モバP「あぁ、血が吸いたいなぁ…」back

モバP「あぁ、血が吸いたいなぁ…」


続き・詳細・画像をみる


P「最近残業続きで、全く血を摂取できていない」
P「最後に血を吸ったの…いつだったかな」
P「このままでは、事務所のアイドル達を襲いそうだ」
P「どうしたものか…」
<ガチャッ
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453816529
2: 以下、
ちひろ「おはようございます!プロデューサーさん」
P「あぁちひろさん、おはようございます」
ちひろ「今日も朝早くからお疲れ様です、いつもの、置いておきますね」つスタドリ
P「ありがとうございます、いつもすみません」
ちひろ「いえいえ、プロデューサーさんにはいつもお世話になっていますから」
P「こちらこそ、ちひろさんには助けて貰ってばかりですよ」
P「…じゃあ、遠慮なくいただきますね」
ちひろ「えぇ、どうぞ」ニコッ
3: 以下、
P(まぁ、吸血鬼の俺には何の効果もないけど)
P(あぁやっぱ生きのいい血じゃないとだめだ…全然足りない)
P(誰か、誰かいないのか…)
ちひろ「…」ニコニコ
P(………ん?)
4: 以下、
P(待てよ)
P(ちひろさんならいいんじゃないか?)
P(結婚はしていないだろうし、見たところ健康そうな成人女性だ)
P(後は…)
P「ところでちひろさん、ちょっと聞きたいことがあるんですが」
ちひろ「はい、なんですか?」
P「ちひろさんって彼氏とかいるんですか?」
ちひろ「…へ?」
5: 以下、
ちひろ「…え?と、突然なんですか?」
P「あぁ、いえ…ちょっと気になっちゃいまして、ちひろさん美人だしやっぱり彼氏とかいるのかなーって」
ちひろ「!?」
ちひろ「えっと、その…あの…」
ちひろ「…ぃ、いません」
P「へーそうなんですか、意外ですね」
P「じゃあ好きな人とかいるんですか?」
ちひろ「うぇええ!?」
6: 以下、
P「…いないんですか?」
ちひろ「あああえっと、その…」
ちひろ「…」
ちひろ「い、います!」
P「あぁ、そうですよね」
P(まぁそりゃそうだよな…こんな綺麗な人が誰とも付き合わないなんて、好きな人がいるからだよな)
P「いやぁ羨ましいな、ちひろさんに好かれるなんて」
P(流石に好きな人がいる女性の血を吸う訳にもいかないよな、他を当たるか)
ちひろ「あ、あの!」
P「あ、それじゃあ俺衣装チェック行ってきますね」
<バタンッ
7: 以下、
未央「おっはようございまーす!あれ、ちひろさん一人?」
ちひろ「…」
未央「プロデューサーは?入れ違ったのかな…って、どうしたのちひろさん?顔真っ赤だけど」
ちひろ「…」
未央「…ん?」
未央「?!」
未央「き、気を失ってる!?」
8: 以下、
P「うっ…」フラッ
P(まずいなぁ…今朝もがっつり肉を食ってきたが、効果が薄いか)
P(誰か…誰かいないか…)
ルキトレ「あ、プロデューサーさん!おはようございます」
P「…おはようございます」
ルキトレ「次のライブの衣装チェックですか?」
P「えぇ、そうです」
ルキトレ「ちょっと待って下さいね、確かこっちに…」
P(…ん?)
P(待てよ)
P(この子ならいいんじゃないか?)
9: 以下、
P(いやでも…彼氏くらいいるだろ、学生だし)
P(それ以前に彼女未成年じゃないか、やばいそれはやばい)
P(何がやばいって…)
ルキトレ「あ、そうだプロデューサーさん、輝子ちゃんのヴァンパイア衣装なんですが…」
P「うっ」ドクンッ
ルキトレ「?、プロデューサーさんどうかしましたか?」
P(まずい!)
P「す、すみません後はお願いします!」
ルキトレ「…どうしたんだろう?」
10: 以下、
P「はー…」
P(いよいよやばいな、危うく衝動的に襲うところだった)
P(幸い今日は事務仕事だけだし、このまま気分を落ち着けて休みながら…)
幸子「おはようございます!プロデューサーさん、今日もカワイイボクが来ましたよ!」
P(…気分を、落ち着けて)
幸子「…あれ?どうしたんですか机に突っ伏して、駄目じゃないですか朝からサボりだなんて」
