きのう四天王に絡まれたwwwwwwwwback

きのう四天王に絡まれたwwwwwwww


続き・詳細・画像をみる

1:
そいつは、自らを近所の高校の四天王の一人と名乗っていた。
pickup
石原さとみ「創価学会タブー破り」でヤバイことに…東京メトロCMに衝撃事実…
儲かりすぎて労働終了www2chまとめで金持ちになる方法教えますww
【オカズ用】木村沙織さん、とんでもない瞬間を激写されるwwwwww
【強烈】元av女優、麻美ゆま・・・シャレにならん過去が発覚・・・
【悲報】不倫疑惑のNMB48木下春奈の握手会で事実を聞いた結果wwwwwwwwwwwwwwwwww
月収1000万稼ぐ2chネラー がいるとか信じられるか?
【緊急報】お前ら、全員逮捕へ!!!wwwwww
合コンで 大卒「高卒なの?笑」俺「うん」大卒「年収いくらなの?笑」→結果wwwwwww
【エロ注意】御伽ねこむとかいうKカップコスプレイヤーがエロすぎて勃起不可避wwww
【画像】修学旅行中にavに出ちゃったJKwwwアウトだろwwww
【画像】人間の姿に化けて社会に紛れ込んでる化け物がこちら・・・
【JK画像】 夜道で発情しちゃう女子高生をご覧くださいwwwwwwww
4:
だがそいつは四天王の中でも下っ端に過ぎなかった
7:
四天王って普段何してんのう?
8:
その日、俺は友達と二人でカラオケに行くことになった。
スペック
俺:165cm ヲタ 見た目厨房だが高校生 VIPPER
友:155cm 見た目消房だが高校生 恐らくニコ厨っぽい
16:
カラオケに着くと俺達はアニソンやらアニソンやらを歌っていた。
一時間くらい歌ったあと、ふと俺は尿意を感じたんだ。
俺はトイレに向かうことにした。
このときの俺は、トイレが四天王の砦だったなんて知るはずも無かった。
19:
四天王www
17:
カラオケのトイレが砦とかしょぼいw
18:
スレタイで吹いたと思ったらなんだこれ…
21:
前田
鬼塚
薬師寺
葛西
20:
22:
外じゃんwww
23:
妙にヘラヘラしている男がそこにいた。
29:
俺は奴を見ちゃいけないと思いながら小便をした。
絶対に見ちゃいけない…見ちゃいけない…
結局怖いもの見たさに負けてしまった俺は、チラ見をしてしまった。
目が合った。
その瞬間に奴がニヤけたのがわかった。
30:
きめえええええwwwww
32:
奴が迫ってくるのがわかった。
俺は手を洗って早く出ようと思い急いでチャックを上げた。
「おい」
声をかけられた。
33:
目が合っただけで絡むとかどこの田舎の中学生だよ
35:
「な、なに?」
俺は内心ビビりながらも声を張り上げた。
そいつはダボダボのジャージを上下に着ていて、正直身長は高くて威圧感があった。
はげ頭で眉毛がない。でも白血病ではないと思う。
耳にはピアスがジャラジャラついていた。
「お前、ずっと俺を見てただろ?」
自意識過剰かよ
37:
「見てないです」
「見てただろうが」
「見てないです」
「見てただろ?」
「本当に見てないです」
「じゃあ、財布だすか俺とタイマン張れよ」
「いやです」
「話が違うじゃねぇか!!」
DQNがキレた。
38:
確かに話は違うな。二人の話がまったく噛み合ってない
39:
「お前どこ中だよ?先輩に対して生意気じゃねぇ?」
DQNは明らかにキレてる。
「いや、○×高校です。」
俺は自分の高校の名を言った。
「は?お前高校生?wwwwちょwww何年だよwwwww」
「2年です」
「ぶっひゃあああっひゃwwwwwwwお前タメかwwwタメなのかwwwwwwwwwひゃひゃひゃwww」
DQNが狂った。
どうやら同い年らしい。
40:
「お前、△□高校知ってるか?」
「はい」
「△□高校の四天王は知ってるか?」
「いいえ」
「お前バカだな!!△×高校の四天王、タカユキってのは俺のことだ」
