モバP「ロリコン?全然、違うよ」back

モバP「ロリコン?全然、違うよ」


続き・詳細・画像をみる


凛「そうかな?ロリコンみたいな感じがあるんだけど」
まゆ「違いますよ。プロデューサーさんは普通ですよ」
モバP「そうだよーロリコンではないよ。全然、違うよ」
凛「でも、プロデューサーは高校生より下のメンバーと仲良くしているし」
凛「この前だって……」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449585956
2: 以下、
エピソード1
薫「せんせぇ!約束通り、持って来たよ!」
モバP「うわー!ありがとう、薫ちゃん!」
薫「ええっ?と、学校の給食で残ったフリカケ、コッペパン、ジャムね」
モバP「ありがとう。薫ちゃんのお陰で、炭水化物が摂取できるよーありがとう!」
薫「えへへへ」
モバP「薫ちゃんは偉いなぁ。給食の残りを持ってきてくれるなんて…プロデューサーは嬉しいよ」
薫「せんせぇ、泣かないで。また今度、薫がパンを持ってくるから!」
モバP「ありがとう!」
薫「約束だよ、せんせぇ」
4: 以下、

……
凛「………みたいな会話していたしさ」
まゆ「………」
モバP「え?ロリコン?違うでしょー」
まゆ「ロリコンというか……何というか、その…悲しいです」
凛「プロデューサー、ダサい」
モバP「学校給食のコッペパン…割と美味しいんだよ。子供の頃は不味いと思っていたけどね」
7: 以下、
凛「まだロリコン疑惑が晴れたわけではないよ」
モバP「わかった。自分でロリコンではないという証明をしようじゃないか」
まゆ(これはオカズが補給できるチャンスですねぇ)
凛(ふーん、それがまゆのオカズ?)
まゆ(凛ちゃんが……直接、まゆの精神に問いかけを…!!エスパーですかねぇ…)
裕子(エスパーの話!?)
凛(違うよ)
まゆ(違います)
裕子(………シュン)
8: 以下、
モバP「ロリコンを否定するに十分な、こんな微笑ましいエピソードがあるよ」
まゆ「ほほう…ハァハァハァハァ…聞かせてください…ハァハァ」
凛「へぇ…その微笑ましいエピソードを聞いて、プロデューサーがロリコンかどうか検証しようか」
9: 以下、
エピソード2
みりあ「あれ?プロデューサー!?おはようございまーす!」
モバP「おはよう!みりあちゃん」
みりあ「お迎え早いよ!まだ、着替えてもないのにー!」
モバP「ハハハ、ごめんね」
みりあ「ウチに入って、待っててよー♪朝食は食べた?」
10: 以下、
モバP「忙しくて、食べてないんだ」
みりあ「今なら、お母さんが作ってくれるかも!」
モバP「え?本当かい?」
みりあ「あーわかった♪お母さんのゴハン美味しいから食べたくて、早く来たんでしょー!」
モバP「そんなわけないよーハハハ」
みりあ「そうだ!みりあがゴハン作ろっか?」
モバP「本当かい!?それじゃあ、御馳走になろうかなー」
11: 以下、

……
凛「………」
まゆ「………」
モバP「どう?全然ロリコンじゃないよ」
凛「赤城家には、プロデューサーの為に割り箸があるらしいけど…本当みたいだね」
まゆ「普通の箸じゃなくて安心しましたよぉ」
モバP「割り箸はリサイクルしてるよ」
凛「割り箸をリサイクル?どんな方法?」
まゆ「それはエコロジーですねぇ。流石、まゆのプロデューサーさんですね!」
凛「まゆの専属プロデューサーではないけどね」
まゆ「………」
12: 以下、
エピソード?
美嘉「5000円」
モバP「よく聞こえない」
美嘉「あーもう!……8000円!アタシ、もうこれ以上は一文も出せないよ」
モバP「よし!売った。赤城家の割り箸を売った」
美嘉「ふひひ★……ちゅぱちゅぱ……れろれろ、あ?みりあちゃん…みりあちゃん…」
モバP「まいどありー」
美嘉「みりあちゃんが作った食事に…ペロペロ……ハァ…触れた割り箸…チロチロ」
モバP「ふぅ、これでエロDVDが買える」
美嘉「アタシのま○こがTOKIMEKIエスカレ――――トッ!!!」
13: 以下、

