伊織「なに考えんのよアンタは!!」P「いや……」back

伊織「なに考えんのよアンタは!!」P「いや……」


続き・詳細・画像をみる


伊織「いや…じゃないわよ!アンタねアイドルにっとってはイメージは最重要なのよ!?」
P「承知しております」
伊織「その今まで作ってきたイメージを急に崩したらファンが減るかもしれないのよ!?」
P「全くその通りで」
伊織「何で分かってんのにこんな事態になったのよ!!」
P「いや…その……」
伊織「さっさと答えなさいよ!何で!千早が!
「みんなのきもち」をカバーするなんて事になったのよ!?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455545214
2: 以下、
P「えっと…それはだな…なんというか……」
伊織「なに?まさか相手の事務所に強要されたとかじゃないわよね?」
P「いや!それはないない!!寧ろ先方は千早のイメージを尊重して「Never say never」とか「こいかぜ」とかクール系の曲を提案してくれたんだが…」
伊織「じゃあ!何でよ!?まさかアンタの趣味じゃないでしょうね?」
P「いや…確かにこの曲を歌う千早は見てみたいが今回は違う」
伊織「じゃあなに!?」
P「……希望です」
伊織「は!?」
P「千早本人の熱い希望です」
3: 以下、
伊織「………嘘でしょ?」
P「残念ながら」
伊織「いやいやいや……え?」
P「このカバーの企画が挙がってきたので気軽に何が言いかと聞いたら迷いの無い目でこの曲名を言いました」
伊織「本当に?」
P「本当に」
伊織「いや…だとしても!アンタが止めなさいよ!ある種の暴走よ!?」
P「伊織、やよいの話をしてる時と同じ目をした千早を止められるか?」
伊織「……………無理ね」
4: 以下、
伊織「じゃななに?本当にコレで収録すんの?」
P「いや流石にな……取り敢えず粘り強い交渉を続けようかと…最悪、律子のハリセンに頼む」
伊織「ええ……その方が良いわね……」
P「まぁ聞いてみたい気はするがな」
伊織「怖いもの見たさでしょうが、全く。 でも話はこれだけじゃないわよ?」
P「えー」
伊織「えーじゃない!てかアンタも分かってるでしょ大体?」
P「まぁ、響のことか?」
伊織「そうよ」
5: 以下、
伊織「響も千早と一緒よ。なんで響が「花簪 HANAKANZASHI 」なのよ!!」
P「あー、それ…うん」
伊織「なに?これも響本人の希望とか?」
P「いや、これは妥協の産物というか……」
伊織「はぁ?」
P「響が希望した歌よりかはイメージ壊さないかなと……」
伊織「アイツは一体何を希望したのよ……」
P「あんずのうた」
伊織「……なんていうか、もう…馬鹿なのねアイツは」
6: 以下、
P「最初にそれを提案されて、流石にその歌は勘弁してくれって言ったら「じゃあ花簪で」って言われたからさぁ」
伊織「そんなやっすい交渉術に嵌ってんじゃないわよ!」
P「いや、あの目にそんな邪な感情はなかった」
伊織「その信頼と自信はどこからくるのよ……」
P「だって響だぞ?」
伊織「……………そうね」
P「だろ?」
7: 以下、
伊織「で?まさかこのまま収録する気は無いわよね?」
P「鋭意努力中です」
伊織「頼りないわね…ていうか考えてみなさいよ?あの2人がその曲を歌う姿を」
P「……………」
(千早「みーぎてでーわんちゃーん♪ひだりてでぞうさーん♪りょうーてでーうさぴょーん♪おててたたいてウッキッキのキ♪♪」)
(響「こーんちきちーん♪こーちきちーん♪まつりばーやしがおこしやすー♪♪)
P「……プッ……クックッ………」
伊織「笑ってんじゃないわよ!」
8: 以下、
伊織「これじゃ千早のイメージがガッタガタじゃない!これ歌ったら聞いた人全員千早の気持ちなんか分からなくなるわよ!!」