知るか
43:
おもしろいなこのDQN
44:
四天王wwwwwwwwww
あと三人だれだよwwwwwwwwww
45:
次の瞬間、誇らしげに胸を張るDQNを見て、俺は思わず吹き出してしまった。
「お前今笑ったか?」
「笑ってないですww」
ニヤニヤを隠し切れないまま俺は言ってしまった。
「ヘラヘラしてんじゃねーぞオラ!!」
「すいませんwwウwwwウヒヒwwwぶひょwwww」
「てめぇ、ブっ殺す!!」
DQNは首の骨をポキポキ鳴らし、指の関節もバキボキと鳴らし始めた。
俺のことを鋭い目つきで睨みながら肩を回す。
そして、拳を振り上げるとDQNは携帯電話で電話し始めた。
48:
この>>1パネェな
54:
「生意気なガキがいたんだけど」
DQNが電話しはじめた。
それならと、俺も155cmの友達に電話することにした。
57:
そこは110だろ
59:
>>1「トイレに四天王がいたんだけど」
62:
「トイレで絡まれた。助けてくれ」
俺も友達に電話した。
ちなみに俺の友達は155cmと、hydeよりも低い身長だ。
だが
そいつは柔道で全国3位になったことのある男だ。
68:
四天王と全国三位か
72:
タカユキの仲間が現れた。
濃い
73:
一人足りなくね?
75:
>>73
ばかwwwボスは最後に出てくるんだよwwwwwwwwwwww
77:
一番右の奴知り合いかもしれん
80:
左のポカーンってした面がむかつくww
74:
面白くなってまいりました
78:
名前は忘れたが、四天王のうちの2人が新たに来た。
香水の匂いプンプンでくさい。
その二人は俺を無言で睨んでいる。
「おう、こいつだよこいつwww俺たちとタイマンはりたいんだってよwww」
捏造だー
155cmはやくきてくれー
85:
と、俺の友達もきた。
DQN達は俺たち2人を見るなり笑い始めた。
「こ、こんなエリートちゃん○×高校のチビどもが、あの△□高校の四天王に喧嘩売ったのかwwwww」
「俺たち四天王が3人も揃ってんのにwwwww」
「こ、こいつらwwwwwバカだろwwwwwwwwwwwwwうwwwwwwwっうぇへへwwwwwww」
「バカはお前等だろ」
155cmが口を開いた。
86:
155cm格好いいな
87:
155センチは軽く三回くらい変身できそうだな
89:
「四天王とかバカじゃないのwww」
155は続けた。
「カツアゲしかできないくせにwwwwそんなら、その四天王を俺が壊滅させてやるよwwww」
俺は、155cmKAKKEEEEEEEEEEEEEEEと思ったが、正直不安で胸はいっぱいだった。
94:
かっけぇぇwwwwwwww
95:
四天王より155cmにwktkしてる件
90:
あれ?何だか>>1が脇役っぽい感じに…
97:
じつは>>1が最後の四天王
99:
「じゃあ表でろや」
最初に絡んできたタカユキが言った。
いつの間にか真顔になってる。
無言で155は外に出た。
俺も後をついてった。
100:
あれ
一緒にカラオケ着てた奴は?
102:
>>100
155cmだぜ
106:
身長155cmは進学校で柔道全国三位でアニオタか
すげーな
103:
155はきっとやってくれる
そして四天王の頂点に君臨する最強のボスも倒してくれるはず
104:
外に出ると、近くの人気のない公園に連れてかれた。
その間に会話はなかった。
公園に着くと四天王は、喧嘩の極意とやらを語り始めた。
105:
喧嘩の極意・・・
112:
「いいか?武器は使ってはいけないってのは常識だな?」
ハゲが言うと、四天王が横でうなずく
「それ以外は何をしても良い」
四天王は再び深くうなずく。
「1対1で戦い、その間に周りの奴らは加わっちゃいけない」
四天王はコクコクしてる。
「もちろん、お前らが負けたら財布を置いてってもらうぜ」
