絵里「女の子同士の恋愛ってどう思う?」にこ「はぁ?」back

絵里「女の子同士の恋愛ってどう思う?」にこ「はぁ?」


続き・詳細・画像をみる

1:
初投稿です。
ネトゲがメンテで暇だからのんびり適当に何か書く
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404884584
2:
練習後
穂乃果「あー疲れたー」
花陽「つ、疲れました…」
凛「疲れたにゃー…」
ことり「今日はいつもより一段ときつかったよ?」
海未「ラブライブも近いんですから、これからは多少厳しく行きますよ!」
穂乃果「えー!海未ちゃん酷い!」
海未「なっ…!別に酷くありません!大体穂乃果はいつも…」
ことり「ま、まあまあ海未ちゃん」
3:
にこ「はぁ、流石に疲れたわ…」
絵里「お疲れ様、にこ」
にこ「ん?ああ絵里、そっちはあまりお疲れって感じじゃなさそうね」
絵里「にこが体力無いだけよ」
にこ「そんなわけないじゃない、にこは普通よ、普通。あんた達が体力お化けなだけよ」
絵里「誰がお化けよ、酷いわね」
にこ「事実でしょ、なんであの練習の後でたいして息切れしてないのよ…」
絵里「まあそれはいいじゃない、それよりにこ…」
にこ「ん?」
絵里「今日、泊まりにこない?」
4:
にこ「はぁ!?何よ突然?」
絵里「今日家に誰もいなくて寂しいの、それに私料理あまり得意じゃないし…」
にこ「なんでにこが、希でも呼びなさいよ」
絵里「え?あーえっとそれは…」チラッ
希「あ、あー、えーっとな、うち今日は用事があって無理なんよ」
希「それでうちがにこっちやったら家事も得意やし適任ちゃうかなってえりちに言うたんよ」
にこ「はぁ…そんな急に言われても無理に決まってるでしょ、一人でなんとかしなさいよ」
絵里「じゃあ私がにこの家に泊まりに行くわ!」
にこ「……!」
にこ「そ、それはダメ!」
にこ「に、にこ、急に絵里ちゃんのお家にお泊りしたくなったニコ?」
絵里「じゃあ決まりね」
5:
にこ「はぁ…分かったわよ、仕方ないわね…」
絵里「ハラショー!」
にこ「でも取り敢えず私一度家に帰るわよ、泊まるなら着替えとか準備しないと」
にこ(それにこころとここあにご飯作ってあげないと)
絵里「ええ、私の家の場所分かるかしら?」
にこ「前に一度お邪魔したから大体の場所は分かるわ、分からなかったら連絡するし」
絵里「なら大丈夫ね、じゃあ帰りましょうか、にこ、希」
6:
穂乃果「あ!絵里ちゃん達帰るの?」ヒョコ
絵里「ええ、また明日」
穂乃果「うん!ばいばーい!」ブンブン
にこ「あんた達も暗くならないうちに帰るのよー」
希「ほなな?」フリフリ
7:
―――――――
――――
希「じゃあ、うちはこっちの方やから」
にこ「ん、また明日ね」
希「あ、せや、えりち」
絵里「?」
希「我慢できんくなってにこっちを襲ったりしたらあかんで?」コソッ
絵里「なっ…///」
希「じゃあまた明日?」タッタッタ
絵里「も、もう…希ったら…///」
にこ「?」
8:
にこ「あ、そういえば絵里の家食材とかあるの?」
絵里「分からないわ…」
にこ「はあ?分からないってどういうことよ」
絵里「私あまり料理とかしないから何があるかわからないのよ」
にこ「はあ…まあいいわ、じゃあスーパー寄って帰るわよ、余ったら余ったで使うでしょ」
絵里「ごめんなさい、お金は出すから」
にこ「当たり前でしょ」
9:
いつの間にかメンテ終わってた
合間に書いていく
12:
HANAMARU store
にこ「うーん……」
絵里「どうしたの?」
