俺のひいじいさんが日記に書いてたことがくだらないback

俺のひいじいさんが日記に書いてたことがくだらない


続き・詳細・画像をみる

1:
中国の水があわないのかお腹壊したとかそんなんばっかり
2:
ひいおじいさまは何をしていた人なの?
当時の生活が窺える貴重な資料だと思うよ
3:
>>2
中国で兵隊してたみたいだな
4:
薬草っぽいから草食べたらもっとお腹壊してうんこ漏らして上官に怒られたらしい
5:
身体検査?で部隊全員が裸で1列に並んだ?らしいんだけど大小様々なち〇こが並ぶ姿は壮観だったらしい
6:
兵隊さんだったのか
日中戦争のころは、おいくつだったのかな
9:
>>6
死んだ時は92?
7:
身体検査は尻の穴に指を突っ込まれたりするらしいね
8:
内容を抜き書きしてくれたら読ませてもらいたいけど
もうすぐ出かけないとならない
残念だお
10:
上官にお前すぐ死にそうな顔してるなと呆れられて腹が立ったらしい
11:
爺さんも他人が読むと思って書いてないだろうしなw
でも、戦争世代の爺婆って、そういうところが面白いよねw
12:
孫に勝手にしかもネットで大勢にさらされるとか
13:
初めての戦闘はあまりの怖さに目をつぶって鉄砲を撃ってたらしい
負傷者3人
上官にお前が怪我したのかと思ったわといわれたみたい
14:
俺の爺さんは、戦場で飛行機からの射撃が一番こわったって言ってた
映画やドラマみたいに、綺麗に真っ直ぐじゃなくて、結構ヒッチャカメチャカに
乱射されるらしてく、どこにくるかわからんから、本当に怖かったって言ってた。
で、大体、その後、歩兵の攻撃があるから、それがどっちから来るかもわからず怖いって
15:
飯にチーズが出てきた時は飯盒に米と一緒に放り込んで炊くとメチャクチャ旨いらしい
16:
小便しに行ったら蛇がいて怖かった
17:
戦闘中隣にいた小野?が撃たれて死んだ
輸送艦?の上で一緒に夢を語り合った仲だった
18:
行軍中うんこ踏んで皆に臭いから近寄んなって言われてショックだった
19:
字が独特で読むのがたいへんだ
20:
おもしろいんかった。兵隊時代かあ
21:
>>20
南方の島に居たというのは聞いたことあったんだけどなぁ
22:
歩きすぎて足に血豆が出来て痛い
もう歩きたくないらしい
23:
鉄砲重くて持ちたくないと話をしてたら上官に聞かれててぶん殴られた
24:
こういう日記があるってことは、やっぱり戦時中の言論統制って
いうほど厳しくなかったんかね
25:
それAmazonで自費出版したらどーだ?
27:
>>25
めんどくさいわwwww
30:
>>27
スキャンした程度で良いんじゃないかな?
その方がリアリティ出るし
後有志(物好き)がテキスト化してくれそう
やれ
是非やれ
31:
>>30
スキャンかー
金になるなら1度考えてもいいんだがなー
155:
>>31
なる
一部600円で物好き100人は買うぞ
156:
>>155
マジかよ
100人かよ
それならめんどくせぇわ
26:
道の途中でへばってたら?中国人に水が貰えた
あの姉ちゃんおっぱいおっきくて揉みたいわと仲間達と会話した
28:
言論統制って
日常の日記までみねーよw
35:
>>28
だって、戦場でも上官に全部チェックされて、気に入らないと
没収とか捨てられるから、日本の為、母のためとしかかけなかった
みたいな話もあるじゃん
50:
>>35
具体的な事例を挙げてくれ
29:
面白いじゃん
32:
実家にじいさんの日記らしいのがあるがまるで読めんかった覚えがある
亡くなる間際の日記の文字のがまだ読めた
33:
本当は
スキャン
テキスト
あと爺さんのその時々の配属と階級と任地まで併記してあると良いんだがな
36:
>>33
第42?なんとか
高射砲なんとか部隊ってのは読めるんだが
37:
>>36
IMEパッドで検索だ
34:
宴会してたら皆酔っ払って裸になって踊ってた
村の娘さん達に見られて悲鳴を上げられた
38:
第5方面軍?
39:
後ろの方まで行くと結構悲惨だな
40:
足の傷に膿が溜まっている
膿を取るためにそこらの死体から蛆を取ってきた
痒くて仕方が無い
41:
清少納言だってくっそくだらない日記付けてたから別にええやろ。
43:
この辺になると読めるページ少ない上に抜け抜けどからよく分からんわ
44:
第五方面軍だと、北方みたいね
ただ、42師団が43年に再編されて、第五方面軍に入ったみたいだから、
それ以前はどこにいたか、今のところわからん
45:
>>44
ひいじいさんが行ってた所と違うし所属部隊ではないんだろうな
第42なんたらは何なんだろ
46:
落とし穴を掘り上に肉の欠片を置いておく
そうするとコンドル?が罠に掛かる?
47:
第42師団第(1,2,3)野戦病院とかまで、いろいろあって、わからんw
でも、すっげぇリアルな話だな…
俺もその日記、すっげぇ見たい
日記みてんだから、亡くなったんだろうね、ご冥福をお祈りする
48:
俺の祖父も戦争で中国に行っていたよ。
北京の辺り
49:
気になるなら爺ちゃんの本籍がある都道府県の福祉関係の部署に軍歴証明書請求したら軍にいる間の配属地と部隊名ぐらいは出てくるはずだよ
あと高射砲部隊にいたなら独立高射砲大隊や、連隊ってのが結構あってどこでも必要な部隊だからあちこち転戦してた可能性はあるね
51:
ごぼう劍ってなに?
52:
>>51
銃剣の剣のこと
53:
>>52
弾無し銃に用はないからごぼう劍だけもって逃げてたらしい
54:
>>53
君のひいじいちゃんは日本刀を持って行かなかったの?
55:
>>54
代々商人の家系ですし
56:
浜岡軍って書いてある
57:
中国のどのあたり(・・?
58:
>>57
何とか門がすげえとか東西南北塀に囲まれてるとか書いてある
59:
続きはもう読めない感じかな
60:
>>59

