凛「プロデューサーは蒼が好きだよね?」まゆ「紅色ですよねぇ…?」back

凛「プロデューサーは蒼が好きだよね?」まゆ「紅色ですよねぇ…?」


続き・詳細・画像をみる


ゆっくり進行っす
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448971158
5: 以下、
書き忘れてたけどキャラ崩壊注意っす
4: 以下、
〜早朝、Pの家前〜
凛「……」
まゆ「……」
凛「……ちょっとまゆ、そこ玄関開くとぶつかるから邪魔になるんだけど。馬鹿なの?」
まゆ「……うふふ。凛ちゃんに比べたらまゆなんてとても、ですよぉ」
凛「何が?」
まゆ「お邪魔度も、馬鹿さもです」
凛「むっ」
まゆ「むむっ」
6: 以下、
凛「そもそも何でまゆがここにいるのさ。今何時だか分かってる?」
まゆ「もちろん。朝の四時、Pさんが朝起きる時刻です。朝ごはん抜きがちですから、キチンと作ってあげないと」
まゆ「あ、凛ちゃんはおねむだったらお家に帰って寝てて大丈夫ですよぉ?」
凛「そっくりそのまままゆに返すよ。……というか、そんなこと知ってるなんて悪質なストーカーみたいだけど?」
凛「ねぇ、まゆ」
まゆ「そっくりそのまま返します」
まゆ「ね、凛ちゃん」
凛「……」
まゆ「……」
7: 以下、
―――
P「……んん……」
P「あー……今、何時……?」
P「……って、もうこんな時間!? ヤバイ遅刻する! 給料飛ぶ!!」
P「朝ごはんは……食ってる時間ねぇ!」
P「急げ急げ……!」
ガチャ
凛「むぎぎ……!」ムイー
まゆ「うぎぎ……!!」ムイー
P「何やってんだお前ら」
11: 以下、
〜事務所〜
ちひろ「はーい、お薬塗るから動かないでねー?」
凛「し、しみる……いひゃい……」ヒリヒリ
まゆ「ま、まゆは痛くなんかありませんもん……うぅ」グスン
凛「! わ、私もじつは痛くなんか――」
ちひろ「それならまゆちゃんにはお薬たくさん塗っておきますね? ちょっと今のよりしみますけど……はい、ぬりぬり」
まゆ「え、あ、うそ、やっぱり待ってくだ……あ、う、うぅぅぅうぅぅぅぅぅぅ…………っ!」ポロポロ
凛「」
ちひろ「で、凛ちゃん? 私の聞き間違いでなければ凛ちゃんも塗っておきたいんですけど……」
凛「き、聞き間違いだよ、うん」ガタガタガタガタ
12: 以下、
まゆ「いたくないいたくないいたくないいたくない……」カタカタカタカタ
P「ったく、何やってんだか……アイドルは顔が命なんだから気をつけてくれよ?」
凛「は、はーい」
まゆ「うぅ、Pさんほっぺ撫でてぇ…」
凛「あ、私も私も!」
P「アホなこと言ってるくらいならレッスン行って来なさい。じゃ、外回り行ってくるから」
バタン
凛「……」
まゆ「……」
13: 以下、
凛「……ちょっと。まゆが変なこと言うからプロデューサー行っちゃったじゃんっ」
まゆ「凛ちゃんが後から乗って来たせいですよっ」
凛「だってほっぺ撫でて貰えるの羨ましかったんだもん」
まゆ「だったら凛ちゃんから言えばよかったじゃないですか」
凛「あんな恥ずかしいこと言えるわけないじゃん。どっかの誰かと一緒にしないでよ」プフーッ
まゆ「…ケンカ売ってるなら買いますよぉ…?」
凛「上等。かかって来なよ」
16: 以下、
まゆ「凛ちゃんの無愛想! 厨二病! クンカー!」
