娘「あの……わたし、生け贄です……」ドラゴン「今年もかよ」娘「えっ」back

娘「あの……わたし、生け贄です……」ドラゴン「今年もかよ」娘「えっ」


続き・詳細・画像をみる


ドラゴン「俺はここで静かに過ごしていたいだけなのにあの町の奴らは勝手に恐れやがって、毎年毎年生け贄を寄越しやがる」
娘「じゃあ今までの生け贄さんは……」
ドラゴン「最初の頃は追い返してたんだが、町の奴らは追い返しても追い返しても逃げてきたと決めつけてこっちに何度も連れてくる始末でな。最近は隣町に連れていってやってる」
娘「えっ」
ドラゴン「とはいえ、強制はせんがな……。どうする?町に戻ってありのまま伝えてみるか?それとも、隣町に逃げてくか?」
娘「えっ、えー……」
・ZARD坂井泉水、デビュー前のAV出演画像…これが芸能界最大のタブー…(画像あり)
・【動画】フ●ラチオ学校、マジでエ□すぎる
・これはエ□い。「シャワー中の全裸女子を撮影してみた」
・女友達(巨乳) 「(女が)お●ぱいだけでイクとかないからw」 → 試した結果・・・・・・・・・・・・・
・【衝撃】女とヤリまくれる大学、学部がこれwwww女から股開いてくるぞwwwwwwwwwwwwwwwww
・【セクシーランジェリーエ□画像】際どい!過激!こんな下着身に着けられたらぼ●き必至!
・ギャルA「やっぱ快感〜♥」 ギャルB「次あたしあたしー!いくよ? ……っらぁっ!」どごぉっ 縛られ俺「うぶっ……」
・神楽「銀ちゃん大変アル!銀魂が実写化するらしいネ!」銀時「マジでか!?」
・【画像】彡(●)(●) 「彼女できないなぁ・・・せや!」
・しんのすけ(35)「マサオ君がネネちゃんを孕ませたぞ」
・彡(´)(`) 「めっちゃ射精た…オナティッシュトイレに流すか…」
・ジャイアンの母ちゃん「え?風俗嬢にならないかだって!?」
・【画像】バッティングセンターにいる変態女をご覧ください・・・・・(※画像あり)
・マギーの乳首が透けまくっちゃってる画像が流出、エ□乳首 キタ━━━(●∀●)━━━!!! (画像あり)
・AV出演強要の芸プロ逮捕に人気女優が反論「強要?嘘でしょ?!あの娘超楽しんでやってた」
・【最新画像】広瀬すずの胸ってこんなにデカかったのかよ!!!
・【画像】東京女子体育大学新体操部の胸がエ□ーい!Y字バランスたまらねえwww
・NHK巨乳気象予報士・福岡良子さんの胸がエ□過ぎばいwwwww
・悟空「ピッコロぉ、おめえ頭からなんか生えてねえか?」ピッコロ「チソコだ」
・【画像】ミニスカ過ぎて椅子に座ったらパンツが丸見えになってる女の子が激写されるwwww
・淫乱スーツ女がパンストとパンティー脱いでおま◯こ見せM字開脚自撮り
・シンジ「掃除機にオ○ホを固定したら凄いバキューム力が得られるんじゃないかな」
・兄「マ○コって何なんだ?」妹「死ねよ変態」
・サキュバス「さぁチンチン出しなさい!キンタマ空っぽになるまで絞り尽くしてあげる!」ショタ「ママ…?」サキュバス「?!」
2: 以下、
娘「ドラゴン……さん?はいつからそこにいるんですか?」
ドラゴン「えー、もう百年近くになるか」
娘「なんでそんな……洞窟に?」
ドラゴン「まぁ……涼しいじゃん?」
娘「え、えー」
ドラゴン「雨をしのげるというのも素晴らしい点だ」
娘「ドラゴンって雨とか暑さとか気にするんだ……」
ドラゴン「ドラゴンだって生きてるんだぞ」
3: 以下、
ドラゴン「まぁ、そういうわけでな。俺はあんまりここから動きたくない」
娘「流石百年以上の引きこもりですね」
ドラゴン「まぁどうしてもと言うなら飛んで連れてってもいいんだが、背中に乗せて飛んでやると大体の人間は怖がってずっとしがみついてばかりでな。それはそれで辛いだろう」
娘「まぁ……わからないでもないかも……」
ドラゴン「だから、隣町へはそいつに誘導してもらえ」
子ドラゴン「キュー」
娘「えっ子供いたんですか」
ドラゴン「いや、数ヶ月前にどっかから迷い混んできたやつだ」
娘「めちゃくちゃ面倒見いいですね」
5: 以下、
ドラゴン「まぁそいつは飛べないから、一緒に歩いてってもらうことになるが……」
娘「いや、まぁ隣町くらいは自分で歩いていけるので大丈夫です」
ドラゴン「おや、そうか。では行けばよい」
娘「……んー、私、ここに住んでもいいですか?」
ドラゴン「えっ」
娘「なんかそこに小屋あるし」
ドラゴン「あぁ、それは人間が俺に見張りをつけようとしていた頃の名残だが……もう数十年前に建てられたものだぞ?」
娘「"雨がしのげるのは素晴らしい"でしょ?」
ドラゴン「……変わり者だな」
娘「お互い様では?」
6: 以下、
…………
ギィッ……
娘「うーん。中見てきたけど、なんかすごいですね」
ドラゴン「ひどい建て物だろう?」
娘「確かにすごくほこりっぽいけど、薪は森から取れるかもだし、ないなら町に買いに行けばいいし……水は井戸が確かこっちの森の中にあったでしょ?……それに……」
ドラゴン「……」
娘「……最高です!」
ドラゴン「すごく生き生きしてるな」
娘「夢だったんです!ひとり暮らし!」
ドラゴン「それは……よかったな……」
7: 以下、
娘「とりあえず目先のことは掃除ですね……掃除用具は流石に買いに行かなくっちゃ。ちょっと遠いけど隣町の方に行くほうがいいのかな?」
ドラゴン「……ふむ。それなら、これは俺からの引っ越し祝いだ」
キャラキャラシャラララララ……
キュー……キュー……
ガチャンガチャン……
シュルルルル……
娘「なにこれ……家がひとりでに綺麗になってく……魔法みたい!」
ドラゴン「魔法みたいじゃなくて魔法なんだよ」
娘「えっ……魔法が使えるの?」
ドラゴン「火を吹くのも魔法のひとつだぞ」ゴワーッ
娘「わ!すごい!絵本で見たことある!……薪いらないね!」
ドラゴン「発想が実用的すぎる」
8: 以下、
娘「食料はどうしましょう」
ドラゴン「ここに住もうという人間の前例がないからな、俺にはわからん」
娘「ここに住んでたっていう見張り役の人はどうしてたんですか?」
ドラゴン「町から食料を持ってきてたんじゃないか?」
娘「ドラゴンさんは何を食べてるんです?」
ドラゴン「別に食事は毎日摂らなくても生きていけるんだが……たまに気が向くと運動不足の解消がてら川まで魚を取りに行ってるかな」
娘「すごく人間っぽいですね」
ドラゴン「最近は子ドラゴンがたまに魚を持ってきてくれたりするぞ」
子ドラ「キュー」
娘「うーん、じゃあ魚を採ったりしてみようかなぁ」
ドラゴン「困ったときは町に行けばいいのさ」
娘「……そうですね!よろしくお願いします!」
ドラゴン「おう、よろしく」
子ドラゴン「キュー」
9: 以下、
【第2話】
娘「おはようございます!」
ドラゴン「……おはよう」ファー
娘「元気ないですね」
ドラゴン「朝弱いんだよ……寝心地はどうだった?」
娘「上々でした。魔法って……いいですね!」
ドラゴン「まぁ便利だよな。娘の町には魔法はないのか?」
娘「ないですね。おとぎ話みたいな話です。……ドラゴンさんも似たようなものですが」
ドラゴン「だからこそ過剰に恐れられてんのかもな」
娘「私もここに来るまではビクビクでした」
ドラゴン「その割りには順応力すごいけどな」
10: 以下、
娘「私にも魔法って使えるのでしょうか……?」
ドラゴン「使えるんじゃないか?」
娘「むむむーっ……無理ですよ」
ドラゴン「魔法を使いたきゃそれなりに魔学を勉強しないとな」
娘「うへ……勉強ですか……」
ドラゴン「確かその小屋の本棚には魔法書がいくらかあったと思うぞ。……俺対策だろうが」
娘「ほへぇ……ちょっと読んでみましょうか。……わかりますかね」
ドラゴン「どうしてもというなら俺が教えてやってもいいぞ」
娘「ほんとですか!?」
ドラゴン「あぁ、構わん。どうせ暇みたいなもんだしな。まずはやっぱり口から火を吹く魔法から……」
娘「火は手から出る方向でお願いできませんか?」
12: 以下、
ドラゴン「子ドラゴンはもう口から火を吹けるんぜ」
子ドラ「キュー」ブワー
娘「私も負けないようにがんばります」
ドラゴン「おう、そうか」
娘「それはそうと、今日はお魚を獲りに行こうと思うのですが」
ドラゴン「あー……じゃあ初めてだし一緒に行くか」
娘「えっ」
ドラゴン「えってなんだよ」
娘「ドラゴンさん、大きすぎません?」
ドラゴン「一流ってのは縮小魔法くらい使えるんだよ」シュルルルル……
娘「わぁ……なんか私でも倒せそうなサイズ感ですね」
ドラゴン「燃やすぞ」
娘「常にそのサイズでいたら生け贄もいなくなるんじゃないですか?」
ドラゴン「その発想はなかったな」
16: 以下、
[川]
娘「川、結構近いんですね」
ドラゴン「まぁ遠いと行きたくなくなるしな」
娘「とことん出不精ですね」
ドラゴン「みんなそんなもんだろ」
娘「私は旅行とか好きですけどねぇ……ところで釣り道具などはないのですがどうやって獲りましょう」
ドラゴン「まぁ、見てな」
子ドラゴン「…………キューッ!」バシャーン
娘「いやいやいやいや……そんな思いっきり川の中の魚掴むとか無理です無理です。なんですかそれ。熊ですか?」
ドラゴン「ドラゴンだよ」
娘「わかってます!」
18: 以下、
娘「えっ私もあんな感じで獲ってく感じですか?」
ドラゴン「……そのうち釣り道具を買ってくるといいんじゃないか」
娘「……今日は子ドラゴンさんにお願いしておきます」
子ドラゴン「キュー」
ドラゴン「いいってよ」
娘「ところで何言語なんですかあれ」
ドラゴン「ただの鳴き声だよ」
娘「ドラゴンさんは喋れますよね?」
ドラゴン「まぁ、なぁ。昔勉強したんだよ」
娘「ははぁ……あっ、じゃあ……」
テクテクテク……
子ドラゴン「キュー?」
娘「子ドラゴンさんにはこれからお世話になる代わりに言葉を教えてあげますね!」
子ドラゴン「キ,キュー!」
ドラゴン「よろしくだってよ」
娘「その翻訳も勉強したんですか?」
ドラゴン「そこはなんかわかるんだよ」
19: 以下、
[洞窟]
子ドラゴン「キュー」ブワー
娘「焼き加減が難しいですね」
ドラゴン「火力が強いしな」
娘「……あと塩が欲しいです」
ドラゴン「明日は町に出てみるといいんじゃないか」
娘「うーん。そうですね。欲しいものもいっぱいですし」
ドラゴン「おう、じゃあ明日は連れてってやるよ」
娘「わーい……!でもお金はどうしたら……」
ドラゴン「あぁ、それならな。隣町に連れてった人間にも渡していたんだが、この洞窟は宝石が生まれやすいやうでな……ほら」ゴロゴロ
娘「わっ……きれい……いいんですか?」
ドラゴン「俺の後ろにはまだまだあるからな……それと、これもだ」ゴロゴロ
娘「えっ……果物?」
ドラゴン「木の上に成ってるものをいくらか持ってきておいた。魚だけでは体に障るだろう。食べておくといい」
娘「本当に面倒見がいいですね、ドラゴンさん」
ドラゴン「ドラゴンだからな」
娘「……ありがとうございます」
23: 以下、
乙、こういうの大好き
24: 以下、
乙です。
このほのぼの感がいいな、楽しみにしてます。
33: 以下、
【第3話】
ドラゴン「それだけでいいのか?」
娘「宝石をジャラジャラ持った女の子がいきなり町を訪れても怪しいだけでしょう」
ドラゴン「確かにな」
娘「ドラゴンさん達はついてこれないんですか?」
ドラゴン「人間の姿に化ける魔法もないではないが、その手の魔法使いなどが町にいるとややこしいことになるからな」
娘「難しい世の中なんですね」
ドラゴン「遙か遠く、北に行けば魔物と人間の共存している町もあるとは聞くが……俺はちょっとイレギュラーでな」
娘「行っちゃだめなんですか?」
ドラゴン「いろいろややこしいんだよ」
36: 以下、
ドラゴン「その点、このあたりは魔物が少なくていいところだ」
娘「まぁ、魔物がそこらを歩いてたら町中に号外がばらまかれることになりますね」
ドラゴン「その代わり、人間にひどく恐れられているのが悩みの種ではあるんだがな」
娘「いつか誤解がとけるといいですけど」
ドラゴン「実は俺はすごく悪い魔物なのかもしれないぞ」
娘「大丈夫です。私は、信じてますから」
ドラゴン「町の人間も方向性が違うだけで何かを信じた結果が今なのだと思うけどな……娘も町にいた頃は俺を恐れていたんだろう?」
娘「それは……そうですね」
ドラゴン「うむ。正直なのはよいことだよ。実際がどうなのか、なんてのはどうでもいいんだよ。誰も彼もがな」
娘「ちょっと難しい話です」
ドラゴン「あー、まぁみんな、最善策より目先の安全策をとりたがるのさ」
娘「……?」
38: 以下、
ドラゴン「ま、危険因子であるところの俺みたいな魔物はあんまり人の多いところに行くわけには行かないんだよ」
娘「ふーん……そっかぁ……」
ドラゴン「子ドラゴンくらいならそんなに問題にならないとは思うが……魔物が少ない地域ではやはり避けておいた方がいいだろうな」
娘「むー……じゃあひとりで行ってきます……」
ドラゴン「町の近くの湖までにはなるが、送り迎えぐらいはしてやる。だからそういじけるな。買うものはリストにまとめたか?」
娘「うん。小屋に紙とペンがあって助かったよ。随分と古いけど」
ドラゴン「ほうほう、雰囲気があっていいじゃないか」
娘「ついでに初めてまじまじと本棚を見てみたんですけど、魔法書以外にもいろいろとあるんですね。薬草百科とか、きのこ百科とか」
ドラゴン「俺の見張りだけではなく、このあたりの生態についても調べていたのかもしれないな」
娘「なるほど。じゃあこのあたりの植物なんかをまとめた本も今はあるのかな……?」
ドラゴン「まぁ、調べてみてもいいかもな」
娘「なるほど……じゃあお願いします」
39: 以下、
ドラゴン「準備はいいか?」
娘「……それなりに」
ドラゴン「それなりにってなんだ」
娘「それなりです」
ドラゴン「……まぁいい。いくぞ」バサッ……バサッ……
娘「うひゃっ」ズリッ
ドラゴン「大丈夫か?」バサッ……バサッ……
娘「少しびっくりしただけです。目、瞑ってるのでなんとか」
ドラゴン「落ちても俺が途中で拾ってやるから安心しろ。死なせはしねぇよ」バサッバサッ
娘「男らしいですね」
ドラゴン「ドラゴンだからな」バサッバサッ
娘「意味わかんないです……ドラゴンさんの肌って思ったより固いですね」
ドラゴン「くすぐったい。落ちるからやめろ」バササッ……バサッ……
娘「ほ、ほほ、本当に私、生きてたどり着けますか?」グラグラ
ドラゴン「ドラゴンだからな」バサッバサッ
娘「私は人間ですー!」
バサバサバサバサ…………
…………
40: 以下、
子ドラゴンどれくらいの大きさなんだろ
大きめの犬くらいで抱き抱えられるサイズくらいかな
41: 以下、
>>40
まぁ……なんか……それくらいです……ピカチュウよりちょっと大きい……ゼニガメくらい……?マスコットサイズ……?
42: 以下、
バサ……バサ……
ドラゴン「……まぁ、ここくらいまでだな。この湖で待ってる。わかりやすくていいだろ」
娘「うーん、と。じゃあ行ってきますね!」
ドラゴン「おう、いってらっしゃい」
パタパタパタ……
ドラゴン「"いってらっしゃい"とか今まで言ったことないかもしれない」
子ドラゴン「キュー?」
ドラゴン「おまえが言えるようになるまでは何年かかるかな」
子ドラゴン「キューイ……」
44: 以下、
[隣町(薬と時計塔の小さな町)]
ワイワイガヤガヤ
娘「わ、わー……賑やか……といっても私の町とはあんまり違いないか」
青年「おや、お嬢さん見ない顔だね」
娘「わ、わかっちゃいますか?」
青年「この町もそんなに大きいわけじゃないからな。旅の人かい?」
娘「そういうわけじゃないんですけど……」
青年「ふぅーん、まぁいいや。こいつは歓迎の印ってことで」
娘「これは……アップルパイ……?」
青年「俺、そっちの方に行ったとこの店通りでパン屋やってんだ。この町は薬ばっかが有名な小さな町だけど、薬以外にもいろいろと売ってっからさ。よかったら覗いてくれよ」
娘「は、ははぁ……」
青年「なーんてな、じゃあな」カラカラカラ……
娘「不思議な人だなぁ……」
娘(でも、アップルパイはとっても美味しそう!)
