比企谷八幡「只今参上!」雪乃「色とり忍者!」back

比企谷八幡「只今参上!」雪乃「色とり忍者!」


続き・詳細・画像をみる

1:
加藤「おはよーございまーす」
雪乃「おはようございます」小町「おっはーよー」八幡「どーも」静「おはよ」結衣「やっはろー!」
加藤「ちょっと!挨拶ぐらいそろえましょうよ皆さん」
小町「まーまーそこは個性ってことで」
加藤「しょっぱなからバラバラってダメでしょwwwwww」
小町「個性個性!挨拶も個性! それより加藤さん」
加藤「なんですか?」
小町「ほかのメンバーさんは?」
結衣「そーいやいないねー」
加藤「あんまりね、人数が多くなるとやりにくので連中には抜けてもらいましたwwwwwwwwww」
*今日はお休みの忍者たち(加藤以外)
静「すみませんね。加藤さんだけ参加させて」
加藤「いやいや、こんなにかわいい子たちに囲まれるならかまわないですよ僕は」
八幡「あっ、加藤さん主婦の反感買いますよ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386128572
2:
加藤「まあ今日だけはってことでwwwwww」
八幡「でもどうして加藤さんだけ?」
加藤「君らだけだと絶対グダグダになるとスタッフさんが言ってたんだよ」
八幡「俺らどんな評価なんですか・・・・・・」
加藤「それはそうと、僕も時間ぎりぎりにきたから君らの名前しらないんだけどwwwwww」
小町「んじゃ! 一人ずつ自己紹介ってことで。忍者風に」
八幡「おい! 普通でいいだろ普通で」
加藤「それはレギュラーの僕もやったことないなwwwwwwまあいいか。やりましょう」
雪乃「普通にやったほうが私は賢明だと思うのだけれど」
加藤「おっ!君やっとしゃべったね。ずっと黙ってたから心配したよ」
雪乃「こういう場はあまり好きではないので」
結衣「ゆきのんリラックスリラックス! テレビだからね!」
6:
加藤「色とり忍者のリーダー、加藤浩次です。レギュラーなので1敗もできないプレッシャーがすごいです」
*結局普通にやることになりました。
小町「助っ人忍者の小町ですっ! うちの兄をよろしくお願いします」オイ!ナンデウエカラ?
雪乃「助っ人忍者の雪ノ下雪乃です。 今日負けるのは・・・・・・ぼっちの比企谷くんは確実でしょうね」
結衣「助っ人忍者の由比ヶ浜結衣です! ルールよくわかんないけどがんばりますっ!」
静「助っ人忍者の平塚静です。加藤さんの奥さんがうらやましい」ギギギ
八幡「助っ人忍者、比企谷八幡。なんかぼっちだから下に見られてますけどそんなことないってことみせてやります」
加藤「なるほどね。で、結衣ちゃん」
結衣「なんですか?」
加藤「君ルール知らないの?」
結衣「口で説明されただけじゃちょっと」
加藤「よしっ! これで勝ち決定だやった!」
結衣「教えないんだっ?」
*今日はなんとしても勝ちたい加藤
7:
雪乃「はぁ・・・・・・由比ヶ浜さん」クドクドクド
*前の人がいったお題(何色の○○)にあてはまるものを答える。
EX 赤い飲み物→トマトジュースヤ→赤い乗り物→消防車→赤いチーム→カープ
加藤「雪乃ちゃん教えちゃだめだってwwwwww」
小町「大人げないですよ加藤さん!」メッ!
加藤「はいすいません」
*中学生にしかられるオッサン(加藤)
加藤「あーそれと従来の色取りと少しルールの変更があるんですよ」
小町「えー聞いてないですけど・・・・・・」
加藤「ルールちゅーか罰ゲームが変更ですね。普段は将軍様と綱引きだったでしょ?」
加藤「今回は相撲を取ってもらいます。君ら芸人じゃないので汚れるのはよくないからね」
八幡「相撲も大してかわんないでしょーが」
加藤「ちゃんと手加減するようにいってあるからwwwwww」
*今回は特別に関取団が登場
8:
八幡「にしてもこの忍者の格好もはやコスプレだろ」
雪乃「あなたは忍者というより盗賊がお似合いよね」
八幡「いや忍者だろ。 ステルスヒッキーっていうあだ名があんだぞ」
雪乃「・・・・・・存在感が薄いことを格好つけてるだけね」
八幡「ばらすんじゃねえ。おまえなんて存在感ありすぎて町娘がいいとこだ」
結衣「それもなんか違う気が・・・・・・ゆきのんはお姫様かな?」
八幡「見た目だけはな」
加藤「はいはい。君ら喧嘩しないでもうwwwwww」
