ブラック企業の見抜き方back

ブラック企業の見抜き方


続き・詳細・画像をみる


大熊さんは、売り上げと利益だけでは企業の実態がつかみにくいことを指摘しました。例として、2015年4月に民事再生法の適用を申請した東証1部上場の商社「江守グループホールディングス」の事例を分析。売り上げと利益だけ見ると順調に成長しているように見えたのが、実態は中国での事業に失敗。債務が膨らんでいました。
実は、「江守グループホールディングス」の実態にいち早く気づいたのが、瀧本ゼミのメンバーでした。イベントでは、就活でも、売り上げと利益だけでなく、財務指標を調べて、企業がどれだけ資産を持っているか把握する大切さが話し合われました。
ググれば読める「中期経営計画」
次に注目したのが、「中期経営計画」です。多くの企業は投資家向けに、自社の成長戦略を説明した資料をネットで公開しています。会社案内と違って、実践的な情報が多く、学生が抱くイメージと企業が重視している事業に差がある場合も少なくありません。
例えば、パナソニックは一般的に電機メーカーと思われていますが、「中期経営計画」を読み込むと、住宅関連の事業を強化していく記述が目立ちます。
広告会社の電通は、海外の会社の買収を積極的に進めており、国外の事業に力を入れています。テレビコマーシャルを作る会社という意識で採用試験を受けると、ミスマッチが起こりかねません。
裏技「IR」への電話質問
裏技として「IRに電話をする」手法も紹介されました。上場企業には、投資家の質問に答える「IR」の部署があり、電話で応対してくれます。
「投資を考えている」という意味では学生も社会人も関係ありません。就活イベントで説明される情報だけでなく、投資家向けの詳しい情報があれば、ブラック企業かどうか、見抜く手がかりが増えます。
イベントの最後には、実際に、学生たちがスマホを片手に企業分析を行いました。
食品業界を調べた学生は、寿司の味が「まずくなっている」と感じていたある回転寿司チェーン店を調べました。公開資料から、カラアゲやスイーツなど、寿司以外のメニューを充実させていることがわかり、「本業の寿司の味に変化が起きたのでは」と結論づけました。
http://withnews.jp/article/f0160303001qq000000000000000G0010201qq000013073A
4
適当な面接で明日から出られる?って聞いてくるところ
5
よろしい、見抜いてみせましょう
8
名乗らない
10
教える気がない
12
歩合制
19
社名が無駄にカタカナ
何やる企業かわからない
33
ハロワの求人票に
・家庭的
・アットホーム
・未経験歓迎
58
>>33
これあるね
41
ハロワに求人出してる
44
土日が休みじゃない
54
面接に行った時に雰囲気で分かってしまう
75
社会保険料の支払いがないところ
88
ボー無し
退職金無し
家族経営
これ 最悪なんだけど 俺の会社!
114
役員が家族が占めてるのはしんどいな
就業時間の感覚が希薄なのが確実
148
従業員の勤続年数と平均年齢
149

続き・詳細・画像をみる


恋愛や結婚を諦めきれたらだいぶ精神的に楽になれるな

AKB「アイウォンツ〜」→200万枚バカ売れ

【悲報】 寺田心、ガチで可愛い子役出現で終わるwwwwww(※画像あり)

ガソリンエンジンについて語る

【訃報】ちば拓氏=漫画家 「キックオフ」週刊少年ジャンプ連載などで知られる 56歳

『頑張ってる相手に「頑張れ」って言うな』っていう謎理論なんなの?

back 削除依頼&連絡先