50: 以下、
カーン……カーン……
娘「わっ」
少女「わっ……って私までびっくりしたじゃない」
娘「えっと……ごめんなさい?」
少女「ふふっ……冗談。お昼になると、鐘が鳴るのよ。あの時計台」
娘(……おっきな時計台だなぁ)
少女「この町にシンボルを作るためだーって十数年前に建てられた……って噂なんだけど」
娘「薬が有名なんじゃ……?」
少女「まぁ、そうなんだけど。薬が有名ってなんだか体に悪そうじゃん?」
娘(よくわからない……)
少女「まぁあの時計台も薬の研究施設の一部らしいよ。……ところであなたはどちら様?」
娘「えっと……隣町から来ました」
少女「隣町……何もないとこだよね」
娘「えっと……畑なら……野菜は美味しいし……」
少女「うぇー、田舎」
娘(確かに田舎には違いないです)
52: 以下、
少女「さてさて、私、暇なんだよね」
娘「ははぁ」
少女「そのアップルパイひとつで案内してあげないでもないよ」
娘「……半分だけなら」
少女「ぶーぶー」
娘「お、美味しそうなんですもん」
少女「のーのー、違うんだなぁ」
娘「……?」
少女「美味しそうなんじゃなくて、美味しいのよ。ヘビーユーザーの私が言うんだから間違いない」
娘「は、はぁ」
青年「ヘビーユーザーなら布教しろよ」
少女「げっ……まだ店に戻ってなかったの」
青年「ちょっと果物も買っておこうと思ってな。ジャムにするやつ」
少女「あんたんとこのジャムパンって週替わりだよね。私マーマレードがいいな」
青年「週替わりつっても月始めに使う果物決めてんだよ。来週は……オレンジだわ」
少女「いぇーい、私の勝ちー」
青年「なんかムカつくな」
娘「えっと……?」
青年「ははは、悪い。いつもこんな感じでさ」
54: 以下、
青年「うーんと、何か買い物?」
娘「ええ、まぁ、いくつか」
青年「ふむふむ……そうだね。どこに何があるかくらいは教えてあげるしお昼ついでにうちにおいでよ」
少女「初対面の女の子を自宅に連れ込むとは……やるね」
青年「ただのパン屋だよ、ばか。座るスペースもあるしな」
少女「ふぅーん。あっやしー」
青年「お前も来るんだぞ」
少女「それってパン食べ放題?」
青年「特別にひとつだけならくれてやる」
少女「うー……ありだね!」
青年「どこから目線なんだよ」
娘「えっと、じゃあお世話になります……?」
57: 以下、
[パン屋]
・宝石の換金
・方位磁針
・このあたりの薬草や食べ物の本
・釣り道具
・着替え
……
青年「……サバイバルでもするのか?」
娘「似たようなものです……」
少女「すごく謎に満ちてるよ……」
青年「まず宝石の換金ってなんだよ」
娘「これです」ゴロゴロ
少女「うわっすごい。これアップルパイ何年ぶんくらい?」
青年「お前はなんでアップルパイに全財産を捧げるつもりなんだよ」
娘「宝石を換金できるとこってありますかね……」
青年「うむうむ、お嬢さんは俺と一緒でよかったな」グッ
娘「……?」
少女「この町の宝石商さんね、他所の人にはすごくぼったくりで有名なの」ボソッ
娘「……なるほどぉ」ボソッ
64: 以下、
パクッ
娘「わ、わぁ!アップルパイ美味しいですね!」
少女「うんうん、他のパンも美味しいけどやっぱり一番はアップルパイだね」モグモグ
青年「少女は口に物を入れながら喋るな」
娘「こんなにおいしいアップルパイは初めてですよ!」
青年「お、おう。ありがとな。……とりあえず宝石の換金にはついてってやる。そのあとは少女、案内してやってくれ」
少女「えっ、私だけ?」モグモグ
青年「だぁーかぁーら口にだな……まぁ言っても聞かねぇか。俺は流石に店番もやらなきゃなんねぇんだよ」
少女「え、えー」
青年「なんのためにパンをやったと思ってるんだ」
少女「しまった……ハメられた……」モグモグ
娘「えっと……嫌なら私ひとりで……」
青年「通過儀礼みたいなもんだから気にしないで」
76: 以下、
青年「……」グッ
ジャラジャラ……
少女「無言のガッツポーズがムカつくけど……すごいねこれ」
青年「相場の1.3倍くらいはいったんじゃねぇかな」
少女「どんな交渉術を使ったの?」
青年「あのおっさんが好きなパン、あんまり売れねぇから製造ストップしてもいいんだぞって言えばこんなもんよ」
少女「ゲスい……」
青年「まぁ今でも一日に三つしか作っちゃいないんだけどな」
娘「うわぁ……釣竿何本買えますかこれ」
青年「おぉっと、釣竿換算はアップルパイ換算より意味がわからないぞ」
80: 以下、
青年「まぁそれ使っているもん買っていきな」
少女「じゃあ私と回ろっか〜」
娘「よろしくお願いします!」
少女「まずは……着替えだね!」
青年「着せ替え人形にして遊ぶんじゃないぞ」
少女「えーっ、いいじゃーん。私同年代の友達少ないしぃ」
青年「ははぁ……まぁ付き合ってやってくれ」
娘「は、はい!あんまり慣れてないですけど……是非!」
少女「……ふぅーん」
娘「……?」
少女「や、なんでもないよ、よーしれっつごー!」
83: 以下、
少女「サバイバル?なら動きやすい服装がいいのかな?」
娘「う、うーん。割りとなんでもいいかも?」
少女「えーっ……うーん、だったら趣味全開で……ほら、こういう……ちょっとボーイッシュに……!」
娘「うん、動きやすくていいかも」
…………
少女「お金はあるんだから何個か買っちゃおうか!……ドレスとかどうよ!」デデーン
娘「いやいやいやいや……」
…………
少女「うんうん、白いワンピースに裸足、これで花畑走ってたらもうなんか雰囲気抜群だよ。これにしよう!」
娘「花畑……あるかなぁ……」
…………
少女「見てみて!これ!外国の衣装!本で見たことある!」
娘「着るのにすごく時間がかかったね……店員さんすごい……」
少女「じゃあ、ほら!よいではないかー!よいではないかー!」
娘「あーれー」
…………
85: 以下、
…………
………
……
[パン屋]
娘「荷物の半分が服ってどういうことですかね……」
少女「でもほら、お金はまだあるしぃー、リストにあったものは大体買えたし!」
青年「……おつかれ。もう並んでるパンは売れ残りのようなものだから食べていいぞ」
少女「えっ?ほんと?アップルパイはある?」
青年「ない」
少女「ジャムパンは?」
青年「ない」
少女「……あのおっさんの好きだっていうパンは?」
青年「キャラメルチョコメロンパンな。みっつあるぞ」
娘「ひとつも売れてないんですね……」
青年「不味くはないと思うんだがなぁ」パクッ
少女「確かに不味くはないね」モグモグ
娘「ファンがいるので、いいんじゃないですか?あとひとつお願いが……」
86: 以下、
…………
[湖]
娘「ただいまぁ……」ガラガラ
ドラゴン「むむっ、遅かったな」
娘「なんか、こう、お友達ができちゃいまして」
ドラゴン「ほほう、それはいいことだ。森に引きこもっていると人との関係は消えてしまうからな」
娘「ドラゴンさんは友達とかいるんですか?」
ドラゴン「……こいつとか?」
子ドラゴン「キューキュー!」
娘「……私がいますよ」
ドラゴン「……あぁ、そうだな。じゃあとりあえずそう気を張るな」
娘「気を……?」
ドラゴン「敬語とか使わなくていいし、俺を呼ぶときはドラゴンさんじゃなくドラゴンでいい。ありのままで接してくれればいいんだよ」
娘「き、気をつけます……じゃないや。気をつけるね」
ドラゴン「おう」
87: 以下、
娘「ところでこの荷物、どうしましょう。ドラゴンさんの背中に乗ります?」
ドラゴン「そういうときはな、こうするんだよ」
シャラララララ……
フワフワ……
娘「わ、浮いてる……」
ドラゴン「浮遊魔法だ。娘が俺の背中から落ちてもこういう魔法で落ちる前に助けてやれるから大丈夫なんだよ」
娘「しがみつくより浮遊魔法で飛ぶ方がむしろ怖くないのでは……」
ドラゴン「む、そうか?下が見えないぶんいいかと思ったんだが」
娘「ふふっ……まぁ私はいままでのままでいいですよ」
ドラゴン「そうか。なら今まで通りにさせてもらう」
娘「それと、飛ぶ前にひとつ、いいですか?」
ドラゴン「うん?」
娘「冷める前に焼きたてのアップルパイをいただきましょう」
88: 以下、
ドラゴン「どうしたんだ?これ」
娘「明日のぶんの材料からひとつ、焼いてもらいました。少し時間はかかっちゃいましたけど」
ドラゴン「ほほう……初めて食べるが美味しいな」モグモグ
娘「えぇ、私もこんなに美味しいのは美味しいのは初めてです。子ドラゴンさんもどうぞ」
子ドラゴン「キュー……キューゥ!」パクパク
ドラゴン「ところでひとついいか?」
娘「なんでしょう」
ドラゴン「敬語が全然抜けてないぞ」
娘「……癖かなぁ」
89: 以下、
はい、3話おしまい。
町が意外と長くなってしまった。
122: 以下、
【第4話】
…………
子ドラゴン「キュー……キュー……」ウツラウツラ
ドラゴン「なぁ、これさぁ」
娘「はい?」
ドラゴン「俺と子ドラゴンは釣竿で釣る必要、あるか?」
娘「釣竿、三本買ってきちゃいましたからね」
ドラゴン「なんで三本も買ったんだよ」
娘「テンション上がっちゃって」
ドラゴン「子ドラゴンとか寝てるぞ」
娘「まぁ暇ですもんねぇ……あっ、ドラゴンさん、引いてますよ」
ドラゴン「うわ、どうすんだこれ」グイグイ
娘「引いてください!思いっきり!」
ドラゴン「思いっきりはダメだろ!ドラゴンだぞ!」
娘「えっ……じゃあ優しく……?」
ドラゴン「うぉぉ……!おい、こっち!」
娘「どっちですか!」
ドラゴン「子ドラゴンの方!」
子ドラゴン「キュー……キュー……」スピー
娘「子、子ドラゴンさーん!?わ、私が引きます!」バタバタ
ドラゴン「いや、そっちも引っ張られてんぞ」グイグイ
娘「子ドラゴンさぁーん!起きてくださーい!」
ドラゴン「おい!おい!釣竿!せめてどっちか握ってくれ!落ちる!落ちる!」
123: 以下、
………
[洞窟]
娘「いやぁ、釣れましたね」
ドラゴン「その敬語、どうにかならないのか?」
娘「家ではずっと敬語だったから……つい」
ドラゴン「家で敬語……?」
娘「町一番のお屋敷の娘なんですよ、これでも」
ドラゴン「人間というのは町一番のお屋敷の娘を生け贄にするのか……」
娘「逆に町一番のお屋敷の娘だから、です。町の人々にとっては疎ましかったのだと思います」
ドラゴン「ははぁん、色々あるんだな」
娘「両親は私に無関心なんですけどね。だから生け贄にするのにも強く反対をしていたわけではなかったと思います」
ドラゴン「冷たいもんなんだな」
娘「使用人のメイドさんは最後まで反発してたんですけどね。結局、拐われちゃいました」
ドラゴン「拐われちゃったって……拐われた本人の割には他人事のように言うんだな」
娘「流れるような出来事でしたから」
ドラゴン「なんというか、嫌なことを思い出させてしまったな」
娘「面倒見の良さはほんと……大違いだよ、ドラゴンさん」
ドラゴン「ドラゴンさんじゃなく、ドラゴンだ」
娘「そうだったね、ドラゴン……やっぱりなんか違和感あるよ……あります……」
ドラゴン「慣れてくんだよ」
124: 以下、
娘「今日は他にもやることがあるので……あるんだよ?」
ドラゴン「ほう」
娘「畑を作ります!」
ドラゴン「畑?」
娘「町に行ったときに野菜は買っておいたんだけど、やっぱり毎回買いにいくのは違うなって思ったので……思ったの」
ドラゴン「自給自足はいいことだな」
娘「ということで、はい!くわ!そっちの森の方に開けたところあるかな?植物いっぱいだしきっと野菜もできるよね?」
ドラゴン「……」ガシガシ
娘「つ、爪だけでどんどん土が柔らかくなってる……」ガーン
ドラゴン「耕すくらいなら任せとけ」
娘「流石ドラゴンだね」
ドラゴン「戦闘以外でその言葉を言われたのは初めてかもしれないな」
娘「でも手伝うよ。というか私もやるよ」
ドラゴン「自分の力でどうにかするってのも偉いもんだな、一緒にやるか」
娘「いや、暇だからさ」
125: 以下、
娘「……ふっ!……へっ!」ガシッガシッ
子ドラゴン「……キュー!……キュー!」ガシッガシッ
ドラゴン「子ドラゴンが使ってるぶんは作業道具も無駄にならなくてよかったんじゃないか?」ガシガシ
娘「余裕……の違いが……すごいね……」ゼェハァ
子ドラゴン「キュー……」ヘトヘト
ドラゴン「適材適所というやつだな」ガシガシ
娘「お昼ご飯にしよ……」ヘトヘト
ドラゴン「そこに果物を置いてあるからな」ガシガシ
娘「調理器具もいくつか買ってきたし、お米も炊けるかな?」
ドラゴン「火の調節次第だな」ガシガシ
娘「不安しかないなぁ」ジーッ
子ドラゴン「キュー?」
娘「子ドラゴンも頑張ろうね」
子ドラゴン「キュー!」
126: 以下、
娘「まさか……一日で終わるなんて思ってなかったよ……」
ドラゴン「昼寝してる間に肥料も撒いておいたぞ」
娘「あとは野菜の種を植えるだけだね。ある程度本で調べて買ってあるんだけど……明日にしよっか」
ドラゴン「もう夕方だしな」
娘「しかし、ベトベトだねぇ」
ドラゴン「川の方で水浴びでもしてきたらどうだ?」
娘「ちょっと……寒くないかなぁ……」
子ドラゴン「キューキュー!」ボワー
ドラゴン「流石に川の水をお湯にするだけの力はあるのか?というか魚が死ぬのではないか?」
娘「うぅ……我慢します……」
ドラゴン「仕方ねぇなぁ……」
128: 以下、
ドラゴン「……」ザバー
娘「……」ゴシゴシ
ドラゴン「……」ザバー
娘「……」
ドラゴン「……」ザバー
娘「ねぇ、ドラゴンさん」ゴシゴシ
ドラゴン「ドラゴンさんじゃなくてドラゴンだ」ピタッ
娘「あっ止まるんだ」
ドラゴン「魔法とはいえ、口からお湯を出しているわけだからな。出しながらは喋れないんだよ」
娘「それなんだけど……」
ドラゴン「どうした?」
娘「なんか……絵面的に……浴びててすごく微妙な気分になる……」
ドラゴン「……そうか」ショボン
娘「適材適所ってやつだよ」
131: 以下、
ドラゴン「ブビビバビビベブ……」ザバー
娘「ごめんドラゴンさん喋られるとお湯の出方がすごく危ういです」ダバッ……ダバッ……
ドラゴン「すまん」ピタッ
娘「大丈夫だよ、浴びさせてもらってるだけありがたいし……」
ドラゴン「家には娘が生きてることを知らせてやった方がいいんじゃないか?」
娘「えっ?」
ドラゴン「少なくともその、使用人というのは心配してるんじゃないか?」
娘「そうだけど……でも、私が生きていることをどう説明するの?」
ドラゴン「それは……ありのまま……?」
娘「きっと信じてくれないよ」
ドラゴン「娘は友達が生け贄で帰って来て同じことを言ったとしたら、信じてなかったか?」
娘「それは……」
ドラゴン「娘はそもそもなんとなくここにいるだけだろう?帰る場所は間違いなくあの町だ。だったら……」
娘「ドラゴンさん……あのね……」
ドラゴン「なんだ?」
娘「風邪引いちゃいます」スピー
ドラゴン「ズバブ」ザバー
娘「お湯吐きながら謝らないでください」ダバッ…ダバ……
133: 以下、
というわけで完全日常(?)ぶっぱな第4話。
物語の着地点を一日考えてみたけどなんかぴんとくるものがおもいつかないなぁ。色々と模索してみます。
ひとり暮らしへの憧れってこう……なんかこう……ひとりで完全に自由にできる部屋の存在って大きいから……こう……ね!
おやすみなさい!
129: 以下、
一人暮らししたかったって言ってもどう見てもおんぶに抱っこだな
ドラゴン便利過ぎる
130: 以下、
便利っちゃ便利だが、これでも俺らが独り暮らししようしたときのスタート地点からは大幅に後ろにいる訳だし
132: 以下、
まあドラゴンを人とカウントしなければ一人暮らしだな
独り暮らしならしらん
137: 以下、
ドラゴンはあれだドラ○もんみたいなもんだと思えば…ね?
独り暮らしは頼る友もいないし親には勘当させられ孤独な暮らし…かな?
141: 以下、
>>137
ど、ドラゴもん!