にこ「いや、何つくろうか迷ってて…」
にこ「何か食べたいものとかある?今ならこのにこにーが特別に何でも作ってあげるニコ☆」
絵里「何でもいいわよ、にこが作ってくれるものなら何でも嬉しいわ」
にこ「はぁ…絵里ってタラシって言われたりしない?」
にこ「あまりそういうことばかり言ってると勘違いしちゃう娘出てきちゃうわよ」
絵里「こんなこと、にこにしか言わないわよ」
にこ「そーいうのをやめなさいって言ってんのよ」
13:
にこ「簡単なパスタとかでもいい?費用も安く済むし」
絵里「勿論、でもお金のことは気にしなくても大丈夫よ?」
にこ「あんたが気にしなくても私が気にするのよ」
にこ「パスタならあれとあれを買って……」
絵里「……」ジー
にこ「ん?」
絵里「……」ジー
にこ「…何見つめてるのよ、にこに見惚れちゃった?」
絵里「真面目なにこって普段とはまた違う魅力だなって思って」
にこ「はぁ?にこはいつだって真面目でしょうが!」
絵里「にこ」
にこ「なによ…」
絵里「あなた将来絶対良いお嫁さんになるわよ」
にこ「はいはい、ありがと」
17:
絵里「買い物はこれで全部終わりかしら?」
にこ「後は明日の朝ご飯の材料を買って終わりね」
にこ「絵里は朝はパン派?ご飯派?」
絵里「どっちでもいいけど最近パン食が多かったからご飯が食べたいわ」
にこ「おーけー、流石にお米はあるわよね?」
絵里「あったはずよ…多分…」
にこ「不安だわ……」
にこ「あ、イチゴ買って貰ってもいい?」
―――――
――――
にこ「じゃあにこは一度家に帰るから、大体1時間ほどしたら絵里の家に行くわ」
絵里「ええ、楽しみに待ってるわ」
にこ「それじゃ、また後で」
18:
ガチャ
にこ「ただいまー」
ここあ「あー!にこにーお帰りー!」ギューッ
こころ「お帰りにこにー!」ギュー
にこ「ごめんね?少し遅くなっちゃって、寂しくなかったニコ?」ナデナデ
ここあ「大丈夫だったよ!」
こころ「少し寂しかったけどここあと一緒だったから平気!」
にこ「偉い偉い、お腹減ったでしょ?すぐご飯作るからね」
にこ「今日はデザートにイチゴも買ってきたニコ☆」
こころあ「イチゴ!?やったー!」
19:
>>16
なんかお前の書き込み時間凄いな
20:
―――――
――――
にこ「じゃあにこはお友達の家にお泊りしてくるニコ」
にこ「もう少ししたらママも帰ってくるから、少しの間二人でお留守番できるニコ?」
こころ「できる!」
ここあ「大丈夫!」
にこ「流石こころとここあニコ!」
にこ「行ってくるニコ?」フリフリ
こころあ「行ってらっしゃ?い!」フリフリ
32:
絵里の家
にこ「よし、早作るわよ!」
絵里「私は何をすればいい?」
にこ「2リットルぐらいお湯沸かしてくれる?沸いたら塩を20gほど入れて頂戴」
絵里「分かったわ」
33:
絵里「お湯沸かしたわよ!」
にこ「ちゃんと塩入れてくれた?」
絵里「もちろん」
にこ「じゃあこのパスタ200gを半分に折ってくっつかないように茹でて」
絵里「半分に折るの?」
にこ「そうしたら一本が短くなるから食べやすいでしょ?」
絵里「ハラショー、そういうのもあるのね」
34:
にこ「7分でタイマーセットしとくわね、茹で終わったら茹で汁はコップ半分ほどだけ残しておいてね」
にこ「こっちはフライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れてっと…」
にこ「よし、香りも出てきたしそろそろいいかしら」
にこ「トマト缶を加えてこのまま中火で少し煮るわ」
35:

