にこ「さーて、今日も練習にこ!」back

にこ「さーて、今日も練習にこ!」


続き・詳細・画像をみる


ガチャ
にこ「にっこにっこにー!」
3:
にこ「あれ?真姫ちゃんだけ?」
真姫「zzZ…」
にこ「真姫ちゃん、寝ちゃってる…」
にこ「…」ソーッ
にこ「…」ツンツン
真姫「んぅ…」ビクゥ
にこ(真姫ちゃんのほっぺ触っちゃった…///)
6:
真姫「すきぃ…にこちゃん…」
にこ「!」
真姫「のつくったりょうり…」
にこ「って料理かーい!」スッ
にこ「びっくりさせないでよ…」
にこ「でも…ちょっと残念…かも…」
にこ(真姫ちゃんは、わたしのことどう思ってるんだろう?)
にこ「って、わたし真姫ちゃんを意識しちゃってる…?」
にこ「なんか、急にドキドキしてきたわ…///」ドキドキ
にこ「それにしても…真姫ちゃん寝顔かわいいわね…」
10:
真姫「う、う?ん」
にこ「あっ!起きたにこ!」
真姫「にこちゃん、来てたの」ゴシゴシ
にこ「ねぇ、真姫ちゃん」
真姫「?」ゴシゴシ
にこ「今日、うちに泊まりに来ない?」
真姫「え?泊まり!?」
にこ「ええ」
真姫「どうして、急に…?」
にこ「かわいい真姫ちゃんの寝顔見てたらぁ、真姫ちゃんとお泊まり会したくなっちゃったにこ!」
11:
真姫「かわっ…///」
にこ「どうしたの?真姫ちゃんの寝顔がかわいいって言ったんだよ?」
真姫「…///」
にこ「真姫ちゃん、顔真っ赤にこ」
にこ「ますますお泊まり会したくなっちゃう!」
真姫「も?う、にこちゃんたら…///」
にこ「それで、お泊まりには来てくれる?」
真姫「…行くわ」
にこ「やったにこ!」
13:
―――――――
―――――
―――
ガチャ
真姫「おじゃまします」
にこ「ゆっくりしていって」
にこ「夕飯作るから、待っててね」
真姫「わたしもなにか手伝うわ」
にこ「ありがと!」
こころ「お姉様!お帰りなさいませ!」
にこ「こころ!ただいま!」
こころ「そちらの方は…μ'sの西木野真姫さんですよね…?」
にこ「そうよ」
こころ「こんにちは」ペコッ
真姫「こ、こんにちは…」ペコッ
15:
にこ「ここあとこたろうは?」
こころ「今、奥で遊んでいます」
にこ「そう」
にこ「真姫ちゃん」
真姫「?」
にこ「夕飯作ろっか」
真姫「ええ」
にこ「じゃあ、真姫ちゃんは野菜の皮を剥いてくれる?」
真姫「わ、わかったわ」
にこ「ところで真姫ちゃん皮を剥いたことある?」
真姫「ないけど」
にこ「じゃあ、教えるね!」
16:
―――――――
―――――
―――
にこ「出来たわよー」
にこ「にこと真姫ちゃんの愛の結晶」
真姫「愛の結晶ってなによ…///」
真姫「一緒にカレー作っただけじゃない…」
にこ「真姫ちゃんひどいにこ…作っただけでにこのことは、どうでもよかったの?」
真姫「なによそれ、イミワカンナイ!」
こたろう「かれー」
こころ「早く食べたいです!」ピョンピョン
ここあ「はやくはやくぅ!」ピョンピョン
23:
にこ「ちょっと、待ってね」
にこ「こころとここあと真姫ちゃんは、自分でごはんよそってね」
にこ「こたろうの分は、わたしがよそうわ」
―――
皆「いただきます!」
にこ「はむっ」
真姫「んむっ」
こころ「はむっ」
ここあ「はむっはむっ」
こたろう「あむっ」
にこ「皆どう?」
こころ「おいしいです!」
ここあ「うまーい!」
こたろう「おいしー」
にこ「当り前ね、わたしと真姫ちゃんが一緒に作り上げた愛の結晶だもの」
真姫「もう…だからそれやめてよ…///」
にこ「ふふっ」
26:
―――――――
―――――
―――
皆「ごちそうさまでした」
にこ「さーて、食器を片付けるわ」
にこ「皆、食器は自分で流しに持っていってね」
カチャカチャ
真姫「にこちゃん、食器洗うの手伝うわ」
にこ「ありがとう」
こころ「お姉さま、お皿洗うの手伝います」
ここあ「わたしも手伝う!」
にこ「大丈夫よ、今日は真姫ちゃんが手伝ってくれるから」
