飼いネコピンチ ホルモン異常、ペットフードとハウスダスト原因back

飼いネコピンチ ホルモン異常、ペットフードとハウスダスト原因


続き・詳細・画像をみる

1:
飼いネコ ホルモン異常、ペットフードとハウスダスト原因
 愛媛大の野見山桂(けい)准教授(環境共生学)らのグループが、飼いネコの血中から高濃度の残留性有機汚染物質を検出、甲状腺ホルモンへの影響も初めて確認した。
魚介類を原料とするペットフードと屋内のハウスダストが原因とみられ、野見山准教授は「甲状腺機能障害を起こす危険性がある」と指摘する。
8日に新潟市で始まる日本環境化学会で発表する。
 グループがネコの血清55検体を調べたところ、PBDEsと、PBDEsが体内に取り込まれてできる物質が、ヒト血清の数倍?数十倍検出された。
また、PBDEs濃度が高い血清ほど甲状腺ホルモンが少ない傾向も判明した。イヌの血清検体も同様に調べたが検出されていない。
 さらに国内の主要30種のペットフードを調べると、天然のPBDEsが高い濃度で検出された。
カツオやマグロを原料とするものほど高く、ウエットフードの方がドライフードより高かった。
 野見山准教授は「ネコは、毛づくろいと食事からハウスダストと餌に含まれるPBDEsを体内に取り込むが、これらの化合物を体外に排出する力が弱い特有の性質がある」と話す。
成長異常や活力低下など、甲状腺機能障害の臨床例との関連を今後調べる。【松倉展人】
http://mainichi.jp/articles/20160608/k00/00m/040/157000c
2:
室内猫でちゅーるばっかだとヤバいのか……
10:
うちはカリカリしか食わん
14:
中国産のペットフードで
アメリカのペットが大量に死んでた事件あったな
2

続き・詳細・画像をみる


映画「バイオハザード6」の撮影現場で ”ミラ・ジョヴォヴィッチ” 役の女性、左腕を切断

【悲報】AV出演強要の相談きっかけについにAV制作会社社長ら逮捕(労働者派遣法違反)

【動画】「バルカズのダークソウル3」 part18「王たちの化身」との戦い!痛恨の録画ミス!

妊娠を義実家に報告した時、義弟が「じゃあうちの息子もお姉さんの家でお願いできませんか」とか言い出した その2

【社会】「プチ整形」まさか失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後

青少年の初セックス相手がロボットになる恐れ… 研究者「悲惨な結果をもたらす」と危機感

back 削除依頼&連絡先