タカユキはそう言い切ったとたん、横にいた四天王の一人がタバコに火をつけた。
くっせぇ
113:
ポケモンバトルみたいだな
115:
お前らが勝ったら財布もらえんの?
116:
3連戦・・・
あ、倒したらボスくるから4連戦か
155cm頑張るな
117:
四天王の一人が155cmに近づいた。
と、次の瞬間そいつはタバコの煙を155cmの顔面に吹きかけた。
「でひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃwwwwwwwwwwwwwwww」
DQNは笑った。
「でひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃwwwwwwwひゃーーーーーーー」
DQNは笑いながら155cmに背負い投げされてた。
119:
吹いたwwwwwww
120:
155cm「足下がおるすだぜ」
121:
財布ゲットだぜ!
124:
ってことはcmが新しい四天王だな
133:
DQNはもがいている。
しかし、綺麗な背負い投げだった。
「ひ、卑怯だああああああああああああ!!!」
なんと、そいつは叫び始めた。
なんと、背負い投げされたDQNは岩に足をぶつけたらしい。
「岩を使ったぞ!!武器じゃねえかあああああ!!どうなんだタカユキ!!」
135:
岩wwwwwwwwwwwwwwをwwwwwwwwww使wwwwwwwっwwwwwwwwwたwwwwwwwwwwww
137:
>「岩を使ったぞ!!武器じゃねえかあああああ!!どうなんだタカユキ!!」
一瞬にして俺の腹筋を崩壊させた
141:
155かっこよすぎるwwwwwwwwwwwww
142:
でも三人いてわざわざ一対一で戦おうとまで言ってくれてる相手を
不意打ちで投げるのは酷いな
352:
柔道相手に外で戦うとかクレイジーすぎるぜ四天王
144:
タカユキ審判かよwwww
148:
いやーでも岩は危ないだろ
155:
「今のは反則だな。ケンカの極意に反している」
157:
タカユキwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
156:
タカユキUZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
162:
タカユキwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
腹筋がwwwwwwwwwwwwwwwww
166:
反則もへったくれもねーよwwwwwwwwww
168:
四天王器小っせぇwwwwwwwwwwwww
167:
155cm「ねぇ、こいつより10倍強いやつはいないの?」
178:
>>167
お前のおかげで155=キルアとしか思えなくなったじゃんw
169:
「武器なんて使ってねーよwってか、なんでもしていいんだろ?ww」
155cmは苦しんでる四天王を見てご機嫌だった。
こいつ怖い
「で、1対1じゃないとダメなんだろ?wwじゃあ、次はお前らの内のどっちがくるわけ?」
155cmはノリノリだ。
172:
かっこえええええええええええええええ
175:
155かっけええええええええええええ
171:
格好いいhydeがいると聞いて
187:
「おい、お前いけ!」
タカユキが叫ぶ
タカユキは最後の砦ってことらしい。
四天王の2人めがやってきた。
「ちょ、ちょっとまて!!!!」
191:
何がくるんだ!!!!!1
203:
「お前は今さっきケンカの極意に反したのはわかるな?」
206:
>>203
亀田だよな?
207:
>>206
やべぇwwwwwwwwww俺も思ったwwwwwwwwwwwwww
212:
「はぁ?で、何が言いたいわけ?」
155cmは少しあきれている。
いや、凄いあきれている
 
