雪乃「すれ違いにはご注意を」back

雪乃「すれ違いにはご注意を」


続き・詳細・画像をみる

2:
奉仕部 部室
結衣「うーん……」
いろは「結衣先輩、どうしました?」
結衣「最近ね、疲れ?なのかなぁ。肩こりがひどくて」
いろは「……あーなるほどですね」
八幡(そりゃそんだけ立派なもんぶら下げてれば肩も凝るわな。雪ノ下がたまたま居なくて良かった。あいつの血涙なんて見たくないぞ俺は)ペラリ
いろは「先輩? 思考がエロいですよ?」
八幡「おい勝手に人の思考を読もうとするな。そんなこと……なんも考えてないぞ」
結衣「思考がエロい……?ちょっとヒッキー? まさかまた変なこと考えてるんじゃ」
八幡「誤解だ誤解。つーか最近お前ら当たり強くない?」
いろは「先輩がいけないんでしょ? あんなこと、しておいて」
結衣「そうそう。あんなことしておいて」
結衣(あたしはアレだけど、いろはちゃんの場合はちょっと羨ましいんだけどなー。ヒッキーに可愛いとか、あ、愛してるとか言われたら……あたしどうなっちゃうんだろ?)
3:
妄想世界
八幡『結衣。世界で一番、愛してる』
4:
現実
結衣「……///」
結衣(何想像してるんだろあたし。ていうかヒッキーのキャラじゃないやこれ。もっとこう、捻くれてないと)ブンブン
八幡「由比ヶ浜、どうしたボーっとして」
結衣「な、なんでもない! なんでもないからぁ!!」
八幡「そうか」
いろは「結衣先輩、もしひどいならマッサージしましょうか?」
結衣「えっ、いいの?」
いろは「もちろんですよー。いつもお世話になってますから! それにわたし、こう見えてマッサージ得意なんですよ」
八幡(うわぁ取り入るのうまいなーこいつ。ホントどこでも生きていけそう)
結衣「じゃあ、悪いけどお願いしちゃおうかな?」
いろは「はい! じゃあマッサージしにくいのでブレザー脱いで下さい」
結衣「うん。んしょっと……」
5:
八幡「…………」
八幡(ブレザー脱いでるだけ、ブレザー脱いでるだけ、ブレザー脱いでるだけ。でも、やっぱり……立派だ)
いろは「はい、では失礼しまーす」
結衣「んっ」
いろは「…………」グッ
八幡「…………」ペラリ
結衣「んっ……はぁ」
いろは「…………」グイグイ
八幡「…………」ペラ
結衣「うんっ、あっ」
いろは「…………」グッグッ
八幡「…………」ゴソ
結衣「あ、そこっ、いいっ」
いろは「…………」グイッ
八幡「…………」パシャ
結衣「あうっ、やぁ……」
八幡(……こいつ)
いろは(……結衣先輩)
いろは&八幡(無駄にエロい!)
その後、一色から由比ヶ浜へのマッサージはつつがなく終了し、雪ノ下も遅れて部室に到着。何事も無く今日という日を終えることが出来た。だが俺は、この後に起こる悲劇を、この時点ではまったく想像できていなかったのである。
6:
翌日 奉仕部 部室
雪乃「…………」ペラ
結衣「はぁ……」
雪乃「どうしたの由比ヶ浜さん? 溜息ついて肩なんか押さえて、痛むの?」
結衣「そうなんだよーゆきのん。最近肩凝りがすごくてね。昨日もゆきのん来る前にマッサージしてもらったんだけど」
雪乃「……」ピクリ
結衣「ゆきのん?」
雪乃「なんでも、ないわ」
結衣(ゆきのん、辛そうな顔してる……。何かあったのかな?)
結衣「ゆきのん、何でも言ってね? あたしは力になりたいと思ってるから」
8:
雪乃「……ありがとう由比ヶ浜さん。でもね、多分無理よ」
結衣「そんなことないよ!」
雪乃「……由比ヶ浜さん」
結衣「……なに?」
雪乃「この世界はね、残酷なの」
結衣「そう、なんだ?」
結衣(最近ゆきのんが何言ってるのかよく分からないよ)
雪乃「…………」
結衣「…………」
雪乃「この話は置いておきましょうか」