幸子「プロデューサーさんはボクのために一生懸命頑張る義務があるんです!休んでる暇なんてないんですよ」
12: 以下、
P(…)
幸子「…ま、まぁどうしても疲れているというならボクが話し相手になってあげてもいいですよ?」
幸子「ほら、ボクと話すことができるだけで元気になるでしょう?」
幸子「だから仕方ないですけど話し相手になってあげます!ボクは優しいですからねぇ♪」
P(まぁ)
P(幸子ならいいか)
13: 以下、
P「幸子、頼みがある」
幸子「それかボクを褒めて…頼みですか?」
P「あぁ、今個人的なことでとても困っていてな」
幸子「個人的なこと…」
P「他のやつには頼めないんだが…お前になら任せられそうだ」
幸子「!」
幸子「フフーン、ボクに頼みごとだなんて…プロデューサーさんも分かってますね!」
幸子「いつもならお断りするところですが…プロデューサーさんに免じてやってあげましょう!」
P「ありがとう、幸子」
14: 以下、
P「この中で話そうか」
幸子「ここって…倉庫じゃないですか」
P「他のやつに聞かれる訳にはいかないからな」
P「もちろん…このことは誰にも話さないでくれよ?」
幸子「分かってますよ、二人だけの秘密ですね!」
P「あぁ、そうだな」
15: 以下、
幸子「それで、ボクに頼みたいことって何ですか?」
P「そうだな…」
P「…単刀直入に話した方がいいか」
P「幸子、血を吸わせてくれないか?」
幸子「…はい?」
P「隠してたけど、俺吸血鬼なんだ」
幸子「…は?」
17: 以下、
幸子「…プロデューサーさん、エイプリルフールは早いですよ?」
幸子「そんな冗談を言うためにこんなところまで連れてきたんですか?」
P「まぁそう思うよな」
P「でも、冗談でも嘘でもないだなこれが」スッ
幸子「へ?」
<ギュッ
19: 以下、
幸子「わぷ、な、なななな」
P「ごめんな幸子、もう我慢できないんだ」
幸子「な、なにを…!!」
P「…」
幸子「ぷ、プロ…」
20: 以下、
P「…」
幸子「…」プルプル
P「なーんてな」パッ
幸子「…え?え?」
P「どうだ驚いたか?ハロウィンのお返しだ」
P「ま、許してくれ。今度何かおごるからさ」
幸子「…」
幸子「ぷ、プロデューサーさぁん!!」
21: 以下、
P(…)
P(…ふー)
P(危なかった、マジでやるところだった)
P(あと少し理性が働くのが遅かったら大変なことになっていた)
P(ちひろさんには悪いが、今日は早めに帰させてもらうかな…)
23: 以下、
小梅「プロデューサーさん…」
P「ん?小梅か、どうしたこんなところで?」
小梅「…ちょっと、お話が…あるんですけど…」
P「話?あぁ、いいぞ」
小梅「…」
P「…?」
小梅「あ、あの…」
小梅「プロデューサーさんは、人間じゃない…の?」
24: 以下、
P「…」
P「どうしてそう思うんだ?」
小梅「…違ってたら、ごめんなさい。でも、あの子が…その…」
P「うん」
小梅「…プロデューサーさんから、変な雰囲気…感じたって…」
P「…そうか」
25: 以下、
小梅「…」
P「あーあ、上手く隠してたんだけどなぁ」
小梅「!」
P「やっぱ幽霊の眼は誤魔化せないか…軽率だったな」
小梅「それじゃあ…!」
P「あぁ、俺は…」
小梅「ゾンビ?」
P「そう、いや違ーう」
26: 以下、
小梅「…違うの?」
P「まぁ幽霊よりは近いけど、肉体は腐敗してないからゾンビではないな」
小梅「じゃあ…」
P「吸血鬼、ヴァンパイアだ」
小梅「吸血鬼…!」
P「…何か嬉しそうだな、怖くないのか?」
小梅「…こ、怖いよ?今のプロデューサーさん、すごく…目がギラギラしてるし」
P「…」
27: 以下、
小梅「…でも、それ以上に」
P「?」
小梅「すごく…嬉しい」
P「なぜ?」
小梅「…す、好きだから」
P「あぁ…そういえば幸子が言ってたな、ホラー好きだったか?」
小梅「う、うん…」
P「…」
28: 以下、
P「ま、いいや」
小梅「?」
P「バレてしまったものは仕方ない、開き直らせてもらうぞ」