にこえり「ごちそうさまー」
絵里「美味しかったわ」
にこ「なら良かったわ」
絵里「ちょっと待ってて、お茶いれてくるわ」
にこ「ありがと」
37:
絵里「おまたせ、紅茶しかなかったけどいい?」
にこ「別に何でもいいわよ…」
絵里「砂糖とミルクはどうする?」
にこ「貰うわ」
絵里「にこって味覚も子供なの?」
にこ「味覚"も”ってなによ、"も”って…」
絵里「それはもちろん見た―」
にこ「その先言ったら怒るわよ」
にこ「別にいいでしょ、ミルクティー美味しいんだから…」ズズッ
絵里「にこのそういう可愛いところ、好きよ」
にこ「にこは子供っぽい可愛らしさは目指してないんだけど?」ムスッ
絵里「いいじゃない、可愛いわよ?」
にこ「絵里ってひょっとしてロリコンなの…?」
絵里「違うわよ、なんでそうなるのよ」
にこ「にこの事を可愛いって言った時の目、完全に危ない人のソレだったわよ」
38:
絵里「でもにこって17歳よね」
にこ「そうだけど…」
絵里「私も17歳なの」
にこ「はい」
絵里「つまり私がにこに可愛いというのは何も危なくないわ」
にこ「いや、そういうことじゃなくて――」
絵里「そうだ!」
にこ「ちょっ…」
絵里「お風呂沸いてるわよ!一緒に入りましょう!」
にこ「嫌に決まってるでしょ!?」
40:
絵里「え……」
にこ「何でそんな顔してんのよ!当たり前でしょ!?」
絵里「だ、だって友達同士でお泊りしたら一緒にお風呂に入るのが日本の文化でしょ?」
にこ「そんな文化知らないわよ!そんなこと誰が言ったのよ!誰が!」
絵里「まあまあ、いいじゃない」
にこ「良くないわよ!希ね!?どうせ希が言ったのよね!?」
絵里「ほら、ジャパニーズ裸の付き合いしましょ」グイッ
にこ「いーやーだー!ちょっ、引っ張らないで」
絵里「?♪」
41:
風呂
にこ「……」チラッ
絵里「?♪」ボイーン
にこ「……」ペターン
にこ「はぁ…」
にこ(これだから絵里とお風呂入るのは嫌だったのよ……)
絵里「にこ、髪洗ってあげるわ」
にこ「別にいいわよ、自分で洗えるし」
絵里「私が洗いたいのよ」
にこ「はあ…髪には気を使ってるんだから優しくしてよね」
絵里「分かってるわよ」
42:
絵里「シャンプーうちのでいい?」
にこ「大丈夫よ」
絵里「はーい」
絵里「力加減とか大丈夫?」
にこ「うん、気持ちいいよー」
にこ「絵里って髪洗うの上手いわね」
絵里「そう?昔よく亜里沙のを洗ってあげていたからかもね」
にこ「何か美容師みたい」
絵里「ふふっ、痒いところとかございませんかー?」
にこ「大丈夫でーす」
にこ「それ聞かれて実際痒いところあっても痒いっていうの恥ずかしいよね」
絵里「確かにね」
絵里「はい、終わり」ジャー
にこ「ん、ありがと」
43:
絵里「じゃあ次は身体ね」
にこ「えっ!?」
絵里「友達の背中を洗ってあげるのがささやかな夢だったのよ、ダメ?」
にこ「うー…まあ背中ぐらいなら…」
絵里「じゃあ流すわね」ピト
にこ「ひゃぁ!?」
絵里「もう、変な声あげないでよ…」
にこ「いやいやいや、なんで手なの!?タオルもスポンジもあるじゃない!」
絵里「タオルもスポンジも刺激が強くて肌を傷つけちゃうのよ、知らない?」サワサワ
にこ「ちょっ、く、くすぐったいって!」ビクッ
絵里「こうやって泡立てて肌を包むように優しく洗うのが一番いいのよ」
