思わず車に乗りたくなる! ドライビングシーンが熱い自動車漫画のおすすめ5選back

思わず車に乗りたくなる! ドライビングシーンが熱い自動車漫画のおすすめ5選


続き・詳細・画像をみる

1:
最近は少なくなってきましたが、やはり自動車漫画には心を躍らせてくれるものが数多くあります。特に激しいレースのある熱い漫画は、何度も読み返してしまうほど。そこで今回は、読んでいるとつい熱くなってしまうような「ドライビングシーンが熱い自動車漫画」を紹介します。
●『頭文字D』作者:しげの秀一
「ドライビングシーンが熱い自動車漫画」といえば、週刊ヤングマガジンで1995年から2013年にかけて連載されたこの作品を挙げないわけにはいきません。車に興味はないけど卓越した運転技術を持つ主人公・藤原拓海が、さまざまな経験をしながら公道レースに魅力を感じていく……というストーリーの作品。アニメや実写映画になるなど一世を風靡(ふうび)しました。峠を舞台にしたバトルが繰り広げられるのですが、その模様は漫画ながら非常に迫力があります。特に「ミッドナイトパープル」のゴッドフット戦、ゴッドハンド戦は屈指の見どころです。
●『オーバーレブ!』作者:山口かつみ
けがで陸上選手の道を諦めることになった女子高生が、偶然目にしたドリフトと、その車を運転していた女性ドライバーに憧れ、ドライバーとしての道を進むことになる……というストーリーの作品。1997年から2004年まで連載された、自動車漫画には珍しい女性主人公の作品です。
●『カウンタック』作者:梅澤春人
幼少期の憧れだったカウンタックLP400を、250万円と言う破格の金額で手に入れたサラリーマンの空山舜が、そのことをきっかけにこれまでとは違う刺激的な日々を送ることになる……というストーリー。
●『ガッデム』作者:新谷かおる
ビッグコミックスペリオールで1988年から1990年にかけて連載された自動車漫画。高い運転技術を持ちながらも、目立った成績の残せないラリードライバーの轟源(とどろき げん)が、名実共に一流のドライバーに成長していく姿を描いています。
●『capeta』作者:曽田正人
レーシングカートに魅せられた小学生・平勝平太(たいら かっぺいた)が、廃材で作った自作カートで快進撃を重ね、さらには世界を舞台に戦うレーシングドライバーにまで成長していく、というストーリーの作品です。
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/33324/outline
思わず車に乗りたくなる! ドライビングシーンが熱い自動車漫画のおすすめ5選
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456881242/
iframe未対応です
2:
サーキットの狼
104:
>>2
だよなあ
3:
湾岸はないのか
4:
逮捕しちゃうぞ
5:
ガッデム懐かしすぎて泣いた
13:
>>5
ガッデムはもっと読みたいけど、まとまってていいよね
新谷節が効いててレース外の物語も面白い
6:
全然知らなくてワロタ
7:
田中むねよし
65:
>>7
つ一票
9:
おっさんはな、みんなメカドックで車の基本を学んだんだぞ
ブレーキは大事なんだ
20:
>>9
タイヤの山が無くなったら彫刻刀で彫ればいいって教わった
35:
>>20
違うよw
スリックしかないときに雨が降ったらドライバーを彫刻等代わりにして溝掘ればいいんだよ
37:
>>9
ブレーキなんざノーマルで十分よ!!
51:
>>9
Zは四駆にすればいいんだろ?
57:
>>9
ニトロは3回までな
110:
>>9
セリカXXにエンジン2基積んでもいいんですね!
116:
>>110
良いわけないだろ、積んでいいのはピアッツァだ
153:
>>9
小学低学年だったけど見てた
ナベさんのZがカッコよかった