凛「まゆのヤンデレ! ストーカー! ぶりっ子!」
ギャーギャーギャーギャー
ちひろ「……」ズズーッ
ちひろ「ふぅ」
奈緒「……ちひろさん、あいつら止めなくていいの?」
ちひろ「あら奈緒ちゃん。そうね……まぁ、いいんじゃない? 見てれば分かるわよ、ほら」
奈緒「?」チラリ
ーーー
まゆ「スレンダー! 犬っ娘! クーデレ! 美人! 蒼!」
凛「垂れ目! おふくろの味! リボン! 可愛い! 紅!」
ーーー
ちひろ「――いつも、あんなふうに悪口思いつかなくなって褒め合いになるだけだから」
奈緒「……あぁ。バカなのな、あいつら」
18: 以下、
加蓮「や、普通にうるさいんだけど……」
ちひろ「加蓮ちゃん。ふふ、それもすぐ解決すると思うわよ」
加蓮「……?」
ーーー
まゆ「凛ちゃんのすかぽんたんっ!」
凛「まゆのすっとこどっこいっ!」
P「……」ガチャ
まゆりん「あ」
P「……お前ら」
P「正座しなさいこのポンコツアイドル娘共ぉっ!!」
ーーー
ちひろ「……とまぁ、ここまでがテンプレなのよ」
加蓮「……うん、バカなんだね、二人とも」
ちひろ「そんな直接言うと可哀想よ?」
奈緒(否定……出来るわけないな、うん)
29: 以下、
P「お前ら……少しは仲良くできないのか?」
凛「誰がこんなヤンデレと仲良くなんか」ツーン
まゆ「私だってこんな無愛想ちゃんとはお断りです」プイン
凛「はぁ? 無愛想ちゃんって誰のこと? そんな名前の人いないんですけどー!」
まゆ「嫌味に決まってるじゃないですかぁ! そんなのも通じないなんてほんとお馬鹿ちゃんですねー!」
凛「なっ!? ば、馬鹿って言う方が馬鹿だし! 私馬鹿じゃないし!」
まゆ「馬鹿はそういうんですー! ばーかばーか!」
P「こらァッ!!」
まゆりん「」ビクッ
30: 以下、
〜レッスン場〜
まゆ「うぅ、たくさん怒られちゃいました……」
輝子「お、お疲れ様…フヒ」
乃々「じ、自業自得だったと思うんですけど……結構うるさかったですし……」
まゆ「凛ちゃんがうるさくさせてるんですよぉっ。まゆは悪くありませんっ」
輝子「和解までの道は…フヒ、長そうだな…」コソコソ
乃々「たぶん凛さんのほうでも同じようなこと言ってるんじゃないでしょうか……」コソコソ
まゆ「こうなったらレッスン頑張って凛ちゃんを見返しちゃいます! 頑張りましょうね、輝子ちゃん、乃々ちゃん!」
輝子「フヒッ…お、おー…!」
乃々「あぅ……むーりぃー……!」
31: 以下、
ーーー
凛「まゆのせいでたくさん怒られた! まゆのせいでたくさん怒られた!」グスッ
加蓮「落ち着きなって。というか、凛もだいたい悪かったと思うよ?」
凛「むーっ!」
加蓮「はいはい、よしよし、どうどう」ナデナデ
奈緒「……ってか、あんなケンカばっかしてんのに律儀に顔合わせるところがアレだよな」
凛「だって同じ事務所だし。そうじゃなきゃ誰があんな紅色と!」
奈緒「でもなんだかんだ言って無視とかはしないじゃんか?」
凛「だって無視なんて可哀想だよ」
奈緒「いやまぁ、そりゃそうだけど」
凛「自分がやられたら嫌なことは誰かにやっちゃダメなんだよ? こんなとことも知らないなんて……奈緒って意外とお馬鹿さんだね」ハァ
奈緒「加蓮。これって殴っていいって合図だよな? 戦争のお誘いだよな?」
加蓮「気持ちは分かるけど落ち着いて。収集つかなくなるから」