149: 以下、
【第5話】
娘「このままじゃだめです!」
ドラゴン「へ?」
子ドラゴン「キュー?」
娘「ここに来て、もう一ヶ月!色々と整ってきたけど……これじゃだめなの」
ドラゴン「暑さで頭がやられたのか……?小屋も増築してやったし、風呂も流石に俺が吐き続けるのもなんだからある程度洞窟の岩で整えてやっただろ?畑の方も流石にまだ収穫とはいかないが、順調だ。他に不満があるのか?」
娘「それがダメなんです!」
ドラゴン「……?」
娘「私、本読んでるくらいしかなにもしてない」
ドラゴン「でもまぁそのおかげで食えるものと食えないものの判別や美味い調理法も助かってるし、いいんじゃないか?」
子ドラゴン「キューキュー!」
ドラゴン「子ドラゴンもそう言ってるぞ。最初なんて毒キノコと普通のキノコとですげぇ似てるキノコがどっちかわからず食べようとしてるのを俺が全力で止めてたしな」
娘「でも、このままじゃ頼りっぱなしでしょ?」
ドラゴン「つまりどういうことだ?」
娘「魔法を教えてください」
ドラゴン「結局頼るんじゃねぇか」
150: 以下、
ドラゴン「じゃあまずは口から炎を出すためにはだな」
娘「それはいらない」
ドラゴン「じゃあ炎よりは難しいんだが口からお湯を」
娘「もっといらない」
ドラゴン「口からお湯を出して湯船を溜めながら身体を洗ったりできるぞ」
娘「気持ち悪いです」
ドラゴン「はぁ……じゃあとりあえず魔法書持ってきてみろ。なるべく簡単そうなやつな」
娘「わかった!」トコトコ……
…………
ドラゴン「本当に魔法を教えることになるとはなぁ」
子ドラゴン「キュー」ブワー
ドラゴン「……お前には今度お湯の出し方を教えてやるからな」
子ドラゴン「キュー!」
151: 以下、
娘「これで大丈夫かな?」
ドラゴン「……まぁ、妥当なところじゃないか。まずはどんな魔法を覚えるんだ?」
娘「火を出す魔法が一番オーソドックスなのかな?」
ドラゴン「他にも水とか雷とか土とか……風を操ったりとかもあるけどな」
娘「水は出せると井戸まで水を汲みにいかなくてよくなるし、風は涼しくなりそうでいいね!雷は……電気で動かせそうなものはないからまだいいかも。土は……?」
ドラゴン「ここまで実用性重視の魔法使い志望を初めて見たぞ……といってもそんなに見ていないけどな」
娘「どれが一番簡単なの?」
ドラゴン「どれも似たようなもんだな。知識としてはどれも難しいが、感覚としては似たようなところもあるから、一番の難関はひとつめだ」
娘「んー……じゃあ炎にします」
ドラゴン「よーし、まずはだな……」
152: 以下、
…………
ボフッ
娘「うーん、一瞬しか出ないなぁ」
ドラゴン「いや、曲がりなりにも一日で魔法を少しでも発動できてるってのは大したもんだ。すごいぞ」
娘「へぇ……そうなんだ……」
ドラゴン「子ドラゴンは数ヶ月かかってもまだ火を吐けるだけだしな。小さく吐くだけでも一週間はかかっていたぞ」
子ドラゴン「キュー!」ボワー
ドラゴン「別にバカにしているわけてはないから俺を燃やそうとしないでくれ」
娘「でも、そう聞くとすごいのかな……?それに、こうやって教えてもらうと何も読めなかった魔法書も少しずつなら読める……かも……」
ドラゴン「それはさらにすごいな……センスがあるんじゃないか?」
娘「いろんな便利な魔法を使えるようになれるかな?」
ドラゴン「……あぁ、そうだな」
153: 以下、
…………
[隣町、パン屋]
娘「……ほ!」ボワッ
少女「わっすごいじゃんなにそれ」
青年「おや。娘ちゃん、魔法使いだったのか」
少女「魔法?これが魔法なんだ。初めて見たや。娘ちゃんすごーい」
娘「見習いですけどね。まだ一週間くらいしか練習してませんし」
青年「それでもすごいじゃないか。ここらの地域は魔法を使える人が極端に少ないしな」
少女「町によっては魔法を魔族がもたらした殺人技術だー、なんて言ってる人もいるらしいよ?」
娘「殺人技術……」
青年「なんとなく凝り固まった考え方って気がするけどな」
少女「確かに確かにー」
青年「少女、適当だろ。さては本で読んだだけとかだな?」
少女「そんなことないよー」ヒューヒュー
154: 以下、
娘「魔法ってあんまり使わない方がいいのかな?」
少女「魔法を目の敵にしてるようなとこでは使わない方がいいかもね」
娘「人を傷つけたりしちゃうかもしれないんですもんね……」
青年「だからそれは凝り固まってるっての……道具なんて大抵そんなもんだろ?包丁だって人を傷つけたり、ときには殺してしまえたりするんだし。要するに使う人次第だろ」
少女「おー、たまにはいいこと言うねぇ」
青年「少女には言われたくねぇな」
娘「でも、確かにそうですね。使う人次第、かぁ」
青年「あっ、もうこんな時間か。そろそろ生地が焼けたんじゃないか?」
娘「いつもわざわざ申し訳ないです」
青年「いやいや。ヘビーユーザーが増えて喜ばしい限りだよ」
少女「うんうん。こうやってお話しするのも楽しいし、私も焼きたてが食べられるしね!」
青年「焼きたて目当てだったのかよ……金はちゃんと払うんだぞ」
少女「はぁーい」チャリンチャリン
155: 以下、
[隣町付近、湖への森]
ボウッ
娘(まだまだ小さな炎しか出せないけど、は森夕方でも暗いので灯りには便利だなぁ)
ガサガサッ
娘「ひっ」
オオカミ「ガウッ……ガウッ……」「ガウー」「ガウガウッ……」「グルル……」
娘「お、オオカミ……ひぃ……ふぅ……み……えぇ……」
娘(いっ、いっぱい。に、逃げなきゃ……)
オオカミ「ガウ……ガウッ……」
娘「あれ……?近づいてこない……?」
娘(この炎を警戒してる……?でも時間の問題かな……)
娘(だったら……無理を承知で魔力をもっと強めて炎で……)
『町によっては魔法を魔族がもたらした殺人技術だー、なんて言ってる人もいるらしいよ?』
娘(……私には)
娘「……無理、無理だよ」
娘(オオカミもこわいけれど……)
娘(魔法も、こわいんだよ……)
156: 以下、
ボワーッ
娘「きゃっ……魔法!?」
オオカミ「ガウッ!?……ガウガウッ」
ドラゴン「悪いな、こっから先は俺のテリトリーなんだよ」バサッバサッ
娘「ど、ドラゴンさん?」
ドラゴン「襲われるぞ、早く乗れ!」バサッバサッ
娘「う、うん!」ガチャガチャ
バサッ……バサッ……
…………
157: 以下、
ドラゴン「絵にかいたような危ないところだったぞ」
娘「私も……そう思います」
ドラゴン「…………」
娘「魔法って、人を傷つけたりするのかな」
ドラゴン「そういうこともあるな」
娘「じゃあ……やっぱり」
ドラゴン「とはいえ、さっきもそうだが魔法がなければどうにもならないこともある」
娘「それは……そうだけど……」
ドラゴン「まぁ、なんだ。強い精神を持て、だとかそんなことを言うつもりはない」
娘「え?」
ドラゴン「最初から信じてるからな。流石の俺も魔法をむやみやたらと使うようなやつに魔法を教えているつもりはないんだよ」
娘「そ、そんなのっ!」
ドラゴン「ま、娘なら大丈夫だよ。……だからさ、さっさと戻ってアップルパイ食べようぜ」
娘「……うん」
ドラゴン「子ドラゴンも待ってるからな」
バサッバサッ……
…………
158: 以下、
[洞窟前]
子ドラゴン「キュー……」ボワッ
子ドラゴン「キュー……!キュー……!」パクパク
娘「すごく気に入ってるなぁ……」
ドラゴン「自分で焼き直した後に食べるってどうなんだ」
子ドラゴン「キュー!キュー!」パクパク
ドラゴン「そうだ、魔法についてだが、ときどき忘れそうになるが娘はあの町の出身だ。あの町は……俺のせいなのかもしれないが、魔法や魔族の部類をすごく恐れている」
娘「……うん」
ドラゴン「だから、娘がこわがるのも仕方ないといえば仕方ない。あの町の出身なんだからな。最初は軽い気持ちでも、使えば使うほど得体のしれなさを感じる、というのもあるだろう」
ドラゴン「でも、だからこそ、だ。俺は娘に魔法を使ってもらえると嬉しい。最初はちょっとした冗談だったんだが希望も交えてるんだよ。たぶんな」
娘「希望?」
ドラゴン「ここに来て百数年、ずっと俺は恐れられてきた。……つまり、理解されずに生きてきたんだ。ここに生け贄として来た娘たちもそうだ。警戒心だらけだったり、そもそも俺の話に聞く耳を持たなかったり。酷いものになると生け贄として連れてこられたのにも関わらず俺に殴りかかってきた娘もいた」
娘「ひどいね……」
ドラゴン「いや、すまん。いらない話だった。つまり、俺は理解されたかったんだよ。寄り添ってくれて嬉しかったんだ。舞い上がってたんだ」
ドラゴン「……だから、娘に魔法を教えたのは俺の私情に巻き込んでしまったようなものだ。魔法を使えるようになると、いざ町に戻ったところで、娘まで迫害される可能性もある……わかってたんだ」
娘「私は……大丈夫だよ。魔法を教えてもらえて、嬉しかった……ううん、嬉しいし。それに……」
娘「私は、ここが。ドラゴンさんと、子ドラゴンさんが……今の"日常"がちゃんと、好きだから。ね?」
ドラゴン「……そうか」
子ドラゴン「キュー……」パクパク
娘「あっ!子ドラゴン、私のぶんまで食べてるんじゃ……」
子ドラゴン「キュー……」
子ドラゴン「キュー!」パタパタ
娘「逃げても許さないですよ!」
159: 以下、
ということで第5話おしまいです。
180: 以下、
【第6話】
ミーンミンミン……ミーンミンミン……
ドラゴン「毎年のことではあるが、夏は流石に暑い日もあるな……」
娘「あ、それなら、ほら」ヒュオオ……
ドラゴン「氷雪魔法?……そんなものまで覚えたのか?」
娘「うん。お湯は水系の魔法に火系の魔法を組み合わせたらすぐできちゃうのに氷系の魔法は水の魔法に全く別の冷化魔法を重ねなきゃで資料を漁ってみるのも覚えるのも大変だったけどね」
ドラゴン「魔法を使いだしてからも……まだ一ヶ月そこらか?もうそんなところまで覚えたのか?」
娘「もう野菜もきゅうりとか、トマトとか採れちゃうようになったしそんなものなんじゃないの?」
ドラゴン「いや、野菜と魔法は違う。俺から見てもその上達ペースは相当いと思うぞ」
子ドラゴン「キュー」ダバー
ドラゴン「この通り、子ドラゴンも最近やっとお湯が出せるようになったところだしな」
娘「子ドラゴンはお湯が出せるようになったのはいいけど、もう夏真っ只中だから水浴びの方が気持ちいいのが残念だね……」
子ドラゴン「……キュー」タポ…タポ…
181: 以下、
娘「子ドラゴン、なんかちょっとおっきくなった?」
子ドラゴン「キュー?」コロコロ
娘「なんか……ちょっとだけ」
子ドラゴン「キュー!キュー!」
ドラゴン「……」
娘「……?」
ドラゴン「……」
娘「どうしたの?」
ドラゴン「やっぱり、娘は一度町に戻るべきなんじゃないか?」
娘「またその話?いつもいつもその話ばっかり……そんなに私が邪魔?」
ドラゴン「そういうわけじゃない。……隣町でアップルパイを作ってくれているという友人には俺達のことは話しているのか?」
娘「そんなの、言うわけないよ」
ドラゴン「何故だ?」
娘「そんなの……」
ドラゴン「怖がられて、嫌われるのが怖いんだろう?町に帰るのを躊躇っているのもそのせいなんじゃないか?」
娘「……そんなわけっ!ドラゴンさんは私のこと、なんにもわかってないです!」
ドラゴン「これでも、心配してるんだ」
娘「どこがですか!」
ドラゴン「このままじゃ、娘が……」
娘「あー!もう!聞きたくないです!私、小屋にいますから!」パタパタ……
バタンッ
子ドラゴン「キ,キュー……」アワアワ
ドラゴン「放っておけ。ああいうのは時間が経てば収まるんだよ」
子ドラゴン「キュー……」ショボン
182: 以下、

……
……ガンッ
ガンッガンッ
……いっ
娘(うるさいなぁ)
ガンッ……ガンッ!
……おいっ
娘(まだ、起きる時間じゃ……)
ガンガンッ
……起きろ!娘!
娘「……あー!もー!うるさいです!」
ドラゴン「起きたか!?娘!出てこい!」
娘「なんですか!?昨日のことから嫌がらせですか!?ドラゴンのくせに人間が小さ……ドラゴンが小さいですよ!」
娘(……って、あれ?)
娘「ドラゴンって朝に弱いんじゃ……」
ドラゴン「いいから早く出てこい!大変なんだよ!」
バタバタバタッ
ガチャッ
娘「ど、どうしたんですか?」
ドラゴン「子ドラゴンがどこにもいねぇんだよ!」
183: 以下、
娘「子ドラゴンが……?森の中を歩いてるとか……」
ドラゴン「さっきまで飛び回って探してみたが、なんせ森だ。日が出てないこともあって探しにくくてな。見つからないんだよ」
娘「時間は……ええと。6時?もう日の出は過ぎてるけど……」
ドラゴン「日の出を見て起こすことに決めたんだ。一時間近く起こしてたんだぜ」
娘「……あぁっ!もう!ちょっと待っててください!着替えます!」
ドラゴン「おう、早めにな」
娘「言われなくてもわかってますー!」
バタバタバタッ
184: 以下、
…………
娘「えっと……それで?」コホン
ドラゴン「俺は上空を飛び回って森を探す。……だから、娘には町を探してもらいたいんだ」
娘「……町」
ドラゴン「俺は……どう考えてもあの町には入れない。下手すりゃ武装した部隊か何かが出てきてもおかしくないくらいだ。……子供とはいえ、同じドラゴンである子ドラゴンも同じく危険だ」
娘「でも、子ドラゴンが町に行ったかなんてわからないでしょ?」
ドラゴン「あぁ、わからない。だが、昨日の喧嘩があってのこの騒ぎだからな。子ドラゴンが何か考え、町に向かった可能性も否めない。……それに」
娘「それに……?」
ドラゴン「もしも、ハンターの類いに捕まってるとしたら、町まで連れていっている可能性が高い」
娘「は、ハンター?」
ドラゴン「ハンターといえども魔物を長時間身近に置いておきたくはないだろうからな。付近の町に売りつけるパターンが最も多い」
娘「う、うぅ……」
ドラゴン「娘なら土地勘もあるだろう?なんとか見つけてやってほしい」
娘「土地勘なんて……ないです……」
ドラゴン「……?あの町出身なんだろ?」
娘「ずっと……屋敷の中で育てられてきたから……」
ドラゴン「おいおい……そこまで箱入り娘かよ……」
185: 以下、
娘「や、屋敷といっても庭もあったし、お城には出入りできたし、たまにならメイドと一緒に町に出かけたりもできましたし……!」
ドラゴン「うわぁ……本物だ……」
娘「うぅ……」
ドラゴン「しかし、俺もどうやってもあの町には入れない。ついでにいえば土地勘がないってのはお互い様だろ」
娘「でも生け贄に出された私がそのまま町に帰ってきたら……どうなるの?」
ドラゴン「逃げてきたと思われてこっちに送り返されるんじゃないか。そういう人間はいたしな」
娘「……あんまり人には見つからない方がいいんだね」
ドラゴン「まぁ、取り押さえられては元も子もないしな」
娘「もしも……ハンターに捕まってたら子ドラゴンは?」
ドラゴン「どっかの町や貴族に売り飛ばされるかもしれないな。その後どうなるかは買い手次第だ」
娘「あー!もう!」クシャクシャ
ドラゴン「……覚悟は決まったか?」
娘「ぜんっっっっぜん!」
ドラゴン「……そうか」
娘「でも、行く。行きます。行ってやります」
娘「……子ドラゴンのためですから」
ドラゴン「よーし、その意気だ。乗れ。飛ぶぞ」
189: 以下、
バサッ……バサッ……
スタッ
ドラゴン「これ以上町に近づくのは危険だな。悪いがここまでだ」
娘「町に行ったらとりあえず……探し回ればいいんだよね?」
ドラゴン「闇雲に探すのは流石に無理がある。町一番の屋敷を持っている家ってんだから、親を頼るのが一番だろうが……」
娘「親は無理だよ。もう、何年も会ってないもん」
ドラゴン「な、何年も?」
娘「お城で働いてたんだけど、途中から北の遠いとこに行かなきゃいけなくなって……最初は手紙をくれたんだけどそれも段々と減って……この一年くらいは何も……」
ドラゴン「聞けば聞くほど冷たい親だな」
娘「昔は一緒に遊んでくれたんだけどね。どっちにしても今はこの町にはいないから……」
ドラゴン「だったらメイドとやらだな」
娘「メイドなら……確かに力を貸してくれるかも」
190: 以下、
ドラゴン「よし、じゃあ娘は屋敷に向かって、メイドを探してこい。俺は森をひたすら散策する。何かあったら……」ガコンッ
娘「これは?」
ドラゴン「洞窟の奥にあるのは宝石だけではなくてな。魔法石という魔力の封じ込まれた魔法石もあるんだ。それはそのうちの一つだ。何かあったらそれに魔力を注いでみろ。俺を思い起こしながらな」
娘「注ぐとどうなるの?」
ドラゴン「それは魔力を注ぐと意思伝達ができるタイプの魔法石だ。俺と意思伝達ができる……テレパシー魔法ってとこだな」
娘「そんなに便利なものがあるならもっと早く教えてくれたらいいのに」
ドラゴン「魔法石を扱うにはそれなりに魔法制御の技術が必要なんだ。正直、それを持たせておいても使えるかどうか……。ないよりマシって程度だな。使えたとしても使い続けられる保証はない。繋がったら要件は手短に伝えるんだぞ」
娘「すごい賭けだね……」
ドラゴン「ま、必要ないかもしれないけどな。行ってこい」
娘「……うん!」
191: 以下、
[町]
ワイワイ……ガヤガヤ……
少女「うぅ、もうこんなに人がいるなんて……」
『おい、なんかこの町に魔物が出たって噂だぞ』
『おいおい、見間違いだろ』
『確かにありえねぇよなぁ……』
『でも、本当だったらどうするよ?俺達死ぬかもしれねぇぜ?』
『そんときはドラゴンに生け贄をもっと捧げて守ってもらえるように頼んでみっか?へへっ』
『冗談になってねーよ……』
少女(噂になってる……ということは子ドラゴンはやっぱりこの町に……?)コソコソ
192: 以下、
ごめん少女化やっちまったwwww
193: 以下、
娘(と、とりあえず屋敷を目指さなきゃ……って屋敷ってどこだろ?)
