【だがしかし】サヤ「ココナツってさ、おっぱいが好きなの?」back

【だがしかし】サヤ「ココナツってさ、おっぱいが好きなの?」


続き・詳細・画像をみる


ココノツ「サヤちゃん?ど、どうしたの急に」
サヤ「だってほら、この前ノートに描いてたでしょ?私とほたるちゃんの絵」
ココノツ「うん……」
サヤ「重要なんだよね」
ココノツ「お、落ち着いてサヤちゃん!まだ話し合う余地はあるはずだよ!」
----------------------------------------------------------------------------
3: 以下、
おっぱいは重要だから仕方がないよね
4: 以下、
サヤ「あたしは別に怒ってる訳じゃないんだよ。分かるよね?ココナツ」
ココノツ「……」
サヤ「どうした?なぜ答えない?早く言えよ、ほら」
ココノツ「サヤちゃんは豆くんとは違うしこういう話はやめた方が良いと思うんだけど……」
サヤ「あたしの質問には答えたくないっていうのか?」
ココノツ「はぁ……」
5: 以下、
ココノツ「良いんだね?僕におっぱいを語らせて」
サヤ「う、うん」
ココノツ「じゃあ単刀直入に言うよ。僕はおっぱいが好きだ!人一倍ね!」
サヤ「やっぱり……」
ココノツ「でもどうして急にそんな事?」
サヤ「べ、別に。バカにぃがいっつもそんな話題でうるさいからさ……ココナツも一緒なのかなって」
6: 以下、
サヤ「やっぱ男の人ってみんな同じようにおっぱいが好きなんだね」
ココノツ「それは違うよ。確かに女の人の胸に興味が全くないと言う人は少ないと思う」
ココノツ「でも人と同じでおっぱいにも個性があるんだ!」
サヤ「個性?」
ココノツ「形や大きさ、その他にも沢山ジャンル分けされるけど1番分かりやすいのが巨乳と貧乳だよね」
8: 以下、
サヤ「巨乳ってほたるちゃんみたいな子でしょ?あと貧乳って言うのは……」
ココノツ「うん、サヤちゃんみたいな女の子の事だね」
サヤ「ああっ?」
ココノツ「でもどちらが良いなんて答えはないんだ。だってそれぞれ良し悪しがあるから」
サヤ「私はこの身体で育ってきて貧乳で良かったなんて思った事は一度もないけど」
ココノツ「そうかな?僕はサヤちゃんのその体型は凄く魅力的だと思うよ?」
サヤ「そ、そう……?」
10: 以下、
ココノツ「とは言えやっぱり巨乳は男のロマンって言うか、漫画やアニメでも割合で言うと巨乳のキャラが多いよね」
ココノツ「そう言うのを見て育つと憧れみたいな物はあると思うんだ」
サヤ「じゃあやっぱり巨乳がいいんじゃん」
ココノツ「でもある程度年齢を重ねると、胸のない女の子に興味を持つ人が増えてくるんだ」
サヤ「それってロリコンってやつじゃないの?」
ココノツ「どうかな?確かにそう言う人もいるけど、ただ純粋に小さな胸が好きな人だっているんだよ?」
サヤ「なんかでも気持ち悪いよ。私はそう言うの聞くと変な目で見ちゃうし」
ココノツ「仮に僕がサヤちゃんの事を好きって言っても?これはロリコンじゃないよね?」
サヤ「うん!ぜんっぜん大丈夫!!」
11: 以下、
ココノツ「でもやっぱり巨乳はインパクトがあるよね」
ココノツ「初めましてって顔を合わせた後、自然と視線は胸元に行っちゃうから」
サヤ「ふーん」
ココノツ「別に見て胸が小さいな……なんて思わないけど、大きいとオッ?って思っちゃうよね」
サヤ「ほたるちゃんと会った時はそんな感じだったんだ」
ココノツ「えっと……」
サヤ「いや、答えなくていい」
12: 以下、
サヤ「じゃあ聞くけどさ、巨乳で不便な事ってなに?肩がこるとかはよく聞くけど。あたしなんて肩が軽すぎて困るくらいだよ」
ココノツ「服の上からみる巨乳って下着で整形された状態だよね?」
サヤ「さあ、そうなんじゃない?」
ココノツ「漫画やアニメだと服を脱いで裸になってもそのままの形だけど、実際はそうじゃないんだ」
ココノツ「よっぽどの事がない限り、重力があるから垂れる。もちろんこれは仕方ない事だよ」
サヤ「そりゃそうでしょ」
ココノツ「でも現実を知らない人間が初めてそれを目の当たりにした時の絶望感って言うのかな」
ココノツ「理屈は理解出来ていても心と頭が付いてこないんだ。こんなはずじゃなかった……って」
13: 以下、
ココノツ「その点で言うと小さい胸は色とかの違いはあれど想像してたものにかなり近い状態なんだ」
サヤ「でも胸が小さくてガッカリしたとかいう奴もいるんでしょ」
ココノツ「それはパッドとかを入れて貧乳を偽ったりするからだよ。巨乳好きを無理に騙すような事しなくて良いんだ」
ココノツ「わざわざ個性を潰すなんて僕にはそれが理解出来ないんだ。チョコ菓子にはチョコ菓子の、スナック菓子にはスナック菓子の良さがあるのに!」
サヤ「じゃあさ……ココナツは、その……チョコ菓子とスナック菓子どっちが好きなの……?」
ココノツ「僕?そうだなぁ……どっちも好きだけどあえて言うならチョコ菓子かな?」
サヤ(あっ、チョコ菓子ってどっちの例えだったんだろう)
14: 以下、
サヤ「ね、ねぇ!チョコ菓子ってどっち!?」
ココノツ「どっち?」
サヤ「だから、チョコ菓子は大きいの?小さいの!?」
ココノツ「色んな大きさのがあるけど」
サヤ「ああもう!今は駄菓子の話なんてしてないの!!」
ココノツ「え?違うの?サヤちゃん、なにを言ってるのか分からないよ」
サヤ「だーかーらー!……ココナツはさ、大きいおっぱいと小さいおっぱいどっちが好きなの?」
ココナツ「僕は巨乳派かな!」
サヤ「あっそ」
15: 以下、
サヤ「とりあえずそれ飲んだら今日は帰んな」
ココノツ「どうしたの急に?気分でも悪いの」
サヤ「ああ、最悪だよ。おかげさまでね」
ココノツ「そっか……何か必要な物とかあったら言ってね?風邪薬はある?おじさん達は遅いのかな?」
サヤ「べ、別に大丈夫だから。心配し過ぎだって……」
ココノツ「心配するに決まってるよ。豆くんに店番頼めないの?」
サヤ「バカ兄なら遊びに行ってる」
ココノツ「じゃあ店番は僕がするから。とりあえずお客さんが来るまで横になっててよ」
16: 以下、
サヤ「……わかった」
ココノツ「うん。それが良いよ」
サヤ「…………」
サヤ(こうやって喫茶店の店番してるココナツってなんか不思議だな)
サヤ(ココナツは駄菓子屋継ぎたくないみたいだけど店長とか似合いそうだし、なんなら喫茶店のマスターすれば良いのに)
サヤ(そしたらあたしはウェイトレスでもやって、この店を2人で……)
ココノツ「サヤちゃん?」
サヤ「うわあぁぁ!ど、どしたの!?」
17: 以下、
ココノツ「顔が赤いけど熱が出てきたのかな?」
サヤ「だ、大丈夫だから!」
ココノツ「冷たい物でも飲む?」
サヤ「うん……」
ココノツ「ちょっと待ってね」
サヤ(あはは、ココナツのいれたコーヒーを飲む日が来るなんてね)
ココノツ「はい、お待たせ」
サヤ「……なにこれ?」
ココノツ「ひんやりサイダーグミだよ。飲み物とは少し違うけど冷たくて美味しいんだ」
18: 以下、
サヤ「はむはむ……」
ココノツ「どう?」
サヤ「うん、冷たくて美味しい」
ココノツ「なら良かった」
サヤ「……ねぇココナツ。もし私のおっぱいが大きかったらどう思う?」
ココノツ「どうって……変かな?」
サヤ「ほう……つまり私に巨乳は似合わないと」
ココノツ「うん、サヤちゃんに巨乳は似合わないね」
サヤ「やっぱり帰っ」
ココノツ「だってサヤちゃんは脚だから!」
19: 以下、
サヤ「脚?」
ココノツ「胸が大きいのにお尻は小さいなんて、そんなの実際には居ないと思うんだ。よく言うでしょ?ボンキュッボンって」
サヤ「いやいや、よくは言わないと思う」
ココノツ「もしサヤちゃんの胸が大きければお尻も大きくなると思うし、そうなれば太ももだって肉づきが良くなると思う」
ココノツ「そんなサヤちゃんはサヤちゃんじゃない!」
サヤ「そ、そうなの?」
ココノツ「サヤちゃんのお尻から脚にかけてのライン。これはもう美脚なんて言葉じゃ言い表せない。そう、奇跡なんだ」
サヤ「そんな大げさな」
ココノツ「大げさじゃないよ!怒らないで聞いて欲しいんだけど、僕は今まで数え切れないくらいサヤちゃんの脚を凝視してたんだから!」
サヤ「ええっ!?そうなの……?なんか恥ずかしいんだけど」
20: 以下、
サヤちゃん!サヤちゃんサヤちゃん!!
