【ラブライブ】ことり「真姫ちゃんのこと真姫んぽって呼んでもいい?」back

【ラブライブ】ことり「真姫ちゃんのこと真姫んぽって呼んでもいい?」


続き・詳細・画像をみる


真姫「…………えぇっと……ワンスアゲン」
ことり「真姫んぽって呼んでもいい?」
真姫「ごめん、意味分かんない」
ことり「だからね、これから真姫ちゃんのあだ名を真姫んぽにしようかなって思うの」
真姫「いや、うん、その……良いとか悪いの前に、なんで真姫んぽなの?」
ことり「だって語感が可愛いよね」
真姫「……そう?」
ことり「真姫んぽ♪」
真姫「いや♪付けられてもよく分かんないんだけど……」
ことり「真姫んぽは次の授業何なの?」
真姫「さも当たり前のように使わないで」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446964571
2: 以下、
真姫「普通に真姫とか真姫ちゃんとか呼んでくれればいいじゃない」
ことり「それじゃあちょっとつまらないと思わない?」
真姫「別に呼ばれ方に面白さなんて求めてないから!」
ことり「でも可愛さはあった方がいいよね?」
真姫「その可愛さについてが疑問符なんだけど……あとはほら、マッキーとかあるじゃない」
ことり「そんなマジックみたいなあだ名で真姫んぽは満足してるの!?」
ことり「極太極細に分かれてるのよって自慢してるつもりなの!?」
ことり「自分だけ何色もありますけどアピールしてほくそ笑んでるの!?」
真姫「なんでここで熱くなるのよ!?っていうか後半意味わかんないんだけど!」
ことり「まあ、それはそれとして、真姫んぽって呼んでもいいよね?」
真姫「どっちかというと普通の呼ばれ方の方が――」
ことり「おねがぁい……」ジッ
真姫「わ、分かったわよ……」
ことり「わぁい!ありがとう真姫んぽ!」
3: 以下、
?放課後?
真姫(結局押し切られちゃった……実際真姫んぽってどうなのかしら?可愛いの?なんかすごく微妙な気がするんだけど……)
凛「ねえ真姫ちゃんはどうしてだと思う?」
真姫「ヴぇ?な、なにが?」
凛「話聞いててよー!チキンラーメンはなんでたまに食べたくなるのかって!」
真姫「至極どうでもいいわ」
花陽「私はあのスープの中に不思議な粉とか入ってるんじゃないかなって思ってるんだけど」
真姫「やめなさい、怒られるから」
凛「あーあ、結局分かんないまま屋上に着いちゃったね」
花陽「もうみんな来てるかな?」
凛「今日も練習頑張るにゃー!」バタン
穂乃果「あ、三人とも待ちくたびれたよー!」
真姫「希とエリーは?」
にこ「先生に頼まれごと押し付けられたからちょっと遅れるって」
海未「7人揃いましたし、先に始めておきましょうか」
花陽「まずはストレッチからだよね」
凛「かよちんやろー!」
ことり「真姫んぽ一緒にやろ?!」
6人「ヴェェ!?」
4: 以下、
真姫「い、いいけど……いつもは海未か穂乃果とやってるのに」
ことり「たまにはいいかなって!それにほら、真姫んぽも真姫んぽって呼ばれることに慣れておかないとね」
穂乃果「ちょっと待って!なんかナチュラルに話し進んでたけど、真姫んぽってなに!?」
ことり「真姫ちゃんのあだ名だよ?」
真姫「こ、ことりが勝手に呼びたいって言うから……」
海未「真姫んぽって……」
花陽「真姫んぽって……」
にこ「真姫んぽってあんた……」
真姫(あれ、この反応……やっぱり微妙なんじゃ)
穂乃果「すっごくキュートだよ!!」
真姫「っ!?」
にこ「びっくりしたわぁ、まさか真姫にこんな可愛いあだ名が残されてたなんて」
花陽「真姫んぽ、かぁ……確かに可愛いね!」
凛「可愛いかどうかは置いといて、面白いよね」
海未「そうですね、ユーモアは感じます」
真姫「ど、どっちなのよ……」
5: 以下、
