提督「さて、うちの艦娘達が出演してるアニメでも観てみるか」back

提督「さて、うちの艦娘達が出演してるアニメでも観てみるか」


続き・詳細・画像をみる


提督「ほうほう」
提督「おー、川内型いいねえ。ていうかキャラ変わんねえわ」
提督「え?ちょ、ちょ、如月!?」
提督「あれ、榛名と霧島ってこんなだったっけ…」
提督「…………」
提督「うおおおおおおおおおおおお!!!!」ドドドドド
天龍「なんだよ廊下は走るなって」
提督「天龍うううううううううううう!!!!」ダキッ
天龍「んひゃああああああああ!」バキィ
龍田「あらぁ?」ザクッ
提督「……」
天龍「な、なんなんだよ」
龍田「ちょっと眺めてようかしら」ツンツン
3:
提督「復活!」
天龍「さすがはええな」
龍田「それで、何の断りもなく天龍ちゃんに抱きついた弁解はなにかしら」ギラリ
提督「えっとですねえ!さっき艦これのアニメ観ましてねぇ!」
天龍「ああ、あれか」
龍田「あれね」
提督「なんというか…こう、俺の鎮守府と色々違うっていうか…そういうの感じてさあ」
天龍「お前の言いたいことはわかるぞ、うん」
龍田「わからなくもないけどぉ、天龍ちゃんに粗相をしていい理由にはならないわよえねえ?」
提督「すいませんでしたー!!orz」
龍田「そこまでするなら許してあ・げ・る」
天龍(なんでお前が許す側なんだよ)
4:
天龍「でもあれだ。俺達も一応名前だけでも出てる側だし」
龍田「文句言っちゃうとお偉いさんに目つけられちゃうから」
提督「え……」
龍田「愚痴るなら他の子にしてね?」ヒラヒラ
天龍「そういうこった。んじゃ俺ら遠征行ってくっから」
提督「他の子…出演してない勢ってことか…いや、俺は別に文句を言いたいわけじゃ…」
如月「どうしたんですか?」
提督「あ、如月。ちょうどいいところに」
如月「なんだかお顔が優れないわ。如月が診てあげましょうか?」
提督(うーん、こうして見るとアニメのこいつと現実のこいつは意外と大差ないな)
如月「な、なんですか?じっと見つめて」
5:
提督(かと言って、思いっきり出てた如月に俺の気持ちを吐き出していいのか。
お偉いさんに目つけられるらしいし…)
如月「あのぉー、聞こえてますう?」
提督「……如月」
如月「はい?」
提督「強く生きろよ。俺はお前の味方だからな」
如月「は、はぁ……」
提督「じゃ、俺行くから」
提督(アニメに出てない娘っていうと…この鎮守府でも古参で、
確か一人いたな)
6:
時雨「やあ提督。今日も間宮さんに甘えに行くのかい?」
提督「時雨か。お前こそどうしたんだ?」
時雨「僕は村雨の勉強を見ようと参考書を取りにきたんだ」
提督「なるほどな。お前は面倒見のいいやつだなあ」ナデナデ
時雨「どうしたんだい?いつもの提督らしくないよ」
提督「いやね、実は…はっ!」
時雨「ん?どうかした?」
提督(時雨も…喋ってはいないけどアニメ出てる側じゃないか。
時雨だったらいい話し相手になるぜやったー!と思ってたけど、
ダメだ。時雨に迷惑をかけたくない)
時雨「何頭抱えるのさ?」
提督(あ、でも待てよ?時雨くらいの胆力があれば)
7:
提督「時雨、実はカクカクシカジカで」
時雨「そうか。提督も同じことを考えていたんだね」
提督「というと、お前も?」
時雨「ああ。あの話は正直僕も不愉快になったよ。もう少しうまく表現できなかったのかと具申したいくらいさ」
提督「お前…そんなはっきりと。お偉いさんに睨まれるんじゃないか?」
時雨「そんなもの気にしてないよ。やっていいことと悪いことがある。
僕たちは人形じゃない、ちゃんと意志を持った存在なんだ。
だから提督、僕にいくらでも不満をぶつけてくれていいんだよ」
提督「時雨ェ…!お前いいやつだ!感動したぞおおお!」
提督(…なんてな。時雨ってどっちかといえば頼りになるかんじだし、
アニメの陸奥みたいに母性キャラはちょっと似合わないな)
時雨「そろそろ行っていいかな?村雨のテストの結果が恐ろしいことになりそうだし」
提督「ああ。引き止めて悪かったな」
提督「……うーん、誰に言うべきか。お、あいつは」
8:
ズシーンズシーン
扶桑「はぁ…単艦放置してた軽巡に判定負けを喫するなんて…」
提督(あいつ…なんで部屋の中で艤装つけたままなんだよ…」
扶桑「あら提督。今日はお早いのですね」
提督「え、俺ってそんな寝坊助キャラだったっけ?」
扶桑「言ってみただけですわ。…はぁ」
提督(そこで微笑みを混ぜれば、普通に美人さんなのに)
扶桑「先程演習で失敗してしまいまして。日向にも馬鹿にされてしまいました」