「俺もケンカの極意を一度なら破っていいんだよな? 」
221:
>>212
こいつは小学生かwwwwwwwww
223:
>>212
まんま亀田じゃねえかよwwwwww
発言も顔もwww
217:
きょ、凶器攻撃が来るぞー!
225:
「何が言いてえんだよ」
155は近づく。
四天王は後ずさる。
四天王が155の背負い投げを目の当たりにしてビビってるのは手にとるようにわかった。
だが、彼がこんな、とんでもないことを言い出すとは思いもしなかった。
228:
「2対1だ。 ええな?」
「!?」
「!?」
237:
>>228
なんでタカユキまで驚いてるんだよwwwwwwwwww
232:
合体技・・・だと?
239:
>「2対1だ。 ええな?」
クソワロタwwwwwwwwwwwww
236:
四天王「ルール破りktkrwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
241:
しかしこの四天王、ノリノリである
242:
「そいつはセコいだろ」
155は言った。
「おめぇ!岩使っといて何がセコいだゴルァ!!」
背負い投げされた四天王が叫ぶ。
これが負け犬の遠吠えか
244:
受身とりゃええ話やんwwwwwww
247:
さぁ、どうするタカユキ!
251:
>>1もなんかやれよ
253:
「プライドとかないわけ?四天王としての」
155cmかっけえ
俺もう10分くらい何も喋ってねぇ
266:
155駆け引き上手いなwwwwwwwwwwww
267:
四天王のプライドw
256:
極意その3四天王は何があっても負けてはならない
258:
お前もがんばれよwwwwwwwwwww
262:
お前正直もう帰りたかっただろwwwwww
264:
現在いる三人=亀田三兄弟
最後の四天王=亀田親父か
265:
「それもそうだな。四天王相手に立ち向かってきた度胸を認めて、岩を使った件は見逃してやろう 」
タカユキがどうやら、この3人の中ではボスらしい。
「いや。2人で来いよ」
155が口を開いた
「!?」
一同唖然
284:
155強ぇぇええぇえ!!!!!
273:
155カッコイイwwwwwwww
276:
キルアかっこよすぐるwwww
268:
タカユキwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
お前絶対弱いだろwwwwwwwwwwwwwww
269:
タカユキは恐らくべギラマ使える
275:
四天王のプライドズタズタだろ
290:
「あのとき岩使ってきたから負けた、とか言われるのもアレだしなwwハンデでいいよwww」
「いや、これでハンデじゃなくってプラマイ0だな」
「じゃあ、もうそれでいいよ」
本当に俺空気wwwwww
296:
四天王劣勢を認めてんじゃねーかwwwwwww
300:
てか>>1はこの場にいないのに何で知ってんの?
155に聞いたの?
304:
>>300空気だがいるらしいwwwww
303:
「っしゃあああああああ!!」 
155に殴りかかってくるタカユキが見えた。
正直、あそこまで大口叩いといて155が負けたら四天王は一生自慢話にするんだろうな…とか考えると少し怖かった。
307:
遂にタカユキが動いたか!
ここからが本当の地獄だ…四天王側の
308:
引っ込めタカユキwwwwww
314:
318:
>>314
ちょwwwwwwwwwww
319:
内藤wwwww
324:
亀田wwwwwwwwwwwwwwwwwww
323:
エクスプロイダーwwwwww
326:
すごい。すごいよなんか。もう、すごい。
なんかよくわからんが155がタカユキを肩らへんまで持ち上げて地面に叩き付けた。
迫力やばくて、ガチで「おぉ〜」と言ってしまった。
「おぉ〜」
お ま え も か
327:
>>326
ちょwww
333:
おぉ〜てwwwwwww亀田wwwwwwwwwwww
337:
倒れた二人は起き上がってこない。
なんか唸ってる。呼吸やばそう。
全国レベルの柔道技ってそんなにヤバいのね。
「お前もミゾにいれてやるよww」
みたいなこといって、最後の四天王に近づく155が見える
155勇ましい。俺空気。
340:
155ノリノリすぎるだろwwww
344:
ボス誰だよ
347:
ボスは柔道全国一位だなきっと
349:
「おい!タカユキ!!こいつはヤバい!!早くタカヒロを呼べ!!」
「コフー コフー」
355:
たかひろキタ━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!!
356:
真打タカヒロwwwwwwwwww
359:
四天王最後の一人wwwwww
371:
「なにww?また人呼ぶ気?wwwwwwww誰々?wwwwww」
155が近づく。
四天王の3人目の男は後ずさる。