結衣「そうだね。それにしても、ヒッキー遅いね」
9:
雪乃「聞いていないの? 比企谷くんは今日遅れてくるそうよ」
結衣「えっ、聞いてない聞いてない。なんか用事?」
雪乃「平塚先生に呼び出しくらったとか、たまたま昼に会った時に言っていたわ」
結衣「そっかー。てか、なんでゆきのんだけに言うし。同じクラスなんだからあたしにも言えばいいのに」
雪乃「彼のことだから、私に伝えておけば充分と判断したんでしょう。あまり深く考えることはないわ」
結衣「……そうだよね」
雪乃「ええ」
結衣「じゃあ、今はふたりっきりだね。ゆきのーん!!」
雪乃「暑苦しいから今すぐ離れなさい」
結衣「なんか辛辣!?」
雪乃「あら、辛辣なんて知ってるのね。偉いわ由比ヶ浜さん」
結衣「うわーーーーんゆきのんがなんかヒドイよー」
雪乃(ごめんなさい。でも、私だって、私だって肩くらい凝るもの。……由比ヶ浜さんと理由は違うでしょうけど)ズーン
10:
雪乃「……そういえば彼ではないけれど、由比ヶ浜さんは大丈夫なの?」
結衣「へっ、あたし?」
雪乃「先週、今日は三浦さんと海老名さんと遊びにいくって言ってなかった?」
結衣「…………」
雪乃「…………」
結衣「やばいかも」
雪乃「はぁ。行ってきなさい。今は依頼もないし」
結衣「ごめん!! 無理そうだったら戻って来るから!!」ガタ
雪乃「無理しなくてもいいのよ?」
結衣「大丈夫。それに……」
雪乃「?」
11:
結衣(今ゆきのんとヒッキーをふたりきりにするのは、嫌な予感がするから!)
雪乃「由比ヶ浜さん?」
結衣「気にしないで。じゃあホントごめんね、ちょっと行ってくる!」ガラリ
雪乃「行ってらっしゃい」
雪乃「…………」
雪乃「ひとりだと、退屈ね」ペラ
雪乃「なんだか、とても眠いわ」
×  ×  ×
13:
八幡(荷物運びくらい他のやつにやらせて欲しいもんだ。俺は便利屋じゃないってのに)
八幡「うす」
雪乃「……あら、やっときたのね。もう用事は終わったの?」
(いけない。眠ってしまうところだったわ)
八幡「ああ。用事っていってもただの荷物運びだったが」
雪乃「荷物運び?」
八幡「新年度で職員室内でも配置転換があるんだと。それでな」
雪乃「そう。それはお疲れ様。お茶はいかが?」
八幡「貰おうか。それと由比ヶ浜は? 俺より先に来てるはずだろ?」
雪乃「三浦さん達との用事を忘れていたみたいで、慌てて出て行ったわ。戻って来るかも、とは言っていたけれど」
八幡「ほーん。なるほどね」
雪乃「はい、どうぞ」コト
八幡「ああサンキュ」
14:
八幡(ということは、雪ノ下とふたりきりか)
雪乃「比企谷くん」
八幡「何だ?」
雪乃「ふたりきりだからって邪な考えを持たないことね」
八幡「……なんだよ邪な考えって」
雪乃「最近色々あったでしょう。由比ヶ浜さん然り、一色さん然り」
八幡「それはそうだが。あれの大半は俺悪くないぞ?」
八幡(一色の件に関してはあいつの一方的な思い込みだったわけだし)
雪乃「まあ実際のところ、あなたにそんな度胸があるとは思えないけれど」
八幡「そう思うんならわざわざ牽制しなくて良くない? つーかお前ならそんな勘違いしないだろ?」
雪乃「当然よ」
八幡「そういうことだ。大人しく読書でもしてようぜ。そうすれば間違いも起きない」
雪乃「ええ。そうしましょうか」
×  ×  ×
15:
八幡「…………」ペラ
雪乃「…………」ペラ
八幡(静かだ……。由比ヶ浜がいないだけでこんなに違うのか。集中出来ていいけど)ペラ
八幡「……ん」
(この挿絵は……)
雪乃「どうしたの?」
八幡「ああいや、何でもない何でもない」
雪乃「そう」ペラ
八幡(言えるわけないだろ。読んでるラノベに、アレな挿絵が出てきたなんて)