21: 以下、
>>1がサヤちゃん好きなのは良く分かったから、続きはよ
22: 以下、
サヤ師!サヤ師!サ、サヤ師???!
25: 以下、
サヤ「ふーん……ちょっと意外」
ココノツ「意外?」
サヤ「だってさ、ココナツがあたしをそんな目で見てたなんて思わなかったから」
ココノツ「そんな目って……」
サヤ「だからその、エロい目……?」
ココノツ「ええっ!?そんな目で見てないよ!」
26: 以下、
サヤ「でもあたしの脚ばっかり見てたんでしょ?」
ココノツ「違うよ!ちゃんと他にも色んな所を見てたから!」
サヤ「なんかその言い方だと余計にいやらしく聞こえるけど」
ココノツ「だって仕方ないじゃないか!目の前に綺麗な物があったら誰だって見ちゃうでしょ?」
サヤ「き、綺麗とか言わなくて良いから」
ココノツ「むしろそんな脚を露わにしているサヤちゃんにも罪はあるよ!」
サヤ「わかった、わかったから!この話はもうやめよう?なんかお互い恥ずかしいだけだし……」
ココノツ「そうだね……」
27: 以下、
サヤ「だいぶ調子良くなったからあたしも仕事しよっかな」
ココノツ「大丈夫なの?」
サヤ「うん、平気。ちょっと洗い物してるからココナツは座っててよ」
ココノツ「そうだね、あんまり余計な事しても悪いし」
サヤ「ふんふーん」
ココノツ「……」
サヤ「…………」
ココノツ「…………」チラッ
サヤ「……」バッ
ココノツ「!」サッ
28: 以下、
サヤ「ココナツ、今こっち見てた?」
ココノツ「ううん、見てないよ」
サヤ「見てた、よね?」
ココノツ「見てないよ?」
サヤ「本当の事言ったらもっと近くで見て良いけど」
ココノツ「見てたかもしれないよ」
サヤ「……見たいの?」
ココノツ「…………」
30: 以下、
ほたる「おじゃまするわ!」
サヤ「あっ、ほたるちゃん。いらっしゃい」
ほたる「あら、やっぱりココノツ君もここに居たのね」
ココノツ「どうしたんですか?こんな真冬に汗だくじゃないですか……」
ほたる「しかだから走ってきたからね!安心して、今日はちゃんとグリコを5粒用意したわ!」
ココノツ「とりあえず汗拭かないと風邪……あっ」
ほたる「どうかしたの?」
サヤ「ほたるちゃん!下着!下着すけてる!」
ほたる「下着?あら、汗をかいたからかしら?それともマラソン選手のように頭からラムネをかけたから?」
ココノツ「こんな真冬に何してるんですか……」
31: 以下、
サヤ「……そうだ。ほたるちゃん、良かったらコーヒー作ってみない?」
ほたる「コーヒー?経験が無いのだけど上手くできるかしら?」
サヤ「自分でブレンドして駄菓子に合うオリジナルコーヒーを作るの。どうかな?」
ほたる「なんて素晴らしい考えなの!さすがサヤ師だわ!」
サヤ「えへへ……あっ、でもこっちはお客さん用だから向こうで作ってくれるかな?」
ほたる「ええ!じゃあさっそく取り掛かるわね」
32: 以下、
サヤ「さてと、あたしはこっちの片付けしなきゃ」
サヤ「…………」
ココノツ「……」ソワソワ
サヤ(右側には下着の透けたほたるちゃん、左にはあたし……これでココナツが胸と脚どっちが好きかわかるかも……)
ほたる「うん、美味しくできたわ!」
ココノツ「そ、そうですか」
サヤ「……うーん、このスプーンは棚の上の方か」
ココノツ「あっ、それなら僕がやるよ」
サヤ「大丈夫大丈夫。それにあたしとココナツじゃあんま変わんないし。この台に乗って背伸びすれば届くよ」
ココノツ「そう……」
サヤ「よいしょっ……」ググッ
ココノツ「ハッ!」
サヤ(見てる……超見てる……)
33: 以下、
ココノツ(見えそうで見えない……)
ほたる「ココノツ君、ココノツ君?」
ココノツ「は、はい!?見てませんよ!」
ほたる「見てない?なんの事だか知らないけど味見をお願いできるかしら?自信作よ!」
ココノツ「味見?ああ、味見ですね!わかりました!」
ココノツ「……」ゴクゴク
ほたる「どう?どう?」
ココノツ(苦い……けどそれよりほたるさんの胸が気になって……)
ほたる「ねぇどうなのよ?」
ココノツ(すごく派手な下着だから柄が透けて……)
34: 以下、
サヤ「…………」
サヤ(はぁ……やっぱりアレには勝てないよね。ただでさえ強力なのにあんなに透けてちゃ)
サヤ「おっと……」
ココノツ「あっ、サヤちゃん大丈夫?」
サヤ「平気平気、スプーン落としただけだから。よっ、と」
ココノツ「……白」
サヤ「白?……あっ!!」バッ
ココノツ「!!」
サヤ「……見た?」
35: 以下、
ココノツ「見てないよ」
サヤ「本当の事言ったら許してあげる」
ココノツ「ちょっとだけ……」
ほたる「あら大変。ココノツくんの股間が腫れ上がってるわ。さっきまで普通だったのに」
ココノツ「はい!?」
サヤ「まさか……あたしの、見て……」
ココノツ「ちがうちがう!サヤちゃんのパンツ見えたくらいじゃこんな風にならないよ!」
サヤ「……うん、なんかムカつくからとりあえず殴っとこうか」
36: 以下、
ほたる「我ながら素晴らしい出来だわ!さっそくしかだに行って駄菓子を調達しなくちゃ!」
サヤ「もう行っちゃうの?」
ほたる「ええ、サヤ師には感謝してもしきれないわ!本当にありがとう!」
サヤ「ううん、またいつでも来てね」
ほたる「今度は私が駄菓子をご馳走するわね。それじゃ!」
サヤ「さて、と」パキパキ
ココノツ「待って!まだ話し合いの余地は残されてるはずだよ!」
37: 以下、
サヤ「ココナツ。あんたは私のパンツなんかじゃ興奮しないらしいわね」
ココノツ「興奮しないとは言ってないけど」
サヤ「だったらさっきのはなに?ほたるちゃんの胸を見てああなったのか?ああん?」
ココノツ「違うよ!これでも自制は出来てるから!」
サヤ「自制出来なかったからああなったんでしょうが」
ココノツ「それはその、あまりにも衝撃が大きすぎて」
サヤ「ほたるちゃんの透けブラがか?」
ココノツ「だからその……サヤちゃんの……」
サヤ「あたしの下着じゃ興奮なんてせんのだろう?」
ココノツ「サヤちゃんのスカートを抑える仕草に興奮したんだ!」
38: 以下、
サヤ「……?」
ココノツ「サヤちゃんさ、下着が見えた後スカートの上からお尻を慌てて抑えたよね」
サヤ「そりゃ、まぁ……」
ココノツ「その恥じらう姿、そして抑えられて形のわかるお尻、スカートから伸びる綺麗な脚……我慢できなかったんだ」
サヤ「なんかそれ……超変態っぽくない?」
ココノツ「ぐうの音もでないよ……」
サヤ「そっかそっか……ふーん」
サヤ(ココナツはほたるちゃんの透けブラより、あたしの脚の方が良かったんだ……)
39: 以下、
サヤ「えっと……こんな感じだっけ」
ココノツ「なっ、なにしてるの!?」
サヤ「さっきのポーズ?ココナツは見えそうで見えないのが好きなの?」
ココノツ「う、うん……」
サヤ「んじゃあさ、こういうのは?同じようにお尻を抑えてしゃがみ込めば……どう?前からも見えそうで見えないでしょ?」
ココノツ「だから何してるのサヤちゃん!こんなの、な、なんだか不健全だよ!」
サヤ「どうして?あたしは下着が見えないようにしてるのに?」
ココノツ「サヤちゃん!」
サヤ(なんだろう……恥ずかしいけど超楽しい……!)