にこ「し、知ってるけど!知ってるけど背中は別にタオルでもいいじゃない!」
絵里「あんまり暴れないでよ、洗いにくいじゃない…」
にこ「そ、そんなこと言われても…!ひぃぁ、手つきがくすぐったいんだってばぁぁ…」
44:
にこ「はぁ…はぁ…む、無駄に疲れた…」
絵里「にこが暴れるからじゃない」
絵里「ほら、次は前を洗うからこっち向いて」
にこ「ま、前はいい!前は自分でできるから!」
絵里「いいじゃない、いいじゃない別に、ね?」
にこ「ね?じゃないわよ!手つきが怪しいんだってば!」
絵里「まあまあ、ほらただ洗うだけだから、ほんとにただ洗うだけだから、ね?いいでしょ?」
にこ「ひぃぃぃぃぃぃぃっ」
にこ「い、いやぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああ」
45:
LP漏れまくってた
46:
にこ「はぁ…はぁ…じゃ、じゃあ次はにこが絵里の髪を洗うわね…」グッタリ
絵里「ええ、お願いするわ」
にこ「絵里の髪ってほんとに綺麗ね、羨ましいわ」
絵里「そうかしら、にこの髪も綺麗だと思うけど」
にこ「当たり前でしょ、毎日ちゃんとお手入れしているんだから」
絵里「にこも髪洗うの上手いわね」
にこ「そりゃまあにこも毎日こころとここあの髪洗ってあげてるしね」
絵里「双子の妹よね?また会いたいわ」
にこ「んー、まあそのうち機会があればね」
47:
にこ「次はにこも背中洗ってあげるわ、もちろん手でね」ニヤッ
絵里「え!?いや私はタオルでいいから!」
にこ「え?でも?絵里ちゃんの綺麗な肌にダメージ与えたくないしぃ、にこにーの手で洗ってあげるニコ!」サワサワ
絵里「ひゃっ!?」ビクッ
にこ「ん??絵里ちゃんそんな声出しちゃってどうしたニコ??」サワサワ
絵里「あはっあははっ、ちょっ、これほんとにくすぐったいってば」
にこ「ちょっとはさっきの私の気持ち分かった?」
絵里「わ、分かったからや、やめっ…」
にこ「いやニコ」
48:
絵里「はぁ…まさか人に洗って貰うのがあんなにくすぐったかったなんて」
にこ「分かってもらえたようでなによりよ」
絵里「あ、そうだ」
絵里「折角だし前もにこに洗ってもらおうかしら」
にこ「なんでそうなるのよ、前ぐらい自分で洗いなさいよ」
絵里「私も洗ってあげたんだからさ?にこも洗ってよ」
にこ「私は洗ってなんて頼んで無いわよ!」
絵里「嫌?」
にこ「嫌ってわけじゃないけど…」
絵里「じゃあお願いね」
にこ「はぁ…仕方ないわね」
49:
にこ「ほら、洗い終わったわよ、後は自分でやりなさいよね」
絵里「あ、待って」
にこ「ん?」
絵里「肝心なところ洗い忘れてるわよ」
にこ「は?」
絵里「ほら、ここ洗いなさいよ」ボイーン
にこ「」ブチッ
にこ「んなもん自分で洗いなさいよ!」ポカッ
50:
ねる
60:
絵里の部屋
にこ「あの…絵里さん…?」
絵里「なに?」
にこ「なんでにこは絵里に抱きしめられているのかなーって…」
絵里「さあ?なんでかしら?」ギュー
絵里「お風呂上がりで髪をおろしたにこの背中を見ていると急に抱きしめたいなって思ったのよ」
にこ「なによそれ、意味わかんないわよ」
絵里「細かいことはいいじゃない」ギュー
にこ「にこはもう寝たいんだけど」
絵里「まあまあ、後少しだけこのまま…ね?」
にこ「まぁ嫌な気はしないし別にいいけど…」
61:
絵里「……」ギュー
にこ「……」