「知ってるやろ!!△□高校のヘッドにして四天王最強の男、タカヒロや!!」
知らね
373:
四天王最強ktkrwwwwwwwwwwwwww
375:
首領がきますよwwww
379:
何だこの王道展開wwww
395:
「しらねwwwwてかさ、お前らが負けたら土下座してよwwwwそれ写メに撮って△×高校の友達に一斉送信してやるからwwwww」
しかしこの155、ノリノリである。
397:
久々の良スレwwwwwww
398:
後半へ続く
405:
>>1:
155:
タカユキ:亀田興毅
四天王2:亀田大毅
四天王3:亀田和毅
タカヒロ:竹内力
414:
「おれにはプライドがある。そんなことしたら男がすたるわ」
「じゃあ、警察でも呼んじゃう?」
「あほかゴルァ!!俺は醜い大人と麻薬と金にしか目が無い奴が大嫌いなんじゃ!! 」
416:
「警察は大嫌いじゃないのwwwwwww」
「あほかゴルァ!!警察も醜い大人だろうが!!」
419:
つまり何が言いたいのかわからん
431:
「それになぁ!!宣言しとくわ!!タカヒロが来たらお前等命ないぜ!!そこのお前もや!! 」
「ふぇ!?」
俺は、もう完全に空気だと思ってたからビックリした。
【画像】死刑執行待ちの死刑囚ランキングwwwww
435:
>>1がようやくしゃべった!
438:
>「ふぇ!?」
>>1かわいいよ>>1
439:
それでも155ならなんとかしてくれる
446:
「そうじゃ!!お前なんもしてないじゃねぇか!!そうだ!おめえかかってこいよ!! 」
「お、俺…!?」
「いや。お前の相手は俺だろ?」
155が口を開いた
448:
155かっけえええええええええええええええええええええええ
453:
亀田wwwwwwww最低だなwwwwwwwwwwww
447:
>>1忘れられてなかったんだなww
449:
>>1が男を見せる時がきたな
456:
155のカッコ良さは異常wwww
こんなダチ欲しいわ・・・
462:
467:
「あのとき2人相手に負けた、とか言われるのもアレだしなwwどうせなら1人に壊滅させられたほうがおもしろいっしょ?www」
「てんめええええええええええええええ」
俺は再び空気となった
475:
155つえええええ
470:
481:
覚悟をきめたのか、3人目の四天王は首の骨をポキポキ鳴らし、指の関節もバキボキと鳴らし始めた。
155のことを鋭い目つきで睨みながら肩を回す。
そして、拳を振り上げると彼は携帯電話で電話し始めた。
482:
>>481
まwwwwwwwwwたwwwwwwwwwwかwwwwwwwwww
483:
なんというフェイントwwwww
484:
だから拳を振り上げる意味はあるのかと
485:
焦らすなwwww
494:
「タカヒロ!!やばいわ!!早く来てくれ!!四天王を潰そうとしてる奴がいる!! 」
「え?これから彼女ん家でエッチ?いいから!頼む!!頼みます!!やばいんだよ!!今度マックポークおごるから!!」
499:
>>494
タカヒロwwwwwwwwwwwwwwパネェwwwwwwwwwwwwwwwww
504:
マッwwwwクwwポwーwwwクwwwww
508:
100円wwwwwwwwwwwwww
516:
安いwwwwwwwww
503:
エッチとマックポークを天秤にかけさせるなよww
505:
タカヒロリア充wwwwwwwww
520:
でもタカヒロはちょっと大物っぽいな
530:
タカヒロ「ククク、四天王最弱の俺を倒した程度でいい気になるなよ・・・」
529:
「え?来てくれる!!さすが!!心の友!!心の友には特別マックポーク2個おごるからな!! 」
「なに?www四天王の最後の刺客?www」
155はノリノリだ。
「覚悟決めとけや!!これから来る男はボクシングの経験者やからな!!」
545:
心の友ってジャイアンかよwwww
533:
エッチ<200円
536:
リアル亀田キタwwwwwww
548:
唯一の格闘経験者w
555:
ボクシングと柔道か
563:
「へぇ〜wwwで、何年ボクシングしてるの?wwww」
「1ヶ月言ってたわ!!お前に負けるはずが無いわ!!喧嘩ってのはなぁ!!拳が勝つんじゃ!! 」
「俺柔道10年www」
「タカヒロは亀田の試合も全部見てるんじゃ!喧嘩の極意では、拳と努力を制したものが勝つんじゃ!! 」
569:
初心者じゃねえかww
566:
一ヶ月とかwwwwww
初心者じゃねえかよwwwwwwwww
そして亀田はお前だwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
567:
ヤベwww笑いとまんねwwwwwwwwwwww
581:
10年に勝てるかwwww
587:
「じゃあ、その男が来る前にお前を潰しとくかなwww」
「ま、待てや!!うひぃ!」
多分大外狩り。
なんかそのまんま押さえ込んでる。DQNの顔まっかっか。
