八幡「雪ノ下と付き合うのは辛かった」back

八幡「雪ノ下と付き合うのは辛かった」


続き・詳細・画像をみる


八幡(大学生も2年目にはいってるんだよな…)
八幡(高校卒業して、1年経過か…早いもんだよな)
八幡(俺は卒業してすぐに、雪ノ下と付き合った)
結衣「ヒッキー!待った?」
八幡「いや…今来たところ」
結衣「そっか、よかった?」
八幡「んじゃ、行くか」
結衣「うん」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434188155
2: 以下、
八幡(高校3年生の期間でも雪ノ下と色々絆深めたし…卒業の際の告白はうまくいくと思ってた)
八幡(もちろん上手くいったんだが…)
結衣「今日どこでご飯食べる?」
八幡「サイゼ」
結衣「…冗談だよね?」
八幡「も、もちろん…」
結衣「もう??!」
八幡「じゃ、じゃあ…平塚先生がおすすめしてたラーメン屋は?」
結衣「いいよ、そこにしようよっ!」
八幡「いいのかよ…」
3: 以下、
ラーメン屋
結衣「あ、ここの醤油ラーメンおいしいっ!」
八幡「由比ヶ浜って、ラーメン食ってる姿似合うよな」
結衣「どういう意味だしっ!」
八幡(付き合う前もある程度は考えてたことだけど…なんというか…)
八幡(雪ノ下の家柄の問題が俺には少しきつかったな…)
八幡(しばらく付き合ってから、相手の家族に少し挨拶に行った時、陽乃さんは今まで以上のプレッシャーをかけてきた。その母親に至っては口には表しにくいものだった…)
八幡(ああ、雪ノ下雪乃と一緒になるというのはこういうことなんだと初めて実感した)
4: 以下、
結衣「ね、ねえ、ヒッキー」
八幡「ん?」
結衣「やっぱりこういうの、ゆきのんに悪いかな…」
八幡「それ言わないでおこうって言ったの、お前なんだけど…」
結衣「あ、そうだよね…ごめん」
八幡「いや、謝らなくてもいいけどな」
八幡(由比ヶ浜とは同じ大学に通っていて…少し微妙な仲になってる…浮気のような)
5: 以下、
八幡「ラーメン食べたあと、どっか行くか?」
結衣「う?ん、カラオケとか行かない?」
八幡「そうするか…」
結衣「あ、あと…」
結衣「今日は泊まるって行ってあるんだよね…えへへ…」
八幡「お、お前な…こんなところで言わなくても…」
結衣「ど、どこで言おうが一緒じゃんっ!」
八幡(由比ヶ浜とは…身体も重ねてるわけで…)
18: 以下、
八幡(雪ノ下とは、違う大学ということもあってか元々会う機会は由比ヶ浜ほどじゃない)
八幡(まあ、彼女だしそこそこ会うんだが)
八幡(大学は違っても、それほど離れてるわけじゃないしな)
アパート
結衣「お、お邪魔しまーす…」
八幡「おう…」
結衣「えへへ…やっぱり緊張するよね」
八幡「まあ…」
八幡(もうこれ…浮気だしな…)
21: 以下、
八幡「えっと…なんか飲む?」
結衣「お茶…とか?」
八幡「わかった」
コポコポ
八幡「ほら」
結衣「ありがとっ」
八幡「カラオケ…けっこう歌ったよな」
結衣「うん、そうだね…ヒッキー意外に高音出るとかびっくりだし」
八幡「よくわからんな…その辺は」
結衣「女性ボーカルを原曲キーとか…普通無理だよ?」
23: 以下、
八幡「裏声混ぜては唄ってるからな…地声だとできないって…」
結衣「それでも凄いと思うけどね」
八幡「な、なあ…今日って泊まって行くのか?ほんとに…」
結衣「うん…いいよね?」
八幡「いいけど…」
結衣「ヒッキーさ…あたしとこういう関係になって…どうかな?」
八幡「どうって…?」
結衣「ちょっとは…気分とか晴れてる?」
八幡「……」
25: 以下、
結衣「ゆきのんと付き合うようになってさ…ヒッキー、疲れてるみたいだったし…」
八幡「今まで付き合ったことない俺が言えることでもないけど…もう少し軽いものだと思ってたんだよ…」
結衣「いや、普通はもっと軽いものだと思うよ…少なくとも大学生くらいまでの恋愛は」
結衣「優美子や姫菜も言ってたし」
八幡「相談してんの?」
結衣「ヒッキーの名前は出してないよ」
八幡「やっぱそうか…雪ノ下は…家柄があるからな」
結衣「ホントはさ…あ、あたしとの関係みたいなのが普通っていうかさ…」
結衣「いきなり、ゆきのんの関係まで行くと、それって婚約だしさ…」