33: 以下、
加蓮「まぁ、愚痴るくらいならレッスンでも頑張って頭空っぽにした方がいいと思うよ」
凛「……うん。ありがと」
〜〜〜
凛「ってわけでレッスンに来たのに……」
まゆ「……」
凛「……何でもうまゆがいるの!?」
まゆ「……あら、凛ちゃん」
凛「ちょっと。露骨に半音下げて呼ぶのやめてよ」
まゆ「…うふふ、すいません。無意識でした」
まゆ「凛ちゃんは何しに来たんですか? 出口はあちらですよぉ?」
凛「レッスンに決まってるでしょ、アイドルなんだから。あとさりげなく帰らせようとしないでよ」
35: 以下、
凛「帰るならあんたが帰りなよ。足ふらふらだよ?」
まゆ「…眼科に行くことを強くお勧めしますねぇ? このくらい、まだまだ余裕ですよぉ…」
凛「強がらなくていいってば。私、倒れても知らないよ? そこら辺のすみっこでおとなしく休んでなって、邪魔だから」
まゆ「…うふふ、お気づかいありがとうございますね。ですがあなたの言う通りにするのは、想像以上にクるものがありまして…」
まゆ「安心してくださいねぇ…凛ちゃんが先に倒れたら、優しく、うんと優しく介抱してあげますからぁ…!」
凛「疲れすぎて妄想と現実の区別もできなくなっちゃったんだ…可哀想に」
凛「いいよ、売られたケンカは買ってやる。倒れたあんたを膝枕して、泣くまで頭をナデナデしてあげるから…!」
ーー
乃々「……きゅ、休憩から帰って来たら修羅場だったんですけど……」カタカタ
輝子「フ、フヒヒ……」フルフル
39: 以下、
ーーー
ーー
凛「ぜー…ぜー…!」
まゆ「はー…はー…!」
乃々「」ガタガタ
輝子「」ブルブル
凛「そ、そろそろ限界なんじゃない、まゆ…?」ゼーゼー
まゆ「ふ、ふふ、戯言は鏡に言ってくださいね、凛ちゃん…!」ハーハー
ガチャ
P「おーい、ちゃんと励んでるかー? 差し入れ持ってきたぞー!」
凛「あ…」
まゆ「P、さん…」
P「……って、なんで乃々と輝子はそんな隅っこで抱き合ってるんだ? 凛とまゆもふらふらだし――」
凛「」カクッ
まゆ「」パタリ
P「ってうおぉぉぉぉぉぉぉいっ!?」
40: 以下、
〜事務所〜
加蓮「……で、勝負に熱中しすぎて」
奈緒「ぶっ倒れて事務所に郵送されてきた、と」
輝子「フヒ…そ、その通り…」
乃々「あぅぅ…修羅を見たんですけど…」
奈緒「馬鹿を見たの間違いだろ、それ…」
輝子「で、でも…なんか、意外だったな…」
加蓮「なにが?」
輝子「あ、いや…まゆさんって、大人なイメージあったから…」
乃々「確かに……。今日のまゆさん、子供っぽい感じでした……」
48: 以下、
加蓮「確かにあの二人、一緒にいるときだけ精神年齢下がるよねー。五歳くらい?」
奈緒「だなぁ。ぶっちゃけ小学生がじゃれ合ってるようなもんだし」
乃々「……むしろウチの事務所の小学生の方がしっかりしてふような……むぐむぐ」
輝子「ぼののさん…しーっ…」
加蓮「あはは、まぁ、なんだかんだでいいんじゃない? たぶんアレ、私達といるときより素が出せてると思うし」
奈緒「お互いガチで嫌い合ってるってわけでもなさそうだしなー」
輝子「ケンカするほど仲がいい…だな」
乃々「もりくぼはケンカしないで仲良くして欲しいんですけど……」
奈緒「…うん、全くだ」ガックリ
〜休憩室〜
凛「あー! まゆゆ菌が移ったー! たっち!」ペタン