娘(表通りはとてもじゃないけど歩けない。路地裏を縫って探すしかないみたいですね)タッタッタッタッ
…………
『魔物だって?ありえねぇ!殺しちまえ!』
『おいおい、俺達が殺せるわけねぇだろ?』
…………
娘(……ここでも噂になってる)タッタッタッタッ
…………
『城の兵隊は何をやってんだ!こういうときのための兵隊なんじゃねぇのか!』
『まだはっきりとした目撃情報があるわけじゃないらしいしね……動くに動けないんでしょ?』
…………
娘(子ドラゴン……早く探さなきゃ……っ)タッタッタッタッ
…………
『魔物だと?またこの町が焼かれたらどうするんだ?』
『そんなドラゴンレベルのもんが紛れ込んでるわきゃねぇだろ』
…………
娘(路地裏で建物の影ばかりだから……お屋敷が全然見えない!)タッタッタッタッ
…………
『私、隣町に逃げようかしら……』
『本当に魔物が紛れ込んでたら、町の外にも何体いるのかわからないのよ?今出ていくなんて正気じゃないわよ』
…………
娘(子ドラゴンも見当たらない……!)タッタッタッタッ
…………
『おい!今この町から出てってるやつに連絡はつかねぇのかよ!こっちに来ねぇように伝えねぇと!』
『電話っつー技術もまだまだ出てきたばかりだからな……遠くの町まではとてもじゃねぇが……』
『あぁーっ!くそっ!科学も科学で野蛮な魔学の真似事なんぞをするからこうなるんだ!』
…………
娘「はぁ……はぁ……もう!どこなんですかっ!子ドラゴン!」
194: 以下、
バサッ
バサバサバサッ
娘「……ひっ」
娘(後ろから物音……!?こんな路地裏でっ!?いやっ……逃げなきゃ……)
???「……ま?」
娘(逃げるってどこへ!?目の前は表通りです!表通りに出た方がどう考えても状況は悪くなる……)
娘(だったらいっそ浮遊魔法で……いや、ダメです。この路地の建物は高すぎる……まだ慣れてない浮遊魔法を使って落ちたら……)
???「……お嬢様?」
娘「……へ?」
???「お嬢様ではありませんか!」
娘「め、メイドさん?」
メイド「はいっ!そうでございますっ!」
195: 以下、
娘「あ、あの、荷物……」
メイド「あら、私ったらいけない。大切なお荷物が……」
娘「手伝います」ヒョイッヒョイッ
メイド「そんな……お嬢様のお手を借りるなんて悪いですわ」
娘「……ふふっ」
メイド「どうかなされましたか?」
娘「いえ、メイドさんにそう言われるのも少し懐かしくて」
メイド「確かに……永らく言っていないような気がします……ところで、お嬢様はどうしてここに?」
娘「少し話があるんだけど……いいかな?」
メイド「話……ですか。そうですね……では」
ガシャンッ……カラカラ……
メイド「お嬢様は町の中では生け贄の身。見つかったらまずいのでしょうし、まずはお屋敷に戻ることにいたしましょう」
娘「台車?」
メイド「中にお隠れください。お屋敷までお運びします」
娘「わ、わかりました」キュッ……ガコンッ
メイド「では……」
カラカラカラカラ……
196: 以下、
[屋敷……娘の部屋]
メイド「どうぞ、紅茶です」
娘「……懐かしい味。もう飲めないと思ってたのに」
メイド「お嬢様がお好きな茶葉を特別に取り寄せて使ってますからね」
娘「今でも……?」
メイド「ええ、帰ってくると信じておりましたから。この部屋だって、毎日ちゃんと掃除しております。……私の独断ですけど」
娘「……ありがとう」
メイド「いえいえ、こうしてお嬢様のお顔が見れただけで私は幸せです……して、本日は……いえ、今までどのような生活をなさっていたのかお聞きしても……?」
娘「……そうですね。実は……
197: 以下、
カクカクシカジカ
メイド「なるほど。そのような奇っ怪な……」
娘「メイドさんは……ドラゴンが怖い?」
メイド「そうですね。怖くないと言えば嘘になります」
娘「やっぱり……」
メイド「でも、何も聞かずに一方的に拒絶しようとも思えません」
娘「じゃあ!」
メイド「その……子ドラゴンさん、ですか?ご一緒に探させていただきます」
娘「ありがとう!」
メイド「私はドラゴンの味方にはなれませんが、何があってもお嬢様の味方ですよ」
娘「でも……いいの?他の人の目とか……」
メイド「いいのです……今日は最高の日ですから」
198: 以下、
娘「……とはいうものの、どうやって探そう?」
メイド「ドラゴン……というより魔物の目撃証言は今朝からいくらか報告されており、町の噂も絶えなくなっています」
メイド「ですから、お嬢様をお見かけしたときにはその件が関係しているのでは、と思ったのですが……やはりでしたね」
娘「その目撃証言の場所は……?あっ。もしかしてあのときに路地裏にいたのって」
メイド「それは全く関係なく、スコーンを買いに行ってたのです。あの路地裏にある隠れ家的お店なのですが、一日限定十食のスコーンが本当、絶品で……」
娘「何それ私食べたことないんですけど」
メイド「なにせ……ひとりひとつまでしか買えなくて……あっ。今日買ったぶんを半分こしますか?」
娘「します」
メイド「では、少々お待ちください」
199: 以下、
娘「あっおいしい」モグモグ
メイド「でしょう!?本当、ずっとお嬢様におすすめしたかったのですが、いつもいつもそのスコーンの魅力には勝てず……ひとりで!」
娘「……じゃないです!子ドラゴンの目撃情報はどこなんですか!?」モグモグ
メイド「あぁ、お嬢様、お口にものを入れながら喋るものでは……場所は様々で。もしも本当にその魔物がいるならば、町中を転々としているのではないかと……」
娘「それじゃあ、ふりだしかぁ」
メイド「……ですねぇ」
ウーッ……ウーッ……ウーッ……ウーッ……
娘「!?」
『全町民に告ぐ!全町民に告ぐ!町の中央、噴水広場前にて、魔物の存在を確認!ただいまより城の兵隊をそちらに派遣する!町民は魔物に接近しないよう、噴水広場からただちに避難すること!繰り返す!全町民に……』
メイド「……どうやら探す手間は省けたみたいですよ」
娘「これって……」
メイド「町民全体への連絡機材ですね。城の各部屋から自由に連絡を回すことができるとか。この声も町中に届いているはずですよ……って導入されたのはお嬢様がいなくなる前でしたっけ」
娘「早く行かなきゃ子ドラゴンが!」
メイド「……任せてください。出ますよ」
200: 以下、
娘「これは?」
メイド「馬です」
娘「その服装は?」
メイド「勝手に屋敷の馬を連れ出すと怒られちゃいますからね……変装です」
娘「……そう」
メイド「ささ、さっさと私の後ろに乗ってください」
娘「う、うん」
メイド「では、行きますよ」バシンッ
ヒヒーンッ
パカラッパカラッ
201: 以下、
パカラッパカラッ
娘「ちょっ……まっ……これ以外とはや……」
メイド「急いでるんでしょう!?」
娘「まっ!前!前!門ですよ!門!」
メイド「ぶち破ります!」
娘「ぶっ……!?」
バッカァーンッ
兵士「!?……ちょっ!……まっ!貴様!」
娘「ひじょーじたいなんですー!」
兵士「ひじょっ……へ?お嬢様?」
202: 以下、
パカラッパカラッ
娘「これって……」
メイド「ほへぇ、綺麗ですね」
ウーッウーッウーッウーッ
『魔物は奇妙な魔法を使用中!どのような作用をもたらすかも未知数のため、町民諸君は近づくなかれ!繰り返す!……』
メイド「あれも魔法なんですね……」
娘「でも……子ドラゴンがあんな魔法を使ってたことなんて……」
娘(雲ひとつない、夏の青空)
娘(かんかんと照りつける暑い日射しに目を細めながらも見上げたその先には……)
娘(幾重にも、虹がかかっていたのでした)
203: 以下、
[広場]
子ドラゴン「キュー!……」シュワーン……
子ドラゴン「キュー!」ドッカーン
キラキラ……
パカラッパカラッ
ズズーッ
娘「こ、子ドラゴン!」
メイド「小さな虹がいっぱい……綺麗……
これも魔法なんですね」
娘「どうやら……そうみたい」
メイド「町の兵隊などはまだ来ていないようですね。私はこのまま馬を屋敷に帰してきます。お嬢様は子ドラゴンを連れて逃げてください」
娘「うん、わかった……」
バシンッ
パカラッパカラッ……
娘「子ドラゴン!」
子ドラゴン「キュ……?キュー!」キュイーン……
子ドラゴン「キュー!」ドッカーン
キラキラ……
娘「これは……水の魔法を空に放った後、火の魔法でそれを破裂させてるの?……それで虹が?」
子ドラゴン「キュー!」
娘「でも、どうしてそんなこと……」
204: 以下、
パカラッパカラッ……
ガタッガタガタガタッ……
兵長「さぁてと、チェックメイトだ」
娘「……!?」
子ドラゴン「……キュー?」
ガシャッガシャッガシャッ……
娘「これは……」
兵長「おっと、こいつぁ想定外だ。生け贄になったはずのお嬢様じゃあねぇか。ドラゴンの舌には合わなかったってかぁ?」
娘「どちら様ですか……」キッ
兵長「まぁまぁ、そう睨まないでくれや。お初にお目にかかる。オレぁこの町の兵長をしているもんだ。野蛮な魔族を撲滅し、……いや、魔族だけでなく盗賊なんかも相手にはするんだが……まぁ人類を守るのが我々の役目……ってやつ?そう、お前さんも含めた人間のね」
娘「……だから、なんなんですか?」
兵長「我々はお前さんの味方だ。だからそこにいる魔族をこちらに引き渡してくれやしねぇか?こちとら手荒な真似はしたくねぇ……お嬢様相手なら尚更、な」
娘「その"お嬢様"を生け贄にしたのは他ならぬあなたたちなのでは?」
兵長「んなもん知ったこっちゃねぇよ。お偉いさんが決めたことはお偉いさんが決めたことであってオレが決めたわけじゃねぇ」
娘「そんな……無責任な!」
兵長「そいつぁ心外だな。どいつもこいつも無責任でありたいから、その責任とやらを取ってくれるお偉いさんってのを立てるんじゃねぇのかい?」
205: 以下、
兵長「まぁ、つべこべ言わずにそいつをこっちに引き渡してくれや」
娘「子ドラゴンは……無害です!」
兵長「あぁ、そのようだな。あの虹もただの虹らしい」
娘「だったら!」
兵長「でもそれは"今"は無害ってだけだ。これからそいつがどうなるか、なんてわかりゃしないだろ?オレにも……お前さんにもよ」
娘「私は子ドラゴンを信じてます!子ドラゴンは……人を傷つけたりなんて、しません!」
兵長「そんな、あやふやな精神論じゃ町民を納得させらんねぇんだよ。お前さんひとりのために町民の大半の不安を許容しろってか?」
娘「それは……そんな!」
兵長「残念ながら、正義はオレで、お前さんはただ自分のためにわがままをのたまってるだけだ。それは正義じゃねぇ。お前さんはいいことをしているつもりなのかもしれんが、それはお門違いだ。真逆だ。大多数の町民を恐怖に陥れてんだよ。わかんねぇのか?」
娘「でも……子ドラゴンはただ……」
兵長「ただ、なんだ?虹を見せに来ただけってか?……話するだけバカバカしいもんだぜ」
兵長「……もういい、交渉するだけ無駄だ。捕らえろ」
兵隊「「「「了解」」」」
兵長「お嬢様は丁重にな」
206: 以下、
ガシンッガシンッ
娘(こうなったら……魔法で……)
娘(だめ、魔法なんて使ったら私まで……!)
娘(でもこんな場面でそう言ってる場合じゃ……)
娘(……!そういえば、魔法石。あの、魔法石が……)
娘(でもここにドラゴンを呼んだらそれこそ町を恐怖に……それこそ最悪。だったら……やっぱり魔法で……)
娘「あぁぁぁ!!!もう!!!!」キュィィ……
兵長「……!?総員、退避!」
男「はいはーい。ストップストップー!」ピーッ
娘「……!?」キュゥ……
男「そう、止めるんだ。お嬢さん、君もね」
兵長「……どうなさったのですか」
男「不満そうだね。……でも今のは止めるべきだったろ?結果オーライじゃない。町長がそこの二人……というより一人と一匹?をお呼びだ」
兵長「だから、こうしてお連れしようと……」
男「やだなぁ、客人なんだからさ、もっと丁重に扱わないと」
兵長「……は?客人?しかし、そこの魔物は曲がりなりにもドラゴンであり……!」
男「でも、今は無害なんでしょ?」
兵長「しかし……!」
男「あくまでもこれはボクじゃなく町長の決定だ。逆らうならキミの処分もどうなることやら、だよ?……まぁボクの知ったこっちゃないけどさ」
兵長「……くそっ!お偉いさんの考えることはよくわからん!」
男「キミが堅すぎるだけなんじゃないかなぁ?」
207: 以下、
…………
[城、会議室]
男「はい、キミは……紅茶が好きなんだっけ?メイドから聞いたよ」
娘「ありがとうございます」ムッ
男「ははっ、そんなに警戒しないでほしいなぁ。ボクは別に敵じゃないよ。そもそも別の町出身だからそんなに魔物に抵抗もないしね」
娘「他の町……?」
男「うん、町を色々と転々としてるんだけど最近この町の町長に雇ってもらえてね……ドラゴンって何を飲むのかな?ミルクとかでいい?」
子ドラゴン「キュー……?」
娘(水以外を飲んでいる姿を見た気がしない……)
娘「じゃあ……ミルクでお願いします」
男「了解了解、まぁくつろいでてよ……ってこんなとこじゃくつろぎようもないか」
娘「いえ……」
208: 以下、
子ドラゴン「キュー……」ガブガブ
子ドラゴン「キュ!?キュー!!!」キラキラ
男「わ、すごい気に入ってくれたみたいだね」
娘「みたいですね……」
ガコンッ……ギィッ
男「おや、来たみたいだよ」
町長「……ふむ、おぬしが娘か。直接話すのは初めてかの?」
娘「はい」
町長「そして、そちらが今回の騒動の種かね」
子ドラゴン「キュー!!!キュー!!!」ゴクゴク
娘「……はい」
男「……プフッ」
娘「笑わないでくださいよ……」
町長「まぁ、なんとも微笑ましいではないか」
209: 以下、
町長「さて、こちらとしてもの。処刑などはしたくない。……そもそもドラゴンを捕らえたところで我々の技術でドラゴンに致命傷を与えることができるかすらもあやしいのだ」
娘「えっ……じゃあ……」
町長「うむ。おぬしらを処刑をしようとは思わぬ。……ただ、この町ではドラゴンや魔物が極端に恐れられているのも事実じゃ。……だから、おいそれとそのドラゴンを町に歓迎するわけにもいかぬ……もちろん、あの洞窟に居座るドラゴンもの」
娘「だったら……私たちは…?」
町長「そもそもこのような事態に前例がない。ドラゴンを恐れて町に逃げ帰ってきた者やドラゴンに諭され町に帰ってきたとのたまうものはいたが、ドラゴンを引き連れて町に戻ってきたものはおぬしが初めてなのじゃ」
娘「……」
町長「だからの、それでも、そやつらの前例に則し、おぬしたちにはあの洞窟に一度帰ってもらおうと思う」
娘「私たち、帰れるんですか!?」
男「……"帰る"、か」
娘「……?」
男「いや、なんでもないよ、続けてください」
町長「うむ。……帰してやろう。ただし、町に対しての体裁として"生け贄として送り返した"ということにさせてもらう。そのドラゴンの子供も、ドラゴンを逆上させないためにそのまま同じく送り返した……といったところかのう」
娘「……大丈夫です!帰れるなら!」
210: 以下、
[城前]
男「……さて、送り迎えを命じられちゃったわけだけど」
娘「とりあえず一件落着……ですかね」
男「それはどうかなぁ。まだそのドラゴン達は町の人たちに受け入れられてないわけだろう?」
娘「それは……できる気がしないです」
男「道のりは長いかもしれないけど、目指せばいつかは手に入るさ」
娘「手に入る?」
男「そういう、理想の世界ってやつ?」
娘「なんだかそう言われると余計に壮大な気がしてきました」
男「宝物ってのは手を伸ばさなきゃ掴めない。……だからこそ諦めずに掴もうとし続けることが大切なのさ」
子ドラゴン「……スピー……スピー」
男「このドラゴンもそういうところがわかってるんじゃないかな」
娘「宝物……ですか」
娘(やっぱり……遠いなぁ)
211: 以下、
[洞窟]
スタ……スタ……
ドラゴン「お、無事だったか」
娘「なんとかね……ずっと探してたの?」
ドラゴン「いや、途中で町からサイレンのようなものが聞こえたからな。町に子ドラゴンがいると思い、ここにいた。……ひょっこり戻ってくるかもしれんしな」
娘「はぁ……子ドラゴンね、お湯を作るための水の魔法と火の魔法を使って町に虹を作ってたんだよ」
ドラゴン「ほう……そのような魔法をどこで学んだのか……」
娘「どうしてそんなことをしたんだろうってずっと考えてたんだけど……私のせいなんだなって」
ドラゴン「ふむ?」
娘「私、昨日の喧嘩であんなこと言ったから……子ドラゴンはドラゴンは無理でも魔法だけでも受け入れてもらおうとあんなこと……だから、私のせいなんだなって」
ドラゴン「確かに子ドラゴンがそんな行動をとったのは娘の言葉があったからかもしれない。……だが、友達の思いやりを"私のせい"だなんて言うもんじゃないぜ」
娘「……そっか。そうでした。子ドラゴンも私のためにやってくれたこと……ですも…んね……」バタッ……
ドラゴン「娘っ!?」
娘「……」スピー
ドラゴン「……なんだ。寝たのか……びっくりした」
212: 以下、
ドラゴン「よっこら……せっと」
娘「……」スピー
子ドラゴン「……」スピー
ドラゴン「小屋のベッドほど柔らかくはないだろうがたまにはこうやって並んで寝るのも悪いもんじゃねぇだろ。葉っぱのふとんってのも中々体験できることじゃねぇぞ」
ドラゴン「……つっても聞いてるやつなんていねぇんだけどな」
娘「……」スピー
ドラゴン「……どうせ無茶したんだろ、この」
コツンッ
娘「むぅ……」
ドラゴン「……おやすみ」
娘「……」スピー
子ドラゴン「……」スピー
224: 以下、
【第7話】
……カッコーン
チョロチョロ……
ドラゴン「……」
子ドラゴン「キュー……」
娘「……」
……カッコーン
ドラゴン「なぁ」
娘「なに?」
……カッコーン
ドラゴン「最近は涼しくなってきたしこうやって風呂に浸かれるのはいいんだが……」
娘「ドラゴンはほぼ足しか入ってないけどね」
……カッコーン
ドラゴン「あのさっきからカポンカポンと鳴っているものはなんだ?」
娘「なんだっけ。名前は忘れちゃった。絵本で見たの。遠くの国の文化らしいけど……雰囲気がいいでしょ?」
ドラゴン「……そうだな」
……カッコーン
225: 以下、
ドラゴン「しかし、風呂でまで魔法書を読むのはどうなんだ」
娘「町に行ったときに私はやっぱりもっと魔法を知らなきゃって思ったから……いろんな事ができるようにならないと……」
ドラゴン「しかしそんなに四六時中読みふけるのもそれはそれで問題なんじゃないか……?」
娘「もうこんなこともできるようになったんだよ」シュゥゥ……
カコン……ガコンッ……ガコッガコッガコガコガコガコッ……
ガッコーンッガッガッコーンッガッコーンッガッコーンッ
子ドラゴン「キュー……?」
ドラゴン「……」
娘「……」
ガッコーンッガッガッコーンッガッコーンガガガッガッコーンッ