読みたかった感じか
61:
俺も続き読みたいよ
62:
時間かかるがいい?
63:
普通にコレ貴重な資料だぞ
64:
南京か?
65:
坂本上等兵が負傷
胸部盲貫通?
軍医は大丈夫だと答えた
67:
写真撮って保存しておかないとな。
大切な資料はデジタル化
68:
いいなぁ
うちの爺様は満州から引き上げの時に全部捨ててきたから何も残ってない。
42:
米兵の死体を見つければ皆我先にと死体に群がる
食料や薬を持っているかもしれないからだ
いつから私達はこんなにも落ちぶれたのか
69:
輸送艦の昼飯時いきなりブザーが鳴り響いた
続いて雷跡?発見の報告が流れる
定位につけ!と怒声が鳴り響き一瞬棒立ちだった兵隊達が高射砲?の元へと走った
船の進行方向斜め30度前方150m程の位置に明らかに雷跡と思われる白い筋が1条見えた
船は直ちに左に旋回したが輸送艦の動作は歯がゆい程に緩慢である爆発音と共にマストよりも高く水柱が舞い上がり誰かは分からないがやられた!と叫び声が聞こえた
機関部が貫かれたらしい
甲板は大混乱に陥った
船員から万事休すの声が聞こえる
高射砲が、右へ左へ砲身を揺らすが敵の姿は見えない
船員たちは必死の形相で修理に走るがスピーカーから総員退艦の支持が聞こえた
もうダメだ!飛び込め!
その叫び声で皆が一斉に海に飛び込んだ
必死に陸を目指し泳ぐ
暫くして振り返ってみると船は傾いていた
火砲が倒れる!
兵隊達は命の綱のように思っていた高射砲が倒れていくのをまるで魔物に取り憑かれた様な恐怖の面持ちで呆然と眺めていた
90:
>>69
これ原文の抜粋?
状況記述ってーより小説みたい
なんとなく人が偲ばれる
93:
>>90
所々俺が書き換えてる
95:
>>93
ぉぃこら
98:
>>95
書き換えてるってか削ってる
142:
妄想で>>42や>>69が書けるヤツの文章ならそれこそ金払ってでも読むわ
143:
>>142
マジかよwww
70:
原文をなるべく忠実に書こうとしたら地獄だったでござる
71:

120:
>>72
雷跡=魚雷の跡
魚雷は推進力に気体を使うんだけど、噴出される気体が
海の上に真っ直ぐ伸びて見える。この痕跡の事
73:
また原文をなるべく再現しようとしてみたんだけど恐ろしく疲れるからめっちゃ意訳していいっすかね
74:
これ地元の大学かどこかに持って行った方がいいぞ
75:
>>74
マジかよ
処分しようかと話してたんだが
78:
>>75
なんで処分する(・・?
俺が買い取る
76:
>>75
はあああああああああああああああああああああ????????????????
この犯罪者!!!!!
79:
>>76
ええ……(困惑)
77:
写メであげてくれたら誰か読んでくれるよw
80:
処分って・・・
そんなことを言い出すおバカさんは誰かな
81:
じじいが悲しむ
82:
いや言い出したのは俺じゃなくて婆さんなんだが
83:
貴重な一次史料だっていうのに何考えてんだ
その文読む限りひい爺さんは文才もあるようだ
なのにこの>>1は書き写すだけで疲れると抜かすとか血統の劣化にもほどがある
浮気でできた子かなんかじゃねえの?
84:
>>83
作家志望で帝国大学卒業のひいじいさんと高卒の俺を比べるなよwwww
86:
>>84
素晴らしい文章だ。
そんなものを捨てようなどと思うのは馬鹿だ。
写メで全文うp 高画質で頼む
89:
>>86
写メか
高画質とかスマホの写真じゃ無理でしょう
88:
>>84
じいさんは士官か?
89:
>>88
上官にボロクソに言われてるのに文句言ってるのが多いから士官じゃないんじゃないの?
>>88
91:
>>89
スマホは高画質。
頼む。
94:
>>91
試してみよう
85:
凄いじいさんだなぁ
87:
原資料も然るべき機関に寄贈しな
92:
だよね
小説みたいだ
96:
期待
97:
きっと字が上手いはず
101:
は?
102:
>>101
はよ
103:
>>101
ひい爺ちゃん怒ってるwww
104:
ちょwwww何回やってもダメなんですけどwwwww
105:
>>104
釣りですか?
108:
>>105
釣りで高卒があんな文章かけると思ってんの?
106:
ひい祖父さんのお告げか
107:
違うカメラアプリインストールすれば?
109:
Imgurアプリを入れて、そこから写真をアップロードして、アップ先のURLをここに貼る
110:
あ、カメラがダメなのか
一度スマホを再起動
112:
金曜日に交換のスマホ届くからそこでまた書き込みに来てもいいけど
113:
なんか別の道具ないの
114:
まあ後日でもいいけど
その日記はちゃんと専門家に預けろよ
115:
捨てるなよ。
大学に寄贈しなさい。
116:
昨日落としてスマホの画面浮いてるのがいかんのかもしれん
117:
後日の書き込み、楽しみにしてるわ
118:
デジカメからPCに読み込んでうp出来るか試そうかと思ったけどめんどくせぇ
119:
>>118
出来れば頼む
121:
あと回想録とか言うのも出てきた
122:
興味無いみたいだな
123:
興味あるに決まってんだろ
捨てるなよ
124:
むしろ、スキャンしろと大声張りあげたいわw
写真じゃ、四隅がボケるんだよ…
マジで捨てるなら、俺にくれよ
127:
興味深すぎて禿げ上がりそうだわ
128:
スキャンしてAmazonで電子書籍として出版しろ
確か簡単にできたはずだから
1冊300円とかでもバカ売れするぞ
130:
期待されまくりだね
131:
回想録の方が小説っぽくて面白い
133:
そこまで言ったんだ、後日アップしてくれると夢々期待して良いよな
良いよな良いよな良いよな良いよな良いよな良いよな良いよな良いよな
134:
>>133
なるべく覚えておくよ
135:
回想録だと戦争から帰って来たところまで書いてあるぞ
136:
なんやねん
興味無いやんけ
137:
書いてくれなきゃ分からんちん
138:
>>137
回想録の方は生まれからなんで兵隊になったか
大まかな流れ
戦争から帰ってきて終わりって感じ