まゆ「私こそしぶりん菌が移りましたぁー! たっち!」ペタン
凛「また移された! きたない! たっち!」ペタン
まゆ「き、きたなくなんてありませんよぉっ! たっち!」ペタン
56: 以下、
凛「ふーっ!」
まゆ「ふかーっ!」
まゆりん「…………はぁ」
凛「……」
まゆ「……」
凛「……ねえ、暇なんだけど」
まゆ「……仕方ないでしょう。Pさんに安静にしてるよう、きつく言われてるんですから」
凛「……もし破ったら、お説教だよね」
まゆ「……ですねぇ」
凛「……はぁ」ポケー
まゆ「……ふぅ」ポケー
58: 以下、
まゆ「うぅ……休むときまで顔をあわせることになるなんて……」
凛「それ、こっちのセリフなんだけど……」
凛「……」
凛「……ねぇまゆ、そんなに私と顔合わせるの、いや?」
まゆ「……い、いやですよ。あたりまえじゃないですか」プイン
凛「……だよね」シュン
まゆ「あ…や、やっぱりうそですっ、冗談ですからっ…!?」
凛「……なにが冗談なの?」
まゆ「えと、そのっ…」
凛「……」シュン
まゆ「……り、凛ちゃんと顔合わせるの……べ、別にそんなに、い、いやじゃないですよぉっ……!」
凛「……」
凛「……ぷぷっ」
60: 以下、
凛「ぷふっ、ぷぷぷぷっ! もーむり、もう我慢できない…!」
まゆ「」ポカーン
凛「ふー。ちょっと落ち込んだフリしてみただけなのにこうも引っかかるなんてね。ふふ、ちょっと将来が心配になっちゃうなぁ」
まゆ「なっ…」
凛「――意外と可愛いところあるんだね、まゆって」
まゆ「〜〜〜っ!? だ、騙してたんですかぁ!」
凛「あはは、照れない照れない。だっていやじゃないんだもんねー? むしろ好きなんだよねー?」
凛「私も嫌いじゃないよ。……ぷーくすくす! ぷーくすくす!」
まゆ「り、凛ちゃんのばかぁ! ちょっとでも心配した私が馬鹿でしたよぉっ!」
61: 以下、
凛「なんだ、よく分かってるじゃん。ふふっ、まゆのばかばかばーか!」
まゆ「うるさい凛ちゃんのばかばかばかばかばーか!」
凛「騙される方が悪いに決まってるじゃん! まゆのバカ会社のバカ社長!」
まゆ「騙す方が悪いに決まってますぅー! あとバカ合衆国のバカ大統領にバカって言われたくないですっ、このばかばかばかばかばか!」
凛「ぷっぷー! これだから脳内お花畑ちゃんはー! バカ合衆国なんて名前の国があるわけないでしょー!? このバカ星人!」
まゆ「そんなこと言ったらバカ星人だっていないじゃないですかぁっ!」
凛「宇宙は無限だもん! いないって言うなら証拠見せてよ証拠!」
まゆ「じゃあいるって証拠見せてください証拠!」
82: 以下、
凛「あはは……あー、笑った」
凛「こんなに笑ったのっていつぶりだろ? なんか疲れたぁ……」
まゆ「凛ちゃんなんてそのままお腹つっちゃえばよかったんですっ」
凛「ふふふっ。……ふわぁ」
まゆ「…ちょっと。あくびするなら手でちゃんと覆ってください。マナーですよ?」
凛「あー……ごめんごめん……」ウツラウツラ
まゆ「もう、人の話はちゃんと……はぁ」
まゆ「……凛ちゃん、眠たいんですかぁ?」
凛「んー……そんなことないよ……? あるわけない……」ウツラウツラ
凛「うー、まくらまくら……」
まゆ「……!」ピーン
まゆ「そ、そうですねぇ。私でよければ、ひざまくらしてあげてもいいですよぉ…?」