ドラゴン「遠隔操作魔法はすごいが……これ、楽しみ方が違うんじゃないか?」
娘「私もそう思う」
227: 以下、
ドラゴン「魔法を知るのも大切だが、その他のことを知ることも大切だぞ。魔法だけ覚えていても使い方を誤れば……魔王にすらなってしまうしな」
娘「その他のこと……?例えば……?」
ドラゴン「料理とか……薬草とか……」
娘「そういう本もちゃんと読んでるよ。薬草はあんまり探しに行かないけど、料理はしてるし……」
ドラゴン「……娯楽とか?」
娘「娯楽……こうして話してるだけでも楽しいけど……」
……カッコーン
ドラゴン「ついでにすごい今更なんだが、俺と娘って一緒に風呂に浸かってていいのか?」
娘「なんで?」
ドラゴン「俺はこれでもオスだぞ」
娘「ドラゴンはドラゴンでしょ?」
ドラゴン「……そうか」
……カッコーン
ドラゴン(このまま成長していくと嫌がられたりするのだろうか……)
……カッコーン
230: 以下、
ピュオォオ……
ドラゴン「風の魔法で髪全体を乾かすのは便利そうだな」
娘「ずっと伸ばしっぱなしだからね……すごく長くなっちゃったなぁ」ピュオォオ
ドラゴン「流石に町の方に髪を切りにいくわけにもいかねぇだろうし……隣町に切りにいってみたらどうだ?」
娘「いっそこの髪を遠隔操作していろいろと便利に使えないかな?長いから遠いとこのものも取ったりできそうだし」……クネクネ
ドラゴン「発想が狂気じみてきてるぞ……というか魔法の上達が最早魔族クラスだな」
娘「そんなに早いの?私」ピュオォオ
ドラゴン「魔物よりも化物じみたスピードだな」
娘「才能あったんだね、私」ピュオォオ
ドラゴン「そういえば隣町の友人にはまだ俺達のことは話してないのか?」
娘「うん、まぁ……」
ドラゴン「その友人の前でもいろんな魔法を?」
娘「ここほどじゃないけど少しは魔法を使ってるよ。こっちの町とは違ってちょっとした魔法くらいなら受け入れてはくれるし」
ドラゴン「……なるほどな」
娘「また私にドラゴン達のことをちゃんと言えって言おうとしたでしょ」
ドラゴン「俺はそれが娘のためだと思ってるからな。友人との間に隠し事なんてするもんじゃない」
娘「……したくてしてるわけじゃ、ないんだけどなぁ」
231: 以下、
ドラゴン「町から戻ってきてからずっと魔法の勉強ばかり……大丈夫なのか?」
子ドラゴン「キュー……」
娘「大丈夫だよ、大丈夫。きつい運動をしているわけでもないし」
ドラゴン「それでも、俺には無理をしているように見えるぞ」
娘「だって……私には何もできないから……」
ドラゴン「そんなことはない」
娘「そんなことあるよ!今でも畑のお世話はほとんどドラゴンに任せっきりだし……魔法書もわからないところは聞いてばかりだし……」
娘「でも、私にはどうしたらドラゴン達が町に受け入れてもらえるのか……わからなくて……探し続けたら……何か解決できる魔法があるかもしれないでしょ?」
ドラゴン「なるほど、それで隣町から買ってくる魔法書も増えてきたのか」
娘「ねぇ、ドラゴン。私を北に連れていってくれない?」
ドラゴン「北?」
娘「私、魔法学園に行きたいの。ここからずっと北にある、魔法学園に。ドラゴンならひとっ飛びでしょ?」
ドラゴン「断る」
娘「そんな……どうして?」
ドラゴン「出不精なんだよ」
娘「で、でぶ……ドラゴン達を救える魔法があるかもしれないんだよ?」
ドラゴン「だからこそ、だ。魔法はそんなことのために覚えるものではない。魔法は拠り所でも逃げ道でもないんだよ」
娘「……むぅ」
232: 以下、
ドラゴン「……まぁ、なんだ。正直あるにはあるんだ。今の状況を解決する魔法もな」
娘「だったら……」
ドラゴン「ただし洗脳魔法とか、記憶の改竄魔法のような魔法だ」
娘「……いっそ、それでも」
ドラゴン「そう、そうなるから連れていけないんだよ。そんなことをしちゃまさに恐れられている"ドラゴン"のイメージそのものじゃねぇか」
娘「……!」
ドラゴン「言ってしまえば、あの町の人々は魔法にかかってるんだ。時間がかけた……ある意味時間をかけて俺自身がかけてしまった、すれ違いという魔法にな」
ドラゴン「だから、俺達がしなきゃいけないのは"魔法をかける"ことじゃなく、"魔法を解いて"やることなんだよ」
娘「それは、どんな魔法を使えば……」
ドラゴン「魔法じゃない。魔法じゃないんだよ。きっとそれは、考えてるより単純なもんなんだ。人間同士でもすれ違いなんてよくあるだろ?似たようなもんなのさ」
娘「……はぁー」パタンッ
ドラゴン「……どうした?」
娘「私、頑張りすぎたみたい」
ドラゴン「……おう、もう寝るといい」
娘「んー……そうする。おやすみなさい」
ドラゴン「おやすみ」
子ドラゴン「……」スピー
娘「子ドラゴンったら……いつのまに……」
233: 以下、
…………
娘「…………」
ドラゴン「…………」
娘「……おはようございます」
ドラゴン「おはよう」
娘「……」
ドラゴン「……」
娘「……」
ドラゴン「どうしたんだ、その……前髪は」
娘「昨日の夜に風の魔法で髪を切ろうとして……」
ドラゴン「おう……」
娘「切りすぎました……」
ドラゴン「そうか……まぁ……かわいいぞ……」
娘「髪……」
ドラゴン「髪?」
娘「髪を生やす魔法を……探さないと……」
ドラゴン「……頑張れ」
237: 以下、
【第8話】
青年「その三角帽子はどうしたんだい?」
娘「魔法使いっぽいかな……って」
カランカラン
少女「ういーっす……ってあれ!何それ!すっごく魔女っぽい!」アハハ
娘「魔女って……」
青年「魔法使いも魔女も大差ないんじゃない……?」
娘「魔女ってなんかこう……悪者っぽいです」
少女「いっそのこと魔法少女ってのはどうよ?」
娘「どうって……魔法少女を自称するんですか?」
少女「なんかかわいいじゃんっ?っていうか帽子が魔法使いっぽいんだからせっかくだしローブもほしいね!」
青年「ここはパン屋だからな。代わりになりそうなもんなんてないぞ」
少女「ちぇーっ、そうだ!私にもそれ被らせてよ!」
娘「えっ……ちょ……」
ヒョイッ
少女「……」
青年「……」
娘「……」
少女「髪切った?」
娘「……ちょっとだけ」
…………
カポッ
238: 以下、
娘「……こほん。ところで、誰かと仲良くなるにはどうしたらいいんでしょうか」
青年「なんだ?人間関係の悩みでも抱えてるのかい?」
娘「なんというか、嫌われてまして」
少女「えーっ、娘ちゃんを嫌うような人がいるの?」
娘「……ちょっとだけ」
青年「……」ジーッ
少女「……」ジーッ
娘「……結構?」
青年「喧嘩とかなら時間が経てば冷めるもんだよ。相手は一人なの?」
娘「いっぱい……です……」
青年「あちゃー、じゃあもうそういうのは冷めるのを待つしかないかな」
娘「冷める?」
青年「好きってのも嫌いってのも燃料を投下しない限りは時間と共に冷めてくものだよ。だからそっとしておくといい」
少女「えーっ、でもずっと話さないってのも辛くない?」
青年「でも話して辛いだけなら話さない方がいいだろ?」
少女「そんなの逃げだよ!」
青年「うるせぇ」
娘(……逃げ、かぁ)
239: 以下、
娘「もしも……逃げないなら、何をしたらいいんでしょうか」
青年「何をするかというより何ができるか、だよなぁ……」
少女「私ならこう、私は敵じゃないよーってアピールするかな?」
娘「アピール?」
少女「こう、いいことを教えてあげたり……自分や好きなものをあげたり……相手が好きそうなものをあげたり?」
青年「そんなので懐柔されるのは少女くらいだろ」
少女「私はこれでも頑固ですよーだっ」
青年「アップルパイ食べ放題の券をやろうか?」
少女「なんなりとお申しつけください!」
青年「やらねーよ」コツンッ
少女「あうっ」
娘「ふふっ」
娘(好きな、もの……)
240: 以下、
…………
[洞窟前]
娘「……って言われたんだよねぇ」ムシャムシャ
子ドラゴン「キュー……!」ハムハム
ドラゴン「なるほどな……一理あるんじゃないか?」ガツガツ
娘「確かに、私にはもうなんにも思いつかないし……それもいいかなって思うんだけど、私が好きなものとかピンと来なくて……」ムシャムシャ
ドラゴン「本当にそうか……?」ガツガツ
娘「……?魔法は好きだけど、逆効果かなって」ムシャムシャ
ドラゴン「そうじゃない」ガツガツ
娘「へ?」ムシャムシャ
ドラゴン「これだよ」ガツガツ
娘「……アップルパイ?」
ドラゴン「みんな……娘も大好きなんだろ?」
娘「まぁ、そりゃあ……美味しいし。食べ放題券を配るの?」
ドラゴン「いや……それは……どうなんだ……」
241: 以下、
…………
[パン屋]
青年「ねーよ」コツンッ
娘「あうっ」
少女「わ!ついに娘ちゃんもやられたね!でこぴん!お揃いだよ!お揃い!」
青年「何でテンション上げてんだ……よっ」コツンッ
少女「あうっ……はいはーい!今のは理不尽だと思いまーす!慰謝料としてアップルパイ一年ぶんを請求します!」
青年「却下」
少女「ですよねー!」
青年「魔法でたまに手伝ってもらってたりもするからな。娘ちゃんのためならできることならなんでもしてやりたいが、嫌ってるっていう数人にアップルパイ食べ放題券を配ってしまったら流石に商売にならない」
娘「……ですよねぇ」
少女「娘ちゃんを嫌ってるようなわからずやに渡すくらいなら私が貰っちゃうもんね、無料券」
青年「誰にもやらねぇから安心しろ」
242: 以下、
青年「……しかし、まぁアップルパイをいくつか持ってってやるってんなら用意しなくも、ない」
娘「……ほんとですか!?」
青年「まぁ、俺のアップルパイなんかで仲直りができるかはわかんないけど、力になれるなら」
少女「えーっ、私にはー?私にはー?」
青年「あー、もう、わかったわかった。ついでに一切れくらいは少女のぶんも焼いてやるよ」
少女「いっえーい!太っ腹ぁ!」
青年「ただし、一日ここで働いてもらうぞ」
少女「対価に見合わないよ!?」
青年「冗談だ。……まぁ手伝いのことを抜きにしても娘ちゃんも今までアップルパイをいっぱい買ってもらってるからな。少しくらいはお客さんに還元するのも悪くはないだろ」
少女「そういえばいつもこんなに食べきれるの?ってくらいアップルパイ買ってくけど娘ちゃんの家族の人ってあれ全部食べちゃうの?」
娘「えぇ、まぁ」
青年「焼き甲斐があるってもんだな」
243: 以下、
…………
[洞窟前]
娘「……ってことになったんだけどさぁ」パクパク
子ドラゴン「キュー!」ガツガツ
ドラゴン「よかったじゃねぇか。町で配るのか?」ムシャムシャ
娘「そのつもりだけど……でも作ってもらえる数にも限度はあるし、無理があるよね……やっぱり青年さんに悪いかなぁ……」
ドラゴン「最近は娘も頑張りすぎてたからな、ここらで誰かを頼って休むってのもいいんじゃないか? 」
娘「うー。そもそもずっとドラゴンさんには頼りっぱなしですし……あっ」
ドラゴン「どうした?」
娘「それですよ、それ」
ドラゴン「どれだよ」
娘「頼りすぎなんです。これじゃ私、配るだけで何にもしてない……」
ドラゴン「その、配るのが大事なんじゃないのか?」
娘「でもなんか、腑に落ちないよ」
ドラゴン「ははぁん」
244: 以下、
ドラゴン「じゃあ自作すればいいじゃないか」
娘「自作って……アップルパイを?」
ドラゴン「アップルパイを」
娘「その発想はなかったです」
ドラゴン「なんでだよ」
娘「本棚の料理本にはアップルパイはあったでしょうか」
ヒューッ……
スタッ
娘「うーん……」ペラペラ……
ドラゴン「小屋から好きな本を呼び寄せられるのか……」
娘「もう本棚の本の数もばかにならなくなっちゃいまして」エヘヘ
245: 以下、
……
ジューッ
娘「……とりあえず焼いてみたけど」
ドラゴン「あの小屋のキッチンもいつのまにやらそれなりになってんだな」
娘「増築に必要な魔法は最初の頃に頑張って覚えたからね」
ドラゴン「とりあえず食べてみるか」
子ドラゴン「キュー!キュー!」
娘「切り分けるからちょっと待ってね?」
子ドラゴン「キュー!」
…………
パクッ
パクッ
パクッ
…………
ドラゴン「なんというか……違うな」
娘「……違うね」
子ドラゴン「キュー……」
246: 以下、
…………
[パン屋]
娘「……ということでですね、あの」
青年「ぷっ……あはははは!!」
娘「へ?」
青年「ごめんごめん!そうだよな!自分で作らねぇとダメだよな!あっはっは!」
娘「えっと、その……おいしいアップルパイの作り方を……」
青年「よっし、わかった」
娘「……!ほんとですか!?……でもお店の秘伝のレシピとかじゃ……」
青年「秘伝のレシピも後の世代に伝えねぇと廃れちまうんだよ、ばーか」コツンッ
娘「あうっ……えへへ」
青年「ふっ……ふへへっ」
カランカラン
少女「おいーっ……何この空間」
247: 以下、
青年「まず材料だが……分量と一緒にまとめたメモがそっちにあるから後で写しといてくれ。とりあえず材料だけ一通り説明すると……りんごはもちろん、生地に使う薄力粉に……強力粉。それに……」
…………
青年「……あとはシナモンパウダー……とラム酒だな。ついでにジャムも用意しておくといい」
少女「材料を揃えるだけで一苦労だね」
娘「魔法より……難しいかも……」
青年「ねーよ」
…………
青年「……っと、とりあえず生地ができたらいったん冷やしておいてだな」
娘「氷系の魔法かけておきますね」ヒョオー
青年「おう、助かる」
少女「いつもこうやって手伝ってもらってるんだ」
青年「冷やすってのは難しいからな。魔法ってのは便利なもんだ」
…………
青年「こっちに絞ったレモンの果汁を……こう」
少女「アップルパイなのにレモンの果汁ってなんだかおもしろいね」
青年「おいしくなるんだからいいだろ」
少女「まぁそうだけど……」
娘「なんだかいよいよこんがらがってきました……」
青年「レシピは後で文字に起こしておいてやるよ……シナモンと酒を加えて……っと、こっちも冷やしてもらっていいか?」
娘「は、はい」ヒョオー
…………
青年「あとは焼くだけだ」
少女「焼くって……どれくらい?」
青年「こう……良い感じになるまで?」
少女「曖昧すぎるよ!」
青年「大体体内時計で作れんだよ!」
娘「時計、見ときますね……」
248: 以下、
…………
青年「……というわけで、完成だ」ジューッ
少女「これ、食べていいの?」
青年「特別だぞ。三人で分けるか」
少女「よっしゃ!作れる気はしなかったけど見ててよかった!」
青年「おいおい……」
少女「早く早くぅー!」
青年「うっせぇ、切り分けるから待ってろ」
娘(なんだかどこかで見た光景だなぁ)
…………
パクッ
パクッ
パクッ
…………
少女「うーん!やっぱこれだね!最高に焼きたてだから最高においしい!」
娘「……すごいです」
青年「だろ?」ドヤッ
249: 以下、
…………
[洞窟前]
ジューッ
娘「ということで……言われた通りに作ってみたんだけど」
ドラゴン「まぁ前のもおいしいといえばおいしいものだったけどな」
子ドラゴン「キュー!」
娘「とりあえず食べてみよっか」
…………
パクッ
パクッ
パクッ
……………
ドラゴン「……近くはなったんじゃないか?」
娘「やっぱり完全再現は難しいかぁ……」
子ドラゴン「キュー!」パクパク
ドラゴン「まぁ、これだけおいしいならいいんじゃないか?俺は好きだぞ」ガツガツ
娘「……うん、うん!よし!これでいく!」
250: 以下、
娘「……うーん」カチャカチャ
ドラゴン「もう準備してるのか。そんなにすぐ配りに行くのか?」
娘「うん、明日から配ってみる!だから、とりあえず今日のうちに材料をまとめとかなきゃ」
子ドラゴン「キュー!キュー!」
娘「……ごめんね。子ドラゴンが行きたいのもわかるけど、私一人で行くことにしたの」
娘(連れていっちゃうと今度こそ、処刑されかねないし……)
ドラゴン「みんな、好きになってくれるといいな」
娘「大丈夫だよ、私が大好きなアップルパイなんだから。みんな、わかってくれるよ」
ドラゴン「……そうだな。きっと大丈夫さ」
265: 以下、
【第9話】
ギィッ……
ドラゴン「随分と早いんだな。もう行くのか?」
娘「うん。朝の人通りの多い時間帯にも配りたいし」
カチャカチャ
娘「今日は早いんだね」
ドラゴン「見送りくらいはしてやろうと思ってな。子ドラゴンは寝てるが」
娘「……その、さ……もしよければなんだけど」
ドラゴン「俺は行かないぞ」
娘「なんで?私、いろんな魔法を覚えたから、ドラゴンを透明にしてあげることもできるんだよ?」
ドラゴン「そもそも俺の魔力はそこらの魔物の比ではない。魔力を検知できる魔法使いがいたら一発なんだ。俺を見つけるための手段は目だけじゃないってことだな」
娘「あの町に……魔法まで嫌うようなあの町に魔法使いがいるわけなんて、ないじゃない」
ドラゴン「しかし、旅の人間には魔法使いがいる可能性もある。……そもそもあんな騒ぎがあったんだ。魔法面で用心棒を立てていても不思議じゃない。目には目を、歯には歯を……魔法には魔法ってことだな」
娘「そっか。じゃあ、仕方ないなぁ」
ドラゴン「すまん」
娘「……なんてね。正直、ダメだろうなぁとは思ってたから、大丈夫」
ドラゴン「……頑張れよ」
娘「言われなくても」ニコッ
266: 以下、
[町、大通り]
ワイワイガヤガヤ
娘「アップルパイいかがですかー!」
…………
『おい、ドラゴンのとこの娘がなんか配ってんぞ。今度は病気でも流行らせるつもりか?』
『アップルパイだって?やだわぁ、何が入ってるかわからないじゃない。魔法薬が混ぜられているのよ、絶対』
…………
娘「……っ。あっ、アップルパイいかがですかー!甘い甘いアップルパイはいかがですかー!」
…………
『呪われた娘のアップルパイなど食べられるか!こっちまで呪われるってもんだ!』
『何を考えているのか全くわからん。恐ろしい魔女め』
…………
娘「……っ」
娘(ここまで勘違いされてるだなんて知らなかった……これじゃ……)
娘(ううん。ここまで酷いからこそ、だよね)
娘「アップルパイっ……アップルパイはいかがですかー!」
……………………
…………
……
267: 以下、
…………
娘「……」
ドッサリ
娘(ひとつも……貰ってくれないなんて……これじゃ……帰れないよ……)
…………
『もう昼なのにまだ配ってやがるぜ』
『よくやるわよねぇ……あんなの、受けとる人間なんているわけないのに』
『そもそも洞窟でドラゴンに捕らえられているお嬢様がアップルパイなんぞ焼けるわけがない。どう見てもドラゴンの罠だな』
『……うぇへへ、でもあのお嬢様けっこう可愛くね?俺あの子が作ったパイなら……うぇへへ』
『おいバカ、食ったら最悪死ぬかもしれねぇんだぞ?』
…………
娘(こんな……こんな!)
