだろ。流石の由比ヶ浜もそれは嫌だよな)」
35: 以下、
結衣「がはま……それ、いただきがはま!」
八幡「……」
雪乃「とっても可愛いわ由比ヶ浜さん」
結衣「ありがとうがはま!」
八幡「(おれは由比ヶ浜はワン!の方が可愛いと思うんだけどな)」
雪乃「それはそうと先ほど何か私に聞こうとしていなかったかしら?」
結衣「はへ?……なんだっけ?」
雪乃「私に聞かれてもわからないのん」
結衣「がはま……」
37: 以下、
雪乃「諦めてはだめのん。思い出すのん」
結衣「やってみる」
雪乃「頑張って」
結衣「うーん、あっ!思い出した。鳥ってなんて鳴けばいいの?コケコッコー?」
雪乃「とれは鶏よ。その鳥は……牛みたいな鳴き声なのん」
結衣「なら、モーモー?」
雪乃「いえ、牛みたいなのだけどモーモーではないのん」
38: 以下、
結衣「そうなのん」
雪乃「由比ヶ浜さんそれは私の語尾なのだけど」
結衣「がはま……」
雪乃「次は気を付けて」
結衣「うん!」
雪乃「それで話は戻るけど、ギーギーみたいな感じだったわね」
結衣「ギーギー?」
雪乃「ええ」
39: 以下、
結衣「可愛くない」ムスッ
雪乃「では……アホーアホーはどうかしら」
八幡「ぶっ!」
結衣「さっきよりは可愛いけど……なんかまぬけ」
雪乃「そう言われても……」
八幡「いや、だからそんなことしなくていいって」
結衣「わかった、アホーで手を打つよ」
雪乃「そうして貰えるとありがたいのん」
八幡「俺は無視かよ」
40: 以下、
結衣「よしっ!ヤろっか」スッ
雪乃「ええ、殺りましょう」スッ
八幡「くそっ、なんとか止める手段はないのか」
ガラガラ
静「失礼するぞ、って!何をやってるんだ」
結衣「あっ」
雪乃「こ、これは……」
41: 以下、
静「また、おかしなことをやろうとしていたな」
雪乃「ち、ちがいます。比企谷くんのひねくれた心を修正しようと」
静「それでどうやって修正しようというんだ?」
雪乃「これを着て私と由比ヶ浜さんで比企谷くんににゃんにゃんするんです」
八幡「(あっ、ばかっ、そんな言い方したら誤解されるぞ)」
静「にゃ、にゃんにゃんだと……」プルプル
雪乃「はいそうです。にゃんにゃんです」
静「君たちはここを何だと思ってるんだ!今日という今日は許さん!雪ノ下!由比ヶ浜!」
42: 以下、
雪乃「にゃん!」
結衣「がはま!」
静「私と一緒に生徒指導室に来い!比企谷を修正する前にまずお前たちを修正してやる!」
雪乃「な、なぜ、比企谷くんは呼ばれないのでしょうか?」
静「どうせお前たち二人が比企谷の意見も聞かずにやっていたんだろ。私は全てお見通しだ!」
八幡「今日の平塚先生はカッコいいな。思わずホレそうだ」
静「な、なななにを言うんだ!生徒とだなんてダメに決まってるだろ!ばかっ!卒業まで待ってなさい!」
八幡「だめだ。何時ものダメな先生だった」
43: 以下、
静「さぁ、二人とも行くぞ」
雪乃「さようなら、比企谷くん」
結衣「ばいばい、ヒッキー」
八幡「おー、少しはまともになって戻ってこいよー」
八幡「はぁ……俺の回りにいるやつはダメな奴ばかりだな。早く帰って小町とにゃんにゃんしよ」
おわり!
46: 以下、
八幡「あれ?雪ノ下さん、こんなところで何をやってるんですか?」
陽乃「あっ!比企谷くんひゃっはろー」
八幡「どうも、で?何をやってるんですか?」
陽乃「私?私は今、帰宅中だよ」
八幡「ここは学校の中ですけど」
陽乃「そうなんだよね。家に帰るはずが何故か学校に着いちゃったんだよね。不思議だね」
八幡「……」
陽乃「あっ、もう、そんな目で見て!えっち!」
八幡「見てませんから。呆れてただけです」
陽乃「そうなんだ」
47: 以下、
八幡「そうです。ではさいなら」
陽乃「待って!待って!」
八幡「何ですか?」
陽乃「私の家ってどっちかな?」
八幡「知りませんよ」
陽乃「もー、意地悪しないで教えてよ」
八幡「いや、本当に知りませんから。逆になんで俺が知ってると思ったんですか」
陽乃「比企谷くんは私のことならなんでも知ってるんじゃないの?」
八幡「残念ながら何も知りません」
陽乃「うそっ!?」
48: 以下、
八幡「こんなことに嘘つくわけないじゃないですか」
陽乃「失望した。比企谷くんのお姉ちゃん辞めます」
八幡「あんたは最初から俺の姉じゃないだろ」
陽乃「そっか……」
八幡「そうです」
陽乃「なら!今から比企谷くんは私の弟ね!」
八幡「なんでそうなるんだよ……」
陽乃「よーし!それじゃお姉ちゃんを家まで送りないさい!」
八幡「だからあなたの家なんて知りませんって、雪ノ下が生徒指導室にいると思うんであいつに送ってもらってください」
陽乃「えー、やーだー。雪乃ちゃん方向音痴だから家に着けないよ」
49: 以下、
八幡「あなたは人のこと言えませんよ」
陽乃「うぅ、今日の比企谷くんは意地悪だ」
八幡「いつも通りです」
陽乃「なら、いつも意地悪だ」
八幡「そうですか、ではさいなら」
陽乃「ちょっちょっ、ちょっと待って……お兄さん!」
八幡「……」スタスタ
陽乃「あー、本当に待ってよー」
50: 以下、
八幡「なんとか撒いたか……あの人は雪ノ下以上に面倒だからな」
八幡「学校の中だし。放っておいても問題はないだろ」
ままのん「すみません」
八幡「どうしました」
ままのん「ここは雪ノ下家で合っていますか?」
八幡「……」
ままのん「あの……」
八幡「はい、合っていますよ。ではこれで」
ままのん「待って」
八幡「(やっぱり、バレたか)」
51: 以下、
ままのん「お礼がしたいので家に来てください」
八幡「(流石はだめノ下姉妹の母親だ)」
ままのん「聞いていますか?あっ、よく見たらあなたは雪乃と陽乃の彼氏さん」
八幡「いや、彼氏じゃないです」
ままのん「では二人のなんなんですか?はっきりしてください!私の娘はあなたの遊び道具ではないのですよ!」
八幡「ちょっ!落ち着いてください」
ままのん「なら、二人のことをどう思ってるのか、はっきり言ってください」
八幡「話が飛びすぎてどうすればいいのかわからん」
ままのん「さぁ、早く!」
陽乃「あれ?お母さん」
52: 以下、

続き・詳細・画像をみる


友人が外食の時にSNS用の写真を撮る。「おしゃれに見えるか」が重要らしく、位置を変えたりとかずっとしてる

【画像】くまモン、柏木由紀の聖乳を揉むwwwwwwwwww

スーパー玉出で毒含むフグ丸ごと販売 従業員のミス、すぐに撤去

【ガルパン】西住家緊急家族会議です!

岡田代表 「参院選争点1番手に憲法問題持っていく事重要」

水槽の中で訓練中の海自隊員2名、空気が送られてくるはずのところ窒素ガスが送られてきて死亡

back 削除依頼&連絡先