勇者「魔王を勃起させなきゃ倒せない?」back

勇者「魔王を勃起させなきゃ倒せない?」


続き・詳細・画像をみる


―魔王城
魔法使い「くそっ…なんて魔力なんだ魔王…」
魔王「わざわざここまでご苦労だったな、可愛い勇者達よ。それでは諸君を労い一瞬で終わらせてやろう。ハァアアアアアアア!?」
勇者「クッ…なんて身体能力なんだ魔王…」
武道家「奴の魔法で身体がっ…動かん…くっ…ここで終わってしまうのか…勇者!魔法使い!占い師!お前らだけでもせめて逃げろ!」
勇者「そ…そんなことできるわけないだろ!!君達を巻き込む訳にはいかないよ!」
魔王「フハハハハハハ!?遺言の相談か?最後まで仲良しだな貴様らは、もう一度仲良く出直してこい!では行くぞ!さい 占い師「あ、俺魔王の弱点わかったわ」
魔法使い「え…?」
魔王「……」
武道家「マ…マジで!!本当か占い師!」
占い師「うん、これマジ マジ」
勇者「凄いよ!また神の御言葉が頭に降りてきたんだね!」
占い師「うん。一応超超超一流の占い師だから」
魔法使い「じゃあさっそく教えてよ!その弱点を!」
占い師「うん、教える教える。じゃあみんな心して聞けよ」
----------------------------------------------------------------------------
3: 以下、
武道家「…おう」
勇者「……」
占い師「絶対信じろよ」
魔法使い「あのね、家族同然の仲間を信じないわけないじゃん言ってよ。」
占い師「ありがとな…よし、では…言うな……」
占い師「…魔王は、射精すると…戦闘不能になる」
魔法使い「何言ってだコイツ」
占い師「いや、これは神の御言葉だからそんなゴミをみるような目でみられても」
魔法使い「それはトリビアの泉か何か?」
武道家「そもそも占い師が、なぜ神の御言葉を受信するのか、そのシステムが強引すぎる。やってることはインチキ宗教家のペテン商法そのものだぞ。」
占い師「嘘だろ、家族同然の仲間捕まえてインチキ宗教家呼ばわり」
勇者「いやだって、占い師君の その御言葉で今までたくさん助けられてたけど……し……しゃ……しゃ……///…えっと……」
占い師「可愛い子ぶるんじゃねえ!!!しばき回し倒しくるわすぞ!!てめえだってオ○ニーくらいしたことあんだろうが!!誰で抜いてたか言ってやろうかお!」
勇者「ご…ごめんなさい!」
魔王「…………大地天象、讃歌晩鐘光亡き夜に魂を奉還し、今こそ罪深き奴らを包みたまえ幻影の覇者!!」
魔法使い「うわ国語力0の詠唱からなんかすっごい大きい衝撃波っぽいのが来た!!」
武道家「勇者危ない!」
勇者「……え?」
占い師「俺がまだ話してる途中だろうが黙ってろ!!!!」バシコン
衝撃波っぽいの「すみません!」チュドン
4: 以下、
魔法使い「え?あの人魔王の今日一番の技を平手打ちで跳ね返した」
占い師「話は戻るが、魔王の弱点は射精すること。それしか方法はない!」
魔法使い「え、でもあなたさっき…」
武道家「確かに、方法がそれしかないんだしかけるしかないだろうな…」
魔法使い「え でも」
勇者「うん、占い師君には何回も助けられてきたし、頑張ろう!」
占い師「よっしゃ!そうこなくちゃ、な?魔法使い!!」
魔法使い「……」
魔法使い「うんそうだね」
占い師「よし、っつーことで、さっそく作戦会議を始める!」
5: 以下、
魔王「闇よ!朕に従え、混沌世界を封じ込み、黒を紡げ。恍惚な骸骨に滑稽な唄を捧げ、汝らに絶望を与えなん!!」ドーン!