83: 以下、
凛「ひざまくら…まゆの…」
まゆ「まゆのおひざ、自慢じゃないですけど、そこらの枕なんかとは比べられないくらいぬくぬくなんですよ?」
まゆ「凛ちゃん…試してみたくないですかぁ…?」
凛「……うん、おねがい……」
まゆ「はぁい。ふふ、頭、乗せますねー」
凛「んー…」ポスッ
凛「わぁ、あったかーい…」
凛「……すぴー……」
まゆ「……」
まゆ「…寝ました、よね?」
まゆ「……」キョロキョロ
まゆ「右よーし、左よーし、凛ちゃんよーし」
まゆ「……うふふふっ……! このときを待っていましたぁ……!」
84: 以下、
まゆ「凛ちゃんは眠ってて無防備、ひざまくらという超密接状態、二人だけの休憩室……!」
まゆ「さっきから散々、散々笑いものにしてくれた恨み……今こそ晴らすべきときです!」
凛「……くー……んんっ」
まゆ「」ビクッ
まゆ「……お、起きたかと思いました」ドキドキ
まゆ「……こほん。気を取り直しまして」
まゆ「そんな気持ちよさそうな顔で寝てられるのもそこまでですよぉ」
まゆ「うふふ、元はと言えば最初に私を笑った凛ちゃんが悪いんです…」
凛「」スピー
まゆ「その幸せそうな寝顔を今から――」
まゆ「今からラクガキでグチャグチャにするかと思うと…か、覚悟してくださいね、凛ちゃんっ!」
まゆ「……えーと、マジックはあそこですねぇ。ちょっと遠……あっ」
凛「」クカー
まゆ「……ひ、ひざまくらしてるから、立てないこと、忘れてましたぁ……」
86: 以下、
まゆ「うぅ、絶好のチャンスなのに…」
まゆ「……」チラリ
凛「………すぷー………」
まゆ「……はぁ、なんだか馬鹿らしくなってきましたぁ」
まゆ「私もねむくなってきましたし…」
凛「……んー、おやすみぃー……」
まゆ「…ふぁ…おやすみなさい、凛ちゃん…」
まゆ「……すぅ」
〜〜〜
ガチャ
奈緒「……はぁ、遊び疲れたら寝るとか、こいつら本当に子どもかっての……」コソコソ
加蓮「まぁまぁ、これはこれで可愛いじゃん。それより毛布被せるの、起こさないよう慎重に、ね?」コソコソ
奈緒「分かってるよ。……ほら、これでよしっと。ったく、こんな薄着で寝て風邪引いたらどうすんだか……」コソコソ
加蓮「ホントにね。さ、長居して起こすのもアレだし退散しよっか」コソコソ
奈緒「ん、そうだな」コソコソ
パタン
92: 以下、
ユサユサ
凛「うぅん…」
凛「…なに、まゆ…」ムクリ
P「よ、おはようさん」
凛「んー…」
凛「…って、プロデューサー!?」
P「はは、やっと起きたか。いやぁ、まゆじゃなくてごめんなー?」
凛「……はぁっ!?」
93: 以下、
P「いやぁ、照れなくていいぞ? 仲良きことはいいことだもんなぁ」ニヤニヤ
凛「ちょ、ちょっと待って! なんでそうなるのさ!? むしろまゆじゃなくて良かったくらいだよ!」
P「はっはっは、この写真を見てもそう言えるかな?」
凛「写真…? …って、これっ!?」
P「膝枕してもらってここまで幸せそうな寝顔してるやつがそんなこと言っても、全く説得力ないぞ」
凛「け、消してそれっ、早くっ!」
P「じゃ、まゆと仲良しってこと認めるか?」
凛「認めないっ!」
P「ならこの写真は事務所のみんなに送ることになるけど?」
凛「〜〜〜〜〜っ!!」
94: 以下、
凛「っていうかまゆはいつまで寝てるのさ! ほら起きて! 起・き・ろ!」ベシベシベシベシ