娘「みんな……みんなみんな、こんなに酷いことをどうして平然と私の前で言えるの……?」ボソッ
268: 以下、
男「虫けらやねずみみたいなもんなんじゃないかな?」
娘「……っ!聞いてたんですか……!」
男「あぁ、ごめんごめん。ちょっと町長の命令で見に来てみただけなんだけど、たまたま耳に入ってね」
娘「む、虫けらやねずみって……」
男「いやはや、悪気はないんだよ。ボクも……きっと彼等もね」
娘「悪気がないのにそんな………あんなことを……?」
男「うん。だから、"虫けらやねずみ"なんだ。彼等にとってはお嬢さんは虫けらやねずみみたいなものなんだよ」
男「みんな虫けらやねずみは嫌いだったり、苦手だったりするけれど、それらを苦手だとか、嫌いだとか言うときにそいつらが聞いてるかどうかなんて気にしないだろ?」
娘「そんな……私は虫けらなんかじゃ……!」
男「まぁ、確かにそうだね。ひどい話だよ。そう思う。でもそんなことを言ったら、虫けら……ねずみだって可哀想だろう?」
娘「……」
269: 以下、
男「そういえば、アップルパイを配ってるんだってね」
娘「……はい。あっ。おひとつ、いかがですか?」
男「あー……悪いけど、遠慮させてもらうよ」
娘「そんな……」
男「上の命令でね……ここで受け取ってしまうと、色々と城には不都合なんだ、ごめんね」ボソッ
ワイワイ……ガヤガヤ……
…………
『おい、なんか若い城の人間が例の呪われた娘と話してるぞ』
『あらかた、城の命令で変なもん配ってねぇか偵察させられてんだろ』
『城の人も可哀想ねぇ……あんな汚らわしい娘と話さなきゃいけないなんて。考えただけでゾッとするわ』
…………
男「……ね?」
娘「たし……かに、そうですね」シュン
270: 以下、
男「でもまぁ、城の方には無害だって報告しておくよ。そのアップルパイもただのアップルパイのようだし」
娘「えっ……わかるんですか?食べたり、触ったりしなくても」
男「まぁ、これでもボク、魔法はある程度詳しいつもりだしね。何か魔法がかかってたらそれくらいはわかるつもりだよ。……というか、そのアップルパイからは何の魔力も感じられないからね」
男「毒については……信じておいてあげる、ってことじゃだめかな?」
娘「……!い、いえ。それだけでも、ありがたいです」
娘(ドラゴンさんの言ってた魔法使いが……こんなに身近に……連れてこなくてよかったぁ)
男「……って、あ。これ話しちゃダメなんだった。城や町の人には秘密でね」
娘「はい。わかりました」
男「じゃあ、まぁ頑張ってね。ボクみたいに余所者の人間がいないわけでもないから、誰か一人くらいは貰ってくれるかもしれない」
娘「頑張ってみます」
男「それと……気をつけてね」
娘「?……何にですか?」
男「……いや、なんでもないよ。それじゃ、ボクは城に戻ることにしよう」
娘「は、はいっ」
271: 以下、
…………
娘「ただいまですぅ」
ドラゴン「おう、おかえり……どうだっ……」
娘「……」ドッサリ
ドラゴン「あー……今夜はアップルパイパーティだな」
子ドラゴン「キュー!キュー!」ブワー
娘「子ドラゴンのテンションがまぶしいです」
ドラゴン「……まぁここまで喜んでくれるやつが一人……いや一匹いるだけ、いいじゃないか」
娘「町の人は貰ってくれなかったですからね。……一人も」
ドラゴン「一人もかよ……」
娘「……でも、諦めません。まだまだこれから……なん……で……す……」ウトウト
ドラゴン「疲れてんだろ。早く寝ろ」
娘「……そうですね。おやすみなさい」ガチャガチャ
バタンッ
子ドラゴン「キュー」
ドラゴン「アップルパイ、ふたりじ……にひきじめだな」
子ドラゴン「キュー……?」
ドラゴン「初日から飛ばしすぎなんだよ、ばーか」
272: 以下、
…………
ドラゴン「なぁ、ひとついいか?」
娘「なんですか?」
ドラゴン「アップルパイ、飽きたわ」
娘「奇遇ですね」
子ドラゴン「キュー!キュー!」バクバク
ドラゴン「もう六日間アップルパイだぞ……子ドラゴンはよくやるぜ……」
子ドラゴン「キュー?キューキュー!」
ドラゴン「いや、気にしなくていい。お前がいいならそれでいいんだ。美味しく食べてくれ」
娘「でも、ここまで貰ってくれないとは思いませんでした」
ドラゴン「確かに、六日間ゼロとは流石の俺も信じられん」
娘「ついには男さんにもアップルパイ配りを明日でやめるよう言われてしまいましたし」
ドラゴン「流石にそろそろドラゴンの生け贄が毎日アップルパイを配りに来てちゃ体裁とか色々と悪いんだろうな」
娘「ついに今日は風で帽子が飛んで男さんに笑われましたし」
ドラゴン「前髪は気にするな」
娘「プフッはないですよ、プフッは」
273: 以下、
娘「でも、だったら明日は最高の出来のアップルパイを作ってみせます」
ドラゴン「そこは食べないとわからなくないか……?」
娘「心意気の問題です……よ……」バタッ
ドラゴン「……ついに倒れたか」
子ドラゴン「キュ,キュー!」
ドラゴン「とりあえず小屋のベッドに寝かせておいてやってくれないか?……というのは子ドラゴンには流石に荷が重いか」ボフンッ
子ドラゴン「!?!?」
ドラゴン「そんなに驚かなくてもいいだろ、変化魔法は珍しい魔法でもないぞ……よいしょっと」
子ドラゴン「キュ,キュー……?」
ドラゴン「子ドラゴンが使えるようになるには……か……何年かかるかわかんねぇな」ハハハ
274: 以下、
…………
娘「うぅ……」
娘「ここは……ベッドですか……あれ?私、ベッドで寝ましたっけ……っと」
パタッ
娘「濡れた……タオル……?一体誰が……」ササッ
ギィッ……
ドラゴン「ん、おう、起きたか」
娘「……!?!?」
ドラゴン「ん?どうした?」
娘「ど、どちら様ですか」
ドラゴン「……ん、あぁ。人間に化けたままだったな、ドラゴンだ」
娘「ドラゴン……さん……」
ドラゴン「そこにあった紙の通りに材料を揃えておいたがこれでいいんだよな?」
娘「だい、じょうぶ……です」ユラッ
ドラゴン「……っと」ドサッ
娘「……ありがとうございます」
ドラゴン「いいや、気にすんな。ところでこれ、まずはどうしたらいいんだ?」
娘「えっ……と……まずはですね……」
275: 以下、
グツグツ……
ドラゴン「もう食べ飽きちゃいるが、匂いはやっぱり旨そうなもんだな」
娘「ドラゴンさんは、私を止めないんですか?」
ドラゴン「は?」
娘「……私が、ふらふらですから。お屋敷にいたときなんかは、こうなるとメイド達が邪魔だなぁってくらい、無理をするな無理をするなって言ってくるんです」
ドラゴン「俺も言ってやりたいがな。娘は無理をするなって言ってほしいか?」
娘「それは……いえ」
ドラゴン「だろ?というか、そもそも無茶なら最初からしてるじゃねぇか」
娘「……そうですか?」
ドラゴン「娘はな、余裕がなくなったりすると敬語が出てんだよ」
娘「……え?」
ドラゴン「娘は最初から無茶して、無茶し続けて、ここまで来てるんだ」
ドラゴン「俺が娘だったら、誰に止められようが誰に邪魔されようが最後まで無茶してやる。……だから、無茶を止めようとは思わん。無茶であっても無理だとは思っちゃいないからな」
娘「無茶であっても無理だとは思っちゃいない……ですか」
ドラゴン「だから俺は俺なりにできることを手伝ってやるだけさ。こうやってな」
グツグツ……
娘「ドラゴンさんは本当に……面倒見が良いですね」
ドラゴン「おっ、それ久しぶりに聞いた気がするな」
娘「ちなみにその姿、無駄に美化しすぎじゃないですか?」
ドラゴン「別にいいだろ、魔法なんだから」
276: 以下、
…………
娘「さて……と」
ドラゴン「最後だな」
娘「……うん。っていうかやっぱりドラゴンはそっちの姿の方が見慣れてていいね」
ドラゴン「そうか?……すまんな、俺や子ドラゴンのためにそこまで無茶させてしまって」
娘「ううん。ドラゴンや子ドラゴンのためじゃない……いや、ためかもしれないけど、一番は私がこうしたいからやってるの。だからきっと、これは私のためなんだよ」
ドラゴン「……だな」
娘「むぅ、そこは否定するとこだよ?」
ドラゴン「そうか?」ハッハッハ
娘「そうだよー」ハハハ
…………
ドラゴン「よっし、いってこい」
娘「いってきます」
277: 以下、
[町、大通り]
娘「あ……アップルパイです!いかがですか!美味しくできてます!自信作です!いかがですか!」
…………
『あら見て、あの子ったら今日もまた……』
『もう、止せばいいのに。誰もあんなもん貰うわけないに決まってる』
『あんなになるまで……ドラゴンに洗脳されてしまってかわいそうな子』
…………
娘「あっ……ぷるっ……ぱいっ!美味しくできて……ますからっ!おひとつ……いかがですか!」
娘(このままじゃ、私は透明人間だ)
…………
『いっつもいつも邪魔なんだよ、どいてくれ』
『ほんと、ここ数日ずっとうるさいわねぇ』
『ほら見てこれ、今朝の新聞。あの子よ』
『"ドラゴンに呪われた娘"、"狂った林檎菓子売り"……良い気味ね』
…………
娘「へ、変な魔法をかけたりなんてしてません!本当です!」
娘(みんな、みんな。私を見ながら、私を蔑みながら、いないものとして扱う。……そんなの、まるで透明人間じゃ……いえ。透明人間以下じゃない)
…………
『口ではどうとでも言えるわ。もしもあのパイに魔法や毒が入っていてごらんなさい。町は一夜にして滅ぶわよ』
『パイなんぞいらんから、さっさと消えてくれ』
『噂によるとあの少女、魔法を使えるらしいぜ』
『げっ、そこまで魔物に染められてるのかよ……やっぱりドラゴンってのは恐ろしいもんだぜ』
…………
……
娘(そんな、そんなことないのに……全部全部、勘違いなのに……そう、呪われてるのなんて……そっちじゃない。勘違いってまるで、そう……呪いみたいで……)
278: 以下、
…………
娘「あっぷる……アップルパイを……」
ドンッ
バサッバサバサッ
娘「キャッ」
『……チッ』スタスタ
娘(あっ……そっか……怒ることすら、してくれないんだ)
グチャッ
グチャッグチャッ……
娘「あっ……アップルパイ、拾わなきゃ……ふ、踏まないでくださっ……あのっ……」
グチャッ……
グチャッグチャッ……
娘(パイが……次々に……こんな………こんなのって……)
娘「う……うぅ……」ポロポロ
ヒョイッ
娘「あの、それ……」
パクッ
279: 以下、
青年「んー、まぁ旨いじゃん」
少女「……どれどれー」パクッ
少女「わ、ほんと!おいしい!そういえば娘ちゃんのアップルパイって初めて食べるね!」ニコニコ
青年「まぁ、うちのアップルパイには負けるけどな」
少女「世界一のアップルパイだって豪語してるもんね」
青年「おうともさ」
娘「な、なな、なん……でぇ、ふっ、ふたりともぉ……ここ、隣町じゃ……な……いのに……」ポロポロ……
少女「ふ……へ!?泣いてるの!?どうしたの!?大丈夫!?」
娘「だいっじょーぶ……だいっ……じょーぶだから……」ポロポロ
青年「……とりあえず、どっか入れるとこでも探そうぜ。どっかあるか?」
娘「入れるところ……なんて……あっ」ポロポロ
280: 以下、
【第10話】
青年「落ち着いたか?」
娘「……うん」
メイド「紅茶でございます」
青年「あ、ありがとうございます」
メイド「ごゆっくり」ニコッ
少女「め、メイドさん?本物?」
メイド「はい、私、この家に仕えさせていただいております。しかししかし、お嬢様がお友達をお連れしたことは初めてで……。もうそれだけでこのメイド、涙が溢れそうでございます……」ウルウル
少女「ほ、ほへぇ……ここ、娘ちゃんのおうちなの?」
娘「うん……というか、ここが私の部屋なんだ」
少女「お嬢様なんだね……」
282: 以下、
娘「二人はどうしてここに?」
青年「これだよ、これ。旅の人間がうちの町にまで持ってきてさ」ピラピラ
娘「これ……うちの町の新聞……」
少女「読んだ?娘ちゃんのこと好き放題書いてるんだよ!ひどいよねー」
娘「でも、なんで私だと……」
青年「このタイミングで"アップルパイ"って悪い予感しかしないだろ?」
娘「……そうですね」
少女「ところでこれ、ドラゴンとか色々書かれてるけど……」
娘「黙ってようと……思ってたわけじゃないんですけど……言えなくて……」
青年「ドラゴン、ドラゴンか。詳しい話を聞かせてもらってもいいか?」
娘「えっと……」
283: 以下、
……カクカクシカジカ
青年「なるほどな、やっぱりか」
少女「どうしたの?」
青年「いやさ、知り合いに似たようなことを言ってた人がいてさ」
少女「へー……ってそれ、娘ちゃんの前の生け贄って人じゃないの?」
青年「……だろうな」
娘「えっと……その生け贄さんが、どうかしたんですか?」
青年「うちの町は薬の開発が盛んでな」
少女「青年としては薬よりパンを売りにしたいんだけどね!」
青年「うるせぇ。……まぁ、なんだ。うちの町の王宮にも薬学の研究施設があってな。そこに働いてる人間がそうなんだよ」
少女「……青年、そんなすごそうな人と知り合いだったの?」
青年「たまにパン買いに来てるお姉さんがいるだろ?あの人だよ」
少女「全然知らなかった……」
青年「お前はうちの店でアップルパイしか見てないってことだな」
少女「うぅ……言い返せない……」
青年「そこは言い返せよ」
284: 以下、
青年「まぁ、そういうわけで、その人に助けを求めてみるってのはアリなんじゃないか?」
娘「でも、何ができるんでしょう……?」
青年「いや……わかんねぇけど……でも、この町で頼れるのは……」
メイド「……」チラッチラッ……ウルウル……キラキラ
少女「あの、扉越しにチラチラ見てくるメイドさんくらいなんだよね……」
青年「混ざればいいのにな」
娘「混ざりたい訳じゃ……ないんだと思います……」テレ-
青年「どんだけ友達いなかったんだよ……?」
娘「ほとんど屋敷から出なかったから……」
青年(うわぁ……本物だ……)
少女(こんなお嬢様っているんだなぁ……)
娘(なんかこの雰囲気、前にも味わった気がする……)
285: 以下、
[洞窟]
娘「……ってことがあってね」
ドラゴン「ははぁん、生け贄になった者にもそんなやつが……」
娘「心当たりはないの?」
ドラゴン「隣町に住んでいる、ということは隣町に連れていった人間なのであろうが……ほとんどを隣町に連れていっているしなぁ。連れていった後なんて気にしてねぇし」
娘「お姉さんって言ってたし若い人なんじゃない?」
ドラゴン「あー……まぁ生け贄ってのも送られてくる数もまちまちだしなぁ。長いと五年、短いと半年くらいの間隔で送ってきやがる。数年前に丁度その半年間隔で四人ほど送られた時期もあったし……」
娘「生け贄ってそんなに適当なものなの……?ドラゴン、うちの町の厄介払いに使われてない……?」
ドラゴン「その可能性がないとは言わん」
子ドラゴン「キュー!」プンプン
娘「あっ……パイは全部ダメになっちゃったんだ……ごめんね……」
子ドラゴン「キュー!キュー!」ブワーブワー
娘「代わりに青年さんのとこのパンをいくつか貰ってきたから……食べよ?」
子ドラゴン「……キュー……キュー!」ブワー
ドラゴン「アップルパイが……いいのか……」
娘「よく飽きないね……」
ドラゴン「いやでもちょっと考えてたぞ」
286: 以下、
[隣町、パン屋]
娘「はじめまして」
女「はじめまして」
青年「こっちが現生け贄の娘ちゃんで、こっちが元生け贄の女さんだ」
少女「紹介が雑すぎない?」
青年「お互いにある程度は紹介してるしよくないか?」
少女「こちらは次期生け贄の青年で、私がこのパン屋のマスコットの少女です」
青年「嘘と悪意しか含まれていないじゃねぇか」
女「あはは……ごめんね、この二人、いつもこうなの」
娘「既に……痛感してます……」
287: 以下、
少女「っていうかさぁ!女さん、王宮で働いてたの!?」
女「あら、言ってなかったかしら?」
少女「聞いてない!」
青年「はいはい、そこの話はまた今度な。今日は娘ちゃんのことなんだから」
女「あぁ、そうね。……あなたもドラゴンへ生け贄に捧げられたのね」
娘「生け贄って言葉に違和感がありますけど……そうです」
女「違和感?……私も娘ちゃんとドラゴンの話、聞きたいな。聞いてもいい?」
娘「……はい」
288: 以下、
カクカクシカジカ
女「なるほど、なるほど……なんというか、波乱万丈なんだね」
青年「そうか?なんかほのぼのと楽しそうな生活してない?」
少女「楽しそうだよね!岩で露天風呂作ってるんでしょ?入ってみたいなぁ」
青年「温泉だったら最高だよな……掘ったら温泉出たりしないのかな……」
女「……この二人の発想のぶっ飛び具合も波乱万丈だね。でも、そう。あのドラゴンはやはり無害そうなのね」
青年「そうそう、それ、ひっかかるんだよな。ドラゴンつったら絵本の中じゃ大体勇者に倒されたりしてるだろ。友好的なドラゴンの話とか……あったか?」
少女「ひとつは読んだことあるよ、男の子がドラゴンと冒険するやつ」
青年「ないでもないのか……」
女「私達は無意識のうちに絵本に毒されすぎているのかもね」
青年「俺達はともかく、あの町のやつらは毒されてるってレベルじゃないぞ」
娘「確かになんというか、恐怖というか……触れてはいけない、みたいな感じでした」
289: 以下、
女「それについてはあの町に伝わる伝説が問題なのよ」
娘「伝説?」
女「よくある話なんだけど、数百年前にあったとされる魔界大戦でドラゴンがあの町の付近で人を虐殺したとか、そういうもの」
娘「虐……殺……」
女「まぁ、言い伝えは言い伝えの域を出ないから、それが本当かどうかなんてわからないし、そもそも何百年もの
時を経て語り継がれているんだもの。いろんなところがねじまがって今日まで語り継がれていてもおかしくはないわ」
女「そもそも、そんな伝説がなくたって人々が魔物を恐れるのは珍しいことではないしね」
青年「そもそも、なんであんな極端にドラゴンに恐怖を持っているとこの近くにドラゴンは住んでるんだ?」
女「……そうね。伝説なんて原因のひとつでしかないのかも。もしかすると、逆なんじゃないかしら?」
少女「ぎゃくー?」
女「嫌われているドラゴンがそこにいるのではなく、そこにいるから、ドラゴンは嫌われている……というのはどう?」
青年「どう……って」
女「百年近く、魔物の中でも最強に近いものが町の近くに居座っていてごらんなさいよ」
女「いつ、何をするかわからないのよ?恐怖は日を負うごとに大きくなって……それはいつしか、大きな拒否に発展してもおかしくはないわ」
少女「ドラゴンも人のいないとこに住めばよかったのにねー」
女「こうなるなんて思ってなかったのよ……きっと」
290: 以下、
女「でも、そうね。ドラゴンに関しては上に一応かけあってみるわ」
娘「上?」
女「もちろん、うちの王様よ。目には目を、歯には歯を、魔法には魔法を……町には町ってことね」
青年「なんだ?ドラゴンに関して受け入れてやってくれって町に言うのか?」
女「まぁ……そうかしら」
青年「トラブルが大きくなりすぎやしないか?」
女「上の人もそれを危険視して取り合ってくれない可能性もあるけれど……どっちにしろ、強制なんてできやしないでしょうし、できるとしても忠告止まりでしょうね」
女「脅すだけなら薬の供給を止めるぞくらいなら言えるでしょうけど実行に移すとなると流石に無理があるし……でも、薬があるからこそそっちの町も強い手段は取れないはず」
女「何もしないよりはマシでしょうし、忠告を受けてどうするかはそっちの町次第でしょう?どうする?やってみる?」
青年「やってみる?……って、なぁ?」
少女「……ねぇ?」
娘「お願いします!」
291: 以下、
娘「でも、女さんってどうしてそこまで私達に良くしてくれるんですか?」
女「え?うーん。ドラゴンにはちょっとだけお世話になったってだけだよ」
娘「なんだか悪いです」
青年「お返しにうちのアップルパイをプレゼントってのはどう?」
少女「さりげなく営業しないの」ドゴッ
青年「……殴られるほどのことかな」ゲフッ
女「ふふっ……でもまだお役に立てるかもわからないんだけど。でもお返しかぁ、そうね。じゃあ今度ドラゴンに会わせてもらってもいいかしら?」
娘「よ、よろこんで!」
青年「おっ、それいいな。俺も行きたい」
少女「えっ?じゃあ私も行くー!」
娘「ほ、ほんとですか?こわくないんですか?」
青年「こわくないんだろ?」
娘「は、はい」
少女「じゃあこわくないんじゃん!」
女「じゃあ今度、みんなで行きましょうか」
少女「わー、なんだかピクニックみたい。お昼ご飯は青年とこのパンだね!」
青年「金は貰うぞ」
少女「えっ……けち!」
青年「冗談だ」
女「……あっ、それとね」
292: 以下、
…………
[洞窟前]
カクカクシカジカ
娘「……それと、今度ドラゴンに薬をいくつか試させてほしいんだって」
ドラゴン「えっ、それ許可したのか?」
娘「もちろん」
ドラゴン「俺、得体の知れない薬を試されるのか?」
娘「女さんも悪い人じゃないし、毒じゃなくて薬だし、大丈夫だよ」
ドラゴン「薬と毒は紙一重なんだぞ」
娘「私達の名誉のためだよ。頑張って」
ドラゴン「なんかもうむしろ俺が生け贄になってないか?」
305: 以下、
【第11話】
ボゥゥゥウウウウ……
ドラゴン「……」
娘「……」
子ドラゴン「キュー……」
娘「冬は夏と違って単純な火の魔法で暖かくなれるからいいね」
ドラゴン「ここまでの焚き火……火事にならないのか……?」
娘「あんまり大きな火を維持し続けられるほど魔翌力はないし、火事になってもすぐ消せるしね」
ドラゴン「確かに娘は魔法の制御や習得はすごいが魔翌力はそこまで多いわけではないな」
娘「魔翌力の量なんてわかるの?」
ドラゴン「俺でも魔翌力検知くらいはできるぞ」
娘「へぇ……もっと魔翌力があったらいろんな魔法を一度に使ったり、おっきな魔法も使えるんだけどなぁ」
ドラゴン「基本的には魔法のセンスと魔翌力量は比例するんだがな」
ドラゴン「……しかし、娘にすごい魔翌力があれば俺は魔法を教えていなかっただろう。危険極まりないからな」
娘「わーい魔翌力なくてよかったですー」ボウヨミー
306: 以下、
ごめん……sageのままだった……投稿しなおすの許してください…【
307: 以下、
【第11話】
ボゥゥゥウウウウ……
ドラゴン「……」
娘「……」
子ドラゴン「キュー……」
娘「冬は夏と違って単純な火の魔法で暖かくなれるからいいね」
ドラゴン「ここまでの焚き火……火事にならないのか……?」
娘「あんまり大きな火を維持し続けられるほどの魔力はないし、火事になっても魔法ですぐ消せるしね」
ドラゴン「確かに娘は魔法の制御や習得はすごいが魔力はそこまで多いわけではないな」
娘「魔力の量なんてわかるの?」
ドラゴン「俺でも魔力検知くらいはできるぞ」
娘「へぇ……もっと魔力があったらいろんな魔法を一度に使ったり、おっきな魔法も使えるんだけどなぁ」
ドラゴン「基本的には魔法のセンスと魔力量は比例するんだがな」
ドラゴン「……しかし、娘にすごい魔力があれば俺は魔法を教えていなかっただろう。危険極まりないからな」
娘「わーい魔力なくてよかったですー」ボウヨミー
308: 以下、
ドラゴン「なぁ、明日俺さぁ……」
娘「だめだよ」
ドラゴン「あー……お腹がいたくてさ……」
娘「明日はお薬屋の女さんが来るからやったね」
ドラゴン「そいつが……嫌なんだよ……」
娘「悪い人じゃないってばぁ。……というか元生け贄らしいからドラゴンも会ったことある人はなんでしょ?」
ドラゴン「少なくとも俺が今まで会った人間の中に俺に薬を使おうとしたやつは……」
ドラゴン「……いたかもしれん。もう数百年前の話だが」
娘「じゃーいいじゃーん!」
ドラゴン「俺ほどの魔物のための注射を知ってるのか!?そこらの剣と変わらない太さがあるんだぞ!?それが刺さるんだぞ!?」
娘「飲み薬とかだよ……たぶん」
ドラゴン「もう俺の中の嫌な予感が総動員してるんだよ!ぜってぇ注射打たれるよ俺!」
娘「子供みたいなこと言わないで!」
ドラゴン「子供に言われたくないな!」
子ドラゴン「キュー……?」ガクブル
娘「子ドラゴンにはお薬はないよ」
子ドラゴン「キュー……」ホッ
ドラゴン「なぁこれ理不尽じゃないか?」
309: 会ったことある人はじゃない……誤字脱字、相も変わらずすみません。 2016/06/23(木) 01:03:45.79 ID:J/okAwr5O
娘「まぁほら、青年さんがアップルパイとかパンを持ってきてくれるらしいし」
ドラゴン「仮にもドラゴンは魔物の中でも高等な種族だぞ。アップルパイなどで簡単に懐柔できると思うな……」
子ドラゴン「キュー!キュー!」キラキラパタパタ
ドラゴン「子ドラゴン以外はな!」
娘「はいはい……というか子ドラゴンちょっと飛べるようになったんだね」
子ドラゴン「キュー!」
娘「それにやっぱりちょっとずつだけど、おおきくなってる」
子ドラゴン「キュー?」
ドラゴン「ドラゴンというものは寿命は長いが、成長スピードは段々と衰えていくものなんだ。子ドラゴンのような幼少期は成長スピードが一番早い時期かもしれないな」
娘「ドラゴンにもこんな時期があったの?」
ドラゴン「もう千年近く前だろうか」
娘「……うぇ。想像できないね」
310: 以下、
娘「よーし、じゃあ寝よっか」
子ドラゴン「キュー……」
ドラゴン「このまま寝ずに語り明かさないか?」
娘「やだよ、眠たいし、明日は元気な状態で遊びたいし」
ドラゴン「寝たら……明日が来るじゃないか……」
娘「何を言ってるの?」
子ドラゴン「キュー?」
ドラゴン「ぐ、ぐぉぉ……!」ダバァァンッ!