武道家「キャッ!ものすごい威力のなんかすごいビームみたいなんがきたわ!」
占い師「来るな!殺すぞ!」ビシコン
なんかすごいビームみたいなん「はい!」チュドン
魔法使い「…また弾いた」
魔王「くそっ…我が愛の名の元に再生せよ漆黒よ、我の血潮を代償に再び契約せよ!孕む鼬の鳴く夜で忘却の果てで咽び泣かん獰猛の兎に、狂乱の宴を」
占い師「宴するな!!!口を開くな!キモい詠唱するなしばきまわされたくなかったらな!!」
魔王「……」
占い師「というわけで魔王を倒す作戦を考えよう、もちろん相手は魔界の帝王だ、一筋縄ではいかん」
格闘家「はい」
魔法使い「……」
占い師「そこで情報を整理してみよう」
勇者「整理?」
占い師「ああ、まずは自分達の情報をもう一度共有しよう。ちなみに俺は420歳♂ 188cm140kgもちろんゲイだ」
魔法使い「もちろんの意味がわからないけど」
勇者「情報っていうかただの自己紹介だよね今さらな」
格闘家「そして俺は388歳♂ 190cm130kg、筋肉ムッキムキだ」
魔法使い「え?でもさっきキャッて」
占い師「さっきはさっきだろうがあああああ!!性別なんか気分と一緒でコロコロ変わるもんなんだよ!!!」
勇者「変わらないよ」
6: 以下、
占い師「じゃあ次ィ!」
魔法使い「あ…私!?え…えっと……私は魔法使い♀、年齢は19です…親に捨てられたこともあって人間は嫌いだけど、勇者やみんなと出会えていっぱい色々なことを教わり、すごく優しくしてくれて、みんなのおかげではじめて幸せっていうことがわかりました。もし迷惑なら謝りますが、私は仲間の皆を家族だと思っています。この生活を守るために私は一生懸命がんば」
占い師「るっさい!泣かせにかかるな!!迷惑に思うわけないだろ!!!」
魔法使い「すみません!」
占い師「次ィ!?早くしろ!」
勇者「グズ…すみま…グズ」
占い師「泣くなああああああああああ!!!」
勇者「えっと…僕は勇者♂18歳です。仲間のみんなのことはもちろん好きで信頼しています。ええと…好きな女性のタイプは……」チラ
魔法使い「?」
勇者「……///」カァアアアア
占い師「カァアアアアじゃねえだろうがあああああああああああ!!!とっとと言え!!?!」
7: 以下、
勇者「えっ、とっとと…って何を……?」
占い師「てめえが好きな女のタイプに決まってんだろうが!どうせ聞かなくてもわかるけどな!!もう言え、今しか言う機会ないぞ!」
魔法使い (勇者クンの好きな女性のタイプ…)ピクッ
勇者「……」
勇者「…そうだね」テクテクテク
魔法使い「…え…?」
勇者「ねえ、魔法使い。」
魔法使い「ど…どーしたの勇者クン?て…てか顔近い///」
勇者「あ…ごめんっ///」
魔法使い「別にいーけど、勇者クンだし」
勇者「あ…あのさ!」ずいっ
魔法使い「…う……うん…」
勇者「お……おれの好きな女性のタイプだけ…ど…さ…」
魔法使い「う……う…ん…」
勇者「いや…い…や…好きな女性の…いや…好…きな女性なんだ…け…どさ!」
魔法使い「う……うん…」
勇者「お…俺が好きな……俺が…ゴホッゲホッゴホッ」
魔法使い「ち…ちょっと大丈夫勇者クン!」
勇者「俺が好きなのは魔法使いさんだよ」
魔法使い「……え?…」
勇者「俺が好きなのは、俺が愛しているのは魔法使いさんなんだ」
魔法使い「……え…」
8: 以下、
勇者「出会った時は全然意識してなかったよ。最初はハッキリ言って怖かった。
でも仲間になって一緒に過ごしていくうちにどんどん魔法使いの事を知っていくうちに もっと知りたくなってきた。
魔法使いのことを思うだけで胸が熱くて苦しくなっていった。
でも、仲間を家族だと言ってくれる君に この僕の思いなんか伝えたらいけない、君を裏切ることになると 思っていた…
この思いを押し殺そうともしたけど、それでも君を思うこの気持ちが日々膨らんできて止められなくなったんだ…本当にごめん…!これは別に、返事とかはいらないから…」
魔法使い「ズルいよ…勇者クン…私さ。ずっと悩んでいたんだ。みんな大事な家族だよ?でも勇者クンは一番最初に私に手を差し伸べてくれた人だよ
いっぱい酷いことも言った私に、凄く優しくしてくれた、家族だよと言ってくれた。
私ずっと悩んでた、家族だから 勇者クンは家族だからこんな事を思っちゃいけないって でも勇者クンが他の女の子達と話しているのをみるだけで胸がキリキリ痛いし 勇者クンが手を繋いでくれると身体がぽかぽかって温かくなる
ああ、私勇者クンの事が大好きなんだなあって でもこんな思いを抱いちゃものだと思ってた…」
9: 以下、
武道家「駄目なわけないじゃないか、駄目なわけないじゃないか!!」
勇者「武道家クン…」
魔法使い「でも、勇者クンがそう言ってくれて…私と同じ気持ちなんだって思って…すごく嬉しい…本当に?ほ…本当にわ…私のこと好き?」
勇者「うん!めちゃくちゃ大好き!ずっとずっと大好き!これからもずっと大好きだあああああ!!」
占い師「だまれああああああああああああ!?やめろやめろ!!ケツかゆなるねん!?」
占い師「誰が今ここで愛の告白せい言うた!しょーもない!!!ここは魔王城やで恋愛してる場合やないやろがい!あん!