……
凛「……どうしてこうなったんだろう。カリスマのプライドは……どこへ」
まゆ「とうとう、カリスマからペロリストになりましたか」
モバP「僕より、美嘉の方がロリコンだと思うよ」
凛「その割り箸って、プロデューサーが使ったんだよね?」
モバP「そうだね」
14: 以下、
凛「と…言うことは、その割り箸をしゃぶっても、プロデューサーの体液しか摂取できないよね」
まゆ「!?」
モバP「そういえばそうだね」
まゆ「割り箸は、まゆが買います。1万円で買い取ります」
モバP「やったー!!美嘉よ、もう割り箸は売れない…ゴメンな」
15: 以下、
エピソード3
?♪ ?♪
由愛(オカリナを買っちゃった…練習して、上手になったら私も妖精に会えるかな…)
?♪ ?♪
モバP「わ?…なんだか良い音だ。癒されるなぁ」
由愛(妖精ではなくてプロデューサーさんが引き寄せられ…)
?♪ ?♪
16: 以下、
モバP「ああ、オカリナかぁ。由愛ちゃんのオカリナ上手だねー。楽しいかい?」
由愛「はい。とっても楽しいです。プロデューサーさんもオカリナを吹いたことがあるんですか?」
モバP「笛だと、フルート、リコーダーはあるけど、オカリナはないかな」
由愛「プロデューサーさんもオカリナを吹いてみますか?どうぞ」
モバP「え?いいのかい?それじゃあ、吹いてみようかな……」
―vwvw―♪ ―wvw―♪
モバP「上手く吹けないなぁ…」
由愛「私とオカリナの練習しましょう。きっと上手くなりますよ」
17: 以下、

……
モバP「どう?由愛ちゃんとのほのぼのエピソードだろ」
凛「まぁ、ギリギリかな。ギリギリセーフって感じだね」
まゆ「ちょっと待って下さい!!」
モバP「え?何か問題あるの?アイドルとプロデューサーとの微笑ましい音楽活動だよ」
まゆ(このエピソードは、オカリナを媒介とした立派な間接キス…)
凛「………」
18: 以下、
まゆ(……ハッ!まゆもこの方法を使えば、プロデューサーさんと間接キスが可能に!?)
凛「まゆ、鼻血が出てるよ」
まゆ(ここで下手に問題提起して騒ぎ立てるより…笛を使って、まゆもプロデューサーさんと間接キスを狙った方がお得ですねぇ…)
まゆ「うふふっ……間接キス……ふふふ…」
モバP「まゆが虚空を見つめてる……」
凛「いやらしい妄想をしている誰かは放っておいて」
凛「次のエピソードを聞いて、プロデューサーがロリコンかどうか検証しようか」
19: 以下、
エピソード4
小春「うーん…小春……お姫様になりたいです?……すぅ…ZZZ」
モバP「小春ちゃんがイスで転寝してる!ソファに寝かさなきゃ」
小春(あれ…体が?……これってお姫様だっこです?)
モバP「どっこいしょ」
小春(小春、本物のお姫様みたいです?…ZZZ)
小春(あれ…眠っているお姫様は、お話だと…この後……小春ぺろぺろされてる?)
ヒョウ君「ペロペロ」
20: 以下、
モバP「これこれ、ヒョウ君。小春ちゃんのお昼寝の邪魔はダメだよ」
ヒョウ君「………」
小春「……すぅ……ZZZ……」
モバP「大人しくしようよ、ヒョウく…ひゃあああ!」
ヒョウ君「ペロペロ」
モバP「ヒョウ君やめれーペロペロやめてー…小春じゃないよー!プロデューサーだよ!!」
ヒョウ君「ペロペロペロペロ」
モバP「んっ…ペロペロ」
ヒョウ君「ペロペロペロペロ」
小春「……ZZZ……ZZZ……ZZZ……」
21: 以下、

……
モバP「動物愛に満ち溢れた、ゆるふわほんわかエピソードだよ」
凛「………」
まゆ「………」
モバP「もう、ロリコン疑惑は晴れたかな?」
凛「………もう少し、エピソードを聞いてみようか」
まゆ「そう………ですね」
23: 以下、
エピソード5
ありす「サンタさん…いつ来ますかね」そわそわ
ありす「やっぱり私が眠らないと、入ってこないんでしょうか?会って、直接お礼をしたいのに…」
モバP「いつも大人っぽいありすちゃんが、サンタさんを待ちわびているなんて…子供みたいだね、フフ」
ありす「え?いつもより子供っぽいですか?勘違いしないでください」
ありす「サンタさんは子供にプレゼントをくれるんです。大人ではダメでしょう?」
ありす「だから今日だけは、あえて子供っぽくしているんです!」キリッ
24: 以下、
モバP「………ニヤニヤ」
ありす「ちょ…なんですか、その顔は!何で笑っているんですか!」
モバP「いや、かわいいなと思ってね」
ありす「もう!」
モバP「まぁ、サンタさんを待つのも良いけど、寝ないようにね」
ありす「準備は万端ですよ。カフェオレを飲みましたから、カフェインの効果で寝るはずがありません」
30分後
ありす「うーん……サン…タさん」
モバP「………?」
ありす「……ZZZ……」
モバP「ありすちゃん、寝ちゃったか。さて、ありすちゃんのお父さんを呼んでこないと……お父さん、大丈夫ですよヒソヒソ」
ありす父「プロデューサーさん、どうもありがとうございます」
モバP「さぁ、お父さん…どうぞ」
ありす「ZZZ………サンタ……ZZZ…」
ありす父「サンタクロースです」
25: 以下、