こころ「でも…お客さまですし…」
ここあ「そうだよ」
真姫「気を遣わなくて大丈夫よ」
真姫「泊まらせてもらうんだから、色々手伝わせて」
こころ「わかりました、ではお言葉に甘えさせていただきます」
ここあ「わかったよ」
こころ「ありがとうございます、真姫さん」ペコッ
ここあ「ありがとう」ペコッ
27:
真姫「や、やめてよ」
にこ「そういうことだから」
にこ「こころとここあは、向こうでこたろうの相手をしてあげて」
こころ「はい!」
ここあ「うん!」
にこ「じゃあ、やりましょうか」
真姫「ええ」
にこ「まず食器を水で濡らすわ」
真姫「はい」スッ
スー
にこ「次は、スポンジを水で濡らして」
真姫「はい」スッ
スー
にこ「そして、洗剤をつける」
真姫「はい」シャコシャコ
にこ「そして、食器にスポンジを擦り付けて汚れを落とすのよ」
真姫「はい」キュゥキュゥ
30:
―――――――
―――――
―――
にこ「真姫ちゃん、お風呂沸いたわよ」
にこ「一緒に入るにこ☆」
真姫「な、なんで私がにこちゃんと入るの?」
にこ「にことじゃ…いや…?」ウルウル
真姫「なっ!」
真姫「わかったわ、一緒に入るわ…」
にこ「ほんと…?」
真姫「ほんとよ」
にこ「やったにこ!真姫ちゃんと一緒にお風呂にこ!」
32:
チャポン!
にこ「ふぅ…」
にこ「…」チャプ
真姫「…」チャプ
トン
真姫「!」
真姫「…なんで肩をのせてくるのよ?」
にこ「いいじゃない、減るもんじゃないんだし…」
真姫「そういう問題じゃないでしょ…」
にこ「?♪」
真姫「まったくぅ…」
にこ「ふふふ…」
38:
―――――――
―――――
―――
にこ「ふぅ…さっぱりしたぁ…」
真姫「そうね」
にこ「まだ、寝るまで時間あるしスーパーイタイワニーやらない?」
真姫「スーパーイタイワニー…?」
真姫「なによそれ?」
にこ「知らないの?」
にこ「参加してる人でワニの歯を順番に押していって噛まれた人の負けよ」
真姫「噛まれるの!?」
にこ「大丈夫よ、痛くわないわ」
にこ「えーっとぉ…」ガサゴソ
にこ「あったわ、これよ」
真姫「かわいらしい見た目ね」
にこ「じゃあ、にこからね!」
ガガガ!
カチッ
にこ「セーフ」
にこ「真姫ちゃんの番よ」
39:
真姫「行くわ」
ソーッ
カチッ
にこ「セーフね」
にこ「わたしの番よ」
カチッ
にこ「セーフよ」
真姫「じゃあ、行くわ」
カチッ
パクッ!
真姫「きゃっ!」
にこ「ふふ…」クスクス
真姫「?」
にこ「ふふふ…」クスクス
真姫「ちょっと!笑わないでよ!」
にこ「だって真姫ちゃんの驚き方が、かわいくって…」クスクス
真姫「もーう///」
44:
翌日
真姫「ん、んぅ…」
真姫「朝…?」
真姫「…」スッ
真姫「あれ…にこちゃんがいない…」
真姫「どこに、行ったのかしら…?」
―――
にこ「…」スーッ
にこ「よし!味噌汁もオッケー!」
真姫「にこちゃ?ん?」ゴシゴシ
にこ「!」
にこ「起きたのね、真姫ちゃん」
にこ「朝ご飯出来てるわよ」
真姫「うん…」ゴシゴシ
46:
真姫「顔を洗ってくるわ」
にこ「わかったわ」
にこ「わたしは、チビ達を起こしてくるわね」
真姫「ええ」
―――
皆「いただきます!」
シャキシャキ
スーッ
アムッアムッ
真姫「にこちゃんの作った料理美味しい、毎日食べたいわ」モグモグ
にこ「まい…にち…?」
真姫「ええ、毎日よ」
にこ「…」スーッ
真姫「にこちゃん…?」
こころ「お姉さま…?」
47:
にこ「ちょっと、向こうに行ってくるわ」
にこ「すぐ、戻ってくるから」
真姫「ええ…」
にこ「…」トットッ
真姫(どうしたのかしら…?)
―――
トットッ
にこ「…」ボフッ
にこ(毎日食べたいってなんかプロポーズみたい///)バタバタ
51:
―――――――
―――――
―――
にこ「じゃあ、朝ごはんも食べたしこの後ショッピングでも行かない?」
真姫「いいわよ、行きましょう」