愛したら駄目だと思って?好きになったら駄目だと思って?しょーもない!人を好きになるのに駄目もクソもないやろが!!
家族だろうと人を愛するのは自由や!そうやろ武道家!!現に武道家は仲間やけど俺のセフレやからな!よっしゃ証拠みせたろカモン武道家!ア○ルセ○クスしようやよっしゃこうなったら景気付けに朝までア○ルとア○ルのぶつかりあいや!!」
魔王「ちょっといいかな?」
占い師「はい」
魔王「初対面だし、他人だから慎重に言葉選んで言わせてもらうけど」
武道家「はい」
魔王「貴様ら脳が腐ってんの?」
勇者「さもありなん」
10: 以下、
魔法使い「正直私らももて余してるんです でも本当はすごく優しくて良い人なんです」
占い師「そういう誰か1人を槍玉にあげてく感じ、嫌いだなあたい」
魔王「あのさ、仮にも魔王城でさ ア○ルとア○ルのぶつけあいするって何
魔王城でふざけるなみたいなこと仲間に言ってるけどふざけてるのはほぼ貴様なんだよ
というかア○ルとア○ルのぶつけあいってそれはもはやア○ルセ○クスじゃなくて別のおぞましい何かだよね
というか景気付けにア○ルセックスって何?お前の脳でどんな方程式が作り上がったの?
というか……」
占い師「え?魔王めっちゃア○ルグイグイ押すやん」
魔王「だってさっきから見てても君ら全然進まないしなんかおいらの必殺技弾き飛ばされるし」
武道家「おいらて」
占い師「わかった、とりあえず作戦会議を再開するからちょっとまっとって」
魔王「駄目だ」
占い師「え?」
魔王「お前みたいなホモハゲ狂人に司会を任せていたらいつまでたっても終わらん!!!今からおいらが仕切る!文句はないな!」
11: 以下、
占い師「ホモハゲ狂人…?」
勇者「え?いや文句はないけど、キミを倒すための作戦なのにキミが率先して練るの?」
占い師「ホモハゲ狂人…?」
武道家「すごい ホワイトボードとレジュメまで持ってきたぞ」
占い師「ホモハゲ狂人…?」
占い師「ホモハゲ狂人…?」
12: 以下、
魔王「それでは 授業を始める。レジュメを開きなさい!」
魔法使い「授業とか言い出した」
魔王「実は、私が射精すれば戦闘不能になるという説は正しい。
めちゃくちゃエネルギー使う上にめちゃくちゃ気持ち良い訳だから疲れて3年くらい眠ってしまうのだ」
武道家「恵まれた環境からクソみたいな説明だな」
勇者「さすが占い師クン、見事に的中。すごい能力だよね」
占い師「エッヘン」
魔王「さあここからが本題だよ諸君、いかにして私を射精させるかということだ。」
占い師「いかにして…」
魔王「君らが今までで培った経験を元によく考えてごらん、わからなかったら私がヒントを与えよう。」
勇者「うーん……」
魔王「勇者くん。まず、対象者、私を観察してみなさい」
勇者「…観察…」まじまじ
魔王「そうやってまじまじと見られると照れるわな」
勇者「ご…ごめんなさい」