雪乃「ちっ!」
八幡「ちょっと聞きましたか今!舌打ちしましたよ」
雪乃「歯にものが引っかかっていただけよ。勘違いにもほどがあるわ」
八幡(なんでこいつは俺相手だと饒舌なんだよ・・・・・・)
*八幡殿が相手だと強気になる雪乃殿
9:
小町「さーさーはじめましょーみなさーん!」
加藤「テレビですからね皆さん!テンションあげていきましょう。特に八幡!」
八幡「えっ俺ですか」
加藤「君目が濁ってるから黙ってると生気がないよ」ドッwwwwwwwwww
雪乃「加藤さんにも言われるのね・・・・・・もはや尊敬に値するわ・・・・・・目に対して」
八幡「俺じゃねえのか!」
静「君を尊敬する人間がいるはずはないだろう」
加藤「あの、皆さんwwwwww少し八幡いじりすぎです」
八幡「あんたが最初にいじったんでしょーが」
10:
加藤「で順番ですが、スタッフさんが事前に決めておいてくれました」
*加藤→小町→八幡→雪乃→結衣→静
八幡(小町が前か。なら大丈夫だろ)
小町「加藤さーん! 難しいお題は小町的にポイント低いでーす」
加藤「うーんどうしようかなー」
八幡「ずりーぞ小町」
雪乃「やっぱあなたの妹ね」
八幡「ほっとけ。おまえの出すお題すげー難しそうだな由比ヶ浜が気の毒だ」
結衣「ゆきのーん」ギュッ
雪乃「・・・・・・暑苦しい」
11:
静「今回は私と加藤さんの一騎打ちになるだろうな」ドヤアア
八幡「先生・・・・・・そのココロは?」
静「これは知識量がものを言うからな。大人の私のほうが有利だろ」
八幡「でも先生の歳くらいになると物忘れも」ドゴッ
八幡「・・・・・・はっ・・・」
静「次は顔面にあてるぞ」
八幡「す、すいませんでした」
加藤「先生の言うことは聞いとけよ八幡」
12:
潜 入 其 一
加藤「今回の助っ人は県内でも有数の進学校に通う者たち。頭にはかなりの自信があるはず」
加藤「よって! バンバン裏切っていくが、大丈夫でござるな?」ダイジョーブ
加藤「間違えたら関取団がくるが、大丈夫でござるな?」ダイジョーブ
加藤「八幡さっき殴られたとこ大丈夫?」
八幡「ダイジョーブ!」
雪乃「プッ」
八幡「この仕草めっちゃはずい・・・・・・」
加藤「ゲストだからと言って容赦はしないが、大丈夫でござるな?」ダイジョーブ
13:
加藤「せーのっ」シュッシュッシュシュシュ
加藤「赤い果物」シュッシュッ
小町「リンゴ!」シュッシュッ 小町「黄色い果物」シュッシュッ
八幡「レモン」シュッシュッ 「紫の果物」シュッシュッ
雪乃「ぶどう」シュッシュッ 「黒い車」シュッシュッ
結衣「れーきゅーしゃ!」←おみごと! シュッシュッ 「黒い服」シュッシュッ
静「学ラン」シュッシュッ 「黒い食べ物」シュッシュッ
加藤「ひじき」シュッシュッ 「黒い景色」シュッシュッ
小町「えっ・・・・・・あっ・・・暗闇!」ブブーッ
加藤「小町ちゃんアウトー!」
*景色なので暗闇は不可。黒い景色は夜空などがある。
14:
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニシーンジテイキテキター
小町「おにいちゃーん」
八幡「さっさとやれ!」
小町「ひっどーい」
小町と関取、見合って四股を取る
小町「えいっ!」ペチンペチン
小町「たあっ!」ペチンペチン
関取 ヒョイ ポイッ
小町「うわあああああ!」ガシャーン
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニシーンジテイキテキター
加藤「相変わらず容赦ないねwwwwwwwwあいつらwwwwww」
15:
小町「ちょっとちょっと!手加減するよう言ってあるんじゃなかったんですか?」
加藤「いやしてるよ? 僕らの時はもっとすごかったよ」
小町「う?」
結衣「見た? ゆきのん」ビクビク
雪乃「ええ。これはますます負けられないわね」
静「どんどん裏切っていかないとな」
八幡「えー闘争心に火がついちゃいましたかお二人さん・・・・・・」
雪乃「あなたも覚悟しておいた方がいいわよ。そのちっさい脳みそがいつまでもつかしら?」
八幡「俺は成績はよい方だぞ。まぁ・・・おまえにはかなわんが・・・・・・」
雪乃「なによ、やけに素直ね」
八幡「そりゃ事実だからな。ほめてるわけじゃねえぞ!」