―――
にこ「じゃあ、行ってくるね」
真姫「行ってきます」
にこ母「ええ、行ってらっしゃい」
55:
―――――――
―――――
―――
ショッピングセンター
にこ「すごい、混んでるわねー」
真姫「なにかしら?」
にこ「?」
にこ「なんか、アーティストが来てる見たいね」
真姫「こんなに混んでたらはぐれちゃいそうだわ」
にこ「だったら…」ギュッ
真姫「えっ…」
にこ「手を繋げば、はぐれないわ…///」
真姫「にこちゃん…///」
にこ「じゃ、じゃあ行くわよ///」
真姫「え、ええ…///」
58:
スタスタ
真姫「ちょっと、文房具屋に寄っていいかしら?」
にこ「いいわよ」
―――
文房具屋
真姫「えーっと、これと…」
にこ「わたしも色ペンでも買おうかなぁ…」
にこ「!」
真姫「後、これと…」
にこ「…」スッ
にこ「…」サラサラ
にこ「できた!」
真姫「何してるの?」
にこ「見て、真姫ちゃん!」
真姫「相合い傘…?」
真姫「真姫ちゃん、にこ?」
真姫「わたしたちの名前…?」
真姫「…///」ウツムキ
にこ「どう?」
真姫「どうって…///」
真姫「ていうか、これ試し書き用のメモじゃない」
真姫「皆に見られるわよ」
59:
にこ「いいじゃない、皆に見てもらいましょう」
真姫「なによそれ…///」
にこ「にこと真姫ちゃんの中なんだからいいでしょ?」
真姫「でも、これじゃ恋人みたいじゃない…///」
にこ「わたしは、それでもいいわよ…///」ボソッ
真姫「えっ?」
真姫「にこちゃん、今なんて…」
にこ「なんでもない!それよりお会計済ませるわよ!」スタスタ
真姫「あっ!」
真姫「にこちゃん、待って!」
67:
―――
にこ「…」スタスタ
真姫「…」スタスタ
にこ「…お腹が空いたわ、どこか入らない…?」
真姫「…いいわよ、どこにするの?」
にこ「ここのパスタ屋に入りましょう」
真姫「ええ…」
―――
にこ「…」クルクル
真姫「…」クルクル
にこ(ついあんなこと言っちゃったけど、どうしよう…)
真姫(さっき、それでもいいって言ってたわよね…)
68:
―――
真姫「ただいま、戻りました」
にこ「ただいまー」
真姫(結局あの後、あんまり話せないままにこちゃんの家に帰ってきちゃったわ…)
にこ母「二人とも、お帰りなさい」
70:
にこ「真姫ちゃん、ちょっと奥に行かない?」
真姫「い、いいわよ…」
スタスタ
ガララ
にこ「…真姫ちゃん」
真姫「は、はい…」
にこ「単刀直入に言うわ、わたし真姫ちゃんが好き」
真姫「!」
にこ「わたしと付き合って」
真姫「…わたしも、にこちゃんが好き…」
にこ「!」
真姫「だから…付き合いましょう、にこちゃん」
にこ「真姫ちゃん!」パァァ
にこ「ずっと一緒だよ」ギュッ
真姫「ええ、ずっと一緒よ」ギュッ
おわり
71:
ここまで、見て下さってありがとうございました
74:

続き・詳細・画像をみる


世にも奇妙なミステリー。2年前に亡くなって埋葬も済ませたはずの妻がテレビ番組に出演していた。

はじめしゃちょーとヒカキン、どこで差がついたのか

【野球】<DeNA>“高校野球クジ”で金銭授受!選手10人程度で、数年前から行われていた・・・・・・・・・・

楽天fxからこの前の不具合のメール来てた

【閲覧注意】中国人が子犬にやった ”恐ろしい行為” が話題に

初恋は、間違いなく暴れん坊将軍

ブックオフが大好きなやつwwwwww

地球を真っ二つにするアラレちゃんが一番恐ろしいよね

【悲報】白鵬、ブチ切れる・・・・・・これは酷い・・・・・・(画像・動画あり)

映画「ミスト」を見た 後味の悪い映画をもっと見たくなった

見上げるほど高いところにあるLAWSONの看板wwwwwwww

【大絶賛】 鳥山明「スゴい人がDBを継いでくれました!」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先