占い師「魔王は♂…202cm体重120kg種族は一応人間年齢は392歳、今の政権の28代目魔王で人間としては二人目の魔王、魔翌力や肉体戦に長けているが中距離戦に比較的弱く距離を起きながら飛び道具で戦うのがコツ」
魔王「やめろホモハゲ!!!その頭の上の希望を根こそぎ廃れ絶やすぞ!」
占い師「その時その瞬間が貴様の命日になるがな!!俺の毛根でよければ手見上げに献上してやるよ、冥土の旅へのな!」
勇者「落ちつこうよ」
13: 以下、
魔王「コホン…失礼、では私が人間の♂ということだからどうすれば喜ぶか推測してみろ」
魔法使い「……」
魔法使い「私…やるよ…」
勇者「魔法使いっ、だ…駄目だよ!」
魔法使い「だってこの中じゃ私が唯一の女性だし…仲間が困ってるなら、私役に立ちたいもん!」
勇者「でも……駄目だっ…そんな真似させられ…ない…」
魔法使い「…ありがと。 心遣いは嬉しい…でも私…全然平気だよ、一番つらいのはみんなと一緒に闘えないことだからっ…だから…」
勇者 (…震えてる…)
勇者「魔法使いさん…」ぎゅ
魔法使い「………ぁ…」
魔法使い (勇者くん、温かい…)
勇者「…我儘かな……それでも僕はキミにそんなことをしてほしくないっ…替われるなら……ねえ!占い師くん!格闘家くん!僕じゃ駄目かな?」
占い師「わーでっかい鼻くそ取れた」キャッキャ
魔王「わーすごーい!貴様の根性みたいにネチネチしてそうだね」キャッキャ
格闘家「やめて占い師!自然な感じで俺の頭を撫でようとしないで!そのお前の人間性を具現化したものを俺の頭に擦りつけないで!」
「「話を聞いて!」」
14: 以下、
占い師「あのさぁ勝手に盛り上がってる所悪いが、冷静に考えてみろよ。
仲間思いのフサフサ天才超一流フサフサ占い師の俺が魔法使い1人に苦しい真似させるわけねーだろ」
格闘家「フサフサ以外同意。お前らにそういう身体の張らせ方は絶対させん。」
魔王「その通りだ若いとすぐ早合点してしまう、もう少し落ち着きたまえ」
勇者「ま…まぁ確かにそうなんだけど…」
魔法使い「そ…そうだよね……冷静じゃなかった…みんなごめんね?勝手に考えこんじゃった…」
魔王「うむ」
魔王「つか そもそも俺女に興味ねーし(笑)特に平面胸にはな」
魔法使い「……………………は?」
占い師「そうなんだよ、魔王は俺や格闘家と同じタイプの硬派のゲイだし、戦闘能力も俺か下手したら俺以上の男の中の男だ、胸が平らな小娘がなんとかできる相手じゃないんだよ」
格闘家「飴でも舐めて見学してな俺らのいかせあいを。俺は総合的な戦闘能力では占い師や魔王には及ばんかもしらんが身体を使った戦いなら負けんからな。」
魔法使い「……」
魔法使い「…なんかすっごく悔しい…」
勇者「で、でも、魔法使いさんはたとえ胸が抉れてても正直 めちゃくちゃ可愛いし…気にしなくていいと思う…///」
魔法使い「勇者…くん///……あの、、勇者くんにそう言って貰えると実はものすごく嬉しかったりして…えへへへ」
占い師「鼻くそアタック」ぽい
勇者「」べとりバタン!