雪乃「仮にほめていたとしても言っているのがあなたなら・・・・・・そのあんまり・・・うれしくないのだけれど」
八幡 フンッ 雪乃 プイッ
加藤「あのーそろそろ始めますよー?」
16:
潜 入 其 二
小町「もう手加減なしでバンバン裏切っていくが、大丈夫でござるな?」ダイジョーブ
小町「小町ポイント稼ぐが、大丈夫でござるな?」
小町「お兄ちゃん大丈夫?」
小町「かわしてやるよ! なんでもこい。ダイジョーブ」
加藤「八幡なんかすっごい頼りないwwwwww」
17:
小町「せーのっ!」シュッシュッシュシュシュ
小町「青い飲み物」シュッシュッ
八幡「ブルーハワイ」シュッシュッ 「白い飲み物」シュッシュッ
雪乃「牛乳」シュッシュッ 「黒い飲み物」シュッシュッ
結衣「コーヒー」シュッシュッ 「赤い飲み物」シュッシュッ
静「トマトジュース」シュッシュッ 「赤い建物」シュッシュッ
加藤「東京タワー」シュッシュッ 「赤い乗り物」シュッシュッ
小町「消防車」シュッシュッ 「茶色い飲み物」シュッシュッ
八幡「カフェオレ」シュッシュッ 「赤い野菜」シュッシュッ
雪乃「にんじん」シュッシュッ 「ピンクの食べ物」シュッシュッ
結衣「・・・・・・ピンク・・・・・・あっいちご!しゅっしゅっ!」ブブーッ
加藤「結衣ちゃんアウトー!」
いちごは赤、ピンクの食べ物は桃。
18:
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニシーンジテイキテキター
結衣「うわーん」ダダッ
*結衣殿、逃走
雪乃「逃げないで。ちゃんとやるのよ」ガシッ
結衣「が、がんばるっ」
結衣と関取、見合って四股を取る
結衣「たあ!」
結衣、タックル
関取 ガシッ
結衣「ふぇえ?」
関取 ヒョイ ブラーンブラーン
結衣「わわわわわっ!」
結衣、宙吊り状態
結衣「うーん頭に血が」
八幡「由比ヶ浜耐えろ耐えろ」
加藤「女の子でも関係なしだねホント」
関取 ストンッ (優しくおろす)
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニシーンジテイキテキター
結衣「うーんうーん・・・・・・」フラフラフラ
八幡「おいおい酔っぱらいのオッサンじゃねえか」
雪乃「顔がものすごく紅潮しているわ」
19:
八幡「しばらく座ってろほら」
結衣「あひがとーヒッキー・・・・・・」
雪乃「なんか裏切り仕掛けたのが悪く思えてきたわ・・・・・・」
八幡「おまえは二度と裏切るな。由比ヶ浜じゃ返せねえよ」
雪乃「あら自分なら返せるというような言いぐさね」
八幡「返せる・・・可能性はある・・・・・・」
雪乃「それとそろそろ裏切り仕掛けてもいいわよ」
八幡「さっきから何度も仕掛けているんだが・・・・・・」
雪乃「あれが裏切り? 冗談は腐った目と顔だけにしといてくれる?」
八幡「余計な形容詞をいれるな! 俺はクリーチャーか!」
加藤「はいはいストップストップ。君ら目を話したらすぐこれだからなーもう」
小町「結衣さんも回復したことだし次のラウンドいってみよー!」
20:
潜 入 其 三
結衣「えーっとバンバン裏切っていくけど、大丈夫だよね?」ダイジョーブ
結衣「もう間違えないようにするけど大丈夫だよね?」ダイジョーブ
八幡(日本語がおかしいぞ。おまえが大丈夫か)
結衣「そろそろ加藤さんに負けをつけましょう!」ダイジョーブ
結衣「ヒッキー大丈夫?」
八幡「ダイジョーブ・・・・・・」
21:
結衣「せーのっ!」シュッシュッシュシュシュ
結衣「黒い服」シュッシュッ 
静「学ラン」シュッシュッ 「緑の服」シュッシュッ
加藤「ピーターパン」←おみごと! シュッシュッ 「赤い服」シュッシュッ
小町「サンタクロース」←おみごと!シュッシュッ 「青い服」シュッシュッ
八幡「日本代表」シュッシュッ 「黒い服」シュッシュッ
雪乃「喪服」シュッシュッ 「白い服」シュッシュッ
結衣「ウエディングドレス」シュッシュッ 「白い服」シュッシュッ
静「ウエディング・・・・・・くっ・・・」ブブーッ
加藤「先生アウトでーす!」
*最後まで言わないとアウト
22:
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニーシーンジテイキテキター
静「とあ!」
