押井守、宮崎駿作品を辛口批評「いつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている」back

押井守、宮崎駿作品を辛口批評「いつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている」


続き・詳細・画像をみる


鬼才・押井守監督が29日、新宿バルト9で行われた映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』ティーチインイベントに来場、宮崎駿作品について、行き当たりばったりで願望だけで作られていると辛口で批評した。
構想15年、総製作費20億円、カナダとの合作でオール北米ロケにより撮影された本作。この日は大勢の押井マニアが集結し、観客からは「押井監督は『構造』という言葉を使うが、この映画の構造は?」「映画の体感時間をどのように考えるか?」といった、哲学的な質問が続々とぶつけられた。
 押井は、「構造というのは、建築的なイメージで言っているのですが、何が何を支えているのか、ということ。キャラクターというのは単独では成立しない。キャラクターっていうのは正確に言えば三角形で成立するもの。それを僕は構造と呼んでいる。概念としてはわかりづらいかもしれないですが、実践的にものを考えていく上では必要なこと」と返答。
 さらに「監督をやっていても構造を持っている人はほとんどいない。私に言わせれば、宮さん(宮崎駿)は構造がない典型」と続けると、「宮さんの作品はいつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている。でも願望やあこがれ、ロマンチックな要素、思い入れを排除したところに出現するのが、いわゆる構造というもの。これは語り出すと本を1冊書けるくらいの内容になるんだけどね……」と語るなど、まだまだ説明しきれない、といった様子。
そんな中、1人の観客が「種族間で争いが続く中、映画に出てくるワンちゃんの存在がオアシスだった」という感想を述べると、その意見をかみしめるようにしみじみと聞いていた押井。「この映画に犬を登場させるのは、この世界の聖獣だから。インドで言う牛みたいなもの。犬に生き物としての本来のあり方を象徴させている」と切り出すと、撮影現場では犬と遊ぶことで精神的に救われたというエピソードや、いかにして本作に出演した犬を探したか、どのようにして犬を撮影したかを喜々として話し続け、会場を笑顔に包んだ。(取材・文:壬生智裕)
映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』は全国公開中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000024-flix-movi
2
トトロ涙目
3
本日のおまいうスレ
4
冗談は顔だけにしろ
10
普通の作品なのに、絵が立派だけで、巨匠になっている。
20
ま?だ駿、駿言ってるのかw
28
よくぞ言ってくれた!
40
おれはどっちも好きだよ
49
押井 アニメオタクしか知らない
宮崎 日本人なら誰もが知っている
この差はデカい
60
作品のよしあしは主観でしかない
だから実力とは結果だけ
104
押井が必死に噛みついても
駿は押井に見向きもしない悲しさ
156
押井は中学でも高校でも大学でも優等生だったはず
160
押井作品は雰囲気だけは一級品
173
雰囲気もジブリのが勝ってる。
208
押井さんがパヤオの批判するなんてw
イノセンスよくわかりませんでしたけど…
245
ビューティフルドリーマーで評価されてる押井だが、
おれはあの映画は娯楽作としてはダメだと思うとる。
ただし、あの映画が与えた影響が業界のためになったのは認める。
276
おれも宮崎作品を面白いとおもったことはない。
なんであれだけもてはやされるのかいまだにわからん。
294
カリオストロとトトロはしっかりしてる
324

続き・詳細・画像をみる


【動画】 マクドナルドで客が店員にマジギレ キレっぷりが凄いと話題に

【乞食速報】Amazonで本50%オフ&50%ポイント還元セール実施中!

新世紀エヴァンゲリオンの昭和感wwwwwwww

【海外】ドイツの政党の会議に男が乱入、女性議員の顏にチョコレートパイを投げつける 移民政策に対する抗議か

【前編】妊娠し最初で最後の2人きりで年越しする約束を破り義実家帰省を計画、問い詰めてもデモデモで悪びれない

ローマ教皇、イケイケYouTuberたちと語りあう

back 削除依頼&連絡先