八幡(……巨乳だな)
16:
八幡ワールド
結衣『んっ』
結衣『んっ……はぁ』
結衣『うんっ、あっ』
結衣『あ、そこっ、いいっ』
結衣『あうっ、やぁ……』
17:
現実
八幡(な ぜ 昨日のシーンが再生される)ムク
八幡(ムクじゃねーよおい。いかんいかん心頭滅却心頭滅却。耐えろマイサン)
八幡(やはり俺の中で巨乳=エロい=由比ヶ浜なのか)
八幡(うっ、頭が)
八幡(脳裏に浮かぶのは、つい数日前の、あの日のことでした)
18:
ガハマさんの自撮り画像(イメージ)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org451268.jpg_gy7NwVBvvaKRDQg8uc6F/www.dotup.org451268.jpg
20:
八幡(…………あの画像は消した。だけど)
八幡(心のフィルターに、焼き付いて離れないのだ)ムクリ
八幡(…………起立した。起立してしまった。別に俺が起立したわけではないし、ナニがとは言わない)
八幡(これは、ばれたらシャレにならん)
八幡(とりあえず、脚組んで誤魔化そう)
雪乃「…………」
雪乃(どうしたのかしら。先ほどから落ち着きがないわね)チラリ
八幡「…………」
雪乃(あら、比企谷くんたら。今まで気が付いてなかったのかしら?後頭部に)
雪乃(寝 癖が 立っているわ)
21:
雪乃(仕方ないわね。教えてあげましょうか)
雪乃「比企谷くん?」
八幡「……な、何だ」
(このタイミングで話しかけないでくれ)
雪乃「それ(寝癖)立ってるの、気が付かなかったの?」
八幡「なっ!」
八幡(勃ってるの気が付かなかった、だと?)
八幡「……なんのことだ?」
雪乃「だから、それよ」チラ
八幡「それ?」
八幡(ああ、わかったぞ。どうせこういうオチだろ?危ない危ない。危うく勘違いするところだった)
八幡(シャツの 襟が 立ってた とかそういうオチだろ)スッ
23:
雪乃「どうしたの? 襟を気にして」
八幡「あれ、ウソ?」
八幡(立って、ない……!じゃあ、一体)
八幡「なあ……、じゃあナニが勃ってるんだ?」
八幡(はっ、これじゃセクハラじゃねーか!)
雪乃「それは……」ピク
雪乃(いけない。さきほどからずっと堪えてきたけど欠伸が……)
八幡「雪ノ下?」
雪乃「(欠伸をして)……ごめんなさい、ちょっと」
八幡(口元を手で隠して、俺から顔を背けた……だと)
八幡(これが意味すること。それは……)
24:
八幡ワールド
雪乃『……ごめんなさい、ちょっと私の口からは言えないわ』
25:
現実
八幡(バ レ て い る)
八幡(いや、バカな。冷静になれ。机も挟んで死角になってるし、脚も組んでるのに)
八幡(しかし、雪ノ下の態度を見るにバレてるとしか……)
雪乃「比企谷くん。黙っているということは、ご理解いただけたかしら?」
八幡「えっとだな……ん?」
雪乃「?」←欠伸をして若干涙目
八幡(う、ウソだろ。泣いてる? 俺のせいで、雪ノ下を泣かせた?)
八幡「雪ノ下、泣いてるのか……?」
雪乃「え? ああ、気にしないで。すぐおさまるから」
八幡「悪い。俺のせいだ」
八幡(俺が、勃ったせいで)
雪乃「別にあなたのせいではないわ。気にしないことね」
八幡「……そうか」
八幡(こいつ、案外優しいな。もっとこういうことに対して怒ると思ったけど。生理現象に関しては寛容なのかしら?)
雪乃(私が欠伸をしただけなのだから、比企谷くんは悪くないわ)
26:
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡「とにかく、早くなんとかするから」
雪乃「そうしてちょうだい」