提督「日向が?あいつそんな意地の悪いことを…」
扶桑「日向が言うには…」
日向「うーん、それは瑞雲を搭載してなかったせいでは?」
日向「やはり瑞雲です。瑞雲があれば索敵も潜水艦にも有効です」
扶桑「確かに油断して主砲しか載せなかった私にも落ち度はありますが…それにしたって」
提督(こいつはこいつでアレだし日向も日向で相変わらずだぜ全く…!)
扶桑「入渠したい気分ですが、そういうわけにもいかないので部屋で山城とかくれんぼしてますね」
提督「ああ」
提督「あれ、何か忘れてたような」
9:
木曾「ふぅ…」
提督「木曾、なーに黄昏れてんだよ」
木曾「いやな。姉貴達が最近やけに元気よくてよ」
提督「姉…っていうと球磨とか多摩か?」
木曾「ああ、そっちは相変わらず。北上と大井のことだよ」
提督「あいつらか」
木曾「やれアニメだやれ出演だになって、毎度毎度うきうき気分でロケ地に向かうときの顔といったらよ」
提督(ああ、そうだ、アニメのこと聞こうと思ってたんだ)
木曾「ったくよ、こんなときなのに浮かれやがって」
提督(こいつはこいつで俺とは違う不満がありそうだな)
提督「アニメに出てることが不満か?」
木曾「不満っつーかよ」
10:
木曾「ほら、俺って基本的に球磨姉と多摩姉とつるんでるだろ。大井と北上とはあんまり関わってねえっていうかさ」
提督「そうだな」
木曾「別に仲が悪いわけじゃねえ。会話するときだってあるさ。ただよ、同型なんだからもう少し打ち解ければなって考えてたんだよ」
提督「へえ」
木曾「でもよ、アニメでも大井と北上コンビがピックアップされててよ。
もうちょっと球磨姉と多摩姉と絡めてもいいと思ったんだ」
提督「確かに、あいつらあんまり同じシーンにいないな」
木曾「折角名前を売るチャンスなんだ。だけど、アニメだけ観てる連中は、
あの四人が同型ってのわかってんのかなって」
提督(そういえば、俺も始めた頃は姉妹艦だと気づかなかったな)
木曾「だから、久々に球磨姉と多摩姉の出番があって嬉しい半面、
大井達とは相変わらずな距離感でさ。もどかしいっつうかさ」
提督「なるほど、木曾はもっと姉妹で仲良くやりたいと」
木曾「な、仲良くっていうか…姉妹としてちゃんと名前を売りてえってだけだよ」
提督「お前はいい子だなあ。悪ぶって見えるけど、実はそうじゃないのがまた」
木曾「うるせえ!!」ガンッ
提督「………」
木曾「ったく…人の気も知らねえで軽口叩きやがって」
提督「……」ピクピク
11:
提督「ん、うーん、ここは」
明石「提督、お目覚めですか?」
提督「あ、明石。ここ医務室か」
明石「廊下で倒れてるのを電ちゃんが介抱してあげたそうですよ。
あとで牛乳を持っていってあげてくださいね」
提督「ああ…悪いことしちゃったな(どっちにも)」
提督(そういや、明石はアニメに出てない勢だったな。どうする、何か聞いてみようか?)
明石「最近、夕張ちゃんと大淀が仲いいんですよね」
提督「へえ?」
明石「同じ軽巡だからですかね。もしくは同じ4スロだからかな」
提督「共通点はあるっちゃあるけど」
明石「そうですね。大淀といえば相方は私、明石だと思われていたのに、
私は最近大淀と疎遠になるし出番といえば小破修理の旗艦扱いであとは間宮伊良湖アイスの売店担当で
新しくドロップしたと思ったら装備を回収されるだけでブツブツブツ」
提督(めっちゃ不満たらたらだー!)
明石「全く…別に夕張ちゃんを責めるわけじゃないですけど、
工廠の発明キャラならここに打ってつけがいるのに…」
提督「でもアニメではあいつらそんな絡んでなくない?
大淀は通信係だし夕張は旗艦か発明キャラで接点ないし」
明石「絡んでる絡んでないはど???でもいいんですよ。
問題は大淀と私のコミュニケーションが少なくなってるってことで!
そして発明キャラというアイデンティティを蔑ろにされてる事実!
キャラ被りしないために私にオファー来なかったのは英断と捉えるべきですけど
何より大淀が最近全然顔出してくれなくて全く全くブツブツ」
提督(……そっと出て行こう)
12:
摩耶「でよー、そん時のあいつの顔ときたら」
鳥海「それは、笑っちゃいけないんじゃ?」
提督(お、仲良し姉妹発見)
摩耶「げっ」
鳥海「お早うございます、司令官さん」
提督「おう。おはようさん」
摩耶「なんだよったく。折角の姉妹水入らずに水差しやがって」
提督「いや愛宕と高雄いねえじゃん…」
摩耶「あの二人は…ほら、なあ?」
鳥海「そうね、結構大変だって聞いてるし」
提督(お、これは自然にアニメに切り込める流れか?)