……
凛「プロデューサー…感動したよ」
まゆ「ぐすっ……素晴らしい親子の愛情ですねぇ…うっうっ…」
モバP「もうロリコン疑惑は消えたかな?」
凛「あと一押しかな」
まゆ「そうですねぇ。あともう一つぐらい平穏なエピソードを聞けたら、安心できますねぇ」
モバP「わかったよ」
26: 以下、
エピソード6
桃華「わたくしと初めて出会った時のこと、覚えていまして?」
桃華「もう4周年ですわね。もうずっと、昔の事のように思えますわね……」
モバP「そうだねー時間が経過するのは、早いものだね」
桃華「ところで、アイドルを始めてからの思い出の品……持ってきました?」
モバP「ああ、もちろん!桃華ちゃんとの思い出の品を持ってきたよ!」
桃華「では一斉に出しましょう」
桃華・モバP「「せーの…はいっ!」」
27: 以下、
桃華「わたくしは、プロデューサーちゃまから貰った名刺ですわ」
モバP「僕は桃華ちゃんをスカウトした時に、着ていた紺のスーツ・シャツ・ネクタイ・腕時計」
桃華「プロデューサーちゃまから貰った名刺は、わたくしの宝物ですの♪全ては、あそこから始まったのですわ!」
モバP「僕も、桃華ちゃんとの出会いが始まりだ。その時に着ていた、紺のスーツは宝物だよ」
桃華「4周年パーティー会場にて、二人でこうしているのは、皆さんには内緒にしておきましょうね。プロデューサーちゃま」
モバP「そうだね…へっくしょい!!」
桃華「プロデューサーちゃま、全裸だと風邪をひきますの…少し風が冷たいですわ」
モバP「宝物として、紺のスーツとシャツ・ネクタイ・腕時計を出したら…着る物が……へっくしゅん!!」
28: 以下、
桃華「今から、プロデューサーちゃまのスーツを買いに参りましょう」
モバP「この紺のスーツを着ればよくないかな?」
桃華「そんなことよりも、スーツが一着しかないというのは大問題ですわ!!」
桃華「善は急げと申します。一刻の猶予もありませんの、すぐに買いましょう」
モバP「うーん、4周年記念パーティーを抜け出すのはマズいんじゃないかな」
桃華「櫻井家のヘリコプターを呼びますわ。さぁ、早く」
モバP「夜間のフライトだけど大丈夫かい?」
29: 以下、
桃華「櫻井桃華に不可能はありませんわ。櫻井家には夜間航空旅団がありますの」
モバP「やった!それなら、夜間のフライトでも安全だね」
ババババババッ!!
ヘリコプター「縄梯子に捕まって下さい」
モバP「桃華ちゃんを抱きかかえて、あの縄梯子まで……ジャンプ……できるか!?」
桃華「できますわ。プロデューサーちゃまなら、きっとあの縄梯子にも手が届きますわ!」
モバP「うおおおおおおおおおおおおおおおおお」
ガシッ!
桃華「お見事ですわね!プロデューサーちゃま」
30: 以下、

……
モバP「このスーツ・ネクタイ・シャツ・腕時計は、桃華ちゃんがプレゼントしてくれたんだ」
凛「プロデューサー…通りで、赤いスーツなわけだ」
まゆ「プロデューサーさんが、まゆを嫁として認めたから……紅いスーツを着ているんだと思っていましたよぉ……」
バンッ
早苗「話は全部聞かせてもらったわ!」
モバP・凛・まゆ「「「早苗さん!!」」」
31: 以下、
早苗「話は署で聞くから」
モバP「え?」
凛「………」
まゆ「………」
モバP「凛!まゆ!僕はロリコンではないと、早苗さんに言ってくれ!」
早苗「ハイハイ。シャキシャキ歩く」
32: 以下、
凛「えーっと……プロデューサーが連れて行かれるのは、留置所だっけ?」
まゆ「刑務所ではない…というのは分かりますけど、留置所か拘置所…どっちでしたっけ」
凛「ま…どっちでもいいか。ところで、プロデューサーの差し入れはどうする?」
まゆ「歯ブラシとか下着、雑誌が良いと思いますよぉ」
凛「二人でさ……プロデューサーの面会、行く?」
まゆ「ええ、行きましょう」
おわり
33: 以下、
ありがとうごさいました
早苗さんのおっぱいは最強
HTML依頼してきます
34: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【エイプリル】2016年夏アニメ一覧キタ━━(゚∀゚)━━!!

【スカッと】酢飯が飯台に入ってない事にご立腹のウト。すると夫が天然砲かました

昔FFのポーション買った奴wwwwwww

希「にこっちにこっちにこっちぃー!」

お隣の二階の出窓のところにその白黒猫がいたんだ

タクシーの運転手に行き先を告げたら「知らんなー」「俺にカーナビで調べろって言うんですか?」と言われたので…

back 削除依頼&連絡先