40: 以下、
サヤ「ねえねえ、じゃあこうしてまた開いて椅子に座るのは?このスカートだと制服と同じで見えないでしょ?」
ココノツ「それはダメだよ。やっぱりおしとやかさ、恥じらいが必要だからね」
サヤ「うーん……じゃあこの台に乗って、おぼんでお尻を抑えるのは?」
ココノツ「……うん、凄くいいかな」
サヤ「他にはどんなのが好きなの?」
ココノツ「サヤちゃんの良いところは他にも沢山あるよ。脚だけじゃなく、腋とか……ポロリは無いけどチラリはよくあるし……」
サヤ「え?」
ココノツ「ううん、なんでもない!なんでもないよ!」
42: 以下、
サヤ「ねえ、もっと見えそうで見えないポーズ考えてみよっか」
ココノツ「もう良いよ!これ以上はほんとに……」
サヤ「ほんとに?なに?」
ココノツ「ほんとに……」
サヤ「ねえ、次はあたしがココナツの好きなところ教えてあげよっか」
ココノツ「俺?別にどこも良い所なんて無いけど」
サヤ「あるよ。だってあたしはずっと昔から」
ココノツ「あっ、豆くんおかえり!」
豆「お、おう。すまん、家間違えたわ」
43: 以下、
豆(やっべぇ……最悪のタイミングじゃねーか……マジで告白する5秒前だったか?MK5かよおぉ!)
ココノツ「豆くん?」
豆「あー……ココナツ、サヤ。俺ちょっと遊びに行くわ」
ココノツ「今帰ってきたのに!?」
豆「うん。今日は誰も10時まで帰らないとか言ってたし俺もそれまでは遊び呆けるんだった。んじゃ」
サヤ「ちょっ、バカ兄!!」
ココノツ「豆くん!」
サヤ「行っちゃった……」
44: 以下、
サヤ「あ、あはは……あのバカ兄、なんか勘違いしてたかもだね……」←我に帰った
ココノツ「うん、勘違いさせちゃったなら僕からも説明するよ」
サヤ「まったく、もう7時前なのにご飯どうすんのよ。ほんっとバカなんだから」
ココノツ「ほんとだ。もう7時か……」
サヤ「あっ、ココナツももう帰らなきゃだよね。片付けならあたしがやっとくから」
45: 以下、
ココノツ「でもおじさん達遅くまで帰ってこないんだよね?豆くんも」
サヤ「大丈夫だよ。もう子供じゃ無いんだからさ」
ココノツ「お店は何時までやってるの?」
サヤ「特に決まってないけど……早い時は夕方には閉めちゃうし。でも今日は明かりつけときたいしみんなが帰るまで開けとこうかな」
ココノツ「じゃあ僕も誰か帰るまで一緒にいるよ」
サヤ「えっと……本当に大丈夫だから」
ココノツ「今日は遅くまでやってるんでしょ?お客として閉店までコーヒー一杯で粘らせてもらうよ」
サヤ(ヤバい。今日のココノツ……ヤバい!)
46: 以下、
サヤ「そうだ!バカ兄がいないから1人分夕食余ってるんだ!ココナツ食べなよ」
ココノツ「いいの?」
サヤ「うん!すぐに持ってく……あっ!」グキッ
ココノツ「サヤちゃん!」ギュッ
サヤ「あ、ありがと……」
ココノツ「なんか……昔もこんな事あったよね……」
サヤ「うん。小4の時だっけ……なんか恥ずかしいね。あの時は身体じゃなくて手を引いてくれたんだっけ」
ココノツ「って言うか、漫画描いてるときによく使う展開……なんかベタすぎておかしいかな」
サヤ「あははっ、確かに。で……いつまでこうしてよっか?」
ココノツ「ああっ!ご、ごめん!」バッ
48: 以下、
サヤ「よし、今日はもう閉店しちゃおう」
ココノツ「えっ?誰かが帰るまで明かりつけときたいんじゃ」
サヤ「でもほら、ココナツがいてくれるなら安心だし」
ココノツ「あんまり頼りにされても……」
サヤ「ねえ、せっかく昔を思い出したんだし久し振りにお医者さんごっこしてみよっか?」
ココノツ「この歳になって?」
サヤ「今日はココノツが先生の役やって良いからさ。ね?」
ココノツ「まぁ……サヤちゃんがそうしたいなら……」
サヤ「じゃあまずはご飯食べよう!閉店の手伝いお願い」
ココノツ「うん」
49: 以下、
こうしてこの夜、2人は無事ペッティングまでいきました。めでたしめでたし……
ココノツがココナツでココナツがココノツでもう頭がパンクしそうだから終わります!!
52: 以下、
プロローグが終わったのか
50: 以下、
おうペッティングまで書くんだよあくしろよ
51: 以下、
ここからがメインだろはよ
54: 以下、
ココノツ「おじゃましまーす」
サヤ「適当にその辺座ってて。すぐに作ってくるから」
ココノツ「サヤちゃんが今から作るの?てっきりおばさんの作り置きがあるのかと思ったよ」
サヤ「そんなの無い無い。遅い日はあたしが作ってるから」
55: 以下、
ココノツ「そうなんだ。じゃあ僕も何か手伝うよ」
サヤ「ええ!?い、いいよ!ココナツそこに座っててくれれば!」
ココノツ「そう?」
サヤ「チャチャッと作っちゃうから!」
ココノツ(そう言えば女の人はあんまりキッチンに人を入れたくなかったりするらしいんだっけ)
サヤ(ココナツに手料理を振舞うチャンスだし。頑張んなきゃ)
56: 以下、
サヤ「ご飯と鶏肉と卵と玉ねぎか……」
サヤ(親子丼?……いやいや、ここはオムライスで可愛く振舞おう!)