鳥海「姉は、よく二人でランニングしてるんですよ」
提督「あ、そうなの?なんで?」
摩耶「なんでって…てめえデリカシーないこと効くなよ!」」
提督「デリカシーないの!?」
鳥海「えっと…以前はそこまででもなかったんですが、アニメに出るようになって
急に再開したんですよ。肩が凝って仕方ないから」
提督「肩が凝るとランニングするのか?」
摩耶「わかってねえな。肩凝ると自然と姿勢も悪くなるだろ?
そうすると身体の全体の動きががっちがっちになって余計肩が凝るんだよ。
それで自然矯正と強張った筋肉を弛緩させるためには、ランニングが
一番手軽で効果的なんだよ」
提督(摩耶って…結構そういうとこ詳しいんだな)
13:
提督「なるほどな。つまり普段は胸が重くて適度に走ってたけど、
撮影が多いから最近ランニングを増やしたってことか」
摩耶「は、はっきり言うな馬鹿野郎!」
鳥海「司令官さん…さすがに面と向かって言うのはちょっと…」
提督「あ、ああ。悪い悪い」
摩耶「いいか、改ニになったからには、きっちりお前のやらしい視線を撃ちぬいてやるからな?」
提督(そういえばこいつ、最近改造させたんだっけな。見えそうで見えない際どいスカートがなんというか…)
鳥海「その視線、いい加減外してくださいね?」ガチャ
提督「すいませんすいません」
摩耶「じゃ、あたしら行くから。だらしねえこと考えてないで、次のイベント対策きっちりやっとけよ」
鳥海「それではまた」
提督「あいつらもアニメに不満はあるみたいだな、内容には触れてなかったけど」
14:
妙高「はぁ…忙しいわね」
提督(おや、あれは妙高さんじゃないか。らしくないってほどばたついてるな)
妙高「これとこれと…ああそうだこれも」
提督「忙しそうだし、邪魔しないでおくか」
妙高「あっ…」グキ
提督「危ない!!」ズサー
妙高「申し訳ありません…みっともない姿を」
提督「いやいや、妙高に怪我がなくてよかったよ」
妙高「ああ…ばらけてしまいました…また拾わないと」
提督「あ、俺も拾うよ。えっと…」
提督(んー、これは瓶か?こっちはウェットティッシュ?)
妙高「あ、提督…できればあまり見ないでいただけるとありがたいのですが」
提督「え?」
妙高「……」
提督「あ、そういうことね…ごめん」
妙高「い、いえ。こちらこそ説明が不足してましたので」
15:
提督「妙高さんは、それでアニメ出演を辞退したんですか」
妙高「はい。私はあまり演技とか自信ないですし、でも何もしないのももどかしいので、
こういったことでフォローしてあげたいと」
提督「確かに、水着シーンとかありますもんね」
妙高「残念ながら妹達のシーンはカットされてましたけど、
戦いでもないのに日焼け跡ができると…大本営の小言が響きますし」
提督「ああ。あそこも結構うるさいですよね」
妙高「やっぱり妹達は出番がある以上、出来るだけ綺麗なままでいてほしいので」
提督(世話好きっていうか妹想いっていうか…)
提督「でも妙高さん、一瞬だけ映ってませんでしたっけ?」
妙高「映ってませんよ。目の錯覚では?」
提督「あれ、でも確かに」
妙高「出・て・ま・せ・ん・か・ら」
提督「は、はい…」
提督(これ以上は妙高さんの邪魔になるからこの辺にしとくか)
16:
提督「はぁ、結局あんまり聞けなかったな」
雪風「しれえ!今日もお勤めお疲れ様です!」
提督「ただいま雪風。いい子にしてたか?」
雪風「はい!時津風がアイスをせびってくるので、代わりに菱餅をあげました!」
提督「おおおおい!それはもっとダメだって!」
雪風「大丈夫です!食べる前に時津風が床で滑ってその拍子に菱餅が飛んでいきましたから!」
提督「どっちにせよ無くなってじゃねえか」
雪風「問題ありません!吹っ飛んだ先はもとあった場所です!」
提督「あ、そう…相変わらず存在自体がファンタジーだなお前」
雪風「おほめにあずかりこうえいです!」
提督「ははは…ん。ファンタジーか」
雪風「どうかしましたか、しれえ?」
17:

続き・詳細・画像をみる


【悲報】長澤まさみに批難殺到・・・・・・これは酷い・・・・・・

【悲報】橋本環奈ちゃん、フライデーされる・・・・・・(画像あり)

乞食客「アイリスオーヤマの商品を10円で買ったらキャンセルされた、もう2度と買わん」

ま〜ん(笑) 「藤原紀香の私服ダサすぎ」 (※画像あり)

グーグルの楽器ロゴで『虹の彼方に』を演奏してみた!!

【動画】皿をシャベルのようにして食べ放題のエビを山盛りかっさらう中国人に世界中から非難が殺到

back 削除依頼&連絡先