【SS】曜「誰だろう…あの人?」 にこ「……」back

【SS】曜「誰だろう…あの人?」 にこ「……」


続き・詳細・画像をみる


曜「あのー大丈夫ですか?」
にこ「ぐわぁっ」ズデーン
曜「ええっ」
にこ「いきなり何よ!びっくりしたじゃない!」
曜「すみません…でも浜辺の真ん中で何してたんですか?」
にこ「何でもいいでしょそんなの」
曜「そうですか…ではさよならー」
にこ「ちょっと待ちなさいっ」
曜「えっ」
2:
にこ「道を聞きたいんだけど…」
曜「迷ったんですね…」
にこ「うるさい!いいから教えなさいよ!」
曜「えーと何処ですか?」
にこ「ここよ」
曜(あっここ千歌ちゃんの旅館だ)
曜「ここなら知ってますよ!では行きましょう!全前進!ヨーソロー!」
にこ「ちょっと!置いてかないでよ!」
3:
曜「ここです!」
にこ「助かったわ…ありがとう」
曜「あの…お名前なんていうんですか?」
にこ「…にこよ あんたは?」
曜「にこさんですね!私の名前は渡辺曜であります!」
にこ「分かったわじゃさよなら」
曜「にししっ次は迷子にならないでくださいね!」
にこ「うるさい!さっさと行きなさいよ!」
曜「さようなら?」
にこ「ふー…とりあえずついたわね…」
にこ「しっかしこんなとこに来るなんて」
4:
回想
担当「にこ…次はこの仕事やってみないか?」
にこ「えっこれってバックダンサー…」
担当「売れるためにはこういうことでの経験も大事だと思うんだ」
にこ(そんな!バックダンサーなんて!でも売れるためには…)
にこ「少し考えさせてください」
回想終わり
にこ「で…自分の気持ちの整理に来たけど」
にこ「どうしようかしら…」
にこ「とりあえず寝ましょ!」
6:
チュンチュン
にこ「……」
曜「おっはよーございます!」
にこ「何であんたがいるのよ」
曜「いやだなー心配になって見に来たんですよー」
にこ「何たくらんでんの?」
曜「分かっちゃいましたか?実は私スクールアイドルやってて…今度ライブするんです!」
曜「よかったら見に来ませんか?」
にこ(スクールアイドル?)
にこ「まー別にいいけど…」
曜「これライブのチケットです!」
にこ「ありがと」
曜「……」ぐぐぐ
にこ「……」ぐぐぐぐ
にこ「ちょっと離しなさいよ!」
曜「二千五百円になります!」
にこ「あっ失礼します」ガチャ
曜「……」ガッ!
にこ「なっ!」
7:
にこ「うおぉぉ何よあんた!訪問販売じゃない?」
曜「お願いします買ってください?」
曜「これが売れないと死活問題なんです!」
曜「スクールアイドルって思う以上にお金がかかるんです?」
にこ「知らないわよ!」
曜「お金がなくて泣く泣くこんな人に頼んでるんですから?」
にこ「失礼ね!」
にこ(何よこいつ!関わるんじゃなかった…!)
曜「お願いします!」
にこ「だからいらないって!」
にこ「言って…」ズルッ
にこ?ビッターン!
曜「うっうわー?大丈夫ですか?」
にこ「全然大丈夫じゃないけど…」
にこ(何よ…長旅で疲れてるっていうのに…失礼な学生に理不尽な訪問販売されたあげく…こんな醜態晒す羽目になるなんて…)
にこ(なんで)
にこ(なんで私だけ…)
8:
にこ「ううっ何が起きたの?」
曜「あっ起きました?」
にこ「なんでまだいるのよ…」
曜「にこさん倒れたあと意識失ったんで看病してたんですよ!」
にこ「そうだったの…ならもう大丈夫よ帰りなさ…」
曜「あの…にこさんって…」
曜「アイドルなんですか?」
10:
にこ(……ああなんで…こんなことになってるの…)
曜「……」シャカシャカ♪
にこ(自分のCDを持ってきたからしょうがないんだけど…まさか赤の他人に見つかるなんて…)
曜「ぐすっ」ぽろ
にこ「なっはああ?何泣いて…」
曜「感動しました!」
にこ「……え…それで泣いてるの?」
曜「はい?私アイドルってそんなに詳しくないんですけど…この歌すごいキラキラしててワクワクします!すっごくこの歌好きです!」
にこ「……」ドキッ
にこ(…いやでも…何も知らない奴はいいわね…)
にこ「いやでもそれ売れなかったし…」
