ランボルギーニ『センテナリオ』 米国でお披露目へ 6500ccV12エンジンで770馬力 0-100km-h加速2.8秒back

ランボルギーニ『センテナリオ』 米国でお披露目へ 6500ccV12エンジンで770馬力 0-100km-h加速2.8秒


続き・詳細・画像をみる


イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニが3月、ジュネーブモーターショー16でワールドプレミアした『センテナリオ』。同車が間もなく、米国初公開を飾る。
センテナリオは、ランボルギーニの創業者、フェルッチオ・ランボルギーニ(1916年生まれ)の生誕100周年を記念する限定モデル。クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産される。
センテナリオは、わずか40台のために専用ボディを設計。エアロダイナミクスを追求したデザインが特徴で、とくにアグレッシブなリアディフューザーや格納式のリアスポイラーが目を引く。モノコックにフルカーボンファイバー製ボディを組み合わせ、乾燥重量は1520kgに抑えられた。
駆動方式はフルタイム4WDを基本にしながら、センテナリオには新開発の後輪操舵システムを採用。低走行時、ステアリングホイールの舵角とは反対方向に後輪をステア。方向転換の際には、最小回転半径を短縮する。一方、高走行時には、ステアリングホイールの舵角方向に後輪ステアが連動。安定性や車両のレスポンスを高める。
ミッドシップには、『アヴェンタドール』用がベースの6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力は770hpと、ランボルギーニ史上最強のパワーへ引き上げられた。パワーウェイトレシオは、1.97kg/hp。この結果、センテナリオは0-100km/h加2.8秒、最高350km/hオーバーという圧倒的パフォーマンスを実現した。 
このセンテナリオが6月11日、ロサンゼルスのピーターセン自動車博物館で開催されるXboxとランボルギーニの共同イベント「Cruise-In」において、米国初公開。これは、Xboxの人気レースゲーム「Forza」シリーズの最新作に、センテナリオが収録される縁で実現するイベントとなる。
http://response.jp/article/2016/06/10/276727.html
2
でも、お互いんでしょう?
11
こんなのよりミウラ出せよ
13
ギーニはまんまミニ四駆だな
17
コンビニ行く足に一台買うかなぁ?
18
こんなの買っても日本で街乗りじゃもったいない
55
だんだんかっこ悪くなってないか?
ランボで許せるのは個人的には
ディアブロまでのデザインなんだよなぁ
70
バットマンみたいやな
74
なんか違う…
82
もう自動車としての限界は近いだろうな
112
ランボルギーニ・アヴェンタドール
これ以上ない至高のネーミングセンス。
117

続き・詳細・画像をみる


【ハンターハンター】ヒソカ、足も失って絶望!ネテ口を見習えwwwwwwww

【衝撃】浜田雅功が気に入ってる芸人wwwwwwwwww

【悲報】アメリカさん、とんでもない朝食を産み出す

日本が見つけた新元素のニホニウムwwwwww

思わず吹いたスレ・画像・AA・HP・FLASH等『現場にコナン君いそう』

錦織圭選手も?恋人ができると仕事に身が入らないタイプとは?

back 削除依頼&連絡先