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡「…………」
雪乃「……それ(寝癖)、直さないの?」
八幡「ああ、少し待ってればすぐ元に戻るはずだから」
雪乃「待ってれば勝手に直るものなの?」
八幡「まあほとんどの場合はな」
雪乃「そう……便利なのね」
27:
雪乃(じゃあ、なぜ放課後まで直らなかったのかしら?)
八幡「そうでもない。予測できないタイミングで勝手に勃ったりして困ることもある」
雪乃「……勝手に(寝癖が)立つの?」
八幡「おう。授業中とかだとヒヤヒヤするぞ」
雪乃「それは大変ね」
雪乃(授業中に?居眠りで、ということかしら?)
八幡「(男子なら)誰しもが通る道だからなぁ」
雪乃「私は今まであまり見たことがないけれど」
八幡「結構多いと思うぞ?」
八幡(国際教養科は女子が多いからな。まあ、たまたま見ても反応に困るだけか)
雪乃「そう……」
八幡「…………」
雪乃「待つ意外に直す方法はないの?」
(色々あると思うのだけれど)
29:
八幡「へっ?あるにはあるが……、お前、こういう話平気なの?」
雪乃「別に気にしないわ」
八幡「意外だな……じゃあ、あとは、抜く、とか?」
八幡(まさか雪ノ下と下ネタを話す日がくるとは)
雪乃「抜く?」
雪乃(寝癖が付いた髪を抜くということ?)
雪乃「それは、痛くないの?」
八幡「いや、めちゃくちゃ気持ちいいぞ」
雪乃「えっ?」
八幡「えっ?」
雪乃「(髪を抜くのが)き、気持ち良いの?」
八幡「(自慰が)気持ち良いけど?」
雪乃「そうかしら? まったく想像できないわ」
30:
八幡「まあ確かに(女のお前には)難しいか。こう、すっきりしてな。悟りを開くと言うか、そんな境地に至るというか」
雪乃「……それだと、抜きすぎで禿げが進行しないかしら?」
八幡「そんな話もたまに聞くが、どうなんだろうな? 抜かないと(オナ禁すると)髪に良いとかなんとかとも言うけど」
雪乃「(髪は)そもそも、抜かないにこしたことはないと思うわ」
八幡「それもそうだな」
八幡(抜きすぎるのも良くないっていうし。それにしても雪ノ下のやつ普通に話してるな。実はアレなの? むっつりスケベ?)
雪乃「それと」
八幡「ん?」
雪乃「ちゃんと(髪の)ケアはしているの? そうなる(寝癖が立つ)のは、日頃のケアの適当さが原因とも考えられるわ」
八幡「ケア? そんなのあるのか」
雪乃「ちゃんとしないとダメなのよ。(髪が)傷む原因になるから」
32:
八幡「ほう。例えば?」
雪乃「まずは濡れた状態で放置するのは良くないから、しっかりと乾かすこと」
八幡「濡れた? ああ、その点は多分大丈夫だと思う」
八幡(終わったあとのナニはしっかり拭いてるし)
雪乃「そう? 殊勝な心がけね」
八幡「あとは?」
雪乃「あとはやり方ね。あまり(髪を)ごしごし擦ってはダメ。タオルで優しく、根元を乾かすようにしないと傷みの原因になるわ」
八幡「根元? (ナニの)先端じゃなくて?」
雪乃「先端よりも、根元をしっかり乾かすことが重要なの。いざ(寝癖が)立ってしまった時もそう。先端をどうこうするのは間違いで、根元からしっかり押さえてあげないと」
八幡「…………」
雪乃「なに?」
八幡「……お前、やたら詳しいな」
雪乃「これくらい一般常識の範疇よ」ファサ
八幡(そんな事実知りたくなかった!)
八幡(つーかここまで来るとむっつりスケベ通り越しちゃってないか? )
33:
八幡「…………」ピョロン
雪乃「…………」
雪乃(気になる。とても気になるわ。一度気になってしまうと中々目が離せない)
雪乃「ねぇ」
八幡「何だ?」
雪乃「もしよければ、私が直してあげましょうか」
八幡「はぁ!?」