サヤ「よし、出来た。あとはこうしてケチャップをかけて……」
サヤ「…………」
サヤ「ないないないない!これは無し!!ああもう、こうしてこうして……」
57: 以下、
サヤ「お、おまたせ。ろくな材料が無くてこんなのしか作れなかった……」
ココノツ「わー、オムライスだ。美味しそうだね!」
サヤ「中身は鶏肉と玉ねぎとご飯だけなんだけどね。来るって分かってたらもうちょっと良いもの用意してたんだけど」
ココノツ「十分だよ。うちは男2人だからこんな可愛い感じの夕食は無いし。この材料なら焼き飯間違い無しだよ」
サヤ「か、可愛い?」
ココノツ「だってほら、これってケチャップでハートが描いてあ」
サヤ「チューリップ!!」
ココノツ「え?」
サヤ「チュ、チューリップだから!変な意味とか無しで」
58: 以下、
ココノツ「それじゃあ冷める前に、いただきます」モグモグ
サヤ「……どう?」
ココノツ「うん、とっても美味しいよ!」
サヤ「そう?そっかそっか……、なら良かった」
ココノツ「豆くんはいつもこんな美味しい料理が食べれるなんて羨ましいよ」
サヤ「あ、あんま褒めても何も出ないぞ」
60: 以下、
ココノツ「こんなに美味しいならうちでも作ってもらいたいくらいだよ」
サヤ「じゃあ時々ならココナツの家で作ってあげても良いけど……」
ココノツ「ほんと?父さんもきっと喜ぶよ」
サヤ「うん。週に4日くらいなら」
ココノツ「4日!?それはさすがに頻度高すぎじゃないかな?」
サヤ「そうかな?」
ココノツ「家だって近いわけじゃ無いし。ほんと時々で良いよ。気持ちは毎日でも来てもらいたいくらいだけどね」
サヤ「ココナツがそう言うなら毎日行ってやっても良いけど……」
61: 以下、
ココノツ「あはは、毎日来てたらまるで家族みたいだよ」
サヤ「家族!?」
ココノツ「じゃあサヤちゃんが来てくれる日は3人分食材を用意しておくね」
サヤ「へ?私も一緒に食べて良いの?」
ココノツ「もちろん。あと帰りは送っていくよ。暗いと危ないし」
サヤ「うん。……うんうん、いいねそれ!」
62: 以下、
ココノツ「ごちそうさまでした」
サヤ「りんごあるけど食べる?」
ココノツ「ううん、それよりもサヤちゃんのいれたコーヒーが飲みたいかな」
サヤ「そうやってあたしを上手く使うつもりだろ。まったく、すぐいれてあげるから待ってて」
ココノツ「あっ、僕」
サヤ「砂糖多めでしょ?わかってるよ」
63: 以下、
ココノツ「はぁー、美味しい。やっぱり食後のコーヒーは良いよね」
サヤ「ココナツってほんと何でも美味しそうに飲み食いするよねー」
ココノツ「え?そんなこと無いよ?これでも食べ物については辛口なつもりなんだけど」
サヤ「嘘ばっかり。そんな所見たこと無いし」
ココノツ「それはきっとサヤちゃんが美味しいものばかり出してくれるからだよ」
サヤ「……」
ココノツ「夕食後に毎日サヤちゃんのいれたコーヒーが飲めたら幸せだろうなー」
サヤ「!!」
ココノツ「?」
サヤ(無意識なのは分かっているのに反応しちゃう自分が恥ずかしい……)
64: 以下、
サヤ「さてと、あたしの部屋に行っててくれる?洗い物済ませたらあたしも行くから」
ココノツ「サヤちゃんの部屋?」
サヤ「お医者さんごっこしなきゃだし」
ココノツ「本当にやるんだ」
サヤ「さあ行った行った」
ココノツ「はいはい」
サヤ「よし、洗い物終わったし……」
65: 以下、
サヤ「おまたせ」
ココノツ「あれ?サヤちゃん着替えたの?」
サヤ「うん。シャワー浴びてきた」
ココノツ「シャワー?」
サヤ「だってほら、お医者さんごっこするのに汗臭かったりしたら恥ずかしいじゃん……」
ココノツ「えっと……いったいどこまで調べさせる気なの?」
サヤ「……さあ。とりあえず聴診器。はい」
ココノツ「これって胸とかの音を聞くアレだよね」
サヤ「……そだね。子供の頃使ったやつまだあったんだ」
72: 以下、
ココノツ「次の方どうぞー」
サヤ「はーい」
ココノツ「今日はどうしました?」
サヤ「なんだか熱っぽくて」
ココノツ「……えっと、何すれば良いのかな?ヨーグレット出そうか?」
サヤ「じゃなくて、聴診器でなんかやるよね……?」
ココノツ「ああ、そうだ。じゃあこの聴診器を使って」
サヤ「うんうん!」
73: 以下、
ココノツ「脈を聞いてみようか」
サヤ「脈?……ああ、脈ね」
ココノツ「それじゃあ失礼しまー……」
ドドドドドドドド!!
ココノツ「うわぁっ!サ、サヤちゃん?なんか脈がエンジンみたいに鳴ってるけど大丈夫!?」
サヤ「そうかな?血の巡りが良すぎる?」
ココノツ「いやいや、これもう尋常じゃないよ……」
74: 以下、
ココノツ「じゃあお薬のヨーグレット出しておくので1日18粒3時におめしあがりください」
サヤ「ちょっ、ちょっと待って!なに終わらせようとしてんの!?」
ココノツ「えっ?」
サヤ「えっ?じゃない!他にもあるでしょ!心音とか……」
ココノツ「心音って、さすがにそれはまずいよ。女の子なのに」
サヤ「それでも医者のつもり?」
ココノツ「医者のつもりはないけど……」
75: 以下、
サヤ「ココナツ、選んで。心音を聞くか、死ぬか」
ココノツ「死ぬ!?」
サヤ「そう。最悪死ぬ」
ココノツ「ええー……じゃあ背中は?病院でも背中に聴診器当てたりするし」
サヤ「背中か……まあそれでもいいけど」
ココノツ(なんか今日のサヤちゃん少し変だな)
サヤ(なんとかアピールしなきゃ、アピールしなきゃ、アピールしなきゃ……って、ない胸アピールしてどうするあたし!!……背中で良かった)
76: 以下、
ココノツ「じゃあ背中に……」シュルッ
サヤ「ひぁっ!?」
ココノツ「大丈夫?」
サヤ「う、うん。平気……」
サヤ(ココナツのやつ、いきなり服に手を入れるなんて大胆だな……)
ココノツ「この辺かな?」ピタッ
サヤ「ひぁっ……」ビクンッ
ココノツ「ごめん、聴診器が冷たかったかな?病院でも冷たくてビックリするよねこれ」
サヤ「うん、確かに……」
ココノツ「じゃあちょっと手で温めてから……はい、これでもう冷たくな」
サヤ「んん……ッ」ゾクゾク
77: 以下、
ココノツ「おかしいな。もう冷たくないはずだけど」
サヤ「な、なんか少しくすぐったいかなって……」
ココノツ「じゃあこれくらいにして……」
サヤ(ダメだ。ココナツの手が背中に触れてると思うと意識して変な声でちゃう……)
ココノツ「…………」
サヤ「あれ?ココナツ、どうかしたの?」
ココノツ「えっと、あの、手を入れたから服が少しめくれてて」
サヤ「うん」
ココノツ「だからその、サヤちゃんの背中が綺麗だなって」
サヤ「なっ、ななっ、なに言ってんの!?」
ココノツ「ご、ごめん!」
79: 以下、
サヤ「なんか脚とか背中とかココナツマニアック過ぎ」
ココノツ「いたって普通の反応だよ!」
サヤ「どうなんだか」
ココノツ「もう、サヤちゃんってば……あれ?サヤちゃん、ちょっと良いかな?」
サヤ「なに?」
ココノツ「顔、ほっぺた触るよ?」ピトッ
サヤ「なに!?なになに!?」
ココノツ「やっぱり、すごく熱い。本当に熱があるんじゃない?」
80: 以下、
サヤ「別に大丈夫だって」
ココノツ「ダメだよ。ちゃんと熱計って」
サヤ「心配性すぎるってば」
ココノツ「だって喫茶店でも気分が悪いって言ってたよね?」
サヤ「あれはそう言うんじゃなくて」
ココノツ「今日は僕が医者でサヤちゃんが患者さん役なんだから言う事聞いてもらうよ」
サヤ「うっ」
ココノツ「もし言う事聞かないなら……」
サヤ「聞かないなら?」
ココノツ「サヤちゃんにはにが?い薬を無理にでも飲んでもらうからね」
サヤ(ココナツから出る苦い薬を無理やり!?)