八幡「おお! 先生柔道技だ」
*相撲では勝てないので柔道にもちこむ静
静、背負い投げを試みる
静 スカッ
関取 ガシッ(腕をつかむ)
関取 ブンッ(静を背負い投げ)
静「ああああああっ!」ドスンッ
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニシーンジテイキテキター
*一本!
23:
静「くそっ」セナカサスリサスリ
加藤「先生大丈夫ですか?」
八幡「柔道もできるんですねあいつら」
静「いきなりのウエディングドレスは卑怯だぞ比企谷」
八幡「いやっ!ちがうでしょ!由比ヶ浜の裏切りでしょ!」
静「仕掛けたのは君だ!」
八幡「なんもしてねえ!」
加藤「モテる男はつらいね八幡wwwwwwww」
八幡「加藤さん・・・あんたいったいなに見てるんですか?」
小町「あー加藤さんもそう思います?」
雪乃「そうですよ加藤さん。この男がモテるなんて勘違いもいいとこです」
八幡「あのさ、嫌いなのはわかったから・・・・・おまえの暴言地味にくるんだよ」
雪乃「あら、てっきり喜んでるのかと」
八幡「おれはぼっちだが、ドMじゃねえ」
加藤「次のラウンドはじめまーす」アセアセ
24:
潜 入 其 四
静「みんな知ってるか? 加藤さんがまだ負けてないんだ。まったく結婚でも色とりでもまけるなんて」
八幡「先生!私情挟まないでください」
静「じゃかましい!」
*結婚の話題になるとあつくなる静
加藤「先生よくわかんないけど早く始めてくださいwwwwww」
静「じゃあ・・・・・・ゴホン・・・容赦せずにバンバン裏切っていくが大丈夫だな?」ダイジョーブ
25:
静「せーのっ」シュッシュッシュシュシュ
静「赤い自然」シュッシュッ
加藤「太陽!」←おみごと!シュッシュッ 「青い自然」シュッシュッ
小町「海」シュッシュッ 「黄色い動物」シュッシュッ
八幡「キリン」シュッシュッ 「白い動物」シュッシュッ
雪乃「ウサギ」シュッシュッ 「黒い鳥」シュッシュッ
結衣「カラス」シュッシュッ 「ピンクの葉っぱ」シュッシュッ
静「さくら」シュッシュッ 「灰色の動物」シュッシュッ
加藤「ネズミ」シュッシュッ 「黒い手帳」シュッシュッ
小町「警察手帳」シュッシュッ 「赤い本」シュッシュッ
八幡「センター過去問」シュッシュッ 「青い本」シュッシュッ
雪乃「・・・・・・・・・」ブブーッ
加藤「雪乃ちゃんアウトー」
*青い本はチャート式、またはガガガ文庫
雪乃「比企谷くんの裏切りにひっかかるなんて・・・・・・うかつだったわ」
26:
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニーシーンジテイキテキター
雪乃、関取、見合って四股をとる
雪乃「ていっ!」グググググッ
八幡「雪ノ下、足ひっかけろ足」
雪乃(言われなくてもやるわよ)
雪乃(・・・・・・足の長さが足りないわ・・・・・・)
関取 ヒョイッ ポイッ ガシャーン
雪乃「」
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニーシーンジテイキテキター
八幡「雪ノ下!」ダダッ
27:
雪乃「う?負けたわ・・・・・・あんなに強いなんて」
八幡「元々はプロだった奴らだぞ
雪乃「知っているわ。それでも私は勝つつもりだったのよ」
八幡「どんだけ自信あったんだよ・・・・・・」
加藤「雪乃ちゃん無理無理wwwwwwww男の僕でも勝てないんだから」
雪乃「ふぅ・・・そろそろ加藤さんに負けをつけないとね」
加藤「いやーレギュラーの意地もあるしね」
小町「次のラウンドいきましょー!」
28:
潜 入 其 五
雪乃「と、みんな大丈夫よね?」ダイジョーブ
雪乃「いくわよ。せーのっ」
加藤「もっとはなそーよ雪乃ちゃん」
雪乃「いえでもこれくらいしか」
加藤「意外と緊張しいなんだね君」
29:
雪乃「せーのっ」シュッシュッシュシュシュ
雪乃「赤い乗り物」シュッシュッ
結衣「消防車」シュッシュッ 「白い服」シュッシュッ
静「・・・っ・・・白衣」シュッシュッ 「白い飲み物」シュッシュッ
加藤「牛乳」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