雪乃「…………」ビクリ
八幡「あ、すまん、ついびっくりして」
雪乃「い、いえ。でもそんなに驚くことかしら?」
八幡「普通驚くだろ? お前がそんなこと言うと思わなかったし」
八幡(雪ノ下が、抜いてくれるなんて。……そんなビッチみたいなこと)
34:
八幡ワールド
雪乃『比企谷くん、気持ち良い?』アハーン
35:
現実
雪乃「あなた、私をなんだと思っているの?」
八幡「っ! いや、だって、ねぇ……」
八幡(そんなこと、頼めるわけねぇだろ)
雪乃「…………」
八幡「…………」
雪乃「普段は中々素直に言えないけれど。ふたりきりの今なら言える」
八幡「?」
雪乃「私だって、あなたに感謝してる部分はある。それを恩返ししたいというのは、いけないことかしら?」
八幡「感謝される謂れはねーよ」
雪乃「でも……」
八幡「いいから。大丈夫だから」
雪乃「……いいわ」ガタ
八幡「おい、何する気だ」
雪乃「勝手に直させて貰うのよ」
八幡「や、やめろ! 今近づくのはマズイ」
雪乃「黙りなさい」
36:
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡(覚悟を、決める、か?)
八幡「……どうすればいい?」
雪乃「まずは(寝癖の根元を)濡らしたいのだけれど」
八幡「……わかった」
雪乃「ちょっと比企谷くん?」
八幡「何だ。やっと覚悟決めたのに」
雪乃「……なぜ、ベルトに手を掛けているのかしら?」
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡(そうか)
八幡(雪ノ下は脱がさない派か……)
37:
八幡(清純そうな見た目で、とんだビッチってことだ)
雪乃「?」
八幡(確かに脱ぐと誰か来た時に困るからな。しかし無駄に慣れてるのがわかると、心が痛む。何故だ?)
八幡(いや、なんとなくだが俺はこれを知っている。とても、とても大切な気持ちだ)
雪乃(彼は一体何を見ているのかしら)
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡「…………」ゴソゴソ
雪乃「……比企谷くん?」
八幡「どうした?」
雪乃「なぜ、無言でチャックを下ろしているのかしら?」
八幡「…………」
雪乃「…………」
39:
八幡「え、だってお前が」
雪乃「私が?」
八幡「お前が、その、これを濡らしたいって」
雪乃「何を言っているのかわからないわ。あなたのそんな粗末なもの、見たくないのだけれど」
八幡「えっ」
雪乃「は?」
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡「いや、お前がさっき抜いてくれるって」
雪乃「抜いてくれる? ただ私は寝癖を直してあげようと思っただけよ」
八幡「えっ」
雪乃「…………」
41:
八幡「…………」
雪乃「…………」
ポクポクポクチーン
雪乃「……比企谷くん」
八幡「何だ?」
雪乃「正座」
八幡「え?」
雪乃「正座」
八幡「はい」
雪乃「説明しなさい」
八幡「はい」
(その笑顔は怖いです雪ノ下さん)
×  ×  ×
4

続き・詳細・画像をみる


このボリュームでこの値段の「かつや」の朝定食安すぎ

大相撲五月場所十四日目 白鵬2場所連続37回目優勝!日馬よく動くも及ばず 稀勢連敗!鶴竜綱の意地 照大関ワースト1場所12連敗

ピアノを演奏しながら高らかに歌うピアノマンな犬が面白い!!

小学生が渋滞していた車の間を抜けて対向車線に出たところをはねられ重体・徳島

【ν速猫部】お前らん家の猫見せろよ【ニャー】

拷問官「おでんで白米食べろ」ぼく「助けてーっ!」

back 削除依頼&連絡先