セイン・カミュ、現在は原宿での一般人インタビュー動画を配信する日々 (※動画あり)back

セイン・カミュ、現在は原宿での一般人インタビュー動画を配信する日々 (※動画あり)


続き・詳細・画像をみる

1:
外国人によっちゃんイカを食べさせてみた!!ファニエスト外語学院のセインカミュー Mr Coconut
セイン・カミュ - Mr Coconut
https://twitter.com/mrcoconutjapan
2:
あちゃー
3:
悲しいなぁ...
7:
干されたらしいからね、しょうがないね
13:
小汚くなってて草
おすすめリンク(外部)
- 【PR!】
- うつ病経験者が描いた「うつ病の時のものの見え方」が完全に鬱病でやばい (※画像あり)
- この画像の旦那自殺したってマジ?
- 【画像】一億円を目の前にした女子小学生の顔をご覧くださいwwwwwwwwwww
- ドラゴンボールゲームの女サイヤ人ちゃんが可愛い件wwwwwwwwwww(※画像あり)
- ラッスンゴレライを見た芸人の反応wwwwwwwwwwwwwwww
- 正●位でヤられてる時の私の顔wwwwwwwwwwww (※画像あり)
- 【テレ朝ヘリウム事故】撮影現場で起きていた事がガチでヤバすぎる・・・
- こっちみんなwwwって画像貼ってけwwwwwwwwww
- 顔40点体90点の女wwwwwwwwwwww (※画像あり)
4:
セイン・カミュ(Thane Camus, 1970年11月27日 - )は、日本を拠点に活動するフランス系アメリカ人のタレントである。アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身。身長185cm、既婚。
父親はアルジェリア人の血を引くフランス系アメリカ人で、母はイギリス人である。大叔父(祖父の弟)はノーベル文学賞受賞作家のアルベール・カミュ。
34:
>>4
カミュの親類なのか…
39:
>>4
ファーマジかよ
初耳やわ
42:
>>4
カミュの親戚だったのか…
56:
>>34
>>42
有名なんか?
59:
>>56
変身とか知らんのか…
62:
>>59
カフカ定期
67:
>>62
異邦人やったな…すまんな
8:
略歴
生後まもなく実父と別れ、実母は日本人男性と再婚。母の再婚相手の仕事の都合で、世界各国を転々とする。
家庭の事情により、滞在先のアメリカンスクールではなく、その国のローカルスクールに入学することによって、幼い頃から数か国語を覚えることとなった。
6歳の時に来日し、神奈川県藤沢市立明治小学校へ入学。教師や同級生などとの生活により日本語を覚える。
横浜市のサンモール・インタナショナルスクールを卒業後、ニューヨーク・ロングアイランドのホフストラ大学に入学。
しかし、当時結婚まで考えていた彼女に振られたショックで大学を中退し、ホームシック気味になって日本へ戻った。
エキストラやモデルとして活動した後にテレビ番組などへ出演し、以後はタレントとして活動するようになった。
数か国に滞在した経験があるが、日本の滞在期間が最も長いため流暢に日本語を話し、幼少期に観たアニメなど日本のテレビ番組にも詳しい。
『クイズダービー』の復刻版に出演した際には、司会の大橋巨泉から
「ひっどい(凄く)日本語うまいね。山形弁じゃないね(ダニエル・カールのこと)。ケント・ギルバートとかよりまだ上手いね」と驚いた様子で評された。
『森田一義アワー 笑っていいとも!』のクイズコーナーに一外国人として出演した際に、アニメなどに関するマニアックな知識を披露したことで注目され、同コーナーのレギュラーとなった。
2002年に日本人女性と結婚。2003年2月に長男が誕生し、2005年12月に次男が誕生。2008年12月に長女が誕生して3児の父親になった。
かつてはR&Aプロモーションに所属していたが、その後同社から脱退。現在では友人たちとともに立ち上げたイクリプス・プロダクションに所属している。
R&Aプロモーションからの脱退後はメディアへの露出が減少したが、講演や営業などで地道に活動を続けている。
9:
英会話教室でもやれよ
15:
>>9
教材には出てる
10:
事務所問題