那智のサバンナとか懐かしい
10:
シャコタン☆ブギ
11:
よろしくメカドックとF
14:
SS面白かったけど、おっさんが主人公ってのは人気の面でイマイチだったんだろうな
23:
>>14
一度落ち着いちゃったおじさんが、峠で車の楽しさを思い出して
実際のラリーを目指すってのはいいんだけど、あれはあれで、
公道での走り屋の世界がまぁ幻想だって言い切っちゃって、
結構茶化して描いてるのも人気ない理由なんじゃないの。
キリンじゃそれは承知で犯罪と理解して走るってスタンスだったけど。
イニシャルDにしても湾岸にしても、公道で走り続けるのが当たり前
で、現実の車種とか道路とかを出しながら、それでええんかってのは
誤魔化して折り合いつける方向の漫画じゃないと流行らないんだと思う。
142:
>>14
普通に売ってない車とRS200が有る意味リアルで良かったんだけどね。
RS200なんて6500万円になっちゃったしな
16:
カウンタックはオリジナルのハリボテダンボールカーが出るまで面白かった
17:
GTロマンかなぁ?
19:
なぜかエンスーって言葉思い足した
Tipo読んでたな
22:
1位 西風 クロスロード
2位 六田登 F
3位 チキチキマシンもうレース
24:
マンガじゃないけど、福野礼一郎の小説は面白い
バンザイラン
サイバーレーシング
126:
>>24
同意
26:
西風だと思う。300SEL 6.9の巻き
28:
湾岸がない時点で話にならん。
169:
>>28
湾岸の良いところは、イニDと同時期にヤンマガに連載してたけど、全く趣の異なる漫画だったと思う。33GTRが、イニDと湾岸で取り扱いが対極だったのは、車の走らせ方によって評価が変わると教えられた気がする。
29:
打ち切られては復活するセラミックエンジンのヤツってなんだっけ?
35:
>>29
夢幻のセラミックエンジン?
34:
なにわ友あれ
シャコタンブギ
割と少ないな車の漫画て
42:
公道最理論
43:
サーキットの狼だろ
スタビライザーぶっ壊すぞ
45:
ジゴロ次五郎
48:
SS無いやん
50:
日本漫画史上で車の漫画ってそんなになかったんだな。仁Dとかサーキットの狼とかメカドックとかむねよしとか古いのばっか
58:
ククク。ランク外?そんなわけねえヨ
62:
SSだな
ヌヌカッ
69:
歳食ってくると湾岸ミッドナイトが好きになる。
71:
ファンタジーに走ったイニDよりも、C1ランナーまでストイックに描き切った湾岸の方が好きだな
33Rがネタにされてしまってはいるが
72:
西風のマセラティの回に憧れて、俺もと貯金した厨房の頃
107:
>>72
「マセラティがカムの一本くらいケチるわけねぇだろ」だっけ
GTロマンも初期は面白いんだけど、後期になると下ネタばっかで読むのが正直ツラいんだよなぁ
121:
>>107
そうそう、そんなセリフだったわ。
マークIIをブッちぎったシーンがすごく爽快だったな。
確かに下ネタが多かった...
76:
GTロマンかな、面白いわ
77:
田中むねよしのプレイボーイでやってたFIAT500の漫画好きだったわ
91:
神岡ターン、誰かやってみないかな
94:
東京ブローカー
122:
>>94
楠は続き描けよ頼むよ
7

続き・詳細・画像をみる


【画像】最近の生温い放送事故を嘲笑うかのようなマジモンの放送事故www画がカオス過ぎる…

ZAURUSがサポート終了 これにCF通信カード挿して使うのがモバイラーの夢だったなあ

【キン肉マン】テリーマンとかいう準主役のくせにことごとくメンバー外扱いされる噛ませ野郎

お、ナポリタン320円か。ここで飯食おう。カランカラン、僕「ナポリタン一つ」店員「はい」

【悲報】嵐の二宮、日本アカデミー賞で公開処刑される

【速報】小林悠アナ TBS退社正式発表!

back 削除依頼&連絡先