魔法使い「勇者くん!勇者くーーーん!!」
魔王「……」
15: 以下、
占い師「どうした?」
魔王「い…いやなんでもない…」
占い師「俺は貴様を敵として尊敬しているんだぜ
そのありあまる力がありながら無駄な殺生や暴力を自らも部下にも執行させずスマートに支配力を増やしていくやり方をな」ぬぎぬぎ
魔王「それは貴様らにも言えることだ…チラッ殺生もせずここまでやってくるとは…俺は貴様らの流儀に合わせたにすぎん…
ここまで血の流れない戦争があるとはな……チラッ正直スポーツみたいで楽しかった感もあるがいつまでもそうは言ってられまい…チラッここで決着を付けようチラッ」脱ぎ脱ぎ
格闘家「あのさー魔王っち。ちょっといいかな?」
魔王「ななな…なんだね!?」
格闘家「さっきからすごく勇者をチラチラみてるけどどしたの?」
魔王「み……みてるか?いやいやんなことないぞ!」
格闘家「勇者っち、鼻くそ投げられただけだから肉体的なダメージ自体は受けてないからそんな心配しなくていいと思うよ」
魔王「そ…そうか……つか心配してねーし!」
占い師「…さぁ、集中力は完璧、今の俺のテクニックじゃ豆腐すらもギンギンに固くさせるぜ!」
格闘家「あのさー、占い師。多分さ、魔王っちは俺らと同じじゃないと思う」
16: 以下、
占い師「…何?」
魔王「どういうことだ、俺が…真の漢ではないというのか……」
格闘家「いや、というかさ。あいつらの保護者から見てるんだけど、魔王がすごくやらしい目で勇者をみているから、危ないんだよね。」
魔法使い「……は?」
魔王「……いやいやちょっと待ってよゲイボーイ。
あのさぁ、俺は漢だぜ、みろよこの鍛えあげた拳を、俺の膨れ上がった力を受け止められるのは、
己を虐めに虐めぬいた究極の肉体を持つ、貴様ららを含めたごく一部しかいないのだ!」ムキムキ
占い師「そうだ。勇者は我らのような、強さと芸術を兼ね揃えた肉体美はない!そんなガキんちょに性的興奮を覚える理由がないと思うがね」ムキムキ
格闘家「あのさ、さっき魔王と戦ってたじゃん」
魔王「うん」
格闘家「戦い方なんだけどね 魔法使いとか俺らにはすごい魔法とかで攻撃してくる癖にさ。
勇者だけにはやたら近接で肉弾戦やってたよな、やたら身体を触りたがってた」
魔王「おま そういうのは戦略だろ いくら私が漢とはいえ 相手の得意戦略に合わせてやる筋合はないと思うがね」
17: 以下、
占い師「まあ確かに」
格闘家「あとやたら勇者にしれっと可愛い可愛い言ってたよな。
あとなんか勇者にまじまじとみられてたら照れてたよな。
ていうかさっきの技で勇者のジーンズがわざとらしく破れてふとももが露出したのをすごく喜んでたよな」
魔王「うるっせえ!!!!」
占い師「ま…魔王がキレた!」
魔王「ああ!そうだよ、俺は勇者きゅんみたいな王子様的なジェンダー系色白線の細い美少年が大好きだよ!」
格闘家「認めたようだな…罪を」
占い師「どうしてだ……貴様のような究極の漢がどうして…」
魔王「どうして…? ふっ…愚問だな……理由は決まってるだろ てめえら暑っ苦しいんだよ!!」
占い師「何……だ…と…」
魔王「なんだ?歳を重ねても究極に筋肉を鍛えていたら寿命はこないとかいう頭の悪い理論は!!
400歳?390歳? お前らに引かないで付き合ってくれる仲間に感謝しろや化け物!」
魔王「そもそもさ!強い奴ってなんで男女問わず筋肉筋肉なんだよ!
魔法の世界だぜ、普通? 筋肉すげえ奴ってだいたいイケメン細身魔法使いとかの噛ませになるんじゃねえの?
何順当に勝ち進んできてんだよ!側近も筋肉!四天王も筋肉!妻も筋肉!ハーレムも筋肉!
魔法の耐性をつけるのはひたすら筋肉を鍛えよう! 魔法学の意味がねえんだよ!もう筋肉は飽き飽きだ!いや飽き飽きっていうと語弊が生じるな、だがたまには筋肉から離れたい!」
占い師「だ…だが貴様も甘美な肉体に酔い、欲望に沈んできた性質ではないのか?」
18: 以下、
魔王「ああそうだ! 鍛え上げられた肉体美に抱かれる事が、究極の快楽なのだ!だから私はよく妻にぎゅっぎゅしてもらってる!」
占い師「ゲイの片隅に置けない奴め」
格闘家「本当にツッコミそれでいいのかなあ」
魔王「敵や味方もだいたいマッチョ、或いは痩せた老人、たまに魔女!そんな退屈な魔界生活を送ってた中、細身でありながら美少年でかつ戦闘もそこそこ強い勇者が現れた!