娘「ひ、火消しはありがたいけど勢いがすごいよ……」
ドラゴン「腹いせだ」
娘「水に流してよ……へっくち」
ドラゴン「娘も濡らしてしまったか、すまん」
娘「うぅ……服は脱いで風の魔法で乾かしておきながら寝るから大丈夫だよ……」
ドラゴン「魔法を使いながら寝れるのか?」
娘「寝るときは寒いから温風魔法で暖まりながら寝てるよ」
ドラゴン「暖炉を使え」
311: 以下、
…………
[翌日]
少女「おっきいねー!」
ドラゴン「まぁな」
少女「かたいねー!」カチンカチン
ドラゴン「まぁな」
少女「登っていい?」
ドラゴン「いいが、気をつけてな」
ウンショ,ヨイショ……
少女「わー!なんか竜使いの気分!かっこいい私!」
青年「エンジョイしてるな」
女「ふふっ……青年くんも混ざってきたらいかが?」
青年「流石にあれは……」
娘「怖くないのかな」
青年「あいつは自分の感じたものに素直なやつだからな。あいつが感じる限りでは悪いやつではなさそうだったんじゃないか?」
女「あっ、私もわかるかも。直感だけを信じるならドラゴンは悪い魔物じゃないなってなんとなく思うもの」
娘「なるほど……」
青年「でも女さんってドラゴンの元を離れてこっちの町に来たんだろ?」
女「えぇ。直感だけを信じるって、難しいことなのよ」
少女「ドラゴンさんドラゴンさん!なんかすごいことできたりするの!?」
ドラゴン「火を吹けるぞ」ボォー
少女「!!すごい!!!!わたしもできるかな!?」
ドラゴン「練習すればできるんじゃないか?娘はもう火を吹けるだろうしな」
少女「え!?ほんと!?」
娘「吹けません」
子ドラゴン「キュー!」ボワー
少女「わ!そっちのちっちゃい子もすごい!」
312: 以下、
青年「よう」
ドラゴン「……いつも娘から話を聞いている。アップルパイを作ってくれているのも、アップルパイの作り方を教えてやったのもおまえなんだろう?」
青年「……まぁ」
ドラゴン「恩に着る。これからも仲良くしてやってくれ」サッ
青年「……?」
ドラゴン「握手というやつだ。仲良くなるための文化なのだろう?」
青年「……青年っていうんだ」ギュッ
ドラゴン「青年、青年。よし、覚えたぞ」ギュッ
少女「せ、青年ったら……めちゃくちゃ緊張して……口数が……おもしろ……」プークスクス
青年「う、うるせぇ!」
娘「私はあそこまでじゃないけど……普通はああなると思うよ」
女「私もあんな感じだったなぁ」
青年「ほら!少女がおかしいんだよ!」
ドラゴン「確かに、初対面から少女ほど気さくに話してきてきた人間は少ないな」
青年「ほら!!な!?」
少女「私がそれだけ大物ってことだね」フフン
313: 以下、
女「……おひさしぶりです」ペコリ
ドラゴン「おぉ、ひさしぶりだな。怪我は大丈夫か?」
女「えぇ。もう、三年も経ってますから」
ドラゴン「……そうか。もうそんなになるのか」
娘「怪我?」
女「私、ここに来る途中に獣に襲われてね。そこをドラゴンに助けてもらったの」
ドラゴン「ただ軽く治癒魔法をかけただけだろう。治癒魔法は得意じゃないから止血程度にはなってしまったが」
女「でも私、あのとき逃げ惑っちゃったし……」
ドラゴン「獣に襲われた後に魔物に出くわしたんだ、仕方ないだろ。……最後には睡眠魔法をかけてしまったが」
青年「なんというか、ドラゴンって……」
少女「すごく親切なんだね……」
女「そこまでされても怖くて仕方なかった当時の私が恥ずかしいわ……」
ドラゴン「その恥ずかしさに免じて俺に薬を試すのはやめにしないか?」
女「しません」ニコッ
314: 以下、
女「まずこれを飲んでくれる?」
ドラゴン「この水……?をか?」
女「えぇ、そうよ」
ドラゴン「……」ゴクッゴクッ
ドラゴン「……あぐっ!?」ビリッ……ビリビリッ
女「ちゃんと効くのね。よかったわ。それはね、対魔物用の毒のひとつよ。魔力を封じるだけでなく、その魔力を使って相手の動きを封じるものなの」
ドラゴン「ぐっ……何を……っ」ビリビリッ
女「あぁ、大丈夫大丈夫。解毒剤を試したいだけだから……先に毒にかかってもらわないと解毒できないし……」
ドラゴン「ちょっ……これっ……解けなかったら……」ビリビリッ
女「大丈夫、ちゃんと調整してあるわ。解毒できなくても持続時間は精々三時間よ……っと」ガシャンッ
ドラゴン「おい……っそれ……っ」ビリビリッ
女「対大魔物用の注射よ。……最初は飲み薬から始めるつもりなんだけど、まず飲めるかしら?」
ドラゴン「飲む……っ意地でも……飲む!」ビリビリッ
オォーゥ!アァーゥ!アァーーッ!!!!
少女「なんというか……御愁傷様だね」パクパク
娘「あそこまで余裕がないドラゴン初めて見たよ」パクパク
子ドラゴン「キュー……」パクパク
青年「ところでそこのハムパン、新作なんだが……」
ドラゴン「ちょっ……俺も食べ……っ」
女「吐いちゃうかも知れないから終わってから、ね?」ブスッ
ウァーーーーッ!!!!
…………
……
315: 以下、
ドラゴン「勇者と戦うときより……恐ろしい……」パク……パク……
娘「勇者と戦ったことがあるの?」
ドラゴン「……はるか昔の話だ」
青年「ここいらはドラゴン以外に魔物がいないからいいものの、魔物と対立している地域は未だに数多くあるからなぁ」
少女「でも魔物と共存している町もあるって聞いたよ?」
青年「まぁ、いろいろあるんだろ」
娘「曲がりなりにも、ここはドラゴンと私が共存してるわけだし……」
少女「ドラゴンと……私たち、だよ!」
娘「そっか……そうだね」フフッ
316: 以下、
女「ところでそこの洞窟、魔法石があるんですってね」
ドラゴン「まぁ、そうだな……どうしてそれを?」
女「北の方の魔法学校が魔装具っていう、魔法をより多くの人が簡易的に扱えるようにする道具を研究していてね」
女「その素材に必要な魔法石を採掘するために様々な地域の魔力量を計ってるらしいのよ」
青年「それで、ここいらの魔力が多かったってことか?」
女「ええ、検知された中にはドラゴンの魔力も多少なりとも紛れ込んではいるでしょうけど……それを補っても余りあるほどの魔力量、と聞いたわ」
ドラゴン「ほほう、そんなにあるのか。それは知らなかった」
少女「魔法石ってなんなのー?」
女「魔力が込められていたり、特有の魔法が込められていたりするものよ」
青年「たまに旅の商人が売ってるやつだな。石ひとつあるだけで魔法が使えない人間にも簡単に魔法が使えたりするんだよ。明かりを灯したりな」
少女「へぇー。便利なんだねぇー。口から火が出せるようになる魔法石もあるのかな?私も欲しいなぁ」
娘「あれに憧れるんだ……」
女「さて、それだけの量の魔法石の発生はあなたの影響なのかしら?」
ドラゴン「……さぁな」パクパク
317: 以下、
女「……まぁいいわ。とりあえず、気をつけなさいね」
ドラゴン「おう、いつも気をつけているよ」
娘「気をつけるって……何に?」
女「魔法石がたんまりあるってわかったら、それを狙ってやってくる人間がいるかもしれないでしょう?」
娘「泥棒かぁ……」
女「採掘源はここだけじゃなくて、他にも魔法石が豊富な地域はあるわ。だから、他の場所を利用すると思うけれど。どこの人間もドラゴンは敵にしたくないでしょうし」
少女「とりあえずさぁ……」
青年「どうした?」
少女「話が難しいよ!魔法石が便利なものだってことくらいしかわかんない!」
子ドラゴン「キュー……キュー……」スピー
女「……辛気くさい話はこのくらいにしましょうか」
ドラゴン「俺は薬を打たれるくらいなら全然ウェルカムだぞ」
女「もう薬はないわよ」
ドラゴン「よっしゃああああ!」
娘「子供じゃないんだから……」
318: 以下、
少女「そういえば娘ちゃんってあそこに住んでるの?」
娘「え?うん」
青年「なんというか……でかいな……」
娘「最初はあんなじゃなくて、もっとちんまりとした小屋だったんだけどね」
女「中に入ってみてもいいかしら?」
娘「ど、どうぞ」
…………
ギィッ
少女「わ!本がいっぱい!」
娘「あっ……いろいろと出したままだったね」シュンッ
スッ…スッ…スッ…パララララララ……パタンッ…パタンッ…パタンッ……
ヒュー……カコッ……
カコッカコッカコッカコッカコッ……
ギィッ……パタンッ
少女「すごいすごい!本がひとりでに本棚に収まっていく!」
青年「栞もいちいち挟んでるぞ……」
女「これだけの本を同時に……?王宮にも魔法使いはいるけれど……こんな光景は初めて見るわ」
娘「え、えへへ」
319: 以下、
……カチャンッカチャンッカチャンッカチャンッ
カチャンッ……チョロロロロ……ボーッ
青年「ひとりでにティーセットが並んでる……」
少女「ティーポットもひとりでに紅茶を淹れてるよ……」
女「ふふっ……まるで見えないお人形さんが召し使いをしているみたいね」
娘「見えない……お人形……」
女「あら、何か気に障ったかしら?」
娘「いえ、なんだかかわいいなって」
少女「いっそのこと町でぬいぐるみとか買ってきて召し使いにしてみたらいいんじゃないかな!」
娘「……かわいいかも」
…………
ドラゴン「俺も中に入るべきだっただろうか」コッソリキキミミー
子ドラゴン「キュー……キュー……」スピー
ドラゴン「……まぁ、いいか」
320: 以下、
ワイワイ……ガヤガヤ……
…………
……

青年「そろそろ帰らないと、だな」
少女「えーっもうちょっと遊んでたいのにぃ」
子ドラゴン「キューッ!」ボワー
少女「いっえーい!」ハイタッチパシンッ
青年「すげぇ意気投合してんな……」
少女「アップルパイ同盟だよ!」
子ドラゴン「キュー!」
青年「あぁ、そういえばすごく気に入ってくれてるんだってな。ありがとな」ナデナデ
子ドラゴン「キ,キュー」テレッ
女「私もアップルパイ好きだし入っちゃおうかしら、アップルパイ同盟」
青年「女さんはミカンパンの方が好きだろ」
女「……そうね」
ドラゴン「俺が送ってやろうか?」
青年「いや、いいよ」
少女「三人が乗るのは流石にきつそーだしね!」
ドラゴン「そうか……じゃあここで見送ろう」
娘「えっと……それじゃあ、さようなら」
少女「のんのんのん!」
娘「へ?」
少女「さよならじゃなくて、またね!だよ!そっちの方が寂しくない!」
娘「……そっか」
娘「……そうだよね」
…………
娘「またね!」
少女「うん!またね!」
女「それじゃあ、また」
青年「またな」
ドラゴン「また会おう」
…………
……

321: 以下、
娘「なんというか、"またね"でもやっぱりちょっと寂しいね」
子ドラゴン「キュー……」
ドラゴン「しかし、"またね"、だ。同じような楽しい時間はまたきっと来るのさ」
娘「……そうだね。うん」
ドラゴン「いや、でも俺は同じような時間はちょっと遠慮願いたいかな」
娘「……そうだろうね、うん」
344: 以下、
【第12話】
子ドラゴン「……キュー」
青年「……いいなぁ」
少女「……いいよねぇ」
ドラゴン「こいつら、もう毎週来てないか?」
少女「ここの焚き火はあったかいし、薪の節約になるんだもーん」
青年「紅茶も出るしな」
娘「この茶葉、メイドさんのところに定期的に貰いに行ってるんだよ」チョロチョロ
青年「へぇ、高そうだなぁ」ズズズ
少女「たぶんすっごく高いよ〜」ズズズ
子ドラゴン「キュー……」ズズズ
ドラゴン「こいつら馴染みすぎじゃないか?」
345: 以下、
少女「ほんとなら女さんも連れてきたいんだけどなー」
青年「あの人、なんだかんだで忙しいからなぁ」
少女「流石王宮勤めだよねぇ」
娘「王宮ってそんなにすごいの?」
青年「王宮で薬学の研究がしたければ王宮の人間に気に入ってもらうか、薬学の知識がかなりないと難しいだろうなぁ」
少女「よその人で王宮の薬剤師になれる人ってひとにぎりだし、ほんとすごい人なんだよ。女さん」
青年「少女は最近まで知らなかっただろ」
少女「えへへー」
娘「そんなにすごいんだ……敵わないなぁ」
ドラゴン「何の勝負をしているかわからないが娘の魔法使いとしての実力ももう随一のものになっていると思うぞ」
娘「そんな……私なんてまだまだだよ……」ドゴォズズズ……
少女「娘ちゃんすごい……!自ら魔法で穴を作って埋まってるよ……!」
青年「必要かそれ?」
346: 以下、
青年「いやぁしかし、あれだな。俺も店がなけりゃ毎日来るのにな」
少女「そうなったら毎日アップルパイがただで食べられるのになぁ」
子ドラゴン「キュー!キュー!」
青年「俺は薪代の代わりに持ってきてるだけで少女はおまけだからな」
少女「いけずぅ」
娘「なんだか律儀にありがとうございます」
青年「いいっていいって」
少女「うんうん、気にしないで」
青年「少女は何もしてないだろ」
少女「こう、癒しオーラを振り撒いてるじゃんっ?」
青年「なんだそれ」
少女「三丁目のおばちゃんなんて最近は私目当てでパン屋に通ってるって言ってたよ!」
青年「なんで客なのに勝手に看板娘になろうとしてるんだよ」
347: 以下、
男「えらくアットホームだね」
少女「わぁっ!?」
男「そんなに驚かないでほしいなぁ。傷つくだろう?」
少女「いきなり出てくる方が悪いでしょ!」
男「ごめんごめん、職業病かな」
娘「あれ、男さん、どうかしたんですか?」
ドラゴン「ん?娘、知り合いなのか?」
娘「うん、町の人だよ。……あれ?他所の人なんだっけ?」
男「今は町の人でいいよ。ドラゴン、だよね。はじめましてになるのかな」
ドラゴン「あぁ、そうだな。はじめまして」
男「……ドラゴンが挨拶するのってなんだかシュールだね」
青年「これまたえらく気さくにドラゴンに話しかける変わった人間だな……」
男「まぁまぁ、いろいろあるのさ」
348: 以下、
娘「えっと……それで……?」
男「あぁ、そうだそうだ。忘れるところだった。町長から手紙を預かっていてね」
娘「手紙?」
少女「そんな大切そうなものを忘れそうになっていいものなの……?」
男「正直手紙のひとつやふたつ、あんまり興味がないからね」
少女「よく城でお仕事できてるね……」
青年「王宮とは大違いなんだな……」
男「まぁそこらは巡り合わせってやつさ。……っと、これだね」
娘「わぁ、屋敷にいてもお手紙を受けとることなんてなかったしこういうのって初めてかも」
青年「ほんとに箱入りなんだな……」
少女「私も気になるー早く開けよーよー」
男「今開けるのかい?……だったらボクも中身を確認してから帰ることにしようかな」
青年「興味あるんじゃないか……というか中身を知らないのか?」
男「まぁそりゃあ手紙は手紙だし。書いたのはボクじゃないからね」
娘「じゃあ開けるね……?」
キュランッ……ピュオオオ……シュッ……
青年「なんか魔法で切るといちいちかっこいいな」
349: 以下、
『娘殿
隣町の王宮からの提言、そなたの懸命な弁明活動などを考慮した結果。
今ここで、ドラゴンへの様々な差別的対応を改めるよう努めることに決定した。
そこで、城にてドラゴンやその友人も交えた歓迎パーティを三日後に開催しようと思う。
わかりやすい和解アピールとしてはうってつけなのだ。
パーティに支障のない範囲であれば、町に来ていたあの小さなドラゴン、その他に友人がいるならそのご友人も魔物人間問わず連れてきて構わない。
というわけで、そちらによこした男にパーティへの参加の可否を伝えていただきたい。
私としても全身全霊で歓迎するつもりである。
そなたらと少しでも歩み寄れること、切に願っている。
町長』
350: 以下、