穂乃果「ことりちゃんセンスあるぅー!真姫んぽ、いい響きだね!」
ことり「違うよ穂乃果ちゃん。真→姫↑ん↓ぽ→じゃなくて、真→姫↑ん↑ぽ↑だよ」
穂乃果「あはは、ごめんごめん」
真姫「イントネーションのこだわり今初めて聞いたんだけど」
ことり「もしかして真→姫↑ん↓ぽ→の方が良かった?ことり的には真→姫↑ん↑ぽ↑の方が可愛気があっていいと思うんだけど」
真姫「どっちでもいいわよ!」
凛「良かったね真姫ちゃん!面白いあだ名付けてもらって!!」
真姫「え、えぇ……」
真姫(意外と反応がいいのね……私がまだ良さが分からないだけで、結構イイ感じだったりするのかしら)
海未「さ、雑談はこの辺にして、ストレッチを始めますよ」
6人「はーい!」
6: 以下、
希「遅れてごめんなぁ」
絵里「お待たせ」
にこ「遅いわよ二人とも」
穂乃果「もうこっちは準備万端だよ!」
希「絵里ちが道端に落ちてるチョコレートにつられてフラフラしてたせいでな」
絵里「そんな誘拐されそうなことしないわよ!」
希「ほんで、今日は踊りながら振付考えるんやったよね?」
穂乃果「そうそう!早くストレッチしないと穂乃果達で全部決めちゃうからねー!」
絵里「それは大変なことになりそうね……希、早やりましょう」
希「ほいきた」
海未「では、私たちは曲を聞きましょうか」
ことり「今回の真姫んぽの曲はカッコいい形だからそっちに合わせないとね」
のぞえり「……うん?」
凛「カッコいいって言うと……こんな感じ?」クルッシュタッ
花陽「おぉー!」パチパチ
にこ「全員が踊れるやつにしなさいよ!凛だけできてもしょうがないでしょ!」
ことり「それに、その動きに合わせられそうなの、今回の真姫んぽの曲にはなさそうだよね」
凛「んー、残念にゃー」
のぞえり「……うんん?」
7: 以下、
絵里「ねえ希、さっきから聞こえてくる真姫んぽって……」
希「いや、まさか……」
にこ「ここですかさず、にっこにっこにーを入れて―――」
凛「さむさむ」
にこ「なによ!」
ことり「真姫んぽはどう?」
真姫「んー……」
ことり「真姫んぽ?」
真姫「あ、私か……」
絵里「やっぱり真姫のことなの!?」
穂乃果「どうしたの大声で?」
希「いやいやいや、どうしたはこっちのセリフやって!」
のぞえり「真姫んぽってなに!?」
ことり「真姫んぽのあだ名だよ?」
希「さも当たり前のように!」
絵里「何がどうなってそうなったの!?」
8: 以下、
ことり「実はかくかくしかじか」
希「――っ!まきまきうまうま、というわけやね……」
絵里「……いや、実際にかくかくしかじかとか言われても伝わらないし、希もノらないでほしいし」
希「ごめんごめん、つい」
ことり「実はね―――」
ことり「―――というわけで、真姫んぽのあだ名が真姫んぽになったんだよ」
真姫「ほぼ強引にだけど」
穂乃果「可愛いよね!?」
希「それは……」
絵里「なんというか……」
真姫(あれ、この反応はもしかして……微妙―――)
絵里「ハラショー!とってもかわいいと思うわ!!!」
希「めっちゃユニークやん!うちもええと思うよ」
真姫(いけるんだ…!やっぱりイイ感じなんだ…!!)
9: 以下、
かくして真姫んぽというあだ名はμ'sに浸透した
初めはことりが使うのみだった
ことり「真姫んぽおはよう?!」
ことり「真姫んぽ何の本読んでるの?」
ことり「真姫んぽの髪の毛アレンジしてもいい?」
次第にμ'sのメンバーも使うようになっていく
凛「真姫んぽー!宿題見せてー!」
花陽「もう、凛ちゃん!いっつも真姫ちゃんぽに見せてもらってばかりじゃダメだよ!」
真姫「真姫ちゃんぽってなに!?」
10: 以下、
真姫(最近ことり以外まで私のこと真姫んぽって呼んでくる……まさか全員呼んできたりはしないわよね…?)
穂乃果「あ、真姫んぽちゃんだー!」
真姫「どっちかにしなさいよ!」
