【艦これ】しあわせな磯波back

【艦これ】しあわせな磯波


続き・詳細・画像をみる

1:
磯波「あ、あの……磯波と申します……」ドキドキ
磯波「よろしく、おねがいいたします……」ペコリ
提督「おぉ?よろしくよろしくっ」
吹雪「よろしくね、磯波ちゃん」ニコッ
吹雪「私は吹雪ですっ」
提督「僕はここの司令官だよ」
磯波「よ、よろしくおねがいします……」ペコ
提督「あはは……かたいなぁ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457175829
2:
磯波「す、すみません……!」ペコッ
吹雪「あはは……本当に大丈夫だよ、磯波ちゃん」
提督「そーそ、この柱島泊地にはまだ……」
提督「僕たちと君しかいないんだよ」
磯波「えっ、そうなんですか……?」
提督「うん……つまり、艦隊としての活動は今日からなんだ」
吹雪「うんうん」コクコク
提督「新人の僕ではまだまだ頼りないかもだけど……」
提督「君たちだけは絶対守るよ」
提督「だから……一緒にがんばろうな」
磯波「……は、はい!」ニコッ
4:
提督「まず、君たちには泊地正面海域の哨戒をお願いしたい」
「「はいっ」」
提督「十分な資材がここに運ばれるまでは、輸送船の航路だけでいい」
吹雪「だけ、ですか?」
提督「僕たちにはまだまだ経験が足りないからね」
提督「何かあれば友軍に連絡をとるから、無理はしないでほしい」
磯波「……分かりました」コク
提督「ん、じゃあ……よろしく!」パンッ
5:
イ級「!」
吹雪「く、駆逐艦だわ……!」
磯波「ひっ……!」
イ級「ギギッ!」ザザザッ
吹雪「こっちにくる!」
磯波「も、もう戦うしか……!」
バンッバンッ
……
…………
………………
磯波「うぅ……」シュン
提督「あはは、少破程度で気を落とさなくていいよ」
提督「それより、よく帰ってきてくれたね」ニコッ
6:
ゴトッ
提督「ふぅ……」
提督「やっぱ3人だと、掃除もはかどるなぁ」
吹雪「少しずつ、執務室らしくなって来ましたねっ」
提督「あぁ、そうだね……ん?」チラ
磯波「よいしょ……よいしょ……」
磯波「よいしょ……ひゃっ!?」ツルッ
ガシッ
磯波「ふぇっ……」
提督「あ……あぶねぇ?……」フゥ
提督「重かったら、こんどは僕たちもよんでくれよな?頼むよ?」
磯波「は……はい……」カァ-…
7:
イ級「ギギッ!」ザザザッ
磯波「うぅ……今度こそっ」
磯波「ていっ!」バンッ
チュドーン
イ級「ギー……ッ!」
吹雪「や、やった!すごいよ磯波ちゃん!」
吹雪「今日のMVPだね!」ニコッ
磯波「……努力すれば、やれるんだ……」ガタガタ
磯波「う……うれしい……!」ニコ
8:
提督「おぉ!頑張ったね磯波!」
磯波「えへへ……」ニコ
吹雪「さっきの磯波ちゃん、本当にすごかったんですよ!」
提督「そか、それは見てみたかったなぁ」
磯波「……」カァー…
提督「少しは、ここの勤務も慣れてきてくれたみたいだね」
提督「ここも少しずつ人が増えてきたし……」
提督「友軍に認められる艦隊になるまで、頑張ろう!」
「「はい!」」
12:
ズガン ズガン
ロ級「ギギギ!!」ザザザッ
電「はわわ……!」ボロッ…
ガンッ
チュドーン
ロ級「ギィ……」ザブ…
磯波「だ、大丈夫……?」
電「磯波さん!」
電「あ、ありがとう……」ヘナ
磯波「ふふ……」ニコ
……
…………
………………
電「今日は磯波さんが……助けてくれたのです」
提督「そうだったのか……ありがとね、磯波」ニコ
磯波「いえ……そんな」ニコ
13:
磯波「…………」ペラ
吹雪「磯波ちゃーん!」
吹雪「なーにしてんの?」
磯波「あ、吹雪ちゃん……」
磯波「これ、読んでたの」ス…