曜「?すごくいい歌ですよ!」
にこ「いや!そうじゃなくて…いい歌だと思わない視聴者が多かったから売れなかったんだって!」
11:
曜「私は視聴者としていい歌だと思いました!」
にこ「だから!そういうことじゃなくて…いい歌じゃないんだって!」
曜「いい歌でした!」
にこ「いい歌じゃないって判断されたの!」
曜「私はいい歌だと判断しました!」
にこ「いい歌じゃないって?」
曜「そんなこと言ったら失礼です?」
曜「この歌を面白いと思った… 私に失礼ですよ?」どん!
にこ(図々しい?)ガーン
12:
にこ(図々しい?)ガーン
にこ「あんた…」
曜「あっやば…私練習あるんで行きます!CDありがとうございましたっ」
にこ「練習…?あっスクールアイドルか…!」
曜「はい!私最初はアイドルなんて似合わないって思ってたけど…楽しくて!次のライブは結構重要なのではりきってます!」
にこ(ふーん楽しいね…)
にこ「あっもしかしてあんたセンター歌うの?」
曜「……」
にこ(……ん?)
曜「おっと時間!では行ってきます!」
にこ(やっとか…)
曜「あっにこさん!」
にこ「何よっ」
曜「さっき言ったの嘘じゃないです…表現者を目指す者として尊敬します!」
曜「私もそんな風になれるようにがんばります!」
にこ「……」
17:
にこ(なに…あれ)
にこ(は…はず?普通本人を目の前にしてそんな事いえる?表現者を目指す者なんて言っちゃう?若いってすごい!……いやにこも若いけど)
にこ(すごい…)
にこ「……」
にこ「あの…もしもし…バックダンサーの件なんですけど」
にこ(あれ)
にこ「やらせてください!」
にこ(ちょっと…今ノリで何かやってしまってない?私」
にこ「わかりました…よろしくおねがいします…」
にこ(本当にいいの?)
にこ(だってあの子があんなこというから…)
にこ「はぁ…何悩んでたか忘れちゃった…」
にこ「寝よ」
20:
次の日
曜「あっ」
にこ「……」
曜「おはようございまーす!」
にこ「おはよ…朝から元気ね」
曜「ちょうどよかった!よければつき合ってくれませんか?」
21:
にこ「はあっはあっ」
にこ「なんでジョギングしてんのよ?」
曜「朝食前が効率的なんです!」
にこ「ひとりでやればいいでしょ!」
曜「さびしいじゃないですかー」
曜「あっあの浜辺までです!あと少しです!」ファイトー
にこ(こんな風に走るのって高校生の時以来ね…)
にこ(あの頃は…)
曜「はい!どーぞ!みかんジュースです」
にこ「どーも」
曜「んーっあと3日で本番だーっ」
曜「ライブは3日間やる予定なんでチケット必要なら言ってくださいね?二千五百円です!」
にこ「……」
にこ「ねえ…なんでスクールアイドルやろうって思ったの?」
曜「えっ」
23:
にこ「言ってたじゃない楽しいって」
曜「んー…最初は私も乗り気じゃなかったんです…」
曜「でも初めてライブをやってみて…私びっくりしたんです」
曜「だってお客さんや踊ってるみんなが楽しそうでキラキラしてて…まるでもうひとつの世界があるみたいな…」
にこ「うん」
曜「しかも私達で作ったんです!」
にこ(うん)
曜「その時なんていうか…こう….楽しい?って」
曜「私これ好きだなー!って」
にこ「……」
曜「思ったんですよねぇ」
にこ(わかるよ)
24:
曜「にこさんはなんでアイドルになったんですか?」
にこ「……好きだから?」
曜「いいですね!」
にこ(そうか…いいのね…)
25:
次の日
アイドルA「ではにこさんよろしくお願いします」
にこ「はい!よろしくお願いします!」
にこ(ってかみんな若っ)
にこ「…….」
にこ(よしっやるぞ!)
にこ「はあっはあっ」
アイドルA「お疲れさまでした!」
にこ「お疲れさまでした」
にこ(すごい疲れた…)
にこ「みんなすごい上手かったな」
にこ「私今まで何してたんだろう」
にこ「…ひとりになりたい」
26:
内浦
にこ「なんでまたここにきてるだろ…」
住民A「今日のライブよかったね…」
住民B「でも、センターの子がな…」
にこ(んっ?)
にこ「あのライブで何かあったんですか?」