小町「お兄ちゃんが学校におくってくんない」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
八幡「遊びの誘いにのったら、あ、無理しなくてもいいよ、って気をつかわれた」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
雪乃「比企谷くんが隣にいる今この瞬間」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
結衣「クッキー作ったのに木炭って言われた」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
静「結婚できないっ!」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
加藤「子どもが俺の仕事をフリーターだと思ってた」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
小町「お兄ちゃんが学校でぼっち」シュッシュッ 「ブルーな気持ち」シュッシュッ
八幡「・・・・・・っ・・・だあああ!」ブブーッ
*ブルーな気持ちがありすぎて落ち込んでしまった八幡
33:
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムネニーシーンジテイキテキター
小町「おにいちゃーんがんばってー」
八幡(機動力はこっちが上だからな。後ろから回り込んで足を引っかけよう)
八幡 サササササッ
八幡 ササササササササッ
八幡 ガシッ (よしっ!掴んだ!)
関取 ブンッ
八幡 「へっ?」ガシヤーン
八幡「」
ツッパルコトガオトコーノー タッタヒトツノクンショー ダッテソノムメニーシージンテイキテキター
*正面から正々堂々とこない者には厳しい関取団
34:
雪乃「まったくあなたらしい勝負ね」
八幡「うっせ。 もうちょっとで勝ちそうだったんだ」
雪乃「存在感のなさがあなたの唯一の取り柄なのにそれすら活かせないのね」
八幡「それは・・・・・・長所なのか」
雪乃「あなた自慢してたじゃない」
八幡「そりゃまあ・・・・・・」
雪乃「主体性がないのかしら? ぼっちで主体性がないって最悪なのだけれど」
八幡「うっさいよっ! ありまくりだよ。ありすぎて空気読めないって言われるほどだっ!」
加藤「君たちいつもこうなの?」
小町「そーなんですよ」
加藤「君らみてるとね。なんか夫婦に見えてくるんだけどwwwwwwww」
雪乃「そ・・・それはどういう意味ですかっ!」
加藤「顔真っ赤だよ? 大丈夫?」
雪乃「なっ! 誰かですか!」ポカポカ
加藤「痛い痛い! そこはダイジョーブって言ってよ」
結衣「夫婦・・・・・・ゆきのんとヒッキーが夫婦・・・・・・」
35:
加藤「さ、というわけでこれにて潜入は終了です!」
雪乃「結局加藤さんだけ無敗・・・・・・」
八幡「まあ5回しかやってないからな。 誰かしらが無敗で終わるだろ」
雪乃「無敗は私だったはずよ。それで加藤さんは負ける」
加藤「あの、君どっからそんな自信くんの?」
静「これは知識うんぬんよりも場数を踏んだほうが有利だからな」
八幡「あれー? さっきと言ってることかわってますけどー?」
*知識量がものをいう(ゲーム開始前の静)
36:
加藤「まあトークパートがほとんど雪乃ちゃんと八幡の痴話喧嘩でしたけどなかなか楽しかったです」
雪乃「だから痴話喧嘩ではありませんっ!」
加藤 コノコノー
雪乃「くっ・・・・・・」
八幡「加藤さん、早く進めて・・・・・・もう疲れた」
加藤「はいはい、では総武高校の皆さんを迎えた色とり忍者これにして終了! また会いましょうさよーならー」
小町「さよーならー! ドロンッ!」(忍者のポーズを決めながら)
パチパチパチパチ
3

続き・詳細・画像をみる


スマホアプリ板にコナミ社員降臨wwwww

【悲報】同級生の水着2着を盗んだ女子中学生、親バレを恐れ母親を殺害

【速報】昔の日本のが看板が日本語だけで統一されててむしろ景観がイイと判明

洪水の中玄関に鎖に繋がれ身動きが取れなくなっていた犬、保安官に救助されそのまま家族に(アメリカ)

【画像】この女の太もも

【画像】最新の素人ハメ撮りAV事情www

back 削除依頼&連絡先