飼いネコピンチ ホルモン異常、ペットフードとハウスダスト原因back

飼いネコピンチ ホルモン異常、ペットフードとハウスダスト原因


続き・詳細・画像をみる

1:
飼いネコ ホルモン異常、ペットフードとハウスダスト原因
 愛媛大の野見山桂(けい)准教授(環境共生学)らのグループが、飼いネコの血中から高濃度の残留性有機汚染物質を検出、甲状腺ホルモンへの影響も初めて確認した。
魚介類を原料とするペットフードと屋内のハウスダストが原因とみられ、野見山准教授は「甲状腺機能障害を起こす危険性がある」と指摘する。
8日に新潟市で始まる日本環境化学会で発表する。
 グループがネコの血清55検体を調べたところ、PBDEsと、PBDEsが体内に取り込まれてできる物質が、ヒト血清の数倍?数十倍検出された。
また、PBDEs濃度が高い血清ほど甲状腺ホルモンが少ない傾向も判明した。イヌの血清検体も同様に調べたが検出されていない。
 さらに国内の主要30種のペットフードを調べると、天然のPBDEsが高い濃度で検出された。
カツオやマグロを原料とするものほど高く、ウエットフードの方がドライフードより高かった。
 野見山准教授は「ネコは、毛づくろいと食事からハウスダストと餌に含まれるPBDEsを体内に取り込むが、これらの化合物を体外に排出する力が弱い特有の性質がある」と話す。
成長異常や活力低下など、甲状腺機能障害の臨床例との関連を今後調べる。【松倉展人】
http://mainichi.jp/articles/20160608/k00/00m/040/157000c
2:
室内猫でちゅーるばっかだとヤバいのか……
10:
うちはカリカリしか食わん
14:
中国産のペットフードで
アメリカのペットが大量に死んでた事件あったな
2

続き・詳細・画像をみる


USB端子を光らせるだけのカバー。どこで活躍するかというと…

クズな俺23歳、ようやく自分が友達できない原因がわかる

【軍事】沖縄海域で海自と米・印海軍の共同訓練始まる 護衛艦「ひゅうが」などが対空戦や対潜戦の演習 中国をけん制

広島ドラ1岡田 7試合 0勝2敗 37回 防御率2.92

アメリカのカウボーイ、馬に乗って泥棒を追跡→投げ縄で捕獲

「int a = 10; int b = 20; a = b; aとbの新しい値は?」 プログラミングの素質の有無がわかる質問

back 削除依頼&連絡先