吹雪「小説?」
磯波「うん……私、本が好き」クス
吹雪「そうなんだ……ごめんね、お邪魔したね」アハハ…
磯波「そんな、平気だよ」
吹雪「……そうだ!オススメの本、私にも教えて!」
磯波「え……?」
吹雪「ここ、海のど真ん中だから他に娯楽もないし」シュン
吹雪「そんなに面白そうに読んでると、興味湧いちゃうよね!」
磯波「……うん、いいよっ」
14:
高雄「こんにちは、高雄ですっ」
高雄「あなたのような素敵な提督でよかったわ」
提督「うん、よろしく!」
磯波「よろしくおねがいします」ペコ
提督「ついに我が艦隊にも重巡がきたね」
磯波「“提督”、おめでとうございます」
提督「そっか、これでその呼び方になるんだなぁ」
提督「よぉし、これからも頑張るぞ!」
磯波「はい」ニコ
15:
伊勢「超弩級戦艦、伊勢型の一番艦伊勢!」
伊勢「参ります!」
提督「おぉーう、強そうだなぁ」
吹雪「ついにうちも、戦艦を迎えたんだね!」
磯波「うん……頼もしいねっ」
吹雪「そう、いよいよ別の海域に向かうらしいし」
吹雪「私達も気を引き締めなくちゃ!」グッ
磯波「吹雪ちゃん、がんばろうね……」
吹雪「うん!」
17:
磯波「え、えいっ」ガンッガンッ
イ級「ギィ!」チュドーンッ
ホ級「グギッ!」チュド-ンッ
伊勢「沈みなさいっ!」ズドォォンズドォォン
ハ級「ッ!」スカッ
ロ級「ギィィィ!」ズガァァァン
伊勢「え!?私が……一番なの?」
パチパチパチ
磯波「うふふ……」ニコッ
18:
提督「ん、どーした?」
暁「司令官、ごきげんようです」フフン
響「今、みんなでラジオを聞いているんだよ」
雷「司令官もどう?」
電「なのですっ」
提督「あはは、ちょっとだけだぞー」
ワイワイ…
磯波「提督、人気者だなぁ……」ジーッ
21:
提督「今日のMVPは比叡か……」
提督「よくがんばったなぁ」
比叡「はい!私も頑張った甲斐がありました!」ニコッ
吹雪「戦艦のみんな、すごいね!」
磯波「うん……かっこいいなぁ」
吹雪「私達も負けていられないねっ」
磯波「……そうね」フフ
22:
磯波「うぅ……」
磯波(あんな大事なところで大破なんて、情けないな……)
磯波(みんなに、迷惑かけちゃった……)シュン
ピト
磯波「ひぁあっ」ビクッ
提督「ウハハ……ほっぺに缶を当てるやつ、一回やってみたかったんだ」
磯波「???」オロオロ…
提督「悪い悪い!……で、どっちがいい?」
提督「コーヒーと甘いの」
磯波「……」ポカーン
磯波「……では、甘いのがいいです」
提督「よっしゃ」スッ
23:
磯波「……おいしいです」フフ
提督「そか、よかった」
磯波「あ、ありがとう……ございます」
提督「いやいやこちらこそ」
提督「ここまでの功労を考えたら、ジュース一本じゃ虫がいいくらいだ」
磯波「そ、そんなこと……」
提督「磯波のがんばってるとこ、ちゃんと見てるからな」
磯波「……はい」カァー…
24:
カポン…
磯波「ふぅ…」ザブ…
磯波(お風呂気持ちいいなぁ……)
磯波(がんばってるとこ、か……ふふふ)ニコッ
伊19「――で、――なの!」ボーン
高雄「――でね……」ボーン
潮「――ですか…」ボーン
ワイワイ…
磯波「……」ジーッ
磯波「……」ペタペタ
磯波「……はぁ」
25:
時雨「ここは……」シャッシャッシャッ…
時雨「ゆずれない……!」ドバッ
ズガァァァン!
吹雪「あれが巷で噂の魚雷カットインかぁ……」
磯波「カット……イン?」
吹雪「あはは、私もよく分かんないっ」
吹雪「でも、私もあれが自在にできるようになればなぁ……」
磯波「……そんなこと」
磯波「私たちは私たちで、できることを精一杯……」
磯波「……がんばろ?」ニコッ
吹雪「磯波ちゃん……」ジーン