139:
みんな後日全文を載せてくれるならソッチを読みたいって思ってるんだよ
ものの価値のわからん1の要約や抜粋よりひーじいさんに期待してるってだけだ
140:
かと言って早くもっと内容知りたいと思う気持ちもあったりする
もうなにがなんだか分からなくなって自分がどうしたいかもわからないくらいテンションが上がる
それくらいの資料と言うことだ
144:
期待してるからな?保守しとくか?
145:
>>144
ごねてるけどな
出来ても部分部分の可能性が高いお
146:
一応理由だけど我が家の苗字が珍しくて特定が簡単だから
祖父の親なんだが回想録は人に見せる前提で書いてるけど日記は色々と個人情報書きまくってるから見世物にしたくないわ!って怒ってるから
147:
なるほど
出来る範囲で大丈夫やで
戦争知らない年代だから、生で感じる文を読んでみたい
150:
だからと言って回想録も前半部分は何処に住んでたかやどの学校通ってたとか書きまくってるから一部はうp出来ない
151:
だから回想録は328ページあるんだが、実質うp出来るのは半分あるかないかぐらいになってまう
153:
それでも許してくれるなら金曜日の仕事終わり書きに来るけど
154:
そんなにあるんか!!
でも待ってる
157:
うぷ無理なところはしなくて良いから
うぷ終わったら郷土資料館とかに持ってけ
どこの町にもあるだろ
158:
>>157
うpはして欲しいのかwwwww
160:
ちなみに後半だけどひいじいさんがいたのはビルマのアナクイン?とか言うところらしい
ビルマ国(ビルマこく、英語:the State of Burma)は、1943年(昭和18年)8月1日から1945年(昭和20年)前半までの期間ビルマ(現ミャンマー)に存在した国家。
日本の支援を受けてイギリスの植民地支配から独立する形で誕生したが、日本の傀儡政権とする批判もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビルマ国
162:
じれったい
163:
帰宅したらスレが伸びてて驚いたわ
興味深い内容だなあ
一時資料ってのは掛けがえがものだよ
どこかに保存され公開されたら、昭和史を書こうとする著述者が
参考にすることになるかもね
でも1の立場からすれば公開したくない所があるのも
労力を掛けたくない気持ちがあるのも分かるから何ともいえなくて辛いw
164:
掛けがえがもの → かけがえがないもの
165:
まあ遺族からしたら公開されたくない情報も載ってるかもしれないわな
それでも公的機関に還元はしてほしい
167:
こういう系が得意な出版社に話を持ちかければ、名前を伏せた形で出版できる可能性もなくはないかも
ひいおじいさんの文章のまとまり具合にもよるけど
168:
旅先で知り合った爺様から
ビルマに士官で行った人の話は聞いたな
169:
>>168
それも気になる
170:
>>169
何回聞いても同じ話に落ち着くんだけどねw
おばあちゃんが次郎長と茶飲み友達だったとかで
良い所の次男だから士官でビルマに行ったらしい。
171:
ビルマに行く前に軟禁されてビルマ語を
叩き込まれたって言ってた。
173:
>>170-171
やっぱ士官も外地に行くときは現地語を学ばされてから行ったんだね
うちの爺さんは工科大の学生だったから徴兵免除されてたみたいで、そういう話が聞けないんだよね
172:
そのおじいちゃんは
何故台湾と韓国の人たちの対応が違うかも
自分なりに考える所があるとも言ってたな
173:
>>172
ほう
韓国と台湾では統治政策に違いがあったのかな?
176:
>>173
おじいちゃん曰くだから
確かな情報ではないけど
台湾は「暖かくて果物が美味しくて楽園」と言われてて
韓国は「寒くて食糧に乏しい」と言われてたから
お坊ちゃんたちはなるべく台湾に行かせてもらったらしい。
だから「のほほん」としてる育ちの良い人が多く行った。
という事も影響してるのかもしれないと
そんな風な事を言ってたよ。
174:
>>173
私は女だし、客の立場だったからか
血なまぐさい話はして貰えなかったけど
色っぽい話は教えてくれたよ。
実は結構話したい人って多いのかもね
家族は飽きて聞きたくないって言ってたしw
175:
>>174
確かにうちの爺さんも婆さんも、ちょくちょくその頃の話をしてくれるな
うちの爺さんも婆さんもあまり食糧には困ってなかったから話せるのかもしれんけど
177:
>>175
そのおじいちゃんも良かったときは
ビルマの村に喫茶店みたいのがあって
そこにコーヒーを飲みに行ったり
店の女の人が持ってきてくれたりしたって言ってた
あとバナナが物凄く美味しくて
晩年も体調悪くなるとブランデーコーヒーとバナナだけ食べて
「これで治す」ってやってた。
178:
>>176-177
なるほどなー
そういえば婆さんも台湾に住んでたって言ってたよ
バナナがそこら辺に生えてて飢えることはなかったそうだ
むしろ日本に引き揚げてからの方がよっぽどしんどかったと言ってた
コーヒーか、ハイカラだね
180:
>>178
戦争を経験してる人って何か違うよね
色々な事を「達観」してるし
80歳過ぎてたけど
たまにギラッとした目になるときがあって
「あ。修羅場潜り抜けてきた人だ」って思った。
海を眺めながらそのおじいさんの話を聞くのが
物凄く好きだったんだよ(泣
181:
>>180
戦後の高度経済成長も、戦争の時代を生き延びた人々ならではのバイタリティみたいなものが原動力だったのかもね
段々とそういう話をしてくれる人も亡くなってしまうね
自分もまだ話が聞けるうちに色々と爺さん婆さんから聞きたいな
182:
>>181
日々に追われて大変だろうけど
なるべく話をする時間を作ってあげてね。
私は旅先だったから ひねもすのたり で聞いてたw
夜には一緒に露天風呂にも入ったし
一生忘れない思い出だ。
183:
>>182
はい、今度の夏休みにも爺さん婆さんのところへ行きます
多分まだまだ聞けてないことがたくさんあるんだろうな
そのおじいさんもあなたと話ができてとても嬉しかったと思います
一緒に露天風呂まで入れてwww
184:
>>183
そう言ってもらえて 救われます。
最後にサヨナラ出来なかったから。
実は爺様がギラッチな目になったのは
私が着替える所を見られちゃった時で
多少はサービス出来たから許してもらえてると思うw
185:
>>184
考えてみたら爺さんももう90超えてるし、あと何回話す機会があるのかと思うと辛いな
ラッキーなおじいさんですねwww
伊達に戦争を生き延びてないです
179:
婆さんの通ってた女学校の先生が偉い人で
「日本が勝つにしろ負けるにしろ英語は必要になる」
って言ってこっそり英語の授業もやったとも言ってたな
186:
ゲームしてたらスレ伸びてたわ
187:
>>186
あ。主さん
勝手に書き込んでごめん
192:
>>187
書き込めばいいんでね
188:
>>186
思いの外話が弾んでたわ
そういえばおじいさんの日記ってやっぱり文語調なん?
189:
>>188
小説チックに書いてるところが多いな
190:
>>189
そっかー、じゃあある程度読み手のことを想定してたのかもね
ゐとかゑとかは使ってる?
191:
>>190
日記の方はたまに入ってるが回想録の方には書いてないな
昭和54年?7月に書いたとか
193:
>>191
回想録はだいぶ後になってからなんだね
じゃあゐもゑもないわな
194:
また金曜日の夜に回想録の方を部分だけでも書いてくれるなら嬉しいわ
見に来る
19

続き・詳細・画像をみる


三毛猫好きなヤツ集まれ〜

【画像】ファッションショーでチクビが透けて見えていたモデルの年齢が若すぎるんじゃないかと問題に

【画像】今度はじゃがりこにハエ混入か?Twitterで疑惑の画像がアップされる

【悲報】グラブルのガチャ確率開示

たぶん誕生するトランプ大統領が日本経済を危機に陥れる

ガンダム種のアスランとキラの関係wwwwwww

back 削除依頼&連絡先