【ラブライブ】絵里「最近希の様子が変なのよ…」back

【ラブライブ】絵里「最近希の様子が変なのよ…」


続き・詳細・画像をみる

1:
にこ「はぁ?そんなの知らないわよっあんた何かしたんじゃないの?」
絵里「んーやっぱりそうかしら…心当たりはないのだけど…」
にこ「………」シャンシャンシャン♪
絵里「………」
にこ「………あ!」シャンシャン パツンッ
絵里「………ハァ…」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445436955
2:
にこ「もうっなんなのよ!辛気臭すぎてスクールアイドルの音ゲーも落ち着いてできないじゃないっ」
絵里「ごめんなさい…」
にこ「分かったわよ…で、いったい何があったっての?」
絵里「ありがとう、そうね…例えば…」
3:
絵里「希、今日は練習も休みだし一緒に帰らない?」
希「ごめん!今日うち寄り道して帰るんよ」
絵里「買い物?」
希「まぁ…そんなところやね」
絵里「それなら、私も着いて行っていいかしら?」
希「え!?」
絵里「え?なんでそんなに驚いて…もしかして私と行くのがそんなに…」
希「いやいやいや!そういうわけじゃないんやけどっ」
希「とりあえず今日は1人で行くから大丈夫!またなー」ダッ
絵里「…」
4:
絵里「とういことがあったの」
にこ「別にそこまで変とは思わないんだけど…」
絵里「いや、希があそこまで取り乱すなんて…やっぱり変よ」
絵里「それにその日以降、私と目が合うと慌てて目をそらすし…」
にこ(何その初恋の中学生みたいなノリ…)
5:
絵里「穂乃果たちの生徒会を手伝ってる時もね…」
絵里「いつもなら、私のとなりに座るのだけど…最近はなぜか一番遠い席に座るのよ…」
にこ「確かに、それは少し変ね…」
絵里「なにか気にさわることしたのかしら…」
6:
絵里「ねぇにこ、ひとつ頼みたいことがあるんだけど…」
にこ「イヤよっ」
絵里「え!?まだ何も言ってないわ」
にこ「イヤよ!どーせ、希に探りをいれてきて欲しいとか言うつもりなんでしょ?」
絵里「ハラショー!すごいわ!何も言ってないのにっ」
にこ「う…誉めたってやらないわよ?」
にこ「私は今、赤髪の女の子のイベント上位入賞に忙しいのっ……えぇ!?この人たち、累計ポイントの上がり方絶対頭おかしいでしょー!」
7:
絵里「あらそれは残念ねー」ニヤニヤ
にこ「何よ?」
絵里「もし引き受けてくれたなら、今度地元紙の取材がまたあるのだけど…」
絵里「そこで、にこをピックアップしてもらえるよう、取り計らおうかなーって思ってたんだけど…」
絵里「まぁそこまで嫌って言うなら、無理強いするわけにはいかないわよねー」
にこ「やるわ!」
8:
絵里「何を?」ニヤニヤ
にこ「希にバッチリ探りいれてきてあげるって言ってるの!」
絵里「ほんと!?ありがと♪」
にこ「それじゃあさっそくーー」
絵里「あっ!私が気にしてたっていうのは…言わないでね?」
にこ「はっきり言った方が手っ取り早いじゃない!」
絵里「だ、だって…恥ずかしいし」
にこ「……あっそ、分かったわ」
絵里「それじゃお願いね」
にこ「まっかしときなさい!ただし取材のことっ忘れないでよね!!」
絵里「えぇもちろんよ♪」
9:
希「……」ガサゴソ
希(これでよし!っと)
にこ「希!」
希「ひゃうっ!?」バッ
にこ「なんて声出してるのよ…」
10:
希「にこっち?もう、びっくりしたなあ」
にこ「知らないわよ!そんなことより、こんな所で何してるの?」
希「え?ま、まぁうちにもいろいろあるんよー」
にこ「……」ジトー
希「……」メソラシ
11:
にこ「じゃあ質問を変えるわ、さっき何を隠したの?」
希「にこっち…見てたん?」
にこ「ちらっとね」
希「なら仕方ないなあ…」スッ
にこ「え?なにそういうこと!?まったく…心配した私がバカみたいじゃないっ」
希「にこっち、心配してくれてたん?」ニヤニヤ
12:
にこ「な、すこしね!ほんとすこーーしだけだから!」