海未「真姫んぽも移動教室ですか?」
真姫「――ッ!?!!?!?!」ガクッ
海未「真姫!?どうしたのですか膝から崩れ落ちて!」
真姫「さ、最後の砦だと思ってた人がいきなり陥落してたなんて……」
海未「はい?」
真姫「ううん、なんでもない……」
???
にこ「はい皆さんご一緒に?!ぬうぃっこぬうぃっこぬうぃー?」
真姫「意味わかんない」
にこ「そこの真姫んぽ!サボってんじゃないわよ!」
真姫「サボってない!っていうかにこちゃんまで真姫んぽって……」
希「ええやん真姫んぽ、可愛いと思うで?」
絵里「そうよ、真姫んぽなんて素敵なあだ名もらえるなんて羨ましいわ」
真姫「ぜ、全滅……」
11: 以下、
いい加減真姫が真姫んぽと呼ばれることにも慣れてきたころ
革新が始まる―――
穂乃果「へぇー」
凛「何見てるの?」
穂乃果「いやね、昨日テレビでアクション映画やってたんだけど……見てこの人」
凛「この太った人がどうかしたの?」
穂乃果「名前見て名前」
凛「サモ・ハン・キンポー…?」
穂乃果「うん」
凛「――ッ!!ま、まさか穂乃果ちゃん…!」
穂乃果「サモ・ハン・マキンポー……なんちゃって」
凛「……」
穂乃果「……」
ほのりん「あはははあはははははは!!!」
穂乃果「さも、サモハンって!サモハンって!!あはははははははは」
凛「おっかしいにゃー!あはっははははは」
真姫「なに2人で笑ってるのよ」
ほのりん「あ、サモ・ハン・マキンポーだ」
真姫「はぁ!?」
あだ名の進化である―――!
12: 以下、
にこ「花陽、何見てるの?」
花陽「にこちゃん……えっとね、ちょっと花について調べてたんだけど……」
にこ「何この花?キンポウゲ?」
花陽「うん……」
にこ「花陽、あんたまさか……」
花陽「……だ、ダメだよにこちゃん!思っててもマキンポウゲなんて言っちゃだめだよ!!」
にこ「言ってる言ってる」
花陽「あ……」
真姫「2人とももうすぐ練習が始まるわよ」
花陽「あ、真姫んぽ……」
にこ「……うげ」ボソッ
花陽「ブゥーッ」
真姫「な、なんで噴き出してるの!?」
花陽「えひっ、ちがっ、あのっっ、これはその……ふふっ」
真姫「?」
13: 以下、
凛「サモちゃんサモちゃん」
真姫「……」
凛「サモ・ハン・マキンポーちゃん」
真姫「私のこと!?私のこと呼んでたの!?」
凛「そうだけど」
真姫「真姫んぽはどこ行ったのよ!」
凛「サモちゃんの方が呼びやすいかなあって」
真姫「だったら普通に真姫ちゃんでいいでしょ!」
凛「もう戻れない……なぜなら凛たちは、常に今を生きているから…!」
真姫「いや、別にカッコよくないし普通に戻せるでしょ」
花陽「ま、まきっ、真姫んぽ……ちゃん!」
真姫「だからどっちかにしなさいって。っていうかなんでそんな力んでるのよ」
花陽「油断したらウゲってなりそうで……」
真姫「憂げ…?」
14: 以下、
?またある日?
モブ1「あれ、真姫んぽ知らない?」
凛「サモちゃんならトイレじゃないかにゃ?」
モブ2「えぇー、ポンちゃんに次の音楽のこと聞きたかったのになぁ」
花陽「すぐ戻ってくると思うよ」
モブ3「やっぱり音楽のことはちゃんぽに聞くのが一番だよね?」
真姫(いつの間にかμ's以外にも浸透してる上に、変な変わり方してる……)
16: 以下、
海未「あぁ、真姫んぽに次の歌のことで相談が―――」
穂乃果「おぉ!ハンちゃんのタオル可愛いー!今度一緒に買いに―――」
にこ「ちょうどいいところに来たわぽん真姫、ちょっと話が―――」
希「今日の真姫んぽんの運勢は―――」
花陽「真姫ちゃんぽはおにぎりに塩掛けるタイプ?それとも手汗―――」
凛「サモちゃんあれやってあれ!くるくるまきまきーって―――」
絵里「真姫んぽ、そろそろ合宿の季節だと思うんだけど―――」
真姫「…………」
真姫「…………はぁ……仕方ないわね」