伊織「響に関してはもう色々渋滞してんのよ!!なんで沖縄出身のアイツが京都の歌歌ってんのよ!これで始めて知った人もう色々訳わかんないわよ!てか何でアイツの中に急にこの曲が選択肢に挙がったのよ!」
P「普段耳にしない京言葉に萌えたって言ってた」
伊織「方言キャラが方言キャラに萌えんな!!」
P「てかさ」
伊織「あん?」
P「もう一周回って有りじゃねえかなって気がしてきた」
伊織「律子のハリセンが机に置いてあったわ」
P「気がしてきたってのは気のせいだったわ」
9: 以下、
伊織「ったく……真面目に考えなさいよ!」
P「まぁ、ちゃんと説明すれば分かってくれるよあの2人は」
伊織「本当でしょうね?」
P「任せとけって」
伊織「まぁ、今はその言葉を信じといてあげるわ」
P「おー、じゃあ俺は仕事に戻るから」
伊織「待ちなさい」
P「えー?まだあんの?」
10: 以下、
伊織「心当たりはあるでしょ?」
P「いや……な、ないよ?」
伊織「そんな反応しといて無いって言い張る度胸は認めるけどね?自白した方が後々楽よ?」
P「伊織の希望は聞き入れませんでした」
伊織「何でよ!「Romantic now」ならイメージとかけ離れてないでしょ!しかもよりによって私のカバーアンタ何した!?」
P「毒茸伝説です」
伊織「イ!メー!ジ!!イメージ!!そもそもあんなデスボイス出ないわよ!!」
11: 以下、
P「同い年だからいいかなーって」
伊織「なにその浅い理由!?15歳もっといるんじゃ無いの!?」
P「あー、前川みくっているだろ?」
伊織「あの猫キャラの?」
P「うん。で、その担当に彼女の歌とかどうですか?って聞いたら「これ以上彼女から猫キャラの座を奪わないで下さい」って涙目で頼まれてさ、駄目だった」
伊織「あっちの事情は知らないけど切実すぎない!?」
12: 以下、
伊織「あれ?もしかしてRomantic nowもあっちからストップかかったの?」
P「いや、俺の判断」
伊織「………理由言ってみなさい?」
P「………新地開拓?」
伊織「その新地は別に開拓したく無いわよ!」ゲシッゲシッ
P「痛い!痛いって!分かったから!希望通りするから!」
伊織「本当でしょうね?」
P「本当に!」
伊織「千早と響の件は?」
P「頑張ります!」
13: 以下、
伊織「じゃあ許してあげるわ」
P「ふぅ……じゃあその件も含めて調整するから仕事戻るぞ?」
伊織「ま、言いたいことは言ったし戻ってもいいわよ」
P「なんでそんなに偉そうなんだよ…)
伊織「当たり前でしょ?アンタは私の下僕なんだから!にひひ♪」
15: 以下、
数ヶ月後 CD発売日
伊織「ふーん、結局カバーは千早はNever say neverで響はミツボシ☆☆★になった訳ね。ま、あんなことしたアンタにしてはまともな選曲じゃない」
P「やればできるんだって」
伊織「ってあら?ボーナストラックなんてあるのね?でも、こんなの録った覚えないんだけど……」ポチっ
千早「さぁみんなでおどるですよ!おどってみんなのきもちになるですよー!わん!つー!さん!しっ!」
伊織「………」ポチポチ
響「はーなかんざしのうーつくしゅうーておもいだすー♪ふーたりーなーがめたーきょうーのこーころー」
P「」そろ?
伊織「なに考えてんのよアンタは!?」
16: 以下、
終わり
少ししたらhtml依頼出してきます
19: 以下、

続き・詳細・画像をみる


八幡「なあ雪ノ下。俺と」雪乃「ごめんなさいそれは無理。だけど――」

ケモナーって基本的に同族嫌悪だよな

『HUNTER×HUNTER』クラピカが最新33巻の表紙を飾る!

サトエリ「豆柴飼ってたけどデカくなってきたから他人にあげたわwwww」

【画像】とあるの学園都市、倫理観狂った実験やりたい放題でワロタ

天井裏の怪奇。そこに潜む魔の手とは?猫ホラーサスペンス

back 削除依頼&連絡先