希「にこっちは優しいなあ、ありがと♪」
にこ「べ、別にいいわよ…」
にこ「でも、それならなんで挙動不審になってたの?スッと渡しちゃえばいいじゃない」
希「そうなんやけど…ビックリさせたかったし…こういうの初めてやし…なんか気恥ずかしいやん?」
にこ「まったく…絵里も希も、変なとこで子供なんだから…」ボソッ
希「ん?なにか言った?」
13:
にこ「いや、なんでもないわ」
希「絵里ちがどうかしたん?」
にこ「だーかーら!なんでもないって!そんなことより、それ今日中に渡さないと意味がないじゃない」
希「それは、そうなんやけど…」
にこ「もう!ぐだぐだ言ってないで早く行く!ほらっ」グイッ
希「きゃー☆にこっちごういーん♪」
にこ「……」
にこ「ふざけてないで行くわよ」
希「はい」
14:
絵里(にこ、ちゃんとやってくれてるかしら…)
にこ「絵里、待たせたわね」
絵里「希の様子はどうーー」
絵里「希!?何でいるの!?」
希「やっほー」ヒョコッ
15:
にこ「なんでそんな所にいるのよ…こっち来なさいよっ」グイッ
希「ちょ、にこっち!?」
にこ「それじゃ、オーディエンスがにこにーのこと待ってるからぁにこはもう行くにこー☆」ダッ
絵里・希「ちょっとにこ(っち)!」
絵里「……」
希「……(にこっちは後でたーっぷりわしわしするとして…)」
希「絵里ち?」
絵里「っ!は、はい…」
16:
希「もううちの言いたいこと、分かってるかもやけど…」
絵里「……(やっぱり希怒ってる、どうしよう…なにも心当たりが無いなんて言えないわ…と、とりあえず…!)」
絵里「ごめんなさいっ!」
希「おめでとうっ!」
絵里・希「…………え?」
17:
絵里「…今なんて?」
希「絵里ちこそ、なんて言ったん?」
絵里「私はごめんなさいって…」
希「うちはおめでとうって…」
絵里・希「えぇーーっ!?」
絵里「どういうこと!?希、怒ってるんじゃなかったの?」
希「うち?なんも怒ってないけど…」
18:
絵里「だ、だって…最近一緒に帰ってくれなかったじゃないっ」
絵里「それに目もそらしてたし…」
希「それは絵里ち、今日誕生日やん?」
希「だからプレゼント用意しようと思って、買い物に行ってたんよー」
絵里「希っ…」
19:
希「あ、でも目をそらしてたんは絵里ちが悪いんよ?」
絵里「やっぱり私なにか…」
希「最近妙にうちのこと見てたやん?」
希「それで、サプライズがバレちゃったんじゃないかって…だからなんとか誤魔化そうとしてたんよ」
絵里「それじゃあ、ホントに怒ってたわけじゃないの?」
希「ぜーんぜん怒ってない♪」
絵里「……………よかったぁー」ヘタリ
20:
希「絵里ち!?大丈夫?」
絵里「えぇ大丈夫よ、安心したら何だか…力が抜けちゃって…」
希「改めまして絵里ち、誕生日おめでとうっ!」スッ
絵里「ありがとう!プレゼント、開けてもいい?」
希「どーぞー」
ホドキホドキ
21:
絵里「ハラショー!かわいいネックレスね♪これって、もしかして…手作り?」
希「そう!絵里ちには負けるけど、うちもなかなか器用やろ?」
絵里「えぇ、とっても素敵だわ!希、ありがとう♪」
希「どういたしまして♪」
絵里「あれ?待って、そういえば…穂乃果達の手伝いの時、わざわざ遠くに座ってたのは…どうしてかしら?」
希「それは……正直に言ったら、絵里ち怒らない?」
絵里「まぁ内容によるわね…」
22:
希「すぐに手作りのアクセサリーにしようって思ったんやけど…どうも勝手が分からなくてなあ」
希「ことりちゃん手先器用やし、こういうの詳しそうやから相談にのってもらってたんよ」
絵里「頑張って作ってくれたことは嬉しいけど…生徒会の仕事中にそれはあまりよくないわね…」
絵里「まぁでも、それで生徒会の仕事に支障が出た訳じゃないし、今回は多目に見るわ」
絵里「それに…私の為にって、やっぱり嬉しいし♪」
希「そこまで喜んでもらえるなら、サプライズしたかいがあるってもんやねー」
23:
絵里「ところで、なんで今年になって、いきなりサプライズしようと思ったの?」
希「それは…絵里ちと本当の意味で、友達になれた気がしたからなんよ」
絵里「それってどういう…」
希「一年生も二年生も、仲良くやってたとは思うんやけど…どこか絵里ちとの壁を感じてて…」
希「でも、穂乃果ちゃんにμ´sに誘われる前、絵里ちうちに怒鳴ったやん?」
絵里「あれは……ごめんなさい…」
24:
希「ううん、あれがうち、すごく嬉しくてっ」
絵里「なんで!?あれはただの八つ当たりじゃない!」
希「それでもいい、あの時初めて絵里ちが、本当の気持ちをぶつけてきてくれた気がしたんよ」
希「うちの感じてた壁がガラガラーって崩れる音がして…」
希「それからμ´s に入って、絵里ちがどんどん素直になっていって、いろんなことを二人で考えたりもして…」
希「それで思ったんや…あぁこれが友達なんやなー、やっぱりうちは絵里ちの事が、大好きなんやなーって…」
絵里「希…」
25:
希「だから今年の誕生日は、うちにとって特別だったってことやね♪」
絵里「ありがとう希!私も希のこと大好きよっ」
絵里「今日は私にとっても、忘れられない誕生日になったわ♪」
希「ーーっ!」
希「…絵里ち、もしよかったら…うちと友達以上の関係になってくれませんか…?」
26:
絵里「……」
希「や、やっぱりなんでもないっ!聞かなかったことにして…」
絵里「いいわよ?」
希「え?」
絵里「友達以上の関係でしょ?希が相手なら断る理由なんてないじゃない」
絵里「この数日間、希と話すことができなくて…それがすごく寂しくて…私の中の希が、すごく大きかったんだって…」
絵里「だから、私からもお願い…私と友達以上の関係になってくれませんか?」
27:
希「絵里ち…っ!…うち…うちぃ……」
絵里「ちょ、ちょっと希、泣いてるの!?」
希「ごめん、でもホントに嬉しくて…!」
絵里「もう、希ったら大袈裟ね…」
28:
希「あ、そうだ!友達以上の証ってわけやないけど…」ガサゴソ
希「うちも…これつけていい?」
絵里「それって…!もしかして私とお揃い?」
希「そ!いい?」
絵里「もちろんよ!こっそりペアルックなんて素敵じゃない♪」
絵里「…よいしょっと!どうかしら、似合ってる?」
希「いいやん!すごく似合ってる♪ 」
絵里「希にもつけてあげるから後ろ向いて?」
希「うん!頼むわー」
絵里「…はいっ!これでよし、希もすごく似合ってるわ」
希「これでお揃いやね♪」
絵里「ちょっとドキドキするわ…」
29:
ーー数日後
絵里「最近希の様子が変なのよ…」
にこ「はぁ……今度は何が変なの?」
絵里「あの日以降、かなりスキンシップが増えた気がするの…」
にこ「あらあら…仲がむつまじそうで、良かったじゃない」
30:
絵里「確かにあの日、友達以上の関係…つまり親友になったわけだけど…」
絵里「親友って、こう言うものなのかしら…」
にこ「そんなの知らないわよっ」
にこ「私からしたら、ただののろけにしか聞こえないんですけどー」
希「絵里ちー!今日も一緒に帰ろー!手を繋いで♪」
にこ「………希が変ね…」
end
31:
まず、最後までお付き合い下さりありがとうございました。
そして絵里ちゃん!お誕生日おめでとうっ!
3年生組って何かいいなぁ…そんなことを思いながら書いてみました
それでは!
3

続き・詳細・画像をみる


シャープ、「プラズマクラスター扇風機」を発売!! 使用時の“だるさ感”抑える効果を実証

生牡蠣と焼き牡蠣30こ食べた結果wwwwwwwwwwwwwww

ルフィ「あるおっさんと二人きりでトークすることになった!」

B親子がバランスを崩し寄りかかってきたので、持っていたティーカップを落としてしまいました。ティーカップは美濃焼の一点ものらしく…

上の子の主治医が「下の子の検査もさせてほしい」と言うから快諾したんだけど特別料金を請求された

丸目二灯はいい 心が洗われる・・・

back 削除依頼&連絡先