ことり「むぅ……」
17: 以下、
ことり「ちょっとちょっとみんな!ちゃんと真姫んぽって呼んであげないと真姫んぽが可哀想だよ!」
真姫「いや、別に可哀想とか思ってないから」
ことり「海未ちゃんと絵里ちゃん以外よく分かんないことになってるよ!意味わかんない!」
真姫「なんでそんな怒ってるのよ……」
ことり「ことりは真姫んぽって名前が可愛いと思って真姫んぽって呼んでるのに、それ以外のあだ名になっちゃったら意味ないと思うの!」
ことり「それに、真姫んぽが変なあだ名で呼ばれてどう思ってるか考えないと!」
真姫(真姫んぽは変じゃなかったとでも…?いや、分かんないけど)
穂乃果「ご、ごめん……確かに真姫ちゃんが嫌がってたらダメだよね」
凛「サモちゃんって呼んでごめんにゃ……」
真姫「……別に、嫌だなんて思ってないから」
花陽「そうなの…!?」
真姫「ただ、今まであだ名で呼ばれることってあんまりなかったし、どんな反応すればいいのか分からなくて……」
真姫「それに最近、いろんな呼び方されるのも、結構悪くないかもって思ってきたところだし」
絵里「真姫んぽ…!」
真姫「だ、だから、その……好きに読んでくれていいから!
希「真姫んぽん……いや、真姫ツンぽ…!」
にこ「真姫ツンデレぽ!」
真姫「それは長いからやめて」
真姫「それと、ことり」
ことり「ん?」
真姫「気を使ってくれてありがとう……真姫んぽも、結構好きになって来たわ」
ことり「ふふっ、良かったぁ?」
19: 以下、
こうして一件落着した……
かに思われたが―――!
穂乃果「みんなー!今日は私たちのライブに来てくれて、ありがとうございます!」
\ワーワー/ \カワイー/
真姫「今日は新曲を披露します!楽しんでいってください!」
\キャーキャー/ \マキンポカワイー/
真姫(ファンにまで浸透してる!?)
にこ(μ'sのサイトに書いたのがもう広まっちゃったのね)
?ライブ後?
穂乃果「はぁ…はぁ……ありがとうございましたー!」
μ's「ありがとうございましたー!!!」
\ウオー/ \ステキー/ \ニコニー/ \ノンターン/ \マキンポミルクノミテー/ \ンミチェェェン/ \アリガトー/
真姫(――っ?!!?!???!?!!?!?!?!)
20: 以下、
真姫んぽの真姫んぽミルク飲みたい(252)
1:以下、μ'sに変わりまして10人目がお送りします[] 20XX/11/08
 よな?
2:以下、μ'sに変わりまして10人目がお送りします[] 20XX/11/08
 わかる
3:以下、μ'sに変わりまして10人目がお送りします[] 20XX/11/08
 真姫んぽって真姫ちゃんのことかよ
4:以下、μ'sに変わりまして10人目がお送りします[] 20XX/11/08
 なんかすごく卑猥
5:以下、μ'sに変わりまして10人目がお送りします[] 20XX/11/08
 真姫ちゃんのマッキーからあふれる真姫んぽミルク味わってまきまきしたい
にこ「まさかこんなことになってたなんてね……」
穂乃果「真姫んぽミルクってなに?」
にこ「いや、イントネーションは真→姫↑ん↓ぽ→よ」
穂乃果「…?それが何の関係が?」
希「あぁー、たぶんなー……」ゴニョゴニョ
穂乃果「ふんふん……おちん!?」
希「しーっ!」
穂乃果「まさか真姫んぽにそんな意味が込められてたなんて……」
真姫「どういう意味よ!?」
花陽「さあ?」
凛「なんのことだろう?」
ことり「分かる?」
海未「見当が付きません」
絵里「私もよ」
にこ「この初心初心ガールども……いい?心して聞きなさい」
6人「……」ゴクリンコ
にこ「要するに、真姫んぽをおち○ぽと同じニュアンスで使ってるのよ」
21: 以下、
穂乃果「大変だよ!海未ちゃんが気を失っちゃった!!」
にこ「耐性マイナスか!!!」