絵里「ねぇ…」
にこ「ん?」
絵里「女の子同士の恋愛って…どう思う?」
にこ「はぁ?」
絵里「おかしいと思う?」
にこ「世間はどうか知らないけど少なくともにこはおかしいとは思わないわ」
絵里「ほんとに?」
にこ「百合ってやつでしょ?最近はアイドルの中にもわざとそういう関係匂わせて人気得ている人もいるわよ」
62:
絵里「じゃあ…」
にこ「?」
絵里「私が女の子のことを好きになってしまったって、そう言ったらどう思う?」ギュゥ…
にこ「は!?」
絵里「……」ギュゥ
にこ「ま、待って!とりあえず離して!この状況色々危ないって!」ジタバタ
絵里「あ、もう、暴れないでよ」ギュゥゥ
にこ「うー……」
63:
絵里「……」
絵里「……最初はどちらかと言えば嫌いな部類だったのよ」
絵里「でも一緒にいるうちにその子のことを理解していって…」
絵里「その子の熱意や夢に触れて、その小さな身体の内側にとても大きなものを抱いているんだって知って」
にこ「……」
絵里「いつの間にかどんどん惹かれていて、恋をした」
絵里「まあ、多分その子は私の事嫌ってるでしょうけどね」
にこ「……」
64:
にこ「はあ……」
にこ「多分その子も絵里のこと好きよ」
にこ「泊まりに来ないかって言われた時内心飛び跳ねて喜びそうになるほどには好きだと思うわ」
絵里「え、それって……!?」
にこ「あーもう、察しなさいよね///」
絵里「にこ……!」ギュー
にこ「絵里……」ギュー
絵里「よし!キスしましょう!」
にこ「は!?」
65:
にこ「と、突然何言ってるのよ!ダメに決まってるじゃない!」
絵里「私はにこのことが好き、おーけー?」
にこ「お、おーけー…?」
絵里「そしてにこは私のことが嫌いじゃない、むしろ好き」
にこ「そうね」
絵里「つまり私達は両思いということね」
にこ「そ、そうね///」
絵里「両思いならキスしてもいいわよね」クイッ
にこ「へ?」
にこ(か、顔近っ…///)
絵里「にこ……」
66:
にこ「ちょっ!ストップ!ストップ!」
絵里「後少しだったのに…なによ?」
にこ「い、いやほら、私達まだ高校生だし未成年だしこういうことはまだ早いっていうかその…」
絵里「別に早くないわよ、それに今時高校生ぐらいならみんなキスの一つや二つ経験してるものでしょ」
にこ「にこが遅れてるって言うのぉ!?」
絵里「そうは言ってないわ、私だってまだキスしたことないし」
にこ「大体ねぇ、最近の若い子がおかしいだけなのよ、こういうのはもっとお互い時間を重ねてから…」
絵里「私達も最近の若い子だと思うけど」
にこ「うっ…そ、それにほら、私達アイドルだし…」
絵里「ならほっぺにならどう?」
にこ「え、えー?うーん…ほっぺならいい…のかな?」
絵里「決まりね」スッ
にこ「あっ、ちょっ……///」
絵里「にこ、好きよ」
チュッ
67:
―――――
――――
―――
絵里「ねぇ、今日ぐらいパック外してよ」
にこ「はぁ?嫌よ、1日お手入れを怠ると後々になって大きく響くかも知れないじゃない」ペタペタ
絵里「にこの寝顔が見たいのよ」
にこ「諦めなさい」
絵里「どうしてもダメ?」
にこ「ダメ」
絵里「じゃあこうするわ」ヒョイ パクッ
にこ「あー!」
68:
絵里「うぇ…苦い…なによこれ……」
にこ「アロエよ!アロエ!食べるとかバッカじゃないの!?」
にこ「ああもう!ほら!このティッシュに吐き出しなさいよ、バカ」