まゆ「…んぅ…なんですかぁ、もう…」
凛「寝ぼけてないであんたも誤解解くの手伝う!」
まゆ「…誤解…?」
凛「あんたと私が仲良しだって誤解! プロデューサーに!」
まゆ「…はっ! Pさん、誤解ですっ、まゆはこんな蒼色(笑)なんかと仲良くなんかありませんよぉっ!?」
凛「あんだと紅色(爆)っ!」
まゆ「黙っててくださいこの歌姫(痛)!!」
凛「うっさいのはあんたの方だっ、この女子力(病)!!」
P「ほら、やっぱり仲良しじゃないか」
まゆりん「仲良くないっ!!」
95: 以下、
P「あ、そうだ。まゆも見るか? 二人の仲良し証拠写真」スッ
まゆ「――ッ!? け、消してくださいそれっ!?」
P「駄目だ。せっかく二人の可愛い写真なんだぞ?」
まゆ「いくらPさんの言うことでもそれだけはダメです! まゆでよければ後でいくらでも撮っていいですからっ!」
凛「あ、ずるい! 私もいいよ! プロデューサーの画像フォルダに足跡残したい!」
P「なら、これ消さなくてもいいだろ?」
まゆ「それとこれとは話が別です!」
凛「そーだそーだ!」
96: 以下、
凛「…プロデューサー、もしかして、どう言われても消す気なかったりしない…?」
まゆ「P、さん…?」
P「おっ、ご名答。こんないい写真、普通に考えて消すわけないだろ?」
凛「…こうなったら」
まゆ「…ごめんなさい、Pさん」
P「うん? まぁ、何をするつもりか知らんが、何をしてもこれを消す気は」
凛「早苗さーん!!」
まゆ「Pさんがまゆ達の寝顔を勝手に写真で撮って脅してきますー!!」
P「あっ、こら」
100: 以下、
 ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛...
凛「…ふぅ。危機は去った」
まゆ「ですねぇ。Pさんには少し悪いような気もしますけど…」
凛「自業自得だよ、あんなの」
まゆ「まぁ、寝顔を取るだけならまだしも凛ちゃんと仲良しなんて触れ回られるのはさすがに耐えられませんからねぇ」
凛「こっちのセリフ取らないでよ。私だってやだよ、まゆなんかと仲良しなんて」
まゆ「うふふ、気が合いますね」
凛「ふふ、そうだね。不本意だけど」
まゆ「……!」
凛「……!!」
まゆ「……今日はもう、休戦にしませんか?」
凛「……うん。流石に疲れた」
101: 以下、
ーーー
ちひろ「あ、まゆちゃんと凛ちゃん。体調はどうかしら?」
まゆ「」キョロキョロ
凛「うん、もう大丈夫」
ちひろ「そう。よかっ……まゆちゃんはどうしたの?」
まゆ「いえ、Pさんのお姿が見当たりませんでしたので…」
凛「ちひろさん、プロデューサーは?」
ちひろ「プロデューサーさんならそとを回りに、少し」
まゆ「……もう夜近いのに、ですか?」
ちひろ「ええ、ちょっと用事か何かあったみたいよ?」
まゆ「でもさっきPさんの叫び声が」
凛「それにプロデューサーの匂いだって…」
ちひろ「まゆちゃん、凛ちゃん?」ニッコリ
まゆりん「ひっ」ゾクゾクッ
102: 以下、
ちひろ「プロデューサーさんは、用事が出来て、おそとを回りにいきました」
ちひろ「そうよねー?」ニコ
まゆ「で、でも、そ、その黒いゴミ袋…」
ちひろ「うん? ごめんね、まゆちゃん。なにか言ったかしら」
ちひろ「も う 一 回 言 っ て く れ る ?」