81: 以下、
ココノツ「37.2度。やっぱり熱があったんだね」
サヤ「で、でもこれくらい平気だから。あたし平熱高いし!」
ココノツ「ダメだよ寝てなきゃ。お医者さんごっこはもうお終い」
サヤ「ええ?、なんか今日のココナツはダメばっかり……」
ココノツ「……よし、じゃあお医者さんごっこ続けようか。サヤちゃんは入院している患者さんね。さぁ布団に入って」
サヤ「……」
83: 以下、
サヤ(はぁ……本当に全然しんどくないのに。興奮して熱出すなんて小 学生かあたし)
ココノツ「何か欲しいものない?水分はこまめに取らないと」
サヤ(まあココナツが優しいのは嬉しいけど)
ココノツ「そうだ、台所にリンゴあったよね。もし良かったら剥いてきてもいいかな?」
サヤ「あー、そんなに気を使ってくれなくても大丈夫だから」
ココノツ「僕が食べたいんだけどダメかな?台所に入られるのが嫌とかならやめておくけど」
サヤ「それは別にいいけど……だったらあたしが」
ココノツ「いいからいいから、じゃあちょっと行ってくるよ」
84: 以下、
ココノツ「おまたせ。あんまり上手くむけてないけど」
サヤ「へー、結構上手く出来てるじゃん。うちのバカ兄だったら皮ごと丸かじりだよ」
ココノツ「あはは、豆くんらしいね。でも病人に丸かじりさせる訳にはいかないし。はい、どうぞ」
サヤ「あたしにもくれるの?」
ココノツ「うん、サヤちゃんの為にむいてきたんだから」
サヤ「自分が食べたいって言ったくせに……じゃあ貰おうかな」
85: 以下、
サヤ「もぐもぐ……うん、おいしい!」
ココノツ「そう、良かった」
サヤ「すごいよココナツ!こんなに甘いリンゴ初めてかも!リンゴの皮むきプロになれるよ!」
ココノツ「それはただ単に甘いリンゴだっただけだよ」
サヤ「えー、そんな事ないって!他にも一緒に送られてきたリンゴ食べたけどこんなに甘くなかったもん!」
ココノツ「じゃあそれは当たりだったんだね」
サヤ「ありがとね、ココナツ」
86: 以下、
サヤ(むむむ、リンゴ食べ終わったらまた布団に戻されてしまった……)
ココノツ「へー」
サヤ(ココナツはなんかずっと本読んでるし。せっかく部屋で2人きりなのに)
ココノツ「さてと」
サヤ「ええっ!?」
ココノツ「どうかした!?」
サヤ「あ、いや……ココナツもう帰っちゃうの……?」
ココノツ「僕が?」
サヤ「ほら、今さてとって言ったから帰るのかなって……」
87: 以下、
ココノツ「ああ、今のは本を読み終わったから次のを読もうと思って」
サヤ「なんだ、そっか。よかった……」
ココノツ(もしかしてサヤちゃん心細いのかな。僕が帰ったら病気で家に1人だし)
サヤ(なんとか早くこの状態を打開しなきゃ)
ココノツ「サヤちゃん、安心して」
サヤ「え?」
ココノツ「絶対にサヤちゃんを1人にしたりなんてしないから。誰か帰ってくるまでずっと側にいるからね」
サヤ「ココナツ……」
ココノツ(サヤちゃんが安心できるように早く家の人が誰か帰ってこないかな)
サヤ(お願いだからしばらく誰も帰ってこないで)
96: 以下、
サヤ「…………」
ココノツ「…………」
サヤ(やばっ……ココナツが変な事?言うから会話がなくなっちゃったし……)
サヤ(何か話題ないかな?駄菓子の話が盛り上がりそうだけど、あたしあんまり詳しくないし)
サヤ(そうだ、この前ほたるちゃんが教えてくれた話してみようかな)
サヤ「ねぇココナツ。こんな話って知って」
ココノツ「……」スャァ…
サヤ「マジかこいつ」
97: 以下、
サヤ「ココナツ。おーい、ココナーツ」
ココノツ「ん……」
サヤ「あのなぁ、さっきあんな事言っていきなり寝るなよ」
ココノツ「えっと……側にはいたからセーフ?」
サヤ「まったく。普通は男子が女子の部屋に入ったら緊張したりするもんじゃないの?」
ココノツ「どうしてかな?なんかサヤちゃんといると落ち着くのかも」
サヤ「えっ……」
98: 以下、
サヤ「そうなんだ。ココナツはあたしといると落ち着くのか……」
ココノツ「うん。だってもし他の女子の部屋だったら緊張して居眠りなんてできないもん」
サヤ「……ん?」
ココノツ「え?」
サヤ「それってさ、あたしを女子扱いしてないって事?」
ココノツ「うーん、確かにサヤちゃんは他の女子と違うかも。なんか緊張しないし」
サヤ「ほーう……」イライラ
99: 以下、
サヤ「ココナツそこに正座しろ」
ココノツ「正座?」
サヤ「いつからだろうねぇ、あたしたちがこんな風になったのは」
ココノツ「え?何の話?」
サヤ「とぼけるなよ。なぁココナツ。いつからあたしを女子扱いしなくなった?」
ココノツ「そんな事ないよ。サヤちゃんは女の子だと思ってるよ」
サヤ「ココナツ……お前の脳みそはトリ並みか?」
101: 以下、
サヤ「ついさっき他の女子と違うって言ったのはどこのどいつだ?」
ココノツ「うん、それはさっき言ったよ」
サヤ「ココナツ……ココナツココナツ、あたしは頭がどうかなっちゃいそうだよ。言ったんだよな?」
ココノツ「他の女子とは違うとは言ったけど、女子扱いしてないとは言ってないよ?」
サヤ「お前はどこぞのトンチ小僧か?」
ココノツ「なんて言うのかな?サヤちゃんは女の子だけど、僕にとって特別な存在って言うか」
サヤ「特別な存在……ココナツにとってあたしが……?」
ココノツ「うん。なんか男友達みたいな感じ」
サヤ「ああ?」
102: 以下、
ココノツ「僕って女子の前だとすぐ緊張しちゃうけどサヤちゃんだけは緊張しないからね」
サヤ「ココナツ、まだあたしの体温を上げるつもりか?」イライラ
ココノツ「そうだ、サヤちゃんは病人なんだから安静にしてなきゃダメだよ」
サヤ「……じゃあココナツ、お前も布団に入りなよ。眠いんでしょ」
ココノツ「えっ?僕ならこの辺で適当に寝るから大丈夫だよ。布団借りて使うのも悪いし」
サヤ「そうじゃなくてこの布団に入れって言ってんの」
103: 以下、
ココノツ「この布団って……サヤちゃんの布団に?」
サヤ「ほ、他にどの布団があんだよ……」
ココノツ「ダメだよさすがに……年頃の男女が同じ布団なんて……」
