「11ぴきのねこ」の世界へ、バスツアーで親子ら楽しむ とらねこたいしょうらがお出迎えback

「11ぴきのねこ」の世界へ、バスツアーで親子ら楽しむ とらねこたいしょうらがお出迎え


続き・詳細・画像をみる

1:
さんのへ春まつりの関連イベント「11ぴきのねこバスツアー2016」が4日、
青森県三戸町の県立城山公園を主会場に行われた。
あいにくの雨模様の中、町内外から親子71人が参加。
出迎えた「ねこ」と触れ合ったほか、大型紙芝居やスタンプ集めなど、
名誉町民の漫画家、故馬場のぼるさんの世界を存分に楽しんだ。
ツアーは町と「町絵本とお話の町づくり推進委員会」が共催し13年目。
アップルドームを発着点に、参加者がねこのイラスト入りバス3台で馬場さんのお墓がある法泉寺に立ち寄り、
三戸望郷大橋など名所からの眺めを楽しんだ。
屋外で予定していた企画は、公園内にある和風大広間「祥鷹閣」で実施。
子どもたちは11種類の「11ぴきのねこスタンプ」を記念台紙に押したり、
玄関で出迎えた「とらねこたいしょう」とじゃれ合ったりして大喜び。
昼食を挟み大型紙芝居が披露され、親子で興味深く聞き入っていた。
県立三戸高の生徒8人がボランティアスタッフとして参加し、紙芝居などをサポート。
町の特産品などが当たる景品の抽選会も行われた。
抽選会でクリアファイルやせんべいの詰め合わせを当てた佐藤真湖さん(町立三戸小5年)は
「11ぴきのねこに会えて、とてもかわいいと思った。
城山公園はよく来るけど、滑り台で遊ぶのが楽しい」と笑顔で話していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00010002-dtohoku-l02
玄関で出迎えた11ぴきのねこになでられ大喜びの子ども
3:
コレジャナイ!!!
26:
>>3
それなw
てか、猫と一緒にバスツアーやったら普通に流行りそう。
でも、人間は楽しいけど猫にはストレスだから無理かも?
8:
でかすぎワロタ
6:
なんかこの絵見たことある気がする
13:
11ぴきのねこ,って結構ダークなんじゃなかったっけ?
16:
>>13
知らなかった事とはいえ、猫達が妊娠中の恐竜の上に岩落としたりしてたよね
15:
コロッケとでかいアホウドリの話が懐かしい
17:
「11ぴきのねこ」といえばコロッケ
30:
>>17
うまそうだったよなあ。
ドラえもんの高級フランスケーキと並ぶ思い出。
3

続き・詳細・画像をみる


【閲覧注意】人間の頭 ”だけ” が50mも飛ばされる

便が黒ければ「胃がん」赤ければ「大腸がん」白ければ「胆のうがん」を疑え

【R18】幼馴染「えっ!診断結果がヤンデレ?!」

千早「夜の春香は凄いんだから」

黒猫を撮影するとおマヌケに映る謎現象wwwwwww

【画像】あやねるのおっぱいwwwwwwwww

ガルパン11回見たから各映画館の感想書いてく

【社会】警官2万人超が押し寄せ…伊勢志摩サミットに“大迷惑”の嵐

コナンマニア「原作の第1話に超重大な秘密が隠されてる」

GWも終わるしこの名作漫画を読んで感想書いとけ

のび太「たまんねえなおい」骨川「よせって野比wwwあの娘引いてるじゃんwww」

倒れた赤ちゃんを驚くべき反射神経でキャッチする父親がスゴイ!!

back 過去ログ 削除依頼&連絡先