にこ「この状況はまずいわね…」back

にこ「この状況はまずいわね…」


続き・詳細・画像をみる


※かなり短め
どうしてこんな事になってしまったんだろう…
真姫「なんでこんなことになったのよ!!」
真姫ちゃんは限界に近いみたい…
かれこれ同じ状況が続いてるんだもの…しょうがないわよね…
2:
にこ「真姫ちゃん落ち着きなさい」
真姫「わかってるけど…!」
真姫「こんな事になったの、にこちゃんのせいでしょ!」
にこ「だから悪かったって言ったじゃない」
にこ「後でなんでも聞いてあげるから、ひとまずここから脱出する方法を考えましょ」
真姫「ごめんなさい…」
にこ「ここから行けないかしら?」
真姫「危ないから気を付けてね…」
4:
にこ「いたっ!」
真姫「にこちゃん大丈夫!?」
にこ「大丈夫よ…安心して」
にこ「こっちの道は通れないみたい……一度引き返しましょう」
真姫「わかったわ…」
5:
にこ「さっきの所には戻って来られたけど、どっちの方向に進んだのか分からなくなってきたわね」
にこ「せめて食パンでも持ってきてたらよかったのだけれど」フフッ
真姫「笑えないわよ…」
にこ「真姫ちゃん時間分かる?」
真姫「いま18時45分よ…」
にこ「タイムリミットはあと15分ってところかしら」
にこ「これ以上時間が経つと何が起こっても補償はできないわ…」
にこ「手分けしたほうがいいかもしれないわね…」
7:
真姫「そんなの嫌!」
真姫「こんな危険なところで一人にしないで…」
真姫「万が一はぐれでもしたら…」
にこ「わかったわよ」
にこ「真姫ちゃん、私を信じて着いてきてね」
にこ「この先、何かあっても私たちは一緒よ」
真姫「わかったわ…にこちゃんを信じる」
8:
にこ「こっちの道は初めてかしら?」
にこ「どこも同じ景色でまいっちゃうわね」
真姫「にこちゃん、おでこにあざが…」
にこ「さっきぶつけた跡かしら?アイドルの顔に何て事してくれるのかしらね」
にこ「でも、こんなこと気にしている場合じゃないわ」
にこ「そろそろ脱出できないとまずい時間だし…」
にこ「これ以上遅くなると…考えるのはやめましょう…」
真姫「ごめんね…にこちゃん…」
10:
真姫「にこちゃん!あれ…!」
にこ「これは…希のサイフね」
真姫「希はこの先にいるのかしら…」
にこ「慎重に行きましょう」
にこ「この先何があっても、現実を受け入れなきゃ駄目よ」
真姫「だってずっと一緒なんでしょ?覚悟はできてるわ」
11:
真姫「あそこに誰かいない?」
にこ「誰かしら……行くわよ」
真姫「うん…」
にこ「希!!!」
13:
希「二人ともありがとうね」
真姫「よかったわ、無事で…それとこれ」
希「ウチ、財布落としたことも気が付いてなかったなんて…」
希「この財布どこで見つけたん?」
にこ「こっちの方角にあった4方向に分かれている分岐ね」
希「それならそこに戻ろうか。こっちは行き止まりや」
にこ「わかったわ」
14:
希「他の子たちはどうなってるかわかる?」
にこ「わからないわ、今のところ私たちが会ったのは希だけ」
希「そう…とりあえずここを出ることが優先やね」
真姫「悩んでる暇はないわ。次はこっちの道に行きましょ」
にこ「真姫ちゃんも調子出てきたわね」フフッ
16:
希「もうこんなに時間が経ってしまったんか」
真姫「急がないと…って二人とも何か聞こえない?」
にこ「これは…呻き声かしら?」
希「この声…えりち!?」
にこ「希、落ち着いていくわよ」
18:
絵里「希…あなたに会えて良かったわ」
希「ホントやね…それより大事なことって?」
絵里「3人ともよく耳を澄ませて」
3人「…」
絵里「外の音がだんだん大きくなってきたと思わない?」
希「まさか…」
にこ「もしかして…」
真姫「出口が近い…!?」
19:
真姫「こっちの方から風吹いてないかしら…」
にこ「いくわよ!!」
ようやく希望が見えてきた。
このまま脱出できれば…
希「えりち!ウチらも行くで」
絵里「ええ!」
20:
にこ「はぁ…はぁ…」
真姫「なんとか…脱出できたわね…」
希「他のメンバーは!?」
絵里「まだ、だれも来ていないのかしら…」
???「みんな!!」
21:
どうやら2年生の3人は先に脱出できたらしい
凛・花陽は未だ脱出できてないみたいだけど…
二人には悪いが少し安心してしまった。
一緒に出てきた3人も安心した表情をしている。
22:
凛「やっと出られたにゃ…」
花陽「つかれたぁ…」
あれから5分後二人がやって来た
これで全員そろったが…
これで終わりではない…
23:
穂乃果「みんなお疲れ様!じゃあ主催のにこちゃんお願いします!」
にこ「じゃあ結果発表!!」
にこ「優勝2年生チーム!」
穂乃果「やったぁ!」
にこ「準優勝!私と真姫ちゃんチーム!」
真姫「当然の結果よね」
にこ「準優勝二組目!!絵里と希チーム!」
希「はぐれた時は失格かと思ったわぁ?」
にこ「そして最下位は…」
にこ「凛と花陽チーム!」
にこ「二人には罰ゲームとして…」
凛・花陽「そんなぁ????」
24:

続き・詳細・画像をみる


【ごん太】ニャンカスごんのんライフ【のん太】つづき2

【ω】 道端と山の中で捕まえたった子猫たちとの生活 その33

肥満が精子に遺伝的な影響を及ぼす可能性 太ったり痩せたりすることで、精子のDNAに異なる化学標識(メチル化)ができる

【再掲】ピューリツッアー賞受賞写真 歴史的瞬間を捉えた写真が凄すぎる

車にあると捗る装備を教えてくれ

【悲報】ワイ、友達にサイコパス認定される…

【エロ注意】昼のエロgif部、部員あつまれーー

【画像あり】ウエスト53cmの18歳の現役女子大生がAVデビュー

にこ「この状況はまずいわね…」

若者の「大丈夫」の使い方がおかしい…あなたは「大丈夫」?

40過ぎの旦那が発病した。病名は中2病。

寝かしつけで一緒に寝てしまい、深夜3時半に起きてしまった。

back 過去ログ 削除依頼&連絡先