魔法使いという女も細いし可愛い、他二人は残念だったが俺は希望を抱いた!
しかし俺には最愛の妻がいる つか妻以外の女は愛せない!だから勇者きゅんに狙いを定めた、男ならセーフだからだ!
そしてそこから勇者きゅんを思うようになってからどんどんと愛しさが込み上げてきたんだよ。
牛丼ばかりの毎日でたまにフレンチを食べたくなる気持ちもわかるだろう!」
占い師「怖い怖い怖い 何これネウロで自白しだした犯人?」
格闘家「化け物ってほめてくれたのはありがたいが、さすがに汚れを知らないあの二人を穢すわけにはいかないなあ、」
魔法使い「……あの」
格闘家「え?」
魔法使い「皆さん、雑談しているだけなら 声を下げてもらっていい?
勇者くん寝ているから…」
三人「…すみません」
19: 以下、
占い師「勇者寝てるね 気張ってたからねー」
格闘家「うんいろいろ考えて気使ってたしね、魔法使いもだけど」
魔王「俺何回か別の勇者倒したことあるけどこんなほのぼの終わったことないよ、いいねー。
最初死人無しにしようって提案された時ビックリしたけど まあやってみたら面白かったし お前らと戦えて良かったし
んー…あれみてたら牙抜かれちゃったし…しゃーない、今回は負けといてやるわーまた次もよろしくね」
格闘家「あ じゃあ俺らの勝ちかー」
占い師「あ どさくさに紛れて膝枕してもらってるぞ勇者」
格闘家「正直はよ付き合えとか思ってたけど今回で結構前進したよなあの二人。」
魔王「お似合いだと思うぞ」
占い師「でさ 魔王 今回は魔王が譲歩してくれたじゃん」
魔王「うん」
占い師「だから勇者はやっぱりお礼したがると思うんだよね アレの性質上」
魔王「勇者が魔王にお礼とは滑稽な話だな」
格闘家「まあお礼なんだからさ きちんと受け取っても罰は当たらないと思うよ」
占い師「だからあいつにして欲しいこととか言ってみたらどう?この機会にさ」
魔王「してもらいたいことかあ」
21: 以下、
勇者「………んんっ…寝てたなぁ…あれ?寝てたのかな?………って魔王との戦いは!」
格闘家「終わったよ」
占い師「お疲れさん」
勇者「二人とも…無事で良かった……ま…魔法使いは!!」
占い師「よく自分の周りみてみろ」
勇者「え?………あ……///」
格闘家「魔法使いのお膝は気持ち良かったか?イチャイチャしやがって」
勇者「…///」
格闘家「ゆっくり寝かしといてやろうぜ それよりだ」
魔王「よう」
勇者「魔王……さん」
魔王「今回は俺の負けだ、てめえらに負けといてやるよ」
勇者「え……?でも…」
占い師「いいじゃねえか本人がそう言ってんだから」
勇者「………う…うん…じゃあ、ありがたく勝たしてもらいます」
魔王「ん…握手」ぎゅ
勇者「あ…ありがとうございます…」ぎゅ
勇者「こっちの提案とかにも乗ってもらったりしてありがとうございます。」
魔王「別にいいよ楽しかったし」
占い師「でも まあできることならこっちもお礼として何かしたいよな なあ勇者?」
勇者「うん…できることなら…今回をきっかけにこれから仲良くやっていけたらいいしね」
魔王「本当か…じゃあ たのみごとを聞いてくれんか?」
勇者「たのみごと?」
魔王「ああ、たいしたことじゃないんだが」
23: 以下、
魔王「じゃあさ、ネコミミつけてメイド服きながら 四つん這いになった俺の背中に座って 熱々のコーヒーを俺の頭にかけながら俺のことを罵倒してくれないかな?もちろんゴミクズをみるような目で蔑んでくれ
首絞めてくれてもいいし俺を玩具みたいにいじめてくれたら もう俺完璧に三年寝ると思う」
格闘家「だってよ」
勇者「」
勇者「……あー……」
勇者「僕さ 魔王さんは本当に強いと思うし器も広いしカッコいいし目上だから言葉を選んで話させてもらうけど」
魔王「はい」
勇者「お前、脳ミソ腐ってんの?」
魔王「……」
魔王「はいっ!」
占い師「や…やべええ魔王の魔王が反り上がりやがった!このままじゃ魔王がシコって3年間くらい眠ってしまうぞ!!」
ワーワーワーキャー
ワーキャーワーワー
終わり
24: 以下、
終わりです
なんか今、排泄した時と同じ気分。
えげつないことになってそうでトイレの中を覗きたくない
27: 以下、
脳ミソ腐ってんな
29: 以下、
>>27
っはい!(ビンビン)
28: 以下、
ワロタ
30: 以下、
>>1は脳ミソ腐ってんの(誉め言葉)
31: 以下、
いい感じの脳ミソ腐り具合だったよ

元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455805959/