絵里「きゅうりじゃなかったのね…」
にこ「当たり前でしょ!?」
にこ「きゅうりパックはずっと昔に流行っていた時期もあったらしいけどね」
にこ「今じゃきゅうりに含まれているソラレンって奴が逆にシミを作りやすくなるから誰もやってないわよ」
にこ「それにアロエは自宅でも簡単に栽培できるしね」
絵里「そうだったのね」
にこ「しょうがないから今日だけはパック外してあげるわよ」
絵里「ハラショー!」
にこ「流石にそこまでされたらね…」
69:
絵里「にこ、抱きしめて寝てもいい?」
にこ「…変なことしないわよね」
絵里「変なことって…するわけないでしょ?」
にこ「どうだか、さっきも急にキスしようとしてきたし」
絵里「あ、あれはその、ちょっと舞い上がっちゃったけだけよ!」アタフタ
にこ「……」
にこ「にこって小さいしぃ?自分で言うのも何だけど力弱いしぃ?」
にこ「絵里ちゃんに襲われたら抵抗できな?い、や?んこわい?♪」キャピキャピ
絵里「」
にこ「な?んて、別にいいわよ、変なことしないのは分かってr――」グルン
ドサッ
にこ「へ?」
70:
にこ(お、押し倒された!?)
絵里「にこ……」
にこ「え?え?」
絵里「からかうなら状況を考えた方がいいってこと教えてあげるわ」
にこ「え、絵里ちゃーん?顔怖いよー?ほら、笑ってー?にっこにっこにーってほら……」ビクビク
絵里「……っ!」グッ…
絵里「……なんて、冗談よ冗談」
にこ「え?えっとその……」ビクビク
絵里「そんなに怯えなくてもいいじゃない」ナデナデ
にこ(目が本気だった…)
絵里「ごめんなさい、もう何もしないからほら、寝ましょう?」
71:
絵里「……」
にこ「……」
絵里「……」
にこ「……」
にこ(結局背中合わせでベッドの中だし)
にこ(絵里も以外と不器用というかなんというか…)
にこ(はぁ、全くしょうがないわね?)ゴソゴソ
72:
にこ「絵里、こっち向きなさいよ」
絵里「にこ……」
にこ「なんて顔してんのよ、にこを抱きしめて寝るんでしょ?はやくしなさいよ」
絵里「いいの…?」
にこ「いいも何もあんたから言い出したんでしょうが」
絵里「でも私さっき…」
にこ「いいから、明日も学校はないけど練習はあるんだから早く寝るわよ」
絵里「ふふ、そうね」クスッ
にこ「おやすみ、絵里」ギュッ
絵里「おやすみ、にこ」ギュッ
7

続き・詳細・画像をみる


【エロ注意】ロシア人美少女のだらしない体wwwww

民進党が遂に嘘つきマニフェストを捨てる…政権時代に何一つやらなかった事を国民に思い出させない為に名前を変更

夏にピッタリ! 気分がハイになるウォータースライダー

結婚指輪見に行った時に「家事するとき手間だから石入ってない方が楽かもね」と言ったら彼女が怒り出した

網戸を隔ててリス一匹とネコ二匹…そして避けられぬカタストロフィ。

【悲報】ファンキー加藤さんよりによってこんな日にプロ野球の始球式に登場

駅に変なネコがいたんだがwwwwwwwwww

轆轤って苗字を調べてみると静岡に点在しているんだな

【画像】 大和くん 完全勝利を改めて見せつける

犯罪者がまとう独自の『オーラ』を検知するロシアの監視システムが日本に上陸 警察機関が試験運用

【食文化】ピザとデブの関係

【悲報】ワイ、毎日水4リットル飲むことを決意

back 過去ログ 削除依頼&連絡先