凛「」ガタガタガタガタ
まゆ「」ブンブンブンブン
ちひろ「そう? 何もないならいいんだけど…」
ちひろ「あ、凛ちゃん達は今から帰り? もう暗いし、良かったら送ってくわよ?」
凛「い、いえ、だいじょうぶです」カタカタカタカタ
まゆ「あ、あるくの、す、すく、すきですから」ブルブルブルブル
103: 以下、
ガチャ、バタン・・
ちひろ「…もう。あんなに怯えなくてもいいのに。あの二人ったら」
ちひろ「まるで鬼か悪魔でも見たみたいな顔して…」
ちひろ「…そんなに怖い顔してたかしら、私…?」
ガサッ
ちひろ「…あ、そうだった。ゴミ捨てに行って来ないと」
ゴミ袋「ちひろさん、待って。マジ待ってください」ガサガサッ
ちひろ「うんしょっと。うーん、ちょっと重いわねぇ。ゴミ収集の人が困らないかしら…」
ゴミ袋「問題点そこじゃねぇ。ってちょ、揺れてる揺れてるからコレ。ちっひさんマジタンマっす」プラーンプラーン
ちひろ「…なんですか? プロデューサーさん。ちゃんと空気用の穴は開けておきましたけど」
ゴミP「だから問題点そこじゃねぇよ」
105: 以下、
ちひろ「何て言おうと捨てるのはやめませんよ? 女の子を無断で撮って脅迫なんて許されざる行為ですから。この女の敵っ」
P「誤解ですってそれ。ってかアンタに言われたくねぇよ財布の敵」
ちひろ「あはは、誤解されるようなことをした時点で有罪ですよ。もういいですね?」ゲシッ
P「痛っ! …じゃあ、最後に一つだけいいですか?」
ちひろ「言ってみればいいんじゃないですか? 蚊の羽音くらいには聞いてあげますけど」
P「あ?」
ちひろ「は?」
P「……いや、あの二人でラジオやらせたら面白いと思うんですよ。企画とかお願い出来ません?」
ちひろ「そうですねー……プロデューサーさんの懐具合によりますかねぇ」
ちひろ「……あ、ごめんなさい万年貧乏神に憑きまとってるプロデューサーさんには無理なご相談でしたねぇ! あははは!」
P「表出ろや緑」
ちひろ「上等だアルファベット」
106: 以下、
ーーー
凛「……」
まゆ「……」
凛「……なんか喋ってよ」
まゆ「……そういう凛ちゃんこそ」
凛「いや、私今喋ったじゃん」
まゆ「じゃあ私も今喋りましたけど」
凛「屁理屈言わないでよ」
まゆ「凛ちゃんって現実でもブーメランうまそうですよね」
凛「いやいや、私なんかまゆに比べたらとてもとても」
まゆ「……」
凛「……」
108: 以下、
凛「……ちひろさん、怖かったね」
まゆ「……Pさんが鬼とか悪魔とか言うの、ちょっとだけ分かった気がします」
凛「……ね、まゆ」
まゆ「なんですか……って、っ!?」
凛「……ま、まゆが怖がってるから手を繋いであげたんだけど?」
まゆ「わ、私はは怖がってなんかいませんよぉっ!」
凛「こんなに震えてるくせに嘘吐くな!」
まゆ「これは凛ちゃんの震えですよーだ!」
凛「はぁ!? 私のなわけないし! まゆのな以外あり得ないし!」
まゆ「凛ちゃんみたいなヘタレと一緒にしないでください!」
109: 以下、
凛「うー……!」
まゆ「むー……!」
凛「ふんっ! まゆなんて知らないから! せっかく気遣ってあげたのに!」
まゆ「余計なお世話ですよぉっ! 私に気を使う前に心臓に毛を生やしてきてださい!」
凛「気色悪いこといわないでよ!」