凛「そんな!○ちんぽってあのおち○ぽ!?ほんとうにあのおちん○なの!?」
花陽「凛ちゃん連呼しないで!」
絵里「ハrrrrラショーすぎる……」
真姫「え、あ……私……」
にこ「真姫ん……真姫ちゃんには気の毒だけど、そういう意味で使われちゃってるみたいなのよ」
真姫「私は女よ!!」
にこ「うん、分かってるし、そういうことじゃないのよね」
真姫「じゃあどういうことよ!」
にこ「
希「深く考えすぎたらあかんよ。この人らもノリで言ってるだけやろうから」
真姫「そんな卑猥な呼ばれ方ごめんよ!」
にこ「まあ、サイトを修正するくらいならできるし注意書きもしようと思えばできるけど、一度浸透したものを消すのはほぼ不可能よね……」
真姫「いいからできるだけのことをしてよ!真姫んぽミルクとか絶対呼ばれたくない!!!」
ことり「ごめん」
真姫「あ……別にことりが悪いわけじゃ―――」
ことり「ごめんなさぁぁぁいいいぃぃいいぃぃぃ」
真姫「な、泣くほど…!?」
22: 以下、
ことり「ことりのせいでこんなことにぃぃ……」グスッ
真姫「いやいや、明らかに卑猥目的で呼ぶ方が悪いから!」
にこ「サイトに真姫んぽのことを書いたにこも軽率だったわ。まさかこんな結果になるなんて……」
真姫「それも仕方ないじゃない。誰だって予想できないわよ」
希「みんな真姫んぽって言葉が好きやったからなぁ。確かに誰もお○んぽやなんて考えてなかったし」
絵里「なってしまったものは仕方ないわ。このことは忘れましょう!そして、真姫んぽって呼び方もやめにした方がいいと思うの」
真姫「待ってよ!それじゃあことりが……」
ことり「いいの真姫んぽ……ううん、真姫ちゃん」
真姫「ことり……」
ことり「真姫んぽって呼んで真姫ちゃんが不快な思いになるくらいなら、ことりは真姫んぽを封印する!」
真姫「あんなに可愛いって言ってたのに……私だって、好きになって来たのに…!」
ことり「それでももうやめよう……真姫ちゃんは、これからも真姫ちゃんなんだよ」
花陽「真姫ちゃん」
凛「真ー姫ちゃん!」
穂乃果「真姫ちゃん!」
絵里「真姫」
希「真姫ちゃん」
にこ「真姫」
海未「真姫」
穂乃果「あ、復活したんだ」
ことり「真姫ちゃん!」
真姫「……まあ、みんながそれでいいなら」
こうして真姫んぽは封印された
メンバーが呼ばなくなってことで、周囲に真姫んぽ呼びをするものはいなくなっていった
やがてそれはファンの間にもじわじわと広まり、次第にその呼ばれ方は影を潜めていった……
23: 以下、
ことり「真姫ちゃーん、おやつあるから一緒に食べよ?」
真姫「今行くわ!」
真姫(結局元通り、真姫とか真姫ちゃんとか、たまにマッキーなんて呼ばれるのに戻っちゃったけど)
真姫(でも、真姫んぽってあだ名も、今考えたら悪くなかったかもね)
真姫(たまにくらいなら、呼ばれてもいいかも……なんてね!)
真姫(まあ、それはそれとして―――)
凛「サモちゃんどれにするー?」
花陽「ちゃんぽが先に選んでいいよ」
真姫(この辺だけそのままってどうなのかしら……)
おしまい
24: 以下、
私は卑猥など関係なく真姫んぽと呼び続けるがね
当時のSOL知ってる人なんてもういないんだろうな…
26: 以下、

続き・詳細・画像をみる


最近のRPGはなんでターン式の戦闘じゃないのか? なんかそんなルールあるの?

レ ズ「付き合ってください!」ノンケ「ふ〜ん……レ ズちゃんってレ ズだったんだ」

クラスのブスについてた酷すぎるあだ名

のり弁とかいう弁当界のレジェンド

USJの新アトラクションに「マリオ」キタ━━(゚∀゚)━━ッ!! 任天堂との提携で400億円規模を投資

社畜嫌いなワイが、仕事効率化して定時帰り実践した結果wwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先