26:
磯風「陽炎型駆逐艦十二番艦、磯風……」
磯風「大丈夫、私が守ってあげる」
提督「それは頼もしいなぁ……よろしくね」
磯波「……」ジーッ
磯波「いそかぜ……いそなみ……」ボソボソ
吹雪「?」
磯波「!」ハッ
磯波「な、なんでもない……なんでも」ハハハ…
吹雪「そう?」
磯波(……このへんな寒気、気のせいだよね?)
27:
ワイワイ
ガヤガヤ
谷風「くーりすーますだーいっ!」
初風「ふふ、楽しいわね……」
提督「あはは、サンタ姿似合ってるなぁ」
初風「な、なによ……」
初風「別に、褒めたってなにも……!」カァー…
吹雪「磯波ちゃん、ターキー美味しいねっ」
磯波「う、うんっ」
磯波「……」ジーッ
磯風(いいなぁ……)
磯風(私も一度……ああいうの着てみたいな……)
28:
港湾棲姫「クルナト……イッテイルノニ……!」
吹雪「そんな!魚雷が効かないなんて……」
磯波「ど、どうすれば……」オロオロ
ズガガガガン
港湾棲姫「グゥ……!」
長門「陸の敵には……やはり、これに限るな!」
陸奥「えぇ、新配備の三式弾の味……とくと味わってね!」
ズガガガァァン……
吹雪「す、すごぉい……」ゴクッ
磯波「うん……すごいなぁ……」
磯波「……」
29:
ズガーン!
磯波「ひぁぁ!」ボロッ
吹雪「い、磯波ちゃん!」
……
…………
………………
提督「大破か……磯波、ゆっくり休んでくれ」
磯波「は、はい……」シュン
提督「うーん……仕方ない……」
提督「ここの攻略は戦艦を増やすか……」
磯波「…………」
磯波「……」ガク
30:
磯波「……」シュン
吹雪「磯波ちゃん?」
磯波「ふぇ、な……何?」ビクッ
吹雪「なんだか……最近元気ないね……」
磯波「へ?そ、そんなことないよ……」
吹雪「ふぅん……」ジー…
磯波「…………」
吹雪「そだ、なんか気分転換しよっか!」
磯波「へ、へ?」
吹雪「心を入れ替えるには、まず見た目からだよ!」ニコッ
31:
吹雪「こんな髪型……どうかな!」サッ
磯波「わ、わぁ……!」パァァ
磯波「すごいね吹雪ちゃん……」
磯波「こんなお洒落な髪形……私一人じゃ……」
吹雪「えへへっ、磯波ちゃんのいつもの髪形もかわいいけど」
吹雪「若いうちにこういうの、いっぱいためしてみたいよねっ」
磯波「うん……」カァー…
磯波(この髪型……)
磯波(提督に……一度見てもらいに行こうかな)フフッ
33:
提督「おわ、びっくりした!」
提督「髪型、入れ替えたのか君たちっ」
鈴谷「そーだよぉ!」
熊野「まさにイメチェンというものですわっ」
提督「へぇ……でも、結構似合うね二人とも!」
鈴谷「えへへ……」ニコッ
磯波「…………」ジー…
クル…
吹雪「あれ、いつものに戻すの?」
磯波「うん……ごめん」
吹雪「ううん、いいの!」
吹雪「やっぱり慣れた髪型が一番だもんねっ」
35:
瑞鶴「装甲空母となった瑞鶴の実力!」
瑞鶴「見せてあげるっ!」
ブロロロロ……
加賀「五航戦も成長したわね……」クス
加賀「……制空は任せて」
ブロロロロ……
ズガーン
リ級「グゥッ!」チュドーン
磯波「……」シュー…
磯波「……空母の皆もすごいなぁ」ジーッ…
36:
卯月「卯月のチョコ……受け取ってほしいぴょ?ん!」キャピッ
叢雲「わ、私のも……別にいやならいいけど」カァー…
提督「あはは、そっか……今日はバレンタインというやつか」
提督「みんなありがと、太らない程度に美味しくいただくよ」ニコニコ
比叡「提督!よかったら、私のチョコも頂いてください!」
提督「おぉーう、これはすごい」
提督「世にも珍しい七色のチョコだぁ……」
ハハハハハハッ!
磯波「……たのしそう」ニコ
磯波(私のチョコ……提督、欲しくなんかないよね……)