結衣「しかも婚約の相手が王家みたいな感じ?」
27: 以下、
八幡「お前にしては分かりやすいな、その例え」
結衣「どういう意味だしっ!」
八幡「でも、ありがとな。元気づけてくれて…」
結衣「えへへ、いいのそんなの」
八幡「どうするかは、もう少し考えてみるけど…」
結衣「あたしと付き合えばいいし…」
八幡「由比ヶ浜…?」
結衣「ゆきのんと無理して付き合うのは、ヒッキーの為にもならないし…」
結衣「あたしなら…その…ヒッキーと相性とかもいいと思うし…」
結衣「大学生の付き合いできると思うし…」
八幡「お前…」
結衣「ついでに、処女もあげたし…」
30: 以下、
八幡「さらっと恥ずかしいこと言うよな、お前って」
結衣「本当のことじゃんっ!」
八幡「由比ヶ浜って、前から俺のこと?」
結衣「高2の頃から好きだったし!」
八幡「じゃあ、あのアプローチは全部…」
結衣「本気だし!ヒッキー、からかわれてると思ってたんでしょ?」
八幡「あの時は、そう思ってた」
八幡「でも今は違うぜ、ありがとな由比ヶ浜…うれしい」
結衣「ヒッキー…!」
33: 以下、
八幡「雪ノ下とは最近、そのことであんまいい関係でもないしな…難しいとは思ってた」
八幡「でも、なかなか陽乃さんらには言えなくてな…」
結衣「あはは…で、この前ここに来たとき二人で飲んだもんね…それで勢いで…」
八幡「したな…」
結衣「うん…」
結衣「きっかけは勢いだけど、あたしはヒッキーなら良かったよ」
八幡「…ごめん」
結衣「謝らないでよ、それよりゆきのんだよ…」
八幡「ああ…」
結衣「これから、子供とかできたら、苦労しかないってお母さんも言ってたし…」
結衣「今は普通の恋、経験しない?駄目かな?」
八幡「雪ノ下にも言ってみる」
結衣「うん」
34: 以下、
ピンポーン
結衣「あれ?誰か来たみたいだよ?」
八幡「俺が出る」
ガチャ
八幡「……雪ノ下…」
雪乃「こんばんは…ごめんなさいこんな時間に」
八幡「……」
雪乃「どうかしたの?」
八幡「いや…あの…」
35: 以下、
雪乃「最近意思疎通がうまくいってなかったみたいだから…」
八幡「……」
雪乃「謝ろうと思ってきたのだけれど…」
八幡「…」
結衣「え…あ」
雪乃「誰かいるの?」
八幡「いや…!」
雪乃「…」
雪乃「入るわよ」
八幡「お、おい…雪ノ下っ!」
36: 以下、
雪乃「由比ヶ浜さん…!?」
結衣「ゆきのん…!?」
八幡「あ……」
雪乃「…嘘…」
------------------------------
雪乃「…」
結衣「…」
八幡「…あの、えっとだな…」
雪乃「どういうことかしら…?友人を部屋に入れただけ…ということではなさそうね」
八幡「…」
結衣「…」
雪乃「いえ、例え由比ヶ浜さんでもそれはしてはいけないわ」
38: 以下、
八幡「それは…」
雪乃「あなた達は…隠れてこうして会っていたのね…」
八幡「…ごめん」
雪乃「そんな…なぜこんなこと…それも由比ヶ浜さんと…!」
八幡「……俺が全面的に悪いんだよ」
結衣「そうじゃないでしょ」
八幡「由比ヶ浜…?」
雪乃「なにかしら?」
結衣「謝るのも必要だけど…まず、ゆきのんにも非があること言わなきゃ」
雪乃「私に…非があるというの?どういうことかしら?」
40: 以下、
結衣「二人が付き合ってから、ヒッキーどんどん疲れていってたよ?」
雪乃「…」
結衣「それで話も大体聞いてる…家の問題とか色々あるって」
雪乃「ええ、そうね…それで比企谷くんと喧嘩をしたりしていたわ」
結衣「それも聞いてる…そこでヒッキーが疲れてもゆきのん何もしなかったの?」
雪乃「なにもって…そんなことは…」
結衣「だって、おかしいよね?今の時期の彼氏を家によんでまるで婚約者みたいにするなんて」
雪乃「……」
結衣「だからヒッキー疲れちゃったんだよ…ゆきのんの家族の方からもプレッシャーが凄かったらしいから…」
雪乃「……」
結衣「全部見て見ぬふりしてたの?どう考えてもうまくいかないよね?」
41: 以下、
八幡「由比ヶ浜、あのな…」
結衣「ごめん、もうちょっと話させて」
結衣「もちろん、ゆきのんが見て見ぬふりしてたわけじゃないと思う」
雪乃「それで、喧嘩をしたのよ…」
結衣「でも、あなたならいけるっていう言葉を何回も浴びせたんでしょ?」
雪乃「………」