2004年末、セインは当時所属していたR&Aプロモーションと出演料などを巡って対立した。
2005年3月までに『もしもツアーズ』や『さんまのSUPERからくりTV』を降板するなどメディア出演が減ったのもその影響と見られる。
その後、セインとR&Aプロモーション双方が損害賠償請求訴訟を起こしたが、2009年5月に和解が成立した。
『からくりTV』の降板後は、同番組で過去の名シーンを振り返る企画があっても、本人出演のシーンは一切放送されなかった(同じ事務所に所属していたボビー・オロゴンも同様)。
しかし、2006年10月1日放送の『秋の豪華版!さんまのからくりTV・全員出動スペシャル』へは1年ぶりに出演している。
33:
>>10
そういやボビーも揉めてたもんな
R&Aって糞なんかね
14:
ゴチになりますで勝ちすぎて卒業と言うわけ分からんクビの切られ方された人
それやったら国分もクビにせんといかん
19:
>>14
国分は番組自体の聖域やからしゃーない
出川と同じで最初期からのレギュラーやし
16:
パックンとの差
46:
>>16
ほとんどの全国紙には載ったし、NHKにもでてた。
TBSラジオにもでてる。
でも、つまらない。日本語を流暢に話さない。
17:
仕事ないんか?
NHKとかに出てそうなイメージだったけど
28:
>>17
なんの番組かは忘れたけどNHKには少し前にでてたな
21:
外タレの事務所経営してなかったっけ
上手くいかなかったんか?
22:
TVは結局事務所だってはっきりわかんだね
24:
水曜日のダウンタウンで久々にみたわ
27:
アルジェリアの血入ってんのか
29:
訪日外人観光客に日本の珍味を食べさせて感想を聞くという嫌儲民が聞いたら憤死しそうなことをやってる
外国人に納豆巻きテスト!!ファニエスト外語学院のセインカミュー Mr Coconut
初めての明太子!!ファニエスト外語学院のセインカミュー Mr Coconut
30:
サムネがつまらない
35:
アルベール・カミュの親戚なんかよ、初めて知ったわ
アルベール・カミュ(Albert Camus、フランス語: [albɛʁ kamy] ( 聞く)、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。アルジェ大学卒業後ジャーナリストとして活動、第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目される。また『カリギュラ』『誤解』などを上演し、劇作家としても活動した。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなったが、エッセイ『反抗的人間(フランス語版、英語版)』はその思想をめぐって毀誉褒貶を受けた。1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞している。1960年、交通事故により急死した。(中略)
タレントのセイン・カミュは従孫(兄の孫)にあたる[1]。
引用 アルベール・カミュ - Wikipedia
47:
芸人youtuberで打線組めるんちゃう
49:
カミュの親戚って割りと有名な話ちゃうの
というかセインカミュの売りってそれくらいしかないやろ
50:
>>1
52:
>>50
小汚ない
53:
>>50
よっちゃんイカってもう汚いイメージしかないわ
57:
セインとSMAP独立騒動は芸能事務所のヤバさが丸出しで面白い
61:
ぶっちゃけパックンより好きだわ、セインは
パックンは愛想が無さすぎる
66:
>>61
セインも心なかった頃あったけどな
70:
こないだ水曜日のダウンタウンで見たら
えらい老け込んでたな
71:
髪結ってるイメージや
7

続き・詳細・画像をみる


【画像】漫画でよくある「殺気で相手に幻を見せる」みたいなシーンが好き

ネトゲで知り合った女の子をガチで好きになってしまったんだが

安倍が消費税率10%への引き上げを再び延期する方針を固めた

都道府県「好き」「嫌い」番付

一度は訪れたい世界各地の美しい18の村

生まれたばかりの赤ちゃんを抱きしめて一緒に昼寝するラブラドール・レトリバー犬がカワイイ!!

back 削除依頼&連絡先