サヤ「なんだ?あたしは男友達みたいなもんなんだろ?何か問題があるのか?」
ココノツ「サヤちゃん、何か怒ってる?」
サヤ「ココナツは男友達と布団に入るのも緊張するのか?そっちの気があるのか?ああ?」
ココノツ「無いよ!僕は人一倍女の子が好きだよ!」
サヤ「だったら入れるよな?おら、入れよココナツ」
ココノツ「わ、わかったよ」
104: 以下、
サヤ(む……勢いでこんな事になっちゃったけど、やっぱ緊張する……)
サヤ(ココナツの奴はスヤスヤ寝るんだろうなとか思うとイライラもするけど)チラッ
ココノツ「……」パッチリ
サヤ(ん……さすがにまだ起きてるか)
ココノツ「なんかやっぱり緊張するね」
サヤ「な、なにがだよ」
ココノツ「だってこの布団、すごくサヤちゃんの匂いがするから」
サヤ「なっ……!」
105: 以下、
サヤ「こら、あんまり嗅ぐな!」
ココノツ「そんな事しなくても普通にしてるだけで」
サヤ「私の匂いはそんなに臭いか!臭うか!!」
ココノツ「そんな事ないよ。サヤちゃんの匂いってコーヒーの匂いだけど、シャンプーかな?なんか他にもいい匂いがしてて」
ココノツ「僕はサヤちゃんの匂いって好きだけどな。すごく安心する匂いだと思うよ」
サヤ「あ、あんまりそういう事言うなよ……恥ずかしいだろ……」
106: 以下、
ココノツ「もしかしたらこの匂いで緊張しなかったりするのかな?」
サヤ「うーん、それはわからないけど……でもその気持ちはなんとなく分かるかも」
ココノツ「サヤちゃんも好きな匂いとかあるの?やっぱりコーヒーの匂い?」
サヤ「あたしは……ココナツが好きかな……」
ココノツ「僕?」
サヤ「あ、いや!ココナツの匂い!匂いの話ね!なんかほら駄菓子屋の匂いって言うのかな?」
ココノツ「そんな匂いあるんだ……自分じゃわからないけど」
サヤ「あるある!ココナツはおばあちゃんの家の匂いするし!」
ココノツ「えっ……それっていい匂いなの?」
107: 以下、
サヤ(そっか、ココナツはあたしの匂い好きなんだ……)
サヤ(シャンプーとかボディソープ同じの使い続けよう。うん)
サヤ「ねえココナツ」
ココノツ「……」スヤァ…
サヤ「マジかこいつ」
サヤ「おい、ココナツ……いや、まあ良いか。こんな気持ちよさそうに寝てるし」
サヤ「くんくん……ココナツの匂い、やっぱり好きだなあたし」
サヤ「凄く安心する……ああ、確かにこれはドキドキするけど眠くもなるかも……」
108: 以下、
豆「たっだいまぁ?」
豆「ったく、ココナツ帰って店閉めたんなら電話でもしてくれりゃ良いのによー」
豆「気を使うこっちの身にもなって欲しいぜ」
豆「おーい、サヤー。ココナツとはその後どうなったんだー?」
豆「まさかキスくらいやっちまったか?なーんて、お前らじゃキスするまであと何年かかるか分かんねーな」
豆「あれ?サヤー?部屋かー?入るぞ?」
ガラッ
ココノツ「うぐ、苦し……い……むにゃむにゃ……」
サヤ「えへへ……ココナツの匂い…………大好き……スースー……」ギユッ
豆「えっ……」
豆(こいつら……大人の階段を8段飛ばしで駆け上がりやがった!!)
豆はそのまま部屋へ戻ってとりあえずエロ本を読んだ。
116: 以下、
ココノツ「う、ううーん……あれ?いつのまに寝て……何か重っ……」
サヤ「スー……スー……」
ココノツ「サヤちゃん!?ええっ?なんで?あ、そうか。ここサヤちゃんの布団だった……」
サヤ「んっ……んん……」
ココノツ「サ、サヤちゃん?耳がくすぐったいんだけど……」
サヤ「んんー……あと少し、だけ……」ギユッ
ココノツ「耳に、耳に唇が……なんか体もがっちりロックされてるし」
117: 以下、
ココノツ(いくら胸が無いと言っても明らかに男より柔らかい何かが左腕に……)
ココノツ(あと寝息が左耳に……もう体の全神経が左半身に偏ってそうだぞ)
サヤ「スー……スー……」
ココノツ(女の子ってこんなに柔らかいものだったのか……サヤちゃんは細身だからそんなイメージなかったけど)
ココノツ(どうしよう。すっごい柔らかい。いや、これはもうなんか……なんかもう、すごい!)
ココノツ(でもサヤちゃんは僕を友達感覚で布団に入れてくれただけなのに、こんな不純な気持ちでいて良いんだろうか)
ココノツ(とにかく今はこの耳に当たる寝息と唇をなんとかしなくちゃ……)
118: 以下、
サヤ「ん……」
サヤ(あれ?いつのまにあたしまで……)
ココノツ「サ、サヤちゃん、起きて、サヤちゃん……」カチンコチン
サヤ「…………」
サヤ(ええっ!?な、なな、なに?この状況!なんでココノツがあたしにピッタリ引っ付いて……!?)
サヤ(…………)
サヤ(あっ、違う!これあたしが抱き付いてんじゃん!)
サヤ(なになに?寝てる間に何があったの!?あたし何してんの!?)
サヤ(ど、どうしよう……)
119: 以下、
サヤ(ゆっくり離れる?いや、離れるなら一気に離れた方が自然かな?)
サヤ(でもそれだとココナツに勘違いされないか?あたしは別に引っ付くのは嫌じゃ無いのに……)
サヤ(だいたいココナツもココナツだし。嫌ならそっちから引き離すとか……まさかまだ寝てる?)チラッ
ココノツ「うう……まいったな……」
サヤ(なんだ、起きてんじゃん。だったら尚更…………ん?)
ココノツ「髪を……髪を少し撫でるくらいなら……」
サラサラ
120: 以下、
サヤ(え?ええ??なんでいきなりあたしの頭撫で始めたの!?)
ココノツ「……なんか勝手に触って罪悪感あるけど」
サヤ(…………)
ココノツ「仕方ないよね。こんな可愛い顔して隣に寝られたら誰だって」
サヤ(可愛い?可愛いって言った?あたしがか?まさか、ココナツもまんざらでも無いんじゃ……?)
ココノツ「さてと、あんまり触って起こしちゃ悪いし。我慢我慢」
サヤ(あっ……)
サヤ(別に……もっと触っても良かったのに……)
121: 以下、
サヤ(こんな時ほたるちゃんみたいな武器(おっぱい)があればココナツのリアクションも違ったのかな……)
サヤ(あたしだって寄せてあげれば少しくらい……ほんの少しくらい!…………ほんの、少し)
サヤ(はぁ……)
サラサラ
サヤ(ん?)