P「ついてこい」グイッ
小梅「あっ…」
29: 以下、
幸子(まったく、プロデューサーさんには困ったものです)
幸子(いくらボクがカワイイからって、あんなことをするために嘘をつくなんて…)
幸子(…ボクにしか、頼めないなんて)
幸子(…)
幸子「あーもう!プロデューサーさんの…」
幸子「…?あれは…」
30: 以下、
幸子「プロデューサーさんと、小梅さん?」
幸子「二人していったいどこに…というか、何で手を繋いでいるんですか…」
幸子「…」
幸子「プ、プロデューサーさんはともかく、小梅さんが心配ですし…」
幸子「うん、仕方ない…ですよね」スススッ
31: 以下、
<バタンッ
幸子(あそこって、さっきボクが連れて行かれた場所じゃないですか)
幸子(…まさか、小梅さんにも同じことをするつもりなんじゃ)
P『小梅、頼みがあるんだ…』ギュッ
幸子(…)
幸子(と、止めないと!!)
「…っ」
幸子「…?、今、何か聞こえたような」
幸子(あれ、扉開いてる…?)チラッ
幸子「…!?」
32: 以下、
P「…ふぅ、ごちそうさま」
P「とっても美味しかったよ」
小梅「はっ…//、はっ…//」ガクガク
P「…ん、どうしたんだ小梅?なんだか辛そうだな」
P「まるで発情しているみたいだぞ」
33: 以下、
小梅「あっ…う、か、身体が…熱い…」
P「どこか痛むのか?腹か?」サワッ
小梅「ち、ちが…」
P「なら…足か?」スッ
小梅「…っ//」ビクッ
P「んー良く分からないな、とりあえず脱がして…」
34: 以下、
幸子「ちょちょ、ちょっと何やってやがりますか!?」バンッ
P「幸子、仁奈みたいな話し方になってるぞ」
幸子「そんなことはどうでもいいんです!さっきから見てたら、なな、何セクハラしてるんですか!?」
P「セクハラじゃないさ、小梅がちょっと熱っぽいから治療をだな」
幸子「こんな誰も来ない倉庫でやってる時点で説得力皆無ですよ!」
P「ちっうっせーな、反省してまーす」
幸子「ええ…」
35: 以下、
小梅「…プロデューサーさん、仕方ないよね?」ガシッ
幸子「ふぇ!?こ、小梅さん…?」
P「そうだな、見られちまったもんは仕方ないよな」スッ
小梅「うん、じゃあ…」
P「いただきます」
幸子「ちょ」
36: 以下、
「フ、ふひ…ふたりとも、どうした?」
「なんか…目が、怖い…ぞ」
「!?、プロデューサー?いつの間に?」ガシッ
「え?輝子さんはドロッとしてておいしそう?な…何のこと?」
「え、あの…顔がちか」
「あっ(裏声)」
37: 以下、
あ、終わりです
Pと小梅ちゃんとの情事を見て中に入れなかった幸子がXXするSSください
依頼出してきます
38: 以下、
千川の血はスタドリでできてるから吸血しないんだね、分かります
43: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【速報】 水素水ガチで凄い

【タックスヘイブン】日本 超富裕層 税逃れ ユニクロ・柳井氏、ドンキ・安田氏、ベネッセ・福武氏…

盗まれた「38万円自転車」がピカピカに磨かれグレードアップして返ってきた…加えられた部品は誰のもの?

年収280万男性(40)「結婚相談所では年収で断られる。なぜなのか」 絶望の三人に一人が生涯未婚へ

いろんな素材で作られた生き物のオブジェを淡々と貼るスレ

林先生、発見される

こけし、苔、刀剣…マイナーだから好きな◯◯ガールの次のターゲットは意外や意外にアレだった!

【画像あり】1982年発刊の自己啓発本の内容wwwwww

『ばくおん!!』5話感想 北海道ツーリング!洗車方法も先生も酷いwww

こういう夜行バスに乗る奴wwwwwwwwwwwww

【ネタバレ】映画「エヴェレスト 神々の山嶺」が雑すぎて観客がブチギレ激怒 / 雑すぎる8つのポイント

この世には2種類の人間がいる。君はどっち側?イラストで比較する2種類の人々「2 Kinds of People」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先