594:
>>587
うひぃwwwwwwwwwww
595:
うひぃwwwwwwwwwwwwwww
599:
155容赦ねぇ
623:
「コフー コフー」
でもすげえな、155は絶対体重軽いのにDQN滅茶苦茶呼吸つらそう
「へへへへへへへwwwww」
155がDQNの髪の毛抜いてる。
フケついてるってはしゃいでる。
チン毛みたいって、はしゃいでる。
この子怖い。
630:
チwwwwンww毛wwwwwwww
628:
さすが155
容赦がない
635:
155も結構やばくねえか?ww
645:
と、そのとき、イカついエンジンの音が聞こえてきた。
ブブーーーブブブーーーーーーン
ブォーーーーーーーーーーーーーーーーン
ブヒイイイイイイイイイイイイイイン
50ccのスクーターが一台、公園の前にとまった。
四天王の最後の男がやってきた。
651:
イカツイで50CCてwwwwwwwwwww
657:
スクーターかよwww
684:
まず驚いたのは、四天王の3人の反応だ。
完全に空気だった岩にぶつかった男も全力で立ち上がった。
タカユキもだ。完全に倒れていたが、バイクの音を聴くなり、急いで立ち上がり苦しさをごまかしている。
押さえ込まれている3人目も、急いで立ち上がろうとするが、彼は身動き一つとれない。
四天王最後の男はヘルメットを外した。
689:
ノーヘルじゃないんだ。感心w
702:
交通安全ですねwwwwwwwwww
688:
めっちゃかっこよさそうwww
696:
なんかすごそうだwwww
701:
リーダーマジパネェなwwwwwwwwwwwwww
711:
四天王最後の男は長髪だった。
今までの奴らとは比にならないくらい体格がいい。
ワイルドな風貌からは、危険なオーラが溢れ出ていた。
「ご、ごめんな!!わざわざ来てもらって!!」
「タカヒロしかもう助け船はなかったんだ!!」
「ほ、本当にごめん!!彼女と遊んでたんだろ!?」
「マジ助かったよ!!」
2人は一斉に言葉を発する。
醜い機嫌取りだ。
だが、それほどこの男は恐ろしい、ということを物語っていた。
「あれ・・・?いち・・・にぃ・・・ん?」
四天王最後の男、タカヒロが言葉を発した。
715:
おお、なんだスクーター以外はまとまなのか?
719:
雰囲気がやばいな
タカヒロは亀田をフルボッコにすると思われ
724:
155じゃウェイト差やばそうだな
タカヒロアホの子っぽいけど
726:
「一人たらなくねぇ?」
タカヒロは気づいた。
730:
タカヒロwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
734:
ちょwwww顔wwwww腹筋死ぬwwwwwwww
750:
アレフwwwwwwwwwwwwwwwwwww
731:
こいつはやばいwwwww
753:
尊wwwwwwwww師wwwwwwww
738:
吹いたwwwwwwwwwww
732:
よりにもよってこのAAwwwwwwwwwwwwwww
マジパネェwwwwwwwwwwww
737:
これは格がちげえwwwwwww
742:
3×3って嘘ついたのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
751:
「そ、そうなんだ!!あいつが今押さえ込んでるんだ!!」 
「俺が必殺パンチで、あのチビを瀕死まで追い込んだんだが、あいつの仲間がタイマンなのにも関わらず加勢してきたんや!! 」
「ふぇ!?」
不意を突かれた。
759:
タカユキwwwwwwwwwww
嘘つきかよwwwwww
四天王プライドないなwwwwwwwwwww
761:
亀田、関西弁になってるw
765:
どこまで器小さいんだwwwwwwwwwwwwwwwwww
766:
完全に下っ端になったな
769:
小物すぎるwwwww
775:
「嘘をつくな。タカユキ。」
776:
wwwwwwwww
780:
かっけえwwwwwwwwwwwwwwwwww
777:
なんて大物だ……
779:
なんかもう全てを悟ってるよなwwwwwwwwww
786:
なんでもお見通しか。流石ボスw
788:
嘘バレたwwwwwwwwwwwwwwwwww
790:
>>775
尊師かっけえwwwwwwwwwwwwww
795:
「!!?」
「ご、ごめん…。あいつは強い。3対1で負けたんだ。」
802:
素直wwwww
796:
白くなったwwwwww
801:
下っ端哀れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
808:
これで本当に強かったらタカヒロさんにマジ惚れるかも知れない
810:
四天王一人だけ別格すぎるだろwwww
814:
こんだけ大物なのに
何で四天王に入ってるんだ?
823:
>>814
タカヒロとかが勝手に名乗ってるだけなんじゃね?
