「今後消えていく職業」がこちら・・・・・・・back

「今後消えていく職業」がこちら・・・・・・・


続き・詳細・画像をみる

1:
アメリカでは債務の整理や払い過ぎを計算してくれる仕事がありますが、2014年から2024年の間に6%の雇用がなくなる見込みだといいます。
■2:
設計図をつくる機械設計士。ほとんどの企業で設計図はCADというソフトでつくられています。昔と違って、いまは図面を手書きすることが減ってきているので、その流れでこの仕事をやる人も減っていくそうです。
■3:
アメリカではおよそ57,000人の測量技師が仕事をしていますが、2024年までに4,400人の雇用がなくなると予想されています。
■4:
アメリカでは52万人もの銀行窓口係が働いていますが、あまり技能が必要とされない職種とされており、2024年までには4万人の雇用がなくなる予想です。
■5:
工業製品の製造などで使う薬品などの科学物質を取り扱う仕事もなくなりそうです。2024年までに5,500人減ると予想されています。
■6:
会社のなかで使うさまざまな物品の購買を行います。インターネットの普及により仕事が簡単になったため、2024年までに8.3%の雇用減少が予想されています。
■7:
エクセルなどの会計ソフトの普及により、簿記ができる人材の需要も減っています。2024年までには8%の減少が見込まれています。
■8:
アメリカでは急激に仕事が減っている旅行代理店。インターネットの普及により、個人が自分で予約などできるようになってしまったため、需要が減っています。
■9:
出版業界は全体に斜陽産業といわれていますが、特に印刷業界の状況は深刻です。2024年までには12.5%の雇用減少が予想されています。
■10:
電子書籍の普及などにより、急激に仕事を失っている出版業界。特に物理的な本の制作に携わる製本業は生き残りが難しい業種です。
■11:
かつてのアメリカではたくさんの人がしていた仕事ですが、現在は誰でもパソコンで文書を作れるようになったため、需要が激減しています。
■12:
コピー機や電話機などのオフィスで使う電気製品も、需要が減っています。パソコン以外の電気製品の整備ではキャリアアップが臨めないのもなり手が減っている一因です。
■13:
電子メールの普及により、郵便局の仕事も減っていますが、郵便局以外の宅配業はさらに仕事が減っています。2024年までには18.8%の雇用減少が見込まれています。
■14:
パソコンのエラーや故障などに対応していたコンピュータ技師ですが、近年はパソコンに詳しい人が増えたため、仕事が減っています。
■15:
プラスチックや金属のパーツをつくる仕事は、ロボットの性能が上がるにつれ、需要が減っています。
■16:
こちらもインターネットの普及により仕事が奪われている職種のひとつです。インターネットでの手続きなどが簡単になっているため、電話応対オペレーターも不要になっているのです。
■1

続き・詳細・画像をみる


女性の男性経験人数、平均6人

奨学金で270万って返済きつい?

【画像】下着はだめなのに水着姿は撮らしてくれる女wwwww

差出人は「長州力」…さいたま市岩槻区にランドセル届く

お前らがコンビニに行ったら8割の確率で買う物

【画像】ショートカットが似合う女の子っていいよな!

運動神経悪い奴って、小さい頃運動しなかったのが原因なんかな?

お前らがコンビニに行ったら8割の確率で買う物

【画像】コスプレと原作を合わせた画像wwww

高峯のあ「私達の……」鷺沢文香「3回目のラジオ……」森久保乃々「むぅーりー……」

3連休も暇だしパンツおろして漫画読もうぜ!

【悲報】ワイ大学ぼっち、どうしてこうなったのかと独り酒を飲みながら鳴く

back 過去ログ 削除依頼&連絡先