まゆ「比喩表現に決まってるじゃないですか、このばかりんっ!」
凛「あ、あ、言った、ばかって言った! さくばかゆにばかって言われたぁ!」
まゆ「巧妙に名前に隠さないでくださいっ! しかもなんか言いづらいですし!」
凛「最初にばかって言った方が悪いの! じゃあね、私こっちだから!」
まゆ「ふんっ、私もこっちですから!」
凛「……」ズンズン
まゆ「……」ズンズン
まゆりん「」チラッ
凛「…ふんっ! また明日っ!」プイッ
まゆ「ふんっ! さよならっ!」プイッ
110: 以下、
〜翌日、早朝〜
凛「……」
まゆ「……」
凛「……一応聞いてあげる。なんでまゆがプロデューサーの家の前にいるの……?」
まゆ「通いづままゆだからです♪ 凛ちゃんこそ、どうしてここにいるんですかぁ…?」
凛「私は…えーと、えーと…! うぅ、思いつかない…!」
まゆ「私とPさんがくっつくのは運命ですから、無理して張り合わなくていいんですよぉ? ふふっ」
凛「! 呼び凛! 今日から私呼び凛始めたから! これならどう!?」
まゆ「あ、今地球温暖化が止まりましたね。やりましたね、凛ちゃん!」
凛「〜〜っ! またばかにしてぇ…っ!」
まゆ「あはは! ばかな凛ちゃんが悪いんですよーだ!」
凛「あーもう! うっさい、このばかまゆっ!」
111: 以下、
ーーー
ギャーギャー ギャーギャー
P「……うぁ」
P「ちっくしょー……誰だ家の前で騒いでる奴は……」ムクリ
P「……いよし、注意しちゃる」
ガラッ
P「くぉら! 今、朝何時だと――」
凛「プロデューサー!」
まゆ「Pさん!」
P「え? 何でお前らここに…」
凛「そんなこと、今はどうでもいいからさ」
まゆ「それよりもまゆ達、ちょっと聞きたいことが出来たんですが」
P「お、おお、なんだ? 俺に答えられることなら何でも答えるぞ?」
凛「…言質はとったからね、プロデューサー」
まゆ「責任、とってくださいよぉ…?」
P「はぁ…?」
112: 以下、
凛「プロデューサーは私が好きだよね?」
まゆ「まゆですよねぇ…?」
おしまい。
115: 以下、
番外編PヘッドVS緑の悪魔の戦いが始まるんだよな?
116: 以下、
>>115
ちひろ「古今東西っ」
P「ハイッハイッ」
ちひろ「『金』のつく単語っ」
P「ハイッハ……えっ?」
ちひろ「借金っ」
パンッパンッ
P「黄金っ」
パンッパンッ
ちひろ「闇金っ」
パンッパンッ
P「金色っ」
パンッパンッ
ちひろ「利金っ」
パンッパンッ
P「引金っ」
パンッパンッ
ちひろ「錬金っ」
パンッパンッ
P「金…木犀っ」
パンッパンッ
ちひろ「給金っ」
パンッパンッ
P「金…あっ、筋金っ!」
パンッパンッ
ちひろ「課金」
P「すいませんでした」
ホントにおしまい。
123: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【京都】福を呼ぶ「黒い招き猫」 檀王法林寺、最古の招き猫伝説の寺

牛丼ガイジ「牛丼を2倍楽しむ」隣の学生「さすがです」

すぽると終わらしたフジwwwwwwww

アパートに侵入し20代女性の胸を触るなどした元有名選手を逮捕

俺先輩「後輩君ゲームとかやるの?」 後輩「はい!シュタインズゲートにマブラ・・・」 俺先輩「あっもういいよ」

一番揃わない7と言えば

back 削除依頼&連絡先