磯波(……提督の机に、こっそり入れておこう)スッ
磯波(提督……いつもありがとうございます……)ペコ
タッタッタ…
提督「ん?今…………」
37:
提督「昨日、護衛の補給艦が沈んでしまった」
提督「救助が迅だったので、乗組員は全員無事だった……感謝する」
提督「ただ、食料が届くまでの間、少なくとも今日と明日は備蓄の戦闘糧食で過ごしてもらう」
提督「みんな、我慢してくれ」
「「はぁい……」」
磯波「……」グゥー…
提督「あ、いたいた」
提督「どうしたの、食べないの?」
磯波「……提督、それは……できません」フルフル
磯波「これは……昨日の護衛に失敗した……私の責任です」
38:
提督「そんなこと、気にしなくていいのに」
磯波「…………」
提督「食べなよ、磯波」
提督「これは、提督命令」スッ
磯波「……すみません」ス…
提督「久しぶりに乾パン食べたけど、なかなかだねこれ」
提督「オレンジスプレッドもいい感じに贅沢だ」クスッ
磯波「……はい」
磯波「……」サク
提督「……こうやって海を眺めながら……」
提督「その時々のものを美味しく食べる……か」
提督「……本当、いいもんだ」ニコ
磯波「……はい」ニコッ
39:
ビスマルク「Feuer!」ズドォォン
ローマ「全砲門……開けっ!」ズドォォン
ズガァァァン
ズガァァァン
磯波「ていっ、このっ!」スガンスガン
チュドン…
戦艦棲姫「フフフ……効カナイ……」ニタァ
磯波「そんな……!」
ズガァァァン
戦艦棲姫「ガァ……ッ!?」
磯波「!?」
大和「磯波ちゃん、大丈夫!?」
磯波「大和……さん」
40:
磯波「…………」
磯波(私も……もっと……)
磯波(……提督の役に……立ちたいなぁ……)
磯波「…………」
磯波(遠征は……今からじゃ、私よりも燃費のいい子達がいっぱいいる)
磯波(私が必要な任務は……なかったよね)
磯波(カットインも、思うようにいかない……)
磯波(じゃあ、私って――――)
41:
磯波「!」
磯波「……」ブンブンッ
磯波(だめ……こんな気持ちじゃ……)
磯波(……そうだ、吹雪ちゃんに相談しよう)
磯波(今後、私はどうしたらいいのか……)
磯波(吹雪ちゃんなら、きっと……)
42:
ガチャ
吹雪「あ、磯波ちゃん!」
提督「おぉ、ちょうどいいところに!」
磯波「あれ……提督もいらっしゃったのですか?」
提督「そうなんだ、実は……」
提督「吹雪が今日、“改二”になったんだ!」
磯波「っ!」
吹雪「えへへ、これで私も少しは強くなれた……のかな」ニコ
磯波「…………」
43:
磯波「吹雪ちゃん、おめでとう」ニコッ
吹雪「ありとう、磯波ちゃん!」
44:
………………
…………
……
提督『みんな、ここが正念場だ』ザザッ
提督『敵は重巡に戦艦二隻、空母が一隻……いずれも“姫”』
提督『厳しく辛い戦いになるが、踏ん張ってくれ……以上!』
ズガァァン
ブロロロロロ…
ズガァァン…
ドドドッ
ズガン…
45:
シン……
磯波「はぁ……はぁ……」
吹雪「や、やった……!」
磯波「うん……ついに……!」
吹雪「捷四号作戦、攻略完了だね!」
「「「やったああああ!」」」
ドッドッドッ…
提督「みんな、おつかれさま!」
提督「迎えに来たよ!」
磯波「提督……」ニコッ
46:
提督「磯波、大破してるじゃないか……疲れたろ?」
提督「さ、この内火艇に乗って!」
提督「みんな陸まで、指揮船で送るよ!」
磯波「……ありがとう……」クスッ
磯波「ござ………………っ!」
ツツツ……
磯波(魚雷の航跡……っ!?)
磯波(内火艇に向かって……!)
磯波(弾はもう……ない!)
磯波「て、提督――――っ!」
提督「ん、どう……」
ドォッ
47:
磯波「きゃあぁぁっ!」
提督「磯波ッ!?」
