希「すぅ・・・すぅ・・・」絵里『ほっほっ』シャーッback

希「すぅ・・・すぅ・・・」絵里『ほっほっ』シャーッ


続き・詳細・画像をみる


ガチャ
絵里「希ー・・・って寝てるし」
絵里(先に生徒会室に行ったと思ったら・・・疲れてるのかしら?)
希「むにゃむにゃ」
絵里『よっ!』シャーッ
希『えりちスキーうまっ!』
絵里『当然よ!ロシアの血が流れてるからね!』
希『すごい!』
希「むにゃ・・・えりち・・・」
絵里「ん?私?」
希「スキー・・・」
絵里「・・・」
絵里「!?!?!?///」
絵里「い、今私の事・・す、好きって///」
3:
絵里「の、希が私の事好き・・・///」
絵里(ぜ、全然そんな事考えた事無かった・・・ずっと友達として関わってたけど、まさか好きなんて///)
希「・・・ん」
絵里「はっ」
希「あー・・寝てた・・」
絵里「そ、そうね///多分疲れてるのね///」
希「あれ?えりち顔赤くない?」
絵里「ウェッ!?そ、そんな事無いわ!」
希「そう?えりちも疲れたらすぐ休まないとね」
絵里「そ、そうね!」
希「じゃー仕事しよっかぁ」
絵里「え、ええ」
絵里(希・・・私はどうなのかしら・・・)
5:
絵里(も、もし希と付き合ったら・・・)
希『はいえりち、あ?ん?』
絵里『あ?ん?おいしいー?』
希『ふふ、よかった?』
絵里「ふへへ・・・」
希「ど、どうしたん?」
絵里「はっ!な、なんでも無いわ!希!その資料とって!」
希「こ、これ?はいどうぞ」
絵里「ありがとう・・」
ピトッ
絵里「ひゃっ///」
希「わっ・・手が触れただけでそんなに驚かなくても・・」
絵里「そ、そうね」
絵里(い、今希の手が触れた時に感じた・・・)
絵里(希の私を愛する気持ちが伝わってきた!)
希(やっぱり今日のえりちおかしいなぁ)
6:
希「本当大丈夫?ちょっとおかしいよ?」
絵里「そ、そうかしら?きっと疲れてるだけよ!」
希「疲れかぁ、じゃあ肩揉んであげるね!」
絵里「ええーーっ!?」
希「え、ええー・・?い、嫌やった?」
絵里「あ、いや、別に嫌じゃないわ・・」
絵里(まさか疲れに託けて私に触れようとするなんて・・・意外と積極的なのね!)
希「じゃあやってあげるね!もみもみ・・」
絵里「///」
希「どう?気持ちいい?」
絵里「え、ええ、気持ちいいわ///」
絵里(ぜ、絶対狙ってるわ!わざと気持ちいいって言わせようとしてるんだわ!変態!)
8:
希「えりち、いつも迷惑ばっかかけてごめんな?」
絵里「・・へ?別に迷惑なんて・・」
希「いやいや、こんなだらしない副会長ですまない・・・」
絵里「そ、そうかしら・・まあちょっとサボったりしてるけどそこまでは・・」
希「と言うわけで!お詫びにおっぱいマッサージ!!」ワシワシ
絵里「いやぁぁぁーー!!何するのよー!!///」
絵里(と、とうとう強硬手段に出たわね!もう完全に私を狙ってるじゃない!!)
希「いやーえりちのおっぱい大きいなー」ワシワシ
絵里「ひやぁぁ///も、もう分かった!降参!降参よ!///」
希「やった!ウチの勝ち!」
絵里「はぁはぁ・・勝ちってなによ・・」
希「ふう、リラックスできた?」
絵里「へ?」
希「いやーなんか緊張してたから緊張をほぐそうとしたんやけど、力抜けた?」
絵里「・・・」
絵里(余計意識するんですけど!///)
絵里「そうね!」
希「よかった!じゃー残りの仕事も頑張ろう!」
絵里「え、ええ」
9:
絵里(くっ、集中できない!私の体を狙ってる子と仕事なんて・・!)
希「こっち終わったよ」
絵里「えっ!もう!?」
希「えりち遅くない?」
絵里「ぐ・・・」
希「しゃーないなー、半分やるからかして!」
絵里「・・・ありがとう」
ピトッ
絵里「ひうっ///」
希「ちょ、だから驚きすぎやって」
絵里(ま、また手から伝わってきた・・希の思い///)
絵里(・・・こうなったら、私も応えないと・・・)
絵里(今までは友達なんていらないと思ってたけど・・・今はそうは思わない)
絵里(希っていう親友ができて、希といると安心するし、楽しい・・・)
絵里(そんな希と私は・・・私は、もっと先へ行きたい///)
絵里(希と離れたくない!)
絵里「希ぃ!!!」
希「うわっ!!な、何?」
11:
絵里「私!絢瀬絵里は!貴方のことが好きです!」
希「・・・」
希「!?!?!?///」
絵里「付き合ってください!!!」
希「え、ええーー!?///」
絵里「さあ!」
希「ちょ、ちょっと待って!い、いきなり付き合ってなんて・・///」
希「そんな事考えた事無かった///」
絵里「・・・え?」
希「ずっと友達として関わってきたけど、まさか好きなんて///」
絵里「ちょ、ちょっと待って!希は私の事が好きなんじゃ無かったの!?」
希「えっ///えりちの事は・・確かに・・・好き・・・///だけど///」
絵里「い、いや恋愛的な意味でよ!」
希「ええっ///だ、だからそんな事考えた事無かったって///」
絵里「な、なにぃーー・・・」
12:
絵里「じ、じゃああの寝言は・・」
希「ね、寝言?ウチの?」
絵里「うん・・希が寝てる時、えりち・・・好き・・・って言ってたのよ!」
希「・・・あ、それはスキーの夢見たからかな?」
絵里「・・・」
絵里「ス、スキー・・・」ガクン
希(・・・えりちの事は、本当に大切に思ってる・・初めてできた親友と呼べる存在・・)
希(えりちといると、なんでもできる気がする・・・勇気を貰えるし、あったかい気持ちになれる)
希(そんなえりちとウチは・・・ウチは、もっと先へ行きたい///)
絵里「うぅーー・・・勘違い・・ただの勘違い・・」ウジウジ
希「えりちぃ!!!」
絵里「ひぃっ!!な、何よ?」
13:
希「ウチは!東條希は!えりちの事が好きです!」
絵里「!!」
希「付き合ってください!!!」
絵里「い、いいの?私で・・」
希「もちろんやん!ウチ、えりちの事大好き///」ギュッ
絵里「わあっ///い、いきなり抱きつかないでよ///」
希「ねえ、もう一回聞かせて?えりちの告白!」
絵里「えっ///わ、分かったわ///」
絵里「希、付き合ってください///」
希「・・・うん///」
15:

続き・詳細・画像をみる


セブン店員「777円っす」電子マネー厨「えっとなにゃ、あれ?なにゃこであれ?」アタフタ 僕「コーヒー貰うよ……あれこじぇに」

この怪我の呼び方で出身地が大体分かるらしい

数年ぶりのプラモ、豆タンクならリハビリに丁度よかろうと手をつけるとモデルカステンの履帯しか入っていないキットだった

【強烈】先日参加したスタンプラリーで遭遇した特に神経わからんババア3組

いつもほんわかしてる嫁。

PS4/Vita『Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)』発売決定!Fateの英霊たちが戦う新作アクションゲーム!

back 削除依頼&連絡先