トヨタ、新型プリウスPHVを日本初公開 屋根に太陽光パネルを搭載、スタンドがなくても充電可能にback

トヨタ、新型プリウスPHVを日本初公開 屋根に太陽光パネルを搭載、スタンドがなくても充電可能に


続き・詳細・画像をみる


http://news.mynavi.jp/news/2016/06/15/209/
新型「プリウス PHV」は今年3月のニューヨーク国際オートショーで世界初公開され、米国・日本・欧州で今秋から導入予定(米国での車名は「プリウス プライム」)と発表されている。外観は4代目「プリウス」をベースに、フロントおよびリヤにオリジナルデザインを採用し、より先進的でエモーショナルな造形をめざしたという。車内にナビゲーション機能を備えた11.6インチ大型ディスプレイも配置した。
プラグインハイブリッドシステムも進化し、総エネルギー量が従来の約2倍という大容量リチウムイオンバッテリーを搭載するなどにより、満充電からの航続距離が60km以上(目標値。従来型「プリウス PHV」は26.4km)と大幅に延長された。日本仕様車のみの急充電機能により、短時間での充電も可能に。新開発「デュアルモータードライブ」システムの採用による力強いEV加性能も特徴とされている。
日本・欧米仕様のみ搭載のソーラー充電システムも特徴で、「スマートコミュニティ Japan 2016」のトヨタブースに展示された車両もルーフにソーラーパネルを備える。この「ソーラールーフ」で太陽光発電を行い、エネルギーマネジメントを行う「ソーラーECU」を介して、駆動用バッテリーおよび12Vバッテリー系統へ電力を供給。充電スタンドがない場合や災害などで停電した場合でも、太陽光による駆動用バッテリーの充電が可能とのこと。ソーラー発電の電力で12Vバッテリー系統の消費を補うことで、駆動用バッテリーの電力消費を抑え、EV走行距離や燃費の向上にも貢献する。トヨタブースでは新型「プリウス PHV」日本仕様車に加え、燃料電池自動車「MIRAI」のカットボディも展示。燃料電池が発電するしくみを紹介する「燃料電池教室」も開かれる。走行車両から得られるビッグデータを活用した現行サービスや今後の可能性についても紹介するという。「スマートコミュニティ Japan 2016」は東京ビッグサイト東2・3ホールで6月17日まで開催。計296社・団体が出展し、最新の技術・製品の展示が行われる。
3
なんか、ホンダっぽいデザインだ。
5
こっちの顔をプリウスにすればよかったのに
16
お値段はプリウスにプラス100万ぐらいか
24
太陽光パネルはまだ小規模での実用には弱いな
26
駐車時にパネルが展開して拡がれば尚良し
8
普通に凄いなw
未来すぎる
29
重くなって逆に燃費が悪くなったりしてw
43
車重大丈夫かな
58
これホンダの顔をパクっただろ
77
顔とスタイルがテスラに完負
性能は断然プリウス
102
目つきワルっ
これでヘッドライトの役目果たせるの?
127
4人乗りの時点で候補から外さざるを得ない・・・
155
そのうちボディ全体が太陽光パネルで、かつ効率がよくて
日食じゃない限り無限に走れる車とかでるのかもな
156

続き・詳細・画像をみる


玉潰れて竿折れて女になったけど質問ある?

ソープのお姉さんが生で中出しさせてくれたことあるんだが

【画像】最新のラブドールがどう見ても人間にしか見えない

【週刊文春】谷亮子、自民党から参院選に出馬へ

MicrosoftのLinkedIn買収、3兆円近く投じるねらいはどこに?

【速報】イチロー、日米通算4257安打!世界新記録達成!!

back 削除依頼&連絡先