ことり「コココココッ、コッティー!?」back

ことり「コココココッ、コッティー!?」


続き・詳細・画像をみる


絵里「ふふっ。ことりってば、にわとりみたい」
ことり「コッティーって誰のこと!? もしかして……ことり!?」
絵里「ビンゴ♪」
ことり「ビンゴ♪ じゃないよぉ……」
2:
絵里「コッティーはいや?」
ことり「う?ん……うん」
絵里「素直ね。でも、可愛いじゃない? コッティーって」
ことり「う?ん……う?ん?」
絵里「えぇ……ウソでしょ。結構自信あったんだけど」
ことり「う?ん」
3:
絵里「はぁ……何を見てもかわいいって言うことりから、こんなに苦い顔をされるなんて」
ことり「あれ? 今、ことりバカにされた?」
絵里「ウソウソウソ! 全然してない! ごめんなさい!」
ことり「ウソウソウソ! ちょっと拗ねちゃっただけ! ごめんね!」
絵里「そ、そうなのね……良かった。ふふっ」
ことり「えへへ///」
4:
絵里「じゃあ、コッティーはやめとくわね」
ことり「うん……ごめんねぇ」
絵里「良いのよ、別に……あっ、マッキー。ちょっと」
真姫「マママママッ、マッキー!?」
絵里「うん……新曲についてなんだけど」
真姫「いやいや、ムリよムリよ! このまま真面目な話はムリよ!」
ことり「(つかまえちゃう♪)」
6:
絵里「マッキーがダメなの?」
真姫「私マッキーって呼ばれたことないわよ!?」
絵里「だって、今初めて呼んだもの」
真姫「そうよね!? もう、びっくりするじゃない。一旦確認取ってから呼んでよね」
絵里「そんなにビックリしなくても……コッティーよりはちゃんとしてるじゃない?」
ことり「コッティーはちゃんとしてないの!?」
絵里「ウソウソウソ! ちゃんとしてる! ごめんなさい!」
ことり「ウソウソウソ! ちょっと気になっちゃっただけ! ごめんね!」
7:
絵里「ふふっ」
ことり「?♪」
真姫「じゃなくてっ! 今はマッキーの話でしょ!?」
絵里「だって、真姫だって私のことをエリーって呼ぶじゃない?」
ことり「いとしのエリー?」
真姫「違うわよっ/// えっと……たまにだけど、こっちの方が良いなって思ったりするだけ」
絵里「じゃあ、マッキーも……」
真姫「それはイヤ」
8:
絵里「むぅ……でもさっきマッキーで反応したし、自分のことマッキーって認めたわよね?」
真姫「認められないわぁ!」
絵里「あれ? 今、私バカにされた?」
真姫「ウソウソウソ! 全然してない! ちょっと浮かんじゃっただけ! ごめんなさい!」
絵里「ウソウソウソ! 私もちょっと気になっちゃっただけ! ごめんなさい!」
真姫「そ、そうなのね……良かった」
ことり「ふふっ」
絵里「あはは……」チラッ
海未「!?」
9:
絵里「う?ん、そうね……海未は……」
海未「ごめんなさい、絵里……私は少し、お花を摘みに」
ことり「海未ちゃん、だ?め。すとっぷ♪」
海未「イヤです?。この流れは悪い予感しかしません?」
ことり「絵里ちゃん、海未ちゃんは?」
絵里「海未は……海未ね」
海未「ほっ」
10:
ことり「え?、そうなの?」
真姫「たしかに海未は海未って感じよね」
絵里「うんうん。海未は古風で、昔からキリッとしてるイメージだし」
ことり「でも、海未ちゃんは中学の頃普通のしゃべり方だったよね?」
絵里「!?」
真姫「!?」
13:
海未「わぁっ!? ことり! なっ、何でそれを言うんですか///」
ことり「あれ? やっぱり言っちゃいけない話だったの?」
絵里「それ、どういうこと? 海未の中学生時代が普通のしゃべり方って……」
ことり「えぇっと……普通の女子中学生がしゃべるような感じ?」
真姫「海未のしゃべり方が……普通の女子中学生!?」
海未「私はいつも普通です……」
15:
海未「うぅ……これなら絵里に、うみうみやうみみと呼ばれた方がまだマシでした……」
絵里「呼ばれたいの?」
海未「えぇっと、その……忘れてください///」
ことり「そういえば……海未ちゃんが小学生の頃、ノートの名前欄にうみみって書いてたよね?」
海未「……」
絵里「海未の目が虚ろになってしまったわ」
真姫「まぁ、それは置いとくとして……今は中学生時代の方が気になるわ」
海未「置かずに捨ててください……」
ことり「えぇっと……こんな感じだったかなぁ」
16:
海未「はぁ……これから三人で音ノ木坂に通えるなんて、夢みたい」
ことり「うんっ♪ ワクワクしちゃうねっ」
穂乃果「きっと余裕で合格できるって、穂乃果は信じてたけどね」
海未「勉強教えてって、私とことりに泣きついてきたのは誰だったかなぁ?」
穂乃果「じょ、冗談だってば?。モチロンニ人にはす???っごく感謝してるんだよ?」
ことり「穂乃果ちゃんは、よく頑張りました?。よしよし」
穂乃果「えへへ?♪」
海未「まったく、穂乃果は調子良いんだから。これからは自分で出来るようにね?」
穂乃果「はぁ?い!」
17:
絵里「ストップ! ストップよことり!」
真姫「まっ、待って。ちょっと待って。違和感で、全然話が入ってこないわ」
絵里「これ、本当の話なの?」
ことり「本当の話だよ?」
真姫「……海未が反応しない所を見るかぎりだと、本当の話みたいだけど」
ことり「続けるね?」
18:
翌日
穂乃果「ごっめ?ん、ちょっと遅れちゃった?!」
ことり「穂乃果ちゃん、おはよ?」
海未「まったく。穂乃果は高校生になっても朝寝坊ですか?」
穂乃果「えっ!? ……う、うん……ごめんねぇ?」
海未「今日から私たちも高校生なんですから、その自覚を持ってくださいね」
穂乃果「ください?」
20:
穂乃果「海未ちゃん、あの……」
海未「何ですか?」
穂乃果「いやいや! 入ってこない入ってこない! 全然お説教入ってこないよ!!」
海未「穂乃果がお説教を聞かないのは、いつものことですよね?」
穂乃果「そうじゃなくて! 何で海未ちゃん敬語なの!?」
22:
海未「……では、遅れても……なんというかアレですし……急ぎましょう」
穂乃果「あっ、逃げた! 海未ちゃん!」
ことり「ねぇ、海未ちゃん。昨日まで普通に話してたよね?」
海未「まぁ、そうですが……」
ことり「ふむ……心境の変化?」
海未「いいじゃないですか。私は高校生なんですから、言葉を改めるというか、その……」
ことり「高校デビュー?」
穂乃果「いや、しゃべり方変える高校デビューなんて聞いたことないよ!」
23:
ことり「っていう、ことがあって」
海未「あっ、綺麗に名前を書くことができました」
真姫「なんで海未はノートに自分の名前を書いてるのよ」
絵里「現実逃避じゃないかしら……で、それから何も言わなかったの?」
ことり「うん……そっかぁって思って」
真姫「ヴェェ……」
24:
絵里「えっと……海未?」
海未「だって、高校生になったらおしとやかで可憐にならなきゃって思ったんだもん」
絵里「ハラショー……」
真姫「違和感がすごいわね」
ことり「ことりは久しぶりに聞いたかも」
海未「はっ! はい、終わりです! この話は終わりです!」
真姫「もっと聞きたかったけど、しょうがないわね」
26:

続き・詳細・画像をみる


直江兼続の兜wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【モバマス】本田未央「セクシー担当になる!」輿水幸子「はい?」

一人暮らしで一日に10?近く水飲むんやけど病気?

UFO戦士ダイアポロンの思い出

去り際が潔かった選手

おめでとう!パリ市のツイッターアカウントが100万フォロワー達成

back 削除依頼&連絡先