813:
「おwwwwお前が四天王最後の男かwwwww」
155はタカヒロの存在に気づいて、起き上がる。
3人目は既に失神寸前だった。
817:
四天王4連戦マジパネェwwwwwwwwwwwwwww
818:
「おい、小さい奴。お前、俺たち四天王に入らないか?」
タカヒロはいった。
「ちょ!なにいってんだよタカヒロ!!」
タカユキは焦る。
「もちろん、お前は特別だ。俺の下で働かせてやるぜ」
タカヒロは続ける
「そんなあああああああああああああああああああああああああぁぁぁ」
タカユキは叫ぶ
「バカじゃねえのwwww」
155は言い放った。かっけええええええええええ
821:
155wwwwwwwwwww
832:
タカユキ降格かwwwwwww
822:
なんま漫画みたいだなw
825:
これはラストバトルのにおいがぷんぷんするぜ!!!!1
827:
155かっこよすぎだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
830:
「かかってこいよwww」
155は足で土をけってる。マジかっけぇ。
「四天王の勧誘を断るなんて、公開するぜ?」
タカヒロだ。
「弱そうな奴から金とる集団になんか、腐っても入らねぇよ」
155に惚れた。
「女も寄ってくるぜ?」
タカヒロだ。
「・・・・・・・・。 俺を女で釣れると思うな」
「そうか、残念だ。なら仕方ない」
843:
155ちょっと考えただろwww
841:
ちょっと揺れたwww
864:
竜王みたいだな。
世界をふたりではんぶんこ
833:
やっぱタカヒロもDQNwwww
859:
863:
これは危険wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
868:
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
870:
やべぇwww本気になったwwwww
872:
きれいな目してやがる
874:
覚醒したwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
881:
タカヒロパネェwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
877:
オー、ジーザス!!!
879:
急にかっこいいwwww
887:
勧誘アニメの尊氏か
883:
さぁどうなる……?
892:
「この1ヶ月の間、俺はボクシングしかしていなかったあああああああああああああやめてえええええええええええええええええええええ」
155はタカヒロを背負いなげで叩きつけると、その顔を何度も踏みつけた。
155は勝った。
4人はあっけなく土下座をしたので、遠慮なく写メも撮った。
901:
ちょwwwwwwwwwwwwww
897:
タwwwwwwwwwカwwwwwwwwwヒwwwwwロwwwwwwwwwwww
898:
よええええwwwwwwwwwwww
899:
ここまで引っ張っておいてww
900:
はしょんなwwwwwwwwwwwwwwwww
907:
あっけねぇwwwwwwwwwwwww
913:
瞬wwwwwwwwwwww殺wwwwwwwwwww
922:
あっさり終わんなwwwwwwww
930:
めでたし めでたし
921:
写メうpwwwwwwwwwww
946:
帰り道、やけに155cmの背中がでかく感じた。
夕日は俺たちを赤く染める
四天王は、二度と人様から金をとらないと誓った。
俺は最後まで空気だったが、それもまた人生かな。
「さて、一斉送信するぜ!!」
155cmは△□高校の友達全員に一斉送信した。
「よし、いくか!!」
いつもの155cmがいる。
俺達は、ずっと親友だ。
その頃、>>1は自宅で釣りをしていたとさ。
めでたしめでたし
シャメうpめんどくさいし
957:
>>946
やっぱかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww乙wwwwwwwwwwwwwwww
950:
このやろwww
956:
おもしろかったから許す
967:
乙ww楽しかったww
983:

四天王の素直なキャラがよかったw
988:
なかなかよかったぞ!
993:
後のhydeである。
100

続き・詳細・画像をみる


初めてのバイクが納車した!

『FF15』PSVRに対応!ベヒーモスと戦闘、シドニーとドライブできる!

舛添「私が辞めたら東京が笑いものになってしまう」

2歳半娘がキュウリと海苔とトマト以外はほぼ食べない。本当少食で心配通り越してイラついてしまう

カープとかいう超激レア勝ちコレクターwwwww

ベントレー初のSUV「ベンテイガ」公開! 価格は2695万 日本割当分80台はすでに完売

back 削除依頼&連絡先