男「うわぁ……帰らなくてよかったぁ……」
少女「ほんとだね……」
青年「今ここで開けてなかったら怒られてたな」
男「良い仕事をしたね、娘ちゃん!」
娘「町長さんって文面だと口調がちょっと違うんですね」
男「真面目になろうとしてなりきれてないって感じだよね。あのおじいさんキャラもなんかのキャラ作りなんじゃない?」
ドラゴン「失礼極まりねぇ……」
娘「……ということだよ!ドラゴンさん!」
ドラゴン「ドラゴンさんじゃなくて、ドラゴンだ」
娘「あぁ、ごめんごめん」
青年「しかし、なんにも起きないと思っていたが案外頼ってみるもんだな、王宮」
少女「女さんさまさまだね」
男「王宮……って隣町からの手紙、あれキミたちだったのか。町長さん、あれを見て変な表情してたよ」
娘「変な表情?」
男「なんか笑ってるような悩んでるようなよくわかんない表情」
少女「なにそれ、なんだか気持ち悪くない?」
男「ボクの言ってることも大概だけどそこのお嬢さんも中々ひどいよね」
351: 以下、
娘「私は全然、いいよ。というか……予想以上に理想の展開!」
男「ちょっとできすぎな気もするけどなぁ」
青年「城の人間がそれを言うのか……」
男「ボクはボクであってボク以外の何者でもないし、そもそも城に入ってまだ間もないしね」
青年「ほんとよく城に雇ってもらえたな……」
男「ボクは何者にも……何物にも囚われないのさ……」
少女「ねぇ青年、この人めんどくさいよ」
男「ごめんごめん、続けて続けて。ドラゴンとしてはどうなんだい?」
ドラゴン「まぁ、人間の方から歩み寄ろうとしてくれている珍しい機会だ。乗らない手はないんじゃないか?」
娘「じゃあ、決まりだね」
ドラゴン「生け贄にはうんざりしてたしな」
子ドラゴン「キュー!キュー!」
娘「うんうん、一緒に行こうね!……やったね!」
青年「それって俺も行っていいのか?」
男「いいんじゃない?」
少女「私も私もー?」
男「キミはなんとなくボクが言ってた悪口流しそうだからダメ」
少女「職権乱用だー!」
男「覚えたての言葉を使うもんじゃないよ、お嬢さん」
352: 以下、
男「ふむふむ、まぁわかったよ。来るって伝えておこう」
少女「忘れないよーにね!」
男「キミは来ないって忘れないようにしておくよ」
少女「ドラゴン、あの人焼いていいよ」
ドラゴン「えっ」
男「冗談冗談。どうせだし来るといいよ。お祭りってのは大人数の方が楽しいだろ?」
少女「わーいわーい!覚えてろよー!」
青年「覚えてろよって……」
娘「楽しみに、してますね」ニコッ
男「うんうん、ところでさ」
娘「……はい?」
男「ボクも紅茶貰って良いかな」
青年「ゆっくりする気かよ」
少女「早く報告してきなよ!」
男「ボクだってサボれるなら仕事は長くサボりたいのさ」
少女「よく今まで生きてこれたね!」
ドラゴン「次から次へとなんなんだこの空間は……」
366: 以下、
【第13話】
娘「どうかな、この服装」クルンクルン
ドラゴン「かわいいと思うが、どうしたんだ?」
娘「やっぱりパーティならドレスかなって。魔法で作ってみたの」
ドラゴン「魔法でそんなことまでできたのか……」
娘「ドレスを作る魔法を昔に絵本で読んだことがあるからできるかなって。いろいろ探してみたんだ」
ドラゴン「絵本で見た魔法……もうめちゃくちゃだな」
娘「今日のために大慌てで夜は大変だったんだよ……?パーティに間に合ってよかった」
ドラゴン「普通は間に合わないと思うんだがな。ところでその靴は」
娘「ガラスの靴だよ。これもその絵本にあったんだ。こっちは先に用意できてたんだけどね」
ドラゴン「……痛くないか?」
娘「……痛いね」
ドラゴン「脱いだ方がいいんじゃないか?」
娘「うーん。なんだかもったいないなぁ」
ドラゴン「何かの試練なのか……?」
娘「ドラゴンはロマンに欠けてるね」
ドラゴン「そこまで言われるのか……」
367: 以下、
…………
バサッ……バサッ……
娘「こればっかりはいつもドラゴンに頼りきりだなぁ」
ドラゴン「娘は魔力量が少ないのだから仕方ないだろう」
娘「この距離なら行きのぶんくらいなら大丈夫だと思うし、行きは自分で飛んでもいいんだけどね」
ドラゴン「背中に一人や二人……それに一匹くらい乗せても体感はそう変わらないさ」
子ドラゴン「キュー……」
ドラゴン「子ドラゴンはもう少し羽根が成長するといいんだがな」
娘「私も子ドラゴンも成長しなきゃだね」
ドラゴン「そうだな、頑張ってくれ」
娘「……ほうきを使うといいのかな?」
ドラゴン「それも絵本の影響か?」
娘「よくわかったね」
バサッ……バサッ……
368: 以下、
…………
【町、上空】
バサッ……バサッ……
ワイワイガヤガヤ
娘「わぁ、なんだか町の上を飛んでるのって新鮮だね」
ドラゴン「隣町に行こうがこっちに来ようが町の手前で降ろすからな」
娘「だからかな?すっごい騒ぎになってるよ」
ドラゴン「まぁ最初はこんなもんだろ」
娘「冷静に考えてみると浮遊魔法で飛んでるところを見られるのってなんだか恥ずかしいしドラゴンの背中に乗って正解だったね」
ドラゴン「恥ずかしがる基準がいまいちわからないぞ」
娘「ほら、今なら私は飛んでるドラゴンのおまけ的なポジションなわけだし……」
ドラゴン「扱いの基準が全くわからないぞ」
369: 以下、
【町、城】
バサッ……バサッ……ドシッ
ワイワイガヤガヤ……
少女「おはよ!わー!娘ちゃんかわいいー!」
娘「おはよう……少女ちゃんもかわいいよ」
青年「よう、確かにかわいいな」
少女「青年が言うとなんだか気持ち悪いね」
青年「うるせぇ」
少女「子ドラゴンとドラゴンもおはよー!」
ドラゴン「おう、おはよう」
子ドラゴン「キュー!」
少女「そういえば女さんは誘ってみたんだけどやっぱり来れないって」
娘「そっかぁ……残念だなぁ」
青年「やっぱり忙しいんだろ」
少女「ドラゴンさんに会いに行くって言ってからも実際に会いに行けるまで結構時間空いちゃってたもんねぇ」
娘「こればっかりは仕方ないですね」
少女「そうそう、むしろこういうときに躊躇わずにお店を閉めてきちゃう青年がおかしいんだよ」
青年「こういうときに閉めないでいつ閉めるんだよ」
少女「サボりたいだけなんじゃないの?」
370: 以下、
ワイワイガヤガヤ
青年「しかし、それなりに人がいるもんだな」
少女「そうだね、流石お城って感じ」
娘「アップルパイを配ったときは誰一人受け取ってくれなかったのに今日はこんなに……」
青年「アップルパイを配ったからこそ、なんじゃないか?」
少女「……?どういうこと?」
青年「アップルパイを配る娘の姿を見て、何かしら思う人がこんだけいたってことだろ」
ドラゴン「無理を通して、無茶をしたからこそ、得られるものもある……無駄ではないってことだな」
少女「わ!わわ!みんなしてなんかそれっぽいこと言ってる!……えーっと、信じれば道は拓けるんだよ!」
青年「スポンジ並みの密度しかない言葉だな」
子ドラゴン「キュッ……キュキュッキュキュキュー……」
青年「何を言っているのか全くわからないぞ」
子ドラゴン「キュッ!?」ガーン
娘「えへへ……みんな、みんなみんな。ありがとうございます」
371: 以下、
男「ボクも正直こんなに人が集まるなんて思ってなかったな」
娘「あっ、男さん。おはようございます」
男「うんうん、おはよう。……といってももうお昼になっちゃいそうだけどね」
少女「娘ちゃんはいきなり男さんが出てきてもびっくりしないんだね……」
町長「ふぉっふぉっふぉ。正直わしもこの人数は意外じゃよ」
娘「あっ、町長さんもおはようございます」
町長「おはよう、おはよう。皆も、そこのドラゴンもの」
ドラゴン「はじめまして、だな」
町長「そのような挨拶はよいよい。一々していてはキリがあるまいて」
ドラゴン「まぁ、それもそうか」
男「……ふむ」
青年「ちゃんと城で働いてるんだな」
男「失礼だなぁ……まぁいいけどさ」
372: 以下、
町長「そういえば娘はアップルパイを配っていたらしいの」
娘「ええ、もう随分前のような、最近のような、不思議な感じですけど」
町長「その節は食べることができなくてすまなかった……。お返しといってはなんじゃが、今日はわしからもお手製のアップルパイを用意しておいたのじゃ」
娘「わ、ほんとですか?」
少女「町長お手製……なんだかすごそう!」
青年「おい少女、俺のアップルパイのときより目を輝かせるのはやめろ」
子ドラゴン「キュー!キュキュキュー!」
青年「子ドラゴンまで……」
町長「ふぉっふぉっふぉ。作った身としては冥利に尽きるの。ドラゴンにも人間用とは別に、ちゃんと大きめにつくったものを用意しておいた。是非とも堪能するとよい」
ドラゴン「今まで人間用のサイズを食べていたからそれは助かるな……」
町長「城ゆえに大きな窯があるからこそできる荒業のようなものじゃがの」
少女「え?それってすごくおっきいの?いいないいなー」
青年「小さくてもいっぱい食えばいいだろ……」
少女「えーっ。おっきいアップルパイってこう……夢が詰まってるじゃん?」
ドラゴン「少し食べるか?」
少女「うーん……でもパーティだからチキンとかいっぱい食べたいし今日はいいや!ドラゴンさんに悪いしね!」
子ドラゴン「キュー?」
ドラゴン「子ドラゴンは全部食うからダメだ」
子ドラゴン「キュー……」
町長「ふぉっふぉっふぉ……では、娘よ」
娘「はい?」
町長「待っとるぞ」
娘「はい……はい?」
373: 以下、
男「……というわけで、ボクは職務怠慢のように見えてもね」
青年「町長、城の中に戻ってったぞ」
男「えっ……うわっほんとだ……」
町長「もう少しくらいはゆっくりしとるとええわーい!」
男「わ、これはラッキーだな……了解でーす!」
少女「遠慮がないんだね……」
男「この世に遠慮して得することなんてあるのかい?」
青年「清々しいな……」
ドラゴン「パーティまであとどれくらいだ?」
娘「うーん……もうちょっとだよ」
子ドラゴン「キュー……」ソワソワ
374: 以下、
兵長「こいつぁたまげたってもんだよな?お嬢様よ」
娘「げっ」
兵長「"げっ"たぁなんだ"げっ"たぁ。オレぁ別に敵じゃあねぇだろ?」
娘「でも前に会ったときには酷いことを言われたので……」
兵長「あぁ、そうだな。酷いことを言ったかもしれん。でも間違ったこたぁ言ってないつもりだぜ?」
青年「えっと……こちらは?」
男「あぁ、ボクから紹介しよう。兵長さんだよ。この町の兵を束ねてる。まぁ実質ナンバー2だね」
兵長「い、いらっしゃったのですか。しかし、私などが、ナンバー2など……」
男「いないことにされてたって"げっ"って言われるよりひどくないかい?」
男「あと兵長さんはもっと誇っていいんだよ?そもそもナンバー2なんだから、そんなに堅い言葉を使わなくていいんだ。もっとこう、フランクにさぁ」
少女「ナンバー2相手にこんな言葉使いしてるこの人はほっておいてもいいのかな?」
兵長「城に仕える人間には敬意を持つようにしておりますので……」
男「……ま、この通り、頑固というか堅すぎというか。変わり者なんだよ」
少女「男さんとは真逆だね!」
兵長「お言葉ですが……」
男「兵長さん、正直ボクに敬意なんてこれっぽっちもないだろ?」
兵長「……」
男「そこは否定してほしかったよ」
375: 以下、
カラカラカラ……
ドラゴン「おっ、料理が来たみたいだぞ」
子ドラゴン「キュー!」
男「ふむ。そろそろお時間かな。今日は警護、頼むよ兵長さん」
兵長「了解でございます」ビシッ
スタッスタッ
娘「……あのっ」
兵長「む?」
娘「まだ、私は悪でしょうか?」
兵長「悪?」
娘「前に……兵長さんが言ってたから……」
兵長「あぁ、俺が正義で、お嬢様はわがままだってやつか」
娘「は、はい。それです」
兵長「今も、あんときも、お嬢様は悪かねぇよ」
娘「……え?」
兵長「わがままは、わがままだろう?」
スタスタ……
娘「は、はぁ」
娘(そんなに悪い人でも……ないのかな……)
376: 以下、
ガラガラガラッ……
青年「こっちにもいろんな料理が来るなぁ」
少女「チキン!チキン!パーティっぽいよ!」
子ドラゴン「キュー!……キュ?キュ?キュー!」
娘「子ドラゴンは初めて見る食べ物ばっかだね」
子ドラゴン「キュー!」
ガラガラガラッ……
ヒソヒソヒソ……
少女「わわっ、ドラゴンさんのアップルパイすごいよ!」
青年「お、大きいな」
ドラゴン「子ドラゴンほどアップルパイが好きである自信はないが、嬉しいものだな」
子ドラゴン「キ,キュー……」ポカーン
少女「子ドラゴンもリアクションが追いついてないよ……!」
青年「まさに圧巻だな」
娘「ふふっ……こっちの私達のぶんのアップルパイも美味しそうだよ」
少女「わ、ほんと!後でみんなでいっせーのっで食べようね!」
青年「町長のスピーチが終わるまで待つんだぞ」
少女「が、がんばる」
ドラゴン「がんばるとかそういう問題なのか……」
377: 以下、
ブゥーンッ
『あー、マイクテス、マイクテス、あーあー。ボクの声、聞こえてるー?大丈夫ー?……って確認の取りようがないな……あっ大丈夫?わかったわかった』
…………
娘「これ、子ドラゴンのときの放送と同じ……」
少女「それにしても男さん……」
青年「もうほっておいてやろう」
…………
『それじゃースピーチを始めるよー』
\ヒューヒュー/
『おお、盛り上がってるね。聞こえる聞こえる。それでは町長からのお言葉だよ』
…………
キィーン,ゴツッポツッ
『……ふむ。この放送機材もあまり使うことはないのじゃが、このように使うと便利じゃな。城のどこからでも皆にわしの声を届けることができる』
『見えるかの?今は城の頂上、町長室から皆を見渡しながらスピーチをしておる』
…………
少女「……あっほんとだ」
青年「機材紹介になってるがいいのか?」
…………
『ほっほっほ。長々と喋っておっても料理が冷めるだけじゃ。ここは手短に済ませさせてもらおうかの』
『ここから見える景色をわしは今までずっと変わらず眺めてきた。……しかし、今日を境にこの眺めは少し変わるのじゃ。どう変わるかは……おぬしたち次第であり、わし次第でもある』
『皆の見えとる景色、そしてわしが見えとる景色が少しでも広く、よいものになるよう、願っておる』
『……ふむ、ふむふむ。ではわしから言わせていただくとするかの』
『みなのもの……乾杯じゃ』
\ワーワー!/
カキンッ……カキンッ……
ワイワイガヤガヤ
378: 以下、
ワイワイガヤガヤ……
少女「よーし、みんな、アップルパイ持ったーっ?」
青年「持ってるんじゃないか?」
子ドラゴン「キュー!キュー!」
娘「そんなに急かさなくても大丈夫だよ、子ドラゴン」
ドラゴン「アップルパイは逃げないからな」
少女「よーし、それじゃあ……」
「「「「いっせーのーっ」」」」
パクッ……
ドゥンッ
380: 以下、

続き・詳細・画像をみる


フジテレビ「視聴率低迷」に株主の不満が炸裂

フジテレビにS級バックレラー出演wwwww(※画像あり)

【悲報】20代の4割「湯船につからない」 汚すぎやろ

【政治】松井大阪府知事「外国人を雇って家事を委託し、日本人は外で仕事をしてポテンシャルを発揮してもらう」外国人家政婦受け入れへ 事業者受け付け開始

若者のお風呂離れ!? 「水が勿体無い」「時間がない」節約意識が浸透

これはあくまで俺の感覚だけど、なんか真実からそう遠くないと思えるんだ

back 削除依頼&連絡先