吹雪「磯波ちゃん!?」
シュゥー…
磯波(……提督、守れた……)
磯波(でも……艤装がもう……)ガクッ
磯波(……ボロボロだぁ……)
磯波(…………)クスッ
バシャ……
48:
ブク……ブク……
磯波(……でも、いいの)
磯波(これで私も……お役に立てましたか……?)
磯波(なら……磯波は……しあわせ……)
磯波(……です……)ニコッ
ブク…ブク…
磯波(……でも……本当はもっと……)
磯波(提督や吹雪ちゃんと……一緒に……)
―――――――――――――――――――――――
49:
緊急ダメコン発動!
50:
………………
…………
……
チュン…チュン…
提督「おぉい磯波ぃ?!」
磯波「!」ビクッ
提督「お見舞いにきたぞ?!」
磯波「……」シュン
51:
提督「ははは、あの一件まだ気にしてるのか……」
提督「悪かったね、修理要員の妖精さんがいるって知らせたら」
提督「磯波が……無茶しちゃうんじゃないかって思ったんだ」
磯波「……え?」
提督「女神さんでもいれば、こんな入院なんてさせなくてよかったんだけど……」
提督「あいにく、うちにはあの子しかいなくて」クスッ
52:
磯波「提督……」
磯波「そんな貴重な妖精さん、なんで私なんかに……?」
提督「……」
53:
提督「僕は愚鈍なやつだから……理由までは分からなかった」
提督「でも、君が追い込まれていることくらい……分かっていたんだ」
磯波「!」
提督「でも僕は提督という立場だし、君だけを特別視してはいけないと思っていた」
提督「だから、こんなことしかしてあげられなかった……」
提督「……すまない」
磯波「…………!」
磯波「……なん……で……」
54:
提督「……見ていたんだ」
磯波「!」
提督「磯波の頑張ってる所、たくさん」
提督「あの机のチョコも、磯波がくれたんだよな」
磯波「……」
磯波「……」コク
提督「……ゴメン、今更だよな」
磯波「……そうです」
55:
磯波「まだまだ足りません……!」
磯波「私……もっと……!」
磯波「いろん……な……とこ……」
磯波「見て……欲しかっ……た……!」ポロ…ポロ…
提督「…………」
磯波「で……も……」グスッ
磯波「自信も……力も……」
磯波「わた……し……!」ポロ…ポロ…
56:
提督「……磯波」
磯波「……はい……」グスッ
提督「いつでも吐き出していい」
提督「これからは絶対に、僕が受け止める」
提督「だから……これを今、受け取ってほしい」
磯波「てい……とく……?」グスッ
57:
提督「君の今までの頑張りの証明と……」
提督「今の……僕の気持ち」
提督「その両方がひとつになった贈り物」
磯波「……っ」ポロ…ポロ…
磯波「……はいっ」ニコッ
58:
提督の手の中にあったその贈り物は、夢か真か
磯波はただひたすら、落ち着きなく眺めています
やがて彼女は微笑んで、そのありのままを受け止めました
おひさまの下で光沢を放つリングが、静かに磯波の薬指にはめられます
それは、昼下がりの白いベッド上でのできごとでした
―――――――――――fin――――――――――――――
59:
このお話はこれで以上となります。
ゲーム的な意味で初心に帰ることも、たまには大事ですね
ここまで読んでいただいた方、楽しく書かせていただきありがとうございました。
6

続き・詳細・画像をみる


昔「そこそこ出たよ!」→5000枚、今「そこそこ出たよ!」→???

贔屓球団の親会社の製品使わないやつwww

子供がニートに育たない方法を教えよう

ニワトリの最恐のホラームービーはこれだっ!

【画像あり】 うちに新しい子猫きました

橋下徹「なぜ自称人権派は人権侵害をやりまくるのか?」

back 削除依頼&連絡先