ココノツ「やっぱりもう少しだけ……」
122: 以下、
サヤ(……ココナツ。もっとあたしに触りたいのかな)
ココノツ「髪だけ……髪だけ……」
サヤ「いいよ……ココナツ。もっとさわってみても……」
ココノツ「!!」
サヤ「スー……スー……」
ココノツ「なんだ寝言か……」
サヤ(こんなで誤魔化せるとか。ほんとアホだな。ココナツ)
この後、焦ったココノツは般若心経を唱えて煩悩に一旦打ち勝った。
126: 以下、
サヤ(うーん、やっぱりさっきの話しかけたのはまずかったかなぁ……)
ココノツ「うんたらかんたら……」
サヤ(あれからずっと呪文みたいなの唱えてるし)
ココノツ「煩悩消えろ、煩悩消えろ、煩悩消えろ」
サヤ(でも煩悩と戦ってるって事は……少しは意識してるんだよね)
ココノツ「……」
サヤ(あれっ、静かになった?もしかして本当に煩悩が消えちゃったの!?こまるよそれは)
ココノツ「…………」スャァ…
サヤ「ココナツ……マジかお前」
127: 以下、
サヤ「普通寝るか?この状況で」
ココノツ「スヤー……」
サヤ「……はぁ。なんか自分だけ盛り上がってたみたいで虚しくなってきた」
サヤ「とりあえず殴ってやろうか」
ココノツ「うーん……」ゴロン
サヤ「うっ……」
ココノツ「えへへ……いただきます……」
サヤ「何がいただきますだ。……まぁ殴んのは起きてからにしてやるよ」
128: 以下、
サヤ「だらしない寝顔」
ココノツ「サヤ……ちゃん…………」スヤスヤ
サヤ「なんだろ?あたしの夢見てるのかな……?」
ココノツ「…………」スヤァ…
サヤ(おい!何か言えよ!気になるだろ!!)
サヤ「ダメだ。とりあえずコーヒーでも入れて一旦落ち着こう」
129: 以下、
サヤ「よいしょ……あれ?」
ココノツ「むにゃ……」ギユッ
サヤ「なんで服の裾掴んで寝てるんだよ。子供か」
ココノツ「スー……」
サヤ「ほら、放せよココナツ。あれ?意外と握力あるな……離さない」
ココノツ「うーん……」
グイッ
サヤ「うえっ!?」バタン
サヤ「ってて……どんな寝相して……」
ムニュッ
サヤ「…………ん?」
130: 以下、
サヤ「ちょっ……!」
モミモミモミモミ
サヤ(な、なんだいきなり?めちゃくちゃ揉んできたー?)
ココノツ「えへへ……」
サヤ「あっ……んんっ」
サヤ(やばっ……これあれだ、夢見ながらおっぱい揉んでくるやつだ。ココナツの家にある漫画で見たことある……)
サヤ(本人は肉まんとかマシュマロとかの夢見てるから揉んだり口に入れたりする……漫画でよくある……)
ココノツ「おいしそうな……」
サヤ(ココナツ、ダメだって……それは肉まんじゃ無い……っ)
ココノツ「おいしそうなおっぱい……」
サヤ(違う!こいつ夢の中でもおっぱい揉んでる!どんだけおっぱい好きなんだよ!)
131: 以下、
サヤ(どうしよう……ちょっと気持ちよくなってきたかも……)
サヤ(なんなんだよもう……ココナツのやつ、こういうの慣れてんのか……?なんか、上手い……気がする)
ココノツは童貞だがしかし日々のイメージトレーニングで凄く上手だった!
ココノツ「むにゃ……」コネ…
サヤ(胸が無いからって、先ばっかり……ケンカうって……)
サヤ「あっ、ハァッ……ココ、ナツ……こらぁ……」
ココノツ「…………」
サヤ「あっ……」
サヤ(あれ?終わり……?)
132: 以下、
サヤ(いやいや何ガッカリしてんだあたし!……でも最初にこっちから誘惑する作戦立てたのも事実だし……)
サヤ(もうちょっとだったのにな……)
モゾモゾ
サヤ「……ふえ?」
ココノツ「スー……スー……」
サヤ(ちょー!な、ななな、なんでスカートの中に手入れてくるんだよ!本当に寝てるのかこれ!?)
サヤ「こ、こら、ココナツ、そこはさすがに……って言うか起きてんだろ?」
ココノツ「スー……」
サヤ(いや、むしろ起きてたらこんな事するやつじゃないか……)
133: 以下、
ココノツ「豆まき……」スヤァ…
サヤ「まめまき?……ああ、節分か。だからさっきも先ばっかり」
サヤ「ん?んん!?待て待て!」
サヤ(豆まきってアレか?豆探してるんだよね……?胸に2つと、次はスカートの中弄ってるってことは……)
サヤ「ま、まって、ココナツ!そこの豆はダメだから!!」
ココノツ「…………」スヤァ…
サヤ(ぜんっぜん起きないし!どんだけ人の布団でリラックスして熟睡してんだよ!)
「サヤちゃんの匂いって好きだけどな。凄く安心する匂いだと思うよ」
サヤ(あっ、そっか……ココナツはあたしの匂い好きだから安心して熟睡してるのかも……えへへ)ポリポリ
シュルッ
サヤ「ああっ!しまっ……」
134: 以下、
サヤ「あっ、あっ、あっ……!」
ココノツ「まめ……」
サヤ「ココナツ、ばか……下着の、中……入れちゃ…………んんッ」
ココノツ「なっとう……?」
サヤ「仕方ないだろ……ココナツがずっと、いっぱい胸、さわる、から……ぁっ、こんな……なっちゃってて……ココナツが、悪いんだからな……!」
ココノツ「スー……スー……」コネコネ
サヤ「だから、こねるなぁ……!あっ、やばっ……もう、ココナツ、でちゃう……からっ!」カプッッ
ココノツ「痛っ!!」
135: 以下、
ココノツ「痛っ、つつ……あれ?」
サヤ「はぁはぁ……。あっ……ごめ、大きい声出そうになって首のとこ噛んじゃった……」
ココノツ「サヤちゃん?顔が真っ赤だし、息もあらいよ?また熱が上がったのかな……」
サヤ「じゃなくて、これ……」
ココノツ「これ?」
ハンドがパンツにイン!!
ココノツ「え?……ええ??」
サヤ「ココナツが寝ぼけて……散々おっぱい触った後に……」
ココノツ「ご、ごめん!すぐに放すから!!」
サヤ「あっ!こら、まてよ!ココナツ!」ムギュッ
136: 以下、
ココノツ「あ、あの、サヤちゃん?足を閉じたら手が挟まって抜けないんだけど……」
サヤ「……責任」
ココノツ「もちろん、ちゃんと償いはするから!」
サヤ「そうじゃなくて、こんなになるまでしたんだから……最後まで責任とって……よね」
ココノツ「えっと、それって…………だ、だめだよサヤちゃん!そんな、僕たちまだ高校生なのに!子供が出来たりしたら!!」
サヤ「ど、どこまでするつもりだ!……いや、それでもいっか」
ココノツ「よくないよ!そう言うのはお互いをもっとよく知り合って、蓄えとかも必要だし!」
137: 以下、
サヤ「あたし、ココナツの事ならなんでも知ってるつもりだけど……」
ココノツ「そりゃ確かに付き合いが長いからある程度は……」
サヤ「それに蓄えは無いけどさ、一緒に喫茶店か駄菓子屋をすれば大丈夫だよ!」
ココノツ「サ、サヤちゃん?」
サヤ「あっ、ごめん……ちょっと話が飛躍しすぎたかも……」
ココノツ「えっと……」
サヤ「ココナツ……」
ココノツ「なに?」
サヤ「あたし……ココナツと、してみたい……」
ココノツ「はうっ!!」
その言葉は童貞に効果覿面だった!
138: 以下、
サヤ「もう今逃したら、次はいつになるか分からないからさ……」
ココノツ「サヤちゃんは僕なんかが相手でいいの……?」
サヤ「あたしは……ココナツ以外にいないし……」
ココノツ「うーん……でも……」
サヤ「もう、寝てる時の積極性はどこ行ったんだよ」
ココノツ「そんな事言われても……」
サヤ「だったらこうする。ココナツが下であたしが上ね」
ココノツ「ま、まってサヤちゃん!」
サヤ「いいや待たない。覚悟しろココナツ」
ココノツ「ちがっ……せめて部屋のドアは閉めて!」
サヤ「えっ?」
139: 以下、
サヤ「あれ?なんでドア開いてんだろ?確かに寝る前は閉めてたはずなのに……」
サヤ「ハッ!まさか!!」
ココノツ「サヤちゃん?」
サヤ「ちょっと待ってて!!」
豆「はぁー、こりゃすっげぇー」
ガチャッ!