ワンパンマン 4 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル バンダイビジュアル 2016-03-25
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 勇者「腕を1000本にしてください」女神「」
- スライム「全力で勇者を攻略する」
- 魔王「次の勇者は最近流行りの女勇者らしいな!」勇者「次の魔王は幼女!?」
- 側近「勇者が来ました!」魔王「バカ、オナニー中だ!」
- 女武闘家「セックスしたいなぁ……」 女魔法使い「は?」
- 女勇者「魔王の胸柔らけー!」魔王「離れろ」
- 僧侶「勇者様を、おとします!!」
- 魔王「この俺を性奴隷にするだと?」少女勇者「ひぁ、はい!」
- 魔王「え、もう来たの?」
- 勇者「俺たちの戦いを映画にしないか!?」魔王「面白い!」
- 勇者「世界も平和になったし、後は子作り三昧の毎日だな!」【後編】
- 僧侶「むらむらする呪いをかけられてしまった」
- 勇者「今日も安価でモンスター娘と性的に戯れる」
- 僧侶「私以外のみんなのかしこさが1…?」勇者「うぱああああああ」
- 勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
魔王・勇者SS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 夏目漱石「ぼころ」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
アイドルマスターシンデレラガールズ 8 (完全生産限定版)
STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX【期間限定生産】
オーバーロード 4 [Blu-ray]
最新記事
- 勇者「魔王を勃起させなきゃ倒せない?」
- 夏目漱石「ぼころ」
- おそ松「ええっ!? 十四松の彼女、抜け忍だったの!?」
- 初風「じー…見てるだけよ?いけないの?」
- 【SS】一人カラオケで裏声の練習をする男の話
- モバP「最近、保奈美の色気がカンストしてる」
- 佐久間まゆ「ああこれが、恋の病」
- 勇者「互いに全力で戦おう!」魔王「どちらが最強か、決着をつけようぞ!」
- 響「んっ!んっ!」ブルンッブルンッ
- 渋谷凛「みんなって彼女いるの?」
- 女騎士「くっ…殺せ!!」オーク「毎日来るなよ……」
- 青葉「スクープですよ!」バタァン
- 武内P「神崎……蘭子さんと飲むことに」 蘭子「誓いの杯を交わそうぞ!」
- 臨也「シズちゃん、その自販機は投げないでくれ。 ワドルディが出てくる」
- 佐久間まゆ「本当ですよ?」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
【Amazon.co.jp限定】デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」
食戟のソーマ 薙切えりな 1/8スケール
夜廻
モンスターハンタークロス (【数量限定特典】「3DSオリジナルテーマ(2種)ダウンロード番号」 同梱)
魔法少女 ミサ姉 夏セーラー服バージョン 濡れpink
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Box ?【完全生産限定版】
未確認で進行形 Blu-ray BOX
カスタムメイド3D2 ビジュアルパック
劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』 ブラック・マジシャン・ガール
Hスケッチ! (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
オレは
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
s:さやか「さやかちゃんイージーモード」【後編】
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


ダンクシュートをキメたヒーロー。凶弾に散る。

【画像】オオヒキガエルとかいう生物兵器wwwww

「女ってオナニーするの?」 ←調べた結果・・・・

日本の人口減少に欧米ネットで指摘 「移民を受け入れないと…」

水卜麻美の体型を後輩・徳島えりかが暴露「脱いだらボン、キュ、ボン」

10万円貰えるが1年間プロ野球の情報が一切入ってこなくなるボタン

back 削除依頼&連絡先