結衣「そういうニュアンスのプレッシャーを与えてたよね?だから最近会えなくなったんでしょ」
雪乃「私は…」
結衣「ゆきのん、ヒッキーに期待しすぎだよ」
八幡「……」
雪乃「……!」
42: 以下、
結衣「奉仕部の名残かな?ヒッキー、ここぞという時の頼りがい凄かったもんね」
雪乃「そうね、あの時の彼は…王子様みたいな感じだったわね」
八幡「恥ずかしいけど、つい最近の話なんですけどね…」
結衣「あの1?2年で、ゆきのんはヒッキーに救われたし、惹かれたんだよね?」
雪乃「ええ…」
結衣「でもそのことを、家柄の問題に当てはめちゃ駄目だよ」
雪乃「そういうこと…」
結衣「うん、あたし達まだ何もわかってない子供なんだよ?種類が違い過ぎるし、ハードル高すぎだって」
雪乃「…」
八幡「…」
44: 以下、
結衣「この件に関して、ヒッキーは隼人くんにかなり劣ってるんだよ?」
雪乃「…そうね、確かにあなたならといった考えがずっとあったわ…」
雪乃「あなたを追い詰めてたことに関して…本当にごめんなさい」
八幡「雪ノ下……」
結衣「うん…それで、あたしは…ヒッキーと浮気しちゃって…ごめんなさい…!」
結衣「あたし…ゆきのんのこと裏切った…!」
雪乃「そうね…でも原因は私にもあったのだし…」
結衣「それだけじゃないよ?…ヒッキーのこと奪えるかもって打算的なことも考えてたよ…」
雪乃「…」
結衣「ゆきのんには任せられないって思うようになって…」
雪乃「そう…あなたは前から、比企谷くんのこと好きだったものね」
結衣「…うん…」
雪乃「それなら…そういう考えになっても…仕方ないのかもしれないわね…」
45: 以下、
八幡「雪ノ下…由比ヶ浜とこういう関係になったのは…俺の心が弱かったせいだ。だから…」
雪乃「そうね、あなたのせいでもあるわね」
雪乃「でも…私がそれを責める資格はないと思うわ」
八幡「雪ノ下……」
結衣「ゆきのん…」
雪乃「比企谷くん」
八幡「…なんだ?」
雪乃「リセットしましょう」
八幡「雪ノ下…?」
雪乃「別れましょう」
八幡「…あ、でも」
雪乃「家族は私が説得するし、あなたに迷惑がいかないように必ずするわ…だから」
雪乃「由比ヶ浜さんと向き合ってあげて…あなたのことこんなに想ってくれてるんだから」
八幡「……」
八幡「わかった」
雪乃「ええ……でも…寂しいわね……」ポロポロポロ
結衣「ゆきのん……!」
46: 以下、
それから、しばらくして…
結衣「ヒッキー!」
八幡「おっす」
結衣「ねえヒッキー、例のレポートやった?」
八幡「なにお前?俺任せとか言わないよな?」
結衣「えへへ」
八幡「いや、笑っても駄目だからね?お前は一色か」
結衣「でも、見せてくれるよね?」
八幡「へいへい」
結衣「ありがと?!」
八幡(俺は…由比ヶ浜と付き合っている)
八幡(雪ノ下の家族の問題は…雪ノ下が一切言わないのでわからないが…)
八幡(葉山もそこに混ざって対応してくれたとか…)
八幡(大枠で聞いただけでも、俺一人でどうにかなるものでもないっていうのはわかった…)
結衣「ヒッキー、こっちこっち!」
八幡(俺は本当にちっぽけな人間で、恋愛も大学からが初めての小市民…)
八幡(高校での成功とかは、周りに恵まれてただけかもな…)
48: 以下、

続き・詳細・画像をみる


お前ら「教師になる奴はいったん社会経験を積んでから教師になれ!」

【ハンターハンター357話】シャルナーク簡単にやられすぎだろwwwwwwww

【絶望】xboxスコーピオ、PS4の6倍の性能

生涯独身の予定の人、取り合えず集合。結婚しないで独身で楽しく生きる方法を教えて。

俺氏、バイト先で冗談を鵜呑みにして問題を起こすwww

近所のマクドの似顔絵コーナーでヤバいもの見つけた

【悲報】小学女児から1100円を盗み、無職の男を窃盗容疑で逮捕

【朗報】日本マクドナルド、全店舗に無料Wi-fi導入!!!!!!!!!

卒業してはっちゃける女子高生、お酒飲み過ぎてエロい姿を晒す・・・(画像)

「これクリア出来たらヘビーゲーマーだな」と言えるゲーム

【朗報】日本マクドナルド、全店舗に無料Wi-fi導入!!!!!!!!!

「To LOVEる」矢吹先生がこち亀を描く!リトさんのハレンチ力流石やでえ……

back 過去ログ 削除依頼&連絡先