サヤ「アニ……キ……」
豆「お、おい!エロ本読んでるんだからノックくらいしろ!」
サヤ「いつ……帰ってきたの?」
豆「んー、結構前だったけど。それよりお前、ココナツとはもう終わったのか?」
サヤ「終わった?」
豆「隠すな隠すな。見たんだからよ!やってたんだろ?セック」
ボコンッ!!!!
140: 以下、
ココノツ「サヤちゃん、何か凄い音がしたけど大丈夫?」
サヤ「う、うん、大丈夫」
豆「気を使って部屋にいたのに……」
ココノツ「あれ?豆くん帰ってたんだ!じゃあ僕はもうお役御免だね」
サヤ「ええっ!?」
ココノツ「父さんも心配してるかもしれないしそろそろ帰るよ。豆くん、サヤちゃん、またね」
サヤ「まって、そこまで送るから!」
サヤ「……っ!このバカ兄!」
豆「理不尽だ……」ガクッ
141: 以下、
サヤ「待ってよココナツ」
ココノツ「玄関まででいいよ。風邪が悪くなったら大変だし」
サヤ「あのさ、今日はごめん……いきなりあんな事しちゃって」
ココノツ「僕の方こそごめんね。寝てる間に」
サヤ「ねえココナツ。明日からまた普通に遊んでくれるよね?今までみたいにさ」
ココノツ「それは……どうかな……」
サヤ「ココナツ……」
ココノツ「だって僕、サヤちゃんの事……」
サヤ「あたしの事……?」
ココノツ「なんかエロい目で見ちゃってるから!ごめん、じゃあね!」
サヤ「ココナツ……気になってるとか、もうちょっとなんか言い方あるだろ……別にいいけど」
142: 以下、
翌日
サヤ「気になって朝一からココナツん家に来てしまった……」
ココノツ「あれ、サヤちゃん?いらっしゃい」
サヤ「よ、よよ、よう、ココナツ」
ココノツ「なに?ラップ?」
サヤ(ココナツのやつ、なんか普通だな……)
サヤ「ココナツ、昨日の事なんだけど……」
ココノツ「そうそう!僕も聞こうと思ってたんだ!昨日何かあったんだっけ?」
サヤ「は?」
144: 以下、
ココノツ「確かサヤちゃんの店に行って、ほたるさんが来たあたりまでは覚えてるんだけど……」
ココノツ「その後記憶が飛んで気づいたら朝だったんだよね。どうやって家まで帰ってきたんだろう?僕昨日サヤちゃんの喫茶店いったよね?」
ほたる「確かにココノツくんは昨日えんどうに居たわ。これは記憶障害かしら?なにか衝撃的な出来事があったとか?」
サヤ「マジか……」
ほたる「サヤ師、何か心当たりは無い?」
サヤ「あたしは、無いかな……。昨日は普通に帰ってたよ……」
サヤ(言えるわけ無いよね。あんな事)
ほたる「そう。じゃあそんな事より駄菓子を食べましょう!今日はー」
そんなこんなで今日も変わらずみんな仲良しでした。
ココノツ「そうだサヤちゃん、豆くんは大丈夫?昨日夜に思いっきり殴られてたみたいだったけど……」
サヤ「あー、平気平気。いつもの事だから」
145: 以下、
おわります。
151: 以下、

毎日更新楽しみにしてた。
149: 以下、
乙です
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454210221/
だがしかし 1 (BD初回限定版) [Blu-ray]
ポニーキャニオン ポニーキャニオン 2016-03-16
Amazonで詳しく見る
関連記事
- みなみ「きらら、まつげにごみが付いているわ」
- エレン「イメージビデオ?」
- 花陽「この木 何の木 西木野真姫」
- エイト「胸揉ませてよ」 ヤンガス「本気でがすか?」
- ハリー「よろしく、ハーマミオニー」
- 穂乃果「ねえ海未ちゃん、凛ちゃんって凄く可愛いよね?」
- 森夏「元中二病でも恋がしたい!」
- ゴジラ「いやーアメリカ行ったらちょっと太ったわ」
- 阿良々木暦「あ?そうかぁ、バレンタインデーかぁ……!」
- ヒナタ「ラーメンばっかりじゃだめだよ?」ナルト「ひ、ヒナタの飯が食べたい///」
- 梨花「なんでもかんでもオヤシロ様のせいにしないでほしいのです」
- めだか「貴様が今日13組に転校してきた…」ボーボボ「ボーボボです」
- 小野田「はい、今泉君」 今泉「……ラブライブ?」
- アニ「私達、いい友達になってたと思わない?ミカサ」
- 芳佳「リーネちゃん久しぶり!私だよ!医学部卒の芳佳だよ!」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
その他二次創作SSだがしかし  コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 【艦これSS】魔法艦娘デストロイヤークレセント
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
アイドルマスターシンデレラガールズ 8 (完全生産限定版)
STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX【期間限定生産】
オーバーロード 4 [Blu-ray]
最新記事
- 【だがしかし】サヤ「ココナツってさ、おっぱいが好きなの?」
- 【艦これSS】魔法艦娘デストロイヤークレセント
- 【俺ガイル】川崎「永久の初恋」
- 主人公「甘い理想論!」悪役「シビアな極論!」
- 役人「大洗女子学園は再度廃校決定です」
- モバP「事務所に圧力が?」
- 【艦これ】提督「時津風拾った」
- エリカ「私のみほまほエロ同人誌が無い!?」
- ぷよぷよ「消えたくねえよぉぉぉっ!」
- 【ゆるゆり】櫻子「昔話を読んであげよう!」
- ファイアーコンボイ「デストロンガーがNBCジャパンを襲っているだと!?」
- 佐久間まゆ「まゆには……もうその資格はありません」
- 千歳「惚れ薬?」西垣「惚れさせ薬」
- 深海提督「着任したんでぇ、防衛開始しま?す」
- 【スマプリ】れいか「みゆきさん、一緒に食事へ行きませんか?」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
【Amazon.co.jp限定】デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」
食戟のソーマ 薙切えりな 1/8スケール
夜廻
モンスターハンタークロス (【数量限定特典】「3DSオリジナルテーマ(2種)ダウンロード番号」 同梱)
魔法少女 ミサ姉 夏セーラー服バージョン 濡れpink
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Box ?【完全生産限定版】
未確認で進行形 Blu-ray BOX
カスタムメイド3D2 ビジュアルパック
劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』 ブラック・マジシャン・ガール
Hスケッチ! (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
銀魂コンボイ:ファイアーコンボイ「デストロンガーがNBCジャパンを襲っているだと!?」
----------------------------------------------------------------------------
熱い心に不可能はない:ファイアーコンボイ「デストロンガーがNBCジャパンを襲っているだと!?」
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


【悲報】亀田大毅くん、コンビニでアルバイト (※画像あり)

女上司(39)「これ義理だけど……」俺(19)「うわぁ!ありがとう御座います!」→結果wwwwwww

本能寺のままに生きてるんだね、泣き笑いも。

札幌市の人口が195万人を突破 北の大都会の勢いがとまらない!

【俺ガイル】川崎「永久の初恋」

店員「只今タイムセール中!50%オフの商品がさらに30%オフ!」 嫁「えっ!80%オフ!?」

back 削除依頼&連絡先