住民A「あの実は…」
にこ「はあっはあっ」
回想
にこ「えっ失敗した?」
住民A「ライブ中歌詞とんじゃったみたいで」
住民B「あ そんなに気にならなかったですよ?」
住民B「忘れちゃったのかなーって感じで」
住民B「でも、たぶん…たぶん本人は」
回想終わり
にこ「はあっはあっ」
曜「……」
にこ「いた!」
27:
にこ「ちょっと!何してんの?」
曜「うわぁ!」
曜「にこさん…」
にこ「全くどこ行ってたのよ!探したじゃない!」
曜「!すいませんっ」
にこ「いいから帰るわよ」
曜「あのにこさん」
にこ「何よ」
28:
曜「私失敗してしまいました…大事なとこだったのに私がセンターだったのに」
にこ「……しょうがないでしょそういう時だってあるわよ」
曜「違うんです!私にセンターなんてむいてないんです!自信なんてありませんでした」
曜「でもセンターに選ばれた時嬉しくて、自分にアイドルなんて似合わないって思ってたけどがんばろうって、何か変わるかもって思ったんです」
曜「でも無理でした」
曜「私のところで声が出なくなって頭が真っ白になって、もう全然楽しくなくて…」
曜「アイドルするのが嫌いになりそうで…」
曜「どうしよう私…どうしたらいいですか?にこさん…」
31:
にこ(十代の若い瞳が泣いてる…夢ばかりみて挫折して泣いてる…)
にこ(そうだ…誰だってそうなんだ…)
にこ「ひっ…」
にこ「被害者ぶってんじゃないわよ!」
曜「…え」
曜「え…ええひどいにこさん…私泣いてるのに…」
にこ「は?泣きたいのは二千五百円も 払ってあんたのライブみた客でしょ!」
曜「!た…たしかに」
にこ「あんたは今回失敗したんじゃないわよ…うまくいかなかったのは」
にこ「それがあんたの実力だったって事よ」
曜「そんな事言わないで下さい!そしたら私どうしたらいいか…っ」
にこ「努力するのよ!」
にこ「今日から努力すればいいでしょ」
にこ(努力って…自分のこと棚に上げて私は何言ってのよ?)
にこ(だけど応援しない訳がない)
にこ(だって…だってこの子は私でしょ…!)
にこ(私が見捨てる訳がない)
34:
にこ「私も努力する」
曜「でも努力してもダメだったら…」
にこ「じゃあもうやめなさい!」
曜「や、やめません!」
にこ「はあっはあっ」
曜「はあっはあっ」
にこ「じゃあやるしかないわね」
にこ「だめかどうかなんてわかるのはもっと先でしょ」
曜「でも…」
にこ「なによ!まだ何かあるの!」
曜「わ私はともかく…にこさんはちょっとお…遅くないですか…?」
にこ「おぉ…?この口かしら?そんな失礼な事いうのは…」
曜「し…心配してるんですよ?」
にこ「うるさい!遅いなんて事はないのよ!」
にこ「だけど時間は無駄にした…!だから」
にこ「私は今から東京に帰って練習をしてくる!」
35:
にこ「あんたは?」
曜「あっ私は…メンバーにあやまって明日のためにねます!」
にこ「よしっじゃあ今から走るわよ!」
曜「あ…明日ライブ見にきますか?」
にこ「いかない!そんなひまない!」
曜(ひどい!)
にこ「がんばりなさいよ!」
曜「いいとこ見せようしないでよ、あんたのできるとこまでできるとこだけやりなさいよ!」
曜「はいっ」
にこ(そこから2日間のライブは決して完璧なものではなかったがそれが彼女にできる全てだっただろう)
36:
数日後
にこ「私あの…これから…がんばります!」
担当「…がんばるですか?」
にこ「はっはい」
担当「…じゃあがんばりましょう」
にこ「!」
担当「私、にこの歌好きですよ…一緒にがんばりましょう」
にこ「…はいっ」ぽろっ
担当「やだなー泣かないでくださいよー」
にこ「泣いてないです!」
37:

続き・詳細・画像をみる


合戦で討ち取られた戦国大名wwwwww

合戦で討ち取られた戦国大名wwwwww

誰か民主党の新党名を適当に考えてやれよ

【画像あり】キムタク夫妻や宮沢りえも?芸能人の知られざるタトゥー事情

モバP「鳴かぬなら」

昨日の夜にくら寿司行って、ガチャガチャが当たった結果

back 削除依頼&連絡先